尿酸サプリの人気おすすめランキング12選【アンセリンかルテオリンはどっちが良い?】

尿酸値対策に役立つ「尿酸サプリメント」。コスパが良く安いものや、さまざまなサポート成分が入ったものなど多彩な種類があります。今回は、尿酸サプリの人気おすすめランキングや口コミ・選び方、サプリ以外に尿酸値のケアをする方法・副作用などについて解説します。

尿酸値が高い方は必見!ケアに役立つ尿酸サプリ

「健康診断で尿酸値が高いと言われた」「プリン体が体に悪いとは知っているけれど、おいしいものが多いので食事を変えられない」と感じている方は多いのではないでしょうか。実は尿酸値が高めで要注意の日本人は約1,700万人もいると言われています。

 

多くの人はプリン体は食事制限で減らすと考えていますが、食品から摂取されるプリン体は2~3割、体内で産生されるプリン体は7~8割を占めるので、食事制限だけでは尿酸値対策として十分ではありません。そこで尿酸値対策の強い味方になるのが「尿酸サプリ」です。

 

とはいえ、尿酸サプリも非常に種類が多いので、どれを選んだらよいか迷いますよね。今回は尿酸サプリの選び方や口コミ・人気の商品をランキング形式でご紹介します。尿酸値が高い方が注意すべき点や副作用も解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【編集部おすすめ】 尿酸サプリの人気おすすめ

独自開発成分アンプロペシンを配合

「尿酸サポート」には有効成分として独自開発の「アンペロプシン」が配合されています。体内で尿酸が作られるのを抑えるとともに、排泄を促す働きがあり、尿酸値のケアに役立ちます。

 

また、アルコールや魚料理などおいしい食事にはプリン体が多く含まれています。でも、「尿酸サポート」にはプリン体の吸収を抑える成分「キトサン」も配合されているので、食事の際もいろいろな食品を食べやすくなっています。

メーカー ファンケル 尿酸値ケア成分 アンプロペシン
容量 80粒(20日分) 形状 ハードカプセル

尿酸値が高くなる原因や危険性は?

尿酸値が高い方に人気の尿酸サプリですが、そもそもどうして尿酸値が高くなるのでしょうか。また、尿酸値が高くなるとどのような危険があるのでしょうか。

そもそも尿酸とは?

尿酸とは肝臓で生成される代謝物の一つで、プリン体が原料です。つまりプリン体が体内で分解されてできた燃えカスのようなものです。プリン体は悪いイメージがあるかもしれませんが、生命を維持するためのエネルギー源でいつも体内で生成されています。

 

プリン体のうち、70~80%は体内で作られていて、残りの20%前後は食事から摂取されています。プリン体は主に肝臓で分解されて尿酸になり、いったん体内でため込まれてから尿や便として排泄されるようになっています。

尿酸値が高くなる原因

尿酸値が高くなる原因としては、体内で尿酸が作られすぎてしまった、あるいは不要な尿酸がうまく体外に排泄されないといった場合が考えられます。これには遺伝的な要素もありますが、生活習慣にも原因があります。

 

具体的には肉類や魚介類などの高プリン食やビールなどのアルコール摂取、果糖の過剰摂取などが原因と考えられています。尿酸値が高くなると、高尿酸血症になる恐れがあり、さまざまな疾患を引き起こすリスクが高くなります。

尿酸値が高くなると痛風などに注意

尿酸値が高くなって7.0 mg/dlを超えると「高尿酸血症」と呼ばれる状態になります。この高尿酸血症が続くと、尿酸が結晶として身体のあちこちに沈着するようになり、関節の場合だと「痛風」、腎臓だと「痛風腎」、尿の中だと「尿管結石」になります。

 

また、高尿酸血症は高血圧や脂質異常症、糖尿病といった生活習慣病や慢性腎臓病も合併しやすいと言われています。身体の代謝バランスが悪くなっているので、動脈硬化を進行させたり、心筋梗塞や脳卒中などを起こすリスクを高めます。

アンセリンとルテオリンはどっちがいい?

尿酸値対策として役立つのが、機能性表示食品の尿酸サプリです。その中に含まれるアンセリンとルテオリンはどっちがいいか迷われている方は、以下を参考にしてください。

植物由来の成分「ルテオリン」

ルテオリンはさまざまな植物に含まれている成分で、約300種類の植物に含まれていると言われています。4週間の試験期間で、健康な方の高めの尿酸値(5.5~7.0mg/dL)が、平均0.4mg/dL低下したとの試験結果があります。

動物由来の成分「アンセリン」

アンセリンは動物の筋肉の中に含まれている成分で、海洋生物ではマグロ、カツオなど、陸上動物では鳥類に多く含まれています。12週間で健康な方の高めの尿酸値(5.5~7.0mg/dL)が平均0.35mg/dLになったとの試験結果が出ています。

 

ルテオリンが含まれている尿酸サプリか、アンセリンが含まれているものかどちらかで悩む場合は、より短期間で尿酸値のケアに役立っているルテオリンを選ぶのがおすすめです。

尿酸サプリを選ぶ3つのポイントをご紹介!

尿酸値対策としておすすめの尿酸サプリですが、非常にたくさんの種類のサプリが販売されているのでどれを選べばよいか悩む方も多いのではないでしょうか。ここでは、自分に合った尿酸サプリを選ぶためのポイントを3つご紹介します。

ポイント①:「機能性表示食品」を選ぶ

尿酸サプリを選ぶポイントの一つ目として、機能性表示食品かどうかを確認します。機能性表示食品とは、事業者が食品の安全性や機能性に関する科学的根拠などの情報を販売前に消費者庁長官に届ければ、機能性を表示できる食品です。

 

機能性表示食品の表示がある尿酸サプリなら、科学的な根拠を持つ成分(機能性関与成分)を配合しているサプリになります。尿酸サプリを選ぶ場合は、機能性表示食品のサプリを選べば、尿酸値対策を行えるのでおすすめです。

ポイント②:尿酸以外の「サポート成分」に注目する

尿酸サプリを選ぶ際の別のポイントとしては、尿酸以外のサポート成分に注目しましょう。尿酸値が高い場合、ほかの数値も高くなる傾向があります。そのため、尿酸以外のサポート成分が入っているものを選べば、ほかの数値にも良い影響があります。

 

たとえば、尿酸サプリの中には脂肪にアプローチする成分が含まれているものもあります。尿酸値が高い場合は、内臓脂肪などが付いたメタボになっている可能性も高いと言えます。脂肪にアプローチする成分が含まれたサプリなら、運動などとともに脂肪を落とすのにも役立ちます。

ポイント③:継続しやすい価格か「口コミ」を確認する

これは、尿酸サプリに限った話ではありませんが、その尿酸サプリが継続しやすい価格かどうかも大切なポイントです。尿酸サプリを飲んだからといって、すぐに変化が現れるわけではありません。多くの場合、3か月を目安に変化が現れやすいと言われています。

 

そのため、最低でも3か月は試せるぐらいの価格で口コミなどを検討しましょう。公式サイトなどで購入すると、最低何か月か継続しないといけない場合もあります。ただ、サプリが体質に合わない可能性もありますので、できれば回数の縛りがないものを選びましょう。

尿酸サプリの人気おすすめランキング12選

尿酸サプリの人気おすすめランキング12選を紹介します。尿酸値ケア成分・容量などをもとにランキングにしました。

貴重な成分の三七人参も配合

「尿酸レスキュー」は機能性関与成分にアンセリンを含んだサプリです。アンセリンによって尿酸の産生を抑え、尿酸の排泄を促します。尿酸値が高めの人におすすめの商品です。

 

「尿酸レスキュー」には古来から重宝されている貴重素材である「三七人参」も配合されています。サポニンやフラボノイド、デンシチンといった重要成分が含まれ、健康維持にも役立ちます。

メーカー アール・ラウンド 尿酸値ケア成分 アンセリン
容量 100粒 形状 -

痛風に注意!錠剤にコーティングして吸湿を防ぐ

「尿酸ガード」は製薬会社のエーザイが開発した機能性表示食品です。製薬会社独自のノウハウを生かしていますが、具体的には錠剤にコーティングを施し、吸湿しにくい製法で製造して品質を保っています。

 

錠剤タイプなので無味無臭ですし、パウチタイプなので持ち運びやすくなっているのも特徴です。朝起きた時や、出勤時に携帯して仕事の合間に飲むなど、1日3粒を目安に飲んで、手軽に尿酸値対策ができます。

メーカー エーザイ 尿酸値ケア成分 アンセリン
容量 90粒 形状 タブレット

豊富なビタミンやミネラルも配合されたサプリ

シードコムス アンセリンは、沖縄のサプリ専門店のシードコムスが販売している尿酸値ケアのサプリメントです。プリン体が気になる方や、尿酸値の数値が気になる方、身体の節々にピリピリとした違和感がある方におすすめです。

 

シードコムス アンセリンには、アンセリンだけでなく、11種類のビタミンや7種類のミネラルなどたくさんの成分も配合されています。毎日の健康維持に役立つサプリを探している方にもおすすめです。

メーカー 株式会社エフ琉球 尿酸値ケア成分 アンセリン
容量 90粒 形状 カプセル

尿酸値が正常域で高めの方におすすめ

ディアナチュラはアサヒグループ食品が販売しているサプリメントです。「健康補助⾷品GMP」を取得した国内⼯場で製造されていて、自社の厳しい規格や基準を満たす原材料を使用しているのが特徴です。

 

ディアナチュラゴールド アンセリンには、機能性関与成分としてアンセリンが含まれています。血清尿酸値が正常域で高め(尿酸値5.5~7.0㎎/dL)の方におすすめの商品です。

メーカー アサヒグループ食品 尿酸値ケア成分 アンセリン
容量 60粒 形状 タブレット

国内産のアンセリンを使用

「尿酸値対策」は3粒当たり50mgのアンセリンを配合した機能性表示食品です。アンセリンはマグロやカツオなどの筋肉に多く含まれているペプチドで、尿酸値対策に役立つ商品です。

 

「尿酸値対策」で使用されているアンセリンは国内産のもので、国内のGMP認定工場で徹底した品質管理の下、製造されています。また、27品目のアレルギー物質を含まないアレルゲンフリー製品でもあります。

メーカー 日本薬師堂 尿酸値ケア成分 アンセリン
容量 90粒 形状 タブレット

医薬品開発のノウハウを活かした健康食品

「尿酸値が高めの方のタブレット」は、有効成分として「アンセリン」を配合した機能性表示食品です。アンセリンは魚などに豊富に含まれるアミノ酸の一種で、尿酸値対策に役立ちます。

 

「尿酸値が高めの方のタブレット」は創業100年を超える大正製薬が開発した商品です。医薬品開発で培ってきた経験を活かして作られた健康食品ですし、細やかなサポート体制も設けられているので、尿酸対策として試しやすいサプリです。

メーカー 大正製薬 尿酸値ケア成分 アンセリン
容量 90粒 形状 タブレット

個包装シートで湿度や外気による劣化を防ぐ

尿酸キクA錠は菊の花由来のポリフェノール「ルテオリン」を機能性関与成分として配合した機能性表示食品です。1日1粒飲むだけで、近年は若い人でも高くなってきている尿酸値のケアを行えます。

 

PTP個包シートを採用していて、シートから取り出す瞬間まで空気に触れないので、湿度や外気による劣化を防ぐほか、清潔な状態をキープできます。また、外出する際の持ち運びにも便利です。

メーカー はつらつ堂 尿酸値ケア成分 ルテオリン
容量 30粒 形状 タブレット

尿酸値と脂肪の両方をケア

菊の花由来の成分「ルテオリン」と「カテキン」を配合して、尿酸値のケアを行うとともに、肥満気味の方の脂肪への働きが確認された機能性表示食品です。また、サポート成分として田七ニンジンやアンセリン、黒コショウなども配合されています。

 

肥満気味の方は尿酸値も高めの傾向があるので、尿酸値対策と脂肪対策の両方をケアできる「菊の花&カテキンの恵み」はおすすめです。和漢の森が制作した尿酸値、脂肪についての説明小冊子も付属しています。

メーカー 和漢の森 尿酸値ケア成分 ルテオリン
容量 60粒入り 形状 タブレット

1日1粒飲むだけで手軽に尿酸値対策

「ルテオリン 尿酸ダウン」は尿酸ケア成分のルテオリンを一日摂取目安量あたり10mg配合した機能性表示食品です。尿酸値が気になりながらも、普段の食事でプリン体を避けられない人におすすめです。

 

ルテオリンは、菊の花由来の黄色い色素成分で、プリン体から尿酸が作られる2つの段階を阻害します。1日1粒飲めばよいので、手軽に尿酸値対策を続けやすくなっています。

メーカー DHC 尿酸値ケア成分 ルテオリン
容量 30粒 形状 カプセル

尿酸と脂肪の両方にアプローチ

「尿酸と脂肪のダブルバスター」は機能関与成分のアンセリンによって、尿酸へのアプローチと、排泄促進のダブルの働きをしてくれます。これによって体内で作られるために食事制限だけでは難しい尿酸値対策に役立つサプリです。

 

また、尿酸値が高い人は、高い確率でメタボにもなっています。「尿酸と脂肪のダブルバスター」はブラックジンジャー由来のポリメトキシフラボンも配合されていて、普段の運動とともに脂肪の分解も促す働きがあります。

メーカー 株式会社ロカボワークス 尿酸値ケア成分 アンセリン
容量 90粒 形状 タブレット

白井田七人参でルテオリンのパワーをサポート

尿酸ケア習慣は、尿酸ケア成分としてルテオリンが配合された機能性表示食品です。ルテオリンは臨床試験で4週間継続摂取した結果、血中尿酸値が減少したのを確認されている成分なので、食事の際のプリン体が気になる方におすすめです。

 

尿酸ケア習慣には、ルテオリンのパワーをサポートする成分として、「白井田七人参」も配合されています。高麗人参の約7倍のサポニンが含まれていて、健康状態が気になる人をサポートしてくれます。

メーカー 和漢の森 尿酸値ケア成分 ルテオリン
容量 30粒 形状 カプセル

副作用が起こりにくい!独自開発成分アンプロペシンを配合

「尿酸サポート」には有効成分として独自開発の「アンペロプシン」が配合されています。体内で尿酸が作られるのを抑えるとともに、排泄を促す働きがあり、尿酸値のケアに役立ちます。

 

また、アルコールや魚料理などおいしい食事にはプリン体が多く含まれています。でも、「尿酸サポート」にはプリン体の吸収を抑える成分「キトサン」も配合されているので、食事の際もいろいろな食品を食べやすくなっています。

メーカー ファンケル 尿酸値ケア成分 アンプロペシン
容量 80粒(20日分) 形状 ハードカプセル

尿酸サプリのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 メーカー 尿酸値ケア成分 容量 形状
アイテムID:11851651の画像

楽天

Amazon

ヤフー

独自開発成分アンプロペシンを配合

ファンケル

アンプロペシン

80粒(20日分)

ハードカプセル

アイテムID:11851696の画像

楽天

Amazon

ヤフー

白井田七人参でルテオリンのパワーをサポート

和漢の森

ルテオリン

30粒

カプセル

アイテムID:11851695の画像

楽天

Amazon

ヤフー

尿酸と脂肪の両方にアプローチ

株式会社ロカボワークス

アンセリン

90粒

タブレット

アイテムID:11851694の画像

楽天

Amazon

ヤフー

1日1粒飲むだけで手軽に尿酸値対策

DHC

ルテオリン

30粒

カプセル

アイテムID:11851693の画像

楽天

Amazon

ヤフー

尿酸値と脂肪の両方をケア

和漢の森

ルテオリン

60粒入り

タブレット

アイテムID:11851692の画像

楽天

Amazon

ヤフー

個包装シートで湿度や外気による劣化を防ぐ

はつらつ堂

ルテオリン

30粒

タブレット

アイテムID:11851691の画像

楽天

Amazon

ヤフー

医薬品開発のノウハウを活かした健康食品

大正製薬

アンセリン

90粒

タブレット

アイテムID:11851690の画像

楽天

Amazon

ヤフー

国内産のアンセリンを使用

日本薬師堂

アンセリン

90粒

タブレット

アイテムID:11851689の画像

楽天

Amazon

ヤフー

尿酸値が正常域で高めの方におすすめ

アサヒグループ食品

アンセリン

60粒

タブレット

アイテムID:11851688の画像

楽天

Amazon

ヤフー

豊富なビタミンやミネラルも配合されたサプリ

株式会社エフ琉球

アンセリン

90粒

カプセル

アイテムID:11851687の画像

楽天

Amazon

ヤフー

痛風に注意!錠剤にコーティングして吸湿を防ぐ

エーザイ

アンセリン

90粒

タブレット

アイテムID:11851686の画像

楽天

Amazon

ヤフー

貴重な成分の三七人参も配合

アール・ラウンド

アンセリン

100粒

-

過剰摂取による副作用に注意!

尿酸サプリを過剰摂取すると、だるさや吐き気などの副作用が現れる可能性があります。このような事態を避けるために、商品パッケージなどに記載された尿酸サプリを飲む規定の量や回数などをしっかり守りましょう。

尿酸値をケアするため他にも注意すべき点は?

尿酸値をケアするには、尿酸サプリを利用するのがおすすめですが、ほかにも注意すべき点があります。ここでは、尿酸値ケアに役立つ方法をご紹介します。

食事の量や摂取するプリン体を減らす

肥満を解消すると、エネルギー消費量が減るために尿酸値のケアにつながります。適正カロリーは「標準体重(身長×身長×22)×25~30kcal」と言われているので、この基準よりも多い場合は食事の量を減らしましょう。

 

また、プリン体が多く含まれているものをたくさん食べると尿酸値は上がります。プリン体を取り入れる量を減らすのも重要です。具体的には、次のような食物にプリン体が多く含まれています。

 

食品名 プリン体の量
鶏レバー(80g) 249.8mg
マイワシの干物(2尾) 244.5mg
豚レバー(80g) 227.8mg
大正エビ(2尾) 136.6mg
カツオ(刺身5切れ) 169.1mg
ビール(500ml) 50mg

 

プリン体は1日400mg以内を目安に取るようにしましょう。プリン体は水に溶ける性質もあるので、プリン体を多く含む食材を使ったスープなども注意が必要です。

アルカリ性の食品を多く摂取する

尿酸値が高いと尿が酸性になって尿酸が溶けにくくなり、尿管結石の原因になります。そのため、できるだけアルカリ性食品を取るようにすれば結石ができにくくなります。アルカリ性の食品には以下のようなものがあります。

 

藻類 ひじき・わかめ・こんぶ・モズクなど
キノコ類 干ししいたけ
豆類 大豆・枝豆
野菜類 ほうれんそう・トマト・ゴボウ・にんじん・キャベツ・大根
イモ類 サツマイモ・里いも・じゃがいも

水分を十分に取る

尿酸は尿から排泄されるので、水分を多く取れば尿酸が体外に出やすくなります。健康上の理由で水分制限されているのでなければ、1日2リットルを目安に水分を取るようにしましょう。逆に果糖をたくさん含んでいるソフトドリンクはできるだけ飲まないようにしましょう。

適度な有酸素運動をする

運動も尿酸値ケアの方法の一つですが、激しい運動をするとエネルギーの燃えカスである尿酸を増やしてしまいます。ウォーキングやジョギング、サイクリングのような軽い有酸素運動を1日当たり30~60分ほど継続して行うようにしましょう。

まとめ

今回は尿酸値対策に役立つ機能性表示食品のサプリをご紹介してきました。尿酸値のケアをするには、食事や運動など普段の生活に気を付けるとともに、サプリを利用するのが効果的です。バランスの良い食事や運動と合わせて、尿酸サプリを活用してみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年01月19日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

女性におすすめの亜鉛サプリ9選

女性におすすめの亜鉛サプリ9選

健康食品・サプリメント
DHAサプリの人気おすすめランキング12選【痩せた?効果も解説】

DHAサプリの人気おすすめランキング12選【痩せた?効果も解説】

健康食品・サプリメント
ヒアルロン酸サプリの人気おすすめランキング15選

ヒアルロン酸サプリの人気おすすめランキング15選

健康食品・サプリメント
美白サプリの人気おすすめランキング10選【市販のものも!】

美白サプリの人気おすすめランキング10選【市販のものも!】

ビューティー・ヘルスケア
ビタミンAサプリの人気おすすめランキング12選【効果はある?】

ビタミンAサプリの人気おすすめランキング12選【効果はある?】

健康食品・サプリメント
更年期サプリの人気おすすめランキング10選【2023年最新】

更年期サプリの人気おすすめランキング10選【2023年最新】

健康食品・サプリメント