【2024年最新】安い池袋のピアス穴あけ病院9院|駅に近い!

【2024年最新】安い池袋のピアス穴あけ病院9院|駅に近い!

ピアスの穴あけは医療行為のため、病院で施術するのがおすすめです。国家資格を持った医師や看護師が適切に対応してくれるので、細菌感染などのリスクを軽減できます。今回は、池袋でピアス穴あけができる病院をご紹介します。ぜひ参考にして、耳元のおしゃれを楽しんでください。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

近くで安いピアス病院を見つけよう!

ピアスの穴あけをしたいAさんの画像

ピアスの穴あけをしたいAさん

自分で穴をあけるのは怖い…けどお金がかかりすぎるのは嫌だ

とお悩みの方必見です。この記事では、痛みを抑えた配慮や美しい仕上がりに定評がある安いピアス病院を選べます。

 

病院を選ぶ際は、以下の3つの項目を押さえて選びましょう。

これらの項目が自分の求める条件と合致する病院は、後悔する可能性が低くなります。

 

条件が固まったら、早速病院を探してカウンセリングを申し込みましょう。初診無料の病院も多いので、ぜひ活用してください。

池袋でピアス穴あけができるおすすめ病院9院

麻生美容外科クリニック 池袋院

不安に寄り添うサービスが充実!

有料だが術後トラブルの対応あり

●別途料金を払えば麻酔処置あり

 

料金表

耳たぶ 2箇所

ファーストピアス付き

17,600円(税込)

耳たぶ 1箇所

ファーストピアス付き

8,800円(税込)

軟骨部 1箇所

ピアス持参

22,000円(税込)

へそピアス 1箇所

ピアス持参

 33,000円(税込)

術後検診料 1回

5,500円(税込)

 

■施術内容

機器

ピアッサー

ニードル

麻酔 別途3,300円で局所麻酔あり

 

基本情報
初回カウンセリング 無料
カウンセリング当日の施術 予約時に相談で◯
アクセス JR池袋院より徒歩2分
営業時間 10:00〜19:00
休診日 基本なし
支払い方法 現金一括・医療分割・デビットカード・各種クレジットカード
もっと見る

※自由診療のため保険が適用されません

 

クリニックの特徴

一生涯のアフターケア体制!

麻生美容外科クリニックは、施術をした患者さんを一生涯対応する方針を掲げています。ピアスの穴あけ後の検診は有料になりますが、トラブルが発生した際に相談できる体制は嬉しいポイントです。

 

医師によって使う道具が違う

麻生美容外科クリニックは、細い針であける方法(ニードル)とピアッサーで開ける方法の2パターンがあります。医師によって変わるそうなので、希望があればカウンセリング予約時に確認しましょう。

ファーストピアス情報

麻生美容外科クリニックが取り扱っているファーストピアスは、16ゲージでシルバーとゴールドの2色を展開しています。透明ピアスはありません。

 

金属アレルギー対応のチタン素材のピアスもあるので、アレルギーが心配な方は利用しましょう。

共立美容外科 池袋院

へそピアスの穴開けにも対応している

共立美容外科は全国に26院を展開している大手美容クリニックで、ピアス穴あけの施術を行っています。池袋院は各線池袋駅東口から徒歩3分の場所にあるので、駅からアクセス良好です。施術は完全個室でプライバシーにも配慮されています。

 

共立美容外科では、耳のピアスだけでなく、へそピアスの穴あけにも対応しています。医療用ニードルで穴あけを行っているほか、患者さんのおへその状態に合わせたバランスのとれたデザインを考案してくれるのもポイントです。

 

形成外科から外科医や麻酔医などが揃っているため、万が一のトラブルでもすぐに対応できる体制が整っています。痛みに弱い人にはテープ麻酔も用意されているので、落ち着いてピアスの穴開けをしてもらえます。

 

カテゴリー 施術名 価格(税込)
耳・へそのピアス穴あけ整形 耳たぶ(片耳) 6,930円*¹
耳たぶ(両耳) 10,010円*¹
へそピアス 33,000円*²

※自由診療のため保険が適用されません

別途ファーストピアス代

ピアスはご持参頂きます

基本情報
診療時間 10:00~19:00
休診日 年中無休

池袋院へのアクセス

東京都豊島区東池袋1-11-4 大和ビル4F

JR池袋駅東口より徒歩3分

城本クリニック 池袋院

ピアス全般について相談しやすい

城本クリニックは全国に25院を展開している美容クリニックで、ピアスの穴あけのほか、医療脱毛や脂肪吸引などさまざまな美容外科の診療に対応しています。池袋院は各線池袋駅東口から徒歩3分の通いやすい場所にあります。

 

医療用に減菌されたファーストピアスを使っているので、感染症のリスクを軽減するのに役立っています。また、金属アレルギーを起こしにくい素材(チタンまたは医療用ステンレス)をファーストピアスとして使用しています。

 

ボディーピアス(へそピアス)の穴あけや、へそ形成も行っていて、でべそ、へその大きさや形の修正も可能です。また、ピアスで切れた耳たぶの修正なども行っているので、ピアス全般について相談しやすいクリニックです。

料金

耳ピアス*1個:2,200円(税込)

耳軟骨ピアス1個:11,000円(税込)

へそピアス1個:11,000円(税込)

診療時間 10:00~19:00
休診日 年中無休

※自由診療のため保険が適用されません

*耳ピアスはピアッサー持参

城本クリニック 池袋院へのアクセス

東京都豊島区南池袋2-27-5 共和ビル5F

各線池袋駅東口より徒歩3分

池袋フェミークリニック

ピアスを始めやすい料金設定

池袋フェミークリニックは、池袋以外に関東に2院、関西に2院を展開しているフェミークリニックグループの1院です。池袋フェミークリニックは、各線池袋駅東口から徒歩3分の場所にあり、完全個室でプライバシーに配慮されています。

 

ピアス穴あけについては、始めやすい料金設定になっていて、医師の診察やファーストピアス、アフターケア用の軟膏まで、すべて込みの料金プランです。ピアスの穴あけと医療脱毛をセットにしたプランも用意しています。

 

ピアスホールが安定するまでには炎症や化膿が起こってしまって穴がふさがってしまう可能性があります。「シリコンチューブ」と呼ばれるやわらかいチューブを通して対応するため、ピアスホールを維持しつつ、肌トラブルに対処できます。

 

料金

耳たぶ1か所:5,500円(税込)

耳たぶ2か所:9,900円(税込)

耳軟骨(ヘリックス)1か所:13,200円(税込)

2か所:24,200円(税込)

へそ:30,800円(税込)

診療時間 11:00~20:00
休診日 年末年始を除き無休

※自由診療のため保険が適用されません

池袋フェミークリニックへのアクセス

東京都豊島区南池袋2-27-8 第10野萩ビル 6F

池袋駅東口 徒歩3分

HAKUビューティークリニック

いろいろな種類のファーストピアスを選べる

HAKUビューティークリニックは池袋にある美容クリニックで、ピアス穴あけをはじめ、医療脱毛やフォトフェイシャルなど、きれいになりたい男女の願いにこたえています。池袋駅東口から徒歩3分の場所にあり、アクセスしやすいクリニックです。

 

ピアスの穴あけについては耳たぶのみの施術となっていますが、ダイヤモンドゴールド・ピンクジルコン・アレキサンドライトなど豊富なピアスの種類を用意していています。

 

また、衛生管理のもとピアスの穴あけが行われていて、アレルギーが起こりにくいチタンのピアスを使用しているのも特徴です。平日は夜20時まで診療を行っているので、仕事帰りにも通いやすいです。

 

料金

片耳(耳たぶ):4,700円(税込)

両耳(耳たぶ):6,500円(税込)

診療時間 平日

10:30~14:00

15:30~20:00
土・日・祝日

10:00~14:00

15:00~19:00

休診日 月曜・年末年始

※自由診療のため保険が適用されません

HAKUビューティークリニックへのアクセス

東京都豊島区東池袋1-11-1オーク東池袋ビル6階

各線池袋駅東口から徒歩3分

B-LINE CLINIC

いろいろな箇所のピアス穴あけに対応

B-LINE CLINICは池袋にある美容クリニックで、ピアスの穴あけを行っています。名前の由来は「B line=美ライン」で、美しくバランスの良いラインに導くお手伝いをしたいとの願いから来ています。待合室も個室で落ち着いて過ごしやすいです。

 

ピアスの穴あけの対象部位は、耳たぶ(2か所まで)、トラガス、耳軟骨、へそといろいろな部位に対応していて、その他の部位についても相談できます。耳たぶ以外にピアスの穴開けをしたい人にもおすすめです。

 

ピアスは医療用ステンレス製ロングタイプ、金属アレルギー対応純チタン処置ロングタイプなど必要に合わせて選べます。施術後は専用の消毒薬が処方されるので、1日最低1回ピアスホールのお手入れができます。

 

料金

耳たぶ(2か所まで):6,600円(税込)
耳軟骨:11,000円(税込)
トラガス ・眉・鼻・口:13,200円(税込)

へそ・舌:16,500円(税込)

診療時間 10:00~19:00
休診日 不定休

※自由診療のため保険が適用されません

B-LINE CLINICへのアクセス

東京都豊島区南池袋2-23-2 池袋パークサイドビル3階

池袋駅東口 徒歩5分

みずほクリニック

局所麻酔によってピアス穴あけの痛みを軽減

みずほクリニックはJR池袋駅西口C6出口直結(徒歩1分)にある美容クリニックで、ピアス穴あけの施術を行っています。形成外科歴20年超の院長先生が、カウンセリングからアフターフォローまで一貫して対応しています。

 

みずほクリニックでは、耳たぶ以外にも耳軟骨やボディピアスの穴あけも受け付けています。ボディピアスではへそだけでなく、鼻や舌などにも対応しています。局所麻酔注射を用いて施術しているので、痛みが少ないのが特徴です。

 

料金

耳たぶ(ピアス代込み・片側):4,400円(税込)

耳たぶ両側:5,500円(税込)

耳軟骨:片側8,800円(税込)

ボディピアス:22,000円(税込)

診療時間 10:00~19:00
休診日 日曜日

※自由診療のため保険が適用されません

みずほクリニックへのアクセス

東京都豊島区池袋2-2-1ウイックスビル4階

JR池袋駅西口C6出口徒歩1分

池袋セントラルクリニック

平日ピアスキャンペーンを実施中

池袋セントラルクリニックは美容外科・内科・皮膚科・禁煙外来など幅広い診療科目に対応しているクリニックで、ピアスの穴あけも行っています。平日は夜8時まで診療を行っているので、仕事帰りにも通いやすくなっています。

 

ピアスの穴あけについては耳や耳軟骨だけでなく、へそピアスやトラガスやインダストリアル、ブリッジ、ノストリルなど幅広く対応しています。また、女性器のピアスなどの施術も行っているクリニックです。

 

料金

鼻:4,950円(税込)

耳介:1,100円(税込)

耳軟骨:2,200円(税込)

ボディピアス(へそ):5,500円(税込)

診療時間 月・火・木・金

11:00~14:00

15:00~20:00

土・日・祝日

12:00~18:00

休診日 水曜日

※自由診療のため保険が適用されません

池袋セントラルクリニックへのアクセス

東京都豊島区南池袋2-26-7 城北ビル6F

池袋駅東口から徒歩3分

池袋皮膚科

平日夜9時まで診療を行っている

池袋皮膚科は、池袋で一般皮膚科・小児皮膚科・アレルギー科を扱っているクリニックで、ピアスの穴あけに対応しています。JR池袋駅東口から徒歩約3分の通いやすい場所にあり、平日は夜9時まで診療を行っているので仕事が遅くなっても受診できます。

 

ピアスの穴あけは耳のみですが、医療用ピアッサーによるピアス穴あけ・ファーストピアス装着を行っています。痛みが苦手な方には局所麻酔注射にも対応しているので、カウンセリングの際に相談できます。

 

ピアス埋まりやケロイドなど、万一のピアストラブルにも、すぐに皮膚科診療が受けられます。医療用シリコンを用いてピアスホールを塞がずに治療を行っているので、ピアスホールを塞がずに治療したい方におすすめです。

 

料金 1か所(処置料・ファーストピアス代込み):5,500円(税込)
診療時間 平日前半 12:00-15:00
平日後半 17:00-21:00
土曜日前半 12:00-15:00
休診日 日曜日・祝日

※自由診療のため保険が適用されません

池袋皮膚科へのアクセス

東京都豊島区南池袋2丁目-29-10 金井ビル2階

池袋駅東口より徒歩約3分

ピアス穴あけの病院の選び方|詳細版

編集部の画像

編集部

ピアスの穴あけの病院の選び方をさらに詳しく解説します!

ポイント① あけたい部位に対応

まず最初に、あけたい部位に病院が対応しているかを確認しましょう。

 

耳たぶ・へそ・鼻・耳軟骨は、多くの病院で対応しています。舌・首・性器などマニアックな箇所に対応している病院は少なめです。

部位ごとに皮膚科・形成外科・美容外科どこが最適?

 

ピアスの穴あけ施術に関しては、「〇〇科の方がいい」という正確な情報はありません。

 

ただ、鼻・首・性器などの特殊な部位への穴あけは形成外科・美容整形外科の方が対応している傾向です。お探しの方はこの2つを重点的にチェックしましょう。

ポイント② 料金が予算範囲内

ピアス穴あけで人気部位の相場は上記の画像の通りです。

価格は穴が塞がないように装着するファーストピアスが含まれているか、麻酔・薬の処方等があるかで、クリニックごとに差があります。

 

複数の病院でメニューを見比べて、ご自身が納得してお金を出せる病院を選びましょう。

ポイント③ 受けたいサービスがある

ピアス病院が展開しているサービスは、基本麻酔なしで行われる耳たぶへの麻酔・保証制度・薬の処方などが挙げられます。

 

すべての病院で実施しているわけではないので、欲しいサービスが付いている病院を選びましょう。

ピアス病院選びでよくある質問

ここではピアス病院を選ぶ際によくある疑問を解消していきます。

編集部の画像

編集部

知っておくと病院選びがしやすい情報を多数ご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ファーストピアスは購入?持ち込み?

ファーストピアスは、あけたピアスホールが塞がらないよう約1ヶ月ほど着用するピアスです。

 

耳たぶや耳軟骨用のピアスは、病院での購入が指定されている場合がほとんどです。一部持ち込み可能なところもありますが、多くが素材やサイズを指定しています。

 

顔・体につけるピアスは持参をお願いしている病院が多いです。一部ファーストピアスを取り扱っている病院があるので、病院のものを使いたい方は確認しましょう。

医療ステンレス製かチタン製が基本

 

ピアス病院の多くが医療ステンレス製・チタン製のファーストピアスを取り扱っています。どちらも金属アレルギーが発生しにくいピアスです。

 

より金属アレルギーの発生リスクを減らしたいなら、チタン製の方がおすすめです。

 

金属アレルギーは金属が汗・リンパ液で溶け、微量の金属イオンが皮膚に触れた際に起こるとされていますが、チタン製はこの現象が起きにくいとされています。

編集部の画像

編集部

少しでもアレルギーに不安がある方は、チタン製のピアスを取り扱っている病院を選びましょう。

透明な樹脂ピアスは雑菌が繁殖しやすい

 

ファーストピアスには樹脂で作られた透明のピアスがありますが、基本的にはおすすめしません。

 

柔らかい樹脂で作られたピアスは傷つきやすく、雑菌が繁殖しやすい特徴があります。

 

先ほど紹介したステンレス・チタン製は耐久性があり清潔にしやすいので、この2つから選択しましょう。

穴あけに使う道具は?

穴あけに使う道具は、主にピアッサー・ピアスガン・ニードルの3種類です。

 

ピアッサーのみ取り扱っている病院・ピアッサー・ニードルのいずれかを選択できる病院などさまざまあります。

ピアッサーは一瞬で施術が終わる

 

ピアッサーは引き金を押すだけで、穴あけとピアスの取り付けを同時に行える道具です。穴あけの主流の道具になります。

 

耳たぶは基本的にピアッサーを使うケースが多いです。ボディピアスはニードルの病院が若干多いですが、ボディ用のピアッサーがあるのでそちらを使用する病院もあります。

ピアスガンはピアッサーとほぼ同じ

 

ピアスガンは銃のような形状の道具です。ピアッサーができる前に主流だった道具で、ピアッサーはピアスガンを簡易的にしたものになります。

 

ピアッサーと同様、穴あけとピアスの取り付けを同時に一瞬で終わらせることができます。

編集部の画像

編集部

ピアッサーとの違いは形状と使い捨てか否かくらいしかないので、特に気にしなくて問題ありません!

ニードルは肌の負担が少ない

 

ニードルは中が空洞の針状になっている道具です。ピアッサーより細胞を傷つけないで穴をあけられ、安定しやすく仕上がりが綺麗と言われています。

 

角度を細かく調整できるので、角度が難しい耳軟骨やへそ・首などのボディピアスをあける際に使用する病院が多いです。

 

なお、数は少ないですがニードルで耳たぶの穴あけを行っている病院もあります。肌への負担が気になる方はニードル施術してくれる病院を探しましょう。

穴をあけるのは医師?看護師?

カウンセリング後の施術は、医師または医師の指示を受けた看護師のどちらかになります。

 

耳たぶは看護師。ボディや舌は技術力がいるニードル施術だったり麻酔が必要だったりするので医師、というケースが多いです。

 

医師だから良い、看護師だから悪いとは一概には言えません。

編集部の画像

編集部

どうしても医師に施術してもらいたい場合は、予約時に相談してみましょう!

穴あけの実績・口コミは見るべき?

穴あけの実績は、公式サイトに症例写真があれば確認すべきでしょう。ただ、症例写真を豊富に公開してる病院がそもそも少ないので、見れなくてもそこまで問題ありません。

 

もう少し実態を把握したいなら、口コミをチェックしてください。インターネットの情報を鵜呑みにするのはNGですが、参考程度にはなります。

未成年でもピアスの穴あけはできる?

18歳未満の方、また高校生の方でも病院での穴あけは可能ですが、施術の際は保護者同伴または同意書の提出が必要になります。

 

未成年の方でピアスの穴をあけたいと思った際は、保護者へまず相談してください。また、校則等でピアス禁止の学校も多いので、あける前に必ず確認しましょう。

ピアススタジオで施術してもいい?

穴あけをしたいAさんの画像

穴あけをしたいAさん

ピアススタジオは穴あけのプロがやってるって聞いた。
病院よりピアススタジオの方がいいのでは?

結論、ピアススタジオの多くは違法ですので、基本的には避けてください。

日本においてピアスの穴あけは「医療行為」に該当し、医師または医師から指示を受けた看護師のみ施術可能です。

 

しかし、ピアススタジオは医師でも看護師でもない方が施術している場合がほとんどです。

 

インターネットを見ると「穴あけのプロだから上手い」などの文言を目にしますが、衛生管理の観点から、病院とは雲泥の差があります。

 

また、医療機関ではないためトラブルが発生しても対応できないところがほとんどです。

編集部の画像

編集部

編集部はクリニックなどの医療機関での穴あけを強く推奨します!

お金をかけてもピアスの穴あけは病院ですべき理由!

穴あけをしたいAさんの画像

穴あけをしたいAさん

うーん、結構お金かかるな。やっぱりセルフであけようかな…

と、色んな情報を見てきた末に、セルフの方が楽なのではと思い始めてる方もいると思います。

 

そこでこの見出しでは、「お金をかけても病院で穴あけをすべき理由」を3つご紹介します。

理由① 位置や角度がずれにくい

ご自身でピアスの穴あけをすると、「手元がブレて理想の位置にあけられなかった」「斜めにあいた」「左右の耳でズレている」などのリスクがあります。

 

ですが、病院では医師・看護師と相談しながら位置を決めて丁寧に施術してくれるので、失敗する可能性を低くできます。

編集部の画像

編集部

友人に頼めばと思う方もいるかもしれませんが、失敗された場合関係性にヒビが入るので、やめましょう。

理由② 感染のリスクやトラブルが少ない

病院で穴あけをする最大のメリットは、感染症や腫れのトラブルが少ない点です。

 

病院のほとんどは衛生管理が整った環境で、滅菌等を施した道具・ファーストピアスを使用してくれます。

 

ご自身で開けると、細菌が入り込んだことによる腫れやかぶれ、最悪の場合耳たぶが切れてしまう可能性があります。

理由③ トラブルを相談しやすい

病院で穴を開けてもらっても、トラブルが全く起きないわけではありません。しかし、病院で施術していれば、トラブルが起きたときに医師に相談しやすいです。

 

なかには保障制度をつけている病院や術後受診に積極的な病院もありますので、ぜひチェックしてください。

編集部の画像

編集部

こちらを踏まえて再度病院を選び直したくなった方は、以下から病院一覧に飛びましょう。

ピアス穴あけ後に気を付けること4つ

ここでは、穴あけ後ピアスホールが安定するまでの間気をつけることをご紹介します。

①シャワーで毎日洗う

穴あけ後は毎日入浴の際にピアッシングした箇所にシャワーをあて、丁寧に洗い流しましょう。ささっと当てるのではなく、長めに当ててください。

消毒は医師の指示通りに行う

「こまめに消毒が必要」と思われる方もいると思いますが、過度な消毒はピアスホールの安定を遅らせたり、かぶれの原因になります。

 

頻度については、「基本的にはシャワーの洗浄のみで消毒不要」「1日1回以内の消毒」など、病院ごとに若干の違いがあるため一概には言えません。

編集部の画像

編集部

施術した医師の指示に沿うようにしてください!

②期日までファーストピアスを外さない

ファーストピアスは医師が指定した期日まで外さないようにしてください。

 

あけた穴が安定する前にファーストピアスを外すと、穴が塞がったり炎症などの異常が発生する場合があります。

③ピアスホールが安定するまで海・温泉・サウナはNG

ピアスホールが安定し、医師から問題ないと言われるまでは、海・温泉・サウナに入るのは避けてください。

 

安定していないピアスの穴は、炎症や出血が起きやすい状態です。海水や温泉のお湯から細菌が侵入し、トラブルを引き起こす可能性があります。

 

また、ピアスの金属部分は熱くなりやすい性質です。ピアスをつけた状態でサウナに入ると火傷を起こし、穴の安定を遅らせる原因になります。

④セカンドピアスへの移行は慎重に

穴をあけたBさんの画像

穴をあけたBさん

ファーストピアスつけて1ヶ月以上経ったし、外して好きなピアスつけたいな!

となると思いますが、自己判断で好きなピアス(セカンドピアス)に取り替えるのは危険です。

 

セカンドピアスに移行する際は、「かゆみ・痛みがないか」「汁が出てこないか」などを医師が確認してからの方が、トラブルが起こりにくいです。

 

ピアスホールが不安定な時期に移行すると、金属アレルギーを引き起こす原因になります。治療が発生して余分な費用が出るので、慎重に行動しましょう。

編集部の画像

編集部

ちなみに、セカンドピアスに移行時に金属アレルギーを発症する方もいます。
アレルギーを起こしにくいチタン製のセカンドピアスがおすすめです!

金属アレルギーを発症したらすぐ病院

ピアスの穴あけに金属アレルギーの危険性はつきものです。症状が出たときには早めに病院へ相談をしてください

 

ピアス穴の周辺が赤くただれている場合金属アレルギーの可能性があります

 

放置しておくと最悪の場合穴が塞がってしまいますので、迅速な対処が必要です。治し方としては、穴にシリコンチューブを入れて、軟膏をしばらく塗って治すのが一般的になります。

 

早く対処すればあけ直しや治療の費用を抑えられるので、「洗っとけば治る」と自己判断しないようにしてください。

病院でピアスを開けておしゃれの幅を広げよう

この記事では、池袋でおすすめのピアス病院や、後悔しない病院選びの方法、施術の流れなどをご紹介してきました。どこの病院がいいか分からない方は、まず無料のカウンセリングを受けてみてください。ぜひピアス病院で穴あけの施術をして、おしゃれの幅を広げましょう。

池袋以外のピアス病院はこちら!

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年04月22日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

メンズピアス人気おすすめランキング30選【ハイブランドからプチプラまで!20代の方にも】

メンズピアス人気おすすめランキング30選【ハイブランドからプチプラまで!20代の方にも】

アクセサリー・ジュエリー
ピアスを開けられる病院9選【手頃なところも】

ピアスを開けられる病院9選【手頃なところも】

美容整形
フープピアスの人気おすすめランキング20選【つけっぱなしに小さめタイプも】

フープピアスの人気おすすめランキング20選【つけっぱなしに小さめタイプも】

アクセサリー・ジュエリー
ピアスの人気おすすめランキング20選【ハイブランドのものも!】

ピアスの人気おすすめランキング20選【ハイブランドのものも!】

アクセサリー・ジュエリー
ボディピアスの人気おすすめランキング20選【痛くない場所・ばれないものもご紹介】

ボディピアスの人気おすすめランキング20選【痛くない場所・ばれないものもご紹介】

アクセサリー・ジュエリー
【2024年】安い京都のピアス穴あけ9院|駅に近い!ファーストピアスは?

【2024年】安い京都のピアス穴あけ9院|駅に近い!ファーストピアスは?

美容整形