フードシーラーの人気おすすめランキング10選【ロールタイプなど】

記事ID10036のサムネイル画像

キッチンにあれば食品の保存に活用できるのがフードシーラーです。家庭用から業務用まで販売されており、使い方や種類も様々。どのフードシーラーを選べば良いか迷いますね。そこで今回は人気のフードシーラーをランキングで紹介し、選び方のポイントもご説明します。

鮮度を保って食品が保存できるフードシーラー

フードシーラーはあまり馴染みがないかもしれませんが、1台持っていればとても便利なキッチンツールですよね。食品を入れた袋の口を圧着することで、空気や湿気による酸化や劣化から守って新鮮な状態で保存することができます。

 

また、真空パックが出来るフードシーラーであれば、さらに使い道が広がります。スーパーなどで買いだめした食品の鮮度を保って保存できるほか、料理を「つくりおき」して保存することもできるので、忙しい人や家族が大人数のご家庭にもおすすめです。

 

そこで今回は、家電販売店などの店頭でよく見かける商品や、ネット通販で簡単に買うことができる人気製品を中心におすすめの商品をご紹介するとともに、商品を選ぶ際のポイントやフードシーラーの便利な使い方などについてもご説明したいと思います。

フードシーラーの人気おすすめランキング10選

10位

ミゾエシ ハルコ

ミニフードシーラー

価格:2,964円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かわいくて手軽に使えるハンディタイプ

便利でかわいい外観が特徴のハンディタイプのミニフードシーラーです。電源を入れてボタンを押すだけで簡単に操作できるシーラーですが、機能は本格的なものとなっており、様々な厚さのPVCプラスチック袋に対応しています。

 

お茶の葉や果物、野菜、お菓子などの食べ物を保存するときに便利に使えるほか、大事な写真や手紙などの紙類を保存したい時にも最適なものとなっており、大切な思い出も劣化させることがなく残しておけそうです。

サイズW18mm×D175mm重量
使用電源AC100Vシール可能幅スライド式
脱気圧機能なし水物対応不可

口コミを紹介

こちらのコンセント式、AC電源式はパワーが段違いで作業も楽になりました。電池交換にも悩まされないですし。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

レック(LEC)

ヒート シーラー ホワイト ( ハンディシーラー )

価格:402円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とにかく軽くてコンパクト

本体重量がわずか40gという小型で軽量なハンディシーラーです。使用方法は、加熱部分を袋の口の部分にあててスーッとスライドさせるだけ。スナック菓子の袋などにも使えるので、食べかけでも湿って劣化することを防いで保存ができます。

 

また、加熱部分には安全カバーが付属しているので、使わない時の誤作動による事故を予防できて安心です。カラーバリエーションはホワイトとピンクを用意。電源には単3アルカリ電池を使用します。

サイズW35mm×D95mm×H35mm重量40g
使用電源単3アルカリ乾電池×2本シール可能幅スライド式
脱気圧機能なし水物対応不可

口コミを紹介

パンや菓子の袋を閉じるのに利用しています。
ほんの少しのコツと慣れが必要ですが、全く問題なく使えています。
電池残量に応じて移動速度を調整すると、うまくできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

パナソニック(Panasonic)

ハイシール BH-951P

価格:22,510円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食材に合わせて2つのモードが選択可能

高度な機能を搭載したパナソニックのフードシーラーが「ハイシール」です。保存したい食材に合わせて強脱気と弱脱気の2つのモードを選択することが可能なほか、脱気を行わないシール機能のみの使用も可能です。

 

使い方もとても簡単で、真空パックの脱気も約8秒という短時間で完了します。密封パックには別売りの専用のロール袋を使用しますが、商品にロール袋1本が付属しているので買った日からすぐに使うことが可能です。

サイズW380mm×D130mm×H95mm重量
使用電源AC100Vシール可能幅300mm
脱気圧機能なし水物対応不可

口コミを紹介

やや小型のパックですが、中の空気も良く抜け、一般仕様では充分に満足できる製品だと思います。消耗品となるパックはやや高めと。使用目的を考えれば優れていると思います。音は多少ありますが、機能的に問題ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Toyuugo

真空パック器

価格:6,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

瓶や容器の脱気も可能な多機能を搭載

多機能で操作も簡単なToyuugoのフードシーラーです。保存したいものに合わせて「FOOD」「VAC SEAL」「SEAL」「MANU」の4つの真空モードを選ぶことが可能で、様々なニーズに対応します。

 

強力な真空ポンプを搭載しており、吸引力は50Kpaを実現。ワンタッチで操作が可能で、LED空気をライトで進行状況を確認しながら迅速に排除することができます。本体サイズがコンパクトなうえに、ロールを別に収納しないで済むのも保管するときに助かります。

 

サイズW406mm×D160mm×H90mm重量1500g
使用電源AC100Vシール可能幅300mm
脱気圧50Kpa水物対応可能

口コミを紹介

作りすぎた料理などを真空パックのシーラーにしておけば、何もない時などちょっと解凍して食べる時なのに大変重宝して便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

真空保存フードシーラー VPF-385T

価格:6,900円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単操作の家庭用フードシーラー

生活家電や調理器具を幅広く取り扱うアイリスオーヤマは、フードシーラーもカタログにラインアップに用意しています。ボタン1つで簡単に操作できる自動モードにより真空パックが可能で、家庭用として手軽に使うことができるスペックとなっています。

 

袋には専用ロールを使用しますが、幅20cmと幅28cm食品の2つの幅を用意しており、食品の大きさに合わせて選ぶことができます。肉や野菜、食べかけのお菓子、パンなどの食品を鮮度と美味しさを保って長持ちさせることが出来て便利です。

サイズW380mm×D165mm×H95mm重量2100g
使用電源AC100Vシール可能幅280mm
脱気圧500mmHG水物対応不可

口コミを紹介

食べきれなかった材料や、コーヒー豆を保存したいと思い購入しました。なんの問題もなく使えます。
汁物はパックできません。音はまぁまぁうるさいです。でもしっかり真空されます。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Shop Japan(ショップジャパン)

フードシーラー ピタント

価格:3,980円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

料理の作り置きや真空調理にも便利

シンプルな機能で家庭で手軽に食品の真空保存が可能になるフードシーラーです。使い方も簡単で、バッグをセットしたらボタンを押すだけでしっかりと脱気できます。また、脱気が不要な場合はシールボタンもあるので食べかけのお菓子の保存にも便利です。

 

袋には専用バッグを使用しますが、特殊なメッシュ構造で冷蔵庫や冷凍庫で保存できるのはもちろん、湯せんや電子レンジにも対応。食材の真空調理にも使えます。料理の作り置きにも便利に使えるので、忙しくてなかなか料理をする時間が無いという人にもおすすめです。

サイズW380mm×D140mm×H78mm重量2200g
使用電源AC100Vシール可能幅280mm
脱気圧水物対応不可

口コミを紹介

ただただ保存のために使ったり、味をしみこませるために使ったり、料理の幅が広がりました。
意外とコンパクトだけどパワフルでコスパはかなり高いのではないかなと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

見聞堂株式会社

高性能卓上シーラー シールくん20cm幅

価格:7,260円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々な業界で活躍する業務用タイプ

家庭用としても使うことができる卓上タイプの業務用フードシーラーです。専用袋は必要なく、様々なフィルム素材の袋の密封に対応しており、ビニールやポリエチレン製の袋であれば、ほとんどの袋を閉じることができます。

 

サイズは20cm幅をはじめ、30cmと40cmを用意。耐久性と安全性の高いダイキャスト製のしっかりした作りでありながら操作の方法はとても簡単。シールしたいものを数秒間はさむだけで密封できるので、家庭用としても業務用としても活躍してくれそうです。

サイズW80mm×D320mm×H100mm重量2400g
使用電源AC100Vシール可能幅200mm
脱気圧機能なし水物対応不可

口コミを紹介

お菓子の袋などの梱包に使用。このお値段にしてこのクオリティはなかなか良いと思います。粘着力も強く、エージレスを入れて密閉して品質保持も良い状態でできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

フードシールド(FoodShield)

真空パック器 JP29

価格:14,880円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランニングコストの安さが魅力の業務用モデル

新型モーターと独自の脱気技術により80Kpaという強力な吸引力を実現したことで、多用途に大活躍してくれそうな業務用フードシーラーです。割高な専用袋を必要とせず、廉価な業務用真空袋に対応しており、ランニングコストが安いことも嬉しいポイントと言えます。

 

また、乾物食品の脱気はもちろん、水分の分離容器を搭載することで汁気の多い食品や粉、油ものの脱気にも対応しており、幅広い保存需要にも応えてくれます。操作性の面でも優れており、必要なボタンを4つに集約することで、簡単に操作することが可能です。

サイズW390mm×D148mm×H72mm重量1930g
使用電源AC100Vシール可能幅260mm
脱気圧80Kpa水物対応可能

口コミを紹介

業務用ですのでお値段は張りますが、安価な製品が10回程度の使用で壊れてしまうのなら、こちらはいい買い物をしたと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

And today

ママシーラー

価格:6,800円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヘアアイロンのような形で手軽に使えるハンディタイプ

食べかけのスナック菓子の袋などの密封に便利に使うことができるハンディタイプのフードシーラーです。ヘアアイロンのようなかたちで手軽に使うことができて、一度開けた菓子袋でも買ってきた時のようにように密封することが可能となっています。

 

また、別売りの専用ポリエチロン袋を使えば、コーヒー豆や小麦粉などの湿気が気になる食品の長期保存にも便利に使うことができます。専用袋は商品にサンプルも付いてくるので、買ってすぐに使えるところも嬉しいポイントです。

 

 

サイズW40mm×D270mm×H30mm重量270g
使用電源ニッケル水素単3電池×4本シール可能幅160mm
脱気圧機能なし水物対応不可

口コミを紹介

使いやすい上、子供がいる家庭を想定して安全な設計になっていました。お値段結構しますが、買ってよかったかなと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Nobelbird

真空パック器

価格:9,124円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々な食品の脱気やシールに対応する家庭用モデル

乾物の食材にも水物の食材にも対応できる家庭用フードシーラーです。乾・脱気シール」と「湿・脱気シール」の2つの真空モードを選択することが可能なほか、「シールのみ」と「瓶/缶脱気」のモードも選択することができる高機能を搭載しています。

 

脱気するときは手動での運転終了も可能なので、脆い食品を吸引しすぎて傷める心配がありません。また、コンパクトで軽量な本体サイズでありながら、作業横幅は30cmというワイドなものとなっており、鶏ステーキなどの大きな食品の真空パックにも対応します。

サイズW390mm×D135mm×H60mm重量1200g
使用電源AC100Vシール可能幅280mm
脱気圧60Kpa水物対応可能

口コミを紹介

玄米や玉ねぎや人参やじゃがいもなども真空にしておけば芽がでたり、害虫から守れて通常よりも長く保管できます。
鮮度も落とさないので、備蓄用のみならず夏の暑い時期にもかなり役立つと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

フードシーラーの選び方

フードシーラーは様々な種類の製品が販売されていてどれを選べば迷う人も多いかと思います。製品のタイプや機能、性能などをチェックした上でご自身の使い方に最適な商品を選びましょう。

タイプで選ぶ

フードシーラーは様々な製品が販売されていますが、大きく分けて卓上タイプとハンディタイプの2つのタイプに分けられます。また、業務用の製品の中には家庭でも使うことが出来るものがあります。

卓上タイプ

家庭用のフードシーラーとして機能が充実したモデルが多いのが卓上タイプのフードシーラーです。作業横幅が広く取られているので、ステーキ肉などの大きな食材でも脱気や密封に対応することができます。
 
 
作業場所の面積はハンディタイプと比較すると大きくなりますが、安定感があるのでハンズフリーで使えるのも便利なところです。水物の脱気に対応するモデルを選べば、さらに多くの食品に対応できるので、料理の作り置きをしたいという人にもおすすめです。

ハンディタイプ

家庭用のフードシーラーの中でも、手軽に使うことができるのがハンディタイプのフードシーラーです。比較的にコンパクトなサイズなので使わない時でも収納場所に困ることがなく、キッチンやリビングの常備品としても最適なタイプと言えます。
 
 
 
シンプルな機能が中心なので真空パックや水分の分離などには対応しませんが、食べかけのスナック菓子などのパッケージでも、挟んでスライドさせるだけで密封できます。また、食品のほかにも手紙や写真などの紙類を劣化させずに保存したいときにも便利に使えます。

業務用タイプ

フードシーラーは大きなモデルから小さなモデルまで様々な種類から選ぶことが出来ますが、業務用のフードシーラーの中にも家庭用として使える製品があります。本体のサイズは大きめではありますが、水物や大きな食材などの脱気や密封をしたい人にはおすすめです。
 
 
また、業務用モデルのもう一つのおすすめポイントはランニングコストの安さです。フードシーラーは専用袋や専用ロールを必要とするモデルが一般的ですが、業務用モデルは、多くのビニールやポリエチレン製の袋に対応するので、割高な専用袋を用意する必要がありません。

機能で選ぶ

フードシーラーはシンプルな機能のものから多機能を備えたものまで販売されていますが、食品の鮮度を長く保つために便利な機能が真空パック機能です。また、水物対応の製品であれば、保存できる食品のバリエーションが大きく広がります。

真空パック機能

真空パック機能を搭載するフードシーラーであれば、食品や食材の鮮度を保って長期保存することが可能です。袋を脱気(吸引)することで、中の空気を抜くことが出来るので真空状態で食材を保存できます。
 
 
また、真空パックには密閉性の高さにより食材に味がよく染み込むという効果も。低温調理などにも活用できるので料理の幅も広げてくれます。フードシーラーの機能の中でも、特におすすめしたい機能と言えるでしょう。

液体にも使える「水物対応」のモデル

汁気の多い食品などの作り置き料理を保存したい人には、水物(液体)対応のフードシーラーがおすすめです。対応できる食品が多く様々な料理の保存に活用できるので、使い道が大きく広がります。

 

水物に対応していないフードシーラーで汁ものの脱気を行うと、故障してしまうので注意が必要です。水物に対応するフードシーラーをお求めの場合は、水分を分離する機能を搭載しているモデルであるか確認するようにしましょう。

性能で選ぶ

フードシーラーを使い始めると意外と気にあるのは音やスピードです。お子さんがいるご家庭でお使いになるのであれば、静音性に配慮がされていて、使う時にストレスのないモデルがおすすめです。

音(静かさ)

家庭用としてフードシーラーを使用するのであれば、運転するときの音の大きさもチェックしておきたいポイントです。小さなお子さんのいるご家庭や、夜間に使うことが多いという人には気になるポイントではないでしょうか。

 

ハンディタイプのフードシーラーなど袋の密閉のみの機能しか持たないシンプルなモデルであれば動作音が気になることはありませんが、脱気の機能を持つモデルはどうしても動作音が大きくなります。必要な機能とお使いになる環境のことを考えた上で商品を選びましょう。

速さ

業務用としてフードシーラーを使う人や、一度に何枚もの袋を密閉するという人の場合は、脱気やシールなどの作業が完了するまでに必要となる時間の長さも気になるところではないでしょうか。

 

卓上フードシーラーは、早いものでは20秒以内、遅いものでは50秒以上と、商品によってスピードに大きな違いがあります。フードシーラーを業務用に使う人や、スーパーでたくさんの食材をまとめ買いするという人は、必要なスピードが短いものを選べばストレスがありません。

使い方や操作のしやすさ

フードシーラーを使い始めると気になるのがランニングコストです。フードシーラーは専用袋が必要な製品が一般的ですが、専用袋不要なモデルもあります。コストの面では割安ではありますが、料理などには活用出来なくなります。優先度を考えて選ぶことをおすすめします。

専用袋不要な製品やロールが不要な製品も

卓上タイプのシーラーは、製品ごとに密封できる袋が異なります。付属品として専用袋や専用ロールが入って売られている商品もありますが、使い続けるうちに買い替えが必要となってきます。
 
 
ロールや袋には汎用品もありますが、購入する際には、お使いになるフードシーラーに適切なサイズであるか、袋の幅や厚みに注意が必要です。また、専用袋不要なモデルでも、対応する素材のチェックはお忘れなく。適用しない素材だと発火する危険があるので注意が必要です。
 

脱気力

家庭用のフードシーラーで食品や食材の真空パックをしたいときに性能面において最も重要となるのは、フードシーラーの脱気力(空気を抜く力)です。家庭用として使用するときに目安となる脱気力は、およそ60kPaまでの製品です。

 

脱気力は「吸引力」などの表記で示されていることもありますが、この部分の項目が50kpa以下となるようだと、食品の鮮度を保つためには不十分と言えます。食材の美味しさを長く維持したいのであれば、購入の前にスペックの確認をしておきましょう。

フードシーラーを活用できるレシピも

真空パックができるフードシーラーを上手に活用すれば、料理のレシピの幅も広げてくれます。例えば、豚ロースの塊などの肉を保存するときに粗塩を刷り込んでから真空パックにすれば、肉に塩が浸透して美味しい塩豚ができます。

 

また、料理に活用するのであれば、袋も調理に対応するものを使用することをおすすめします。ハンバーグなどは焼いてから真空パックにして冷凍庫の中で保存すると良いでしょう。食べたいときに湯煎するだけで良いので、忙しいときの料理の手間が省けて時間短縮ができます。

フードシーラーの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5485635の画像

    Nobelbird

  • 2
    アイテムID:5483015の画像

    And today

  • 3
    アイテムID:5484244の画像

    フードシールド(FoodShield)

  • 4
    アイテムID:5483496の画像

    見聞堂株式会社

  • 5
    アイテムID:5485888の画像

    Shop Japan(ショップジャパン)

  • 6
    アイテムID:5485689の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 7
    アイテムID:5474814の画像

    Toyuugo

  • 8
    アイテムID:5483935の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 9
    アイテムID:5482593の画像

    レック(LEC)

  • 10
    アイテムID:5482603の画像

    ミゾエシ ハルコ

  • 商品名
  • 真空パック器
  • ママシーラー
  • 真空パック器 JP29
  • 高性能卓上シーラー シールくん20cm幅
  • フードシーラー ピタント
  • 真空保存フードシーラー VPF-385T
  • 真空パック器
  • ハイシール BH-951P
  • ヒート シーラー ホワイト ( ハンディシーラー )
  • ミニフードシーラー
  • 特徴
  • 様々な食品の脱気やシールに対応する家庭用モデル
  • ヘアアイロンのような形で手軽に使えるハンディタイプ
  • ランニングコストの安さが魅力の業務用モデル
  • 様々な業界で活躍する業務用タイプ
  • 料理の作り置きや真空調理にも便利
  • 簡単操作の家庭用フードシーラー
  • 瓶や容器の脱気も可能な多機能を搭載
  • 食材に合わせて2つのモードが選択可能
  • とにかく軽くてコンパクト
  • かわいくて手軽に使えるハンディタイプ
  • 価格
  • 9124円(税込)
  • 6800円(税込)
  • 14880円(税込)
  • 7260円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 6900円(税込)
  • 6800円(税込)
  • 22510円(税込)
  • 402円(税込)
  • 2964円(税込)
  • サイズ
  • W390mm×D135mm×H60mm
  • W40mm×D270mm×H30mm
  • W390mm×D148mm×H72mm
  • W80mm×D320mm×H100mm
  • W380mm×D140mm×H78mm
  • W380mm×D165mm×H95mm
  • W406mm×D160mm×H90mm
  • W380mm×D130mm×H95mm
  • W35mm×D95mm×H35mm
  • W18mm×D175mm
  • 重量
  • 1200g
  • 270g
  • 1930g
  • 2400g
  • 2200g
  • 2100g
  • 1500g
  • 40g
  • 使用電源
  • AC100V
  • ニッケル水素単3電池×4本
  • AC100V
  • AC100V
  • AC100V
  • AC100V
  • AC100V
  • AC100V
  • 単3アルカリ乾電池×2本
  • AC100V
  • シール可能幅
  • 280mm
  • 160mm
  • 260mm
  • 200mm
  • 280mm
  • 280mm
  • 300mm
  • 300mm
  • スライド式
  • スライド式
  • 脱気圧
  • 60Kpa
  • 機能なし
  • 80Kpa
  • 機能なし
  • 500mmHG
  • 50Kpa
  • 機能なし
  • 機能なし
  • 機能なし
  • 水物対応
  • 可能
  • 不可
  • 可能
  • 不可
  • 不可
  • 不可
  • 可能
  • 不可
  • 不可
  • 不可

まとめ

今回はフードシーラーの人気商品を中心にランキング形式でご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。フードシーラーは様々なメーカーから多種多様な製品が販売されていますが、サイズや機能などを確認して、あなたにとって最適な1台を見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ