レーダー探知機の人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

記事ID11515のサムネイル画像

オービスや検問の場所を知らせてくれるレーザー探知機。小型で優秀なモデルやドライブレコーダーと一体になったものなど、非常に便利なアイテムです。今回は、そんなレーダー探知機の人気おすすめランキングをご紹介します。コムテック・ユピテル・セルスターなど、人気メーカーの商品も!価格や取り付け方についても紹介しています。

安全運転にもつながるレーダー探知機の効果

レーダー探知機は、速度違反を取り締まるオービスの位置を教えてくれる機械です。最近は新型の光オービスに対応したものも増えています。不注意で速度超過するのを防いでくれたり、検問の場所を教えてくれたりするので便利ですよね。

 

違法ではないかといわれることもありますが、合法なので取り付けることに問題はありませんし、安全運転にもつながるといわれています。しかしレーダー探知機はセパレート型やミラー型、OBD2対応型、ドライブレコーダー一体型など多くの種類があり、選ぶのが大変です。

 

そこで今回はレーダー探知機の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。ランキングはタイプ・給電方法・受信衛星数の3つのポイントを基準として作成しました。

そもそもとしてレーダー探知機ってなに?

レーダー探知機とはオービスと呼ばれる速度違法自動取り締まり装置の発するレーダー波を受信することによって、どこにオービスがあるのかわかるという運転手には便利なアイテムです!もちろんですがスピード違反を未然に防ぐことができます。

 

一方でレーダー探知機で探知できるオービスと探知できないオービスがあります。選び方のポイントやおすすめ商品を知る前にレーダー探知機そのものについてもっと深く知りたい方は以下のボタンに飛んでみてください!

レーダー探知機の選び方

レーダー探知機は、機種によって検知できるオービスの種類や形状、機能が異なります。レーダー探知機の選び方のポイントをご紹介するので、参考にしてください。

受信方式で選ぶ

レーダー探知機の受信方式は、大きく分けて3種類に分けられます。3つの方式は、役割が異なるので全ての方式に対応したレーダー探知機もあります。それぞれの方式の特徴をご紹介するので、レーダー探知機を選ぶ参考にしてください。

リーズナブルに購入したいなら「レーダー波受信」のみ

レーダー波を受信するのは、レーダー探知機で最も基本的な機能です。基本的に全てのレーダー探知機に取り付けられている機能で、レーダー式のオービスを検知できます。現在は、レーダーは受信のみのタイプは少なく、GPSを搭載したものが多いです。

 

レーダー波のみを受信するタイプは検知できるオービスが少ないですが、リーズナブルな価格で購入できます。

長距離移動が多いなら「GPS搭載」がおすすめ

GPSを搭載したレーダー探知機は、オービスの位置情報のデータを記録できます。そのため、データがあればレーダー波を出さないループコイル式やLHシステムなどのオービスも検知できます。データがあれば、光オービスでも検知可能です。

 

GPSを搭載型は価格が高くなりますが、非常に多くのオービスを検知できるので便利です。GPSアンテナで、自車の位置も正確に分かります。車で移動することが多い人にはGPS搭載型が便利です。

光オービスを検知したいなら「レーザー探知機」

レーザー波を受信できるタイプのレーダー探知機も販売されています。光オービスはデータがないとGPS搭載型でも検知できませんが、レーザ―波を受信できるタイプは検知できます。レーザ―波を受信できるタイプは、レーザ―探知機と呼ばれる場合もあります。

 

レーザー波を受信できるレーダー探知機はGPSも搭載した高機能なものが多いです。そのため価格もかなり高くなりますが、レーザー波のみを受信するタイプのものも販売しています。

形状で選ぶ

レーダー探知機には、さまざまな形状のものがあります。形状によって取り付ける位置や機能なども変わってきます。それぞれのメリット・デメリットをまとめたので、レーダー探知機を選ぶ参考にしてください。

簡単に取り付けられる「一体型」がおすすめ

アンテナとディスプレイが一体になったタイプが、一体型のレーダー探知機です。ディスプレイに速度や地図が表示されます。案内がわかりやすく、直感的に操作しやすいのが特徴です。ダッシュボードやサンバイザーの取り付けるものが多く、取り付けも簡単にできます。

 

ダッシュボードに取り付けると、すぐにディスプレイを確認できます。カーナビがある場合は、サンバイザーに取り付けられます。オーソドックスで、バリエーションが豊富です。省スペースにしたいなら小型もあります。どれにしていいか迷ったら、一体型がおすすめです。

BMWなどの断熱ガラスを使用した車には「セパレート型」

アンテナとディスプレイを別々に設置するのがセパレート型のレーダー探知機です。断熱ガラスや熱吸収ガラスなど使用してる場合、どうしても電波の受信が悪くなります。電波が届きやすい位置にアンテナを設置できるので、GPSの受信感度が良くなることが期待されます。

 

デメリットは、他のタイプに比べて配線作業などの取り付けが面倒になることです。また、一体型に比べて最新機能を搭載したものの発売も遅いです。価格も高いですが、電波受信が悪くなるガラスを使用した車に取り付けるにはおすすめです。

スペースを取りたくないなら「ミラー型」がおすすめ

ミラー型はルームミラーに取り付けて使うレーダー探知機です。コンパクトで目立たないので、レーダー探知機を取り付けるスペースがない人や場所を取りたくない人におすすめです。ただし、角度や表示の大きさなどで、ディスプレイが見えにくい場合があります。

 

ミラーに取り付けるため、ルームミラーが見えにくくなることもあるのがデメリットです。ミラーの見えにくさが気になる人は他のタイプを選びましょう。

シンプルなものが欲しいなら「ディプレイなし」を

レーダー探知機は液晶ディスプレイに情報が表示されますが、ディスプレイのないタイプもあります。音声で情報を知らせてくれるので、ディスプレイを見ずに運転できるのがメリットです。電源を入れるだけで、すぐに使えるので初期設定の必要もありません。

 

機能は少なく探知できるオービスも少ないですが、価格帯は最も安くなります。リーズナブルでシンプルな機能のレーダー探知機が欲しい人におすすめです。

ドラレコ機能も搭載した「ドライブレコーダー一体型」

ドライブレコーダーとレーダー探知機が一体になったタイプもあります。ドライブレコーダーとGPS情報を共有できて電源は1つですみ、ドライブレコーダーとレーダー探知機の両方を接続するよりも省スペースです。ドライブレコーダーの導入を考えている人におすすめです。

給電方法で選ぶ

レーダー探知機は大きく分けて3種類の給電方法があります。車から給電するものが主流ですが、太陽光で給電するモデルもあります。給電方法によっては取り付けが難しいものもあるので、よく考えて選びましょう。

手軽に取り付けたいなら「シガーソケット」

レーダー探知機の最も一般的な給電方法がシガーソケットに取り付ける方法です。ほとんどのレーダー探知機で可能な給電方法方法で、シガーソケットに差し込むだけで給電できます。他の方法に比べて取り付けが簡単で、配線作業ができない人でも取り付けられます。

 

エンジンをかけると自動でオンになるので、電源を入れる必要もありません。ただし、常にシガーソケットに取り付けている状態なので、見た目はよくありません。カーナビやドライブレコーダーをシガーソケットに取り付けている場合は、増設の必要があります。

コードレスで使いたいなら「ソーラーパネル式」

ソーラーパネル式は、太陽光発電で給電するレーダー探知機です。太陽光の当たる位置に置く必要がありますが、面倒な配線作業なしでコードレスで使えるのがメリットです。車のバッテリーにも負担になりません。

 

ただし、どうしても電源が弱いので、機能がシンプルなレーダー探知機にしか採用されていません。ディスプレイ付きでも簡易的なものになります。シンプルでコンパクトなレーダー探知機で充分という人にはおすすめです。

給電しながら速度もわかる「OBDⅡ(OBD2)」

「OBD2」に対応したレーダー探知機は、「OBDコネクター」に接続して給電するタイプです。車のコンピューターと直結するので、給電と同時に車の正確な速度がわかります。GPSの電波が届かない場合でも、OBD2対応なら正確な位置や移動距離を把握できます。

 

ただし、OBD2アダプターがレーダー探知機に付属しないことが多いです。5000~7000円するアダプターを購入しないと使えません。その分、価格が高くなるので注意しましょう。取り付けも難しくなります。

機能で選ぶ

レーダー探知機は、さまざまな機能が搭載されています。GPSの受信に関わるものが多いですが、レーダー探知機の使いやすさにも関わってきます。どんな機能があるのか把握して、自分に合ったレーダー探知機を選ぶ参考にしてください。

多くの情報を受信できる「受信バンド数」の多いもの

受信バンド数とは、レーダー探知機が受信できる無線の数を表します。この数が多いほどさまざまな情報を取得できるので、便利です。バンド数が多いほど価格も高くなります。ただし、役に立たないバンドもあり初期設定でオフになっている場合もあります。

 

重要な情報を得られるのは「Xバンド」・「Kバンド」・「カーロケーターシステム」・「取締り用連絡無線(350.1MHz)」・「GPS」の5バンドです。他のバンドは、そこまで重要ではないので、この5つを受信できるかどうかを基準にしましょう。

ドライブレコーダとGPS情報や電源を共用したいなら「相互通信」できるもの

ドライブレコーダー一体型とは別に、接続することでドライブレコーダーと相互通信が可能なタイプもあります。既にドライブレコーダーを導入している場合は、一体型よりも相互通信可能なタイプの方が使いやすいでしょう。

 

ドライブレコーダーと同じメーカーのレーダー探知機なら、接続も簡単です。ドライブレコーダー一体型に電源供給できるものもあります。下の記事はドライブレコーダーについて、ご紹介しています。レーダー探知機と別にドライブレコーダーを取り付けたい人は参考にしてください。

パソコンやスマホアプリが使えるなら「GPSデータ無料更新」がおすすめ

レーダー探知機は、日々新しくなるGPSデータを更新する必要があります。GPSデータは有料のものと無料のものがあります。ただし、無料でデータを更新するにはパソコンやスマホのアプリを使用する必要があります。

 

無料更新できるレーダー探知機を選ぶなら、覚えておきましょう。また、データを更新するにはSDカードも必要です。ただし無線機能付きカードに対応したものなら、直接データを受信して更新できます。

GPSデータを簡単に更新したいなら「Wi-Fi」搭載モデル

Wi-Fi搭載モデルのレーダー探知機もあります。スマホのデザリング機能などを使うことで、手間のかかるGPSデータの更新が簡単にできます。更新が面倒な人や忘れがちな人にも便利な機能です。

トンネル内のオービスを検知できる「Gセンサー・ジャイロセンサー」

トンネル内はGPSの電波が届きにくいため、オービスの位置情報が受信できない場合があります。Gセンサーやジャイロセンサーを搭載したモデルなら、トンネル内でも安心して使えます。

 

Gセンサーは加速度で移動距離を把握し、ジャイロセンサーで車の向きも分かります。トンネル内でも正確な位置が分かるので、トンネル内にオービスがある場合もしっかりと検知できます。

都心部で使うなら「受信衛星数」の数が多いものを

都心部は高層ビルが多いため、電波が届きにくくなります。そのため、レーダー探知機も情報が正確にキャッチできない場合があります。衛星受信数が多いモデルは、衛星からの位置情報が多くなります。

 

多数の情報からズレを修正できるので、位置情報もより正確になります。衛星受信数が多いレーダー探知機は80以上の衛星から情報を得ています。都心部で走行する人は、衛星受信数が多いモデルがおすすめです。

ゾーン30・速度警戒ポイントを通るなら「警告機能付き」を

ゾーン30や速度警戒ポイントに近付くと警告するレーダー探知機もあります。ゾーン30は、通学路や歩行者が多くなる場所で、制限速度が30km/hになる区域です。取り締まりが多くなることで知られています。

 

速度警戒ポイントは、高速道路から一般道に切り替わる地点のことで速度超過が起きやすいです。オービスを感知するのとは別の機能ですが、速度を落とすポイントを教えてくれることで安全運転につながります。

本体でも操作できれば「リモコン」がなくても便利

レーダー探知機は、本体のタッチパネルやタッチスイッチで操作するものやリモコンで操作するものなどがあります。リモコンで操作するレーダー探知機は多いですが、リモコンのみで操作するものには注意が必要です。

 

リモコンを失くして操作できなくなるトラブルは意外に少なくありません。リモコン以外で操作できた方が便利なので、購入前に確認しておきましょう

「バイク」にはバイク専用のもの

レーダ―探知機は自動車用のものだけでなくバイク用のものも販売されています。基本的に選び方は自動車用と大きく変わりませんが、屋根がないので防水性能が必要になります。自動車用のものは防水性能がなく、取り付けが面倒なのでバイク用のものを選びましょう。

 

IPX6以上防水性能のものを選んでおくと安心です。バイク用はレーザー受信対応のものはなく、GPSで光オービスを検知するタイプになります。

おすすめメーカーで選ぶ

レーダー探知機を販売している主要なメーカーは3社です。レーダー探知機の多くは、この3つのメーカーが販売しています。それぞれの特徴をまとめたので、レーダー探知機を選ぶ参考にしてください。

使いやすいものが欲しいなら「コムテック(COMTEC)」

コムテックは大手カー用品のメーカーで、レーダー探知機のバリエーションが非常に多いです。デザイン性の高さでも人気があります。レーダー探知機の待ち受けや設定メニューが共通化されているので、かなり使い勝手が良いのもポイントです。

 

設定メニューが非常にわかりやすいですが、初期設定が全てオンになっています。そのままでは通知が多すぎるのが難点です。保証期間が長いので安心して使えます。使い勝手が良いレーダー探知機が欲しい人におすすめです。

高機能なものが欲しいなら「ユピテル(Yupiteru)」

ユピテルは、50年の歴史を持つカー用品のメーカーです。GPSデータの更新が有料ですが、実用的な独自機能を持ったレーダー探知機を販売しています。GPSデータの更新頻度も高く、情報登録件数も多いです。

 

アニメのキャラがガイダンスするレーダー探知機などユニークな商品も販売しています。価格は高めですが、バリエーションが豊富でリーズナブルなものもあります。高機能なレーダー探知機が欲しい人におすすめです。

リーズナブルな価格のものが多い「セルスター(Cellstar)」

セルスターは、ドライブレコーダーとレーダー探知機を中心に販売しているカー用品のメーカーです。高速走行時の原則に弱いといわれていますが、全体的に高精度なレーダー探知機を販売しています。

 

必要な機能を絞り込むことで、リーズナブルなレーダー探知機を販売しています。余計な機能がついていないコストの良いレーダー探知機が欲しい人におすすめです。

光オービス対応レーダー探知機の人気おすすめランキング3選

3位

セルスター(CELLSTAR)

AL-01

価格:6,850円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

光オービスのみ検知するリーズナブルなレーダー探知機

光オービスのみを検知できるシンプルな機能のレーダー探知機です。セルスターのセイフティレーダーと接続可能で、電源を供給できるようになります。ディプレイがなく、LEDと音声で警告します。

 

光オービスに対応していないレーダー探知機を付けている人が、光オービスを検知するために追加するのに便利です。

タイプディプレイなし給電方法シガーソケット
受信衛星数-

口コミを紹介

単にレーザーに対応させたいだけという人にはうってつけの品ですね。
単独で使用できるのもいい!使っているレーダー探知機が他社であっても追加できますからね。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

コムテック(COMTEC)

ZERO 707LV

価格:23,500円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

取締共有システムが利用可能

光オービス対応で、レーダー波、GPSと全ての方式に対応したレーダー探知機です。受信距離が短い移動式の光オービスにも対応しています。別売品の無線LAN内蔵SDHCカードを取り付ける必要がありますが、取締共有システムを利用できるようになります。

 

リアルタイムで取り締まり情報を入手できるため、1kn手前から取り締まりの警告が可能です。

タイプ一体型給電方法OBD2
受信衛星数78

口コミを紹介

レーダーは勿論ですがレーザーにも反応するので僕は安心して運転できました。
購入する事で高い安心を得られ性能も問題なく良い買い物が出来たと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ユピテル(YUPITERU)

SUPER CAT A360α

価格:29,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

光オービスの探知距離が約3倍にアップ

受信衛星数が84とかなり多い光オービス対応レーダー探知機です。独自設計「エスフェリックレンズ」を採用することで、光オービスを探知する距離と範囲がアップしています。レーダー探知機は、自動ドアの電波を速度取締機の電波と間違える誤警報が多いです。

 

誤警報だと分かったものは手動でキャンセルしないと、同じ場所で誤警報が出続けるレーダー探知機は多いです。このモデルは便利な自動キャンセル機能がついているので、手動でキャンセルする必要がありません。

タイプ一体型給電方法OBD2
受信衛星数84

口コミを紹介

OBD2を持っていた為、本体だけを購入しました。
他のメーカーでは、タコメーターが反応しないのに、ユピテルは、ちゃんと反応してくれ、実際に、レーザー式の探知もしっかりしてくれています。

出典:https://www.amazon.co.jp

光オービス対応レーダー探知機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5641745の画像

    ユピテル(YUPITERU)

  • 2
    アイテムID:5641748の画像

    コムテック(COMTEC)

  • 3
    アイテムID:5641754の画像

    セルスター(CELLSTAR)

  • 商品名
  • SUPER CAT A360α
  • ZERO 707LV
  • AL-01
  • 特徴
  • 光オービスの探知距離が約3倍にアップ
  • 取締共有システムが利用可能
  • 光オービスのみ検知するリーズナブルなレーダー探知機
  • 価格
  • 29800円(税込)
  • 23500円(税込)
  • 6850円(税込)
  • タイプ
  • 一体型
  • 一体型
  • ディプレイなし
  • 給電方法
  • OBD2
  • OBD2
  • シガーソケット
  • 受信衛星数
  • 84
  • 78
  • -

セパレート型レーダー探知機の人気おすすめランキング3選

3位

Yupiteru(ユピテル)

Super Cat A710

価格:35,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュなレーダー探知機

タッチパネルを採用したレーダー探知機です。静電式で軽いタッチで操作できるため、押したせいでレーダー探知機がズレる心配がありません。情報が公開されている取締路線がある場合、マップの路線を点滅させて警告します。

 

デザインがおしゃれで、画面のデザインも好きなものを選択できます。別売のオプションを購入すれば、わき見運転や居眠り運転にも警報を鳴らすことが可能です。

タイプセパレート型給電方法OBD2・シガーソケット
受信衛星数-

口コミを紹介

タッチパネルで使いやすく、スタイリッシュでカッコいい。
OBD2アダプターを購入すれば、色々な車の情報が見られます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Yupiteru(ユピテル)

LS700

価格:42,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高機能でオプションが豊富

光オービスに対応したセパレート型のレーダー探知機です。ゲリラオービスとも呼ばれる移動式の光オービスも、レーダー波受信で検知できます。取り締まりが行われている路線は、マップ上の路線を点滅させてリアルタイムで警告します。

 

衝突警報システムや無線LAN機能付SDカードなど、有料のオプションも豊富に用意されています。

タイプセパレート型給電方法OBD2・シガーソケット
受信衛星数84

口コミを紹介

任意で設定して使用しておりますが、とても静かで誤検知もほとんど気になりません。
レーザーを受信したらちゃんと警告してくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

セルスター工業

レーザー式オービス対応レーダー探知機 AR-2

価格:28,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパの良いセパレート型光オービス対応レーダー探知機

光オービスも検知できるセパレート型レーダー探知機です。セパレート型なので、レーザー受信部を受信しやすい場所に設置することができます。場所に合わせたリアルなCGでオービスの位置など警告するため、非常にわかりやすいです。

 

災危通報にも対応しており、地震や津波の情報なども表示します。2万円代で購入可能で、光オービスに対応したセパレート型として安価になっています。

タイプセパレート型給電方法OBD2・シガーソケット
受信衛星数81

口コミを紹介

Nシステムの柱のところに移動オービスが設置されてました。この機械が直前に知らせてくれて助かりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

セパレート型レーダー探知機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5644610の画像

    セルスター工業

  • 2
    アイテムID:5644609の画像

    Yupiteru(ユピテル)

  • 3
    アイテムID:5644607の画像

    Yupiteru(ユピテル)

  • 商品名
  • レーザー式オービス対応レーダー探知機 AR-2
  • LS700
  • Super Cat A710
  • 特徴
  • コスパの良いセパレート型光オービス対応レーダー探知機
  • 高機能でオプションが豊富
  • スタイリッシュなレーダー探知機
  • 価格
  • 28980円(税込)
  • 42000円(税込)
  • 35980円(税込)
  • タイプ
  • セパレート型
  • セパレート型
  • セパレート型
  • 給電方法
  • OBD2・シガーソケット
  • OBD2・シガーソケット
  • OBD2・シガーソケット
  • 受信衛星数
  • 81
  • 84
  • -

ドライブレコーダー一体型レーダー探知機の人気おすすめランキング3選

3位

コムテック(COMTEC)

ドライブレコーダー+GPSレーダー探知機 CB-R01

価格:23,797円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パソコンからでも録画データが確認可能

受信衛星数59のGPSを搭載したドライブレコーダー一体型レーダー探知機です。狭い場所に設置された小型オービスにも対応し、警告できます。取り締まりが行われる可能性の速度警戒ポイントでは、最高速度が切り替わる地点で警告します。

 

ドライブレコーダーは、SDカードの破損を確認してから撮影を開始するので映像の取り逃しの心配がありません。録画データーはパソコンでも確認できます。

タイプドライブレコーダー一体型給電方法シガーソケット
受信衛星数59

口コミを紹介

ドラレコとレーダー探知機がひとつになってとにかく便利。
ドラレコの映像が鬱陶しいなら時計やスピードメーターに変えることができ映画はバックグラウンドでしっかりと録画されている。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ユピテル(YUPITERU)

レーダー探知機付きドライブレコーダー A800DR

価格:37,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクティブセーフティ機能にも対応

HDR搭載の300万画素ドライブレコーダーと一体になったレーダー探知機です。レーダー探知機以外にもアクティブセーフティ機能を搭載しています。車線を逸脱した場合などに、表示とブザーで警告します。

 

各都道府県警察署が公表している速度取締指針を時刻や場所に合わせて、リアルタイムで表示します。

タイプドライブレコーダー一体型給電方法OBD2
受信衛星数-

口コミを紹介

ドライブレコーダーとレーダーをそれぞれ設置しなくて良い事が第一希望でしたので満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

コムテック(COMTEC)

ドライブレコーダー + レーダー探知機 一体型 CB-R02

価格:25,192円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型オービスのレーダー波にも対応

一般的なレーダーオービスのXバンドのレーダー波だけでなく、小型オービスのKバンドレーダー波にも対応しています。GPSも搭載しているので、幅広いオービスを検知します。ゾーン30エリアに近付くと警告する機能も付いています。

 

ドライブレコーダーは、200万画素で夜間でも明るさがアップした鮮明な映像を撮影できます。

タイプドライブレコーダー一体型給電方法シガーソケット
受信衛星数59

口コミを紹介

多機能なので、あまり鳴ってほしくない方には設定が面倒かもしれませんが、私は気にならないたちなので、便利に使っております。

出典:https://www.amazon.co.jp

ドライブレコーダー一体型レーダー探知機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5644442の画像

    コムテック(COMTEC)

  • 2
    アイテムID:5644446の画像

    ユピテル(YUPITERU)

  • 3
    アイテムID:5644459の画像

    コムテック(COMTEC)

  • 商品名
  • ドライブレコーダー + レーダー探知機 一体型 CB-R02
  • レーダー探知機付きドライブレコーダー A800DR
  • ドライブレコーダー+GPSレーダー探知機 CB-R01
  • 特徴
  • 小型オービスのレーダー波にも対応
  • アクティブセーフティ機能にも対応
  • パソコンからでも録画データが確認可能
  • 価格
  • 25192円(税込)
  • 37980円(税込)
  • 23797円(税込)
  • タイプ
  • ドライブレコーダー一体型
  • ドライブレコーダー一体型
  • ドライブレコーダー一体型
  • 給電方法
  • シガーソケット
  • OBD2
  • シガーソケット
  • 受信衛星数
  • 59
  • -
  • 59

ソーラーパネル対応レーダー探知機の人気おすすめランキング3選

3位

セルスター(CELLSTAR)

ALPHA-D1V 可変式ソーラーパネル

価格:4,549円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパの良いソーラーパネル式

角度可変ソーラーパネルを搭載したレーダー探知機です。充電しやすい角度にソーラーパネルが動きます。XバンドとKバンドのレーダー波に対応しています。ダッシュボードだけでなくサンバイザーにも取り付けられるタイプです。

タイプディプレイなし給電方法ソーラーパネル・シガーソケット
受信衛星数-

口コミを紹介

ソーラーだけで使用してますが電池切れ無し
先日初めてアラームなりましたが
300m程先でネズミ捕りしていた

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ユピテル(YUPITERU)

レーダー探知機 A1 ソーラータイプ

価格:5,389円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で取り付けが簡単

80gと非常にコンパクトなレーダー探知機です。マジックテープを使ってダッシュボード簡単に取り付けられます。スイープオシレーター式採用で感度が高く、XバンドとKバンドの電波に対応しています。

 

近付くと警告音が鳴り、オービスに近くなるほど音がテンポアップします。手軽に導入できるレーダー探知機が欲しい人におすすめです。

タイプディプレイなし給電方法ソーラーパネル
受信衛星数-

口コミを紹介

神奈川などでは、いまだに電光式が見かけたりするので、ほどほどの製品を選びました。
価格も安いので、コスパは良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ユピテル(YUPITERU)

レーダー探知機 ソーラー EXP-S141

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソーラー給電でGPSとディプレイ搭載

ソーラー給電が可能なタイプですが、ディプレイとGPSも搭載しています。超高感度GPS-EXを搭載しているので、高架下でも電波が途切れにくいです。

 

GPS搭載型なので、ループコイル式やHシステムのオービスも検知します。GPS搭載でソーラー給電できるレーダー探知機が欲しい人におすすめです。

タイプ一体型給電方法ソーラーパネル・シガーソケット
受信衛星数-

口コミを紹介

このレーダーは、軽トラックに搭載しましたが、操作性、視認性最高です。値段の割には使いかってがgood
でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソーラーパネル対応レーダー探知機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5644554の画像

    ユピテル(YUPITERU)

  • 2
    アイテムID:5644515の画像

    ユピテル(YUPITERU)

  • 3
    アイテムID:5644533の画像

    セルスター(CELLSTAR)

  • 商品名
  • レーダー探知機 ソーラー EXP-S141
  • レーダー探知機 A1 ソーラータイプ
  • ALPHA-D1V 可変式ソーラーパネル
  • 特徴
  • ソーラー給電でGPSとディプレイ搭載
  • 軽量で取り付けが簡単
  • コスパの良いソーラーパネル式
  • 価格
  • 6980円(税込)
  • 5389円(税込)
  • 4549円(税込)
  • タイプ
  • 一体型
  • ディプレイなし
  • ディプレイなし
  • 給電方法
  • ソーラーパネル・シガーソケット
  • ソーラーパネル
  • ソーラーパネル・シガーソケット
  • 受信衛星数
  • -
  • -
  • -

OBDⅡ(OBD2)対応レーダー探知機の人気おすすめランキング3選

3位

セルスター(CELLSTAR)

VA-820EZ

価格:9,480円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

OBD2アダプター使用で車両の位置がより正確に判断できる

OBD2アダプターに接続することで、トンネル内など衛星からの電波が届き状況でも正確に車の位置を割り出せます。他にも150項目以上の車両情報などがわかります。

 

GPSデータ件は99000件以上、取締・検問データは42500件以上に対応しています。OBD2対応でコスパの良いレーダー探知機が欲しい人におすすめです。

タイプ一体型給電方法OBD2・シガーソケット
受信衛星数59

口コミを紹介

設定も簡単だったし、昔みたいに何でもかんでも干渉しないので煩わしくはないのだが…。逆に昔よりもNシステムやら取り締まりポイントだとかが増えたので、いちいち教えてくれて、それはそれで煩わしい。しかし性能は良いのだと思う。これで十分。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

YUPITERU(ユピテル)

SUPER CAT A330

価格:11,600円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大画面で警報がわかりやすい

3.6インチとレーダー探知機としては大型のディプレイを搭載しています。文字が読みやすく、動くCGと実写でわかりやすく警報を知らせます。小型オービスに対しては、GPSとレーダー波探知のダブルでアプローチするのでより精度が高くなっています。

 

Wi-Fi接続にも対応しており、GPSデータを更新できます。大きな画面で警報を確認したい人におすすめです。

タイプ一体型給電方法OBD2・シガーソケット
受信衛星数75

口コミを紹介

ユピテル製品(探知機)は3代目ですが、A330はシンプルで高性能な点は高評価します。各種設定機能が簡素化(選択肢減)となりましたが、私は何度も設定を変更しないので探知機として機能性を発揮してくれればOKです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

コムテック(COMTEC)

ZERO 307LV

価格:17,448円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オービスの警告を専用グラフィックで表示

光オービス対応のレーダー探知機です。レーザー式の固定オービスを検知すると専用グラフィックを表示して警告します。視覚に訴えるのでより警告がわかりやすくなっています。光オービスの取締情報を入手して、事前に警告する機能もあります。

 

OBD2アダプターを使用することで、車速情報がより正確になります。多機能なOBD2対応レーダー探知機が欲しい人におすすめです。

タイプ一体型給電方法OBD2・シガーソケット
受信衛星数78

口コミを紹介

高速道路のオービスなどは的確に反応してくれます。また、取り締まりのソーンに入ってのアナウンスも正確で使い勝手はよいと思います。何よりコンパクトで液晶画面も程よい大きさで設置場所に困りません。

出典:https://www.amazon.co.jp

OBDⅡ(OBD2)対応レーダー探知機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5644590の画像

    コムテック(COMTEC)

  • 2
    アイテムID:5644597の画像

    YUPITERU(ユピテル)

  • 3
    アイテムID:5644575の画像

    セルスター(CELLSTAR)

  • 商品名
  • ZERO 307LV
  • SUPER CAT A330
  • VA-820EZ
  • 特徴
  • オービスの警告を専用グラフィックで表示
  • 大画面で警報がわかりやすい
  • OBD2アダプター使用で車両の位置がより正確に判断できる
  • 価格
  • 17448円(税込)
  • 11600円(税込)
  • 9480円(税込)
  • タイプ
  • 一体型
  • 一体型
  • 一体型
  • 給電方法
  • OBD2・シガーソケット
  • OBD2・シガーソケット
  • OBD2・シガーソケット
  • 受信衛星数
  • 78
  • 75
  • 59

オービスの種類について

スピード違反を検知するオービスは、様々なものがあります。それぞれに対応したレーダー探知機がありますが、目視の方が見つけやすいものもあるので参考にしてください。

ほとんどのレーダー探知機で見つけられる「レーダー式」

レーダ式のオービスは歴史が古く、日本で最も多く稼働しているタイプです。レーダー波(Xバンド)を車に照射し、跳ね返った電波の波長で速度を計測します。速度違反を感知するとカメラで車のナンバーとドライバーの顔を撮影します。

 

日本ではアナログカメラを使用する旧型とデジタルカメラを使用する新型の2種類があります。レーダ―式のオービスは常に電波を出しているため、新旧関係なくほとんどのレーダー探知機で存在がわかります。

磁場で速度超過を見極める「ループコイル式」

道路にループコイルを埋め込み、その磁場で速度超過を計測するタイプです。A・B・Cの3カ所に6.9m感覚でループコイルが埋め込まれており、2回計測します。どちらでも速度超過と判断された場合にカメラで撮影が行われます。

 

速度を測定する精度が高く、レーダー探知機で見つけるのが難しいタイプです。ループコイルのオービスを発見できるのは、GPS搭載型のレーダー探知機に限られます。

検知が難しい電波を出す「Hシステム」

白い大きな板が特徴的なオービスで、見た目から「はんぺん」とも呼ばれています。レーダー式と同じく電波を出すことで、速度を測定しています。ただし、照射パターンが変化する断続波を使用しています。

 

以前はレーダー探知機で簡単に発見できましたが、新型は検知するのが難しくなっています。レーダー探知機で見つける場合は、GPS搭載型が有効です。ただし、目立つ位置に白い板が配置されているため、目視でも見つけることができます。

磁場で検知し、フィルム切れもない「LHシステム」

ループコイル式とHシステムを組み合わせた方式がLHシステムです。ループコイル式と同じ方法で計測しますが、最新のデジタルカメラで撮影しています。オービスによってはフィルム切れで撮影できない場合もありますが、LHシステムはフィルム切れがありません。

 

設置した場所でスピード違反をした場合は、確実にカメラで撮影されます。Hシステムと異なり、目視で見つけることは非常に難しいです。検知できるのは、GPS搭載型のレーダー探知機だけです。

車両に搭載して取り締まりを行う「移動式」

移動式は、ワンボックスカーなどに小型のオービスを搭載して取り締まりを行います。道路に設置されたオービスの先で停車して、取り締まりを行うことが多いです。レーダー式と光センサーを使った「光電管式」の2つのタイプがあります。

 

レーダー式と異なり、光電管式はレーダー探知機で見つけにくくなっています。検知するには、光オービス対応のレーダー探知機が必要です。ただし、「速度取り締まり中」と警告する看板を出して取り締まりを行なっています。注意していれば、オービスがあることは分かります。

電柱などと同化して見つけにくい「中型オービス」

最新型のオービスで、最高時速30キロ制限の「ゾーン30」に設置されることが多いオービスです。レーダー式と同じくレーダー波を出すので、レーダー探知機で簡単に見つかります。ただし、サイズが小さく電柱や道路標識に紛れているため、目視では見つけにくいです。

 

簡単に取り外して別の場所に設置できるバッテリー内蔵の移動式中型オービス、更に小型で移動可能な小型オービスなどもあります。

レーザー光で計測する「光オービス(レーザーオービス)」

レーザー光を照射して、対象者の移動時間と距離を立体的に計測するのが光オービス(レーザーオービス)です。移動式でご紹介した光電管式と同じ方式ですが、路肩などに設置された固定式もあります。

 

GPSデータに記録された固定式なら、GPS搭載レーダー探知機でも検知できます。ただし、移動式やデータがないものは、レーザー受信に対応した光オービス対応のレーダー探知機でないと検知することはできません。

レーダー探知機は違法?

レーダー探知機はスピード違反を取り締まるオービスを見つけるための機械です。そのため、怪しいイメージを持つ人や違法性を心配する人もいます。実際は、日本でレーダー探知機を使用することは合法で何の問題もありません。

 

レーダー探知機を使用することで、オービスの存在を意識して自然に安全運転になるともいわれています。オービスも取り締まりだけでなく、安全運転を促すことため設置されています。安心してレーダー探知機を使いましょう。

レーダー探知機の取り付け位置に注意

自由に取り付けられるイメージのあるレーダー探知機ですが、実は視界を妨げる位置に取り付けることは禁止されています。安全のためにも、レーダー探知機を取り付ける位置には気を付けましょう。

 

下のサイトはレーダー探知機の基礎知識を解説していますが、サイト内の下にあるQ&Aで取り付け位置の制限について解説しています。他にも注意点などを解説してるので参考にしてください。

まとめ

レーダー探知機のおすすめランキングや選び方をご紹介しました。レーダー探知機は、レーザ―式を検知するものや小型のものなど、どんどん便利になっています。種類も増えて選ぶのは大変ですが、この記事を参考にして使いやすいレーダー探知機を見つけてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年07月05日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ