2人用ボードゲームの人気おすすめランキング15選【2人でも楽しい】

記事ID8016のサムネイル画像

ボードゲームは、思考の読み合いや協力するものなど数多くあります。中でも2人用のボードゲームは、より仲が良くなるチャンスも作ってくれる可能性をもっています。今回は大人から子まで、楽しめる2人用ボードゲームをランキング形式で紹介しています。

大人から子供まで2人でも楽しめるボードゲーム

ボードゲームは大勢の人数でプレイすることをイメージする方が多いのではないでしょうか。友人や恋人と2人で遊べるボードゲームも多く存在します。2人で遊ぶということは、関係が近づいたりこともできます。

 

2人専用のボードゲームは、勝敗の緊張感あふれる頭脳戦をすることもできます。また心理戦や駆け引きといったゲームならではの感覚を楽しむこともできます。またボードゲームは持ち運ぶこともできるので、旅先などでも盛り上げることもあります。

 

そんな魅力が一杯のボードゲームをプレイ時間対象年齢を基準にランキング形式で紹介します。ボードゲームは手軽に遊べるものなので、ぜひ試してもらえたらと思います。

2人用ボードゲームの人気おすすめランキング15選

15位

コザイク(Cosaic)

ロストシティ

価格:2,497円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

次の手をよむ戦術

デザイナーのライナー・クニツィーア氏の傑作のカードゲームです。 プレイヤーは探検家となり、火山地帯やヒマラヤ山脈、果ては海底まで様々な未開の土地に足を踏み入れ、 数字カードを並べて財宝への道を開拓するのが目的です。

 

手番にすることはカードを1枚プレイして1枚補充します。 探検カードは自分の前に色ごとに昇順に並べていき、 山札が尽きてゲームが終わったときに、それぞれの色カードの数字合計が得点となります。

 

そして出されている最後の数字よりも大きい数字を出さなくてはいけないので、どのタイミングでどのカードを並べるかが重要です。

プレイ時間30分対象年齢10歳以上

口コミを紹介

考えないと確実に負ける。でも結局は運だったりする。初心者でも考える要素がわかりやすく、運が簡単に実力を凌駕したりもするので、個人的には実に良いバランス。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

アークライト(Arclight)

サイズ - 大鎌戦役 - 完全日本語版

価格:8,888円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

賞を受賞したゲーム

1920年代のもうひとつの世界の舞台にした、探検・拡大・開発・破壊をしていくゲームです。こちらは世界中で数々の賞を受賞したゲームで、日本語版として販売されました。4種類の必須アクションと任意アクションの2つを組み合わせるゲームです。

 

まずは移動するか、2金をもらいます。そして1金を支払って、軍事力を得ます。もしくは、戦闘時に使える軍事力カードを獲得します。次に1金を払って、好きな資源2種類を獲得か2民心力を獲得します。

 

こうして自国を拡大しながら移動していると、どうしても他のプレイヤーとぶつかることがあります。その場合、戦闘になり、自身の軍事力の大きい方の勝ちです。ゲーム終了後、得点計算が高い人の勝ちです。国を作るので、政治経済を取り入れたゲームとも言えます。

プレイ時間115分対象年齢14歳以上

口コミを紹介

アートワークも駒類もハイセンスハイクオリティで眺めるだけでワクワクしてきます。ルールは一見複雑に感じますがやる事はほぼアクションボード上の4つの分類からやりたいアクションを選ぶだけなのでプレイしながらでも覚えられると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ホビージャパン(HobbyJAPAN)

侍石(じしゃく) 日本語版

価格:2,783円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルで分かりやすいルール

これはマグネットゲームです。各プレイヤーは交互に自分のストーンを1個ずつベースの空きスペースに適当に置いていきます

 

ですが自分のストーンまたはベースに置かれている他のストーンに、1個以上のストーンがくっ付いた時は、自分のストーンと、くっ付いた状態の全てのストーンを手元に回収しなければいけません。

 

そのくっ付いたストーンは、全て置かなければいけません。そして先に自分のストーンがなくなれば勝利です。簡単なルールでプレイできるので、誰でもやりやすいと思います。

プレイ時間20分対象年齢14歳以上

口コミを紹介

値段は高めですが、ルールブックすら読まずに遊べる単純さが良く、また誰もが遊べるけれど奥が深い。「頭使わずに遊びたい派」の妻と大笑いしながら遊べました。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

Gentosha

マンカラ・カラハ

価格:2,138円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

知能ゲーム

マンカラは、紀元前から世界中で遊ばれてきた対戦頭脳ゲームで、最古のボードゲームのひとつとでもあります。アフリカや中近東、東南アジアで古くから親しまれ、遊び方は世界各地で100種類以上あるとされている。

 

まず各ポケットに石を4個ずつ置きます。自分の陣地からポケットを1つ選び、入っている石を全て取ります。右隣のポケットから、反時計周りに1個ずつ置いていきます。全ての石が置き終わったら、相手の番です。

 

そして最後の石がゴールで置き終わったら、もう一度自分の番になります。これを交互にくり返し、自分の陣地にある石を早くなくした人の勝ちです。とても簡単な遊び方ですが、運ではなく、「先を読む」など戦略が必要です。

プレイ時間15分対象年齢8歳以上

口コミを紹介

駆け引きの要素が多いながらも、ルールが単純なので、年の差があっても楽しめます。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ペガサス

ねことねずみの大レース (Viva Topo!)

価格:4,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ただのスゴロクゲームではない

このゲームは背後から追いかけてくる猫に捕まらないように、サイコロを降ってねずみを進め、より多くのチーズを持ち帰ることを目的とする内容です。

 

1人4~5匹のねずみのコマを持ちます。自分の番ではサイコロを降って、出た目だけ自分の色のねずみを進めます。どのネズミでもいいですが、必ず1匹だけにします。サイコロには猫の目もあり、猫の目が出たら自分のねずみを1マス進めた後に、猫を1マス動かします。

 

2週目からは2倍のスピードで猫が追いかけてきます。コースから全てのねずみがいなくなったらゲーム終了です。一番多くチーズを集めた人の勝ちです。バランスよく進めないといけないので、頭を使うゲームです。

プレイ時間20分対象年齢4歳以上

口コミを紹介

キッズゲーム大賞を受賞しているだけあって、よく考えられた、大人も子供も皆で盛り上がって楽しめる、本当にいいゲームだと思います!

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

メビウスゲームズ

ガイスター

価格:2,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

将棋のようなゲーム

最初のリリースは1980年です。もう40年近く前の作品ですが、今でも普通に売られている名作です。このゲームは将棋のようなターン制で交互に自分のコマを動かしていきます。コマを動かせるのは上下左右の4方向に1歩ずつです。

 

相手のオバケに重なると、将棋やチェスように相手のコマをとることができます。ただ、取ったあとのコマは、自分の戦力として活用できません。勝利条件は、青お化けを全部取る。赤お化けが全部取られる。青お化けが脱出する。この3つです。

 

相手に赤か青か分からないよう進めていくなど、戦略ゲームです。

プレイ時間15分対象年齢8歳以上

口コミを紹介

戦略もさながら心理戦や運も絡んでくるのでシンプルながらかなり盛り上がるゲームです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ジーピー

ウボンゴ ミニ 完全日本語版

価格:970円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気パズルボードゲーム

世界で数多くのゲーム賞を受賞したパズルボードゲームです。こちらは持ち運びやすいるミニ版です。パズルゲームとボードゲームが合わさった、パズルゲームの歴史を塗り変える画期的なパズルボードゲームです。

 

それぞれ山札からカードを1枚引き、8個の異なるピースのセットを手元に置いて準備します。ピースを回したりひっくり返したりしながら、なるべく早く白いマスにピースをぴったりはめていきます。ボードの枠内に3枚のピースを隙間なくはめることができたら完成です。

 

早くパズルを完成させた人ほど高得点のボーナスがもらえます

プレイ時間15分対象年齢7歳以上

口コミを紹介

少しの時間に一人でもできるし、家族と一緒にゲーム。また、ミニサイズなので、どこにでも持っていけるから、コミュニケーションツールとしても役立ちそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

アークライト(Arclight)

ザ・マインド 日本語版

価格:1,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

心理カードゲーム

集中力を高めて全員の心をシンクロさせる、独創的な協力型ゲームです。ドイツ年間ゲーム大賞2018のノミネート作品となっています。

 

ザ・マインドは、1~100までの数字カードを各自持ちそれらを出し切ることを目指す協力ゲームです。ですが、出すカードは小さい順である必要があり、お互いに相談をすることができません。

 

手札に残ったカードより大きいカードを他プレイヤーが出すと「ライフカード」を1枚失います。全てのレベルをクリアすると勝利となります。ライフポイントのカードが全てなくなると敗北となります。

プレイ時間20分対象年齢8歳以上

口コミを紹介

非常に珍しい分類に所属します。しかも、相談なしでゲームを進める。ただ手札のカードを出すだけ。ルールはシンプルだけど、奥が深い。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

HABA

キャプテン・リノ (Super Rhino!)

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

他にない積み立てゲーム

カードを使った手軽なバランスゲームです。屋根カードを手札として各自に5枚づつ配ります。土台カードを置いたらスタートです。土台に記載の場所に壁カードを置き、その上に手札から好きな屋根カードを置いていきます。こうして建物を作っていくゲームです。

 

ブロックや積み木が好きな子どもには、カードで建物を積んでいく部分が他にはない面白さがあります。ただ特殊カードで変化が加わるので、それが刺激的です。さらにリノの駒が入ってくるので、高くなってきた建物をアンバランスにする、絶妙なバランスです。

プレイ時間10分対象年齢5歳以上

口コミを紹介

ルールがわかりやすいので、小さい子から大人までどの世代でも楽しめます。ゲーム内容はジェンガのようにひたすら積み上げていくゲームですが、カードを使うので倒れた時の音も小さく片付けも楽です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

増田屋コーポレーション

Rummikub(ラミィキューブ)

価格:2,730円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伝統ゲームに近い感覚

ドイツゲームではなく、麻雀やチェスなどの伝統ゲーム・古典ゲームに近いです。1977年にアメリカで発売され、その年にアメリカで最も売れたゲームです。今もなお生産され続けているロングセラーで、世界選手権も開催されているほどです。

 

ゲームの目的は、手持ちのタイルを無くすことです。役を作って、場に出していきます。誰が出してた役でも場に出ているものは利用して、その役を更に拡大したり、分割して新たな役を作ってもいいです。

 

そしてタイルがなくなった人が勝ちで、残りの人が残った手持ちタイルの数字の合計値が低い方が勝ちです。

プレイ時間-対象年齢7歳以上

口コミを紹介

小学一年生の息子と、家族3人で楽しんでいます。
運もあり、戦略ありで、息子が勝つこともあれば、大人が勝つこともあり、非常にバランスの良いファミリーゲームだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ホビージャパン(HobbyJAPAN)

パンデミック:新たなる試練

価格:3,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全員協力のゲーム

このゲームは、プレイヤーが新型ウイルス対策チームの一員となり、多国間にまたがって広範囲に散発的な広がりをみせる世界流行に協力して立ち向かう、協力型のボードゲームです。

 

「パンデミック」は、世界に蔓延する4種類の病原体の感染を防ぎつつ、それらを治療する特効薬を発見することが目的となります。プレイヤーはそれぞれ1つずつの役割を持ち、病原体が人類を滅亡に追いやってしまう前に、各病原体に対する治療薬を開発すれば勝利です。

 

アプリゲームにもなるほどの人気もあります。

プレイ時間45分対象年齢10歳以上

口コミを紹介

実際やってみるとルールもそんなに複雑ではなく、個々の演じる役割とウィルスの進行具合で全体の進め方も変わるので毎回違った展開になることが多く非常に楽しい。どうやればよかったか話し合って、次のゲームに!と協力してる感が非常によいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

メビウス/ツォッホ

メビウスゲームズ おばけキャッチ 日本語版

価格:1,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子供も大人も熱中

このゲームは、山札から1枚のカードをめくり、そのカードが示す正解のコマを素早く掴み取る、言わば早取りゲームです。カードは60種類あり、コマの種類はネズミ・本・お化け・椅子・ビンです。

 

引いたカードの中に「コマの色と同じ色で写っているモノ」があれば、そのコマが正解となります。カードの中に正しい色で写っているモノがなければ、「色も種類も映っていないコマ」をとります。

 

「カードをめくってコマを取る」を繰り返し、山札がなくなったらゲーム終了です。最後に、最も多くのカードを獲得していた人の勝利です。集中力も必要で、子供でも理解しやすい内容です。

プレイ時間20分対象年齢8歳以上

口コミを紹介

届いたその日から子供たちが大ハマリ。ルール理解は、幼稚園の年中さんから大丈夫だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

コザイク(Cosaic)

テストプレイなんてしてないよ

価格:1,570円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カードを引く運も大事

「テストプレイなんてしてないよ」は、自分以外のプレイヤーを脱落させるパーティーカードゲームです。ゲーム終了時、1人残ったプレイヤーがゲームに勝利します。

 

手番では、手札から1枚カードを出してその効果を適用します。それによって影響を受けるプレイヤーがゲームから脱落したりします。効果の内容には、極端な効果が多くふくまれていて、理不尽にゲームから脱落します。

 

引き運が強いパーティーゲームです。頭を使わず楽しむことができます。

プレイ時間5分対象年齢13歳以上

口コミを紹介

この商品を購入して何度もプレイしましたが、遊ぶたびに面白さが変化します。初めてプレイする時はカードの効果の意外さに驚き、今までない新鮮なカードゲームを楽しめました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

友愛玩具

クラッシュアイスゲーム

価格:955円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

氷を叩く気持ちよさ

クラッシュアイスゲームは、フィールドの中心に置いたペンギンのフィギュアを落とさないようにアイスブロックを砕いていくゲームです。フィギュアを先に落とした人の負けになります。

 

セットにはブロックを砕く個数を指定するルーレットが付属しています。ルーレットを回しながら落とすアイスブロックの数と色を決定し、順番にブロックを破壊していきます。ハンマーでブロックを叩いて落としのは、慎重に叩く、または思いっきり叩いてもいいです。

プレイ時間-対象年齢6歳以上

口コミを紹介

アイスブロックをひとつひとつカチッとはめていく作業が、思いのほか楽しいです。ハンマーでひとつ落とす感覚も工夫しながらゲームを楽しめます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

マテル(MATTEL)

ブロックス BJV44

価格:1,901円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハマる面白さ

ブロックスはブロックが途切れないように盤面に配置していき、手持ちのブロックをたくさん置けた人が勝ちという陣地取りボードゲームです。フランスで2000年に発売され、そして世界50ヶ国以上に広がっている人気ゲームです。

 

このゲームは、手持ちのいろんな形をしたブロックを、ボードの上に1個ずつ置いていきます。これ以上誰もブロックを置けない状態になったらゲーム終了です。そして最後に手元に残ったブロック数が少ない人の勝ちです。

 

簡単なルールで誰でも遊べる内容です。

プレイ時間20分対象年齢7歳以上

口コミを紹介

ボードゲームでは最高レベルの楽しさ。単純だけど必勝法があるわけではないので小学1年生と大人が同じ土俵で互角に戦える。

出典:https://www.amazon.co.jp

2人用ボードゲームの選び方

ボードゲームは各国からも販売されているゲームで、その種類は数え切れないぐらいいあります。いっぱいありすぎて、選ぶことが大変という方もいると思うので、どのような選び方があるのかポイントを紹介します。

プレイ時間で選ぶ

プレイ時間は短いもの、長いものの2つに分けられます。時間だけと思われがちですが、時間以外のことも関係あるので、紹介したいと思います。

短時間

ボードゲームを購入する時、プレイ時間は確認しながら見ることをおすすめします。短い時間で遊べるものは10分程度で終わるものがあります。このくらいの時間ですと初心者の方でもやりやすい難易度のものが多いです。

 

また対象年齢も低く、子供と一緒にできるものがあるので、一緒に遊んだりして、時間を過ごすことができます。

長時間

プレイ時間の長いボードゲームですと、1時間以上かけてプレイする大作もあります。ですがなかなか勝敗がつかなかったり、ルールが難しかったりするので、初心者の方は疲れてしまう可能性があります。慣れるまでは気軽に遊べるボードゲームがおすすめです。

 

慣れてくればこういう大作に挑戦するのもボードゲームの面白さです。サイズも大きいものや対象年齢が高いものもあるので、選ぶ時に違う楽しみ方ができます。

難易度で選ぶ

遊ぶ前に難易度には注意が必要です。あまりルールの難しいゲームだと、覚えるまでに時間がかかってしまいます。説明書を読むだけで時間を使ったりしまうので、比較的簡単な内容のものを選ぶことですぐに遊ぶことができます

 

友人や恋人とゲームをするのに、説明書を読むだけで終わってしまうのは、非常にもったいないです。お互いがイライラしないよう、短時間で遊びに入れるものの方が、楽しく遊べる場合もあります。

対戦か協力で選ぶ

子供同士でプレイする際、いつも負けてしまう子がいたらゲームとはいえ心配になります。ムキになったり、拗ねたりということもあり得ます。ですので、負ける人を出したくないという方には、協力型がおすすめです。

 

協力型ならみんなでクリアするために知恵を出しあえるので、協調性を高めやすいです。逆に、白熱して勝敗をはっきりつけたいという方には対戦型がおすすめです。相手の表情を読み取ったり、行動を先読みする力が養われます。

対象年齢で選ぶ

対象年齢は目安になるので、子供とプレイする場合は確認した方がいいです。ですが、子供によって好みが違ったり成長過程があります。なのでそれに合ったゲームを一緒に見つけるといいです。

何度でも遊べそうなもので選ぶ

ボードゲームとは繰り返し遊ぶことができるゲームです。せっかく購入するのですから、内容が面白いかどうかは一番重要となります。すぐに飽きてしまっては、タンスの肥やしになってしまう可能性もあります。

 

2人でもつねに飽きずに楽しく遊ぶためにはゲームがあれば、繰り返しプレイできます。 遊ぶ度にゲームの展開が変わったり、戦略を変えようと思えるようなボードゲームに出会えれば、長く遊ぶことができます。

大きさで選ぶ

2人用のボードゲームを選ぶ時に、ボードゲームの大きさも選び方の基準に入れるといいです。小型なものなら持ち運びがしやすいため、どこかに遊びに行く時に持っていくことができます。また収納する場所をあまり気にする必要がないです。

 

大きいものとなると持ち運びが大変なので、遊びに来てもらったりした時にプレイしやすくなります。

口コミで選ぶ

今やパソコンの普及でネット社会になっています。そこでボードゲームも口コミで噂が広まったり紹介されているものもあります。そういったものを頼りに商品を選ぶのも一つの手段です。

 

また通販などで売れ行きのランキングなどで紹介されているものを購入したりと、選ぶ手段は多く存在します。

2人用か2人以上か

2人用ゲームの良さは、一対一の緊張感あふれる頭脳戦や駆け引きを体感することができることです。ゲームの種類にもよりますが、対戦することで相手の人の心理が分かるかもしれません。

 

そして2人以上でも遊べるタイプのゲームは、2人でも2人以上でもプレイできる点が魅力です。ホームパーティーや旅先、親せきなど人が多く集まった時ほど、より盛り上がりを見せてくれるゲームになります。

2人用ボードゲームのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5346125の画像

    マテル(MATTEL)

  • 2
    アイテムID:5345177の画像

    友愛玩具

  • 3
    アイテムID:5345125の画像

    コザイク(Cosaic)

  • 4
    アイテムID:5342405の画像

    メビウス/ツォッホ

  • 5
    アイテムID:5342062の画像

    ホビージャパン(HobbyJAPAN)

  • 6
    アイテムID:5341970の画像

    増田屋コーポレーション

  • 7
    アイテムID:5341913の画像

    HABA

  • 8
    アイテムID:5341863の画像

    アークライト(Arclight)

  • 9
    アイテムID:5341836の画像

    ジーピー

  • 10
    アイテムID:5341802の画像

    メビウスゲームズ

  • 11
    アイテムID:5341790の画像

    ペガサス

  • 12
    アイテムID:5341744の画像

    Gentosha

  • 13
    アイテムID:5341721の画像

    ホビージャパン(HobbyJAPAN)

  • 14
    アイテムID:5341503の画像

    アークライト(Arclight)

  • 15
    アイテムID:5340111の画像

    コザイク(Cosaic)

  • 商品名
  • ブロックス BJV44
  • クラッシュアイスゲーム
  • テストプレイなんてしてないよ
  • メビウスゲームズ おばけキャッチ 日本語版
  • パンデミック:新たなる試練
  • Rummikub(ラミィキューブ)
  • キャプテン・リノ (Super Rhino!)
  • ザ・マインド 日本語版
  • ウボンゴ ミニ 完全日本語版
  • ガイスター
  • ねことねずみの大レース (Viva Topo!)
  • マンカラ・カラハ
  • 侍石(じしゃく) 日本語版
  • サイズ - 大鎌戦役 - 完全日本語版
  • ロストシティ
  • 特徴
  • ハマる面白さ
  • 氷を叩く気持ちよさ
  • カードを引く運も大事
  • 子供も大人も熱中
  • 全員協力のゲーム
  • 伝統ゲームに近い感覚
  • 他にない積み立てゲーム
  • 心理カードゲーム
  • 人気パズルボードゲーム
  • 将棋のようなゲーム
  • ただのスゴロクゲームではない
  • 知能ゲーム
  • シンプルで分かりやすいルール
  • 賞を受賞したゲーム
  • 次の手をよむ戦術
  • 価格
  • 1901円(税込)
  • 955円(税込)
  • 1570円(税込)
  • 1700円(税込)
  • 3480円(税込)
  • 2730円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 1100円(税込)
  • 970円(税込)
  • 2800円(税込)
  • 4500円(税込)
  • 2138円(税込)
  • 2783円(税込)
  • 8888円(税込)
  • 2497円(税込)
  • プレイ時間
  • 20分
  • -
  • 5分
  • 20分
  • 45分
  • -
  • 10分
  • 20分
  • 15分
  • 15分
  • 20分
  • 15分
  • 20分
  • 115分
  • 30分
  • 対象年齢
  • 7歳以上
  • 6歳以上
  • 13歳以上
  • 8歳以上
  • 10歳以上
  • 7歳以上
  • 5歳以上
  • 8歳以上
  • 7歳以上
  • 8歳以上
  • 4歳以上
  • 8歳以上
  • 14歳以上
  • 14歳以上
  • 10歳以上

まとめ

ボードゲームはただ遊ぶだけでなく、遊びの中で会話が生まれ、コミュニケーションをとることのできるゲームでもあります。アナログなボードゲームですが、電源を入れるゲームとはまた違うので、楽しく盛り上がれるお気に入りを、ぜひ探してください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ