【2022最新】公務員試験の通信講座人気おすすめランキング9選【高卒や社会人にも】

記事ID38282のサムネイル画像
不安定な時代、安定の職種は公務員です。高卒でも社会人でも、「公務員になりたい」夢を叶えるなら通信講座がおすすめです。講座の種類や、いつから勉強すればいいのか、気になる費用など、公務員試験の通信講座の選び方とおすすめの講座をランキング形式でご紹介します。

公務員になるにはどうすればいい?

一般的な民間企業は個人や会社の利益のために働きます。対して、公務員は「社会の利益」のために働く重要な仕事です。私たちの生活を支える職務内容は、社会に対する貢献度も高く、憧れを持って志す若者も多い職業です。

 

また、公務員は安定した職業ゆえに、クビにならないといわれています。正確には、懲戒免職と分限免職、依願退職が存在し、「職務上の違反行為が合った場合」「職務遂行に著しい障害がある場合」「自ら辞表を出す場合」などがそれにあたります。

 

公務員になるためには、ある一定の受験条件と公務員試験への合格が必須です。今回の記事では、公務員試験の通信講座をご紹介します。公務員の種類や条件、通信講座の選び方や注意点など合わせて紹介するので、是非参考にしてみてください。

【編集部おすすめ】公務員試験の人気おすすめ通信講座

ユーキャン

\無料資料請求はこちらから/ 公式サイトで詳細を見る

無理せず合格ラインに到達できる

【知名度の高い通信講座ならここ!】

通信講座の中でも抜群の知名度を誇るユーキャンは、公務員試験対策でも有名です。教材は暗記・予想問題集・論文の書き方などあらゆる面をサポート。講師の添削のフィードバックを経てしっかりと実力をつけられます。

 

【スキマ時間で無理せず学習!】

1日1レッスンで無理なく進められ、得意分野を伸ばし苦手な部分をカバーできます。6ヶ月の短期カリキュラムも用意されており、満点を狙わず、ミスを減らし合格ラインに到達を目指す現実的な学習方法です。

 

【充実のオリジナルテキストで効率よく学習!】

テキストは頻出問題を徹底的に研究し、実用的な部分を活かしつつ、基礎からきちんと解説してくれます。多くの人がつまずくポイントである「数的推理」と「判断推理」といった知能分野問題も効率的に学べます。

特徴 字幕付き動画・指導サポート延長・論文書き方ノート・エントリーシート対策ブック 受講料 国家一般職・地方上級コース 月々6,400円(税込)×14回払い、教養試験対策コース 月々3,900円(税込)×14回払い、市役所コース 月々4,980円(税込)×12回払い、警察官・消防官コース 月々4,980円(税込)×12回払い
無料体験 資料請求無料

そもそも国家公務員とは?

そもそも公務員と聞いてどんな職種を思い浮かべるでしょうか。まずは、公務員の種類や年齢制限などについてご紹介します。

国家公務員の種類は大きく分けて2種類

公務員は大きく分けて「国家公務員」「地方公務員」の2種類があります。国家公務員はさらに「総合職」「一般職」「専門職」の3つに分かれます。割合としては、国家公務員が約2割、地方公務員が約8割程度と、地方公務員の方が割合を占めています。

 

国家公務員は国家公務員試験に合格する必要があります。国家機関に勤務する総合職はいちばんの花形で、エリート職です。受給資格は大卒以上と決まっており、一般職は省庁の出先機関など、専門職は国税専門官などに就きます。

 

地方公務員は地方公務員試験に合格する必要があります。県庁、市役所などの地方機関で働きます。警察官や消防士も地方公務員です。地方公務員は比較的部署間の移動が頻繁に多い職種でもあります。

国家公務員試験合格までの流れ

国家公務員試験は大きく分けて4種類あります。「総合職」の試験はさらに院卒者試験・大卒程度試験に分かれ、第一次・第二次試験・官庁訪問を経て採用となります。「一般職」も大まかな流れは変わりませんが、大卒程度試験に加え、高卒程度試験・社会人試験があります。

 

「専門職」は大卒・高卒程度に分かれますが、受験資格は採用試験によって異なっています。例えば、皇宮護衛官採用試験の大卒程度試験は21歳以上30歳未満、刑務官採用試験の高卒程度の試験は17歳以上29歳未満といった具合です。

高卒でも大丈夫!地方公務員試験は上級・中級・初級がある

地方公務員試験は「上級・中級・初級」に分かれ、上級は大卒程度、中級は短大や専門卒程度、初級は高卒程度です。これは受験資格ではなくあくまで目安です。そのため、大卒程度と記載されていても、必ずしも大卒である必要はありません。

 

また、上級・中級・初級は、世間一般的に呼ばれている呼び方であって、正式名称ではありません。「上級」は年齢制限が設けられており、自治体にもよりますが30歳前後が基本です。

 

「中級」は行政職・学校などが該当し、別途資格がいる場合もあります。「初級」は年齢制限が17歳から21歳あたりが一般的です。文字通り上級が待遇面でも優遇される場合が多く、中級、初級は出先機関などに配属される場合が多いです。

公務員になるには年齢制限がある

国家公務員の場合、30歳が上限の場合が多いです。ただ、一律で30歳が上限と決まっているわけではありません。参議院総合職は27歳が上限、国会図書館の職員は29歳が上限です。逆に30歳より高く上限が設定されている場合もあります。

 

国会議員政策担当秘書は条件が65歳です。これは経験が重要視される仕事である理由も大きく影響しています。地方公務員の場合、地域によってかなりバラつきがあります。基本的には30歳前後ですが、例えば、山形県の行政の上限は39歳です。

 

また、「勤続年数が◯年以上」などの条件もありますが、正社員以外の派遣やアルバイトでも受験資格が認められるケースもあります。これはケースバイケースなので、志望する自治体のHPなどで確認を行ってください。

通信講座は大まかに分けて3種類

公務員を目指すうえで、重要なのが勉強方法です。個人の努力では限界があります。予備校に通うのが一般的ですが、通信講座も今人気で、特に忙しい社会人にとっては貴重な時間を有効活用できる点も選ばれる理由のひとつです。通信講座の種類はどんなものがあるのか、ご紹介します。

実際の教室に近い動画授業

教室で学ぶのといちばん近い感覚で学べるのが動画講義です。テキストだけではわかりにくい部分もしっかり講師が教えてくれるうえ、スマホやPCなど時と場所を選ばず自分なりの環境でしっかり学べます。スキマ時間を利用できるので、通勤通学時のお供にも最適です。

 

通信講座によっては、テレビで使われるような収録スタジオで撮っている動画授業もあり、ハイクオリティな内容の授業を受けられると評判です。その道のプロが要点を凝縮し、教えてくれるのでただ教材を読み頭に入れる場合とは理解力が違います。

フィードバックのあるオンライン個別指導

オプション講座としてオンラインでの個別指導が受けられる通信講座もあります。Skypeなどを使い、個別で指導して貰う方法です。学習指導だけでなく、面接指導や記述指導など、動画だけではカバーできない部分もしっかり対応してくれます。

 

講座に合わせて時間を調節しなければいけなかったり、費用がやや割高になったりしますが、実際に講師が直接指導してくれる学習方法は計り知れない安心感があります。試験問題だけでなく、面接に不安がある方に特に人気の学習方法です。

費用をかけたくない方にはテキストのみ

通信講座にかける費用を安く済ませたい方には、テキストや問題集など教材のみの勉強方法がおすすめです。テキストのみの通信講座の場合、自のノウハウを蓄積したオリジナル教材を提供しているところが多いです。

 

また、面接対策や論文試験にも対応している場合もあるので、試験以外に不安要素があるならその部分を考慮し通信講座を選びましょう。

公務員の通信講座の選び方

「公務員の通信講座は多すぎてどれを選べばいいかわからない」とお悩みの方のために、通信講座の選び方をご紹介します。自分に合った通信講座を見つけるために、是非参考にしてください。

費用の安い通信講座を選ぶ

通信講座を選ぶうえで無視できない重要ポイントが「費用」です。予備校やスクールに通うより安い費用で勉強できる通信講座ですが、その費用は5〜30万円とピンからキリまでです。

 

また、時期にもよりますがキャンペーンを展開している場合もあり、通常価格より安く受講することができます。通信講座のホームページはこまめにチェックしておきましょう。

公務員試験の合格実績で選ぶ

公務員試験を受けても、合格しなければ意味はありません。通信講座を選ぶ際は、HPやSNSなどで合格実績を必ず確認しましょう。通信講座によっては、合格実績を表記していない場合もありますが、大抵は「合格者◯人!」などの記載で結果がアピールされています。

 

また、合格実績を調べる場合は、必ず直近の実績かどうかもチェックしましょう。通信講座によっては、何年も前の合格実績を表記している場合もあるので、確認が必要です。

筆記試験と合わせて面接対策もできる通信講座を選ぶ

筆記試験と合わせて大切なのが面接試験です。いくら知識を持っていても人柄が良くなければ合格には繋がりません。また、面接対策はコツを知っている場合と知らない場合で結果が大きく変わります。土壇場で「対策しておけばよかった」と後悔しないようにしましょう。

 

面接は「個別型」を中心に、「集団型」「集団討論型」があり、意見の整合性や、コミュニケーション能力なども求められます。知識や経験のある講師と模擬面接を行えば、ダメな部分を事前に洗い出し、本番に臨めます。

気になる通信講座があれば無料の資料請求を試してみる

合格率が高い通信講座や勉強方法が充実している通信講座があっても、自分に合った通信講座かは分かりません。そんなときは、資料請求や無料で受けられる体験講座を受けてみるのがおすすめです。

 

また、HPやSNSなどでその通信講座の口コミをチェックするのもおすすめです。利用者や合格者の声がわかるほか、利用者ならではの意見を知ることができます。

公務員試験の通信講座人気おすすめランキング9選

ここからは、公務員試験の各通信講座の特徴と、講座料金などの条件を比較していきます。公務員試験の通信講座は数多く存在しますが、自分に合ったサービスを見つけるのが合格への近道です。

65年の伝統がある大手

65年の伝統を誇る実務教育出版は、過去問データの蓄積が特徴的で、傾向やノウハウを重視した実用的な通信講座です。基礎、応用をどちらもしっかりカバーしたレベルの高い教材は、講座としっかり連動していて、効率よく情報が頭に入ります。

 

また、豊富な演習問題で実戦に強くなるのも実務教育出版の通信講座の利点。より大事なポイントを繰り返し学習し、真の実力を身につけていけます。専門の指導スタッフが学習内容から進め方までアドバイスを行ってくれます。

 

リアルタイムに最新の受験ニュースを得られる「Jサイト」は、受講者専用のサイトで、実務教育出版の情報網を駆使した役に立つ情報が随時更新されます。ほかの受験者よりも少しでもリードしたいと考える受験者に嬉しいサービスです。

特徴 eラーニング・受講生専用サイト 受講料 大卒程度公務員コース 地方上級・国家一般職大卒・市役所上級 91,300円(税込)、高卒・短大卒程度公務員セット 35,200円(税込)
無料体験 あり

専門スタッフのコーチングで目標設定

年間約1,000人の最終合格実績があり、二次試験対策もしっかりしている大栄。受講の満足度は98%※で、非常に高いクオリティを誇っています。45年以上の指導歴があり、歴史と実績に裏打ちされた確かな指導力があります。

 

オンラインでキャリアナビゲーターからコーチングを受けられるため、はっきりした目標や学習計画、モチベーションの維持を徹底サポートしてくれます。また、専門講師と1対1でコミュニケーションを取れるため、どんな疑問もスッキリと解消できます。

 

24時間好きなときに高い質の受講を行えるので、反復学習を行いたい方にもおすすめです。量だけでなく問題の質を重要視する「For You答練」は、苦手分野を克服するのに最適なオーダーメイド練習問題で、理解力を底上げできます。

 

※2020年実施 通学受講生アンケート結果。
満足度3~5を選択された方の割合。

特徴 コーチング・オーダーメイド練習問題 受講料 不明/※通学コースの場合 公務員初級合格コース 132回分/342,375円(税込)
無料体験 あり

合成技術を駆使した通信講義

合格実績豊富で、学びやすい通信講座がLECです。講義動画は高画質・高音質を誇っており、文字は読みやすさが特徴です。動画と音声をダウンロードでき、スマホで気軽に空き時間に受講できます。

 

通信講義は使いまわしでなく、専用に収録されたもので、合成技術を駆使しよりわかりやすく、学びやすい点を重視しています。低速~2倍速のスピードで再生できるため、自分のペースに合わせやすいシステムです。

 

また、講師はフレックス制を採用。気に入った講師を選んで受講でき、復習の際に別の講師の講義を見て学べます。また、生で講義を受講できる「ライブ配信講義」もあり、動画とはまた違った生での緊張感ある講義を体験できます。

特徴 講師フレックス制・通信生専用ライブ配信講義 受講料 公務員15ヵ月合格コース 384,000円(税込)
無料体験 あり

要点をまとめられるマイノート機能が便利

合格実績は国家公務員総合職から国税専門官、警視庁、各市町村の地方公務員など十分で、最難関試験にもきちんと合格者を輩出している人気の通信講座です。数的推理や判断推理など、つまずきやすい部分をフォローします。

 

しかも授業料は低価格で、受験者の負担が少なく、経済的に余裕がない場合でも頑張って続けられる通信講座となっています。無料講座で実際に一定期間体験できるので、自分に合うかどうかを事前に確かめられます。

 

オンライン講義を受講しながらノートを作成できる「マイノート」機能が便利で、覚えるべき情報をまとめて処理できるため、理解力がよりアップします。進捗状況や学習内容をグラフ・数値化した「学習レポート」機能も便利です。

特徴 簡易診断テスト・合格お祝い金・マイノート機能・学習レポート機能 受講料 地方上級・市役所 教養合格コース 66,000円(税込)、地方上級・市役所 教養合格コース 55,000円(税込)、社会人経験者合格コース 65,780円(税込)
無料体験 あり

見やすいテキストと合格点主義

フォーサイトの講師面接は厳しく、1/40の採用率が示す通り、狭き門です。社長自ら講師を面接し、採用後もレベルを維持するために研修を行います。さらに、講師の報酬は合格率やアンケートに左右される能力制度を採用しています。

 

テキストに関しては、無闇やたらに情報を詰め込むだけでなく、重要点を厳選し、頻出問題を優先した「合格点主義」を採用。余計な情報を入れず合格ラインを越えを目指すだけなので、「頑張れば合格に手が届く」とモチベーションも高まります。

 

教材はフルカラーで見やすく、文字だけで見づらいテキストとは全く違います。イラストも駆使しており、より情報が精査されて理解しやすい内容となっています。図表・フローチャートなども必要に応じて盛り込まれています。

特徴 フルカラーテキスト・eラーニング 受講料 一般知能対策コース 20,800円(税込)
無料体験 あり

要点をきちんと把握できる

無料体験が豊富なアガルートアカデミーは、資料請求するだけで講義動画が3時間分、テキストを一部冊子で届けてくれます。数的処理や文章理解、法律系科目対策などの講座の一部を体験可能です。

 

秋冬からでも始められるので、「今からでも大丈夫?」と悩んでいる方にもおすすめです。国家一般職から地方上級もカバーしています。教材には問題の頻出度が掲載されており、どの問題が出やすいかは一目瞭然です。

 

アガルートアカデミーはインプットやアウトプットを意識しながら、要点を徹底的に叩き込んでいくスタイルです。講師のレベルも高く、教え方の上手さはもちろん、人間味に溢れていて試験前で緊張する受験者たちをリラックスさせてくれます。

特徴 フルカラーテキスト・音声ダウンロード 受講料 地方上級・国家一般職+専門職・裁判所カリキュラム 308,000円(税込)、市役所・国立大学法人カリキュラム 118,800円(税込)
無料体験 あり

エントリーシートの作成もバッチリ

いつでも好きな時にオンライン学習ができ、スマホやタブレットなどでインターネットに繋ぐだけで講義動画が受講できるので、動画の保存にいちいち時間がかかりません。

 

個別指導も有料オプションとして行っており、学習・面接・記述指導を徹底的にサポートしてくれます。受験戦略や進捗管理のほか、モチベーションサポートのも定期的に実施しており、やる気の持続に役立ってくれます。

 

面接指導は自己PRの個別指導、エントリーシート作成の指導・添削、面接対策のアドバイスなど充実しており、幾多もの合格者を輩出した大原だからこそできる論理的かつ実践的なサポートが魅力です。

特徴 オンライン個別指導(有料)・合格Webアプリ 受講料 公務員 国家一般職・地方上級・市役所コース 経済系科目 9回/18,300円(税込)、公務員 国家一般職・地方上級・市役所コース 数的処理・法律系科目・経済系科目パック 27回/50,900円(税込)
無料体験 あり

面接や小論文対策も行える

効率を重視した「非常識合格法」や「Vラーニングシステム」が有名で、社会人が働きながらでも公務員を目指せる通信講座です。料金が安く自らのペースを保ちながら勉強できるのもクレアールの特徴です。

 

過去問フォーカスは過去問題集を演習できる機能で、苦手な部分を克服できます。面接・小論文対策も行っていて、無制限で添削してくれるので、試験問題集だけでは不安がある方にも最適です。

 

担任制度を採用し、疑問を何でも簡単に相談できる部分もクレアールの魅力のひとつです。担任への相談で不安が払拭された受講者もおり、孤独な戦いの受験において精神的な面でのサポートにもなってくれます。

特徴 合格ナビゲーション・オリジナル教材・Vラーニングシステム 受講料 7ヵ月合格 地方上級(全国型)コース 255,000円(税込)、1年合格 地方初級・国家高卒併願コース 130,000円(税込)
無料体験 あり
1位

ユーキャン

\無料資料請求はこちらから/ 公式サイトで詳細を見る

無理せず合格ラインに到達できる

【知名度の高い通信講座ならここ!】

通信講座の中でも抜群の知名度を誇るユーキャンは、公務員試験対策でも有名です。教材は暗記・予想問題集・論文の書き方などあらゆる面をサポート。講師の添削のフィードバックを経てしっかりと実力をつけられます。

 

【スキマ時間で無理せず学習!】

1日1レッスンで無理なく進められ、得意分野を伸ばし苦手な部分をカバーできます。6ヶ月の短期カリキュラムも用意されており、満点を狙わず、ミスを減らし合格ラインに到達を目指す現実的な学習方法です。

 

【充実のオリジナルテキストで効率よく学習!】

テキストは頻出問題を徹底的に研究し、実用的な部分を活かしつつ、基礎からきちんと解説してくれます。多くの人がつまずくポイントである「数的推理」と「判断推理」といった知能分野問題も効率的に学べます。

特徴 字幕付き動画・指導サポート延長・論文書き方ノート・エントリーシート対策ブック 受講料 国家一般職・地方上級コース 月々6,400円(税込)×14回払い、教養試験対策コース 月々3,900円(税込)×14回払い、市役所コース 月々4,980円(税込)×12回払い、警察官・消防官コース 月々4,980円(税込)×12回払い
無料体験 資料請求無料

公務員試験の通信講座おすすめランキング9選比較まとめ

商品 商品リンク 特徴 特徴 受講料 無料体験
アイテムID:8827002の画像
ユーキャン

公式サイト

詳細を見る

無理せず合格ラインに到達できる

字幕付き動画・指導サポート延長・論文書き方ノート・エントリーシート対策ブック 国家一般職・地方上級コース 月々6,400円(税込)×14回払い、教養試験対策コース 月々3,900円(税込)×14回払い、市役所コース 月々4,980円(税込)×12回払い、警察官・消防官コース 月々4,980円(税込)×12回払い 資料請求無料
2
アイテムID:8813471の画像
クレアール

公式サイトで詳細を見る

詳細を見る

面接や小論文対策も行える

合格ナビゲーション・オリジナル教材・Vラーニングシステム 7ヵ月合格 地方上級(全国型)コース 255,000円(税込)、1年合格 地方初級・国家高卒併願コース 130,000円(税込) あり
3
アイテムID:8813285の画像
資格の大原

公式サイトで詳細を見る

詳細を見る

エントリーシートの作成もバッチリ

オンライン個別指導(有料)・合格Webアプリ 公務員 国家一般職・地方上級・市役所コース 経済系科目 9回/18,300円(税込)、公務員 国家一般職・地方上級・市役所コース 数的処理・法律系科目・経済系科目パック 27回/50,900円(税込) あり
4
アイテムID:8813277の画像
アガルートアカデミー

公式サイト

詳細を見る

要点をきちんと把握できる

フルカラーテキスト・音声ダウンロード 地方上級・国家一般職+専門職・裁判所カリキュラム 308,000円(税込)、市役所・国立大学法人カリキュラム 118,800円(税込) あり
5
アイテムID:8813156の画像
フォーサイト

公式サイトで詳細を見る

詳細を見る

見やすいテキストと合格点主義

フルカラーテキスト・eラーニング 一般知能対策コース 20,800円(税込) あり
6
アイテムID:8813619の画像
スタディング

公式サイトで詳細を見る

詳細を見る

要点をまとめられるマイノート機能が便利

簡易診断テスト・合格お祝い金・マイノート機能・学習レポート機能 地方上級・市役所 教養合格コース 66,000円(税込)、地方上級・市役所 教養合格コース 55,000円(税込)、社会人経験者合格コース 65,780円(税込) あり
7
アイテムID:8813171の画像
LEC 東京リーガルマインド

公式サイトで詳細を見る

詳細を見る

合成技術を駆使した通信講義

講師フレックス制・通信生専用ライブ配信講義 公務員15ヵ月合格コース 384,000円(税込) あり
8
アイテムID:8813168の画像
資格スクール大栄

公式サイトで詳細を見る

詳細を見る

専門スタッフのコーチングで目標設定

コーチング・オーダーメイド練習問題 不明/※通学コースの場合 公務員初級合格コース 132回分/342,375円(税込) あり
9
アイテムID:8813162の画像
実務教育出版

公式サイトで詳細を見る

詳細を見る

65年の伝統がある大手

eラーニング・受講生専用サイト 大卒程度公務員コース 地方上級・国家一般職大卒・市役所上級 91,300円(税込)、高卒・短大卒程度公務員セット 35,200円(税込) あり

公務員試験は厳しく通信講座などのサポートは必須

公務員試験は一般的な試験と比べ、難関といわれます。競争率も高く、また年齢的なタイムリミットも存在します。大学生や社会人の場合、通学時間も大きな問題です。「時間的な余裕がない」と感じる方も多く、それが原因で公務員試験を諦めてしまう人もいます。

 

そういった忙しい方たちのために、通信講座が人気を集めています。少しでも効率よく勉強し試験合格を目指すためにも、きちんと実績があり合格率が高いところを選ぶ必要性があります。

いつから勉強すれば間に合う?勉強期間の目安

公務員試験は「具体的にいつから何時間勉強すれば合格するのか」気になる方は多いはず。特に、勉強時間や空き時間を取りにくい社会人にとっては重要なポイントです。もちろん個人差はありますが、目安としての学習期間をご紹介します。

 

最も難易度の高い国家総合職レベルなら「10~15ヶ月」が平均的です。そして地方上級・国家一般職レベルなら「7~12ヶ月」といわれています。少なくとも1年または1年以上を目安としておきましょう。

 

また、教養試験のみである市役所や警察官や消防官レベルなら「4~10ヶ月」です。そして、高卒の公務員も同じく「4~10ヶ月」とされています。当たり前ですが、専用問題が出題される場合は難易度が上がり、教養試験のみの場合は少しハードルが下がります。

まとめ

いつの時代も安定している公務員は魅力的な職業です。公務員に就くためのハードルは高いものの、努力を積み重ねれば決して越えられないものではありません。

 

賢く効率よく公務員試験に挑むために、通信講座はとても役に立つサービスです。公務員を本気で目指している方は、今回の記事を参考に、自分に合った勉強方法を見つけてみてください。

ユーキャン

\無料資料請求はこちらから/ 公式サイトで詳細を見る

無理せず合格ラインに到達できる

【知名度の高い通信講座ならここ!】

通信講座の中でも抜群の知名度を誇るユーキャンは、公務員試験対策でも有名です。教材は暗記・予想問題集・論文の書き方などあらゆる面をサポート。講師の添削のフィードバックを経てしっかりと実力をつけられます。

 

【スキマ時間で無理せず学習!】

1日1レッスンで無理なく進められ、得意分野を伸ばし苦手な部分をカバーできます。6ヶ月の短期カリキュラムも用意されており、満点を狙わず、ミスを減らし合格ラインに到達を目指す現実的な学習方法です。

 

【充実のオリジナルテキストで効率よく学習!】

テキストは頻出問題を徹底的に研究し、実用的な部分を活かしつつ、基礎からきちんと解説してくれます。多くの人がつまずくポイントである「数的推理」と「判断推理」といった知能分野問題も効率的に学べます。

特徴 字幕付き動画・指導サポート延長・論文書き方ノート・エントリーシート対策ブック 受講料 国家一般職・地方上級コース 月々6,400円(税込)×14回払い、教養試験対策コース 月々3,900円(税込)×14回払い、市役所コース 月々4,980円(税込)×12回払い、警察官・消防官コース 月々4,980円(税込)×12回払い
無料体験 資料請求無料

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年09月27日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【公務員と出会うなら】結婚相談所の人気おすすめランキング12選

【公務員と出会うなら】結婚相談所の人気おすすめランキング12選

結婚・婚活
公務員試験の参考書のおすすめ人気ランキング10選【大卒レベル向け過去問題集テキストや対策本も】

公務員試験の参考書のおすすめ人気ランキング10選【大卒レベル向け過去問題集テキストや対策本も】

本・雑誌
地方公務員試験対策参考書の人気おすすめランキング15選【初めての方向けテキストも】

地方公務員試験対策参考書の人気おすすめランキング15選【初めての方向けテキストも】

本・雑誌
「習い事」や「資格取得」通信講座の選び方おすすめランキング

「習い事」や「資格取得」通信講座の選び方おすすめランキング

その他
【2021年最新版】ファイナンシャルプランナー通信講座人気おすすめランキング7選

【2021年最新版】ファイナンシャルプランナー通信講座人気おすすめランキング7選

資格スクール
宅建通信講座の人気おすすめランキング15選【2022年最新版】

宅建通信講座の人気おすすめランキング15選【2022年最新版】

資格スクール