方言が最強にカッコ良い!と思う都道府県ランキング

狭い島国ながらも地域によって言葉の特徴が顕著な日本、それはおおまかに都道府県別の「方言」として定着していますね。
地域によっては日本人でも全く意味が通じ合わないこともあるのですが、逆にカッコ良かったり可愛かったり、あるいは怒ったりしているように聞こえたりもします。

そこで今回は「方言がカッコ良い都道府県」をアンケート、ランキングにしてみました。
一番方言がカッコ良いと思われている都道府県は、一体どの都道府県だったのでしょうか?

1位 京都府
2位 大阪府
3位 福岡県
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「京都府」!

「京都府」

なんとなく上品なイメージが強い方言、「京都府」が堂々の1位に輝きました。
いわゆる「京言葉」と言われる京都弁、舞妓さんや観光名所などで聞けるイメージが強いですね。実際のところ「京言葉」はすでに一般的に薄くなってきているそうです。

2位は「大阪府」!

「大阪府」

活発なイメージがある方言、「大阪府」が2位を獲得しました。
お笑い芸人が使っているイメージが強く、なんとなく大阪弁の人を見ると「ユーモアがありそう」と思ってしまいますね。

3位は「福岡県」!

「福岡県」

いわゆる「博多弁」のイメージ、「福岡県」が3位にランク・インしました。
女性が使うと「かわいい」、男性が使うと「男前」なこの方言、テレビでの露出が増えてか、かなりの人気を集めているそうです。
今回は「方言が最強にカッコ良い!と思う都道府県ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~47位のランキング結果もぜひご覧ください!
調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年9月13日~2017年9月13日

続きを読む

ランキング順位を見る

メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

渋さが増してきたと思う40代以上のジャニーズは?

  • 木村拓哉:1972年11月13日

    投票
  • 三宅健(V6):1979年7月2日

    投票
  • 岡本健一:1969年5月21日

    投票
  • 井ノ原快彦(V6):1976年5月17日

    投票
  • 佐藤アツヒロ:1973年8月30日

    投票
  • 内海光司:1968年1月11日

    投票
  • 植草克秀(少年隊):1966年7月24日

    投票
  • 東山紀之(少年隊):1966年9月30日

    投票
  • 城島茂(TOKIO):1970年11月17日

    投票
  • 国分太一(TOKIO):1974年9月2日

    投票
  • 堂本光一(KinKi Kids):1979年1月1日

    投票
  • 長野博(V6):1972年10月9日

    投票
  • 松岡昌宏(TOKIO):1977年1月11日

    投票
  • 森田剛(V6):1979年2月20日

    投票
  • 坂本昌行(V6):1971年7月24日

    投票
  • 長瀬智也(TOKIO):1978年11月7日

    投票
  • 近藤真彦:1964年7月19日

    投票
  • 堂本剛(KinKi Kids):1979年4月10日

    投票
  • 錦織一清(少年隊):1965年5月22日

    投票
  • その他

    投票
投票受付期間:2020/10/18 17:00 ~ 2020/11/01 10:59

投票します。よろしいですか?