おすすめの人気自動車保険ランキング5選【2022年度最新版】

記事ID35245のサムネイル画像
万が一に備えて加入しておきたい自動車保険。とはいえ、価格やサービスなど様々でどこが自分に合っているのか分からない方も多いのでは。そこで本記事ではおすすめの自動車保険をランキング形式でご紹介。選び方や気を付けたいポイントも解説していきます。是非参考にしてください。

車に乗るなら「自動車保険」に入ろう!

事故を起こした場合、加害者は民事責任を課せられます。相手に対して高額な賠償金を支払わなければなりません。

 

例え、軽い怪我で済んだとしても賠償金は70万円以上の支払いになるといわれています。重い障害が残る状態であれば、かかる金額は5,000万円も超えてしまいます。余程の資産を持っていない限り、1人で5,000万円以上の賠償金を支払うのはかなりの大負担。

 

自動車保険に加入すれば、こういった金銭トラブルの助けになります。自動車保険を扱っている会社はたくさんあるので、どこに加入すればいいか迷ってしまうかもしれません。そこで本記事では、おすすめの自動車保険だけでなくメリットやデメリットについて解説していきます!

【編集部おすすめ】自動車保険の相談をするならここ!

自宅にいながら保険相談が可能

【さまざまなキャリアを歩むサポート】

人生には、資産運用、保険、貯金、投資などさまざまなお金に関して考える場面があります。マネーキャリアでは、一人一人のお金の悩みを解決して、さまざまなキャリアを歩むサポートをしていきます。

 

【保険の不安ならなんでも、納得いくまで何度でも無料】

悩みに合わせて専門性の高い相談員を紹介し、簡易ライフプラン表の作成まで専門家が親身に対応します。納得いくまで説明できるお金の専門家だけを選別しており、相談は何度でも無料です。


【オンラインで手軽に相談】

時間や場所を選ばず、自宅にいながらオンラインで相談できます。(ZOOMアプリなどを利用します。)出張相談も全国対応しています。

 

実績

★★★★★

累計申込件数12,000以上

相談形態

★★★★★

ライフプラン、保険見直し、老後年金、積立保険、医療・がん保険、学資保険、住宅ローン、その他家計相談

相談料金

★★★★★

何度でも相談無料

相談形式

★★★★☆

オンライン面談、出張面談

そもそも自動車保険とは?

自動車保険も様々な歴史を経て現行の制度に進化しました。ここでは、自動車保険の経緯を見ていきながら、どういった保険を選ぶべきか解説していきます。子育てされている方や成人に達した子がいる方は必見です。

自動車保険が誕生した背景

自動車保険の歴史は、大正時代にまで遡ります。日本で初めて自動車保険を設けたのは、「東京海上日動」でした。1914年の出来事なので大正3年の話です。自動車は世界的には18世紀にイギリスで起こった産業革命を皮切りに、ヨーロッパではさかんに生み出されていきました。

 

しかし、日本は当時鎖国をしていたため、自動車に関する知識や技術は18世紀に伝わっていません。日本で初めて自動車が渡ったのは、1889年(明治32年)の頃です。そこから、日清戦争や日露戦争の勝利で景気が上がり、市民層にまで少しずつ広まったと言われています。とはいえ、実際に使われている自動車の数は約1,000台程度でした。

 

この頃に東京海上日動が日本初の自動車保険を設けますが、当時の目的は自動車の価値を守るためだと考えられています。つまり、交通事故を起こした方への保護をあまり懸念していませんでした。事故を起こした際の補償金も基本的には車の修繕をスムーズにするためです。車の価値が現代とは全く違った、歴史を知る上では貴重な変化かもしれません。

自動車の数が増加した昭和時代以降の保険

昭和時代に入ると自動車の生産量が急激に上がりました。運転する人が増えていくに連れて、交通事故の件数も当然増加します。自動車の価値を守るための保険が、交通事故加害者の保護に重きを置いたのは言うまでもありません。

 

自動車保険が交通事故加害者の保護を重視したために、車の運転も少しずつ心地の良いものになりました。例え事故が起こったとしても、1人でトラブルを抱える心配も無くなるからです。手厚い保険があったからこそ、自動車産業の活性化に繋がりました。

 

自動車保険に入っていれば、例え交通事故を起こしても保険会社から補償金が下ります。先述した通り、交通事故で支払うべき賠償金は非常に高額です。自己破産の陥る可能性もあります。車を運転する方は、絶対に入っておくべき保険です。

自動車保険の選び方

では、実際に自動車保険を選ぶ際には、どのような点に気を付ければいいのか説明します。保険選びにおいて欠かせないのが、自分自身の生活を見直す癖です。生活スタイルに合わないような保険を選んでも、思った以上のメリットを受けられない可能性もあります。

 

自身の年齢や子どもの有無、車の使い方などと近況や変化を考慮して選ぶようにしましょう。下記において、自動車保険選びに欠かせないポイントを4点紹介します。当該ポイントを意識しながら、自分に合った保険を探していくのが大切です。

自分の年齢と交通事故の関係性を調べる

まず、保険選びに欠かせないポイントとして自分の年齢と交通事故との関係性が挙げられます。例えば、一般的に交通事故の割合が低いのは、30代から50代といったシニア層です。意外に感じるかもしれませんが、実際に警察庁の統計にも表されています。

 

つまり、保険に入っておくのは必要不可欠だとしても、30代から50代は一般的に保険の影響も低いと考えられます。無論、人によって異なるので例外がある点も考慮しましょう。ただし、シニア層の方は一方的に保険料を払い続けるケースも多いといえます。

 

ここで重要なのが、シニア層でも恩恵を受けられるシステムの有無です。例えば、正しい運転を続けていれば、保険料を大きく抑えられる制度も会社によって導入しています。年齢層に応じた柔軟なサービスがあるか否かに目を向けてみると保険も選びやすいです。

子どもがいる家庭は「子育てプラン」に目を向けてみる

自動車保険も年齢に応じて重視すべきポイントが変わります。特に20〜40代であれば、子どもを車に乗せて送迎する方もいる最中、40代から50代へ到達すると既に子が成人して自分で車を持つ家庭もあるはずです。特に注目したい部分は、「子育て」による保険料の引き下げプランが挙げられます。

 

子育て世代は気を配らなければならない場合も多いです。慎重な運転を心がける方も増える一方で、子どもに気を取られるあまり運転へ集中できなくなる危険性も孕んでいます。リラックスして運転できる環境が整えられ、かつ万が一の事故を起こしても対処しやすいような保険選びが求められます。

弁護士費用等の特約にも注目する

他にも、自動車保険選びには弁護士費用等の特約も欠かせません。自動車事故を起こした場合、話が殆どまとまらなかったら弁護士に依頼して裁判で戦う選択肢も出てきます。事故による損害は勿論ですが、裁判になると弁護士費用も発生します。

 

弁護士に支払う費用は、我々が想像している以上に割高です。中には、裁判を起こしたいものの弁護士費用を払えずに断念する方もいます。いわゆる、不本意な諦めを防ぐためにも支払う料金を確保しなければなりません。裁判沙汰も見据えて、弁護士費用の特約を結ぶ会社も存在します。

 

特に保険は損害賠償を補償するものなので、こちらに過失が無いと保険金は基本的には支払われません。保険会社の力を借りられないとなると、自ら弁護士を探して依頼しなければならないのです。不安な状況を回避するためにも、特約にも絶対に目を向けましょう。

口コミや評判もしっかりと確認しておく

さらに、意外と見落としていけないのは口コミや評判です。保険会社を選ぶ際には、大抵の方が会社のホームページを参考にすると思います。サイトに訪れれば、どの会社も自身の強みをアピールしているはずです。しかし、ここで気を付けなければならない点があります。

 

それは、企業側がわざわざ悪い情報をホームページに掲載しない点です。基本的に会社は自らの強みしか見せないようにしています。過去に起こった不祥事やトラブルなどは、殆ど説明しません。事態が風化すれば、単純に忘れ去られてしまいます。

 

確かに、一度の不祥事で会社の全てが評価できるわけでもないです。しかしながら、ある程度の判断材料として長短含めた全てを知りたい方もいます。その方は、必ず口コミに目を通しましょう。現時点でどう評価されているかを確かめ、保険会社選びの参考にするのがコツです。

自動車保険の加入方法の仕組みを知ろう

自動車保険に入るとはいえ、手続きの方法が正確には分からない方も少なくないです。加入方法には、大きく分けて「対面型」と「ダイレクト型」があります。どちらの方法も特有のメリットやデメリットが存在します。両者の違いをしっかりと見ていきながら、自分に相応しい加入方法を選びましょう。

対面型のメリット・デメリット

対面型は、実際に保険会社の担当の方と会って話を進める手続きです。お互いに認識し合って話をするので、不明な点があっても直接質問できます。また、確認しながら進めていけば、手続き上のミスも抑えられるのがメリットです。

 

一方で、対面型は保険会社の担当の方に対する人件費がかかるため、保険料が割高になるデメリットもあります。顧客側からしても、直接会うために時間を割かなければなりません。タイミングによっては、知識が追いついていない職員に当たる可能性もあり、専門的な内容を教えてもらえない状態にもなり得ます。

ダイレクト型のメリット・デメリット

ダイレクト型は、保険会社の担当と顧客が直接会わずにインターネットなどで登録手続きをする形態です。職員とやり取りする必要は無いので、人件費にかかる費用は発生しません。つまり、保険料をその分下げられるメリットが存在します。時間に左右されず、都合の良いタイミングで手続きできるのもポイントです。

 

デメリットとしては、保険の内容によって補償を受けられないサービスの存在が挙げられます。ダイレクト型は対面型よりも契約方法が簡略的です。そのため、複雑な補償内容になると恩恵を受けられなくなる恐れがあります。さらに、こういった複雑な情報も自ら集めなければなりません。慣れていない方にとって難しい手段です。

20〜50代の方におすすめな自動車保険ランキング5選

チャレンジ精神に満ちた保険会社!

ソニー損害保険株式会社は、1998年6月に設立されたものの損害保険の業務を提供したのは1999年9月でした。保険会社の健全性を示すソルベンシー・マージン比率は700%を超えています。

 

ソニー損保は、2020年3月からAIを搭載した自動車保険である「GOOD DRIVE」のサービスを開始しました。当該サービスはスマートフォンのアプリとして利用でき、走行距離に応じた保険料を瞬時に計算してもらえます。

 

また、正しい運転をしているか察知して保険料に適用してもらえるのも嬉しいポイントです。このように時代の変化に合わせて様々な挑戦をしています。ソニー損保のチャレンジ精神は、被保険者にとって頼もしい存在です。

契約タイプ ダイレクト型 拠点 約9,900箇所
24時間体制

走行距離に応じたお得な保険!

イーデザイン損害保険株式会社は、2009年に設立された保険業界の中でも極めて新しい会社です。東京海上ホールディングスとNTTファイナンスが共同で資本を出し合って誕生しました。

 

QRコードを用いるとなどと電子的な契約を得意としていて、保険業界には無かったサービスも次々と提供しています。保険料は走行距離分しか徴収されないので、被保険者も納得しやすい仕組みです。

 

その他、無事故の割引制度が20等級の被保険者にも適用されたり、補償内容も充実していたりとバランスの良い体制で人気を博しています。上手な運転に取り組んでいる方が、より恩恵を得られるシステムです。

契約タイプ ダイレクト型 拠点 工場・ロードサービス併せて10,000箇所以上
24時間体制

初心者でも分かりやすい保険システム!

チューリッヒ保険会社は、世界的な規模を誇る団体のチューリッヒ・インシュアランス・グループの1つです。アジアに拠点を設ける目的のため、日本で1986年に会社が設立されました。

 

チューリッヒ保険会社が提供しているサービスは、相手方への補償と車への補償、搭乗者への補償及びその他の補償の計4種です。4つの保険ごとにプランを整理するなど分かりやすく設定されています。

 

あらゆる割引プランも設けられていて、修理工場数も多いです。国内に存在する全ての保険会社から乗り換えても、等級や共済の引き継ぎができます。

契約タイプ ダイレクト型 拠点 修理工場が約1,400箇所
24時間体制
2位

運転者と車の性能を細かく分析するサービス!

セゾン自動車火災保険株式会社は、1982年に設立されて1983年から事業を開始しました。年齢に応じた事故のリスクを加味しながら、保険料の額を決定しているのが大きな特徴です。

 

運転者だけではなく、車の性能を調査して保険料を出します。特に強みとしているサービスが、「おとなの自動車保険」です。テレビのCMでも頻繁に当該ワードが流れています。

 

割引プランも多数用意されていて、インターネット登録で保険料が安くなります。自分の生活スタイルに応じて細かく保険の内容を切り替えられるので、賢く利用した方におすすめです。

契約タイプ ダイレクト型 拠点 合計約17,000箇所
24時間体制

顧客の心理を追究した保険サービス!

アクサ損害保険株式会社は、1998年から設立されている保険会社の1つです。世界的に見ても大きな規模を誇るアクサグループの1つとしても知られています。取り扱っている商品の中心が自動車保険で、より専門性に長けています。

 

アクサ損害保険株式会社は、個々のプランに合わせながら対応できるのが特徴です。保険と一口に言ってもニーズは人によってさまざまで、パッケージには適用できない商品も少なくありません。顧客が保険に対して不便に感じる内容をあらかじめ押さえ、柔軟性を取り入れたのです。

 

加えて、インターネットで申し込むと20,000円の加入金が無料になるサービスも提供しています。インターネットを頻繁に使う若者にとっても、有り難いサービスです。

契約タイプ ダイレクト型 拠点 687箇所
24時間体制

おすすめの自動車保険比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 契約タイプ 拠点 24時間体制
1
アイテムID:8502880の画像
アクサ損害保険株式会社

公式サイト

詳細を見る

顧客の心理を追究した保険サービス!

ダイレクト型 687箇所
2
アイテムID:8502862の画像
セゾン自動車火災保険株式会社

公式サイト

詳細を見る

運転者と車の性能を細かく分析するサービス!

ダイレクト型 合計約17,000箇所
3
アイテムID:8502846の画像
チューリッヒ保険会社

公式サイト

詳細を見る

初心者でも分かりやすい保険システム!

ダイレクト型 修理工場が約1,400箇所
4
アイテムID:8502829の画像
イーデザイン損保

公式サイト

詳細を見る

走行距離に応じたお得な保険!

ダイレクト型 工場・ロードサービス併せて10,000箇所以上
5
アイテムID:8499846の画像
ソニー損保

公式サイト

詳細を見る

チャレンジ精神に満ちた保険会社!

ダイレクト型 約9,900箇所

自動車保険への加入で気を付けるべきポイント

自動車保険に加入する際には、メリットやデメリットのみで判断すれば良いわけではありません。丁寧に情報を見ていかないと、保険選びでミスも生じかねません。失敗しない自動車保険の加入方法について紹介していきましょう。

補償内容は確実に目を通すようにする

まず、自動車保険に加入する際には、補償内容を読み込んで誤解しないよう留意しましょう。加入者が失敗するパターンとして多いのが、下りると思った補償が一銭も無い状態です。自動車保険といっても、一般的には自然災害による事故は別途契約を結ばないといけません。

 

例え、自然災害のせいで事故に巻き込まれた場合でも、特約を結ばなければ補償が下りなくなってしまいます。その点を勘違いして、保険会社と揉める方も稀に現れるのです。補償内容は大抵が書面に明記されていますが、複雑なシステムであるため間違えて認識する危険も孕んでいます。

 

特にダイレクト型で契約を結ぶ方は、より一層気を付けなければなりません。自身が提携している保険の内容を定期的にチェックして、補償に関するトラブルを起こさないようにしましょう。

保険会社を乗り換える際にもトラブルが起こりやすい!?

保険料の関係から会社を乗り換える方も一定数存在します。その方が陥りやすいのが、解約返戻金や空白期間、等級のトラブルです。大抵の会社は、保険を解約すると解約返戻金が支給されます。他方で、タイミングの違いで一部が貰えなくなる事態もあります。解約日と返戻金の状況はしっかりと精査した方が得策です。

 

それだけでなく、乗り換える会社によっては等級が引き継がれない可能性もあります。特に事故を起こすと乗り換えによって等級の下がり幅も異なります。前の会社では1級しか下がらなかったのに、乗り換えたら3級下がったといった状態もあり得るのでチェックしておきましょう。

 

最後に、保険会社を乗り換えるのであれば、空白期間を作らないのが肝要です。解約してすぐに新たな保険に加入しないと、一切補償のない期間が出てきます。その期間に事故を起こしたら、全て自分で解決しなければなりません。空白期間は危機的状況に陥るだけなので、絶対に作らないよう意識がけが必要です。

まとめ

今回はおすすめの自動車保険を選び方も踏まえて詳しく紹介しました。万が一、車の事故を起こしたら1人で全て処理するのは至難の業です。保険会社と連携すれば、冷静さを取り戻しやすくなります。是非今回の記事を参考に、快適な自動車ライフを過ごしましょう!

自動車保険の相談がオンラインでできる!

【さまざまなキャリアを歩むサポート】

人生には、資産運用、保険、貯金、投資などさまざまなお金に関して考える場面があります。マネーキャリアでは、一人一人のお金の悩みを解決して、さまざまなキャリアを歩むサポートをしていきます。

 

【保険の不安ならなんでも、納得いくまで何度でも無料】

悩みに合わせて専門性の高い相談員を紹介し、簡易ライフプラン表の作成まで専門家が親身に対応します。納得いくまで説明できるお金の専門家だけを選別しており、相談は何度でも無料です。


【オンラインで手軽に相談】

時間や場所を選ばず、自宅にいながらオンラインで相談できます。(ZOOMアプリなどを利用します。)出張相談も全国対応しています。

 

実績

★★★★★

累計申込件数12,000以上

相談形態

★★★★★

ライフプラン、保険見直し、老後年金、積立保険、医療・がん保険、学資保険、住宅ローン、その他家計相談

相談料金

★★★★★

何度でも相談無料

相談形式

★★★★☆

オンライン面談、出張面談

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年05月06日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

2022年最新!おすすめの火災保険ランキング10選【選び方も紹介】

2022年最新!おすすめの火災保険ランキング10選【選び方も紹介】

その他
ポイ活サイトの人気おすすめランキング11選【2022年度最新版】

ポイ活サイトの人気おすすめランキング11選【2022年度最新版】

不用品回収・買取サービス
台風による損害の保険ってどうなっているの?火災保険で補償される!?

台風による損害の保険ってどうなっているの?火災保険で補償される!?

その他
【どこがいい?】無料保険相談窓口の人気おすすめランキング13選

【どこがいい?】無料保険相談窓口の人気おすすめランキング13選

その他
【切り替える?】国民健康保険に一ヶ月でも空白期間が生じる際の対処法【転職する方必見】

【切り替える?】国民健康保険に一ヶ月でも空白期間が生じる際の対処法【転職する方必見】

その他
【2022年最新版】個人年金保険の人気おすすめランキング10選【変額年金や定額年金もご紹介】

【2022年最新版】個人年金保険の人気おすすめランキング10選【変額年金や定額年金もご紹介】

個人年金保険