ハイドロキノンの人気おすすめランキング15選【プロ監修】

記事ID5230のサムネイル画像

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われ、できてしまったシミを薄くできる成分として知られています。絶大な効果があるハイドロキノンですが、効果がある分使用方法にも注意が必要だとご存知でしたか?今回は人気商品や正しい使い方を紹介します。

▼この記事を監修した専門家

*商品掲載箇所は除く

専門家プロフィール画像

ヘアメイクアーティスト篠原奈緒子です。主にCMやTVで女優、タレント、お笑い芸人、声優、アスリートなどのヘアメイクを担当しています。特に肌を綺麗に見せるナチュラルメイクと、メンズをカッコよく見せるヘアセットを得意としています。篠原本人も美容オタクで特にコスメと美容家電が大好きで、最新のものは常にチェックしています。自身のメディア出演や企業での美容の講演会、化粧品会社へのアドバイスやプロデュースも手がけています。

『肌の漂白剤』と呼ばれるハイドロキノン

篠原先生の画像

篠原先生

ハイドロキノンは、メラニン色素を還元できる美容成分です。イチゴやコーヒーなどに含まれる天然成分でもあります。シミやそばかすを作り出すメラニン色素の合成に関わる酵素メラノサイトの活性を抑制する作用に加え、メラニンの産生細胞自体を減少させる作用もあり、シミやそばかすの予防と減少どちらの効果もあります

ハイドロキノンとは、元々は欧米で広く利用されていた美白効果の高い成分です。その効果の高さから「肌の漂白剤」と呼ばれているほど。実際、ハイドロキノンは直接メラニン色素を還元してシミを薄くしていく効果があるため、これからシミができるのを抑制するのはもちろん、できてしまったシミにも効果が期待できます。その効果はビタミンCやプラセンタエキスの何十倍とも言われています。

 

しかし強い効き目がある一方、肌に合わなかったときのダメージも大きいため皮膚科医の管理下でしか利用できないものでした。それが2001年の薬事法の規制緩和により、化粧品の中に配合されるようになり、それ以降あらゆる種類のハイドロキノン配合のスキンケア用品が登場するようになりました。

 

ハイドロキノンは特徴を理解して正しい使い方をすれば、できてしまったシミも薄くしてくれる、心強い美肌スキンケアの味方です。今回はハイドロキノンを安全に選ぶ上で重要な原産国やハイドロキノンの濃度や種類、形状を基準におすすめのハイドロキノン配合スキンケア用品を15選、ランキング形式で紹介します。

 

ハイドロキノンの副作用は大丈夫?

篠原先生の画像

篠原先生

濃度が高いほうが美白効果が高いですがその分肌への刺激も強いのでいきなり高濃度のものを使わず低濃度(~2%)の濃度から使い始めることをおすすめします。

ハイドロキノンは他の美容成分に比べてシミに対する効果は強いですが、正しく使う必要がある成分です。副作用としては、肌が赤くなってしまったりかゆみが出ることがあります。また、長期間使い続けることで白斑を引きおこす可能性があります。白斑とは、ハイドロキノンを使用した部分が白くなりすぎて肌がまだらな模様のように見えてしまう現象のことです。ハイドロキノンの濃度が高ければ高いほど副作用のリスクが高いです。

 

日中使う際にも注意が必要です。シミやそばかすができるメカニズムとして、髪を黒くしてくれるアミノ酸チロシンが酸化することでメラニンを生成するのですが、この酸化酵素の働きをハイドロキノンは抑制する効果があり、メラニンの生成を阻止してくれます。しかし、ハイドロキノンは大変紫外線に弱く、塗った部分が紫外線にあたるとシミやそばかすがかえって濃くなってしまうこともあります。

 

この記事の最後に、専門家監修のもと、ハイドロキノンの正しい使い方をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

POINT1

ハイドロキノンは正しく使うことが大切

ハイドロキノンの効果や種類は?

篠原先生の画像

篠原先生

クリームや美容液など様々なハイドロキノン含有化粧品がありますが、形状は好みで選んでもらって問題ないです。濃度が高いほうが美白効果が高いですがその分肌への刺激も強いのでいきなり高濃度のものを使わず低濃度(~2%)の濃度から使い始めることをおすすめします。

ハイドロキノンが効果を発揮できるのは、紫外線や加齢を原因としたシミです。具体的には、そばかす、肝斑などが挙げられます。火傷跡、ニキビ跡や色素沈着、身体の黒ずみにも効果があります。

 

ハイドロキノンには「純ハイドロキノン」と「安定型ハイドロキノン」があり、純ハイドロキノンはハイドロキノン99%以上のもので美白効果が高い分刺激は強めです。安定型ハイドロキノンは酸化しやすいハイドロキノンを安定させるために合成界面活性剤を用いて安定化させたもので、肌への刺激が弱めとなっています。その分美白効果も弱まります。

POINT2

ハイドロキノンの効果が期待できるのは、紫外線や加齢が原因のシミ

POINT3

ハイドロキノンには「純ハイドロキノン」と「安定型ハイドロキノン」があるため、自分の肌や使い方に合わせて選ぶ必要がある。



編集部おすすめのPR商品を紹介!

アンドシーム

ハイドロキノン5%配合 ホワイトラッシュHQクリーム

価格:2,640円(税込)

割引サイトで詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お肌の気なるシミ・くすみのケアに!

年齢を重ねるにつれて気になりだすシミやくすみ。そんなお悩みにぴったりなのが、ホワイトラッシュ HQクリームです。ホワイトラッシュシミ・くすみのケアに特化したブランドで、多くの方から愛用されています。

 

そのホワイトラッシュからHQクリームが登場。高濃度のハイドロキノン配合で、シミやくすみをできにくくします。それに加えて、ホワイトラッシュ HQクリームには保湿成分も含まれており、肌の潤いを保ちます。

 

特別キャンペーンセット実施中

現在、ホワイトラッシュオフィシャルストアでは、様々なスキンケア商品をお得に購入できます

 

サイト内では、8/8~8/16の期間限定

・購入された送品の送料無料

・新規に会員登録すると500ポイントのプレゼント

・お買い物時のポイント付与率が5倍

・抽選で10名にQUOカードのプレゼント

といったキャンペーンを実施しています。

 

また上記の特典に加えて、このページを見た方だけ300円オフクーポンを差し上げます!お買い求めやすくなったホワイトラッシュ HQクリームを是非試してみてくださいね。定期購入するとよりお得に購入することもできますので、合わせて公式サイトをチェックしてみてください!

 

 

クーポンコード:HQSF5Z63

 

>>>公式サイトで詳細を見る

ハイドロキノンの人気おすすめランキング15選

15位

ドクターズファーマシー

(BIHAKUEN)ハイドロキノンソープ

価格:2,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗うたびに美白になれる洗顔石鹸

ハイドロキノンが配合された美白になれる洗顔石鹸です。洗うたびに肌がワントーン明るくなっていくさまを実感できます。石油系界面活性剤・パラベン不使用、加えて、毎日行う洗顔だからこそ、肌への負担を考えハイドロキノンの濃度は薄くなっています。

 

石鹸自体は美白成分と保湿成分の両方の効果が最大限に発揮される枠練り製法で作られています。ハイドロキノンだけでなく、竹炭(洗浄)デカペプチド12(色素沈着防止)パール粉末(抗酸化力)ビタミンC誘導体など美肌をつくってくれる成分がたっぷり入っているため、すぐに効果を実感できると評価が高いですよ。

濃度低いハイドロキノン
種類固形石鹸内容量100g×2
生産国アメリカ

口コミを紹介

大好きです。
数あるハイドロキノン石鹸の中でも濃度が一番低いのですが、濃度が高い他社製品より肌が明るくなります。
他に入っている成分がいいんですかね?

アトピー持ち敏感肌の私でも顔に使えるので、間違いない物だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

CR-lab (シーアール・ラボ)

ルシフェル HQクリーム

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心の日本製。シミに1ヶ月の短期集中ケア!

純ハイドロキノンが5.5%という高濃度の割合で配合されているクリームです。気になる箇所を集中的にケアすることができます。空気や光にふれると変色してしまうハイドロキノンですが、こちらはエアレス容器を採用しており安心です。また、1〜1.5ヶ月を目安に使い切ることが推奨されていて、短期間でしみに効果が現れる製品として高い評価を得ています。

 

ハイドロキノンだけでなく、ブドウ果実細胞エキス(肌ストレスから皮膚を保護する)やプラセンタ、ワセリンなどに入っているアラントインなどが配合されているため、ダメージを受けた肌を徹底的に回復できます。毎日の使用で本来の白い肌を取り戻せますよ。

濃度5.5%ハイドロキノン純ハイドロキノン
種類部分用クリーム内容量15g
生産国

口コミを紹介

シミが何個もあり気になったので今回こちらを使ってみたのですが、ピンポイントでケアできるのが一番嬉しいなと思いました!敏感肌ですが荒れることなく、少しずつシミが薄れてきたので継続しながらケアしていきたいと思いました^ ^

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ノーブランド品

ユークロマ

価格:1,350円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シミが着実に小さくなる!ハイドロキノン4%配合

ハイドロキノンが4%配合されているクリームです。チューブタイプなので気になるシミ部分に効果的に塗り込んでいくことができます。これだけ使っても効果が高いのですが、ユークロマを使用する前にレチノールクリームを塗ってから、ユークロマを塗布すると更に効果的のようです。

 

使い始めはもしかしたら塗った部分が赤くなるかもしれませんが、使い続けていくと次第にシミが薄れていきます。1本使い切るころにはだいぶシミへの効果を実感できると評価が高いですよ。

 

 

濃度4%ハイドロキノン安定型ハイドロキノン
種類部分用クリーム内容量20g
生産国国外

口コミを紹介

根気よくつけています。3本パックの2回目購入です。
シミは薄く、小さくなってきています。
また、買います。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

マリーブ化粧品

デルミサ スキンフェイドクリーム

価格:2,163円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

15カ国以上で愛されている名品!ハイドロキノン配合クリーム

純ハイドロキノン2%配合された美容クリームです。クリームの劣化を防ぐため、アルミのチューブで光や酸素がクリームに直接触れないように工夫されています。米国では純ハイドロキノン2%以上で医薬品とみなされており、こちらは同率配合のクリームとして、世界中に年間100万個以上出荷されています。

 

人気の秘密は純ハイドロキノンが2%配合とビタミンCのダブルの力で肌に透明感を与えてくれること。1本使い切るころにはシミがだいぶ薄くなっていたり、肌がワントーン明るくなっていたり、効果を実感し始める人が多いようですよ。50gと内容量も多いので、納得行くまで使い続けることができます。

濃度2%ハイドロキノン純ハイドロキノン
種類部分用クリーム内容量50g
生産国アメリカ
11位

ドクターセレスキン

キノンクリーム

価格:12,960円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新型ハイドロキノン配合クリーム5%配合!

通常、ハイドロキノンは効果が高い一方刺激性が強く、長期保存も難しいと言われていますが、新型ハイドロキノン低刺激で、かつ冷蔵庫による長期保存(5〜6ヶ月)が可能です。本来は東大形成外科や美容外科・皮膚科などでしか手に入らなかったものですが、キノンクリームは家庭でも利用しやすく、手に入りやすいもの商品化されたものなのです。

 

シミ部分にクリームを塗りこむと、かさぶたのようなものができます。これが色素沈着していたメラニンです。このかさぶたが取れると、シミ部分が薄くなり、綺麗な薄いピンクの肌が現れます。さすが高濃度だけあり、肌がめくれるたびにしみが薄くなる感覚を味わえますよ。

 

 

濃度5%ハイドロキノン新型ハイドロキノン
種類クリーム内容量45g
生産国日本

口コミを紹介

他の方のレビューの通り私も赤くなりやけつくような痛みがでて瘡蓋になりましたが、瘡蓋がはがれた後はシミがなくなっていました。
おすすめは3連休などの2日位前から塗りはじめ、腫れがでたら、キズパワーパッドをはることです。
2-3日経てば瘡蓋がシミと一緒にはがれてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

スキンフェイドローション

純度99%ハイドロキノン配合デルミサ 

価格:2,450円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界22カ国に愛用者!純度99%のハイドロキノン配合化粧水

世界22ヶ国で年間100万個が売れているハイドロキノン配合化粧水です。皮膚科や美容整形科でしか手に入らなった純度99%のハイドロキノンが配合されており、シミや黒ずみを確実に薄くしていきます。

 

デルミサは純度99%のハイドロキノンのためシミへの効果が高く、加えてASP(ペンタペプチド-13)が配合されているためメラニン生成をブロックする効果が期待できます。化粧水なので肌全体が白く明るくなっていく効果を実感できますよ。

 

濃度ハイドロキノン純ハイドロキノン
種類化粧水内容量120ml
生産国日本

口コミを紹介

顔のシミが気になり買ったのですが、少しずつ薄くなってきたように感じています。
しばらく使うつもりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

基礎化粧品研究所

KISOハイドロ クリーム SHQ-10

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自技術で開発した劣化しにくい安定型ハイドロキノンを10%配合

ここでいう安定型ハイドロキノンとは、劣化しやすいハイドロキノンを独自の技術で12時間かけて安定化させたものを指します。従来のハイドロキノンクリームよりも低刺激で、浸透しやすく、効果の持続性が高いと証明されています。

 

濃度は10%なので、以前ハイドロキノンを使用したことがあり、肌問題が何も起きなかった人向けのクリームです。話題の高機能うるおい成分であるリピジュアも配合されており、ハイドロキノンが肌の内部でとどまり、肌トラブルまで到達し、トラブルを確実に解消してくれます。

濃度10%ハイドロキノン安定型ハイドロキノン
種類部分用クリーム内容量5g
生産国日本

口コミを紹介

これまでK製薬やS堂その他10種以上・・アメリカよりの並行輸入品もサプリメントやパック・クリーム・ジェルなども使ってきましたが、一番効果があったのはこの商品です。衛生的なチューブタイプでコンパクトなのも使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Nadinola

Discoloration Fade Cream Extra Strength

価格:901円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハワイで人気!ハイドロキノン3%配合クリーム

シミが消えると話題のハイドロキノンクリームです。濃度は3%で、早くて使用して3日目でシミが薄くなったと効果を実感できるという声があるほど、好評なクリームです。大容量なこともあり、非常に使いやすいクリームと言われています。

 

また、内容量は64gとたっぷり入っているのでコストパフォーマンスが高い点も人気の理由です。夜、塗り込むよりはポツンとクリームをしみ部分に置くようにして利用すると効果が現れやすいようですよ。

濃度3%ハイドロキノン
種類クリーム内容量64g
生産国アメリカ

口コミを紹介

使い始めて2週間です。
レチノールと合わせて使ってるのですが
本当にシミが消えました!
塗るときにどこにシミがあったかわからないくらい。すごいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

トレンディ

EXFOLE エクスフォーレ HD-5 5g

価格:1,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クリニックと同じ!ハイドロキノン5%配合

レーザーによるシミ取り施術をしたあとに、必ず渡されるクリームがハイドロキノンとレチノイン酸のクリームです。エクスフォーレのハイドロキノンハイドロキノンクリームは医師から処方されるものと同じ濃度5%!シミに着実に効いていきます。

 

また、ハイドロキノンだけでなくカロットエキス(ビタミンAが豊富に含まれる成分)も配合されているため、ハイドロキノンとの相乗効果により、しみに素早く、効果的に効いていくと期待できます。値段も手頃なので、ハイドロキノンを試しに利用してみたい方におすすめの商品です。

濃度5%ハイドロキノン
種類部分用クリーム内容量5g
生産国日本

口コミを紹介

少しだけ薄くなった気がします。
しみ、そばかす部分にだけ付けてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

プラスキレイ

プラスナノHQ

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心の日本製!純ハイドロキノン4%配合クリーム

プラスナノHQクリームは、ターゲットポイントで美容成分が溶解するナノカプセル化を実現したクリームです。つまり、ナノカプセル化されたハイドロキノンは肌の角質層まで浸透し、肌トラブルに到達してからハイドロキノン成分が溶解されます。トラブル元にハイドロキノンの成分がきちんと届くからこそ、着実に効果を感じることができます。

 

ハイドロキノン4%の他にも、レスベラトロール1%(肌のキメやツヤを与える)、アスタキサンチン(成分の劣化防止)、ビタミンAビタミンCビタミンEが配合されており、シミや色素沈着の肌の悩みに高い効果を発揮してくれます。気になる箇所にポンと置くようにして利用すると、少しずつシミが薄くなっていきますよ。

濃度4%ハイドロキノン純ハイドロキノン
種類部分用クリーム内容量5g
生産国日本

口コミを紹介

今、2本目です。
薄くなってきたように思います。
速効性ではないと思いますので、まずは半年続けてみたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

LANTELNO(ランテルノ)

ホワイトHQクリーム

価格:2,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

敏感肌でも大丈夫!美容成分たっぷりの純ハイドロキノンクリーム

安定型ではなく、純ハイドロキノン5%配合されているクリームです。純ハイドロキノンなので安定型と比べて効果は3倍。つまり、安定型ハイドロキノン5%の効果は純ハイドロキノンなら1.5%で良いという計算になります。こちらは純ハイドロキノンが5%なので、シミ消しに非常に高い効果があるクリームです。

 

美白成分であるハイドロキノンだけでなく、紫外線ダメージに効果的なビタミンC誘導体(APPS)・ビタミンA誘導体も含まれています。さらに、保湿成分としてヒト型セラミドEOP・ヒト型セラミドNG・ヒト型セラミドNP・ヒト型セラミドAPも配合。美容成分がたっぷり入っているため、肌の状態が格段に良くなると話題です。

濃度5%ハイドロキノン純ハイドロキノン
種類部分用クリーム内容量10g
生産国日本

口コミを紹介

初めてのハイドロキノンで不安だったので、どれがいいか物凄く調べて、これが1番よさそうだったので購入しました。
美容に詳しい友達に商品を見せたら「濃度も配合成分も間違いないと思う」と言ってくれたので選びました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

アンドシーム

ハイドロキノン5%配合 ホワイトラッシュHQクリーム【大容量・日本製】純ハイドロキノン クリーム (15g×1個(単品))

価格:2,640円(税込)

割引サイトで詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モンドセレクション銀賞!純ハイドロキノン5%配合

自宅で手軽に、本格的なシミケアをするために開発されたナイトケアクリームです。劣化しやすいハイドロキノンに考慮し、バックレスチューブ仕様になっています。ハイドロキノンだけでなく「腐らないりんご」として話題になったリンゴ幹細胞エキス(肌を活性化させる成分)も配合されており、白い肌が蘇る効果が期待できます。

 

使い方は、夜寝る前に気になる箇所にクリームを塗ります。しばらくするとシミ部分の皮がめくれ、完全に皮が取れると、下から少し薄くなったシミが現れますよ。「レーザー治療の前にダメ元で試してみたら、効果があった!」という声が多いので、本気でシミを消したいと思っている方におすすめです。

濃度5%ハイドロキノン純ハイドロキノン
種類ナイトケアクリーム内容量10g
生産国日本

口コミを紹介

効果が出てます。
ハイドロキノンの品質が低下しないように、冷蔵庫保管で使っています。
今まで使ったハイドロキノンの中では、1番漂白作用があり、気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

旭研究所

業務用ハイドロキノン

価格:1,509円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

業務用だからこの価格!純度99%ハイドロキノン

ハイドロキノンのトップメーカーである旭研究所だからこそ出せた、業務用ハイドロキノンです。純度99%ハイドロキノン5%配合されているのでハイドロキノンの美白、シミ消し効果をダイレクトに味わえます。

 

パッチテストをして肌トラブルが起こらなければ、まずはシミ部分にのみ綿棒でそっと液をつけてみてください。問題がなさそうなら手で取って直接肌にのせても大丈夫です。1ヶ月ほどで肌のターンオーバーが終わり、シミ部分が薄くなってきている実感がわきますよ。

濃度5%ハイドロキノン純度ハイドロキノン
種類美容液内容量10g
生産国日本

口コミを紹介

2週間使用してシミが消えました。(ほぼ見えません)以前、評価の高いクリームを数ヶ月間使用しましたがダメで諦めました。
これは期待感が持てた商品でしたので、最後に試してみました。消えましたのでご報告します。有難うございました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

アンプルール

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

価格:1,500円(税込)

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シリーズ最高濃度の美容液でパッとした明るい肌へ!

アンプルールの「ラグジュアリーホワイト」は、独自のマイクロカプセル化された新安定型ハイドロキノンをシリーズ最高濃度で配合した夜用集中美容液。

 

化粧水の前につけるタイプで、トロッとした特殊なゲルがシミにピタッと密着します。

 

スポット使用タイプなので、顔全体の透明感アップやクリームとしての保湿効果はあまり期待できないですが、部分的なシミを集中ケアしたいという方にはおすすめです。

 

現在、こちらの商品は通常価格6,500円トライアル価格1,500円で購入可能です。

シミが気になって少しでも薄くしたいと思っている方はぜひお試しください。

濃度-ハイドロキノン新安定型ハイドロキノン
種類クリーム内容量11ml
生産国日本

口コミを紹介

少しずつですが、気になるシミが薄くなってきたように感じます。使い続ければもっと薄くなっていくのではないかと思います。

さらにアンプルール独自の「新型安定」ハイドロキノンががシミへ集中的にアタックしてくれます。新安定型ハイドロキノンが高濃度に配合されているため、夜のみご使用がおすすめです。

出典:https://www.cosme.net

1位

ビーグレン

QuSome ホワイトクリーム 1.9

価格:1,980円(税込)

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薬学博士が開発!信頼のハイドロキノンクリーム

美容専門家の愛用者も多いスキンケアブランド「ビーグレン」の純粋ハイドロシノン配合クリームです。医療用に発明された浸透テクノロジーを採用しているため、ハイドロキノンを必要な箇所まで届き、とどまり、じっくり働きかけることができます。

 

ビーグレンのハイドロキノンクリームだからこそ、効果を実感できたという声が多いです。また、このテクノロジーによって肌刺激も軽減しており、全顔に使用できるのも嬉しいポイントです。

 

「肌に合うか心配。」というかたはトライアルセットからスタートするのがおすすめです。リピーターの多い天然クレイ洗顔や高濃度ビタミンC美容液なども一緒に使えて、6,422相当が1,800円でお試しできます!

濃度1.9%ハイドロキノン
種類全顔用クリーム内容量15g
生産国日本


ハイドロキノンのおすすめ人気商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5613303の画像

    ビーグレン

  • 2
    アイテムID:5180848の画像

    アンプルール

  • 3
    アイテムID:5106064の画像

    旭研究所

  • 4
    アイテムID:5105838の画像

    アンドシーム

  • 5
    アイテムID:5105716の画像

    LANTELNO(ランテルノ)

  • 6
    アイテムID:5104574の画像

    プラスキレイ

  • 7
    アイテムID:5104539の画像

    トレンディ

  • 8
    アイテムID:5104501の画像

    Nadinola

  • 9
    アイテムID:5104449の画像

    基礎化粧品研究所

  • 10
    アイテムID:5104400の画像

    スキンフェイドローション

  • 11
    アイテムID:5104299の画像

    ドクターセレスキン

  • 12
    アイテムID:5106084の画像

    マリーブ化粧品

  • 13
    アイテムID:5104244の画像

    ノーブランド品

  • 14
    アイテムID:5104195の画像

    CR-lab (シーアール・ラボ)

  • 15
    アイテムID:5102801の画像

    ドクターズファーマシー

  • 商品名
  • QuSome ホワイトクリーム 1.9
  • ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
  • 業務用ハイドロキノン
  • ハイドロキノン5%配合 ホワイトラッシュHQクリーム【大容量・日本製】純ハイドロキノン クリーム (15g×1個(単品))
  • ホワイトHQクリーム
  • プラスナノHQ
  • EXFOLE エクスフォーレ HD-5 5g
  • Discoloration Fade Cream Extra Strength
  • KISOハイドロ クリーム SHQ-10
  • 純度99%ハイドロキノン配合デルミサ 
  • キノンクリーム
  • デルミサ スキンフェイドクリーム
  • ユークロマ
  • ルシフェル HQクリーム
  • (BIHAKUEN)ハイドロキノンソープ
  • 特徴
  • 薬学博士が開発!信頼のハイドロキノンクリーム
  • シリーズ最高濃度の美容液でパッとした明るい肌へ!
  • 業務用だからこの価格!純度99%ハイドロキノン
  • モンドセレクション銀賞!純ハイドロキノン5%配合
  • 敏感肌でも大丈夫!美容成分たっぷりの純ハイドロキノンクリーム
  • 安心の日本製!純ハイドロキノン4%配合クリーム
  • クリニックと同じ!ハイドロキノン5%配合
  • ハワイで人気!ハイドロキノン3%配合クリーム
  • 独自技術で開発した劣化しにくい安定型ハイドロキノンを10%配合
  • 世界22カ国に愛用者!純度99%のハイドロキノン配合化粧水
  • 新型ハイドロキノン配合クリーム5%配合!
  • 15カ国以上で愛されている名品!ハイドロキノン配合クリーム
  • シミが着実に小さくなる!ハイドロキノン4%配合
  • 安心の日本製。シミに1ヶ月の短期集中ケア!
  • 洗うたびに美白になれる洗顔石鹸
  • 価格
  • 1980円(税込)
  • 1500円(税込)
  • 1509円(税込)
  • 2640円(税込)
  • 2990円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 1600円(税込)
  • 901円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 2450円(税込)
  • 12960円(税込)
  • 2163円(税込)
  • 1350円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 2500円(税込)
  • 濃度
  • 1.9%
  • -
  • 5%
  • 5%
  • 5%
  • 4%
  • 5%
  • 3%
  • 10%
  • 5%
  • 2%
  • 4%
  • 5.5%
  • 低い
  • ハイドロキノン
  • 新安定型ハイドロキノン
  • 純度ハイドロキノン
  • 純ハイドロキノン
  • 純ハイドロキノン
  • 純ハイドロキノン
  • 安定型ハイドロキノン
  • 純ハイドロキノン
  • 新型ハイドロキノン
  • 純ハイドロキノン
  • 安定型ハイドロキノン
  • 純ハイドロキノン
  • 種類
  • 全顔用クリーム
  • クリーム
  • 美容液
  • ナイトケアクリーム
  • 部分用クリーム
  • 部分用クリーム
  • 部分用クリーム
  • クリーム
  • 部分用クリーム
  • 化粧水
  • クリーム
  • 部分用クリーム
  • 部分用クリーム
  • 部分用クリーム
  • 固形石鹸
  • 内容量
  • 15g
  • 11ml
  • 10g
  • 10g
  • 10g
  • 5g
  • 5g
  • 64g
  • 5g
  • 120ml
  • 45g
  • 50g
  • 20g
  • 15g
  • 100g×2
  • 生産国
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • アメリカ
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • アメリカ
  • 国外
  • アメリカ

ハイドロキノンの選び方

ハイドロキノンは効果が高いだけあり、肌に合わないものを選んだり、使い方を誤ってしまったりすると、肌トラブルを引き起こします。また一口にハイドロキノンと言っても、ハイドロキノンの種類や濃度はものによって違ってきます。ハイドロキノン配合スキンケア用品の選び方を紹介します。

ハイドロキノンの種類で選ぶ

日本で販売されているハイドロキノン配合スキンケア用品には、純ハイドロキノン安定型ハイドロキノンの2種類があります。どちらが配合されているのか、自分の肌にはどちらのハイドロキノンが合っているのか、2つの種類のハイドロキノンの特徴を紹介します。

純ハイドロキノン

純ハイドロキノンはクリニックで処方される純度99%以上のハイドロキノンを指します。メリットは純度が高いだけあり、シミやくすみに対する効果が絶大なこと。クリニックのレーザー治療後にも処方される成分なので、効果にはかなり期待できます。

 

デメリットとしては、劣化しやすい点と、刺激性が強い点です。パッチテストで自分の肌に合うかどうかしっかりと見極めてから使用することが鉄則になります。また、劣化しやすいため少量ずつ購入して使い切る方法を取るしかないので、価格的には高くなります。

 

純ハイドロキノンは局所的に気になるシミがある方や、普通肌、肌トラブルの経験が少ない方におすすめです。

安定型ハイドロキノン

安定型ハイドロキノンは医師の管理下でなくとも使えるように商品化されたものです。酸化しやすいハイドロキノンを安定させるために合成界面活性剤を用いて安定化させたものです。そのため、肌への刺激が少なく、品質が保持されやすいというメリットがあります。

 

今は新技術としてハイドロキノン自体が物質(カプセル)で包まれたような加工になっているものもあります。 カプセルに包まれているため肌への浸透率も高くなり、安全性が高いまま角質層の奥の肌トラブルの原因元へ直接ハイドロキノンが届き、効果を実感しやすいメリットがあります。

 

ただ、純ハイドロキノンと違い、安定型ハイドロキノンは他の美容成分が混ざった構成のため、ハイドロキノン自体がもつメラニン還元効果は低くなってしまっています。つまり、即効性は純ハイドロキノンよりも低いです。安定型ハイドロキノンは時間をかけてシミを薄くしていきたい敏感肌の方におすすめです。

スキンケア用品の種類で選ぶ

ハイドロキノン配合スキンケア用品は、化粧水、夜用クリーム、洗顔石鹸、部分用クリームと様々な種類があります。どれもメリット・デメリットがあり、自分の悩みに合ったものを選ぶことで、効果的にに悩みを解決していくことができます。

洗顔石鹸

ハイドロキノンが含まれている洗顔石鹸は顔全体をワントーン明るくしてくれる効果があります。顔全体に毎日使用するものなので、ハイドロキノンの濃度自体は低めの場合が多いです。その分、肌に優しく、敏感肌でも問題なく利用できるメリットがあります。

 

一方、ハイドロキノン自体があまり含まれていないため、ハイドロキノン配合石鹸だけ使用していても、ピンポイントのシミへの効果はあまり期待できないと考えたほうが良いでしょう。肌全体を明るくしたい、くすみを飛ばしたい方に、ハイドロキノン配合石鹸はおすすめです。

化粧水

化粧水に配合されているハイドロキノンも、顔全体に使用するものなので、ハイドロキノンの濃度があまり高くないものが多いです。そのため、敏感肌で時間をかけて肌を綺麗にしていきたい方におすすめです。

 

また、化粧水だからこそハイドロキノン以外の美容成分にも目を向けて選ぶと、自分の肌の悩みを解決できる商品を選べますよ。とにかく美白をしたいのなら、ハイドロキノン配合化粧水にビタミンC誘導体やASP(メラニンの生成をブロックする)配合のものがおすすめです。

クリーム

クリームのメリットは粘土があるため自分がケアをしたい部分にピンポイントでのせることができる点です。クリームを塗った部分にしっかりとどまってくれるので、美白成分をしっかり肌に取り込むことができます。シミを消すには、とにかく諦めず、長期間ハイドロキノン配合のスキンケア用品を利用し続ける必要があります。そのため、コストパフォーマンス的に、大容量のクリームはシミ対策にピッタリなスキンケア用品です。

 

ただし容量の多いコスパの高いハイドロキノンクリームの デメリットとしては、ハイドロキノンは劣化が速いため、保存方法を間違えるとクリームを使い切る前にクリームが劣化してしまう点です。開封後、ハイドロキノン配合クリームは冷暗所や冷蔵庫などハイドロキノンクリームに記載された正しい保管場所で保管するように気をつけましょう。

部分用クリーム

シミを局所的に、なおかつできるだけ早く薄くしたいのであれば、部分用クリームがおすすめです。高濃度のハイドロキノンが配合されているものが多く、気になるシミを集中的にケアしていくことができます。

 

高濃度のハイドロキノンが配合されているものが多いため、その分お値段も高く感じるものが多いです。ただ、毎日シミ部分に局所的に利用していくものであり、加えて高濃度ハイドロキノンは酸化も早く長く保存できるものでもありません。なるべく早くシミを薄くしたいのであれば、部分用クリームがぴったりです。

ハイドロキノンの濃度で選ぶ

ハイドロキノン配合と言っても、商品によって濃度が様々なんです。濃度が高いほど効果は高く、刺激性も強くなります。ハイドロキノンの濃度について、紹介します。

濃度2%以下

現状日本では、ハイドロキノンが配合されている市販のスキンケア用品の多くが1〜2%の濃度の商品になっています。なぜなら、厚生労働省が推奨しているハイドロキノンの配合量は2%以内なのです。ハイドロキノンの濃度が2%以下のものは安全性が高く、刺激も少ないものと考えて良いでしょう。

 

顔全体に透明感がほしい方や、敏感肌の方はハイドロキノン濃度が2%以下のものをおすすめします。顔全体から部分的なシミのケアまで広く使用することできます。

濃度3%以上

ハイドロキノンの濃度が3%以上のものは高濃度とされています。濃度が高いため、部分用クリームとして配合されているものが多いです。また刺激性も高いので、利用方法を守り、シミの部分にのみ使用することで、肌トラブルがなくシミの悩みを解消することができます。使用前には必ずパッチテストを行い、肌トラブルが起きた場合すぐに使用を中止してください。

 

本来は高濃度のハイドロキノン配合クリームは、医師が処方しなければならないものでした。海外ではいまだに2~3%までの濃度しか許可されていない国も多いです。しかし、国産のものに限りますが、高濃度のハイドロキノン配合クリームは、医師の監修のもとに開発されたものがほとんどのため、比較的安心して利用可能です。

 

一方、海外の高濃度ハイドロキノン配合クリームは安全性が定かでないものが多く、個人から輸入して使用した結果、肌トラブルを起きてしまう事例をよく耳にします。値段に惑わされず、品質や安全性を見極めて購入するよう心がけましょう。

 

 

ハイドロキノン化粧品の正しい使い方

篠原先生の画像

篠原先生

私がおすすめしている方法は低濃度から使い始めて徐々に高濃度に上げていく使い方です。ただし、先程も言った通り低濃度なら肌トラブルが起きないということはないので低濃度のものでも特に敏感肌の方はパッチテストを行ってから使用することをおすすめします。

ハイドロキノンは他の美容成分に比べてシミに対して高い効果が期待できるので、正しく安全に使い、スキンケアの見方にしたいですよね。今回は、専門家監修のもと、正しい使い方をご紹介します。

 

ハイドロキノン化粧品は紫外線を浴びると肌に悪さをしてしまうため、夜寝る前使用し、翌朝は洗顔してしっかり落としてから紫外線ケアもしっかりするようにします。どうしても昼間に使用したい場合紫外線ケアをしっかりし、なるべく日に当たらないように過ごすことが必要です。

 

まず化粧水などで肌の保湿をしてからハイドロキノン化粧品を使用します。シミやそばかすの気になる部分にハイドロキノン化粧品を使用します。ハイドロキノン化粧品を顔全体に使う場合は濃度の低いものを使ってください。

 

身体に使う場合も同様に夜寝る前に先に保湿をしてからシミや黒ずみが気になる部分に使用します。身体には刺激の少ない安定型ハイドロキノンがおすすめです。デリケートゾーンも粘膜部分を避ければ使うことができます。皮膚が薄い部分(脇やデリケートゾーンなど)は浸透しやすいので特に濃度には気を付けてください。

ハイドロキノン化粧品に関するQ&A

Q1:ハイドロキノンは顔以外の部位のシミにも使えますか?

篠原先生の画像

篠原先生

使えます。身体の黒ずみにも有効です。デリケートゾーンに使う場合粘膜部分を避けてください。

Q2:ハイドロキノンは使用後どれくらいで効果が現れますか?

篠原先生の画像

篠原先生

濃度が2%以下のものは半年くらいかかると言われています。根気よく使い続けましょう。4%を越えてくると2,3カ月で効果が出ますが、必ずパッチテストを行い肌トラブルが万が一出たら使用を中止してください

Q3:ハイドロキノンが含まれている化粧品を顔全体に塗ったら、顔全体の美白に効果がありますか?

篠原先生の画像

篠原先生

ありますが、高濃度のハイドロキノンを顔全体にぬるのはリスキーです。顔全体に塗った場合顔全体の紫外線予防も必ず行ってください。

Q4:敏感肌でもハイドロキノンを使うことはできますか?

篠原先生の画像

篠原先生

はい。敏感肌の方は安定型ハイドロキノンの低濃度のものがおすすめです。低濃度なら肌トラブルが起きないということはないので低濃度のものでも特に敏感肌の方はパッチテストを行ってから使用することをおすすめします。

まとめ

おすすめのハイドロキノン配合のスキンケア用品を紹介しました。肌の悩み、特にシミの悩みは年齢が上がれば上がるほど気にかかってくるものです。レーザー治療など、美容整形外科に頼る前に、ぜひ一度ハイドロキノンを試してみてくださいね。



関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ