墨汁の人気おすすめランキング10選【綺麗な落とし方も】

墨汁を選ぶ際にどれが良いか悩む人多いのではないでしょうか?墨汁には液体墨や固形墨など様々な種類があり、どれが自分が書きたい文字に合った墨か悩みますよね。今回はそんなお悩みを解決するために、人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

墨汁は書くものによって使い分けよう!

墨汁は書道用だと思ってないでしょうか?実は、漫画や製図用の特殊墨汁があるんです!そこで今回は墨汁の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは固形墨、液体墨を基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみて下さい。

墨汁の選び方

墨汁には、固形や液体、成分などをとっても様々な種類があり、なかなか選べない人が多いのではないでしょうか。種類や成分などや書きたいものによって使い分けなければいけません。

墨の特徴で選ぶ

墨汁には種類があり、大きく分けて固形と液体のものがあります。使いやすさや色の濃淡によって使い分ける必要があります。

色の濃淡を楽しみたい人には「固形墨」がおすすめ

固形墨とは、名前の通り固形になった墨のことです。硯の中に水を入れ、時間をかけて磨ることによって液体の墨に変化します。

 

固形墨は、硯で磨って墨を作るため、主成分の煤の粒子が不揃いになりやすいので、文字を濃くし重厚感を出したり、淡くして立体感を出すことができます。磨り方によって、色の雰囲気が変わるので、色の濃淡を楽しみたい人におすすめです。

使いやすさで選ぶなら「液体墨」がおすすめ

液体墨とは、墨汁や墨液とも言い、液体状になってる墨のことです。固形墨とは違い、液体状なので、硯に出せばすぐに使うことができるので、利便性に優れていて、使いやすさで選びたい人におすすめです。

 

液体墨は煤と膠で作られた墨と煤と合成樹脂で作られた墨があります。成分を見れば固形墨と同じですが、液体墨には防腐剤が含まれているものが多いです。なので保存期間が長く、膠で作られたものは2年くらいで、合成樹脂を含んだものは5くらいの保存期間があります。

煤の種類で選ぶ

墨汁に使われている煤として挙げられる代表的なものは、「洋煙墨」、「油煙墨」、「松煙墨」の3種類です。より墨汁にこだわりたい人は油煙墨や松煙墨を選ぶのもおすすめです。

濃い黒色を出したい人にはカーボンブラック「洋煙墨」がおすすめ

洋煙墨ともいい、石油や石炭などの鉱物性の油を燃やして得られた煤を混ぜて作られた墨です。実用墨や普及品に多くされていて、他のものと比べて早く黒くなります。比較的安価なので、安く濃い黒色を出したい人におすすめです。

 

洋煙墨は光沢感がなく、くすぶったような重い印象を持った字がかけます。

茶みをを色合いを出したい人には「油煙墨」がおすすめ

油煙墨は植物油と石油製品の鉱物油など燃やした煤と膠を混ぜて作られています。不純物があまり無いので、墨色の変化ぎ少ないのが特徴です。また、硯あたりがなめらかですべり口には光沢があり、良質の墨になるほど、光沢は強くなります。

 

幅広い色を持ち、薄めた時に茶みを帯びた色合いになるので、茶みを出したい人には油煙墨がおすすめです。

 

 

青みがかった色を出したい人には「松煙墨」がおすすめ

松煙墨は松の木を燃やして得られた煤でできた墨で、墨の中で最も古い歴史を持つ製造方法です。煤の粒子が粗く、均一でないため光沢が少なく、色の幅が広くなり深みのある色合いです。

 

松煙墨は青墨とも呼ばれ、長い年月が経つと水墨画のように色が青くなっていきます。淡く磨った松煙墨は柔らかく優しい印象を与え、濃く磨った松煙墨は光沢がなく力強い印象があります。青みがかかった色を出したい人に松煙墨はおすすめです。

糊の成分で選ぶ

墨汁は煤や動物の骨と皮から取れる膠を乾燥させて作られます。天然成分だけもありますが、腐敗や凝固を防ぐため、膠の代わりに合成樹脂が入っているものもあります。

動きのある字体を書きたい人には「天然膠性墨汁」がおすすめ

天然膠は動物性タンパク質で動物の骨や皮を水で煮て、その煮液を乾かして固めたものです。固形墨と似ていて、粘り気がなく書き心地が良いのが特徴です。墨汁だけで使用することもでき、墨汁に固形墨を磨って好みの黒色を作ることもできます。

 

天然膠性墨汁は固形墨と同様の膠を使っているため、固形墨に似た筆の運びがいい書き味があります。天然成分を含んでいるため、開封から1〜3年で墨は劣化してしまいます。主に行書や草書といった動きがある書体を出したい人におすすめです。

 

ゆっくりとした字体を書きたい人には「合成樹脂性墨汁」がおすすめ

合成樹脂性墨汁とは、膠の代わりに合成樹脂を使った作られたものです。天然膠性に比べてて期限が長持ちするのが特徴で、粘り気がある書き味のため、固形墨とは違った書き味があります。ゆっくりとした字体を書きたい人におすすめです。

 

合成樹脂性墨汁は期限が長く長期間使用することができ、価格が安いです。さらに書いた字の乾きが早いので使いやすいです。

用途で選ぶ

墨汁は書道用や漫画用、製図用など様々な用途があります。書く対象が変われば使う墨も使い分けなければいけません。なので使う用途にあった墨汁を選ぶことがおすすめです。

書道の練習用には「書道練習用」の墨汁がおすすめ

書道を習い始めた人や練習がしたい人には書道練習用の墨汁がおすすめです。練習用の墨汁は、液体墨なので使いやすく書きたい時に気軽に使うことができます。さらに、大容量なので墨の残量を気にすることがないので、書道を練習したい人におすすめです。

 

半紙向きに開発された練習用墨汁なので、速乾性に優れていて乾いた後は水に濡れても馴染みません。墨色は透明感のある強い黒で、高価な墨汁ほど濃い色の墨色をしています。濃度や容量を好みで選ぶことができるので使い勝手が良いです。

書道の作品用には「紺や赤」を含んだ墨汁がおすすめ

清書用には、紺や赤などを含んだ水墨が特徴の墨汁がおすすめです。書道用紙に書いた時のにじみや散りなども起こりにくいです。さらに、漢字用、かな用、写経用などの用途別に墨汁があります。それぞれでの用途にあった墨汁を選ぶのがいいでしょう。

 

書道の作品には漢字や仮名文字があり、粒子の粗いものや墨ののびが良いものを作品によって使い分ける必要があります。

漫画用ならにじまず速乾性があるもの「漫画墨汁」がおすすめ

漫画墨汁とは、伸びがよく光沢があり淡墨にしても墨痕が鮮やかな膠系液体墨です。さらに耐水性に優れていて、にじみにくいのと消しゴムをかけにも強い漫画の製作用の墨汁です。漫画を製作する際に、にじみ防止や速乾性が欲しいひとは開明墨汁がおすすめです。

 

粒子が細かくて黒の発色がよく、光沢感がある墨汁です。力の強弱で線の太さに変化をつけることができ、主線を書く時や、画風に動きや力強さをつけたいときに多用されます。

異素材に使用したい人には「特殊墨汁」がおすすめ

墨汁は書道や習字だけでなく、漫画や製図にも使われています。そのため墨汁を選ぶ際には、書く対象が紙、布、木、異素材なのかを確認する必要があります。さらに書くものは筆かペンかを一緒に確認しておくといいでしょう。

 

特殊墨汁は速乾性に優れており、光沢があるものや光沢がないもの、淡い黒色や濃い黒色など種類は様々あります。さらに書く対象も木や服、など様々あるので、何に書くかをしっかりと確認し、自分の用途にあったものを選べるので特徴墨汁がおすすめです。

容量で選ぶ

墨汁は使用期限があり、期限が過ぎると墨が劣化してしまいます。なので、自分がどのくらいの頻度で使うかを考えて容量の多いものか少ないものを使うかを選ばないといけません。

書道を年に数回しかしない人には「50〜100ml」がおすすめ

書道を始めたばかりの人や年に数回しか書道をしない人には 始めから容量の多い墨汁は選ばない方がいいです。なぜなら、墨汁には劣化する期限があり、膠系の墨汁なら1年、樹脂系だと2.3年程の期限があるので、書道を始めたての人には容量が少ない墨汁がおすすめです。

 

初めて買う墨汁は色の雰囲気や自分が想像してる色が出ないことがあります。まずは少量を購入して想像してる色がでるかを確認するといいでしょう。

書道教室に通ってる人には「180〜500ml」がおすすめ

書道教室に通っている人は持ち運びが気軽にできる180ml〜500mlの墨汁がおすすめです。使い方によって変わりますが、180mlは3ヶ月程、500mlは1年程くらい使えます。自分の出したい色や気に入った墨汁が見つかっている人には180ml〜500miの墨汁がおすすめです。

 

重量は1kgを超えることはなく重たくないのだ、持ち運びが気軽にできます。仕事や書道教室に持っていけて、子供が持ち運ぶにも難しくないので利便性に優れています

書道作品を製作してる人には「大容量」の1Lがおすすめ

書道の教室を開催している人や書道の作品を製作している人には大容量の1Lがおすすめです、書道の作品を製作している人は同じ墨汁を大量に使うことがあります。なので、大容量のものを買っていた方が価格が抑えられるでしょう。

 

墨汁には期限があり、一般的な墨汁と同じく1年程なので、作品の製作や書道を教えている人など容量分を使いきれる人におすすめです。

子供には「洗濯で落ちる」タイプの墨汁がおすすめ

書道を始めたばかりの人や子供が墨汁を使うときに、服を汚してしまうことがあります。墨汁は粒子が細かいので、乾いてしまうと墨汁の細かい粒子が繊維の奥まで染み込んでしまうので洗濯しても落ちにくくなります。

 

汚れの原因は、墨汁をこぼしたり、泡の発生によるものが多いです。洗濯で落ちる墨汁は泡が発生しづらい構造になっているので墨汁が飛び散りにくくなっています。なので、子供や書道を始めた人、汚れが気になる人には洗濯で落ちる墨汁がおすすめです。

固形の墨汁の人気おすすめ人気ランキング5選

5位

墨運堂

陳玄 固形墨

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

漢字用の作品製作に使える固形墨

陳玄は淡墨が少し青みを帯びた赤紫系の黒で、濃墨は青を帯びた上品な黒色です。半紙や画仙紙向きで、粘り気が強すぎず、書きやすいので漢字や作品用におすすめです。鉱物性直火焚松煙なので粒子が粗く光沢が少ないので、色の幅が広くなり深みのある色です。

 

大きさは2.5丁から10丁まであり、用途によって好きな大きさを選ぶことができます。

大きさ 1.0丁 重さ 27.9g
種類 鉱物性直火焚松煙

口コミを紹介

墨摺り機で3時間半ほど摺って使っています。粘りが強すぎず、書きやすく、気に入ったので、同じ五丁のものをまた購入しました。練習でもそれなりの墨を使いたい方におすすめします。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

呉竹

香蘭 固形墨

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

子供の書道学習用におすすめの固形墨

和唐のもつ柔らかな墨色に、和墨の爽やかな風合を兼ね備えた固形墨です。磨り心地がなめらかで、品位の高い落ち着いた味があり、料紙が縮んで引きつることがないのが特徴です。唐墨の特色を備え、書道教室の学生や子供までおすすめです。

大きさ 1.0丁 重さ 31.75g
種類 鉱物性直火焚松煙

口コミを紹介

永い人生でも終盤に近づいてきたので「篆刻」なるものに挑戦しております。書道の墨を予定していましたが、墨汁ではだめということで、購入しました。先日来数回使用し、しっかり用を足しており喜んでおります。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

墨運堂

大玄 固形墨

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

厚みのある黒を出したい人におすすめの固形墨

なめらかな磨り味で筆の動きが軽く、のびがよく厚みのある力強い黒の線が表現できる固形墨で、煤の量が多いので早く黒くなります。膠の割合を極限まで減らし、凛とした煤の色を表現できます。厚みのある黒を出したい人におすすめです。

 

大玄の力強さは性質の異なる膠の混合、それをなめらかに融合させる高度な溶解技術と煤との新しい配合により実現しました。半紙や画仙紙を問わず厚みのある黒を表現できます。

大きさ 1.3丁 重さ 60g
種類 鉱物性直火焚松煙

口コミを紹介

このさらりとした感触が好きというひとには、たまらない商品だと思います。墨色も生々しいほど黒く、引き立っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

墨運堂

玉品 固形墨

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

書道入門者におすすめの固形墨

墨運堂の玉品は昔ながらの繊細な製造法で丹念に作られた固形墨です。原料の煤と膠を微妙な配合で丹念に練り上わせ、形成後、時間をかけてゆっくりと乾燥させてます。

 

漢字練習や清書用に向いている固形墨です。墨色はやや濁りのある赤茶系の美しい黒色をしていて、墨の独特の香りがあります。淡墨には向いていなく、普通の濃さから濃墨まで幅広く使うことができるので、書道を始めばかりの人におすすめの固形墨です。

大きさ 1.0丁 重さ 26.1g
種類 鉱物性直火焚松煙

口コミを紹介

墨色は松っぽいワイルドな雰囲気です。本当に玉っぽいオーラが出るような気もします。墨運堂(松)、呉竹(竹)、古梅園(梅)、というふうに松竹梅、三種類を買いそろえて書き比べて見ると面白いかもしれないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

墨運堂

天爵 固形墨

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

高級書作品用の固形墨

固形墨とは文字通り、固体状になった墨のことを言います。固形墨は硯で磨って墨を作るため、主成分である煤の粒子が不揃いになりやすく、液体墨に比べて深みや奥行きのある色を出すことができます。

 

伝統をふまえて調整された固形墨です。暖かみのある薄赤茶系の黒と濃墨は、ツヤのある上品な漆黒です。普通の濃さから濃墨まで使えて、漢字や漢字の作品用で半紙向きの固形墨です。

大きさ 0.7丁 重さ 20g
種類 植物性芯焚油煙墨

口コミを紹介

書道の指導をされている叔母へのプレゼントで購入。
私より価値を分かっていて、とても良いものを貰ったと大変喜ばれました。
値段だけなら手頃ですし、関係者への贈り物としては選びやすいかと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

固形の墨汁のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 大きさ 重さ 種類
1
アイテムID:6523313の画像
天爵 固形墨

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

詳細を見る

高級書作品用の固形墨

0.7丁 20g 植物性芯焚油煙墨
2
アイテムID:6571710の画像
玉品 固形墨

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

詳細を見る

書道入門者におすすめの固形墨

1.0丁 26.1g 鉱物性直火焚松煙
3
アイテムID:6571668の画像
大玄 固形墨

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

厚みのある黒を出したい人におすすめの固形墨

1.3丁 60g 鉱物性直火焚松煙
4
アイテムID:6571590の画像
香蘭 固形墨

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

子供の書道学習用におすすめの固形墨

1.0丁 31.75g 鉱物性直火焚松煙
5
アイテムID:6571540の画像
陳玄 固形墨

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

漢字用の作品製作に使える固形墨

1.0丁 27.9g 鉱物性直火焚松煙

液体の墨汁の人気おすすめ人気ランキング5選

5位

サクラクレパス

墨汁 液体墨

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

洗濯で落ちる墨汁

この墨汁は、インクのような優しい淡い色合いで、粘り気が弱く、筆の動きが良く、書き心地が良いです。なので、書道の初心者や学校の書道をしている人におすすめです。

 

墨液を取り出す時に間違えてこぼしたり、汚れがついてしまうことがあります。しかし、この墨汁は泡の跳ねが発生しにくい形なので、泡自体が発生しなくて、汚れにくく洗濯で落ちるので子供が使う時におすすめです。

用途 練習用 容量 180ml

口コミを紹介

子供の習字の授業のため購入。制服に墨をつけられて洗濯してもなかなか落ちず、逆の立場になった時を考えて購入しました。結局、子供が自分で墨をつけて帰ってきて洗濯してみましたが綺麗に落ちました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

墨運堂

墨の精 液体墨

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

用途に合わせて容量が選べる墨汁

透明感のある強い黒色で、美しい墨色が特徴の墨汁です。半紙向きに作られていて、乾きがはやく合成糊剤使用で表具性に優れていて、普通濃度に調整してあるので、そのまま使用できます。

 

この墨汁は容量が180mlから2Lまで選ぶことができ、持ち運びたいなら180ml、作品の制作に使いならなら1Lなど、用途に合わせて容量を選ぶことができます。

用途 練習用から作品用 容量 180ml〜2L

口コミを紹介

練習用の墨汁ですが、しっかりと濃い墨なので、ありがたいです。
量も十分なので、たくさん練習で来て、すぐなくなることを心配する必要もありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

OOU

開明書液 液体墨

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

書道の初心者におすすめの墨汁

書道の初心者や子供おすすめの墨汁で、筆の運びが軽く、にじみを防ぎ、筆を傷めず、乾きが早いように工夫して作られています。合成樹脂なので乾きがはやく、開封してからの期限も天然天然膠と比べて長い期限があります。

 

横口構造になっているので、墨汁が溢れにくい作りになっているので、汚れる心配がなく、子供の練習用におすすめの墨汁です。さらに授業や書道の教室で使うのに、価格が安価で扱いやすいです。

用途 練習用 容量 180ml

口コミを紹介

すごい。 にじまない墨汁ってあったんですね。 どうしてもにじんでしまうのが嫌で嫌で… にじまない墨汁に出会って、子供の作品が綺麗になってきました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

墨運堂

玄宗 液体墨

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

固形墨の条件を兼ね備えた液体墨

習字を習っている人から書道家の作品まで、全ての人に使いやすい液体墨です。固形墨の書き味やのび、紙への浸透性や表具性など全ての条件を備えています。なので、どんな人にも使いやすく、人を選ばないので書道している人全てにおすすめです。

 

この墨汁は、液体墨でありながら固形墨の持つ条件を満たした逸品です。鉱物性直火禁煙で、、紫紺系の色調がはっきりとしていて、奥深い濃い黒を表現します。書き味やのびの良さ、紙への浸透力、表現力を兼ね備えた素晴らしい墨汁です。

用途 練習用から作品用 容量 2L

口コミを紹介

書道で条幅漢字作品を書くときに使います。粘りがあって渇筆の表現が上手くできます。
練習は濃度の薄い方の玄宗普通墨液にしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

呉竹(Kuretake)

清書用墨滴 液体墨

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\超ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

清書用におすすめの墨汁

書道の作品の製作におすすめの墨汁です。にじみがなく、深みがある墨色で、粘り気がないので、筆の動きが良く乾きがはやいのが特徴です。さらに筆跡が美しく光沢感感があります。

 

乾きがはやく、筆跡まで美しも美しい仕上がりです。そのまま練習用から清書用まで使えて、1つあると利便性が良いです。キャップにフラップが付いているので、開け閉めがしやすくなっていて子供にも使いやすくなっています。

用途 清書用書道液 容量 180ml

口コミを紹介

墨の粘りもサラサラ目で書きやすいです。一筆の色持ちも悪くない。
問題なく使ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

液体の墨汁のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 用途 容量
1
アイテムID:6523097の画像
清書用墨滴 液体墨

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

清書用におすすめの墨汁

清書用書道液 180ml
2
アイテムID:6523234の画像
玄宗 液体墨

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

固形墨の条件を兼ね備えた液体墨

練習用から作品用 2L
3
アイテムID:6523262の画像
開明書液 液体墨

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

書道の初心者におすすめの墨汁

練習用 180ml
4
アイテムID:6532164の画像
墨の精 液体墨

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

用途に合わせて容量が選べる墨汁

練習用から作品用 180ml〜2L
5
アイテムID:6532570の画像
墨汁 液体墨

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

洗濯で落ちる墨汁

練習用 180ml

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazon 「墨・墨汁」 の 売れ筋ランキング
\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天 「墨・墨汁」ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

あまり知られていない墨の作り方

液体墨や固形墨は市販のものを買うのが普通です。しかし墨はどのように作られているかはあまり知られていません。墨は膠と呼ばれる動物性のゼラチンと煤と呼ばれる炭素の黒い粉末を練り合わせることにより作られています。

 

下記サイトでは、意外と知られていない墨の作り方を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

筆や半紙は用途によって使い分けよう

書道を始める際に、筆と半紙は欠かせない道具です。何でもいいわけではなく、用途に合った物を選びましょう。ここでは、筆と半紙の選び方を紹介します。

初心者に優しい筆の選び方

書道筆を選ぶ際の大切なポイントである穂先の部分ですが、昔から良い穂先の条件として「尖」「斉」「円」「健」の4徳が揃っているものを選ぶことが良いとされています。これは、穂先の大きさ、形による違いがあります。

 

以下の記事では、水彩筆の人気おすすめランキング17選を紹介しています。ぜひチェックしてください。

半紙を選ぶ際には紙の違いが大切

書道で綺麗な字を書くには、筆使いだけでなく、半紙選びも大切です。半紙には紙によって違いがあり、発墨の良いものや、滲みやかすれが出やすいものがあります。半紙を選ぶ際には、目的に使う半紙を使い分けなければいけません。

 

以下の記事では、書道セットの人気おすすめランキング15選を紹介しています。ぜひチェックしてください。

家庭でできる墨汁の落とし方

服に墨汁がついてしまい、落とせなくなった経験はないでしょうか?実は墨汁は適切な落とし方をすれば服についた墨汁を落とすことができます。ポイントは、墨がついたらすぐに洗うことが大事で、時間が経つにつれて効果が薄くなるので、注意が必要です。

歯磨き粉を使う

歯磨き粉には研磨剤が含まれていることが多く、この成分が墨を落としてくれます。水で濡らしたシミの部分に歯磨き粉をのせて歯ブラシで擦るだけです。落ちにくい時は叩くように歯ブラシを動かすと効果的です。

 

以下の記事では、歯磨きの人気おすすめランキング15選を紹介しています。ぜひチェックしてください。

ご飯粒を使う

墨が染み込んだ部分にひとつまみ程度のご飯粒を塗り込むように擦ります。すると、お米が持つデンプンが染み込んだ墨の粒子を吸い出してくれます。米粒が黒くなったら洗い流し、再びご飯粒をつけてもみ洗いをします。これを繰り返して、洗剤で洗うと効果的です。

 

以下の記事では、お米の人気おすすめランキング20選を紹介しています。ぜひチェックしてください。

まとめ

墨汁の人気おすすめランキング10選を紹介しました。墨汁は書く文字や用途によって濃墨か淡墨、天然性か樹脂性など墨汁の種類の使い分けと、漢字や仮名文字によっても使う墨汁の種類は変わります。この記事を参考にして自分に合った墨汁を選びましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月09日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

書道セットのおすすめ人気ランキング15選【質のいいものはどれ?】

書道セットのおすすめ人気ランキング15選【質のいいものはどれ?】

書道用品
書道筆のおすすめ人気ランキング15選【どこで買う?高級メーカーも】

書道筆のおすすめ人気ランキング15選【どこで買う?高級メーカーも】

書道用品
筆ペンの人気おすすめランキング15選【習字のように書きやすい上級者向けも】

筆ペンの人気おすすめランキング15選【習字のように書きやすい上級者向けも】

文房具・文具
【最強】レーザー墨出し器のおすすめ人気ランキング16選【マキタやタジマも紹介】

【最強】レーザー墨出し器のおすすめ人気ランキング16選【マキタやタジマも紹介】

計測用具
面相筆の人気おすすめランキング15選【書道やプラモデル製作に大活躍】

面相筆の人気おすすめランキング15選【書道やプラモデル製作に大活躍】

画材
【2022年最新版】女性向け固形石鹸の人気おすすめランキング7選【コスパも効果も魅力】

【2022年最新版】女性向け固形石鹸の人気おすすめランキング7選【コスパも効果も魅力】

ボディケア用品

アクセスランキング

書道筆のおすすめ人気ランキング15選【どこで買う?高級メーカーも】のサムネイル画像

書道筆のおすすめ人気ランキング15選【どこで買う?高級メーカーも】

書道用品
書道セットのおすすめ人気ランキング15選【質のいいものはどれ?】のサムネイル画像

書道セットのおすすめ人気ランキング15選【質のいいものはどれ?】

書道用品
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。