カルキ抜き機能搭載の電気ポット人気おすすめランキング15選

水道水のカルキ臭や独特の風味が気になる方はカルキ抜き機能を搭載した電気ポットを選びましょう。象印やタイガーなどからさまざま商品が販売されており、赤ちゃんのミルク作りにも便利です。今回はカルキ抜き機能搭載電気ポットの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

カルキ臭いときにおすすめのカルキ抜き機能搭載電気ポット

カルキは消毒のため水道水に添加されている物質です。含まれているのはごくわずかな量ですが、カルキ臭いと感じた経験はありませんか?カルキ抜き機能を搭載した電気ポットならカルキを簡単に除去できるので、飲み物をよりおいしく飲みたい方におすすすめします。

 

しかし実は、カルキ抜き機能搭載の電気ポットは象印やタイガーなどからさまざまなモデル品が販売されており、商品によって特徴が異なるんです!選び方のポイントを押さえて、用途に合ったものを選んでみてください。

 

そこで今回は、カルキ抜き機能搭載電気ポットの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは容量・機能・デザインなどを基準に作成しました。購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

ファミリー向けのおすすめ

省スチーム設計を採用したタイガーのマイコン電動ポット

6時間の節電タイマーが付いた電気ポットです。お湯を使わないときは通電をオフにするので、電気代が節約できます。98℃・90℃・70℃の3段階で保温温度が選択でき、コーヒーやお茶はもちろん、ミルク作りにも便利です。

 

さらに、蒸気量を従来機種の約1/3にカットした省スチーム設計で、蒸気による湿気や火傷対策に役立ちます。

容量 2.2L 重さ 2.0kg
給湯方式 電動式 消費電力 700W

おしゃれなデザインのおすすめ

スタイリッシュで高性能な蒸気レスとく子さん

インテリア性が高く、機能美も追求したシンプルなデザインの電気ポットです。操作パネルはシンプルなピクトデザインを採用し、使い勝手にもこだわって作られています。蒸気キャッチャー構造により、蒸気を外に出さず火傷の心配もありません。

 

また、お湯計量機能・コードレスエアー給湯・2段階の給湯量切替などの便利機能を搭載した性能の高さも魅力です。

容量 3.0L 重さ 3.2kg
給湯方式 電動式 消費電力 700W

象印のおすすめ

まほうびん構造で保温効果を高めた象印の優湯生

電気とまほうびんでかしこく保温する象印の優湯生シリーズです。大きな文字で見やすい操作パネルと大型液晶で、シニアの方でも操作しやすい仕様になっています。98度・90度・80度・70度の5段階保温設定でき、用途に合わせて使い分けが可能です。

 

また、湯沸かし時間・消費電力量・蒸気を抑える沸とうセーブや、2時間操作がないと保温ヒーターへの通電を切る省エネモード・使わないときはタイマーで節約する5段階節約タイマーなど、省エネ機能も充実しています。

容量 2.2L 重さ 2.7kg
給湯方式 電動式 消費電力 905W

カルキ抜き機能の仕組み

電気ポットに搭載されているカルキ抜き機能はどういった仕組みになっているのか、詳しくご紹介します。カルキ抜きは水道水を沸騰させるのが代表的な方法ですが、電気ポットでただお湯を沸かすだけでは沸騰時間が短く、カルキが残っている場合があります。

 

カルキ抜き機能は水が沸騰したあとも弱い加熱を続けてカルキをしっかり除去する機能です。気になるカルキ臭を軽減しくせの少ないお湯を作れるので、いつものお茶やコーヒーをよりおいしくしたい方は、ぜひカルキ抜き機能を活用してみてください。

カルキ抜き機能搭載電気ポットの選び方

カルキ抜き機能搭載の電気ポットはさまざまな商品があり、どれを選べばいいのか迷いがちです。ここからはカルキ抜き機能搭載電気ポットの選び方をご紹介します。

容量で選ぶ

電気ポットにはさまざまな容量のものがあります。使用する人数や設置場所に適した容量のものを選びましょう。

1人暮らしには「1L程度」がおすすめ

1人暮らしの方が電気ポットを購入するなら、コンパクトな1L程度のものがおすすめです。使い切れる量が沸かせるため、無駄が出ません。早く沸くので電気代も抑えられます。また、小型なので置き場所や収納場所を選ばないのも魅力です。

ファミリー用なら「2~4L程度」がおすすめ

家族の人数が2~4人のファミリー向けなら2〜4L程度の電気ポットがおすすめです。普段使いなら2~3Lで十分ですが、来客が多いご家庭は4Lをあると余裕があります。2〜4Lの電気ポットはラインナップも豊富なので、自分に合ったものを選びやすいです。

オフィス用なら「4L以上」がおすすめ

5人以上の大家族やオフィスなど大人数用なら4L以上の電気ポットを選びましょう。たっぷりお湯を沸かせるので、たくさんの人が集まるときにも便利です。ただし、容量が大きいほど消費電力も大きくなるため、電気代が気になる方は省エネ設計のものを選んでください。

給湯タイプで選ぶ

電気ポットの給湯方式は主に、エアー式・電動式・ハイブリッド式の3種類があります。それぞれの特徴を知り、用途に合ったものを選びましょう。

リーズナブルな価格のものなら「エアー式」がおすすめ

エアー式の電気ポットは、蓋のプッシュプレートを押しながら給湯するタイプです。プラグを抜いた状態でも給湯できるので、さまざまな場所でコードレス使用ができます。また、シンプルな構造のため操作が簡単で、価格もリーズナブルです。

 

ただし、給湯する際はプッシュプレートを押し続けなければいけないため、たくさんお湯を使うときは手が疲れてしまいます。以下の記事ではエアーポットの選び方とおすすめ商品をご紹介しているので、ぜひご覧ください。

楽に連続給湯ができるものなら「電動式」がおすすめ

電動式の電気ポットは給湯ボタンを押すだけで給湯するタイプです。ボタンひとつでが楽に連続給湯ができるので、たくさんお湯を使うときも手が疲れません。また、便利な機能を搭載したモデルが揃っているので、機能性重視の方にもおすすめです。

 

ただし、電源がある場所でしか使えない・エアー式より価格が高めといったデメリットもあります。

どこでも使えるものなら「ハイブリッド式」がおすすめ

ハイブリッド式の電気ポットはエアー式と電動式両方の機能を持ったタイプです。電源がない場所でも気軽に使えるので、屋内では給湯ボタン・屋外ではプッシュプレートとシーンに応じで給湯方法を使い分けられます。

 

場所を選ばすどこでも使える電気ポットが欲しい方はぜひチェックしてみてください。ただし、ハイブリッド式を搭載したモデルは高価格帯のものが多いため、予算に余裕がある方向けです。

機能性で選ぶ

電気ポットにはお湯を沸かす以外にも便利な機能を搭載したモデルがあります。用途に合った機能を搭載したものを選んでみてください。

赤ちゃんのミルク用など適温に設定したいなら「温度設定機能」がおすすめ

赤ちゃんのミルク用のお湯をつくりたいときやお茶・コーヒーを適温で飲みたいときには、温度設定ができる電気ポットがおすすめです。設定できる温度は商品によって異なりますが、70度・80度・90度・100度など3〜5段階に分かれているものが多いです。

 

一般的には赤ちゃんのミルクは70度・コーヒーや紅茶は80度・緑茶は90度が適温なので、飲み物の味にこだわりたい方は、ぜひチェックしてみてください。

お湯を長時間使わないときには「再沸騰機能」がおすすめ

再沸騰機能は冷めてしまったお湯を再度沸騰させる機能で、お湯を長時間使わないときに便利です。常にお湯を保温しておくよりも再沸騰させた方が消費電力も少なく、電気代の節約にも役立ちます。

 

節電したい方は長時間使用しないときは電気ポットのプラグを抜き、お湯を使いたいときだけ再沸騰させるのがおすすめです。

節電効果を求めるなら「省エネモード」がおすすめ

電気ポットはずっと保温機しているとどうしても電気代がかかってしまいます。少しでも節電効果が高いものを選びたいなら、一定時間経つと自動的に電源が切れる省エネモードを搭載したモデルを選びましょう。

 

設定時間に合わせてお湯を沸かしてくれるタイマーを搭載したものや、熱が逃げにくいまほううびん構造のものもあるので、省エネを意識している方はぜひチェックしてみてください。

安全機能で選ぶ

電気ポットを購入する際は、安全に使えるかどうかもしっかりチェックしましょう。電気ポットの安全機能について詳しくご紹介していきます。

場所を気にせず置けるのなら「蒸気レス構造」がおすすめ

お湯を沸かす際に発生する蒸気による火傷の危険性を少しでも防ぎたいなら、蒸気の噴出を最小限に抑えてくれる蒸気レス構造のものがおすすめです。蒸気口に触れてしまっても高温の蒸気が出ないので、小さいお子さんがいるご家庭でも安全に使えます。

 

また、蒸気による湿気によるカビの発生や家具の傷みなども防げるので、場所を気にせず置けるのもメリットです。ただし、全く蒸気が発生しないわけではないので気を付けましょう。

火傷の危険性を防ぐなら「転倒横漏れ防止構造」がおすすめ

電気ポットを万が一倒してしまったら、お湯が漏れ出て火傷してしまう危険性があります。転倒時でもお湯が漏れにくい転倒湯漏れ防止構造のものなら、お湯による火傷や床が水浸しになってしまうのを防げます。

 

転倒湯漏れ防止構造だからといって全く漏れないわけではないので、使用の際は十分に気を付けてください。

お手入れしやすいものなら「フタが取り外せるもの」をチェック

電気ポットは毎日使っていると汚れがたまりやすく、こまめなお手入れが必要です。フタが取り外しできるものなら内部の掃除がしやすく、給水も楽に行えます。中まで手を入れられる広口設計のものを選ぶとより手間を軽減できるので、ぜひチェックしてみてください。

見た目にもこだわるなら「おしゃれなデザイン」をチェック

電気ポットをキッチンやオフィスなどで出しっぱなしにする場合は、見た目にもこだわって選んでみてください。最近は黒・白のシンプルなものや、スタイリッシュなスクエア型・丸みを帯びたかわいいフォルムのものなど、おしゃれなデザインも多いです。

 

キッチンやお部屋のインテリアに合わせて、好みのデザインのものを選んでみてください。

メーカーで選ぶ

カルキ抜き機能を搭載した電気ポットはさまざまなメーカーから販売されています。人気メーカーの特徴をご紹介していくので、参考にしてみてください。

電気代を抑えたいなら「ZOJIRUSHI(象印)」がおすすめ

象印の電気ポットは電気と魔法瓶で賢く保温する優湯生シリーズが人気です。消費電力が抑えられるのはもちろん、2時間操作しないと保温ヒーターをオフする省エネモードや細かく設定できる節約タイマーを搭載したモデルもあり、電気代を抑えたい方におすすめです。

 

以下の記事では象印電気ポットのおすすめ商品をご紹介しています。ぜひご覧ください。

豊富な種類から選びたいなら「TIGER(タイガー)」がおすすめ

タイガーの電気ポットはVE電気まほうびんのとく子さんシリーズと、リーズナブルなマイコン電動ポットがあり、容量も使い勝手のいい2.2Lから大容量の5Lまで種類豊富です。さまざまな商品から自分好みのものを見つけたい方は、ぜひチェックしてみてください。

機能性重視なら「Panasonic(パナソニック)」がおすすめ

パナソニックの電気ポットは、真空断熱材U-Vacuaを使ったものやコードレス給湯ができるもの・保温電気代をかしこく節約する学習省エネを搭載したものなど、機能性に優れているのが特徴です。使い勝手のいい高性能な電気ポットが欲しい方におすすめします。

ファミリー向けカルキ抜き機能搭載電気ポットの人気おすすめランキング7選

温度設定付きで好みの温度に保温できる電気ポット

保温温度が98度・90度・70度の3段階に切替できる電気ポットです。飲みたいときに飲みたい温度でお湯が使えます。再沸騰機能搭載で保温中のお湯を再び沸騰させ、カルキ臭も除去可能です。フタは簡単に取り外しできるので、掃除も楽にできます。

容量 3.2L 重さ 2.1kg
給湯方式 電動式 消費電力 650W

口コミを紹介

沸騰音も湯気もなく、快適な使い心地です
フタが取れて洗えるのも良いです
購入して良かったです

出典:https://www.amazon.co.jp

給湯のやり方が簡単なコップスイッチ付きの電気ポット

ボタンを押さずにお湯が出るコップスイッチ付きの電気ポットです。両手にコップを持っていても注げるので、忙しいたときに助かります。熱湯だけでなく98度・90度・70度の3段階で温度調節ができるので、ミルク作りや料理の下ごしらえに便利です。

容量 2.2L 重さ 2.1kg
給湯方式 電動式 消費電力 650W

口コミを紹介

注ぎ口の奥にあるコップスイッチは片手で事足りて便利です。大変気に入りました!

出典:https://www.amazon.co.jp

蒸気量を約1/3にカットした省スチームモデル

湯わかし時の消費電力を700Wに抑え、蒸気量を従来品の約1/3にカットした電気ポットです。6時間の節電タイマーつきだから、電気代も節約できます。内容器にはフッ素加工を施し、クエン酸洗浄機能も搭載しているので、お手入れしやすいです。

容量 2.2L 重さ 2kg
給湯方式 電動式 消費電力 700W

口コミを紹介

しっかりと保温してくれて、いつでもすぐにミルクが作れるので大変重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

カルキ臭いときはボタンひとつで再沸騰できる電気ポット

シンプルなエアー式電気ポットです。大きく押しやすいプッシュプレートで給湯も楽にできます。電源コードを外した状態でも注げるので、コードレスで持ち運び可能です。空だき防止機能やマグネット式プラグなど安全性にも優れています。

容量 2.2L 重さ 1.8kg
給湯方式 エアー式 消費電力 650W

口コミを紹介

お湯が沸くのも早いし、カルキ飛ばしがついているので、お湯も美味しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

省エネ効果の高い真空断熱材U-Vacua採用の電気ポット

真空断熱材U-Vacuaを内容器に採用し、保温中の電気代を抑える電気ポットです。好みの設定温度まで沸かすお好み温調やドリップコーヒーに適したカフェ給湯・用途に合わせて給湯量を調節できる2段階給湯など、機能性も充実しています。

 

さらに、弱アルカリ沸騰機能を使うと沸騰時間が約10分長くなり、カルキを約90%カットしてくれるので、飲み物を美味しく飲みたい方におすすめです。

容量 3.0L 重さ 3.0kg
給湯方式 電動式 消費電力 910W

口コミを紹介

大きさも丁度良く、温度調節ができるので、ミルク作りにちょうどいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

高真空2重瓶のVE内容器を採用したとく子さんシリーズ

優れた保温効果を発揮する高真空2重瓶の電気ポットです。2時間以上使わなければ自動的に保温を5℃下げる省エネコース・5段階の節電タイマー搭載で節電にも役立ちます。蒸気量約1/2カットの省スチームタイプで、置き場所も選びません。

 

さらに、98度・90度・80度・まほうびん保温の4段階で保温温度が選べ、コーヒーやお茶などを適温で楽しめます。

容量 3.0L 重さ 2.7kg
給湯方式 電動式 消費電力 :700W

口コミを紹介

安定の使いやすさです!保温温度設定が3段階ある。シンプルで使いやすい。コーヒーやラーメン食べたいときとても便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

省スチーム設計を採用したタイガーのマイコン電動ポット

6時間の節電タイマーが付いた電気ポットです。お湯を使わないときは通電をオフにするので、電気代が節約できます。98℃・90℃・70℃の3段階で保温温度が選択でき、コーヒーやお茶はもちろん、ミルク作りにも便利です。

 

さらに、蒸気量を従来機種の約1/3にカットした省スチーム設計で、蒸気による湿気や火傷対策に役立ちます。

容量 2.2L 重さ 2.0kg
給湯方式 電動式 消費電力 700W

口コミを紹介

シンプルで使いやすいです。蒸気も少ないのでとても良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ファミリー向けカルキ抜き機能搭載電気ポットのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 容量 重さ 給湯方式 消費電力
アイテムID:11512667の画像

楽天

Amazon

ヤフー

省スチーム設計を採用したタイガーのマイコン電動ポット

2.2L

2.0kg

電動式

700W

アイテムID:11513040の画像

楽天

Amazon

ヤフー

高真空2重瓶のVE内容器を採用したとく子さんシリーズ

3.0L

2.7kg

電動式

:700W

アイテムID:11511902の画像

楽天

Amazon

ヤフー

省エネ効果の高い真空断熱材U-Vacua採用の電気ポット

3.0L

3.0kg

電動式

910W

アイテムID:11512660の画像

楽天

Amazon

ヤフー

カルキ臭いときはボタンひとつで再沸騰できる電気ポット

2.2L

1.8kg

エアー式

650W

アイテムID:11512140の画像

楽天

Amazon

ヤフー

蒸気量を約1/3にカットした省スチームモデル

2.2L

2kg

電動式

700W

アイテムID:11513051の画像

楽天

Amazon

ヤフー

給湯のやり方が簡単なコップスイッチ付きの電気ポット

2.2L

2.1kg

電動式

650W

アイテムID:11512863の画像

楽天

Amazon

ヤフー

温度設定付きで好みの温度に保温できる電気ポット

3.2L

2.1kg

電動式

650W

おしゃれなデザインのカルキ抜き機能搭載電気ポット人気おすすめランキング5選

高温蒸気を外に排出させない仕組みの蒸気レス電気ポット

タイガー独自の2重真空構造を採用した電気ポットです。通電を切っても保温できるので電気代が節約できます。蒸気を外に出さない蒸気レス構造で、高温の蒸気による火傷や結露の心配もありません。

 

また、転倒お湯もれ防止・自動ロック電動給湯・カラだき防止など安全機能も充実しており、小さいお子さんがいるご家庭にもおすすめです。

容量 3.0L 重さ ‎2.9kg
給湯方式 電動式 消費電力 700W

口コミを紹介

他のメーカーの物よりデザインがかっこいいです。
機能は蒸気が出ないのが大変便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

シンプルなデザインと機能性が魅力の電気ポット

キッチンになじむナチュラルなデザインの電気ポットです。わかりやすい操作パネルと一目でわかる大きなボタン・シンプルな機能性で、どなたでも簡単に使えます。上ふたが外せる仕様になっているので、お手入れも楽ちんです。

容量 2.2L 重さ 1.9kg
給湯方式 電動式 消費電力 ‎700W

口コミを紹介

ボタンが使いやすく残りの量も見易い
値段のわりにはかなり良く、気に入って使ってます

出典:https://www.amazon.co.jp

臭いや詰まりが取れないときもお手入れしやすいフッ素コートを使用

スタイリッシュなスクエアフォルムの電気ポットです。保温中のお湯を再度沸かしカルキをとばす再沸騰モードはもちろん、空だき防止機能・ロックスイッチなど安全機能も搭載しています。

 

内容器は汚れが付着しにくいフッ素コートを使用しており、お手入れもしやすいです。デザインも機能性も両方兼ね備えた電気ポットが欲しい方はぜひチェックしてみてください。

容量 2.2L 重さ 2.3kg
給湯方式 電動式 消費電力 700W

口コミを紹介

シンプルでおしゃれなデザイン、温度設定も充実していて気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

インテリアとしても楽しめるSTAN.シリーズの電気ポット

シンプルでおしゃれなスクエアフォルムの電気ポットです。コーヒーカップ2杯分のお湯が約2分で沸くハイスピード沸騰で、忙しい朝も助かります。空だき防止・傾斜湯もれ防止構造・転倒湯もれ防止構造・自動給湯ロックと機能性も十分です。

 

ミルク作りに便利な70度保温や少量ずつ注げるゆっくりカフェドリップ給湯も搭載し、用途に合わせて使い分けができます。

容量 1.2L 重さ 2kg
給湯方式 電動式 消費電力 1300W

口コミを紹介

子どもが産まれて、ミルクを作るために購入しました!大きさもちょうど良く、デザインもかっこいいなと思います!

出典:https://www.amazon.co.jp

スタイリッシュで高性能な蒸気レスとく子さん

インテリア性が高く、機能美も追求したシンプルなデザインの電気ポットです。操作パネルはシンプルなピクトデザインを採用し、使い勝手にもこだわって作られています。蒸気キャッチャー構造により、蒸気を外に出さず火傷の心配もありません。

 

また、お湯計量機能・コードレスエアー給湯・2段階の給湯量切替などの便利機能を搭載した性能の高さも魅力です。

容量 3.0L 重さ 3.2kg
給湯方式 電動式 消費電力 700W

口コミを紹介

まずはスタイリッシュな点がお気に入りです。機能も充実していて計量カップを使用しなくても、お湯を出した分を計量できるのが一番便利で良く利用します。

出典:https://www.amazon.co.jp

おしゃれなデザインのカルキ抜き機能搭載電気ポットおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 容量 重さ 給湯方式 消費電力
アイテムID:11512420の画像

楽天

Amazon

ヤフー

スタイリッシュで高性能な蒸気レスとく子さん

3.0L

3.2kg

電動式

700W

アイテムID:11512443の画像

楽天

Amazon

ヤフー

インテリアとしても楽しめるSTAN.シリーズの電気ポット

1.2L

2kg

電動式

1300W

アイテムID:11512128の画像

楽天

Amazon

ヤフー

臭いや詰まりが取れないときもお手入れしやすいフッ素コートを使用

2.2L

2.3kg

電動式

700W

アイテムID:11512461の画像

楽天

Amazon

ヤフー

シンプルなデザインと機能性が魅力の電気ポット

2.2L

1.9kg

電動式

‎700W

アイテムID:11512638の画像

楽天

Amazon

ヤフー

高温蒸気を外に排出させない仕組みの蒸気レス電気ポット

3.0L

‎2.9kg

電動式

700W

象印のカルキ抜き機能搭載電気ポット人気おすすめランキング3選

たっぷりのお湯が沸かせる大容量5Lタイプ

たっぷりお湯が使える大容量の電気ポットです。気になるカルキ臭を飛ばして沸騰させるカルキとばし機能や、98度・90度・80度の3段階保温設定・カフェドリップ給湯を搭載し、おいしいコーヒーやお茶が手軽に楽しめます。

 

広口容器&フッ素加工を施した内容器で、お手入れもしやすいです。使い勝手のいい大容量の電気ポットをお探しの方はぜひチェックしてみてください。

容量 5.0L 重さ 3kg
給湯方式 電動式 消費電力 ‎985W

口コミを紹介

5リットルの大きなポットを探していて、安くて、使い方も分かりやすいので、良かったです。便利に使うことが出来ています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ミルク作りなどに便利な3段階保温設定搭載モデル

カルキとばし沸騰や3段階保温設定・節約タイマーなど基本機能を押さえたスタンダードな電気ポットです。沸騰させずに沸かして時間短縮や蒸気発生抑制・電気代の節約に役立つトリプルセーブ湯沸かしで、省エネを実現しています。

 

ゆっくり少量ずつ注げるカフェドリップ給湯も搭載しており、おいしいコーヒーを手軽に飲みたい方にもおすすめです。

容量 3.0L 重さ ‎2.2kg
給湯方式 電動式 消費電力 700W

口コミを紹介

温度設定が設定できて、美味しい煎茶も飲めて、何より、コーヒードリップが気に入ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

まほうびん構造で保温効果を高めた象印の優湯生

電気とまほうびんでかしこく保温する象印の優湯生シリーズです。大きな文字で見やすい操作パネルと大型液晶で、シニアの方でも操作しやすい仕様になっています。98度・90度・80度・70度の5段階保温設定でき、用途に合わせて使い分けが可能です。

 

また、湯沸かし時間・消費電力量・蒸気を抑える沸とうセーブや、2時間操作がないと保温ヒーターへの通電を切る省エネモード・使わないときはタイマーで節約する5段階節約タイマーなど、省エネ機能も充実しています。

容量 2.2L 重さ 2.7kg
給湯方式 電動式 消費電力 905W

口コミを紹介

機能は十分にあり、大変重宝してます。温度設定から魔法ビン機能、タイマー機能もあり、節電にもなります。ともあれ、使い勝手が良いです。色も気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

象印のカルキ抜き機能搭載電気ポットおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 容量 重さ 給湯方式 消費電力
アイテムID:11512093の画像

楽天

Amazon

ヤフー

まほうびん構造で保温効果を高めた象印の優湯生

2.2L

2.7kg

電動式

905W

アイテムID:11512100の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ミルク作りなどに便利な3段階保温設定搭載モデル

3.0L

‎2.2kg

電動式

700W

アイテムID:11512112の画像

楽天

Amazon

ヤフー

たっぷりのお湯が沸かせる大容量5Lタイプ

5.0L

3kg

電動式

‎985W

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\0のつく日キャンペーン開催中!!/ 楽天売れ筋ランキング

カルキの体への影響は?

日本の水道水は雑菌の消毒のために、「水道水の中に0.1mg/L基準値以上のカルキ(残留塩素)を保持する」のが水道法で義務付けられています。含まれているのはごく微量なので体への影響は基本的にありません。

 

水道水をそのまま飲んでも健康の問題が生じる心配はないですが、味わいには多少なりとも影響を与え、カルキの独特の風味や臭いを感じる場合があります。

なかなか臭いが取れない・詰まりがあるときの掃除のやり方

カルキ抜き機能を使ってもなかなか臭いが取れない・カルキ汚れがこびりついてポンプに詰まりがある場合は、しっかりとしたお手入れが必要です。ここからはクエン酸を使った掃除のやり方をご紹介します。

 

電気ポットに水を満タンに入れ、クエン酸を投入し沸騰させましょう。水1リットルに対してクエン酸大さじ1杯が目安です。沸騰後は1~2時間ほど放置してください。時間が経過したらお湯を捨て水だけを入れて再び沸騰させます。

 

最後に内部をスポンジやブラシで洗浄して完了です。汚れがひど場合はもう1度クエン酸洗浄を繰り返しましょう。お手入れの頻度は1ヶ月に1回程度が理想です。毎日使わない方でも3ヶ月に1回は掃除してください。

ティファールなどの電気ケトルもチェック

電気ポットのほかにお湯を沸かすアイテムとして、電気ケトルがあります。電気ケトルは長時間の保温はできませんがスピーディーにお湯を沸かせるので、すぐお湯が欲しいときに便利なアイテムです。

 

電気ケトルの容量は1L程度のものが多く、省スペースで設置できるメリットもあります。それほどお湯を使う機会がないご家庭は、ティファールなどの電気ケトルの購入も検討してみてください。種類は少ないですが、カルキ抜き機能を搭載した商品もあります。

 

以下の記事では電気ケトルのおすすめ商品をご紹介しているので、ぜひご覧ください。

まとめ

カルキ抜き機能搭載電気ポットの選び方とおすすめ商品をご紹介しました。お湯を沸かしたときのカルキ臭が気になるときは、カルキ抜き機能を利用しておいしいお茶やコーヒーを楽しみましょう。今回の記事を参考に、ぜひお気に入りの1台を見つけみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年12月21日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事