追跡機能付きワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキング7選【位置情報やGPSにも!】

ワイヤレスイヤホンが紛失した場合、位置情報や場所がわかるGPS代わりの追跡機能付きがおすすめです。SONYのWF-1000XM4やアンカーなどの有名メーカーにも探す機能が付いたイヤホンがあります。ここでは、追跡機能付きワイヤレスイヤホンの選び方やおすすめ製品をランキング形式で紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

位置情報がわかる追跡機能付きワイヤレスイヤホン

通学・通勤・運動など、さまざまな場面で快適に音楽が楽しめるワイヤレスイヤホン。小型サイズなので、紛失が心配な方もいるかもしれません。位置情報がわかる追跡機能付きのワイヤレスイヤホンを選べば、どこで紛失したか探せます。

 

紛失した場所が把握できるだけでなく、音が鳴るタイプやノイズキャンセリング付きタイプなど、多機能な製品も豊富にラインナップされています。しかし、探す機能がついた商品はSONY・ボーズ・アンカーなどさまざまなメーカーが販売しているので、選ぶのに迷う方も多いです。

 

そこで今回は、追跡機能付きのワイヤレスイヤホンの選び方やおすすめ製品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、メーカー・価格・機能性などを基準に作成しました。ぜひ参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

1位

ソニー

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM4

SONYの多機能ワイヤレスイヤホン!紛失しても探せる!

ソニーのWF-1000XM4は、専用のGoogleアプリ「デバイスを探す」で、Android端末と接続した位置情報を確認できます。従来モデルのノイズキャンセル機能を上回る機能と、ハイレゾ級の音質の高さも魅力です。

 

Android・iPhone・PCどれでも最大8台までペアリングできます。多機能で使い勝手のいいワイヤレスイヤホンを探している方はぜひチェックしてください。

基本情報
種類 左右分離型
形状 密閉, ダイナミック
機能 スピーク・トゥ・チャット機能、ノイズキャンセリング機能、ハイレゾワイヤレス対応、「デバイスを探す」アプリに対応
連続使用時間 連続音声再生時間:最大8時間(NCオン) / 最大12時間(NCオフ)

ワイヤレスイヤホンにGPS機能がついているわけではない

ワイヤレスイヤホンはGPSが搭載されているわけではありません。無くしてしまった場合は、デバイスを探すなどの機能を使いワイヤレスイヤホンに搭載されているBluetoothを利用して場所を探します。

各メーカーによって異なる探し方

メーカーによってイヤホンの探し方は異なります。ここでは3つの方法を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

AppleのAirPodsは「デバイスを探す」

Appleから発売されているAirPodsは、iPhoneやiPad、Macなどから「デバイスを探す」でどこにあるか探せます。Appleの製品なら基本的に探せるのが嬉しいポイントです。購入後は忘れないうちに、探すモードをONにしておいてください。

Anker・BOSEはアプリを使えば場所がわかる

AnkeのSoundcoreシリーズは、Soundcoreのアプリから探せます。ただし探せる範囲はBluetoothが届く範囲のみなのです。Bluetoothの範囲内にあるときは、音で知らせてくれるので場所を特定できます。

 

またBOSEも独自アプリのFind My Budsと連携し、有能にしておくと無くしたときに探せます。Find My Budsでは最後にスマホとペアリングした場所がわかるので、周辺を探してみてください。

探し物トラッカーもチェック

探し物トラッカー「Tile」を搭載している商品は、AmazonなどのECサイトで購入できます。Tileはカード型のものもあるので、ワイヤレスイヤホン以外で無くしやすいものに付けておけるのも魅力です。

追跡機能付きのワイヤレスイヤホンの選び方

追跡機能付きのワイヤレスイヤホンは、メーカー・価格・機能性など選ぶポイントが多いです。ここではそれぞれのポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

種類で選ぶ

ワイヤレスイヤホンには、左右分離型・骨伝導型などの種類があります。ここではそれぞれの特徴をご紹介するので、ぜひ購入する際の参考にしてください。

2人でも使用できるものなら完全ワイヤレスイヤホンの「左右分離型」がおすすめ

ワイヤレスイヤホンは1人で使用するときが多いですが、友達や恋人と一緒に使用するときもあります。そんなときにおすすめなのが左右分離型です。完全ワイヤレスやトゥルーワイヤレスとも呼ばれており、高い人気を誇っているAirPodsも含まれています

 

本体に限らずケースもコンパクトなので、持ち運ぶ機会が多い方にもおすすめです。以下の記事では、完全ワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

長時間使用できるものなら「骨伝導型」がおすすめ

移動時間など長時間使用する方には、骨伝導型のワイヤレスイヤホンがおすすめです。骨伝導型は骨を振動させて、聴覚神経に音を伝える仕組みになっています。耳を完全に塞がないので、外で使用しても周りの音が聞き取れるのも魅力です。

 

ランニングなどのときに適しているワイヤレスイヤホンともいえます。

形状で選ぶ

ワイヤレスイヤホンの形状は、カナル型とインナーイヤー型があります。それぞれメリットとデメリットがあるので、自分に合った方を選ぶようにしてください。

耳から外れにくいものなら「カナル型」がおすすめ

耳から外れにくいものなら、しっかりとフィットしてくれるカナル型のワイヤレスイヤホンがおすすめです。カルナ型は柔らかいイヤーピースが付いているので耳に優しく、汚れたら交換できるのできれいなまま使用し続けられます。

 

しっかりと耳を密封するような作りになっているので、遮音性と密閉性の高さも魅力です。イヤーピースが大きすぎたり、小さすぎたりすると簡単に取れてしまうので、イヤーピースが何種類か入っているものを選んでください。

圧迫感が苦手な方は軽い付け心地の「インナーイヤー型」がおすすめ

耳の中の圧迫感が苦手な方には軽い付け心地が特徴の、インナーイヤー型のワイヤレスイヤホンがおすすめです。インナーイヤー型はカナル型のように深くまで入ってこないので、耳への負担が少なく長時間でも違和感なく使用できます。

 

一方、カナル型のようにイヤーピースが付いていないので、ワイヤレスイヤホンの大きさによってはすぐに落ちてしまう場合もあります。購入する際は、大きさもチェックするようにしてください。

機能で選ぶ

追跡機能付きワイヤレスイヤホンは、ノイズキャンセリング機能や防水機能などほかにも便利な機能が付いています。ここではそれぞれの機能をご紹介するので参考にしてください。

音楽に集中したい方には「ノイズキャンセリング機能」がおすすめ

音楽などに集中したい方には、ノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスイヤホンがおすすめです。ノイズキャンセリング機能は周りの音を打ち消す機能なので、バスや電車に乗っているときやカフェで作業するときの使用に適しています。

 

歩いている途中やランニング中などに使用すると、自分の身に危険が迫っていてもわからないので、使用する際は場所を選ぶようにしてください。

ランニングやジョギングなど運動中に使用するなら「防水」がおすすめ

ランニングやジョギングなど運動中に使用する方には、防水機能付きのワイヤレスイヤホンがおすすめです。汗をかいたときや突然雨が降ってきても気にせずに使用できます。運動中に使用するなら、IPX4以上のものがおすすめです。

手を使わずに通話ができるものなら「マイク付き」がおすすめ

手を使わずに通話できるものなら、マイク付きのワイヤレスイヤホンがおすすめです。マイクが付くだけで、スマホやタブレットを使わずに通話ができるようになります。作業中や仕事中、手を止めずに話したい方はぜひチェックしてください。

通勤や通学など外で使用する方は「外音取り込み機能」付きがおすすめ

通勤や通学など外で使用する方には、外音取り込み機能付きのワイヤレスイヤホンがおすすめです。ノイズキャンセリング機能と真逆の機能ですが、駅や空港でのアナウンスが聞き取れますし、買い物でのレジもスムーズにできます。

 

スマホなどで簡単にオンオフできる製品もあるので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

性能で選ぶ

ワイヤレスイヤホンの中には、連続再生時間が長いものや充電が早くできるものなど高性能なものが揃っています。ここではそれぞれの性能をご紹介するので、参考にしてください。

一度に長く使用するなら「連続再生時間・ケースのバッテリー」を確認するのがおすすめ

一度に長時間使用する方は、連続再生時間・ケースのバッテリーをチェックするのがおすすめです。通学や通勤で使用する方は10時間以上、旅行など移動距離が長い場合には15時間以上再生できるものをチェックしてみてください。

 

再生時間が長いものは、充電時間も短縮できるので忙しい方にもおすすめできます。

忙しい方は短時間で充電できる「急速充電機能」がおすすめ

忙しい方には、短時間で充電が完了する急速充電機能付きのワイヤレスイヤホンがおすすめです。急速充電ができる商品は充電を忘れてしまった日でも、朝出掛ける準備をしている間に充電ができるので多くの方におすすめしたい性能になっています。

家の中でなくした場合などピンポイントで探したい方は「音あり」がおすすめ

家の中でなくした場合などピンポイントでイヤホンを探したい方には、探すときに音が鳴る商品がおすすめです。追跡機能付きイヤホンは位置情報を教えてくれますが、ものに隠れていたら見えないので、自宅で無くすときが多い方は音ありが適しています

音漏れを防止するなら「フィット感」をチェック

音漏れを防止したい方は、フィット感を重視するのがおすすめです。耳の形は人によって異なるので、自分に合ったものを探すのが重要になります。今まで使用してきたイヤホンの使用感と合わせて、いろいろな商品をチェックしてください。

価格で選ぶ

追跡付きイヤホンは、価格の安いものから高いものまで幅が広いです。ここでは価格ごとに特徴を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

高校生などには買いやすい「安い価格」がおすすめ

機能性や使いやすさなどといった点も大切ですが、価格をチェックするのも重要です。追跡機能付きのワイヤレスイヤホンは1万円以内で購入できるものから、2万円ぐらいの商品まで幅広い価格の商品が揃っています。

 

また高校生や大学生にぴったりな、安い商品も多いです。ヨドバシカメラやケーズデンキなど市販以外に、Amazonや楽天などの通販からも選べるので自分の予算に合わせたものをチェックしてみてください。

音質にこだわるなら「2〜3万円のもの」がおすすめ

高音質のものが欲しい方には、2~3万円程度のイヤホンがおすすめです。予算が2~3万あると、有名オーディオメーカーの商品も購入できます。音質や音に迫力が欲しい方にぴったりな価格帯です。

見た目にこだわるなら「デザイン」をチェック

ワイヤレスイヤホンはほかの方からも見えるものなので、デザイン重視で選び方も多くいらっしゃいます。シンプルなデザインのものから、少し凝っているかっこいいデザインのものまであるので自分好みのものを選べるのがポイントです。

 

またデザインだけでなく、カラーも選べるので普段の雰囲気に合わせて選んでください。

メーカーで選ぶ

追跡機能付きのワイヤレスイヤホンは、ソニーやboseなどメーカーからも選べます。ここではそれぞれのメーカーの特徴をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Androidで使用できる高機能なものなら人気メーカーの「SONY(ソニー)」がおすすめ

Android端末でも使用できる高性能なものなら、人気メーカーであるSONY(ソニー)のワイヤレスイヤホンがおすすめです。ソニーはワイヤレスイヤホン以外に、テレビやヘットフォンなどさまざまな種類の商品を展開しています。

操作性と機能性を重視するなら「BOSE(ボーズ)」がおすすめ

操作が簡単なのでワイヤレスイヤホンを初めて購入する方にもおすすめできるのが、BOSE(ボーズ)になります。業界最強クラスのノイズキャンセリング機能を搭載している商品が揃っているのが魅力です。

女性も使いやすいデザインのものなら「GLIDiC(グライディック)」がおすすめ

男性だけでなく女性も使いやすいデザインの商品をお探しの方には、GLIDiC(グライディック)のワイヤレスイヤホンがおすすめです。カスタムイヤホンメーカーであるカナルワークスが監修しており、フィット感の高さが魅力です。

 

雨や水にも強いので、ランニングやウォーキングのときにも適しています。気になった方はぜひチェックしてみてください。

iPhoneでアプリを使わず簡単に探せるものなら「Apple(アップル)」がおすすめ

iPhoneでアプリを使用せずに探せるものなら、Appleの商品がおすすめです。Appleの商品は音も鳴らせるので、探す手間が短縮できるのも嬉しいポイントになります。ケースもさまざまな種類があるので、自分好みにアレンジ可能です。

多機能にこだわるならリーズナブルな「Anker(アンカー)」がおすすめ

アンカーのワイヤレスイヤホンは、さまざまな機能付きながら、リーズナブルな価格帯が魅力です。追跡機能のほか、ノイズキャンセリング・通話・音質調整などが揃っています。デザイン性の高さも魅力で、カラーバリエーションが豊富です。

追跡機能付きのワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキング7選

1位

ソニー

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM4

SONYの多機能ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」は紛失しても探せる!

ソニーのWF-1000XM4は、専用のGoogleアプリ「デバイスを探す」で、Android端末と接続した位置情報を確認できます。従来モデルのノイズキャンセル機能を上回る機能と、ハイレゾ級の音質の高さも魅力です。

 

Android・iPhone・PCどれでも最大8台までペアリングできます。多機能で使い勝手のいいワイヤレスイヤホンを探している方はぜひチェックしてください。

基本情報
種類 左右分離型
形状 密閉, ダイナミック
機能 スピーク・トゥ・チャット機能、ノイズキャンセリング機能、ハイレゾワイヤレス対応、「デバイスを探す」アプリに対応
連続使用時間 連続音声再生時間:最大8時間(NCオン) / 最大12時間(NCオフ)

口コミを紹介

電車通勤用に購入。期待以上のノイキャン。世界が変わります。もっと早く購入しとけばよかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Anker

Soundcore Life P3

アンカーの独自技術が使われたノイズキャンセリング機能

通話・イコライザー・外音取り込み・ゲーミングモードなど多機能ぶりが魅力のワイヤレスイヤホンです。環境にあわせて選べるノイズキャンセリング機能は、アンカーの独自技術が使われています。専用のアプリを使って音を鳴らすのも可能です。

基本情報
種類 左右分離型
形状 カナル型
機能 ウルトラノイズキャンセリング / 外音取り込み / 音声通話 / アプリ対応 / イコライザー / ワイヤレス充電 / IPX5防水規格 / ゲーミングモード
連続使用時間 イヤホン本体のみの再生時間:10 時間

口コミを紹介

音もいいですし、Bluetoothとの接続も早くてこの値段なら文句なしです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

ATH-CKS50TW BL

重低音を楽しみながらさまざまな操作ができる優れもの

重低音を楽しみながら環境に合わせてさまざまな操作ができるオーディオテクニカのワイヤレスイヤホンです。装着したまま会話できるクイックヒアスルー機能・周りの声を低減するアクティブノイズキャンセリング機能などを搭載しています。

 

また、専用アプリを使用すれば、製品を探す機能・一度リンクしたBluetoothのペアリングをすぐに選べる機能・イコライザー操作などができます。

基本情報
種類 左右分離型
形状 ダイナミック型
機能 大口径ドライバー、アコースティックダクト、ノイズキャンセリング、ヒアスルー機能、低遅延モードなど
連続使用時間 最大約20時間(イヤホン) 最大約50時間(充電ケース併用時)
4位

APPLE(アップル)

AirPods Pro (第2世代) ​​​​​​​

人気Apple製品!サウンドを再生して簡単に位置情報を調べられる

iPhone・iPad・MacBookなど、さまざまな商品を展開しているAppleのAirPods Proです。スマートでシンプルなデザインなので、女性・男性どちらでも使えます。また、装着しやすいカルナ型なのもポイントです。

 

見つけやすい追跡機能はもちろん、サウンドを再生してピンポイントで位置情報を調べられます。1回の充電で約6時間使用できるので、通勤・通学でも安心です。

基本情報
種類 左右分離型
形状 カナル型
機能 アクティブノイズキャンセリング、外部音取り込みモード、会話感知
連続使用時間 最大6時間の再生時間(空間オーディオとヘッドトラッキングを有効にした場合は最大5.5時間)

口コミを紹介

音流さずにはめただけでもめちゃめちゃ防音になってすごい!こんなの他にないと思う!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

GLIDiC

GLIDiC TW-4000s

コスパ大賞と金賞を受賞!デザインがおしゃれで使いやすい

VGP2022でコスパ大賞と大賞を受賞している完全ワイヤレスイヤホンです。ポケットやミニバッグでも邪魔にならないミニサイズなので、さまざまなシーンで使用できます。イヤホンは耳へのフィット感が高いです。

 

音質もクリアで、電話でも相手の声が聞き取りやすくなっています。

基本情報
種類 左右分離型
形状 カナル型
機能 Tile機能、Fast Charge機能、外音取り込み機能、通話用のAIノイズキャンセリング機能
連続使用時間 音楽再生:約8時間 (充電用ケース使用時:約20時間)*

*ご使用環境により異なります。

口コミを紹介

コンパクトでとても良いと思います。色もかわいいです。ケースから若干取り出しにくく、ボタンを押してしまう場合があります。音質は問題ないと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Skullcandy

Indy Evo

通話・音量調節も可能!カラーも魅力の追跡機能付きワイヤレスイヤホン

使用しながら通話や音量調節ができるワイヤレスイヤホンです。最大30時間の再生が可能でありながら、急速充電もできるので急いでいるときなどにもおすすめできます。また、IP55の防塵・防水が搭載されているので運動中にも適しています。

 

追跡機能だけでなくイヤホンからアラーム音がなるのもポイントです。位置情報をピンポイントで調べられます。カラーもブラック以外に、グリーンも選べるのでかわいいワイヤレスイヤホンが欲しい方にもおすすめできます。

基本情報
種類 左右分離型
形状 カナル型
機能 「Skullcandy」App対応、tile機能、アンビエントモード、
連続使用時間 最大再生時間(ケース併用):30時間

口コミを紹介

音は全然いいしデザインも好み!スカルキャンディだから重低音マシマシって感じだと思ったけど全然クラシックも行ける感じでなんの曲でも聞ける感じがします。ケースがちゃっちい感じするけどデザインはかわいい!

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

skullcandy(スカルキャンディー)

Grind True Black

聴力を調べユーザーに合った音質を提供してくれるイヤホン

イヤホンをスマホを連携させ、聴力を調べてくれるイヤホンです。聴力を調べるとユーザーがどこの音域が聞きやすいのかわかるパーソナルサウンド機能を搭載。さらに、ケース充電込みでの最長40時間の連続使用が可能です。長距離移動や快適にイヤホンを使用したい方におすすめです。

基本情報
種類 左右分離型
形状 カナル型
機能 落としても探せる「Tile™」機能搭載、IP55等級の防水性と耐汗性、急速充電、パーソナルサウンド機能
連続使用時間 ケースとの併用で最長40時間

口コミを紹介

イコライザで低音アップ!
アプリで設定もできてとても良いです!

出典:https://www.amazon.co.jp

追跡機能付きのワイヤレスイヤホンのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 種類 形状 機能 連続使用時間
アイテムID:14858022の画像

Amazon

楽天

ヤフー

SONYの多機能ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」は紛失しても探せる!

左右分離型

密閉, ダイナミック

スピーク・トゥ・チャット機能、ノイズキャンセリング機能、ハイレゾワイヤレス対応、「デバイスを探す」アプリに対応

連続音声再生時間:最大8時間(NCオン) / 最大12時間(NCオフ)

アイテムID:14858034の画像

Amazon

楽天

ヤフー

アンカーの独自技術が使われたノイズキャンセリング機能

左右分離型

カナル型

ウルトラノイズキャンセリング / 外音取り込み / 音声通話 / アプリ対応 / イコライザー / ワイヤレス充電 / IPX5防水規格 / ゲーミングモード

イヤホン本体のみの再生時間:10 時間

アイテムID:14972227の画像

Amazon

楽天

ヤフー

重低音を楽しみながらさまざまな操作ができる優れもの

左右分離型

ダイナミック型

大口径ドライバー、アコースティックダクト、ノイズキャンセリング、ヒアスルー機能、低遅延モードなど

最大約20時間(イヤホン) 最大約50時間(充電ケース併用時)

アイテムID:14858025の画像

Amazon

ヤフー

人気Apple製品!サウンドを再生して簡単に位置情報を調べられる

左右分離型

カナル型

アクティブノイズキャンセリング、外部音取り込みモード、会話感知

最大6時間の再生時間(空間オーディオとヘッドトラッキングを有効にした場合は最大5.5時間)

アイテムID:14858028の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コスパ大賞と金賞を受賞!デザインがおしゃれで使いやすい

左右分離型

カナル型

Tile機能、Fast Charge機能、外音取り込み機能、通話用のAIノイズキャンセリング機能

音楽再生:約8時間 (充電用ケース使用時:約20時間)*

アイテムID:14858031の画像

Amazon

通話・音量調節も可能!カラーも魅力の追跡機能付きワイヤレスイヤホン

左右分離型

カナル型

「Skullcandy」App対応、tile機能、アンビエントモード、

最大再生時間(ケース併用):30時間

アイテムID:14858037の画像

Amazon

聴力を調べユーザーに合った音質を提供してくれるイヤホン

左右分離型

カナル型

落としても探せる「Tile™」機能搭載、IP55等級の防水性と耐汗性、急速充電、パーソナルサウンド機能

ケースとの併用で最長40時間

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

紛失防止のためにストラップやケースもチェック

紛失防止にこだわるなら、ストラップやケースもあわせてチェックしてください。ケース自体にキーホルダーがついており、カバンやリュックに装着可能です。かわいいデザインのものや、大人も使えるおしゃれなデザインのものまで揃っています。

 

以下の記事では、AirPodsケース・イヤホンケースの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

ケースごと無くしたときや電源が切れているときは要注意

ケースごと無くしたときや電源が切れているときは、追跡できない場合があるので気を付けてください。特に電源が切れているときは、スマホから探せません。無くしたのに気づいたらすぐに探してください。

まとめ

ここまでは、追跡機能付きワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキング5選をご紹介しまいた。ソニーなど人気メーカーからも発売されているためどれにするか迷ってしまいますが、今回の記事を参考にぜひ自分にあった商品を見つけてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年03月05日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事