ガーターベルトの人気おすすめランキング10選【シンプルなものも】

記事ID21543のサムネイル画像

ガーターベルトはおしゃれだけでなく機能性でも優れた面があります。この記事ではガーターベルトを身につける意味や用途について言及し、選ぶ際のポイントから作り方まで紹介しています。さらに、シンプルなコーデが楽しめる人気のおすすめ商品をランキング形式でまとめました。

ガーターベルトの用途とは?着用する意味

ガーターベルトはストッキングや靴下がずり落ちないように太ももの位置に留めるためのものです。もともとガーターベルトやストッキングは男性貴族の履物でしたが、時代とともにファッションの一部となり、女性のランジェリーとして変化していきました。

 

オシャレな人が着用しているイメージが強いガーターベルトですが、あくまでファッションで、実用的ではないと思っていませんか。実はガーターベルトは、パンティストッキングにありがちなムレや締め付けを軽減ししたり、股やウエスト部分が伝線しにくいというメリットがあります。

 

そこで今回はガーターベルトの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは、シンプルさや他の下着とのセットアップコーデのしやすさを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

ガーターベルトの選び方

ガーターベルトには様々なタイプの形があり、使用されている素材によっても雰囲気がガラリと変わります。ガーターベルトを選ぶ際にチェックすべきポイントを見ていきましょう。

素材で選ぶ

布の素材は、着用した時の印象を左右する重要なポイントです。また肌へのフィット感にも影響します。ここではガーターベルトに使われている代表的な素材を挙げました。

デザインの豊富さなら「レース」素材がおすすめ

かわいらしいデザインもセクシーなデザインも気になるという方はレース素材がおすすめです。ガータベルトの中で最も種類が豊富なレース素材は、使いたいシーンやイメージに合わせて選べるメリットがあります。

 

フリルが多くついているものはかわいらしく、甘い印象になります。布面積が控えめで透け感があるものはセクシーに決めることができます。反対に布面積が広く、肌の見え具合が少ないものは上品な印象を与えることができます。

 

その他にも、レース素材で花のモチーフがあしらわれているものがあり、非常にデザイン性が高いです。レース素材はデザイン性と商品の豊富さから様々なものを比較でき、初心者も挑戦しやすいと言えるでしょう。

セクシー&エレガントなら「サテン」素材がおすすめ

大人らしいエレガントなガーターベルトを探すなら、サテン生地がおすすめです。光沢感が強いものは特にセクシーさが増し、光沢感が控えめなものは高級感が出ます。レースが一緒にあしらわれていることもあり、デザインによってセクシーから上品なものまで選ぶことができます。

 

表面がツルツルしているので下着のライン出にくく、上から着る服に響きにくいメリットがあります。キャミソールでもよく使用されているサテンは、キャミソールとセットで身に着けたい場合に統一感が出るのでおすすめです。

他とは違う個性を出したいなら「レザー」素材がおすすめ

一般的なガータベルトとは違い、個性的でクールなものを探しているならレザー素材がおすすめです。レザーのみを使用したシンプルなデザインなら、全体的にスッキリと見えクールな印象を与えることができます。レザー素材はサテンと同様、ツルツルしているので上から着る服に響きにくい特徴があります。

 

ベルトのように金具がついているデザインは、よりワイルドにかっこよく決めることができます。レース生地や金具の併用によって、かわいらしさをプラスするデザインもあり、甘辛コーデを楽しむこともできます。個性的ではありますが、意外と幅広いデザインを楽しめる素材です。

リボンなどの装飾もチェック!

レースにリボンや花のアッププリケをつけて華やかにしたり、レザーにはベルトの金具でクールにしたりと、ワンポイントにこだわるだけでぐっとデザイン性が上がります。

 

すでにシンプルなガーターベルトを持っている人は、こうした装飾にこだわってみると幅が広がります。ただし、肌への刺激がないか、試着することも重要になってきます。

色で選ぶ

手持ちの下着とのコーディネートを楽しむために、まずは使いやすいカラーから選んでみることもおすすめです。

圧倒的に合わせやすい「黒」

ガーターベルトのカラーで圧倒的に商品数が多い黒。とにかく合わせやすく、他の下着ともセットアップで着ることができるので、持っていて損はないカラーです。

 

黒を選ぶにあたって気にしておきたい点は、素材の厚みです。透け感のあるものはよりセクシーな印象になり、厚みのあるものはショーツの延長のような印象になります。

他のカラーとの相性も◎な「白」

清楚でかわいらしい印象が好みであれば白のガータベルトがおすすめです。白は一色でもかわいらしいですが、装飾で他の色が使われているデザインも多く、一着で様々な色彩を楽しむことができます。

ウエディングドレスの下に着用する場合にも、やはり白のガーターベルトはおすすめです。ドレスの時は、特にお手洗いの際の着脱が大変になるので、パンティストッキングよりガーターベルトが便利です。

変化が欲しいなら「赤」がおすすめ

赤はとてもエネルギーのある色です。シンプルな下着の中にも一つ持っていると、いざという時にパワーをもらえます。一言で赤と言っても、ビビッドなカラーからワインレッドのような落ち着いたカラーまで色々なタイプがあります。

 

強い色なので、黒と同様、透け感で選ぶなど、自分だけの赤を探してみるのもおすすめです。

タイプ別に選ぶ

ガーターベルトの中には、ウエディングドレスの下に着用するビスチェタイプや、ガーターストッキングなどと呼ばれる変わった形のものがあります。細かい形にこだわってみてはいかがでしょうか。

「ベーシック」タイプはセットアップがしやすい!

まず1枚めに買うなら、ガーターベルトとして一般的にイメージされるベーシックなタイプがおすすめです。最もデザインが豊富なタイプのため、ブラジャーやショーツと合わせて購入することができますし、手持ちの下着に合わせて選ぶこともできます。

 

着け方はとても簡単で、まず、ストッキングを太ももまで履き、次にウエスト部分にガーターベルトを装着します。最後に、ガーターベルトの金具にストッキングを挟みこんで留めます。ガーターベルトとショーツはどちらが上でも間違いではありませんが、トイレに行くなどの実用面で、ショーツを上に履くことが通常です。

「ビスチェ」タイプはファッションを楽しみたい人向け

ビスチェはウエストを補正するコルセットとバストアップのためのブラジャーが一体となったものです。ベーシックタイプのガーターベルトはウエスト部分のみに着用する形ですが、ビスチェタイプはブラジャーからウエストまで丈があり、その先に留め金がついています

 

ビスチェタイプのガーターベルトは、ショーツとストッキングがセットで販売されていることが多いです、この3点を合わせることで、統一感のあるコーディネートを楽しむことができます。また、白色のビスチェタイプのガーターベルトはウェディングドレスの下に着ることがあります。

「サスペンダーストッキング」は普段使いに!

ガーターベルトとしては少し変わり種かもしれませんが、ストッキングとガーターベルトが一体となったガーターストッキング、あるいはサスペンダーストッキングと呼ばれるものがあります。

 

ストッキングの股部分が開いているデザインで、パンティストッキングのデメリットであるムレや伝線が起こりにくい仕様になっています。ガーターベルトだとセクシー過ぎて躊躇してしまう人や、日常的に気兼ねなく履けるタイプのものを探している人におすすめです。

 

全体がストッキング素材でできているため、デザインは控えめなものが多くなります。色はほぼベージュか黒で、その他には透け感や網タイツ、レース柄によってややバリエーションが増えます。

ウエストの調整方法で選ぶ

ウエストの調整部分は身体へのフィット感を決定づけるポイントです。主な3つの調整方法を紹介します。

着用の手間をかけたくないなら「ゴム」がおすすめ

最もシンプルなものは、ウエスト部分がゴムでできているガーターベルトです。ショーツと同じように、上から足を通していけば、そのあと調整する必要がありません。そのためガーターベルトの着け方がよくわからなくても、感覚的に着けることができます。

 

見た目がスッキリとしたデザインで、価格は比較的安いものが多いです。ウエストの自由はききますが、ゴムの締め付け感など、購入時のサイズ選びは難しいかもしれません。また、ゴムは耐久性が弱く、へたりやすいというデメリットがあります。

フィット感を求めるなら「アジャスター」がおすすめ

アジャスター式は、ブラジャーの肩ひものように、ゴムと留め具を少しずつずらしながら調節していくタイプのものです。サイズが変化しやすいウエスト部分だからこそ、ミリ単位の調節ができるのは便利です。

 

体系にしっかりフィットすることで、ガーターベルトの役割が発揮されます。留め具部分は通常後ろの腰側にくるようになっているので、デザインの邪魔をすることはありません。

安定感が欲しいなら「ホック」がおすすめ

ホックタイプは、ブラジャーのアンダーバストを固定する部分と同じ作りであるため、使い慣れている人が多いと思います。しっかりと固定することができるので安定感がありゴムやアジャスタータイプのものよりも耐久性が高いです。

 

アジャスタータイプと同様、留め具は腰の方にくるのでデザインを邪魔しません。またゴムとアジャスターは上から脚を通して履きますが、ホックはウエストに巻きつけるようにして着用するので、人によってはかがんで履くよりも楽に着ることができます。

ウエストの幅で選ぶ

ウエストの幅によっても印象は変わります。ウエストが細いタイプには、女性らしい繊細さや、かわいらしさがあります。セクシーすぎず、普段のブラジャーの延長のように身に着けることができます。

 

幅が広いタイプは、布面積が広く、肌の露出が控えめになることから、上品な印象になります。デザインによっては、ややカジュアルな雰囲気にもなります。

ガーターベルトの人気おすすめランキング10選

華やかなレッドで気分も明るく!

シンプルなデザインですが、華やかなレッドが目を引きます。ウエスト部分はアジャスター式になっており、微調整が可能です。日本製なのでしっかりした作りで普段から安心して履きたい人にピッタリです。

素材 ナイロン、ポリウレタン、ポリエステル ウエスト調整 アジャスター式

口コミを紹介

やっぱり日本製に限ります。ボストンもしっかりしています。長く使えそうですし縫製も丁寧に造られています。

出典:https://www.amazon.co.jp

数少ないコットン素材で肌にやさしい

95%がコットン素材のため、肌への刺激が気になる人におすすめです。色はブラック、ベージュ、ホワイトの3色から選べ、価格も手ごろな点が普段使いに向いています。ウエストは3段階のホック式で簡単に調節することができます。

素材 コットン、スパンデックス ウエスト調整 ホック式

口コミを紹介

値段の割にはしっかりした縫製でした
よかったです

出典:https://www.amazon.co.jp

レースとラメ糸の相性は抜群!

大人な女性向けブランドのHIMICO。Giglio eleganteシリーズのガーターベルトは、ラメ糸を使用し、キラキラと輝く草花の刺繍に、大きな百合がモチーフになっています。黒、白、ネイビーの落ち着いたカラーの中でも、百合のアップリケが印象を明るくしてくれます。

 

このようなシリーズ商品はブラジャー、ショーツ、キャミソールなどが別売りで販売されており、セットアップが可能なのも嬉しいポイントです。

素材 ナイロン、ポリエステル、その他 ウエスト調整 ホック式

口コミを紹介

このシリーズは見た目もいいし、値段も安いし、デザインもよく、生地の質も良く安くて良い買い物ができました。 彼女もこれ良いと喜んでくれました。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

サイドの広めレースでヒップを美しく!

ANNEBRAのガーターベルトは肌馴染みのよいグレー色で、レースの透け具合がちょうどいいです。ウエストの細いゴムから大きな刺繍とレースが垂れ、着るだけでセクシーさが増します。

 

サイドの布面積が広く、後ろが大きく空いているように見えるため、ヒップラインを美しく見せることができます。

素材 ナイロン、ポリウレタン ウエスト調整 ホック式

口コミを紹介

繊細なレースがとてもきれいです。
縫製もきちんとしていてしっかりとした製品だと思います。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

6位
 

ストレッチで着心地◎なイタリアブランド

Leilieveはヨーロッパからアジアにかけて人気があるイタリアのインポートブランドです。イタリア製でも、高すぎない価格が嬉しいポイントです。

 

Leilieveのガータベルトは上品なレースと中央につけられた大きめのリボンが特徴的です。生地は薄く、ストレッチが効いているので、上から着る服に響きにくいです。

素材 ナイロン、ポリウレタン ウエスト調整 ホック式

口コミを紹介

今までは伸びない素材のしっかりしたレースのガーターばかり使っていたので、薄くてストレッチするレースで大丈夫かなと思いましたが、むしろ薄いので外の服にも響きにくいし着心地もいいので気に入りました。

出典:https://review.rakuten.co.jp

繊細なカラーで合わせやすい!

HIMICOのRosa attraenteシリーズのガーターベルトは、まるで花が香り立つような、レースの繊細な花柄がモチーフになっています。

 

カラーは2021年の新色を加えた5色のラインナップで、どのカラーも落ち着いた色合いのため、普段使いにも特別な日にも身に着けたくなります。色によってかなり印象が違うので、色違いで持っていても気分が変わりますね。

素材 ポリエステル、ナイロン、その他 ウエスト調整 ホック式

口コミを紹介

初めてのガーターベルト。生地やデザイン共に高級感があります。
初めて付けたのですが、ワンタッチでパチンと留めるタイプかと思いましたが、複雑な構造で慣れるまで時間が掛かりました。その分、外れることなくキッチリ留まりましたので良かったと思います。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

4位
 

B.ANGEL JP

ガーターベルト風 サスペンダーストッキング

一体型サスペンダーストッキングが便利!

こちらはストッキングとガーターベルトが一体となっている、ガーターベルト風のサスペンダーストッキングです。フリーサイズでサイズ調整ができないデメリットがありますが、ストッキングと一緒になっているので便利です。

 

ウエストと太もも部分の太めのレースが体にフィットします。

素材 ナイロン、その他 ウエスト調整

口コミを紹介

電線しません
レースもかわいい
コスパよいです

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

ワコール(Wacoal)

サルート Salute 20AW 42G ガーターベルト

セクシーだけじゃない!透明感で勝負

泉の水をイメージしたSalute 20AWシリーズのガータベルトは、レース部分がシースルーになっていて、セクシーさがありながら、かわいらしい印象を与えてくれます。

 

そのため普段ガーターベルトを着慣れない初心者の人におすすめです。通常のランジェリーの延長で気軽に身に着けられます。

素材 ポリエステル ウエスト調整 ホック式

シンプルでどんな下着とも合わせやすい

前面部分のレース以外、非常にシンプルなガーターベルトです。無駄な装飾のない分、透け感がきれいに出ます。ストラップ部分にはリボンがあしらわれており、セクシーなだけでなくキュートさを演出できます。

 

ウエストは3列1段の細めのホック式で、シリコン素材のクリップを使用しているため、しっかり留めることができます。

素材 ポリエステル、スパンデックス ウエスト調整 ホック式

口コミを紹介

ガーターベルトを購入したのは初めてでしたが、パンティストッキングの様にむれずに着用し心地も良かったです。でも1番喜んでいたのは彼氏でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

鮮やかな色合いと細ウエストがGOOD!

おとめ座からインスプレーションを受け、女神の出会いをイメージしたという花柄が神秘的なガーターベルトです。他にはない細いウエスト幅で、すっきりとしたデザインになっています。

 

後ろは1段3列のホック式になっており、ホックがあるギリギリのところまで花柄がついているので、バックスタイルも抜かりありません。レースが1色だけでなく、多くの色味が使われていることで、他の下着とも合わせやすいです。

素材 ポリエステル ウエスト調整 ホック式

口コミを紹介

つけ心地が良くてスムーズです。デザインも派手すぎないので、ほかのブラジャーとも合わせやすく、普段使いに良いです。
レースのデザインも素敵で色合いも独特の雰囲気がありサルートらしいです。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

ガーターベルトのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6519102の画像

    Wacoal(ワコール)

  • 2
    アイテムID:6518844の画像

    FUPUONE

  • 3
    アイテムID:6519029の画像

    ワコール(Wacoal)

  • 4
    アイテムID:6519426の画像

    B.ANGEL JP

  • 5
    アイテムID:6518974の画像

    HIMICO

  • 6
    アイテムID:6519361の画像

    Leilieve (レイリエヴ)

  • 7
    アイテムID:6519276の画像

    ANNEBRA(アンブラ)

  • 8
    アイテムID:6519008の画像

    HIMICO(ヒミコ)

  • 9
    アイテムID:6518765の画像

    jolifavori

  • 10
    アイテムID:6519200の画像

    SHIROHATO(シロハト)

  • 商品名
  • サルート Salute 20AW 33G ガーターベルト
  • ガーターベルト
  • サルート Salute 20AW 42G ガーターベルト
  • ガーターベルト風 サスペンダーストッキング
  • Rosa attraente ガーターベルト 002series
  • Classico Frou Frou 804 ガーターベルト
  • Celeb ガーターベルト
  • Giglio elegante ガーターベルト 001series
  • ガーターベルト
  • ガーターベルト 花柄レース
  • 特徴
  • 鮮やかな色合いと細ウエストがGOOD!
  • シンプルでどんな下着とも合わせやすい
  • セクシーだけじゃない!透明感で勝負
  • 一体型サスペンダーストッキングが便利!
  • 繊細なカラーで合わせやすい!
  • ストレッチで着心地◎なイタリアブランド
  • サイドの広めレースでヒップを美しく!
  • レースとラメ糸の相性は抜群!
  • 数少ないコットン素材で肌にやさしい
  • 華やかなレッドで気分も明るく!
  • 価格
  • 6424円(税込)
  • 1780円(税込)
  • 6424円(税込)
  • 1299円(税込)
  • 2530円(税込)
  • 3158円(税込)
  • 4620円(税込)
  • 2200円(税込)
  • 698円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 素材
  • ポリエステル
  • ポリエステル、スパンデックス
  • ポリエステル
  • ナイロン、その他
  • ポリエステル、ナイロン、その他
  • ナイロン、ポリウレタン
  • ナイロン、ポリウレタン
  • ナイロン、ポリエステル、その他
  • コットン、スパンデックス
  • ナイロン、ポリウレタン、ポリエステル
  • ウエスト調整
  • ホック式
  • ホック式
  • ホック式
  • ホック式
  • ホック式
  • ホック式
  • ホック式
  • ホック式
  • アジャスター式

ガーターベルト(ガーターリング)の作り方

ネットで検索してみると、ガーターベルトの作り方を調べている人が多いように見受けられます。おそらくほとんどの人は、ウエディングドレスを着る際に身につける、ガーターリングの作り方を知りたいのではないでしょうか。

 

ちなみにガーターリングの作り方は非常に簡単です。まず素材を太ももの長さに切り、土台となるレース生地にリボンなどの装飾をつけます。あとは土台と装飾の間にゴムを通して、円になるように端を縫いつければ完成です。

 

材料は100均で手に入るものでも作ることができます。結婚式の費用を節約したい人や、おしゃれを楽しみたい人は手作りしてみるのもいいですね

まとめ

セクシーな下着のイメージが強いガーターベルトですが、機能性に優れ、着るだけでウキウキしてしまうようなデザインがたくさんあります。特別な日に着用することはもちろん、普段使い用にも、お気に入りの1着を見つけてみてはいかがでしょうか。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年03月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

セルフタンニングの人気おすすめランキング15選【スプレーバージョンも紹介!】

セルフタンニングの人気おすすめランキング15選【スプレーバージョンも紹介!】

日焼け止め・UVケア
水彩絵の具の人気おすすめランキング10選【大人にも】

水彩絵の具の人気おすすめランキング10選【大人にも】

画材
おしゃれな抱っこ紐の人気おすすめランキング11選【新生児とのお出かけを楽しく!】

おしゃれな抱っこ紐の人気おすすめランキング11選【新生児とのお出かけを楽しく!】

抱っこひも・ベビーキャリー
おしゃれなトイレブラシの人気おすすめランキング15選【かわいい】

おしゃれなトイレブラシの人気おすすめランキング15選【かわいい】

掃除用具・清掃用品
【2021最新版】前向き抱き用抱っこ紐の人気おすすめランキング13選

【2021最新版】前向き抱き用抱っこ紐の人気おすすめランキング13選

抱っこひも・ベビーキャリー
【2021年最新】コンプレッションウェアの人気おすすめランキング20選

【2021年最新】コンプレッションウェアの人気おすすめランキング20選

スポーツウェア
TOPへ