【2024年最新版】東京の不動産投資の人気おすすめ10選

【2024年最新版】東京の不動産投資の人気おすすめ10選
不動産投資を行うのであれば賃料の高い東京に物件を持ちたいと考える方も多いでしょう。しかし、不動産投資を成功させるにはプロのサポートも欠かせません。今回は不動産投資会社を選ぶポイントと、東京でおすすめの不動産投資会社の人気ランキングを紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

初心者には難しい?東京での不動産投資にチャレンジしよう

将来の経済的不安を解消するため投資を考えている方も多いのではないでしょうか?最近では投資による資産形成で早期退職を目指すFIREも注目を集めています。投資には株式投資やFXなど様々な種類がありますが、特に高い収益が期待できる手法が不動産投資です。

 

不動産投資は、自身でマンションやアパートなどの物件を所有し、その家賃収入によって資産を形成する投資手法です。特に日本の首都である東京は、人口が多く家賃相場も高額であるため高い収益性が期待できます。

 

一方、不動産投資は多額の負債を抱えるリスクも否定できません。初心者が収益を上げるためには物件の仲介をする不動産投資会社によるサポートが必要です。今回は人気エリア東京でおすすめの不動産投資会社をランキング形式で紹介します。

東京の不動産投資会社の選び方

始めに不動産投資会社の選び方を解説します。不動産投資会社とは、購入する物件の仲介や各種手続きのサポートサービスを提供する会社です。投資初心者にとっては心強いパートナーでもあるため、利用する不動産投資会社は慎重に選びましょう。

実績・信頼性で選ぶ

不動産投資会社選びで最も重視すべき点はその会社の信頼性や過去の実績です。契約した不動産会社が万が一にも倒産してしまった場合、自身が所有する物件の維持が艱難となる可能性もあります。事業規模や過去の投資実績等も考慮した不動産会社選びが大切です。

信頼できる場所なら「経営基盤が強い会社」がおすすめ

不動産投資会社を選ぶ際は、企業ホームページ等で設立年度や従業員数を確認しましょう。景気の影響を受けやすい不動産業界での企業活動は簡単ではありません。創業から10年程度経過している会社であれば安定した経営基盤があると判断できます。

 

また、公表されている従業員数は事業規模の大きさを判断する材料のひとつです。一般的には従業員数が多いほど事業規模も大きくなります。事業規模の大きい会社は事業資産も豊富です。景気の急な変動により倒産してしまうリスクは低いと考えられます。

 

そのほか、一般論として株式上場の有無や取引銀行の数なども経営基盤の強さを測る指標です。特に東証一部は第三者機関による厳しい監査をパスした企業のみが上場を許されるため、企業としての信頼度は非常に高いものとなります。

ノウハウが豊富な場所なら「投資実績」が多い場所がおすすめ

過去の投資実績や物件の管理実績も不動産投資会社選びの重要なポイントです。十分な実績のある会社であれば、投資や物件管理に関するノウハウも豊富に蓄積されています。適切なサポートを受けるためにも、ホームページ等で過去の実績を確認しておきましょう。

 

特に東京は不動産投資の激戦区であり、収益を上げるためには不動産管理会社による適切なサポートが欠かせません。不動産投資会社は自身の大事な資産の運用を手助けしてくれるパートナーです。様々な観点から比較し、信頼できると判断した不動産会社を選びましょう。

セミナーで選ぶ

不動産投資会社を選ぶ際はどのようなセミナーが開催されているかもポイントです。通常、不動産投資会社では利用者向けのセミナーが開催されています。内容は不動産会社によって異なりますので、自身にとって有益なセミナーを開催している会社を選びましょう。

中級者以上は不動産業界の動向が把握できる「セミナー」がおすすめ

既に不動産投資の経験がある中級者は、収益性をより高めるために最新のトレンドが学べるセミナーがおすすめです。不動産会社が実施するセミナーでは現在注目される物件の特徴や、今後の業界動向を解説する内容も少なくありません。

 

不動産投資で安定的な収益を得るためには、投資の基礎知識を身に付けるだけでなく業界のトレンド把握も重要です。各社のホームページでは今後開催予定のセミナーが掲載されている場合もあるため、事前にセミナーの内容を確認しておきましょう。

初心者は「無料セミナー」がおすすめ

初めて不動産投資にチャレンジされる方は、新規利用者向けの無料セミナーへ積極的な参加をおすすめします。各社の雰囲気や特徴を踏まえたうえで、それを比較しながら自分に合う不動産投資会社を探していきましょう。

 

また、セミナーでは個別相談会が設けられているケースもあります。担当者とじっくり話をしながら不動産投資に対する疑問の解消や各社への理解を深めていきましょう。

アフターフォロー・サポート体制で選ぶ

不動産投資会社選びでは物件購入後のアフターフォロー、各種管理業務のサポート体制のチェックも重要です。近年はどの不動産投資会社もアフターフォローに力を入れていますので、内容を比較したうえで納得できるサービスを提供している会社を選びましょう。

初心者の方は「アフターフォローサービス」有りがおすすめ

初めて賃貸のオーナーになる方であれば投資会社によるアフターフォローは必須です。不動産投資による家賃収入は決して不労所得ではありません。株式や債券のように自然な値上がりを期待するのではなく、地道な管理業務により利益が生まれます。

 

物件購入後の管理業務は入居者の募集や定期的なメンテナンス、修繕など様々です。これらの業務を怠ると入居率も悪化し、赤字に陥ってしまう恐れもあります。賃貸経営に不安がある方は必ずサポート体制が整った不動産投資会社を選びましょう。

物件の仲介から購入後の管理までサポートする「ワンストップ型」がおすすめ

不動産投資会社を選ぶのであれば、物件の仲介から購入後の管理運用まで一括してサポートしてもらえるワンストップ型の会社がおすすめです。入居者募集の相談や修繕、退居後の原状回復など、それぞれ個別の業者に依頼していては手が足りません。

 

不動産投資会社によっては物件の管理だけではなく、入居者からのクレームや近隣トラブル等も全て一括して引き受けてもらえる場合もあります。本業が忙しく、物件管理まで手が回らない方は、管理業務をほぼ丸投げできる不動産投資会社を選びましょう。

入居率で選ぶ

不動産投資会社と契約する際は各社の入居率もチェックしておきましょう。入居率とはアパートやマンションの全部屋数に対して入居者がいる割合を示した数値です。家賃収入は入居者がいなければ発生しないため、常に高い入居率を維持する必要があります。

 

入居率は不動産投資会社を比較する際にもっとも重視される数値です。入居率が高ければそれだけ効率的な賃貸の運用が期待できます。しかし、単に入居率が良いから選ぶのではなく、なぜ高い入居率が維持されるのかその理由も確認しておきましょう。

 

高い入居率を維持するためには家賃の設定や物件の立地、もしくは物件の管理体制など何かしらのポイントがあります。ポイントに沿った物件を選んだり適切な管理を実施したりしなければ、自身の物件も高い入居率が維持できるとは限りません。

ユーザーファーストの会社を選ぼう

不動産投資で失敗しないためにはユーザーファーストの視点で接してもらえる会社を選びましょう。自社の都合や利益を優先する会社で契約してしまうと予期せぬ損失を被る危険があります。

信頼性が高い会社なら「資金に合わせたプラン」がおすすめ

不動産投資を成功させるためには、自身の資産に対して無理のない範囲での物件購入が大切です。利用者の資産状況や投資の目的、希望する物件の種類などを丁寧にヒアリングし、適切な投資プランを提案してくれる不動産投資会社を選びましょう。

 

一方、不動産会社によっては自社にとって都合の良い物件を強引に勧めてくるケースも考えられます。営業担当者がインセンティブを目当てに高額な物件ばかり紹介してくる可能性もゼロではありません。

信頼できる投資会社とお付き合いするためにも、担当者の対応や言動にも気を配りましょう。

安心できる会社がいいなら「デメリット」を説明する会社がおすすめ

紹介する物件のメリットばかり説明し、デメリットの説明が疎かになっている不動産投資会社は危険です。投資をする限りそこには必ずリスクがあります。不動産投資でも突発的な修繕費の発生や景気変動による収益の悪化など、安定した収入が望めるわけではありません。

 

投資を仲介する会社であれば、利用者に対してリスクの説明をして然るべきです。投資対象の物件のメリットを強調し、デメリットを口にしないのはフェアではありません。このような会社は自社の利益を優先している可能性が高く、契約は見送るようにしましょう。

東京の不動産投資会社の人気おすすめランキング10選

東京での不動産投資を検討されている方におすすめの不動産投資会社を10社紹介します。企業としての信頼性、そしてサービス面の評価も高い企業をピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

10位

リズム株式会社(REISM)

中古マンションのリノベーションに特化した不動産投資会社

リズム株式会社は、他の不動産投資会社とは異なり中古マンションのリノベーションに特化している点が特徴です。一般的に中古マンションへの投資には多額の頭金が必要と言われます。

しかし、独自のリノベーションブランド「REISM」は金融機関からも高く評価されており、自己資金ゼロの好条件での融資獲得も可能です。

基本情報
本社所在地 東京都渋谷区桜丘町13-3
創業 2005年
資本金 1億円
従業員数 -
上場市場 未上場
サポート体制 ワンストップ型
入居率 -
もっと見る
9位

株式会社シノケンプロデュース

創業30年以上!少ない自己資金で始めるモダンアパート経営

シノケンプロデュースはジャスダック上場企業シノケングループの子会社であり、モダンなデザイナーズアパートの経営に特化した不動産投資会社です。創業30年以上に渡る豊富なノウハウを駆使し、ワンストップでアパート経営をサポートします。

 

アパート経営で実績のあるシノケンは金融機関からの信頼も厚く、利用者の条件に合わせた有益な資金調達が可能です。実際にシノケンで不動産投資を始めた4割のユーザーが自己資金500万円以下でアパート経営をスタートしています。

基本情報
本社所在地 東京都港区浜松町2-3-1 日本生命浜松町クレアタワー
創業 1990年
資本金 -
従業員数 -
上場市場 未上場(※親会社がジャスダックへ上場)
サポート体制 ワンストップ型
入居率 99%以上(※2020年の年間平均/自社企画開発物件)
もっと見る
8位

おうちのぜんぶ

お金のプロがアドバイスする不動産投資

保険代理店「ほけんのぜんぶ」のグループ企業であるキャピタルパートナーシップ株式会社が運営する不動産投資サービスです。保険代理店の業務で培ったノウハウを基に、お金のプロが利用者ごとに適切な資産運用をアドバイスします。

 

投資対象のエリアは高い収益が期待できる東京23区内のみ。駅まで徒歩10分内の好立地かつハイクオリティな新築マンションや、安価で収益性の高い中古マンションを多数取り扱っています。

基本情報
本社所在地 東京都豊島区池袋2-40-13池袋DUPLEX B’s14階
創業 2019年
資本金 2,500万円
従業員数 -
上場市場 未上場
サポート体制 購入・売却サポート、賃貸経営のアドバイス
入居率 -
もっと見る
7位

株式会社トーシンパートナーズ

創業30年の実績とデザイン性が評価される自社ブランド物件が魅力

創業30年以上を誇る老舗の不動産投資会社です。東京をはじめとした都心部の単身者をターゲットに絞り、直近5年間の平均入居率は99%を超えています。物件の購入から管理運用までワンストップで一任できる点も魅力です。

 

また、自社ブランドのマンション「ZOOM」シリーズは過去に幾度もグッドデザイン賞を受賞しており、物件のデザイン性も高く評価されています。未上場企業でありながら年商は240億円を超えており経営基盤も盤石です。

基本情報
本社所在地 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5
創業 1989年
資本金 10億円
従業員数 376人
上場市場 未上場
サポート体制 ワンストップ型
入居率 99.1%(2016年~2020年までの平均値)
もっと見る
6位

株式会社SYLA(シーラ)

スタイリッシュでモダンな物件をトータルプロデュース

株式会社SYLAは東京23区を中心に川崎、横浜などを首都圏で多数のマンションを所有する不動産投資会社です。物件は駅地下で需要が落ちにくいエリアを厳選しており、長期に渡って高い収益が期待できます。

スタイリッシュでモダンな外見は若者のニーズにもマッチしています。頭金なしでの物件所有も可能なため、年収500万円前後の一般的なサラリーマン家庭の資産形成にもおすすめです。

基本情報
本社所在地 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア 7F
創業 2010年
資本金 1億7,000万円
従業員数 -
上場市場 未上場
サポート体制 ワンストップ型
入居率 98%~99%(※公式サイトより)
もっと見る
5位

株式会社日本財託

都内の中古ワンルームに特化!顧客の利益最優先の不動産投資会社

株式会社日本財託は東京都内の中古ワンルームマンションに特化した老舗の不動産投資会社です。物件の紹介から購入後の管理業務までを一括して請け負うワンストップ型のサービスを提供しています。

毎週テーマが変わるセミナーや無料個別相談会など投資初心者に嬉しい企画も開催されています。書類を一元管理できる「オーナー専用ページ」や賃貸経営に関する相談ができる「オーナー事務局」の設置など、豊富なサポート体制も魅力です。

基本情報
本社所在地 東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル9F・10F・13F
創業 1990年
資本金 8,000万円
従業員数 266名
上場市場 未上場
サポート体制 ワンストップ型
入居率 97.81%
もっと見る
4位

プロパティエージェント株式会社

自己資金10万円の不動産投資も!充実したサポートで初心者も安心

東京23区を始めとして収益性の高いエリアを中心に、小世帯向けのマンションを建設・運用する住宅デベロッパーです。2018年には入居率99.5%を記録しており、第三者機関の調査では3年連続顧客満足度1位(※)を獲得しています。

 

注目すべきは100%融資可能な物件も紹介している点です。個人の資産状況にもよりますが、初期費用10万円程度の少額からでも不動産投資が始められます。不動産投資初心者や、少ない金額から無理なく資産運用を始めたい方にもおすすめです。

基本情報
本社所在地 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー41階
創業 2004年
資本金 6億1,379万円
従業員数 -
上場市場 東証一部
サポート体制 ワンストップ型
入居率 99.5%(※2018年10月運用実績)
もっと見る

(※)2018年5月 (株)アイ・エヌ・シー・ドットコム調べ

3位

株式会社グローバル・リンク・マネジメント

業界最長7年間のサブリース契約で家賃収入が下落しにくい

株式会社グローバル・リンク・マネジメントは好立地の自社ブランドマンション「アルテシモ」シリーズの販売を中心に、マンション経営に関わる全てをワンストップで提供する不動産投資会社です。

 

最大の特徴は業界最長7年間のサブリース契約です。不動産投資では2年ごとにサブリース契約が更新され、物件価値の低下に合わせて賃料が見直されます。長期の契約であれば更新回数が少なく、築年数を経ても賃料が大きく下落する心配はありません。

基本情報
本社所在地 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティウエスト21階
創業 2005年
資本金 5億3,500万円
従業員数 非公開
上場市場 東証一部
サポート体制 ワンストップ型
入居率 99.47%(※2020年6月時点)
もっと見る
2位

株式会社FJネクスト

東証一部上場の安心感!中級者向けセミナーでしっかり学べる

首都圏を中心とした資産運用型マンションの企画・分譲で実績のある企業です。自社ブランドの投資型マンション「ガーラマンションシリーズ」を展開し、2021年3月末時点での管理戸数は17,000戸以上、入居率99.0%の高い数字を誇ります。

 

特筆すべきは企業としての信頼感です。前身となる企業から数えると40年以上に渡り安定した経営を続けており、東証一部に株式上場を果たしている点からも企業としての信頼性は疑いの余地はありません。

基本情報
本社所在地 東京都新宿区西新宿六丁目5番1号新宿アイランドタワー
創業 1980年
資本金 27億7,440万円
従業員数 580名
上場市場 東証一部
サポート体制 ワンストップ型
入居率 99.0%(※2021年3月末時点)
もっと見る
1位

RENOSY(リノシー)

ITで物件管理を効率化!忙しい人でも安心のお任せ不動産投資

RENOSYは株式会社GAテクノロジーズが提供する中古不動産の総合プラットフォームです。不動産投資の分野では2年連続売上No.1(※1)に輝いており、今現在最も注目を集めている不動産投資会社のひとつです。

その他、一般的なサラリーマンでも利用しやすい低価格からの資産運用や、99.5%という高い入居率(※2)も人気の理由です。クレーム対応まで任せられるワンストップ型のサポート体制で、忙しい人でも服ない負担で不動産投資に取り組めます。

基本情報
本社所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 40F
創業 2013年
資本金 72億1914万6516円
従業員数 743人
上場市場 マザーズ
サポート体制 ワンストップ型
入居率 99.5%(※2021年2月時点)
もっと見る

(※1)東京商工リサーチによる中古マンション投資の売上実績(2021年2月調べ)

(※2)2021年2月時点。

東京の不動産会社の人気おすすめランキング一覧

商品名 画像 購入サイト 特徴 本社所在地 創業 資本金 従業員数 上場市場 サポート体制 入居率
1位 アイテムID:12566433の画像

公式サイト

ITで物件管理を効率化!忙しい人でも安心のお任せ不動産投資

東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 40F

2013年

72億1914万6516円

743人

マザーズ

ワンストップ型

99.5%(※2021年2月時点)

2位 アイテムID:12566432の画像

公式サイト

東証一部上場の安心感!中級者向けセミナーでしっかり学べる

東京都新宿区西新宿六丁目5番1号新宿アイランドタワー

1980年

27億7,440万円

580名

東証一部

ワンストップ型

99.0%(※2021年3月末時点)

3位 アイテムID:12566431の画像

公式サイト

業界最長7年間のサブリース契約で家賃収入が下落しにくい

東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティウエスト21階

2005年

5億3,500万円

非公開

東証一部

ワンストップ型

99.47%(※2020年6月時点)

4位 アイテムID:12566430の画像

公式サイト

自己資金10万円の不動産投資も!充実したサポートで初心者も安心

東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー41階

2004年

6億1,379万円

-

東証一部

ワンストップ型

99.5%(※2018年10月運用実績)

5位 アイテムID:12566429の画像

公式サイト

都内の中古ワンルームに特化!顧客の利益最優先の不動産投資会社

東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル9F・10F・13F

1990年

8,000万円

266名

未上場

ワンストップ型

97.81%

6位 アイテムID:12566428の画像

公式サイト

スタイリッシュでモダンな物件をトータルプロデュース

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア 7F

2010年

1億7,000万円

-

未上場

ワンストップ型

98%~99%(※公式サイトより)

7位 アイテムID:12566427の画像

公式サイト

創業30年の実績とデザイン性が評価される自社ブランド物件が魅力

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5

1989年

10億円

376人

未上場

ワンストップ型

99.1%(2016年~2020年までの平均値)

8位 アイテムID:12566426の画像

公式サイト

お金のプロがアドバイスする不動産投資

東京都豊島区池袋2-40-13池袋DUPLEX B’s14階

2019年

2,500万円

-

未上場

購入・売却サポート、賃貸経営のアドバイス

-

9位 アイテムID:12566425の画像

公式サイト

創業30年以上!少ない自己資金で始めるモダンアパート経営

東京都港区浜松町2-3-1 日本生命浜松町クレアタワー

1990年

-

-

未上場(※親会社がジャスダックへ上場)

ワンストップ型

99%以上(※2020年の年間平均/自社企画開発物件)

10位 アイテムID:12566424の画像

公式サイト

中古マンションのリノベーションに特化した不動産投資会社

東京都渋谷区桜丘町13-3

2005年

1億円

-

未上場

ワンストップ型

-

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

やっぱり23区?東京の不動産投資でおすすめのエリア

ここでは東京での不動産投資におすすめのエリアを紹介します。東京ならどこでも収益性が高い訳ではありません。物件の資産価値や自身の資産状況を踏まえ、適切なエリアに投資しましょう。

23区は物件価格が高く利益が出にくい

人口密集地である23区は家賃相場が高く、入居希望者も多いため安定的な収益が見込めます。一方、物件価格が高額であり、収益化しにくい点がデメリットです。特に港区や渋谷区など物件価格の高い人気エリアは投資のハードルが高いと言えます。

 

23区で不動産投資をするなら、台東区・江東区・墨田区などがおすすめです。これらのエリアは地下鉄の利便性が高く、渋谷や新宿といった巨大ターミナル駅へのアクセスも容易なことから人気があります。また、山の手エリアから外れる練馬区や板橋区もねらい目です。

郊外エリアは収益性が高いがリスクも大きい

郊外エリアは物件価格の相場が低く、23区と比べると収益化しやすい点がメリットと言えます。しかし、居住希望者は23区よりも少なくなるため、しっかりと入居者を集めなければ赤字のリスクもあります。事前のリサーチを徹底し、人気が出そうな物件を見極めましょう。

 

23区外のエリアで物件を選ぶのであれば武蔵野市や三鷹市、八王子市などがおすすめです。これらのエリアは中央線沿線に位置し、また多くの大学がキャンパスを構えています。特に高円寺駅や吉祥寺駅周辺は若者の人気が高く、単身者向け賃貸の需要が期待できます。

まとめ

不動産投資会社を選ぶ上で最も重要なポイントは企業の信頼性です。不動産投資会社は自身の資産形成をサポートするパートナーです。企業の経営基盤はもちろん、担当者の人柄などもしっかりと見極めて契約を結びましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年05月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2024年最新版】不動産投資本の人気おすすめランキング15選

【2024年最新版】不動産投資本の人気おすすめランキング15選

本・雑誌
不動産投資サイトのおすすめ人気ランキング5選【収益物件】

不動産投資サイトのおすすめ人気ランキング5選【収益物件】

その他
不動産投資会社の人気おすすめランキング15選【2024年最新版】

不動産投資会社の人気おすすめランキング15選【2024年最新版】

その他
【100人に聞いた!】投資本のおすすめ人気ランキング23選|ベストセラーは?

【100人に聞いた!】投資本のおすすめ人気ランキング23選|ベストセラーは?

本・雑誌