【登録販売者】通信講座の人気おすすめ5選!取得しても意味ないって本当?

記事ID38454のサムネイル画像
「登録販売者試験の合格のために通信講座に通いたいけど、ありすぎて迷う」と感じる方も少なくないと思います。試験の合格を目指すには幅広い知識が必要になるため、より効率的に学習できる通信講座を選びたいですよね。そこで今回は、自分に合った講座の選び方や、各講座の費用・サポート体制・教材内容を徹底比較し、登録販売者のおすすめ通信講座をランキング形式でご紹介いたします。

【登録販売者】通信講座の選び方やおすすめ講座を徹底調査!

【登録販売者】は未経験者でも目指しやすい資格でありながら、社会的信用性も高く、就職時にも有利になるため、これから受験者がさらに増えると予想されています。

 

登録販売者試験の合格を目指す学習方法として、自宅など場所を選ばずに学べる【通信講座】が人気ですが、「どの通信講座が自分に合っているのか分からない」「医薬品を学ぶのは初めてで不安」と悩む方も多いです。

 

そこで今回は登録販売者の人気おすすめ通信講座を、自分に合った講座の選び方とともにご紹介していきます。これから資格取得を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

登録販売者は一般用医薬品の販売を行うための専門資格

登録販売者とは、2009年の法改正で新設した【一般用医薬品(第2類・第3類に限る)販売を行うための専門資格】です。それまでは薬剤師が販売の役割を担っていましたが、登録販売者資格の新設により、薬剤師は調剤業務と第1類医薬品販売業務に専念できるようになりました。

 


登録販売者が扱える第2類・第3類は一般用医薬品の中で「9割以上」を占めているため、資格保有者は薬局やドラッグストアなどでとても重宝される存在です。

登録販売者の資格は「取得しても意味ない」って本当?

全ての一般用医薬品を扱える薬剤師と比べてしまうと、第1類医薬品が扱えない登録販売者は、「取得しても意味ないのでは?」と思う方も多いようです。

 

しかし、第2類・第3類医薬品は一般用医薬品全体の約9割を占めており、販売以外にもお客様のお薬と健康の相談を受けるため、登録販売者は薬剤師不足を補う重要な存在として幅広く活躍できます。また、ドラッグストアなどの一般用医薬品の販売業務においては、登録販売者の方が重宝される場合もあります。

 

その他にも、登録販売者の試験勉強を通じて身に付けた健康や医薬品に関する知識は、ドラッグストアだけではなく介護や医療などの医薬品を扱うお仕事の全てに役立ち、生涯の財産となります。よって「取得しても意味ない資格」ではないと言えます。

【編集部おすすめ】登録販売者試験向け人気おすすめ通信講座

業界知名度No.1であり充実した学習サポートが受けられる!

☑︎通信講座と言えばユーキャン!

通信講座の王様であるユーキャンは、圧倒的な知名度の高さから人気の講座であり、現役の登録販売者からも選ばれ続けてNo.1です。(2021年10月ブランドイメージ調査より)

 

☑︎充実した学習サポート!

ユーキャンの登録販売者通信講座は、サポート期間は14ヵ月保証とされており、模試を含む7回の添削指導、毎日3問までの質問、学習スケジュールの作成など、手厚いサポート体制が整っています。

 

☑︎初心者でも学びやすい!

通信講座に長けているユーキャンだからこそ、学びへのノウハウから初心者の方でも学びやすい構成になっており、しっかりと段階を踏んで学びたい方にもおすすめできます。また、デジタルコンテンツ有無が選べて、有りだとスマートフォンからの学習が可能です。

 

 

>>ユーキャンで詳細を見る!

 

費用 デジタルテキストあり 49,000円(税込)・デジタルテキストなし 46,000円(税込) サポート期間 14ヶ月
添削 7回(模擬試験1回を含む) 質問 あり(1日3問まで)
標準学習期間 6ヶ月

失敗しない!自分に合った通信講座の選び方

いざ通信講座を始めようと思っても、「本当に自分に合っている講座なのか分からない」「試験までに間に合うのか不安」と悩む方も多いですよね。ここでは、失敗しない通信講座の選び方をご紹介していきます。

試験までに終わる「学習スケジュール」が組まれている

登録販売者の資格試験は、8月下旬~12月中旬頃とされており、都道府県や年度によって日程が異なります。

 

仕事の都合で何月までに資格が必要と決まっている場合は、「学習スケジュール」を逆算して通信講座を選びましょう。試験までの学習期間が短い場合は、短期講座や空いた時間に学習可能な講座を選ぶと効率的に学習できます。

 

一方で、スキルアップのために登録販売者を取得したい方や、初心者の方には学習期間やサポート期間が長めで、尚且つ段階を踏んで学習できる講座がおすすめです。

学びやすい「サポート体制」がある

初めて医薬品について学ぶ方は、聞き慣れない言い回しや表記に戸惑い、途中で挫けてしまう場合もあります。

 

理解できるまでサポートしてくれるのか、質問の回数制限はあるのか、質問はどういった方法で行うのかなど、自分が学習しやすい「サポート体制」の講座を選ぶと失敗しにくいです。

 

また、試験に挑戦して不合格だった場合、2度目の試験までのサポート期間に余裕があるかどうかも、念のため確認しておくと焦らずに試験に挑戦できます。

「ライフスタイル」に合った講座がある

登録販売者を受験する方の中には、フルタイムで働く方、学生や主婦の方など、それぞれの「ライフスタイル」があります。

 

資格試験日までに計画的に学習を終えるためには、「ライフスタイル」に学習時間をいかに上手に組み込んでいけるかどうかがとても重要です。

 

学習時間をしっかり確保できる方は、試験スケジュールやサポート体制などから、自分の学習スタイルに合った講座を選びましょう。一方で、まとまった学習時間を確保できない方は、仕事や家事のスキマ時間を活用できる講座をおすすめします。

登録販売者試験向け通信講座の人気おすすめランキング5選

各講座の特徴を把握して慎重に選びたいと思っていても、一見似たような講座が多く、選ぶのが難しいと感じる方もいます。ここでは、費用・教材内容・サポート体制などの基準をもとに、登録販売者試験向けおすすめ通信講座をランキング形式で紹介します。通信講座選びに悩む方は参考にしてみてください。

スキマ時間で学べる!スマートフォン1つで受講可能

☑︎すべての対策がスマートフォンひとつで受講可能!

スタディング登録販売者講座は、基本講義から練習問題・予想問題集まで、すべての対策がスマートフォンひとつで受講可能です。いつでもどこでもスキマ時間で学習できるので、学生や主婦の方、仕事で忙しい方でも効率的に学べます。

 

☑︎テキストが苦手な人には特におすすめ!

他の通信講座はテキスト教材がありましたが、スタディングではテキストの用意がなく、イラストや図表を豊富に使った分かりやすいビデオ講座と、スマートフォンでゲーム感覚で解ける練習問題で、未経験の方でも無理のない学習を可能にしています。

 

☑︎最短で合格を目指す合理的カリキュラム!

スタディングは、登録販売者試験を徹底的に分析しているため、試験によく出る部分を重点的に学べる合理的カリキュラムで学習を進められます。未経験から登録販売者を学ぶ方でも、効率的な学習サイクルで最短合格を目指せます。

 

 

>>スタディングで詳細を見る!

 

費用 21,500円(税込) サポート期間 2022年度版:2023年1月31日まで
添削 質問 質問10回分の学習Q&Aチケットあり
標準学習期間
4位

学校法人三幸学園グループ

三幸医療カレッジ

登録販売者に特化した通信講座!

☑︎合格実績82%!(2020年度調査より)

三幸医療カレッジは、合格実績82%(2020年度調査より)と全国平均41.5%(2020年度調べ)より合格率が2倍近くになっています。この合格率の公表から、講座内容に対する自信が伺えます。実績重視で選びたい方には特におすすめです。

 

☑︎登録販売者に特化している!

三幸医療カレッジは登録販売者に特化しており、登録販売者試験の通学講座や、資格取得後の継続研修も開催しています。教材には三幸医療カレッジ独自の学習ノウハウが詰まっていて、知識を定着させる仕組みや、未経験からでも分かりやすい工夫がされています。通学教室は札幌から福岡まで11箇所にあり、通学で直接指導を受けたい方にもおすすめです。

 

☑︎模擬試験や直前対策セミナーで一発合格を目指せる!

試験前の総仕上げとして全国模擬試験や直前対策セミナーを受講できるので、苦手分野へのアドバイスをもらえ、最後まで合格を後押ししてくれます。

 

 

>>三幸医療カレッジで詳細を見る!

 

費用 eラーニングコース 35,200円(税込)・DVDコース 47,300円(税込) サポート期間 12ヶ月
添削 3回 質問 質問用紙&質問メール
標準学習期間 2〜3ヶ月
3位

キャリアカレッジジャパン

通信教育講座・資格のキャリカレ

不合格なら全額返金!一発合格を目指せる通信講座

☑︎全額返金サポートでノーリスク!

キャリカレでは、試験に合格できなかった場合に、受講料を全額返金するサポートがあります。「不合格だったら受講料が無駄になるかも…」と心配な方も、ノーリスクで試験にチャレンジ可能です。

 

☑︎キャリカレ自慢のテキストで一発合格を目指せる!

キャリカレの教材には、「試験によく出る箇所だけ効率的に学習できるテキスト」と「重要ポイントを徹底解説した映像講義」があり、初めて医薬品を学ぶ方でもわずか3ヶ月で一発合格を目指せます。

 

☑︎Web学習でスキマ時間を活用しサクサク学べる!

キャリカレの講座には、スマホ・PC・タブレットからいつでもどこでも視聴可能な映像講義が用意されており、家事の合間や通勤時間にも学習を進められます。仕事・家事・育児で忙しい人にもおすすめです。

 

 

>>通信教育講座・資格のキャリカレで詳細を見る!

 

費用 38,500円(税込) サポート期間 12ヶ月
添削 3回 質問 回数無制限
標準学習期間 3ヶ月
2位

eラーニングコース導入により効率的に学べる!

☑︎わずか3ヶ月で合格を目指せるプログラム!

たのまなは、重要ポイントを確実に押さえられるテキストで効率的に学習を進められるため、わずか3ヶ月の学習期間でも無理なく合格を目指せるプログラムを実現しています。

 

☑︎試験対策セミナーと回数無制限の質問で合格をサポート!

たのまなでは通信講座に加えて「登録販売者試験直前対策セミナー」のような試験対策セミナーを開催したり、サポート期間内は回数無制限で質問できるなど、受講生の不安や疑問としっかり向き合い、合格をサポートします。

 

☑︎2種類の講座から自分に合ったサービスを選べる!

たのまなの登録販売者講座は、「登録販売者合格総合講座」と「登録販売者合格講座」の2種類あります。「登録販売者合格総合講座」は、18ヶ月のeラーニング視聴期間、マルチデバイス対応、講義解説動画、過去問題、進捗管理などサポートが充実しているため、未経験の方も学びやすいです。

 

 

>>たのまなで詳細を見る!

 

費用 登録販売者合格講座 37,700円(税込)・登録販売者合格総合講座 44,800(税込) サポート期間 18ヶ月
添削 3回 質問 回数無制限
標準学習期間 6ヶ月

業界知名度No.1であり充実した学習サポートが受けられる!

☑︎通信講座と言えばユーキャン!

通信講座の王様であるユーキャンは、圧倒的な知名度の高さから人気の講座であり、現役の登録販売者からも選ばれ続けてNo.1です。(2021年10月ブランドイメージ調査より)

 

☑︎充実した学習サポート!

ユーキャンの登録販売者通信講座は、サポート期間は14ヵ月保証とされており、模試を含む7回の添削指導、毎日3問までの質問、学習スケジュールの作成など、手厚いサポート体制が整っています。

 

☑︎初心者でも学びやすい!

通信講座に長けているユーキャンだからこそ、学びへのノウハウから初心者の方でも学びやすい構成になっており、しっかりと段階を踏んで学びたい方にもおすすめできます。また、デジタルコンテンツ有無が選べて、有りだとスマートフォンからの学習が可能です。

 

 

>>ユーキャンで詳細を見る!

 

費用 デジタルテキストあり 49,000円(税込)・デジタルテキストなし 46,000円(税込) サポート期間 14ヶ月
添削 7回(模擬試験1回を含む) 質問 あり(1日3問まで)
標準学習期間 6ヶ月

登録販売者試験向け通信講座まとめ

商品 画像 商品リンク 特徴 費用 サポート期間 添削 質問 標準学習期間
アイテムID:8822162の画像

公式サイト

業界知名度No.1であり充実した学習サポートが受けられる!

デジタルテキストあり 49,000円(税込)・デジタルテキストなし 46,000円(税込)

14ヶ月

7回(模擬試験1回を含む)

あり(1日3問まで)

6ヶ月

アイテムID:8822164の画像

公式サイト

eラーニングコース導入により効率的に学べる!

登録販売者合格講座 37,700円(税込)・登録販売者合格総合講座 44,800(税込)

18ヶ月

3回

回数無制限

6ヶ月

アイテムID:8823886の画像

公式サイト

不合格なら全額返金!一発合格を目指せる通信講座

38,500円(税込)

12ヶ月

3回

回数無制限

3ヶ月

アイテムID:8823904の画像

公式サイト

登録販売者に特化した通信講座!

eラーニングコース 35,200円(税込)・DVDコース 47,300円(税込)

12ヶ月

3回

質問用紙&質問メール

2〜3ヶ月

アイテムID:8823912の画像

公式サイト

スキマ時間で学べる!スマートフォン1つで受講可能

21,500円(税込)

2022年度版:2023年1月31日まで

質問10回分の学習Q&Aチケットあり

登録販売者の求人や将来性は?気になる点を徹底解説!

登録販売者資格の給料相場や難易度など、気になる疑問を徹底解説いたします。これから受験を検討する人はぜひ参考にしてください。

登録販売者の資格に将来性やメリットはある?

一般用医薬品の専門知識を持つ登録販売者は、薬剤師の不足により需要が高まっていたり、高齢化が進むにあたって在宅医療や介護の場でも活躍が期待されているため、とても将来性があると言えます。

 

就職については、薬局・薬店・ドラッグストアから、コンビニエンスストア・スーパー・ホームセンターなど、医薬品販売を行う店舗で幅広く活躍できます。

 

また、医薬品販売ではなくても医薬品の専門知識を活かせる職場も増えており、登録販売者の知識が仕事に役立つ機会も多いです。今後もさまざまな業界から求人ニーズが出てくる可能性のあるお仕事です。

登録販売者と薬剤師の違いは?

大きな違いの1つは、薬剤師は第1類医薬品を含むすべての医薬品を扱える資格ですが、登録販売者は【第2類医薬品・第3類医薬品】のみを扱える資格です。

 

とはいえ、一般用医薬品は第2類・第3類医薬品が9割以上を占めており、登録販売者はほとんどの一般用医薬品を扱えて知識も幅広いため、薬剤師と同じように医薬品を扱うさまざまな職場に需要ニーズがあります。

 

もう1つ大きな違いとして、医師から出された処方箋に基づく調剤業務は薬剤師のみが可能な業務です。登録販売者の資格が登場してから、薬剤師は第1類医薬品と調剤に専念できて、効率的で丁寧な対応が可能になりました。

登録販売者と調剤薬局事務の違いは?どちらが有利?

医療教育に長けているニチイ学館の講座などで「調剤薬局事務」の資格を目にしますが、登録販売者との違いが分からないと思う方もいるようです。結論から言うと、「調剤薬局事務」と「登録販売者」の業務内容はまったく異なります。

 

「登録販売者」は第2類までの医薬品を扱ったり説明ができるのに対し、「調剤薬局事務」は直接医薬品に関わる場面がほとんどありません。「調剤薬局事務」は受付業務や請求業務が主なお仕事です。

 

安定した正社員や、将来的に独立を目指したい方は「登録販売者」がおすすめですが、初めて資格を取得する方であれば、難易度も低くて取得しやすい「調剤薬局事務」も視野に入れてみましょう。

登録販売者の求人数は多い?

登録販売者の職場は、薬局やドラッグストア以外にもコンビニエンスストアや家電量販店など求人数も多く、全国に求人があるので自分に合った職場を探しやすいメリットがあります。

 

さらに登録販売者の資格には有効期限がないため、育児や介護などで退職しても復職がスムーズで、長く続けやすいお仕事と言えます。

 

登録販売者の給料・年収は?

登録販売者資格保有者の給料は、平均すると年収は300万円~400万円が相場で、月給にして20~25万円、時給では1000円~1300円程度です。

 

資格手当は会社によって金額が異なりますが、正社員であれば月給5,000円~2万円、パートアルバイトでは時給200円~300円の給与アップが期待できます。

 

試験の難易度が高い薬剤師と比べると給与は低いように感じますが、活躍の場は薬剤師と同じように幅広く需要もあります。登録販売者の中には転職を何度か経て年収をステップアップさせてきた方も多いです。広い目で登録販売者の求人を探してみましょう。

登録販売者試験は難易度が高い?

医薬品を取り扱うため、なんとなく試験の難易度が高いイメージがありますが、登録販売者試験の合格率は約40~50%と難易度はそれほど高くありません。確率的には2人のうち1人が合格しています。

 

しかし、登録販売者の試験は学習範囲が広いため勉強しなければ合格は難しいです。特に医薬品を学ぶのが初めての方は、疑問をしっかり解決しながら一発合格を目指せるような学習環境を選びましょう。

独学でも合格できる?

登録販売者試験の受験には、実務経験や年齢制限などの受験資格が必要ないため、やり方次第では独学で合格も不可能ではありません。

 

また、登録販売者の教材に関しても、独学で学習可能なテキストやアプリも豊富にあり、独学でも勉強しやすい環境です。これから資格を取りたいと考えている方は、試しにアプリをダウンロードすると学習のイメージが掴みやすいです。

 

ただし、登録販売者の学習範囲はとても幅広いため、忙しくて時間が取れない方や効率的に学習したい方には通信講座をおすすめします

過去問題集だけをやればいいって本当?

もちろん過去問題集はとても重要で、登録販売者試験の勉強は、テキストである程度理解できたら過去問題集を解いて覚えるのが効率がいいと言われています。

 

ただ、検索すれば出てくるような過去問題集には解説がない場合が多く、自分が理解できていない部分を把握するのは難しいです。また、登録販売者の勉強法を検索しても、「とにかく過去問題集をやる」「暗記する」などざっくりしていて、どう勉強したら良いのかイメージしにくいものがほとんどです。

 

独学と通信講座の大きな違いは、合格までの近道を教えてくれる人が居るか居ないかの差です。独学でも学習方法によっては合格を目指せますが、遠回りする可能性もあります。短期間で効率的に学習して一発合格を目指すのであれば、通信講座も検討してみましょう。

試験日・合格率など登録販売者の資格試験詳細

登録販売者の試験内容や合格率、問題数などの例年の基本事項です。

 

試験日
  • 8月下旬~12月中旬頃
合格ライン
  • 全120問に対する正答率が70%以上
  • 各試験項目の出題数に対する正答率が35~40%以上
合格率
  • 40~50%(2021年度調べ・変動あり)

試験内容

  • 試験時間:4時間
  • 出題範囲

第1章:医薬品に共通する特性と基本的な知識(20問)
第2章:人体の働きと医薬品(20問)
第3章:主な医薬品とその作用(40問)
第4章:薬事に関する法規と制度(20問)
第5章:医薬品の適正使用と安全対策(20問)

  • 問題数:全120問
試験受付期間
  • 各試験日の約2ヶ月前

 

登録販売者の資格試験は、都道府県によって試験日と申し込み期日が異なります受験される方は、申し込み期日を忘れて試験が受けられないなどのトラブルを避けましょう。

 

また、合格率も各都道府県や年度によって大きく変動するため、合格率に左右されずに、自分に合った学習方法で合格ラインを目指し、正答率を上げていきましょう。

まとめ

登録販売者の通信講座は、教材に関しては届いてみないと分からない部分がほとんどですが、サポート内容については明示している場合が多いです。サポート体制の充実度や、学びやすさなどから自分に合った通信講座を選び、登録販売者の試験合格を目指しましょう

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年09月27日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

「習い事」や「資格取得」通信講座の選び方おすすめランキング

「習い事」や「資格取得」通信講座の選び方おすすめランキング

その他
【2021年最新版】ファイナンシャルプランナー通信講座人気おすすめランキング7選

【2021年最新版】ファイナンシャルプランナー通信講座人気おすすめランキング7選

資格スクール
宅建通信講座の人気おすすめランキング15選【2023年最新版】

宅建通信講座の人気おすすめランキング15選【2023年最新版】

資格スクール
【2023年最新版】ネイル資格の通信講座人気おすすめランキング9選

【2023年最新版】ネイル資格の通信講座人気おすすめランキング9選

教室・スクール・習い事
【2023年最新版】医療事務の通信講座おすすめ人気ランキング7選

【2023年最新版】医療事務の通信講座おすすめ人気ランキング7選

資格スクール
アロマテラピー検定通信講座の人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

アロマテラピー検定通信講座の人気おすすめランキング7選【2023年最新版】

その他のサービス