【2022年最新版】住宅ローンでおすすめのFP相談3選【注意点や危険も紹介】

記事ID45431のサムネイル画像

住宅ローンの悩みや不安があるなら、FP(ファイナンシャルプランナー)への相談がおすすめです。住宅ローンについて、中立的な立場から一人ひとりに寄り添った提案をしてくれます。今回は、住宅ローンの相談ができるFPや、住宅ローンでおすすめのFP相談サービス、FP選びで注意すべき点や危険な点などをご紹介していきます。

住宅ローンの悩みならファイナンシャルプランナー(fp相談)がおすすめ

家を購入する際には、ほとんどの方が住宅ローンを組んで購入しますよね。でも、初めて住宅ローンを組む際にはいろいろと分からなかったり、不安だったりするものです。そんな時には、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのがおすすめです。

 

でも、どんなFPに相談すればいいか分からない方も多いのではないでしょうか。この記事では、FPに住宅ローンを相談するのがおすすめの理由や、FPの種類やおすすめのFP相談まで詳しくご紹介します。住宅ローンで悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

【当記事No.1】無料のFP相談サービス

何度でも無料で住宅ローンの相談ができる

【累計申込件数が12,000件以上の実績あり】

マネーキャリアは国内最大級のライフプランサービスで、累計累計申込件数が12,000件以上の実績があります。住宅ローンについてだけでなく、老後資金や生命保険などお金に関するさまざまな悩みに対応している相談サービスです。

 

【強引な勧誘や営業なし】

ファイナンシャルプランナー(FP)に相談すると強引な勧誘や営業があるのではと考える方も多いのではないでしょうか。マネーキャリアならプロの相談員が親身に相談に乗ってくれるので、無理な勧誘や営業もないので、落ち着いて住宅ローンの相談ができます。

 

【「ライフプランの教科書」のプレゼント実施中】

マネーキャリアなら、プロの相談員が丁寧にヒアリングして対策を教えてくれるので、住宅ローンについて何も知らなくても相談できます。今なら相談予約をした方限定で「ライフプランの教科書」もプレゼント中です。

 

実績 累計申込件数12,000以上
相談内容の幅広さ 住宅ローン・ライフプラン・保険・老後の年金・投資、子供の教育費
相談のしやすさ 何回でも相談無料
相談形式の種類 LINEでヒアリングOK

住宅ローンの相談ができる場所は?

住宅ローンの相談ができる場所はいくつかあります。代表的なところとしては以下の3つが挙げられます。

 

  • 銀行
  • 住宅金融支援機構
  • FP(ファイナンシャルプランナー)

 

それぞれの特徴やメリット・デメリットをご紹介します。

銀行

銀行は住宅ローンを扱っている主な金融機関なので、住宅ローンについての相談窓口を設けています。そこでは、住宅ローンの申し込みや融資までの流れ、返済計画などを相談できます。銀行によっては、夕方以降や土日祝日の相談に対応しているところもあります。

銀行で相談するメリット

銀行に相談すれば、専用コンサルタントに無料で相談できるのがメリットです。その銀行で扱っている住宅ローンについて、ローンの上限額や金利の種類による違い、将来的に返済が難しくなったときの対応など詳しく聞けるのも銀行ならではと言えます。

銀行で相談するデメリット

銀行のデメリットとしては、他社のローンとの比較が難しい点です。その銀行で取り扱っているローンの詳細は説明してくれますが、他社の情報については詳しい内容は教えてもらえません。そのため、複数社のローンを比較したいなら、自分で情報を集めなければなりません。

住宅金融支援機構

住宅金融支援機構は、金融機関と提携している独立行政法人で、「フラット35」などの固定金利型の住宅ローンを取り扱っています。住宅購入のための資金調達を支援するのが目的で、各種補助金やフラット35以外のローンに関する質問や相談も受け付けています。

住宅金融支援機構で相談するメリット

住宅金融支援機構は「フラット35」を中心に取り扱っているものの、それ以外の金融機関の住宅ローンについても相談ができるのがメリットです。また、住宅ローンに利用できる、自治体の補助金などについても教えてくれるのもメリットと言えます。

住宅金融支援機構で相談するデメリット

住宅金融支援機構のデメリットとしては、電話相談がメインで、対面で相談できる窓口が少ない点、また土日の相談にも対応していますが、時間が9:00~17:00までと限られている点です。セミナーや相談会もありますが、地域によっては参加できない場合があります。

FP(ファイナンシャルプランナー)

FP(ファイナンシャルプランナー)はお金についての専門家で、住宅ローンに関することだけでなく、家計の見直しや生命保険、投資など幅広く相談できます。住宅ローンについて重点的に相談するときには、住宅ローンが得意分野のFPへ相談しましょう。

FPに相談するメリット

後ほど詳しく説明しますが、FPに住宅ローンについて相談するメリットとしては、家計の状況と合わせて住宅ローンについて相談できる点です。また、返済などについてのアドバイスを中立的な立場から受けられるのもメリットと言えます。

FPに相談するデメリット

FP(ファイナンシャルプランナー)に相談するデメリットとしては、相談料がかかるFPもある点です。初回無料のところは多いですが、それ以降は1回あたり5,000〜10,000円かかるので、相談する回数が増えると支出も増えてしまいます。

住宅ローンの相談をするならFPがおすすめ

ここまで見てきたように、住宅ローンについて相談できる窓口はいろいろとありますが、総合的にみると、FPがおすすめです。FPに相談すれば、現在の資金状況や人生設計を考慮したうえで、無理のない返済計画を立てるのに役立ちます。

住宅ローンを相談できるFPの3つのタイプ

住宅ローンを相談できるFPにも、実はさまざまなタイプがあります。具体的には以下の3つのタイプのFPに分かれます

 

  • 金融機関のFP
  • 独立系のFP
  • ハウスメーカーのFP

 

それぞれのFPの特徴について理解したうえで、自分に合ったFPを選ぶのが重要です。ここでは、それぞれのFPの特徴について詳しくご紹介します。

金融機関のFP

金融機関のFPとは、名前の通り銀行など金融機関に所属しているFPです。金融機関のFPに住宅ローンについて相談すれば、ローンの相談と申し込みを同時に行えるので手続きややり取りの手間が減ります。一方で、その銀行が扱っている住宅ローンを勧められがちなのがデメリットです。

独立系のFP

独立系のFPとは、特定の企業に所属せず、個人で相談を受けているFPです。特定の企業に所属していないので、より中立的なアドバイスを受けられるのがメリットです。一方で、信頼できるFPや、自分に合ったFPを見つけるのが難しいのはデメリットと言えます。

ハウスメーカーのFP

3つ目のタイプとして、ハウスメーカーが紹介してくれるFPがあります。ハウスメーカーの営業担当から無料のFP相談を勧められるケースがありますが、必ずしも住宅ローンについて精通しているとは限らないので、できれば第三者視点の確実なアドバイスが期待できる独立系のFPがおすすめです。

住宅ローンについてFPに相談するメリット

住宅ローンについての相談はFP以外にもできますが、FPが1番おすすめです。次に、住宅ローンについてFPに相談すると、どのようなメリットがあるか詳しくご紹介します。

より中立的な立場で相談に乗ってくれる

特に独立系のFPの場合、どこかの銀行や金融機関などに所属しているわけではないので、より中立的な立場で相談に乗ってもらえます。特定の商品を持っていないので、幅広く希望に合った住宅ローンを紹介してもらえるのは大きなメリットです。

家計状況や今後の資金計画のアドバイスがもらえる

別のメリットとしては、FPに相談すればどのような住宅ローンがおすすめかだけでなく、家計状況や今後の資産計画のアドバイスまでしてもらえる点が挙げられます。そのため、後で返済が苦しくなって、生活がやっていけなくなるといった状況を避けやすくなります。

住宅ローンについてFPが受けられる相談内容は?

住宅ローンの相談はFPがおすすめですが、どのような内容について相談できるのでしょうか。住宅ローンについてFPに相談できるのは、おもに次の3つです。

 

  • 住宅ローンの金融機関・商品の選び方
  • 住宅ローンの金利タイプ・手数料
  • 住宅ローンの返済計画

 

それぞれの内容について詳しくご紹介します。

住宅ローンの金融機関・商品の選び方

住宅ローンにはたくさんの種類があります。住宅金融支援機構が提供しているフラット35や、メガバンク・地方銀行が提供している民間住宅ローン、国や自治体が提供する公的住宅ローンなどの中から、どれが適しているかを一緒に考えてもらえます

住宅ローンの金利タイプ・手数料

住宅ローンの金利タイプには、「固定金利型」と「変動金利型」の2種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。FPは、どちらの金利タイプが相談者の住宅ローンに適しているかを専門知識に基づいて判断して教えてくれます。

住宅ローンの返済計画

FPには住宅ローンの返済計画についても相談できます。住宅ローンを組む時には、毎月いくらまでなら払えるかも考える必要があります。FP相談を行えば、収入や支出などを明確にしたうえで返済の上限を見極めて、無理のない返済計画を立てられます。

住宅ローンについてFPに相談すべきタイミングは?

住宅ローンについてFPに相談すべきタイミングは、購入する家を決める前です。物件探しで重要になる項目の一つに購入金額の上限があります。これがはっきりしていないとせっかく物件を選んでも無駄になってしまうため、FP相談でローンがいくらまで組めるかを聞いておきましょう。

住宅ローンを相談できるFPおすすめランキング3選

何度でも無料で住宅ローンの相談ができる

【累計申込件数が12,000件以上の実績あり】

マネーキャリアは国内最大級のライフプランサービスで、累計累計申込件数が12,000件以上の実績があります。住宅ローンについてだけでなく、老後資金や生命保険などお金に関するさまざまな悩みに対応している相談サービスです。

 

【強引な勧誘や営業なし】

ファイナンシャルプランナー(FP)に相談すると強引な勧誘や営業があるのではと考える方も多いのではないでしょうか。マネーキャリアならプロの相談員が親身に相談に乗ってくれるので、無理な勧誘や営業もないので、落ち着いて住宅ローンの相談ができます。

 

【「ライフプランの教科書」のプレゼント実施中】

マネーキャリアなら、プロの相談員が丁寧にヒアリングして対策を教えてくれるので、住宅ローンについて何も知らなくても相談できます。今なら相談予約をした方限定で「ライフプランの教科書」もプレゼント中です。

 

実績 累計申込件数12,000以上
相談内容の幅広さ 住宅ローン・ライフプラン・保険・老後の年金・投資、子供の教育費
相談のしやすさ 何回でも相談無料
相談形式の種類 LINEでヒアリングOK

住宅ローンから保険までまとめて相談できる

住まプラはスターツ証券が運営している住宅ローン選び、借り換え、保険(ライフプラン)の総合相談窓口です。ファイナンシャルプランナー(FP)の有資格者が常駐していて、店舗にはゆったりした相談スペースが設けられています。

 

スターツ証券で行っている不動産・保険事業のバックグラウンドを活用しています。そのため、住宅ローン相談だけでなく、住宅購入時に加入する火災保険や地震保険についてなど、住宅購入時に総合的なサポートを受けられます。

 

住まプラに在籍しているFPは、特定の金融機関や保険会社に所属していません。そのため、中立的な立場から、相談者にとって最適な住宅ローンを提案してくれます。また、銀行に行かずに融資実行まで住まプラで完結するのもポイントです。

 

実績 首都圏で2009年からスタート
相談内容の幅広さ 住宅ローン・保険
相談のしやすさ 何回でも相談無料
相談形式の種類 店舗・オンライン・電話・メール

相談後のアフターフォローも充実

マネードクターは、株式会社FPパートナーが運営している無料のFP相談サービスです。全国47都道府県の拠点に1,200人を超えるFPがいて、住宅ローンの相談に乗ってくれます。拠点だけでなく、自宅や職場など相談場所を好きに指定できます。

 

最短翌日から相談可能で、直営店舗の場合、当日の相談もできます。早いうちに相談できるので、住宅ローンについての悩みを解決しやすくなっています。また、店舗にも買い物のついでや仕事帰りなどに気軽に立ち寄れます。

 

住宅ローンは1度組んだら終了ではなく、経済動向やライフステージの変化に応じて借り換えなどを検討します。マネードクターでは相談後のアフターフォローも充実しているので、そうした場合でも何度でも無料で相談できます。

 

実績 メディア取材・執筆多数
相談内容の幅広さ 住宅ローン・資産運用・老後資金・ライフプラン
相談のしやすさ 最短翌日に相談可
相談形式の種類 店舗・オンライン・自宅・職場など

FPに相談する前に準備するものはある?

FPに相談する前には、年収を証明する書類だけでなく、毎月の支出を記載した家計簿なども準備しておくと、相談者の状況に合ったアドバイスが受けられます。

 

具体的には、以下のようなものを用意しておきましょう。

 

  • 年収を証明する書類(源泉徴収票・確定申告書など)
  • 購入する物件の価格やその他の情報が分かるもの
  • ほかのローンがある場合にはその明細書

 

また、年金加入歴が分かる書類や生命保険証券、貯蓄残高の情報なども合わせて準備しておけば、より具体的なアドバイスを受けるのに役立ちます。

住宅ローンの相談に関するよくあるQ&A

住宅ローンの相談ができるFPについてご紹介してきましたが、さらに詳しく知るために、良くある質問と答えをまとめました。FPに相談する前に確認しておきましょう。

ファイナンシャルプランナーは「注意」「危険」と言われるのはなぜ?

FPが危険とか注意が必要と言われる理由の一つとしては、相談者に合わない提案や商品を押し売りされたりする場合があるからです。

 

これは、企業に所属するFPや商品を販売するFPにすべてが危険なわけではありません。自社の利益優先で相談者に合った提案をしない場合が問題と言えます。相談者に合った提案をしてくれるFPを探すには口コミなどを参考するといいでしょう。

相談料が有料のファイナンシャルプランナーもいるの?

この記事では、相談料無料のファイナンシャルプランナーをご紹介してきましたが、相談料が有料のファイナンシャルプランナーもいます。有料のFPは自分でFP事務所を作って独立していたり、FP事務所に所属したりしている場合がほとんどです。

住宅ローンについての不安はFP相談がベスト!

家を購入するときに付き物の住宅ローンですが、FP相談を利用するとさまざまな疑問を解決したり、金利の安い住宅ローンを利用できる可能性も高くなります。どこのFP相談がいいか分からない方は、この記事でも紹介したマネーキャリアで無料相談してみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年05月30日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

住宅ローンの還付金とは?受け取れる時期や方法、注意点を解説!

住宅ローンの還付金とは?受け取れる時期や方法、注意点を解説!

その他
【無料相談も!】ファイナンシャルプランナー(FP)のおすすめ人気ランキング10選

【無料相談も!】ファイナンシャルプランナー(FP)のおすすめ人気ランキング10選

保険
【2022年最新版】福岡でおすすめのFP相談サービス10選

【2022年最新版】福岡でおすすめのFP相談サービス10選

保険
【2022年最新版】京都でおすすめのFP相談サービス12選

【2022年最新版】京都でおすすめのFP相談サービス12選

保険
山梨でおすすめのFP相談サービス9選

山梨でおすすめのFP相談サービス9選

保険
東京のファイナンシャルプランナー(FP)おすすめランキング10選

東京のファイナンシャルプランナー(FP)おすすめランキング10選

その他のサービス