ケーブルカッターの人気おすすめランキング15選【2021年最新】

記事ID5612のサムネイル画像

ケーブルを切断するのに使うケーブルカッターですが、電動式だったり、ラチェット式だったりと色々な種類があります。どれにしようかと迷っている方のためにおすすめケーブルカッターをランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

電気工事での電線の切断に最適!

電気工事や保安点検の仕事をされている方が、電線やケーブルを切断する際に必要性を感じて購入することが多いようです。また、ゴミ出し時にコードの切断を要求される地域にお住まいの方などにも重宝します。価格帯も幅広く、とても高価なものもあるので、安いと性能が不安になってしまうかもしれません。ケーブルによっては、ニッパーなどの工具で切断することは可能な場合もありますが、切断面が潰れてしまったり、まっすぐ切れない場合もあります。

 

しかし、ケーブルカッターがあれば、最低限の力でスムーズにケーブルを切断することができ、切断面もきれいになります。仕事で使用する際、会社から貸与されない場合は、自分で用意する必要があります。電気工事でケーブルを切断したり、エアコンの配線を切断したりするのに役立ちます

 

今回はおすすめのケーブルカッターを、種類、切断能力、機能を基準に、ランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にして、仕事の効率もアップさせてください。

ケーブルカッターの人気おすすめランキング15選

安価で家庭用にも最適

コストパフォーマンスの良い安価なケーブルカッターです。十分な太さの銅線を切ることができ、それほど頻繁には使わないという家庭用にもおすすめの商品です。ゴムやウレタンの切断にも利用できます。もう一回り小さい製品は切断能力11.4φmm/38mm2で、これで十分という方も多いはずです。あまり高級なものでなくてもいい、という方は検討してみてください。「芯などざっくり切れるので重宝」と口コミでも好評です。

種類 ハンディタイプ 重量 449g
切断能力 13.6φmm/60mm2 サイズ 250mm (全長)

口コミを紹介

キャプタイヤケーブルなどの切断に使用していますVCT5.5sq4芯などざっくり切れるので重宝します。8sq4芯あたりまでは切れますね。

出典:https://item.rakuten.co.jp

小型で手にフィットしやすい

泉精器製作所は、家電や電設工具を製造しているメーカーです。多くの実績があり、作りもしっかりとしているの安心して使用できます。このケーブルカッターは、サイズ252mmで、重さは608gです。お値段もお手頃価格なので購入しやすいのもおすすめのポイントです。直径29mmのケーブルも簡単に切断することができます。重さも軽量なので、持ち運びにおすすめです。「1個は持っていると便利」と口コミでも好評です。

種類 ラチェット式 重量 608g
切断能力 31φmm/325mm2 サイズ 252mm(全長)

口コミを紹介

メーカー違いですが同じものを使用していて故障したので買い換えました。やはり泉精機はいい 。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ抜群のラチェット式。ラクラクとケーブルを切断できる!

同じくデンサンから販売されているラチェット式ケーブルカッターで、こちらは伸縮式ではないものの600gと軽く持ち運びやすくなっています。また、価格も1万円を切る、手頃さになっているので助かります。直径33mmのケーブルも問題なく切断できる、高い切断能力を持っています。ただ太いケーブルが切れるだけでなく、力をそこまで入れなくても楽々と切れるので疲れにくく作業がはかどります。「安く買えてよかった」と口コミでも好評です。

種類 ラチェット式 重量 600g
切断能力 33φmmまで サイズ 250mm(全長)

口コミを紹介

安く買えてよかったです

出典:https://www.amazon.co.jp

リーズナブルな価格が魅力

構造からもラチェット式は、どうしても価格が高くなってしまうのがデメリットです。ところが、こちらは何と3000円前後で購入できてしまうのが魅力です。もちろん、ラチェット式だけあって、太いケーブルも問題なく切断することができます。かなり安いケーブルカッターなので品質が心配になるものの、ご家庭で使うような一般的な用途なら問題なく使用できるレベルです。

 

ただしプロでもっと作業を効率的に行う目的なら、もう少し高めのケーブルカッターが良いでしょう。家庭用と考えれば、十分に使っていけるのでおすすめです。「簡単に切れる」と口コミでも好評です。

種類 ラチェット式 重量 662g
切断能力 240mm2まで サイズ

口コミを紹介

メーカー物とそれほど変わらずに使えてるのでおすすめです
CV38位なら簡単に切れます

出典:https://www.amazon.co.jp

低価格で手に入る室外用ケーブルカッター

全長600mmと長大なサイズで、刃に大きな力をかけられます。室外用ケーブルカッターとしては破格のコスパが魅力です。ただし銅線専用なので、アルミ線などには向きません。「工事車両の大物工具箱に1丁入れておくと便利」と口コミでも好評です。

種類 ハンディタイプ 重量 280g
切断能力 50mmまで サイズ 600mm(全長)

口コミを紹介

バイクのブレーキホースやラジエターのステンレスメッシュホースの切断にはこれで切らないと花が咲いて使えません。これはスパー!!!ット切れますね

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクト設計で片手でもラクラク

全長161mmと小型タイプでコンパクトなケーブルカッターです。これならラクラクと、片手で持って使えます。それでも22㎟までのIV線なら、問題なく切断することができます。平べったい形のVVF線も、直径2mmまで大丈夫です。このように、片手で扱えるタイプとしては、なかなかの切断能力を持っています。もうひとつ200mmの大型サイズがあるので、もっと切断能力が欲しいならそちらも検討してください。「申し分ないカッター」と口コミでも好評です。

種類 ハンディタイプ 重量 168g
切断能力 VVF線2φmm・IV線22m㎡まで サイズ 161mm(全長)

口コミを紹介

コンパクトなわりに切れ味が良く力を入れずに切れます。技能試験の時間短縮に効果あり。

出典:https://www.amazon.co.jp

ラチェット式でありながら軽量化モデル

詳しい切断能力の表記はありませんが、240mm2まで切断可能とされているラチェット式のケーブルカッターです。口コミを見ると38mm2は難なく切断できるという声が多くなっています。ラチェット式カッターは少ない力で強い力をかけられるような機構を採用したものです。ハンディタイプのものより高額なものが多いですが、こちらは値段も手が出しやすくなっています。「きれいに切れます」と口コミでも好評です。

種類 ラチェット式 重量 700g
切断能力 240mm2 サイズ 255mm(全長)

口コミを紹介

3000円でこのような工具が手に入るのが良い。
柔軟ケーブルの250SQで試し切りを何回か行ったが、問題なく切ることができた。

出典:https://www.amazon.co.jp

切断能力がよく、広い用途に使える

軽い力で電線を逃がさずキレイにカットできるケーブルカッターです。巻き込みながら切るので、ケーブルを逃がさずカットできます。軽い力で切れるのも魅力です。2ツ穴タイプで、先端の穴は銅線用ワイヤーカッターとして適切なサイズです。切断能力は比較的ある方で、広い用途に使えることを示しています。細いケーブル用ですが、屋内用ケーブルカッターとしては有用です。「軽々切れます」と口コミでも好評です。

種類 ハンディタイプ 重量 249g
切断能力 11φmm/38mm2 サイズ 212mm

口コミを紹介

とにかく切れ味が良く、2mm3芯が軽々切れます。
たぶんもっと太いケーブルもカットできると思います。

握力がいらず、疲れないのもありがたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

安いのに楽に良く切れる

切れ味の硬度は58-60HRCに達します。内線・外線工事で使われるケーブル線の切断に最適なケーブルカッターです。安いのに楽に良く切れるのがうれしいポイントです。「お買い得」と口コミでも好評です。

種類 ハンディタイプ 重量 470g
切断能力 13.6φmm/60mm2 サイズ 250mm(全長)

口コミを紹介

父の電線皮むき用に買ったのですが安いのに楽に良く切れて喜んでます

出典:https://www.amazon.co.jp

刃先がシャープで軽い力でモール切断できる

最高級刃物鋼を使用し、刃先はサビに強いハードクロームメッキ処理をしているケーブルカッターです。手によくなじむソフトグリップで楽々カットできます。ジュラコン製の安全ロックは、軽く、確実なタッチです。「サクサク切れます」と口コミでも好評です。

種類 ハンディタイプ 重量 200g
切断能力 20mmまで サイズ 205mm (全長)

口コミを紹介

サクサク切れますよ。
騙されたと思って購入して使ってみてください。
びっくりする程、モールがサクサク切れますよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

操作も簡単で初めての方でも安心

サイズ280mmで、重さは720gのケーブルカッターです。特殊鋼刃で切れ味がとても抜群です。また、耐久性もよいので、長く使用していただけます。ラチェット式なので、操作も簡単で初めての方でも安心して使用していただけます。ハンドル部分は、握りやすい「エラストマー成型」を採用しているケーブルカッターなので、作業しやすいので作業効率がアップします。「すんなり切れます」と口コミでも好評です。

種類 ラチェット式 重量 720g
切断能力 33Φmmまで サイズ 280mm(全長)

口コミを紹介

グリップが太いので持ちやすく力も入れやすいです!
まだ60sqまでしか切ってないですが、当たり前ですがすんなりきれます!

出典:https://www.amazon.co.jp

2段階ギアドライブも搭載で、軽い力で切断可能

クニペックスから販売されている、ラチェット式のケーブルカッターで、価格は高いものの、それに見合った性能が人気の商品です。ラチェット機構だけでなく、2段階ギアドライブも組み合わせることで、より軽い力で切断できるようになっています。軽い力で切断できるので、片手でも問題なく扱えるほどです。価格の面からも一般向けではないものの、頻繁にケーブルを切断する必要があるプロなら持っていて損はありません。太いケーブルも短時間で切断できるので、仕事の効率アップになっておすすめです。

種類 ラチェット式 重量 676g
切断能力 32φmm/240mm2 サイズ 250mm(全長)

口コミを紹介

Good quality

出典:https://www.amazon.co.jp

抜群の切れ味と耐久性

ブレーキの切断におすすめのケーブルカッターです。軽量なので、片手でも作業できますし女性にもおすすめです。刃が交流するような仕組みになっているので細かいケーブルまでしっかりとキャッチし切断します。切断面もとても綺麗な仕上がりになります。カット面は丸く加工されていますので、ワイヤーロープ切断時、切り口がつぶれたり広がったりしません。

 

また、特殊鋼を使用し、用途に合わせた形状の刃、最適な熱処理により、抜群の切れ味と耐久性があります。バネの力により刃先の開きが簡単調整、使用しない時はロック機構付きなのでコンパクトに収納できるのもうれしいポイントです。「しっかり切れていい」と口コミでも好評です。

種類 ハンディタイプ 重量 300g
切断能力 4.0mmまで サイズ 190mm(全長)

口コミを紹介

ロードバイクのワイヤー類を切るのに使用。安いのにしっかり切れていいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

高周波焼入れを施した切れ味鋭いブレード

切れ味が鋭く、使いやすいケーブルカッターです。切断能力は 13.6φmmで、特に専門的な用途で使用するのでない限り、これは十分な太さと言えます。第一種電気工事士試験でもこれで対応できます。同じマーベルから出ているケーブルカッターではME-60とME-60Sがありますが、60Sの方はワンハンドで15.5φmmまで切断可能な製品です。仕事などで必要な場合は検討してみてください。「美しいまでにきれいな切り口」と口コミでも好評です。

種類 ハンディタイプ 重量 390g
切断能力 13.6φmm/60mm2 サイズ

独自の焼入れ加工を施したブレードを採用

フジ矢は日本のペンチ・ニッパーメーカーとしてトップを行く、老舗企業です。フジ矢のケーブルカッターも切断能力は申し分なく、切れ味がとてもいいです。ケーブルカッターは基本的に銅線以外には使えない道具ですが、こちらの製品は銅線だけでなくVCT線(ビニールキャブタイヤケーブル)、ゴムやウレタンの切断にも利用可能とされています。「最高の切れ味」と口コミでも好評です。

種類 ハンディタイプ 重量 465g
切断能力 13.6φmm/60mm2 サイズ 240mm(全長)

口コミを紹介

手元にある中で最高に切れます
CV3×8がなんなくスパッと切れます

出典:https://www.amazon.co.jp

ケーブルカッターの選び方

電気工事のケーブルを切断するのに便利なケーブルカッターは、ケーブルを切断する専用の道具なので、切断面もキレイになります。パナソニック・シマノ・クニペックスなど、さまざまなメーカーから販売されているだけでなく、一般的なハンディタイプ・ラチェット式・電動など種類の違いもあるので、どれを購入しようか迷うこともありますよね。そこで今回は、ケーブルカッターの選び方をご紹介します。自分に合ったケーブルカッターを手に入れて、作業をスムーズに行いましょう。

種類で選ぶ

ハンディタイプ、ラチェット式、電動タイプ、油圧式の4種類に分けることができます。一般的に、ハンディタイプが最も安く、電動タイプは高額です。もちろん、性能や使い勝手がそれぞれ異なってきます。家庭用でたまにしか使わないのか、仕事で今後頻繁に使うことになるのか、それによっても選び方が変わります。

値段も手頃で一般的なハンディタイプ

一般的にケーブルカッターと認識されているのはこちらのハンディタイプです。柄はペンチに似ていて、上の部分はケーブルを挟んで切断する刃になっています。一見どれも似ていますが、各社ともケーブルをよりキレイに切断するために刃の形を工夫しているなど違いがあります。こちらのタイプは値段も安く、取り扱いも簡単なことがメリットです。逆にケーブルが太くなるほど、より大きな力が必要になるので力が弱い人が扱うのは大変です。

より太いケーブルも楽々切れるラチェット式

ラチェット機構を利用したケーブルカッターで、太いケーブルでも比較的に苦労せず切断することができます。このラチェット機構は爪車とも呼ばれていて、一方向のみに回転する歯車のことです。この機構を利用した工具は、ラチェットの名称が付いています。手動では切れないような直径30mmはある太いケーブルも切れるので、プロの方も利用するタイプです。

作業がスムーズに進む電動式タイプ

3種類の中でも、一番パワーがあるのが電動タイプです。切断しなければならないケーブルがたくさんあっても、サクサクと切っていけるのが特徴です。性能は3種類の中で一番高いものの、10万円を超える機種も多く、価格が高いのがデメリットです。ただし、プロの方で頻繁にケーブルの切断を行うなら、持っていれば作業をスムーズにしてくれるので損はありません。なお、切断能力は機種によりますが、直径65mmもあるケーブルを切断可能なタイプもあります。

強力な油圧式

油圧式とはパスカルの原理を応用した駆動系のことで、小さな力をかけるだけで、非常に大きなパワーを発揮します。油圧式ケーブルカッターは、手動式と電動式の2種類があります。手動式だけでも、切断したいものやサイズ、太さによって、様々な種類のケーブルカッターがあるので、用途に応じて選ぶと良いでしょう。

切断能力で選ぶ

ケーブルは設置されている箇所によって太さ・強度が異なります。ケーブルカッターは切断能力に限度が設定されているため、切断するケーブルに合わせるのが選ぶポイントです。

屋内ケーブルのカットには

屋内用のケーブルカッターは、切断能力があまり要求されません。太くてもIV線の直径1.6mm程度です。コンパクトタイプのケーブルカッターで十分に切れるでしょう。

耐候性があるケーブルのカットには

屋外用のケーブルは風雨などへの耐候性を重視しているため、分厚い被覆がされています。使用電流が大きいので線も太く、屋内で使えていたケーブルカッターでは中々切れないケースもあるでしょう。屋外ケーブルの直径は最大33mm程度まであるため、なるべく切断能力の高いケーブルカッターを選びたいところです。最低でも20mm以上は切断能力が欲しいので、ラチェット・油圧式ケーブルカッターの使用をおすすめします。

硬銅やアルミケーブルのカットには

一般的な電線に使われている素材は軟銅と呼ばれ、切りやすい硬さです。一方で硬銅線・アルミケーブルのように線自体が硬いものは相応の切断能力が求められます。太さによって変わってくるものの、油圧式・ラチェットなど切断能力が高いカッターが適しているでしょう。

機能で選ぶ

安全性・利便性を高めるための機能が付属したケーブルカッターも多数販売されています。値段は高くなりやすいですが、作業能率を良くしたいなら機能付きの製品を検討してください。

事故を防ぐのは絶縁タイプ

「絶縁タイプ」はもしもの事故を防いでくれる便利な機能で、ケーブルの切断は電気が通ってないか確認してから作業するのが基本です。もし、電気が通ったままで切断してしまうと感電してしまう可能性があり、とても危険です。こういう時に安心で便利なので「絶縁タイプ」のケーブルカッターです。電気を通さないように処理されているので、感電する心配がありません。なので、家庭で使用する方や安全安心をしっかりとしたい方には「絶縁タイプ」を選ぶことをおすすめします。

簡単に剥がせるストリップ機能

ストリップ機能付きのケーブルカッターは、先端部の刃に丸い空間を作れるようになっています。この空間にケーブルを差し込んで切ることで、ケーブル被覆のみを切断可能です。ストリップ機能を求めるなら、この穴の大きさを確認しましょう。穴内部に線を残すことになるので、穴が小さすぎると中の線まで切ってしまいます。

ケーブルカッターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5129975の画像

    フジ矢(Fujiya)

  • 2
    アイテムID:5129964の画像

    マーベル(Marvel)

  • 3
    アイテムID:5130353の画像

    Garage.com

  • 4
    アイテムID:5130166の画像

    クニペックス KNIPEX

  • 5
    アイテムID:5130332の画像

    ジェフコム

  • 6
    アイテムID:5130030の画像

    SK11(エスケー11)

  • 7
    アイテムID:5130067の画像

    Gunpla

  • 8
    アイテムID:5130308の画像

    エンジニア(ENGINEER)

  • 9
    アイテムID:5130011の画像

    IWISS

  • 10
    アイテムID:5130100の画像

    ホーザン(HOZAN)

  • 11
    アイテムID:5130289の画像

    ノーブランド

  • 12
    アイテムID:5130209の画像

    NUZAMAS

  • 13
    アイテムID:5130198の画像

    デンサン

  • 14
    アイテムID:5130436の画像

    泉精器製作所

  • 15
    アイテムID:5129987の画像

    SK11(エスケー11)

  • 商品名
  • ケーブルハンディカッター 600-240
  • ケーブルカッター 銅線専用 小型軽量タイプ ME-60
  • ブレーキワイヤーカッター H069
  • ケーブルカッター 9531-250
  • デンサン ラチェットケーブルカッター DRC-325K
  • モールカッター MK-205
  • ハンディーケーブルカッター
  • ケーブルカッター 大 PK-51
  • ケーブルカッター HS-325A
  • ケーブルカッター N-18
  • ケーブルカッター 75152
  • ラチェットケーブルカッター
  • ラチェットケーブルカッター DRC-325N
  • ラチェットケーブルカッター IZ325A
  • ハンディケーブルカッター DVC-HC240
  • 特徴
  • 独自の焼入れ加工を施したブレードを採用
  • 高周波焼入れを施した切れ味鋭いブレード
  • 抜群の切れ味と耐久性
  • 2段階ギアドライブも搭載で、軽い力で切断可能
  • 操作も簡単で初めての方でも安心
  • 刃先がシャープで軽い力でモール切断できる
  • 安いのに楽に良く切れる
  • 切断能力がよく、広い用途に使える
  • ラチェット式でありながら軽量化モデル
  • コンパクト設計で片手でもラクラク
  • 低価格で手に入る室外用ケーブルカッター
  • リーズナブルな価格が魅力
  • コスパ抜群のラチェット式。ラクラクとケーブルを切断できる!
  • 小型で手にフィットしやすい
  • 安価で家庭用にも最適
  • 価格
  • 2100円(税込)
  • 3013円(税込)
  • 870円(税込)
  • 29158円(税込)
  • 11303円(税込)
  • 1678円(税込)
  • 1398円(税込)
  • 1775円(税込)
  • 3150円(税込)
  • 2331円(税込)
  • 2100円(税込)
  • 3399円(税込)
  • 9050円(税込)
  • 9987円(税込)
  • 1944円(税込)
  • 種類
  • ハンディタイプ
  • ハンディタイプ
  • ハンディタイプ
  • ラチェット式
  • ラチェット式
  • ハンディタイプ
  • ハンディタイプ
  • ハンディタイプ
  • ラチェット式
  • ハンディタイプ
  • ハンディタイプ
  • ラチェット式
  • ラチェット式
  • ラチェット式
  • ハンディタイプ
  • 重量
  • 465g
  • 390g
  • 300g
  • 676g
  • 720g
  • 200g
  • 470g
  • 249g
  • 700g
  • 168g
  • 280g
  • 662g
  • 600g
  • 608g
  • 449g
  • 切断能力
  • 13.6φmm/60mm2
  • 13.6φmm/60mm2
  • 4.0mmまで
  • 32φmm/240mm2
  • 33Φmmまで
  • 20mmまで
  • 13.6φmm/60mm2
  • 11φmm/38mm2
  • 240mm2
  • VVF線2φmm・IV線22m㎡まで
  • 50mmまで
  • 240mm2まで
  • 33φmmまで
  • 31φmm/325mm2
  • 13.6φmm/60mm2
  • サイズ
  • 240mm(全長)
  • 190mm(全長)
  • 250mm(全長)
  • 280mm(全長)
  • 205mm (全長)
  • 250mm(全長)
  • 212mm
  • 255mm(全長)
  • 161mm(全長)
  • 600mm(全長)
  • 250mm(全長)
  • 252mm(全長)
  • 250mm (全長)

まとめ

今回はおすすめのケーブルカッターをランキング形式でご紹介しました。ケーブルカッターは、太いケーブルでも細いケーブルでも簡単にそして綺麗に切断することができます。ハサミなどでやる方もいますが、専用のケーブルカッターを使用することで綺麗に切れるので、この記事を参考に自分の使用目的にあったケーブルカッターを見つけてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月12日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】スピーカーケーブルの人気おすすめランキング20選【ホームセンターやヨドバシでも】

【2021年最新版】スピーカーケーブルの人気おすすめランキング20選【ホームセンターやヨドバシでも】

AVアクセサリ
【2021年最新版】ワイヤーストリッパーの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】ワイヤーストリッパーの人気おすすめランキング15選

工具
【2021年最新版】ニッパーの人気おすすめランキング15選【DIYや電子工作に!】

【2021年最新版】ニッパーの人気おすすめランキング15選【DIYや電子工作に!】

工具
アンテナケーブルの人気おすすめランキング15選【10m・5mも】

アンテナケーブルの人気おすすめランキング15選【10m・5mも】

AVアクセサリ
2021年最新版!PS4FPSソフトの人気おすすめランキング41選【初心者・上級者も】

2021年最新版!PS4FPSソフトの人気おすすめランキング41選【初心者・上級者も】

プレイステーション4(PS4)ソフト
【2021年最新版】ハンディクリーナーの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】ハンディクリーナーの人気おすすめランキング15選

掃除機