ボクシングシューズの人気おすすめランキング10選【ミズノやアディダス等】

記事ID21696のサムネイル画像

ボクシングシューズと一言で言っても本格的にボクシングをするための商品から、ボクササイズで体を動かしたい!という人用の商品まで幅広くあります。そんな豊富にある種類の中から自分好みのボクシングシューズの選び方とともに、ランキング形式で人気商品をご紹介します!

ボクシングシューズの役目

ボクシングシューズは本格的なボクサーが使うものだと思われがちですが、実は足首やアキレス腱を守るためにもボクシング以外の用途でも使われることがあるんです!でも選び方の基準がわからない。という方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。
 
 
今回はそんな方に向けて、ボクシングシューズの種類から選び方、ブランドの違いなどをご紹介します。ランキングは軽さ・素材などを元につけました。どれを使ったらいいか迷っている方は参考にしてください。
 
 
そして、ランキングの最後にはボクシングシューズの洗い方や、代用なども軽く紹介していますので、最後まで是非ご覧ください。

ボクシングシューズの選び方

ランキングをご紹介する前に、選び方について説明していきます。是非ご自身に合ったボクシングシューズを見つける参考にしてください

タイプ別に選ぶ

ボクシングシューズには3タイプあって、それぞれに用途が違います。用途の違いを知ってご自身に合ったボクシングシューズを見つけましょう!

本格的なボクシングをしたい方は「ロング(ハイカット)タイプ」がおすすめ

ロングタイプは足首までしっかり紐で縛り、フィト感が高いことが特徴です。フィット感だけでなく、実は捻挫やアキレス腱の負傷など、怪我のリスクから守ってくれる効果もあるんです!なので激しく運動する本格的なボクシンングを楽しみたい人におすすめです。

 

デメリットとしては長さがある分、着脱に時間がかかる部分です。ですが、プロのボクサーはロングタイプを着用しているイメージがあるので、これぞボクサーだ!と思うシューズが欲しい方にもおすすめなタイプです!

 

軽い運動がしたい方は「ショート(ローカット)タイプ」がおすすめ

 
ショート丈はロングに比べてとても短く、くるぶしほどの長さになります。その特徴は気軽に着脱できるところです。ただその分フィット感がロングタイプよりも減ってしまうので、気軽にボクシングを楽しみたい方、ボクササイズなどを楽しみたい人におすすめです。
 
 
本格的にボクシングを楽しみたい方も練習用として一足常備しておくことをおすすめします。

試合やボクササイズなど用途の幅広さをお求めの方は「ミドルタイプ」がおすすめ

 
ミドルタイプの特徴はロングタイプの長所とショートタイプの長所どちらも兼ね備えているところです。特にロングタイプの足首の怪我などから守ってくれるところと、ショートタイプの着脱のしやすさという二つの大きな特徴です。
 
 
一昔前まではロングタイプがボクシングをする人たちにとっては主流でした。今ではミドルタイプを選ぶ人も増えました。ボクサーらしさを感じられる程よい長さと、保護力・着脱のしやすさどちらも備えた、バランスの良いタイプをお探しの方におすすめです。

素足の感覚に近いシューズを選ぶ

ボクシングシューズはフットワークが要になる競技です。そのフットワークを更に良くするには素足に近い状態を作ってくれるシューズのポイントを2点お伝えします。

リズミカルなフットワークを目指してる人は「軽量なもの」がおすすめ

ボクシングシューズはできるだけ軽量なものを選ぶのがおすすめです。フットワークが要となるボクシングは足まわりが重くなってしまうのは致命的。思うように足を動かせず、俊敏でリズミカルな動きをするのが難しくなります。

 

具体的には、およそ片足で250〜350gほどのものがおすすめです。更に軽さをお求めの方は「超軽量」と書いてある商品を探すのがおすすめです。

ソールの厚みは1cm〜2cmほどの「薄いもの」がおすすめ

 
より素足感のある靴を選ぶには靴の底となるソール部分も薄いものがおすすめです。特に1cm以内〜2cmまでのものが良いです。最近は技術も進んでいて1cm未満まで薄くした商品もあります!
 
ソールが高くて、重たくなるほど疲れが溜まりやすくなってきます。履いた瞬間はそれほど違和感がなくても、長時間履くことで疲れが目に見えて来ます。ソールもより薄く、素足に近くなるものを選びましょう。

サイズ選びの時には「つま先に少し余裕があるもの」を選ぶ

先程は素足に近い状態の環境を作り出せる選び方を紹介しましました。次は、サイズ選びを紹介します。これに関しては素足感を重視するよりも、シューズの中でつま先が動かせるくらいの余裕があるかですを目安に選ぶのがおすすめです。

 

素足感を重視しすぎて窮屈なものを選ぶと大切な足を痛めてしまいます。逆にぶかぶかだと足が疲れやすくなって、良いパフォーマンスが出にくくなってしまいます。つま先部分に余裕があることで足の指に力が込めやすくなり、力強いパンチにも繋がりますよ!

ブランドで選ぶ

ブランドは見た目だけではなく、実はご自身のモチベーションにもつながることでもあるんです!そこで、ブランドの特徴を4社ほどご紹介いたします。

研究を重ねて信頼を得た「ASICS(アシックス)」

ASICS(アシックス)は1949年にされました。創業者の故鬼塚喜八郎氏が「スポーツを通じて青少年を健全に育成すること」を願って神戸で創業したブランドです。その願いと共に、現在も快適な使い心地と品質で国内外問わず多くの信頼を得ています。

 

そして、ボクシングシューズの開発に関しては日本人の足を徹底的に研究して開発したものが多いので、プレゼントとして贈り物としても喜ばれやすい信頼できるブランドとなっています。

機能性とデザイン性を兼ね備えた「adidas(アディダス)」

世界的なスポーツカンパニーの一つとして有名なadidas(アディダス)数々の名作スニーカーを世に出し、今では知る人の多いスニーカー会社です。もともとスポーツスニーカーの補強の為に編み出された3本のバンテージが今ではブランドの象徴になっています。

 

ボクシングシューズの開発に当たっては通気性や機能性だけではなく、デザインもかっこいいものが多いのが人気の理由です。比較的お手頃の価格設定なので、プロと同様にもちベージョンを上げたい初心者さんにおすすめなブランドとなっています。

 

個性派な人におすすめしたい「Reebok(リーボック)」

国内でも常に人気の高いスニーカーブランドとして名を挙げているReebok(リーボック)のグローバルメッセージはYOUR MOVEとしています。スニーカーの開発以外にも、フィットネスのプログラムを提供したり、スポーツイベント等も行っている活発な会社です!

 

他社にはない独創性に溢れていて、常に新しいスニーカーの開発をしているのが特徴です。機能面はもちろんなので幅広い方におすすめできるブランドですが、「ちょっと他とは差をつけたい」と思っている個性派デザインが好きな人にもおすすめです。

練習用シューズに悩んでる人は「MIZUNO(ミズノ)」がおすすめ

国内のスポーツ競技の普及に役立てるとともに、品質の面においても海外製品に劣らないよう、科学的な視点での製品開発をスタートさせた会社です。

 

シューズの中でもクッション性とストレッチ素材に重きを置いているものが多いため、足が疲れにくいのが特徴です。そのため、練習用のショートタイプのシューズを探すときにMIZUNOから探すのがおすすめです。

レディースで探している人は「NIKE(ナイキ)」がおすすめ

NIKEは現在世界的なスポーツブランドとして、サッカー、バスケットボールなど様々なトップアスリート達を支える為に様々な最新技術を研究しながら製品開発をしている会社です。スポーツだけではなく、ファッションとしてもおしゃれで有名なブランドです。

 

ボクシングシューズに関してはメンズはもちろんのこと、他ブランドに比べてレディース用のシューズの品揃えが豊富なので、なかなかレディースのボクシングシューズが見つからない、、という方は是非一度覗いてみてください。

知る人ぞ知る有名ブランド「VENUM (ヴェヌム)」

格闘技に特化したブランドVENUM (ヴェヌム)。日本では知る人ぞ知る有名メーカーですが、世界では最も知られている国際的MMAブランドなんだとか。ボクサー界でも有名な選手のスポンサーについていることで名前が通っています。

 

ボクシングシューズ作りでは格闘技界特化型メーカーというだけあって、激しい運動に耐えうる耐久力と、素早く動くのをサポートするグリップ力の効いたシューズ作りが特徴と言えるでしょう。本格的にボクシングやボクササイズをする方におすすめです。

ボクシングシューズ人気おすすめランキング10選

高いグリップ力とホールド感抜群のボクシングシューズ!

足首のところにクッションパッドがあるおかげでホールド感抜群ですの商品です。ホールド感が高いことで足首を守り、捻挫などの怪我から守ってくれます。手に取りやすい値段なので初心者の方におすすめです。

 

高いグリップ力も特徴で、ソールの滑り止めの吸盤があることで母指球に踏ん張りが効きます。このおかげでパンチするときに下半身が安定し、パンチ力のアップも繋がります。高いグリップ力と片足500g以内の軽量でより素足のような感覚で履けます。

長さタイプ ミドルタイプ 重量 両足830g(片足415g)
アッパー素材 ポリエステル ソール素材 ラバー
ソール分厚さ ~ 色展開 2色

口コミを紹介

デザイン、履き心地、動きやすさ、値段もリーズナブルで全部良かったです。作りもしっかりしていましたし、次またシューズがダメになったらリピートします。

出典:https://www.amazon.co.jp

通気性と快適さを追求したボクシングシューズ!

アッパー部分はホールド感とフィット感があり、更に通気性を特に重視した快適な商品となっています。ソールは最新の薄めのスプリットソールが使用されており、つま先への負担が軽減されていながら、柔軟な動きをサポートします。
 
 
ボクシングやボクササイズを始めたばかりの初心者から、上級者の方まで幅広い方におすすめな商品です。特に通気性を重視した商品なので、汗をかきやすい方や、激しく運動をする方におすすめです。
長さタイプ ショートタイプ 重量 両足490g(片足245g)
アッパー素材 合成繊維+合成皮革 ソール素材 ゴム底
ソール分厚さ ~ 色展開 6色

口コミを紹介

ボクシング練習用に購入しました。足幅が広いので、スニーカーより0.5センチ大きめを選びました。サイズはピッタリで、特にキツイとは感じませんでした。ボクシングで履いてみました、動きやすかったです。色も想像以上にかっこよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

オリンピック選手も愛用のボクシングシューズ!

抜群のフィット感と安定性を実現したシューズです。オリンピック選手も愛用するほどの柔軟性と耐久性のある特殊合成のアッパー素材を使用しています。選手のように激しい運動をする方におすすめの商品です!

 

こちらのモデルは足幅が狭いタイプの商品なので、サイズ選びには注意が必要です。選び方のポイントは、足幅が通常サイズか広い方の場合、普段の運動シューズより5ミリ大きめサイズを選ぶことがおすすめです。 足幅が狭い方は、運動シューズと同じサイズで大丈夫です。

長さタイプ ショートタイプ 重量
アッパー素材 マイクロファイバー製(3Dシングルレイヤー) ソール素材 丸みを帯びたEVAミッドソール
ソール分厚さ 色展開 2色

口コミを紹介

写真で見た感じ幅が狭いような印象を受けたのですが、実際に履いたところ気になりませんでした。
通気性も抜群で気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2年間の研究の末、編み出されたボクサー専用のシューズ!

こちらはVENUM (ヴェヌム)初のプロ用ボクシングシューズです。なんと2年間も研究して作られたシューズなんだとか!フィット感と通気性を追求した商品となっているので、ボクサーが快適かつ安定して動けるように開発されました。

 

インソールは足底にフィットし、不快感を与えないデザインになっていて、メッシュ部分には通気の良い蜂の巣状のハニカムメッシュを使用しています。快適かつ激しい運動にも長期間耐えることができるので、激しいボクシングやボクササイズがしたい方におすすめです

高さタイプ ミドルタイプ 重量
アッパー素材 ハニカムメッシュ ソール素材
ソール分厚さ 色展開 4色

口コミを紹介

高校生の男子が履いています。デザインが良いし、写真で見た通りの色合いで気に入ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

デザインも機能性も良いボクサーシューズ!

足首をしっかりサポートしてくれる高いトップスで、更に足首へのフィット感も実現させました。更にはグリップ力も高いゴム底を使用したことで、素早い動きにもしっかり対応できます。

 

アッパー素材はメッシュ生地でできていて、裏地は吸水性なので、激しく動いて汗をかいてしまっても中で群れにくくなっています。初心者からプロ仕様まで、幅広い方におすすめねアイテムです。

長さタイプ ロングタイプ 重量
アッパー素材 スエード生地 ソール素材 ゴム
ソール分厚さ 色展開 2色

口コミを紹介

動きやすく生地もしっかりしてお勧めの商品です

出典:https://www.amazon.co.jp

アンクルストラップで更にフィット感を上げたシューズ!

お値段が少し張りますが、信頼性の高いリーボックが手がけたボクシングシューズです。軽量性と通気性を考慮したメッシュ素材を使ったアッパーで、軽くて締め付け感がありません!まるで足袋を履いている感覚に近いんだとか。

 

更にアンクルストラップがあるので、しっかりとホールドし、フットワークを妨げる事が少なくなります。値段がはりますが、その分長持ちすると思うので、これから本格的にボクシングやボクササイズに挑戦する方におすすめです。

長さタイプ ミドルタイプ 重量
アッパー素材 メッシュ素材 ソール素材
ソール分厚さ 1.5cm 色展開 1色

ボクシング界のレジェンドも着用していたブランド!

ボクシング界のレジェンド、モハメド・アリもリング上で着用していた「LONSDALE」。海外で花の通っているブランドなんだとか。ロゴのライオンは決断力、勇気、及び力の象徴となっているそうです。

 

レジェンドも履いていたブランドを履く事によって、きっと勇気が出て自信のあるプレーができるかもしれません。機能性だけでなく、こういった憧れを実現したい方にもおすすめの商品です。スポーツ道具選びは動きだけでなく、ポテンシャル面でも選ぶと良いでしょう。

長さタイプ ショートタイプ 重量
アッパー素材 合繊 ソール素材
ソール分厚さ 色展開 1色

口コミを紹介

海外から直接来ます。10日くらいかかりました。見た目がとにかくかっこよくて、ジムでも実力に合わずに目立ちます。履いてみたら多少幅がきつめ(わたしは26.5購入・いつもの靴は26か26.5)ですが、お気に入りになりました。サイズあえば安いしお薦めです。

出典:https://www.amazon.co.jp

蝶のように舞うことを後押ししてくれる一足!

「蝶のように舞うことを後押しする」というのがコンセプトの商品です。アッパーが足首を包み込み、軽やかなフットワークを支える作りになっています。そして、内側の補強が安定感を高めて、更に足首をサポートしてくれます。

 

リングをしっかりと踏みしめられるよう、グリップ力を発揮するようにソールにはラバー素材を使っています。お値段もそこまでしないモデルでありながら、デザインがとても良いのでリピート率が高いのも特徴です。初心者から上級者まで幅広い人におすすめです。

長さタイプ ミドルタイプ 重量 両足600g(片足300g)
アッパー素材 メッシュ素材 ソール素材 ラバー素材
ソール分厚さ 色展開 4色

履いていることを忘れるかも、、超軽量方ボクシングシューズ!

信頼と実績のブランド「ウィニング」から開発されたボクシングシューズです。メッシュ素材のため通気性もよく、片足260gで超つくほど軽くて動きやすい商品となっています!この超軽量で素足感が強い事から多くの人気を誇っています。

 

ソールは薄く、ラバー素材でできているので高いグリップ力もあり、アッパー部分はのメッシュ素材で通気性が良いので快適な履き心地も実現しました。これから本格的にごくシンングやボクササイズを始める初心者の方におすすめしたい一品です。

長さタイプ ショートタイプ 重量 片足260g(両足520g)
アッパー素材 メッシュ素材 ソール素材 ゴム素材
ソール分厚さ 色展開 3色

口コミを紹介

軽くて、
母指丘での回転が楽です。兎に角、
軽くて軽快に動けます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ザ・ボクサー!というオーラを放つ一足。

AHARラバーという独自のゴム性素材を使用することで、グリップ力に耐久性を備えた一足となっています。特に日本人の足型を徹底的に測定し、その標準的な足型を元に作り上げたものなので、日本人のために作られたシューズと言っても過言ではないでしょう。

 

ご自身用として購入はもちろんですが、お子さんの初めてのボクシングシューズとしてプレゼントで購入する方も多いようです。デザインもかっこいいのでプレゼントにもご自身ようにもとてもおすすめです。

長さタイプ ロングタイプ 重量
アッパー素材 本体=合成繊維製/補強=人工皮革製 ソール素材 ゴム底
ソール分厚さ 1cm 色展開 2色

口コミを紹介

安くて壊れにくくて長く使えるので、また同じものを買わせてもらいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ボクシングシューズのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6514829の画像

    ASICS(アシックス)

  • 2
    アイテムID:6518780の画像

    Winning(ウイニング)

  • 3
    アイテムID:6519169の画像

    adidas(アディダス)

  • 4
    アイテムID:6519262の画像

    Lonsdale(ロンズデール)

  • 5
    アイテムID:6519290の画像

    Reebok(リーボック)

  • 6
    アイテムID:6519326の画像

    Sport Pioneer(スポーツ・パイオニア)

  • 7
    アイテムID:6519351の画像

    VENUM (ヴェヌム)

  • 8
    アイテムID:6519490の画像

    adidas(アディダス)

  • 9
    アイテムID:6519512の画像

    ASICS(アシックス)

  • 10
    アイテムID:6519563の画像

    BODYMAKER(ボディメーカー )

  • 商品名
  • ボクシングMS
  • ボクシングシューズ RS-100
  • BOX HOG 3
  • ボクシングシューズ BXS1-2
  • CBT ボクシングブーツ
  • ハイトップ ボクシングシューズ
  • Elite Boxing Shoes
  • KO レジェンド
  • マットコントロール
  • ボクシングシューズ
  • 特徴
  • ザ・ボクサー!というオーラを放つ一足。
  • 履いていることを忘れるかも、、超軽量方ボクシングシューズ!
  • 蝶のように舞うことを後押ししてくれる一足!
  • ボクシング界のレジェンドも着用していたブランド!
  • アンクルストラップで更にフィット感を上げたシューズ!
  • デザインも機能性も良いボクサーシューズ!
  • 2年間の研究の末、編み出されたボクサー専用のシューズ!
  • オリンピック選手も愛用のボクシングシューズ!
  • 通気性と快適さを追求したボクシングシューズ!
  • 高いグリップ力とホールド感抜群のボクシングシューズ!
  • 価格
  • 15,178円(税込)
  • 19,800円(税込)
  • 6,980円(税込)
  • 9,099円(税込)
  • 22,249円(税込)
  • 9,191円(税込)
  • 19,990円(税込)
  • 15,080円(税込)
  • 7,869円(税込)
  • 3,990円(税込)
  • 長さタイプ
  • ロングタイプ
  • ショートタイプ
  • ミドルタイプ
  • ショートタイプ
  • ミドルタイプ
  • ロングタイプ
  • ショートタイプ
  • ショートタイプ
  • ミドルタイプ
  • 重量
  • 片足260g(両足520g)
  • 両足600g(片足300g)
  • 両足490g(片足245g)
  • 両足830g(片足415g)
  • アッパー素材
  • 本体=合成繊維製/補強=人工皮革製
  • メッシュ素材
  • メッシュ素材
  • 合繊
  • メッシュ素材
  • スエード生地
  • マイクロファイバー製(3Dシングルレイヤー)
  • 合成繊維+合成皮革
  • ポリエステル
  • ソール素材
  • ゴム底
  • ゴム素材
  • ラバー素材
  • ゴム
  • 丸みを帯びたEVAミッドソール
  • ゴム底
  • ラバー
  • ソール分厚さ
  • 1cm
  • 1.5cm
  • ~
  • ~
  • 色展開
  • 2色
  • 3色
  • 4色
  • 1色
  • 1色
  • 2色
  • 2色
  • 6色
  • 2色

以下の記事では、ボクシングに関連するバンテージ・グローブ・パンチングミットの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

実はとっても簡単なボクシングシューズの洗い方

これまで選び方やランキングをご紹介しましたが、次はお手入れの中でも難しいと思われがちな洗い方を軽くご紹介します。ただ、製品の素材によっては違ったりするそうなので、購入した際によく確認してから実践してみてくださいね!

 

まずは、使わなくなった歯ブラシなどで汚れを落とします。そして吸水性のある紙(新聞紙など)を中に詰めてスニーカーから水分を取りながら形を整えます。そのまま風通しの良い日陰で乾燥させます。これで完了です!すぐ出来ちゃいます

 

意外と想像していたよりも簡単だったのではないでしょうか?お気に入りのシューズを洗うことで更に長持ちしますし、愛着も湧いて運動するときのポテンシャルも上がるそうです!最近調子が出ないな、と思っている方も是非シューズを洗って気分を上げましょう!

ボクシングシューズは代用できる

先程ランキングでご紹介したように、ボクシングシューズは15000〜23000円ほどのものが多いです。元々手頃な価格設定の商品もありますが、あまり安すぎるものを買っても品質が良くなく、足を痛める可能性があります。そこで、代用可能なものを簡単にご紹介します。

 

代用可能なものは大きく分けて2つ。「トレーニングシューズ」と「レスリングシューズ」です。どちらもランキング前にご紹介した選び方の「軽さ・ソールの薄さ・爪先の少しの余裕」の3点が備わっているものが多くあるので代用としておすすめです!

 

グリップ力が欲しい方はレスリングシューズがおすすめです。どれを選ぶにしても「軽さ・ソールの薄さ・爪先の少しの余裕」の3点を重視しておくと良いと思います。その他の部分に関して、選び方がわからない方はまた調べてみてください。

まとめ

ボクシングシューズの記事はいかがだったでしょうか?気に入ったシューズを選べば、いつものボクシングが更に楽しくなり、きっと練習のモチベーションも上がります。自分好みのシューズを見つけて、試合や練習で愛用しましょう!

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月10日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新】コンプレッションウェアの人気おすすめランキング20選

【2021年最新】コンプレッションウェアの人気おすすめランキング20選

スポーツウェア
メンズドライビングシューズの人気おすすめランキング10選【普段履きにも】

メンズドライビングシューズの人気おすすめランキング10選【普段履きにも】

メンズ靴
ボウリングシューズの人気おすすめランキング10選【初心者から上級者まで】

ボウリングシューズの人気おすすめランキング10選【初心者から上級者まで】

スポーツシューズ
リハビリシューズの人気おすすめランキング10選【あゆみやアシックスなどを紹介】

リハビリシューズの人気おすすめランキング10選【あゆみやアシックスなどを紹介】

介護用品
サッカーソックスの人気おすすめランキング15選【キッズ・ジュニア向けも】

サッカーソックスの人気おすすめランキング15選【キッズ・ジュニア向けも】

スポーツウェア
【2021年最新版】ダイエットシューズの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】ダイエットシューズの人気おすすめランキング15選

フィットネス・ダイエット