ヨガマットの人気おすすめランキング20選【メンズ用やおしゃれなブランドも紹介!】

記事ID12526のサムネイル画像

自宅でのリモートヨガも人気になり、気軽にヨガが楽しめるようになりました。ヨガマットは筋トレやストレッチなどでも活用でき、初心者用やメンズ用などさまざまなタイプが販売されています。今回はヨガマットの選び方とおすすめランキングをご紹介します。

ヨガマットで快適にヨガを楽しもう

運動不足が続いているからヨガやストレッチを始めたいけど、どんなヨガマットを選んだらいいのと迷う方もいるでしょう。ヨガマットは大きさや厚さなど種類が多く、初心者、筋トレ、自宅用など用途によっておすすめが異なります。

 

ヨガマットはカラーは豊富ですが無地のイメージがありますよね。実は柄の入ったおしゃれなデザインや天然素材のコルクタイプなどもあるんですよ。他にも、和風のお部屋にピッタリない草の香りが楽しめる畳みタイプも人気です。

 

そこで今回は、ヨガマットの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、サイズ、厚さ、デザイン性、価格を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみて下さい。

ヨガマットは必要?

ヨガや筋トレをするとき、ヨガマットは必要です。タオルやカーペットの上で十分と思っている方もいるようですが、それでは体へ負担がかかってしまいます。ヨガマットを使用することで、ポーズをとっているとき膝や腰などを痛みを軽減しくれます。

 

直接床に膝や手をつくよりも、クッション性のあるマットについた方が痛みを感じにくいですよ。また、ストレッチ程度ならタオルで十分かもしれませんが、タオルの上でポーズをとると足が滑り怪我の原因にもなりかねません。

 

安全に気持ちよくヨガや筋トレができるよう、ヨガマットを使用しましょう。

ヨガマットの選び方

ヨガマットは、さまざまな種類があるので選び方に迷いますよね。こちらでは、長さや厚み、素材、収納の形、人気ブランドでの選び方についてご紹介します。

使用者・ヨガのスタイルで選ぶ

一般的には170cm×60が主流ですが、ヨガのスタイルによってヨガマットのタイプを選ぶのもポイントです。折り畳みタイプ、初心者向け、厚手タイプなどでの選び方についてご紹介します。

初心者用に選ぶなら安定感のある厚み「3mm~5mm」タイプを

初心者用に選ぶなら、安定感のある3mm~5mmタイプのヨガマットを選びましょう。一般的なサイズで、クッション性、重量、安定性のバランスがよく、軽量なので持ち運びにも便利です。厚みが物足りないなら6mmもおすすめです。

静的ヨガをするならクッション性の高い6mm以上の「厚手タイプ」を

静的ヨガをするなら、クッション性の高い6mm以上の厚手タイプを選びましょう。動きがゆっくりな分、床の方さや冷たさを感じやすいものです。グリップ力やクッション性が高いので、体に負担をかけにくいです。心地よくトレーニングできるよう、しっかりとした厚みがおすすめ。

自宅でストレッチスペースを作りたいなら10mm以上の「特厚タイプ」を

自宅で使用するなら、安定感のある10mm以上の特厚タイプを選びましょう。重量も増し持ち運びには不便ですが、膝や肘に負担が掛からず傷めにくくなります。厚みがあるとマットがずれにくいので、敷きっぱなしにしたい方にもおすすめです。

動的ヨガや筋トレ用ならグリップ力のある「1.5kg以上」のものを

動的ヨガや筋トレ用に選ぶなら、グリップ力のある1.5kg以上の薄手タイプを選びましょう。厚みがあるとポーズが取りにくくなるので、3~5mmの薄めがピッタリ。安定性が重要で、動いた時にマットがずれにくいよう1.5kg以上の重さがるものがおすすめです。

メンズや身長の高い方が使用するなら「180cm以上」のものを

長さ170~180cm×幅60cmのヨガマットが主流ですが、自分に適したサイズを選ぶのがポイント。身長の高い方が適したサイズを選ばないと、体がはみ出てしまいトレーニングもしにくくなります。自分の身長+10cmの長さを選ぶとよいでしょう。

 

身長170cmのメンズや自宅でゆったりと使用したい方は、180cm以上の大判タイプがおすすめ。スタジオではヨガマットのサイズが決まっていることもあるので、購入前にチェックしておきましょう。

素材や表面加工で選ぶ

ヨガマットは素材によって使い勝手がことなります。こちらでは、PVC、TPE、天然ゴムなどでの選び方についてご紹介します。

予算に合わせコスパで選ぶなら「PVC(ポリ塩化ビニール)」を

PVCを採用したヨガマットが多く、クッション性や安定感があります。価格もお手頃なものが揃っているので、初めてヨガマットを選ぶ方におすすめです。汗が滑りやすい、耐久性が低いので水で洗えないなどのデメリットもあります。使用後の手入れは、固く絞った布で水拭きをしましょう

軽さや耐久性で選ぶなら「TPE(熱可塑性)」を

軽さや耐久性で選ぶなら、TPE(熱可塑性)を選びましょう。最近はも持ち運びしやすい軽量タイプが人気で、TPEを採用したヨガマットも増えています。環境にも優しく、安全性や耐久性、匂いの少なさも人気のポイントです。

 

熱さに弱いデメリットがあるので、ホットヨガには不向きなので気を付けましょう。

自宅専用で使用するなら安定性のある「天然ゴム」や「NBR(合成ゴム)」を

自宅専用で安定感のあるものなら合成ゴム、ナチュラル派の方は天然ゴムがおすすめです。ゴムタイプのヨガマットは、耐久性や安定性がよくグリップ力も高いです。重量があるので、持ち運びをメインに考えているならおすすめでません。

 

使い始めはゴムの匂いが残っているので、匂いが苦手な方は気を付けましょう

汗やアンモニア臭が気になるなら「畳」タイプを

汗やアンモニア臭が気になるなら、国産のい草を採用した畳タイプを選びましょう。い草は汗やアンモニア臭を取り除いてくれるので、使用後の臭いが気になる方にピッタリです。和室に合うヨガマットを探している方にもおすすめです。

滑りにくさ手入れの簡単さで選ぶなら「コルク」タイプを

滑りにくくお手入れの簡単さで選ぶなら、コルクタイプがおすすめです。ヨガマットの素材のコルクは、コルクガシの皮を使用しています。コルクにはスベリンという抗菌成分が含まれているため、手入れも簡単になります。

携帯用なら1~3mm1kg前後の「折り畳みタイプ」を

携帯用に選ぶなら厚さ1~3mmで重量1kg前後の折り畳みタイプがおすすめです。トートバッグにも収納でき持ち運びのも便利。また、折り目のラインをヨガポーズの目安としても活用できるメリットもありますよ。

縦置き収納したいなら「ロールアップ」を

縦置きで収納したいならロールアップタイプがおすすめです。ロールアップが主流ですが、巻き癖が付きやすく開けた時に先の丸まりが治まらないことも。ベルトやバッグが付属のものもあるので、チェックしてみてください。

気分を上げてヨガを楽しみたいなら「カラー」や「デザイン」重視で

気分を上げてヨガを楽しみたいなら、カラーやデザインを重視して選びましょう。好きな色やデザインのヨガマットを使用すれば、モチベーションもアップし、次もチャレンジしたいという気持ちにもなりますよ。

 

ご自宅用なら、部屋のインテリアにマッチするものや、敷いた時にテンションの上がるデザインもおすすめ。スタジオ用に選ぶなら、落ち着きのあるシンプルなカラーを選びましょう。

 

定期的に買い換えたい初めて使用するなら「コスパ」のいい安いものもおすすめ

定期的にヨガマットを買い換えたい、ヨガが続くか分からない初心者には、コスパのいい安いタイプがおすすめです。ヨガマットは消耗品ですから、マットにくぼみができたり、汚れることもあります。

 

安いヨガマットなら、躊躇なく交換しやすいですよね。また、スタジオ用と家用に分けたい方で何種類が準備したい方にもおすすめです。

おすすめのヨガブランドで選ぶ

ヨガグッズはさまざまなヨガブランドから販売されています。こちらでは、マンドゥカ、スリア、ヨガワークス、ジェイドヨガなどの人気ブランドをご紹介します。

耐久性やグリップ力を求めるならプロも愛用する「マンドゥカ(Manduka)」

ヨガのインストラクターやプロも愛用する、耐久性、グリップ力に優れたマンドゥカ(Manduka)。価格は高めですが、動的ヨガや筋トレをする方や長く使用したい方におすすめです。カラーの種類も豊富です。

豊富なカラーから選びたいなら「スリア(suria)」

落ちつきのあるマットなカラーが豊富なスリア(suria)のヨガマット。ヨガマットの他にも、ウェアなどのグッズも展開しています。高すぎず安すぎない価格帯なので、プレゼントにもおすすめです。

低価格で選ぶなら「ヨガワークス( Yogaworks)」

低価格で手に取りやすい国産ブランドのヨガワークス( Yogaworks)。明るめのカラーが多く、柄や素材なども広く展開しています。品質もいいので、失敗せず購入したい初心者の方にもおすすめです。

薄手タイプで持ち運びに便利な「ジェイドヨガ(Jade Yoga)」

アメリカの人気ヨガブランドのジェイドヨガ(Jade Yoga)。薄手タイプなのにクッション性やグリップ力があり、インストラクターからも支持があります。環境に優しい天然ゴムを採用しているので、ナチュラル派の方におすすめです。

静的ヨガ用におすすめの「アンリベベ(Anri&Bebe)」

ヨガウエアやグッズなどを取り扱う国産ブランドのアンリベベ(Anri&Bebe)。リバーシブルタイプのヨガマットが人気で、クッション性やグリップ力もあり静的ヨガにもおすすめです。おしゃれなカラーもポイントです。

ヨガウェアとセットで選びやすい「リアルストーン」

ヨガウェアを展開しているリアルストーン(Real Stone)。ウェアが中心なのでヨガマットの種類が少な目ですが、ウェアとセットで合わせやすいのも魅力です。価格が安くコスパの良さもポイントです。

おしゃれなヨガマットの人気おすすめランキング4選

4位

Yoga Design Lab(ヨガデザインラボ)

ヨガデザインラボ コルクヨガマット

価格:9,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナチュラル素材のヨガマット

100%天然素材を使用したヨガマット。ヨガマットに描かれたマンダラは、環境に優しい水性インキをしようしています。好みに合わせて1.5mmと3.5mmから選べます

サイズ178×61cm厚み1.5mm/3.5mm
重量1.6kg素材天然ゴム、天然コルク

口コミを紹介

コルク製のヨガマットは初めて使いますがゴムのマットとは段違いのグリップ力があります。コルク独特の香りがしますが油っぽくなく自然な香り。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

マンドゥカ( Manduka)

マンドゥカ ビギンヨガマット

価格:7,575円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

表面にクローズドセル加工したヨガマット

トレンドカラーとベーシックカラーのリバーシブルタイプのヨガマット。表面にはクローズドセル加工されているので、汗による細菌の繁殖を防いでくれます。

サイズ173×61cm厚み5mm
重量1kg素材TPE

口コミを紹介

ヨガの先生にマンドゥカのプロ用のマットを貸していただいた時に、自分が持っていたマットとの違いに驚きました。「マットでこれ程変わるのか?」と実感するくらいに足がマットに根付く感じが分かり、足でしっかりと踏ん張ることも出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Gaiam (ガイアム)

ガイアムYoga Mat

価格:9,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アジアンテイストでインテリアにもなりやすいヨガマット

アジアンテイストのおしゃれなリバーシブルプリントで、敷いたままインテリアにもなるデザイン性の高いヨガマットです。アメリカで人気のヨガグッズブランドです。

サイズ172×60cm厚み5mm
重量-素材PVC

口コミを紹介

裏表使えて、素敵な色と柄で気に入りました!ヨガが楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Anri&Bebe(アンリベベエ)

アンリベベエ ヨガマット

価格:8,250円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リバーシブルのおしゃれなヨガマット

柄エンボスがさりげないおしゃれを演出してくれるヨガマット。リバーシブル隊おプなので、気分に合わせてカラーが替えられるのもポイントです。

サイズ183×61cm厚み5mm
重量1kg素材TPE

口コミを紹介

ミストグリーン/フレッシュグリーンを購入。優しく穏やかな気持ちになるようなキレイな色です。アンリべべのマットは軽くて、持ち運びに便利。クッション性が高くインバージョンのポーズが取りやすいです

出典:https://review.rakuten.co.jp

おしゃれなヨガマットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5743218の画像

    Anri&Bebe(アンリベベエ)

  • 2
    アイテムID:5743236の画像

    Gaiam (ガイアム)

  • 3
    アイテムID:5743259の画像

    マンドゥカ( Manduka)

  • 4
    アイテムID:5743282の画像

    Yoga Design Lab(ヨガデザインラボ)

  • 商品名
  • アンリベベエ ヨガマット
  • ガイアムYoga Mat
  • マンドゥカ ビギンヨガマット
  • ヨガデザインラボ コルクヨガマット
  • 特徴
  • リバーシブルのおしゃれなヨガマット
  • アジアンテイストでインテリアにもなりやすいヨガマット
  • 表面にクローズドセル加工したヨガマット
  • ナチュラル素材のヨガマット
  • 価格
  • 8250円(税込)
  • 9999円(税込)
  • 7575円(税込)
  • 9400円(税込)
  • サイズ
  • 183×61cm
  • 172×60cm
  • 173×61cm
  • 178×61cm
  • 厚み
  • 5mm
  • 5mm
  • 5mm
  • 1.5mm/3.5mm
  • 重量
  • 1kg
  • -
  • 1kg
  • 1.6kg
  • 素材
  • TPE
  • PVC
  • TPE
  • 天然ゴム、天然コルク

コスパのいい安いヨガマットの人気おすすめランキング4選

4位

PURE RISE(ピュアライズ)

ピュアライズ ヨガマット

価格:1,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワークアウトやコアトレーニングにもピッタリな厚さmm

PVCよりも柔らかいNBRを採用した、耐久性と耐水性に優れたヨガマット。水に強い素材なので汗をすぐに抜き取れるので安心です。メッシュタイプのケース付きで持ち運びにも便利。

サイズ180×61cm厚み10mm
重量850g素材NBR

口コミを紹介

厚さ10cm以上のヨガマットを探していたところ、こちらの商品が目に留まりました。ネットもついていてマットをまとめるバンドもあるので、持ち運びも便利です。保管も場所を取りません。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Reodoeer

Reodoeer ヨガマット

価格:1,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納バッグ、ゴムバンド付きのヨガマット

クッション性、滑り止め、防音性にすぐれた厚み10mmのヨガマット。そのまま水洗いできるので清潔に保てます。カラーは8種類で男性でも使いやすいサイズです。

サイズ183×61cm厚み10mm
重量900g素材NBR

口コミを紹介

厚さが10mmもあるので購入。骨が当たると痛いので、厚みがあるものを探していました。
厚さ、長さともに申し分ないです。これで筋膜リリースしているとこのまま寝られそうです。お値段も安くてとても良いお買い物でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Soomloom

Soomloom ヨガマット

価格:1,674円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

断熱構造だから冬でも床の寒さを感じにくい

厚さ10mmのクッション性の高いヨガマット。表面は凸凹構造で滑りにくく、断熱構造だから冬の床の冷たさもカバーしてくれます。カラーは10種類から選べるので、男性も女性にもおすすめです。

サイズ183×61cm厚み10mm
重量1.1kg素材NBR

口コミを紹介

腹筋を鍛える際に腰が痛くなってしまい購入しました。以前はタオルを腰の下に敷いて行っていましたが、ヨガマットは快適さが段違いに良いです。起き上がる際に腰の骨が床にめり込む感覚から解放され、快適に運動を行うことが出来ています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ヨガワークス

ヨガワークス ヨガマット

価格:4,020円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヨガに丁度いい厚さ6mmのヨガマット

立ちポーズや座りポーズにも快適にできる、しっかりとしたヨガマット。6mmの厚さで弾力性もあり体に衝撃を与えにくいです。広げた時に丸まりにくいのでセットしやすいのも特徴です。

サイズ173×61cm厚み6mm
重量1200g素材ポリ塩化ビニール

口コミを紹介

色もきれいでとても気に入ってます。6mmなので背中も全然痛くないので購入してよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパのいい安いヨガマットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5742986の画像

    ヨガワークス

  • 2
    アイテムID:5743034の画像

    Soomloom

  • 3
    アイテムID:5743064の画像

    Reodoeer

  • 4
    アイテムID:5743120の画像

    PURE RISE(ピュアライズ)

  • 商品名
  • ヨガワークス ヨガマット
  • Soomloom ヨガマット
  • Reodoeer ヨガマット
  • ピュアライズ ヨガマット
  • 特徴
  • ヨガに丁度いい厚さ6mmのヨガマット
  • 断熱構造だから冬でも床の寒さを感じにくい
  • 収納バッグ、ゴムバンド付きのヨガマット
  • ワークアウトやコアトレーニングにもピッタリな厚さmm
  • 価格
  • 4020円(税込)
  • 1674円(税込)
  • 1780円(税込)
  • 1580円(税込)
  • サイズ
  • 173×61cm
  • 183×61cm
  • 183×61cm
  • 180×61cm
  • 厚み
  • 6mm
  • 10mm
  • 10mm
  • 10mm
  • 重量
  • 1200g
  • 1.1kg
  • 900g
  • 850g
  • 素材
  • ポリ塩化ビニール
  • NBR
  • NBR
  • NBR

自宅用ヨガマットの人気おすすめランキング4選

4位

PROIRON

PROIRON ヨガマット

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

反発弾力のあるヨガマット

家庭用フィットネス器具を展開するメーカーのヨガマット。良好な反発弾性があるので、体への負担が少ないのも特徴です。立ったままのポージングやトレーニングにもピッタリです。

サイズ183×66cm厚み10mm
重量1100g素材NBR

口コミを紹介

届くのが早い。安い。しっかりした商品でした。センターラインが意外と役に立ちます。
硬い床でも100kgの体重でも安心して使える。肌触りがいい。汗をきれいに拭き取れる。コンパクトに収納できる。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

HiFEX

HiFEX ヨガマット

価格:3,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メッシュタイプの収納ケース付き

ゴムの独特の匂いがなく、耐久性の強いニトリルゴムを採用したヨガマット。横じまエンボス加工で、摩擦や衝撃を緩和横滑りを防いでくれます。水洗いもできるので、いつでも清潔を保てます。

サイズ183×61cm厚み10mm
重量800g素材NBR

口コミを紹介

クッション性が高く、とても良いです。気持ちいいので、ヨガやストレッチを忘れて寝てしまいそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

YUREN

YUREN ヨガマット

価格:3,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クッション性の高い厚さ15mmのヨガマット

厚さ15mがあるので、下にも音が響きにくく安定性のあるヨガマット。表面は凸凹設計なので滑りにく、横の動きでもマットがずれにくいです。

サイズ183×61cm厚み15mm
重量1.2kg素材NBR

口コミを紹介

使用は主に腹筋時に使用してます。厚みが10ミリ以下を使用しており、尾骶骨あたりの皮膚が擦れて治ったり、擦れたりが続いてました。このYURENの商品を、使用し出してからは、スポンジの様な、程よいクッションと、厚みのお陰で、尾骶骨の擦れによる怪我がなくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

イケヒコ・コーポレーション(IKEHIKO)

い草ヨガマット

価格:10,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国産い草を使用した香りのいいヨガマット

国産のい草を素材に採用したヨガマット。1本1本が太く繊維がきめ細かいので、弾力性と耐久性に優れています。い草の自然の香りに癒されながらヨガが楽しめるでしょう。

サイズ180×60cm厚み6mm
重量-素材表地:い草(九州産)/裏地:PVC/ヘリ=PP.PE

口コミを紹介

ヨガインストラクターのあいだでは有名なようで、結構高かったでしょうと言われましたが、足裏の畳の感触が心地よくて個人的にはお値段以上かなと満足しています。デザインも部屋のインテリアとしての機能を果たしてくれてステキです。

出典:https://www.amazon.co.jp

自宅用ヨガマットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5742811の画像

    イケヒコ・コーポレーション(IKEHIKO)

  • 2
    アイテムID:5742845の画像

    YUREN

  • 3
    アイテムID:5742914の画像

    HiFEX

  • 4
    アイテムID:5742937の画像

    PROIRON

  • 商品名
  • い草ヨガマット
  • YUREN ヨガマット
  • HiFEX ヨガマット
  • PROIRON ヨガマット
  • 特徴
  • 国産い草を使用した香りのいいヨガマット
  • クッション性の高い厚さ15mmのヨガマット
  • メッシュタイプの収納ケース付き
  • 反発弾力のあるヨガマット
  • 価格
  • 10990円(税込)
  • 3080円(税込)
  • 3000円(税込)
  • 2980円(税込)
  • サイズ
  • 180×60cm
  • 183×61cm
  • 183×61cm
  • 183×66cm
  • 厚み
  • 6mm
  • 15mm
  • 10mm
  • 10mm
  • 重量
  • -
  • 1.2kg
  • 800g
  • 1100g
  • 素材
  • 表地:い草(九州産)/裏地:PVC/ヘリ=PP.PE
  • NBR
  • NBR
  • NBR

初心者向けヨガマットの人気おすすめランキング4選

4位

RealStone(リアルストーン)

リアルストーン ヨガマット

価格:2,128円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静的ヨガに合う6mmヨガマット

グリーン、ピンク、ミント、ライトパープルなど全8色から選べるヨガマット。厚さ6mmで体への負担を和らげてくれます。コスパの良さも魅力。

サイズ173×60cm厚み6mm
重量1.3kg素材PVC

口コミを紹介

通っていたヨガスタジオで使われていてとても良かったので家用に買いました使い心地もコスパも良いので助かりました!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

RIORES (リオレス)

おりたたみヨガマット

価格:2,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びに便利な収納ケース付き

折りたたみしやすく折り目がついいます。折り目はポージングの目安にもなるので、ポーズに慣れていない初心者にピッタリ30cmのバッグにスッポリと収納できます。

サイズ173×61cm厚み5mm
重量900g素材PVC

口コミを紹介

折りたたみ用は厚さがなく薄いものが多いですが、程よい厚さがあるのに収納しやすいのはありがたいです。片付ける時もサッと端を持ち上げれば線がついてるので折り畳まろうとしてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Jade Yoga

Jade Voyager Yoga Mat

価格:8,556円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グリップ力、クッション力のいいヨガマット

グリップ力とクッション性に優れているので、初心者向けより薄いタイプですが安心。コンパクトに畳め軽量なので持ち運びのも便利です。

サイズ173×61cm厚み1.5mm
重量0.7kg素材天然ゴム

口コミを紹介

軽い、折りたためる、グリップ力がすごくある。私にとって日頃ジムで使うのに理想的なマットです。天然ゴム100%なので、確かにゴム臭はあります。

出典:https://review.rakuten.co.jp

1位

スリア(suria)

スリア ヨガマット

価格:6,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

地球環境にやさしいTPE素材を採用

接着剤を一切使用せず環境に優しいTPEを採用した、クッション性やグリップ力のあるヨガマット。開封時のゴムの嫌な匂いが軽減されているのもポイントです。

サイズ61×183cm厚み4mm
重量0.9kg素材TPE

口コミを紹介

4mmの厚さなので、軽く、持ち運びも便利。また、コーラルの色がもしかしたら派手かもしれないと思っていましたが、淡い珊瑚のような落ち着きがあるコーラルピンクでした。とても、癒される色だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者向けヨガマットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5742590の画像

    スリア(suria)

  • 2
    アイテムID:5742646の画像

    Jade Yoga

  • 3
    アイテムID:5742727の画像

    RIORES (リオレス)

  • 4
    アイテムID:5742764の画像

    RealStone(リアルストーン)

  • 商品名
  • スリア ヨガマット
  • Jade Voyager Yoga Mat
  • おりたたみヨガマット
  • リアルストーン ヨガマット
  • 特徴
  • 地球環境にやさしいTPE素材を採用
  • グリップ力、クッション力のいいヨガマット
  • 持ち運びに便利な収納ケース付き
  • 静的ヨガに合う6mmヨガマット
  • 価格
  • 6380円(税込)
  • 8556円(税込)
  • 2180円(税込)
  • 2128円(税込)
  • サイズ
  • 61×183cm
  • 173×61cm
  • 173×61cm
  • 173×60cm
  • 厚み
  • 4mm
  • 1.5mm
  • 5mm
  • 6mm
  • 重量
  • 0.9kg
  • 0.7kg
  • 900g
  • 1.3kg
  • 素材
  • TPE
  • 天然ゴム
  • PVC
  • PVC

メンズ向け大きめヨガマットの人気おすすめランキング4選

4位

Islands Company

特大ヨガマット

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折りたたんでバッグに入れて持ち運びしやすい

身長190cmの高身長の方まで使用できる特大サイズのヨガマット折り畳みタイプなので、付属のバッグとバンドで持ち運びにも便利です。

サイズ188.5×80cm厚み4mm
重量1.2kg素材PVC

口コミを紹介

身長が大きいので普通のサイズでは少し窮屈でしたが、この製品は余裕をもって利用することができました。厚さはあまりないのでクッション性は期待できませんが、家でのトレーニングやヨガには十分です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

YUREN

YUREN トレーニングマット

価格:4,331円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

15mmの極厚ヨガマット

通常のヨガマットより約20cm幅広サイズで、厚さ15mmの極厚タイプ。ドイツのTUV承認を取得した、高密度のニトリルゴムを採用。水洗いができるので、いつでも清潔を保てます。

サイズ185×90cm厚み15mm
重量-素材ニトリルゴム

口コミを紹介

丈夫で弾力がある印象を受け、腹筋種目のブランクやレッグレイズでの尻の痛さはありませんでした。アブローラーでも膝の痛みは無くスムーズにトレーニングが行えました。バランスボールに至っては少し動きが鈍くなりましたが問題無く負荷をかけれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Gruper

Gruper ヨガマット

価格:3,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水で洗えるからお手入れ簡単

柔軟な素材なのに耐久性のいい、滑り止め付きのヨガマット。10mmもある高密度素材のマットなので、お尻や膝を傷めにくいです。

サイズ185×80cm厚み10mm
重量-素材ニトリロゴム

口コミを紹介

自宅での筋トレ用に買いました。178センチ85キロと大きめの体型をしていて、腹筋やプランクをする時に関節に負担がかかっていました。厚さを15mmにするか10mmするか悩みましたが、10mmのマットでも吸収性が高く、全く腰が痛くなりません。感動しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

adidas(アディダス)

トレーニングマット ADMT-12235

価格:6,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パッド入りのリバーシブルマット

黒をメインに赤のラインを入れた、クルーさが際立つアディダスのヨガマット。耐摩耗のいい素材を使用しているので、耐久性がいいのもポイントです。

サイズ183×61cm厚み10mm
重量1.1kg素材ニトリロゴム

口コミを紹介

こちらのマットはさすがadidasで、臭いもしないですしマット感も完璧です。HIITや腹筋などにもってこいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

メンズ向け大きめヨガマットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5741822の画像

    adidas(アディダス)

  • 2
    アイテムID:5741847の画像

    Gruper

  • 3
    アイテムID:5741868の画像

    YUREN

  • 4
    アイテムID:5741884の画像

    Islands Company

  • 商品名
  • トレーニングマット ADMT-12235
  • Gruper ヨガマット
  • YUREN トレーニングマット
  • 特大ヨガマット
  • 特徴
  • パッド入りのリバーシブルマット
  • 水で洗えるからお手入れ簡単
  • 15mmの極厚ヨガマット
  • 折りたたんでバッグに入れて持ち運びしやすい
  • 価格
  • 6280円(税込)
  • 3699円(税込)
  • 4331円(税込)
  • 2000円(税込)
  • サイズ
  • 183×61cm
  • 185×80cm
  • 185×90cm
  • 188.5×80cm
  • 厚み
  • 10mm
  • 10mm
  • 15mm
  • 4mm
  • 重量
  • 1.1kg
  • -
  • -
  • 1.2kg
  • 素材
  • ニトリロゴム
  • ニトリロゴム
  • ニトリルゴム
  • PVC

練習後のお手入れ方法

ヨガを使用したあとは、汗や皮脂など見えない汚れが付着しているものです。手入れをせずに使用し続けると劣化しやすくなるので、練習後には必ず手入れをしましょう。

 

まずは湿らせた布でふき取り、そのご乾いた布でふき取ります。抜いたら風通しの良い場所で乾燥させるだけです。直射日光の当たらない、乾燥や多湿、高温を避けて保管しましょう。

気になる臭いはアロマで解決!スプレーの作り方も紹介

よりリラックスしたいなら、お手入れの仕上げにアロマスプレーを吹きかけるのもおすすめです。市販の天然アロマオイルと無水エタノール、精製水、スプレーボトルを準備すれば簡単に作れますよ。

 

アロマスプレー40mlの作り方をご紹介します。無水エタノール10ml、好みの香りの精油8滴をボトルに入れ、よく溶かしたら精製水30mlを入れて混ぜれば出来上がり。ヨガマットの使用後のお手入れの後に使用してみてください。

 

下記のサイトでは、アロマオイルとスプレーボトルのおすすめ人気ランキングをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

通販で購入したら到着日をチェックしよう!

最近は、ジムへ行かずに自宅でトレーニングやリモートレッスンをする方が増えています。ヨガマットの需要も高まっているので、売り切れてしまうこともあります。通販で選ぶときは、商品の在庫や到着日を確認してから購入しましょう。

ヨガマットはプレゼントにおすすめ!価格帯は?

ヨガマットは消耗品ですから、ヨガやティラピスをしている方へのプレゼントに向いています。ヨガマットの相場は、安い物で2000円~、高い物では1万円以上するものもあります。プレゼントする相手や用途に合わせて選ぶとよいでしょう。

ヨガマットの収納バッグ、ヨガウェア、DVDなどのグッズもチェック!

ヨガを始めるとき、持ち運び用の収納バッグやケース、ヨガウェア、速乾タオルがあると便利ですよね。また、自宅でレッスンしたいならDVDも必要です。下記のサイトでは、ヨガに必要なグッズのおすすめランキングをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

ヨガマットの人気おすすめランキング20選をご紹介しました。自宅でリモートヨガを楽しむなら厚手タイプやデザイン性の高いもの、持ち運びするならコンパクトに収納できるものなどがおすすめです。使いやすいヨガマットで、体の調子を整えましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ