【ウクレレ講師が教える】ウクレレの人気おすすめランキング20選と選び方を紹介!

記事ID5985のサムネイル画像

自宅で過ごすことが多い今、手軽に演奏できるウクレレを購入する方が増えています。ウクレレは、音域・材質・形などの違いでさまざまな種類にわかれており、演奏する方の好みやレベルに合わせてぴったりの商品を選ぶことができます。この記事では、ウクレレの選び方とおすすめの商品を、人気ランキング形式でご紹介します。

初心者・中級者・上級者におすすめのウクレレはどれ?

ウクレレは、初心者でも扱いやすい楽器として人気です。また、ピアノやギターに比べると安く入手できるのも魅力。

 

しかし、ウクレレには種類があり、それぞれ大きさや音色が異なります。そのため、適当に購入してしまうと「思っていた感じと違う……」と感じて、飽きてしまうこともあるかもしれません。ですが、選び方を間違わなければ、一生モノの趣味になることもあります!

 

そこで今回は、ギター・ウクレレ講師として活躍する斉藤雅人さん監修のもと、ウクレレの選び方や、初心者向けから上級者向けのウクレレランキングをご紹介します。

ウクレレ講師斎藤さんが教える!ウクレレの選び方

取材協力

専門家プロフィール画像

斉藤雅人

ギターウクレレ講師

東京都出身 ビートルズを14歳の時に聴いて、ギターを始める。 専門学校ミューズ音楽院プレーヤー科ギター専攻卒業。 専門学校在学中からプロとしての活動を行い エレキギター、アコースティックギター、ウクレレ講師として 大手音楽教室講師歴9年 2020年3月より『ギターウクレレ講師』として YouTube上でウクレレレッスン動画を制作 9ヶ月でチャンネル登録者20,000人を越える。(2020年12月現在) オンラインレッスンサイトcafetalkにて 音楽講師部門(2020年11月上旬付) フィードバックランキング1位 リピートランキング1位 注目講師ランキング1位

<YouTube>

https://www.youtube.com/user/masato1003

<Twitter>

https://twitter.com/masato1003

<Instagram>

https://www.instagram.com/masatosaito1003

編集部の画像

編集部

ウクレレを選ぶのに重要なポイントを斎藤さんに教えていただきました!

POINT

■ウクレレの選び方のポイント

①ギアペグかどうか

②音が好みかどうか

③フレットのバリがあるかどうか

④デザインが気に入っているか

⑤弾きやすいか

①ギアペグかどうか

斎藤さんの画像

斎藤さん

初心者は特にギアペグの方がチューニングがしやすいです!

②音が好みかどうか

斎藤さんの画像

斎藤さん

弾けなかったら店員さんに弾いてもらうこともできます。

③フレットのバリがあるかどうか

斎藤さんの画像

斎藤さん

指を怪我するので良く確かめて。

④デザインが気に入っているかどうか

斎藤さんの画像

斎藤さん

やはり見た目が好みだとモチベーション上がります。

⑤弾きやすいか

斎藤さんの画像

斎藤さん

弦の高さが高すぎると指が痛かったりします。

斎藤さんが選ぶ!おすすめウクレレ5選

1位
 

Hanalei

HUK-80

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、安くて1本目に最適!

安価でトップ単板により鳴りが良い、ハナレイの高コスパなソプラノウクレレです。ソフトケースがついているので、買ってすぐに持ち運べるのもポイント。

ジャカ弾きもソロもそつなくこなす、持っておけば間違いのない1本です。

音域ソプラノ材質マホガニー
付属品ソフトケース
斎藤さんの画像

斎藤さん

圧倒的なコストパフォーマンスで、ギアペグ。最低限のスペックを満たしています。

2位
 

enya musical

Enya Nova U Mini/BL

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、安くて丈夫!

軽快で可愛らしいサウンドが特徴の、ソプラノウクレレ。ボディがカーボンファイバー素材なので、耐水性や耐久性があり、初心者でも扱いやすく作られています。

色使いも可愛らしく、テンションを上げてくれる1本です。

音域ソプラノ材質カーボンファイバー
付属品セミハードケース・ストラップ・カポ・予備ウクレレ弦
斎藤さんの画像

斎藤さん

音もそこそこ良くて、木ではないので管理も気にしなくて大丈夫です。

3位
 

KAMAKA

HF-2

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、ウクレレの最高峰!

老舗のウクレレメーカーKAMAKA「デラックスシリーズ」の中でも、特に人気を誇る1本です。ボディにはハワイアンコア材が使用され、指板とブリッジには希少なエボニーが使用され、高級感のある作りとなっています。

ヘッドに細長い穴が空いたスロッテッドヘッドが採用されており、ハリのあるサウンドで表現力の幅も広がることでしょう。

音域コンサート材質ハワイアンコア
付属品-
斎藤さんの画像

斎藤さん

ウクレレの神様、Jake Shimabukuroに近づける最高のサウンド。スロッテッドヘッドにより弦にテンションがかかり、硬く繊細な音が出せるようになります。

4位
 

占部(ウラベ)

CT-43C

Amazonで詳細を見る

ズバリ、メイドインジャパンのバランスのよいサウンド!

重要文化財の修繕を手がけた占部英明氏の息子・直宏氏によって製作された、完全ハンドメイドのウクレレです。ボディには最高級グレードのカーリーメイプルが採用され、指板にはホワイトバインディング、ボディトップにはアバロントリムを施した豪華仕様。

華やかな外見で高級感があり、演奏性の良い1本です。

音域テナー材質カーリーメイプル
付属品ソフトケース
斎藤さんの画像

斎藤さん

バランスがよく、気品のある素晴らしいサウンドです。

5位
 

Enya Musical

EUC-25D

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、美しい見た目でおしゃれ!

単板マホガニー材で、ウクレレらしい甘いサウンド。ブルーの外見も美しく、初めてウクレレを持たれる方ならテンションが上がる1本です。

ギアペグでチューニングしやすく、付属品も豪華であるため、初心者におすすめ。

音域コンサート材質マホガニー
付属品ケース・チューナー・カポ・ピック・クロス・ストリング・リズムベル・ストラップ
斎藤さんの画像

斎藤さん

おしゃれな上に安く、セットで予算が許すならこれから始めてもいいですね。

ウクレレの選び方

ウクレレは、種類によって出せる音域や、大きさが全く異なります。自分が弾きたいものをイメージし、長く愛せるようなウクレレを選びましょう。

編集部の画像

編集部

2本目のウクレレを購入するタイミングはいつ頃でしょうか?

斎藤さんの画像

斎藤さん

2本目のタイミングは完全に人それぞれです。最初はソプラノがいいと思います。しばらくコードを弾いて、それからメロディやソロウクレレなどやってみたくなったら手のサイズもありますがコンサートなどを考えてみていいと思います。

種類で選ぶ

ウクレレには、ソプラノ・テナー・コンサートなどの種類があります。演奏スタイルに合わせたウクレレの種類で選ぶのがおすすめです。

一般的で女性や子供も扱いやすい「ソプラノ」

ソプラノは数あるウクレレの中でも、日本では最もポピュラーなタイプ。ボディが小さく、女性や子どもにも扱いやすい大きさです。可愛らしいサウンドで、軽やかで飛び跳ねるような音が響きます。

 

ボディが小さいため低価格な商品が多く、これからウクレレを始めたい初心者におすすめです。合奏をするときにはメインの旋律よりも、伴奏向きのサブの楽器としても使われることが多くあります。一般的で扱いやすいウクレレが欲しい方にぴったりです。

ソロ演奏にもぴったりな「コンサート(アルト)」

コンサート(アルト)は、ソプラノを一回り大きくしたサイズのウクレレです。ネックが長いのが特徴で、低くて深みのあるサウンドを出せます。汎用性が高く、手の大きな方にもおすすめです。

 

伴奏だけでなく、ソロ演奏をしたい方におすすめ。汎用性の高さはほかにはない魅力で、本格的な趣味にしたい方に人気があります。

プロ奏者も使う「テナー」

テナーは、深みのある音が奏でられるウクレレです。テナーはプロ奏者愛用の商品が多く、2本目におすすめ。弦の張り(テンション)が高いのが特徴で、幅広い音域を表現できます

 

軽やかな音や、ギターのように低く深みのある音を使い分けたい方におすすめです。ウクレレで多彩な表現をしたい方や、ミュージシャンを目指したい方に人気があります。しかし、初心者にはレベルが高く、扱いにくい傾向があります。

ギターのような「バリトン」

バリトンは、数あるウクレレの中で最も大きいタイプ。低い音と太いサウンドが特徴で、まるでギターのような音を楽しめます。アンサンブルで重低音を演奏したい方におすすめです。

価格で選ぶ

ウクレレには、さまざまな価格帯の商品が販売されています。コスパの高さを比較して、ウクレレの価格で選ぶのがおすすめです。

編集部の画像

編集部

中には5,000円以下のウクレレも販売されていますが、実際に品質はどうなんですか?

斎藤さんの画像

斎藤さん

5,000円以下になってくると、弾けなくはないですがインテリアになってきます。演奏に適さないものもありますのでご注意ください。できれば5,000円以上、続けたければ3万円以上がおすすめです。安すぎると、ピッチが悪く、すぐ壊れ、チューニングがすぐずれます。音が悪く、弾きにくいので上手くならない。安かろうは悪かろうです。

編集部の画像

編集部

楽器は「高いものほど品質が良い」というイメージを持たれていますが、ウクレレもそうなんでしょうか?

斎藤さんの画像

斎藤さん

基本その通りです。値段に比例して作りや音は良くなります。ただ50万を超えてくると、希少価値や骨董品的な、音には関係ない付加価値がつくことがあり、それは要注意です。

編集部の画像

編集部

安価な「中華ウクレレ」って、どうなんですか?

斎藤さんの画像

斎藤さん

値段が安いことがいいところです。もちろんコストダウンする為にあらゆるところで工夫しています。それにどこまで自分が許せるか、です。実際にレッスンに通って上達したいなら1万円以上のものの方が弾きやすいかと思います。

コスパを重視するなら5,000円〜の「中華ウクレレ」

中華ウクレレは5,000円から購入できる商品が多く、コスパを重視する方におすすめです。EnyaやHanaleiなどが人気で、ウクレレの入門用として適しています。材質に合板を使用している商品が多いことが安さの理由。接着剤を使っているため、音色の響きは控えめです。

初心者ならセットで「1万円〜」がおすすめ

初心者の方には、1万円から購入できるコスパの高いウクレレがおすすめです。東南アジア産で低価格のウクレレが豊富に流通するようになっています。ケースやスタンドもついたセットでも、1万円ほどで購入できます

編集部の画像

編集部

チューナーなどがセットになったお得な製品がありますが、実際のところどうなのでしょうか?

斎藤さんの画像

斎藤さん

チューナーの画面が小さいため見づらく、感度が悪いことが多いようです。ストラップがあまり素敵でないことも。すぐ揃うのは魅力ですが自分で選ぶ楽しさがなくなります。

編集部の画像

編集部

初心者がウクレレを始める際、必要なものを教えてください。

2本目を買うなら「2万円〜」がおすすめ

2万円以上になると単板で作られた日本製も多く、中級者に人気があります。合板に比べて耐久性が劣りますが、音量・音色のしっかりとしたものが選べる価格帯。価格と音質のバランスのいいものが多いため、2本目におすすめです。

一生ものを探すなら「8万円〜」

楽器としての質を求めている方は、8万円以上のウクレレがおすすめです。有名ブランドのハイモデルも購入できます。素材にこだわっている商品も多く、素材によって大きく音色が変化する価格帯です。

材質で選ぶ

ウクレレには、マホガニー・ハワイアンコア・マンゴー・メイプルなどの材質が使われています。好みの音色を比較して、ウクレレの材質で選ぶのがおすすめです。

オールジャンルに適した「マホガニー」

マホガニーは、数あるウクレレの中でも多くの商品に使われている素材です。マホガニーは、柔らかく伸びのあるサウンドが魅力。どのようなジャンルにも合うので、初心者にもおすすめです。

 

主に北アメリカや西インド諸島に群生している素材で、加工しやすいことがマホガニーの特徴。価格は比較的安いのに、高コスパ・高クオリティの商品が多く揃っています。

ウクレレらしい音の「ハワイアンコア」

ハワイアンコア(コアウッド)は硬い素材なので、音の反響が良いという特徴があります。まさにウクレレという音を楽しみたい方におすすめです。ウクレレに使われる素材として代表的ですが、伐採規制の影響で近年は価格が高騰しています。

優しくて丸みのある音の「マンゴー」

マンゴーは音に丸みがあるのが特徴で、優しい音を奏でることができます。色のムラが多く、ウクレレに使える部分がとても少ないため、値段が高いことがデメリット。2本目以降のウクレレがほしいという方におすすめです。

歯切れの良い音の「メイプル」

メイプルはギターにもよく使われる素材で、音の反響がいい木材です。色味が明るく、おしゃれなウクレレになります。音の歯切れがよく、テンポのいい曲におすすめ。ウクレレらしさには欠けますが、特徴的な音色を楽しめます。

別の木材と組み合わせて使われる「スプルース」

スプルースは音の抜け感がよく、はっきりとした音を出せる木材です。メイプルやコアウッドのような硬い木材と合わせて使われることが多く、組み合わせによって音の響きも異なります。好みの組み合わせ・音色を見つけるには、ある程度の経験が必要です。

形で選ぶ

ウクレレには、スタンダード・パイナップルの形があります。好みや使いやすさに合わせて、ウクレレの形で選ぶのがおすすめです。

ほとんどはこの形!「スタンダード」

スタンダードは、ギターのようなくびれが特徴的な形です。多くの方におすすめできる形で、締まりのある音質を楽しむことができます。ウクレレのほとんどはこの形で、コードからソロにまで対応した商品が豊富です。

人と違うものを持ちたいなら「パイナップル」

パイナップルは、くびれがない形のウクレレです。ボディの面積が大きくなるので、コード向きのふくよかなサウンドを楽しむことができます。ストローク演奏をする方や、人と違うものを持ちたい方におすすめです。

弦の選び方

ウクレレの弦には、ナイロン・ナイルガット・フロロカーボンがあります。演奏スタイルや音色の好みに合わせて、ウクレレの弦で選ぶようにしましょう。

一般的で柔らかい音の「ナイロン」がおすすめ

ナイロンの弦は、ウクレレらしい柔らかい音が楽しめるのが特徴です。指で押さえやすい素材で、価格が安いことも人気の理由。ウクレレらしく優しい音が出て、初心者の方にも使いやすい弦素材です。

 

ナイロンの弦には、ブラックとクリアの2種類があります。張り替えてから1週間ほどは音が安定しないので、本番があるならば、交換時期は調整が必要です。

早弾きにおすすめの「ナイルガット」

ナイルガットは明るい音が出るため、速弾きやアップテンポの曲におすすめです。温度の変化に強く、音質がいいこともポイント。マホガニー系の木材との相性がいいので、併せて購入するのがおすすめです。

クリーンな音の「フロロカーボン」

フロロカーボンは高音が艶やかに出ることが特徴です。最近ではアーティストの間でも注目が集まっています。釣り糸と同じ素材のため伸びにくく、強度があることもポイント。スプルース材との相性がいいことも特徴です。

ペグで選ぶ

ウクレレには、ギアペグとストレートペグがあります。演奏レベルに合わせた、ウクレレのペグで選ぶようにしましょう。

一般的で細かくチューニングができる「ギアペグ」

ネジで弦を固定しているものがギアペグです。細かくチューニングができ、弦が緩みにくいという特徴があります。初心者に扱いやすく、ギターやベースの経験者にもおすすめです。

 

一方で、価格が少し高くなってしまうことがデメリット。金属部品が多いので、重量も増してしまいます。近年では軽量化が進み、ストレートペグと遜色のないものもあるので、こだわりがある方はチェックしてみましょう。

上級者におすすめの「ストレートペグ」

ストレートペグはギアを使用せず、ネジの締め付けだけで弦を固定するタイプです。ギアペグに比べて簡単に巻くことができ、慣れると素早くチューニングできます。ギアペグのモデルよりも安い傾向にあることもポイントです。

 

しかし、音が狂いやすいというデメリットがあります。演奏時の振動で音がズレることがあるので、定期的なメンテナンスが必要です。

ウクレレの有名メーカー・ブランド一覧

ウクレレには、世界中の様々な有名メーカーやブランドの商品が販売されています。ブランドメーカーのウクレレで選ぶことで、品質や音色に優れた商品を見つけやすくなります。

編集部の画像

編集部

初心者や上級者におすすめのメーカーを教えてください。

斎藤さんの画像

斎藤さん

初心者にはFamousがやはりおすすめです。上級者は選択肢にカマカやコアロハ、カニレアなどメイドインハワイを入れてみてはいかがでしょうか。

大人気の「Famous(フェイマス)」

Famous(フェイマス)は、日本発の国産ウクレレブランドです。弾きやすいウクレレが多く、安定した品質とお手頃な値段も相まって、人気を集めています。1万円以下の初心者向けモデルから、ハイエンドな高級ウクレレも人気です。

ウクレレプレーヤー憧れの「Martin(マーチン)」

MARTIN(マーチン)は、ギターの老舗ブランドとして有名なブランドメーカーです。楽器としてのクオリティが高いので、多くのプレーヤー憧れのブランドとなっています。音色の美しさだけでなく、ピッチの正確さも素晴らしいと評判です。

 

最高級のマホガニー材を使ったウクレレは、音の温かみや美しさが天下一品。多くの上級者にも愛用されていて、本気で取り組みたい方にぴったりです。少し値段は高くなりますが、一生もののウクレレが欲しい方はぜひチェックしてみてください。

初心者にもおすすめの「KALA(カラ)」

KALA(カラ)は、アメリカのカリフォルニア州で創業されたウクレレメーカー。米国で販売シェアトップを誇っていて、低価格高品質なウクレレを豊富に販売しています。初心者から中級者まで幅広いユーザーに愛用されるメーカーです。

 

クオリティの高いウクレレが多いにも関わらず、リーズナブルな価格帯から購入できます。持ち運びやすいトラベルウクレレや、ベースタイプといったユニークなモデルも人気。アメリカ本土だけでなく、本場ハワイでも人気を集めています。

プロも愛用する「Kamaka(カマカ)」

KAMAKA(カマカ)は、100年以上の歴史を持つハワイ最古のウクレレメーカーです。ハワイのウクレレといえばカマカと言われるほど、ハワイを代表するメーカーとして知られています。ジェイク・シマブクロを始めとして、世界中のウクレレ奏者が愛用するメーカーです。

 

KAMAKAのウクレレは、全てのモデルがハワイで作られていることも特徴のひとつ。本場ハワイのウクレレにこだわりたい方におすすめです。

低コスト・高クオリティな「S.Yairi(ヤイリ)」

S.Yairiは、アコースティックギターで有名なメーカー。ギターで培った経験を活かし、2017年からウクレレの販売を開始しました。廉価でコスパが高いソプラノウクレレで絶大な人気を集めているメーカーです。

 

2020年現在では、10商品以上のウクレレを取り扱っており、コンサート・ソプラノ・テナーがランナップされています。ソプラノロングネックもあるので、今後の商品展開も期待できるメーカーです。

ハワイのサウンドを感じさせる「Koaloha(コアロハ)」

Koaloha(コアロハ)は比較的新しいハワイのブランド。独自の理論で作られたパーツを使用していることが特徴です。最近ではカマカと肩を並べるほど高い評価を得ています。ハワイのサウンドを感じたい方におすすめのメーカーです。

初心者セットが人気の「ELVIS(エルビス)」

ELVIS(エルビス)初心者から評判がいいブランドです。チューナー・ピック・ストラップなどが付属した初心者セットも販売しています。アコースティックギターなども手掛けており、シンプルでカッコいいデザインのウクレレが人気です。

ブランドのファンも多い「Aria(アリア)」

Aria(アリア)は、アコースティックギターが有名なブランドです。1960年創業で、これまでに培った技術・知識を生かして、低価格・高コスパを実現しています。初心者のエントリーモデルや、家族や友人へのプレゼントにおすすめです。

編集部の画像

編集部

斎藤さん、ありがとうございました!ここからは、編集部がセレクトした初心者・中級者・上級者向けのウクレレを紹介します。斎藤さんからのコメントもチェックしてみましょう!

初心者向けウクレレの人気おすすめランキング5選

1位
 

Famous

FS-5G

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、最初の1本を長く使いたい人や、今のウクレレが物足りない人にも!

人気ウクレレメーカーFamousの定番モデルです。初心者向けとしては価格の高い商品ですが、弾きやすさ・音・デザイン、どれをとっても評価が高いことがポイント。最初の1本だからこそ、いいものがほしいという方におすすめです。

 

Famousのウクレレは「FS-〇G」という型番があり、〇の中の数字が上がるほどグレードもアップ。このモデルは5なので、中間あたりに位置するグレードです。弦高が調整されているので、生音の鳴りの良さを楽しめます。

音域ソプラノ材質ハワイアンコア材
付属品チューナー
斎藤さんの画像

斎藤さん

そこそこの値段はしますが、コアウッドの合板で素晴らしい鳴りです。ギアペグ良し。同値段帯で圧倒的なクオリティで検品、細部調整も丁寧にされていて1番おすすめできます。「1本目はまずFamous」という格言があり、初心者に1番おすすめできます。なにも問題ありません。

2位
 

KALA

KA-15 Series

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、長く愛用できる1万円台のウクレレ!

この商品はKARAのフラッグシップコレクション「KA-15シリーズ」の人気モデルです。レーザー彫刻を施したデザインと、弾きやすさ・響きやすさが高評価の理由。ソプラノウクレレを楽しみたい初心者におすすめのモデルです。

 

素材にはマホガニーを使用しており、耐久性の高さも魅力。長く使えるモデルがほしいという方におすすめです。

音域ソプラノ材質マホガニー
付属品ギグバッグ・ストラップ・交換弦・チューナー
斎藤さんの画像

斎藤さん

比較的低価格帯で合板なので、湿度温度などの環境の変化に強く、ギアペグでチューニングがしやすいです。値段相応の音。フレットのバリは怪我につながるので注意。

安いものは、弦高調整やフレットのバリ取り、など弾きやすい様にするべきあらゆる調整をしていないので、買ってからお店でやってもらうのがおすすめです。

3位
 

S.Yairi

YU-S-01K

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るで詳細を見る

ズバリ、買ったその日から楽しめる、コスパ最強ウクレレ!

1万円以下で購入できるコスパの高いウクレレです。国内の人気メーカーであるS.Yairi製なので、信頼できる品質であることがポイント。コア材を使用しており、値段以上のクオリティで演奏を楽しめます。ケースが付属しているため、持ち運びを考えている方にもおすすめです。

音域ソプラノ材質コア材
付属品ギグバッグ
斎藤さんの画像

斎藤さん

比較的安価ながらギアペグ良し。高価なコアウッドを使用しているのが信じられません。逆に疑ってしまうくらいコストパフォーマンスが良いです。

4位
 

ELVIS社

U100S

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、付属品も一気に揃えられて高コスパ!

チューナー・ストラップ・ピック・教則本など、初心者向けアイテムがセットになった商品です。3年間の国内保証も付いているので、万が一壊れても安心。思う存分弾き込めます。

 

ウクレレ本体はマホガニー材を使用したソプラノサイズ。耐久性が高く、国内外から人気を集めています。優しい音色が魅力的な初心者向け商品です。

音域ソプラノ材質マホガニー
付属品チューナー・教則本・コードチャート・ピック・ストラップ・ポリシングクロス・ギグバッグ
斎藤さんの画像

斎藤さん

比較的安価ながら、ギアペグ良し。サドルに牛骨を使っています。普通は安価なタスクなどの素材なのですが、こだわりが感じられます。

5位
 

ARIA

初心者5点セット AU-1

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、ハワイの夕暮れのような甘いサウンドを鳴らしたい方に!

チューナーがセットになっています。アコースティックギターのメーカーなので、安心感が高いウクレレを購入したい方におすすめです。純正のチューナー付きで、美しい音色を楽しめるウクレレです。マホガニー材使用で、丸みのある暖かいサウンドを奏でられます。

音域ソプラノ材質マホガニー
付属品DVDつき教則本・ケース・チューナー・ピック
斎藤さんの画像

斎藤さん

安さゆえに、フレットのバリ取りがなされておらず、指が切れて怪我をした経験があります。フレットのバリは危険。細かい調整をしていないから安いのでしょう。フレットのバリ取りを自分でするなら良いのですが、お店では5000円かかります。安くて取っつきやすいですが、バリで怪我をするパターンが想定されるでしょう。

初心者向けウクレレのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6363828の画像

    Hanalei

  • 2
    アイテムID:6363830の画像

    enya musical

  • 3
    アイテムID:6363832の画像

    KAMAKA

  • 4
    アイテムID:6363834の画像

    占部(ウラベ)

  • 5
    アイテムID:6363836の画像

    Enya Musical

  • 商品名
  • HUK-80
  • Enya Nova U Mini/BL
  • HF-2
  • CT-43C
  • EUC-25D
  • 特徴
  • ズバリ、安くて1本目に最適!
  • ズバリ、安くて丈夫!
  • ズバリ、ウクレレの最高峰!
  • ズバリ、メイドインジャパンのバランスのよいサウンド!
  • ズバリ、美しい見た目でおしゃれ!
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 音域
  • ソプラノ
  • ソプラノ
  • コンサート
  • テナー
  • コンサート
  • 材質
  • マホガニー
  • カーボンファイバー
  • ハワイアンコア
  • カーリーメイプル
  • マホガニー
  • 付属品
  • ソフトケース
  • セミハードケース・ストラップ・カポ・予備ウクレレ弦
  • -
  • ソフトケース
  • ケース・チューナー・カポ・ピック・クロス・ストリング・リズムベル・ストラップ

中級者向けウクレレの人気おすすめランキング

1位
 

Martin

S1 Uke

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、音の響きが良い、一生もののウクレレ!

品質の良いmartin(マーチン)のウクレレです。オール単板マホガニーを使用しているので、音の響きが良い一生ものが欲しい方におすすめです。上級者向けのストレートペグ。

音域ソプラノ材質マホガニー
付属品ケース
斎藤さんの画像

斎藤さん

マホガニーの柔らかい、いい音が得られる。ギアペグ良し。柔らかい、ほのぼのとした、ウクレレ。やさしい音なのでバラードなどに向きやすいかと。

2位
 

アストリアス

tiny concert koa

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、レアで自慢できる1本!まさに2本目におすすめ

2本目でプレミア感のあるウクレレが欲しい方におすすめです。年間で6〜12本しか生産されない、希少なコア材を使用したコンサートウクレレです。コンサートより小さいボディにコンサートのスケールが付いたモデルで、ジャカソロに向いています。

音域コンサート材質ハワイアンコア
付属品-
斎藤さんの画像

斎藤さん

UPTペグ(ゴトーガットの高性能ウクレレペグ)でコア単板ということで、本格的なハワイアンサウンドを楽しめます。

3位
 

MAHALO

EUK-200

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、エレキを高コスパで手に入れたい方に!

発表会の機会も増えて、エレキウクレレが欲しい中級者におすすめです。コンサートウクレレですが、ヘッドフォンジャック装備で夜も練習できます。ユニークなデザインの高コスパエレキウクレレです。

音域コンサート材質マホガニー
付属品ケース
斎藤さんの画像

斎藤さん

初心者で、バンドなどで合奏をする目的なら良いのではないでしょうか。個体にもよるかもしれませんがマハロの低価格帯はフレットのピッチにやや不安があり1度弾いて確認しておきたいです。

4位
 

Famous

FS-4PG

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

有名メーカーfamousのウクレレで、丸い形が可愛いパイナップル型です。コア材を使用した丈夫な作りの国産ウクレレ。スタンダード型をすでに持っていて、新たにパイナップル型が欲しい方におすすめです。

音域ソプラノ材質コア
付属品ソフトケース・弦・ストラップ・ピック・ワインダー・CDつき教則本・ポリッシュ・クロス・ミュート
斎藤さんの画像

斎藤さん

ギアペグでおしゃれなパイナップル型。木材がいいが、形状的にストラップをかけにくいでしょう。それでいいならおすすめできます。Famousなら問題ないでしょう。

5位
 

KoAlana

KTA-00TR

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、ウクレレ上級者でテナーは初めての方におすすめ!

有名メーカーKOALOHAの直系ブランドKOALANAのウクレレです。きらびやかなサウンドで、2本目はテナーウクレレが良いという方におすすめです。KOALOHAの廉価版ですが、テナーの割にテンションが強くなく、弾きやすいという魅力があります。

音域テナー材質マホガニー
付属品-
斎藤さんの画像

斎藤さん

コアロハの孫会社的なブランド。安くてコアロハの音に似てますし、ギアペグなのがさらに良し。コアロハ系列は大音量で響きがいいので、弾いてて気持ちいいです。

中級者向けウクレレのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6363965の画像

    Martin

  • 2
    アイテムID:6363967の画像

    アストリアス

  • 3
    アイテムID:6363969の画像

    MAHALO

  • 4
    アイテムID:6363971の画像

    Famous

  • 5
    アイテムID:6363973の画像

    KoAlana

  • 商品名
  • S1 Uke
  • tiny concert koa
  • EUK-200
  • FS-4PG
  • KTA-00TR
  • 特徴
  • ズバリ、音の響きが良い、一生もののウクレレ!
  • ズバリ、レアで自慢できる1本!まさに2本目におすすめ
  • ズバリ、エレキを高コスパで手に入れたい方に!
  • ズバリ、ウクレレ上級者でテナーは初めての方におすすめ!
  • 価格
  • 円(税込)
  • 96232円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 46000円(税込)
  • 音域
  • ソプラノ
  • コンサート
  • コンサート
  • ソプラノ
  • テナー
  • 材質
  • マホガニー
  • ハワイアンコア
  • マホガニー
  • コア
  • マホガニー
  • 付属品
  • ケース
  • -
  • ケース
  • ソフトケース・弦・ストラップ・ピック・ワインダー・CDつき教則本・ポリッシュ・クロス・ミュート
  • -
1位
 

カマカ(Kamaka)

HF-2

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、ハワイ製でコア材単板なのに高コスパ!

ソロも弾きやすいハワイ製のコンサートウクレレです。単板で、KAMAKAの中では安価な商品です。入荷数も少なくレアなコア材単板を使用しており、その豪華さからキングオブウクレレと言われています。

音域コンサート材質ハワイアンコア
付属品ハードケース
斎藤さんの画像

斎藤さん

初心者から上級者まで、予算が許せばおすすめできるウクレレの王様カマカ。素晴らしい重厚なサウンド。値段は張りますが、創立100年の老舗カマカの素晴らしいサウンドは何物にも変えられません。工場がホノルルにあります。

2位
 

KOALOHA

KSM-10 UG Pikake

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、1本持っておきたい、ハワイ製コンサートウクレレ!

本場ハワイのメーカーKOALOHAのウクレレで、憧れのハワイ製を使いたい方におすすめです。指板・ブリッジはローズウッドで、明るいサウンドを楽しむことができます。セミグロスフィニッシュで、こだわりのハワイ製を演奏したい方にぴったりです。

音域ソプラノ材質ハワイアンコア
付属品-
斎藤さんの画像

斎藤さん

初心者にもおすすめできる、素晴らしい歯切れのある明るいサウンド。本物のハワイアンコアサウンドを味わうことができます。大音量のコアロハは弾いてて気持ちがよく、明るいサウンドは一気にハワイを感じることでしょう。ストレートペグでチューニングがしづらいが、おしゃれなのでそれもまたいいかも。大音量を実現する為に、表板を薄くしているので、湿度や温度管理にナーバスになります。

3位
 

Famous

FC-3

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、扱いやすいfamousのコンサートウクレレ!

famousやコンサートを持っていない方の2本目・3本目にぴったりです。マホガニー合板を使用しており、生音音量が大きいモデルが欲しい方におすすめです。初心者にも使いやすいギアペグを採用したモデルです。

音域コンサート材質マホガニー
付属品ケース・教則本・ピック・ワインダーチューナー・クロス
斎藤さんの画像

斎藤さん

初心者にもおすすめ。ギアペグ良し。安心安定のfamousです。検品がしっかりなされていて、パッと見てわかりにくいが細部にこだわりがある。コンサートサイズはなかなか店頭にはないが、famousなら良いでしょう。1本めにしては高く普通な音なので、1本目はfamous、2本目は別のメーカーに行く方が多いです。

4位
 

CORDOBA

25T-CE

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、テナーウクレレの1本目におすすめ!

フラメンコギターを製造するcordobaのウクレレです。ピックアップがついていて、上級者向けのテナーが欲しい方におすすめです。アカシア単板を使ったモデルで、生音もプラグドでも使うことができます。

音域テナー材質マホガニー
付属品ギグバッグ
斎藤さんの画像

斎藤さん

どちらかというと初心者向けで、「エレキでテナーがとりあえず欲しいけど、どんな感じかな?」という方にいいかもしれません。不満が出てきたら、もっとハイスペックなもので、こだわっていいと思います。

5位
 

KALA

ARCHTOP シリーズ KA-JTE

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、ジャズやブルースの演奏におすすめの渋ウクレレ!

ピックアップ内蔵タイプで、アンプでの演奏に適したウクレレが欲しい方におすすめです。ジャズやブルースを弾く方に合うビジュアルで、スタイリッシュなデザインが魅力的。fホールなので生音は響かない特徴があり、ジャズやブルースの演奏に適しています。

音域テナー材質マホガニー
付属品ギグバッグ
斎藤さんの画像

斎藤さん

安くてテナーが欲しい方にはいいかもしれません。エレキウクレレの同価格帯としては他にもあり、普通のウクレレではなく、やや個性が強いので好みにもよるでしょう。ギアペグでおしゃれなので、ギターのように弾いてみたい方に合うかもしれません。

上級者向けウクレレのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6363976の画像

    カマカ(Kamaka)

  • 2
    アイテムID:6363978の画像

    KOALOHA

  • 3
    アイテムID:6363980の画像

    Famous

  • 4
    アイテムID:6363982の画像

    CORDOBA

  • 5
    アイテムID:6363984の画像

    KALA

  • 商品名
  • HF-2
  • KSM-10 UG Pikake
  • FC-3
  • 25T-CE
  • ARCHTOP シリーズ KA-JTE
  • 特徴
  • ズバリ、ハワイ製でコア材単板なのに高コスパ!
  • ズバリ、1本持っておきたい、ハワイ製コンサートウクレレ!
  • ズバリ、扱いやすいfamousのコンサートウクレレ!
  • ズバリ、テナーウクレレの1本目におすすめ!
  • ズバリ、ジャズやブルースの演奏におすすめの渋ウクレレ!
  • 価格
  • 169000円(税込)
  • 88000円(税込)
  • 円(税込)
  • 30486円(税込)
  • 37684円(税込)
  • 音域
  • コンサート
  • ソプラノ
  • コンサート
  • テナー
  • テナー
  • 材質
  • ハワイアンコア
  • ハワイアンコア
  • マホガニー
  • マホガニー
  • マホガニー
  • 付属品
  • ハードケース
  • -
  • ケース・教則本・ピック・ワインダーチューナー・クロス
  • ギグバッグ
  • ギグバッグ
編集部の画像

編集部

ウクレレ初心者が、はじめに練習するのにおすすめの曲や本を教えてください。

斎藤さんの画像

斎藤さん

私のレッスンでは「Stand By Me」を最初の1曲にしています。コードはウクレレ主要コード4つ。あとはずっと繰り返しなのでよいかと思います。

おすすめのウクレレを練習して楽しい時間を過ごそう

今回は、ウクレレの選び方やおすすめ人気ランキングをご紹介しました。ウクレレには、音域や材質、付属品など色々な選び方があることが分かりましたね。今回ご紹介した選び方やランキングを参考にして、楽しい時間を過ごして下さいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年02月09日)やレビューをもとに作成しております。

TOPへ