メンズダウンジャケットの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

記事ID9688のサムネイル画像

軽くて暖かいダウンジャケットは、冬の必須アイテムですね。高級なモンクレールやタラトス・カナダグースを筆頭にタウンユースでもおしゃれにキマるダウンジャケットがたくさんあります。そこで今回はダウンジャケットを種類別にランキング形式で紹介します。

ダウンジャケットの魅力

ダウンジャケットの素材であるダウンとは、水鳥の胸元にしか生えない羽生のことで、1羽からわずか5~15gしかとれないといわれる希少価値の高い素材です。その最大の特徴は軽くて暖かいという点にあります。そんなダウンジャケットは冬の季節に大活躍します。

 

近年ではダウンジャケットが高価なことから、ポリエステル素材のみを使った低価格のダウンジャケットのようなアウターも展開していますが、厳密にはダウンジャケットではないので、注意が必要です。

 

そこで今回はダウンジャケットの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介します。購入を迷われている方は是非参考にしてみてください。

ダウンジャケットの丈の長さのタイプを紹介

ダウンジャケットにはショート丈、ミドル丈、ロング丈といった3タイプの丈の長さがあります。それぞれの特徴やメリット、どのようなシーンに最適かを紹介します。

ショート丈

ショート丈には2種類あり、1つは腰骨が隠れる長さで、もう1つは腰骨までの長さです。この2つの差はわずか数センチですが、コーディネートしたときの印象はまるで違います。

 

腰骨が隠れる長さのダウンジャケットは、インナーの裾やパンツの腰の位置などを調節しやすく、初心者にも使いやすい丈の長さといえます。また、腰骨くらいの長さのダウンジャケットはインナーの裾を出すことでレイヤードを楽しむことができます。

 

ショート丈のダウンジャケットはおしゃれセンスを存分に発揮することができる点がメリットで、スタイルがそのまま出やすいという特徴があります

ミドル丈

ミドル丈のダウンジャケットは、お尻が隠れる長さで、トップのボリュームバランスを整えやすいという特徴があります。ミドル丈なら、スーツの上から着てもスーツの裾が隠れるので、ビジネスでも活躍します。

 

全体的にきれいめでアダルトカジュアルコーデにおすすめで、インナーの長さを気にする必要もないので気兼ねなくコーディネートすることができます。

 

ミドル丈のダウンジャケットは、オンでもオフでもサラッと着こなしたいという方におすすめです。

ロング丈

ロング丈のダウンジャケットは、別名ダウンコートとも呼ばれ、太ももから膝上までの間の長さが主流になっています。ロング丈のダウンジャケットの特徴は防寒性とコーディネートのしやすさにあります。

 

膝上まであるので、外出が多い方には特におすすめです。また、スタイルが隠れやすいのもロング丈の特徴なため、スタイルに自信がない方にも着やすいアイテムといえます。

ショート丈メンズダウンジャケットの人気おすすめランキング5選

5位

GOLDWIN(ゴールドウイン)

ザノースフェイス マウンテンダウンジャケット

価格:84,140円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドアにおすすめ

ザ・ノース・フェイス定番の肩切替デザインをあしらった防水ダウンジャケットです。表地には70デニールのGORE-TEX PRODUCTSの2層構造を採用、肩、肘、後ろ裾端は高強度の生地で補強しています。機能性に優れたアウトドアにおすすめのダウンジャケットです。

カラー展開ブラック/ニュートープ/ブリティッシュカーキ/レッド/ネイビー素材ナイロン
原産国ベトナム

口コミを紹介

170センチ70キロ胸囲は100センチの筋肉質ですがMサイズで丁度いいです。ピッタリ着たいのであればSサイズでも大丈夫そうです。とても暖かいので気に入っています

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

(ラパサ)Lapasa

ウルトラライトダウン

価格:5,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

畳むと携帯用の袋に入れられ便利に携帯可能

軽くて肌ざわりやわらかで、しっかり寒さから身を守りストレスフリーの着心地を実現したおすすめのダウンジャケットです。高密度生地と特殊縫製技術により防風防水はもちろん、羽毛抜けを防ぎます。畳むと携帯用の袋に入れられ便利に携帯できる点が特徴です。

カラー展開ブラック/ダークグレー/ネイビーブルー/オリーブドラブ素材ホワイトグースダウン90%、フェザー10%
原産国記載なし

口コミを紹介

身幅はややタイトな作りで、肩幅は割りとゆったりとしており、非常にきれいなシルエットになります。肩幅が広い私でも楽に着れます。
この価格でこの品質は大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ナイキ

メンズ ダウン フィル ジャケット

価格:11,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーツやアウトドアシーンに最適

世界的人気スポーツブランドのナイキから発売されているこちらのダウンジャケットは、軽量のダウンと丈夫な素材の混紡で保温性が高く、悪天候にも対応する、スポーツやアウトドアシーンにおすすめのショート丈のダウンジャケットです。

カラー展開ブラック素材ポリエステル
原産国中国

口コミを紹介

今年のはじめ頃、ネイサン・チェンが着ていたのをインスタで見て気に入って調べたらもうほとんどが売り切れていて変えなかった。そしてこの秋にナイキオンラインでも再び発売されて、一番安いところで買えました。tnfのダウンの半額以下でとてもお買い得だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

(トミーヒルフィガー) TOMMY HILFIGER

ダウンフーデッドボンバージャケット

価格:25,740円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

気分やコーデに合わせてアレンジが可能

トミーヒルフィガーから発売しているこちらのダウンジャケットは、フードの付外しができるので、気分やコーデに合わせてアレンジできるおすすめのダウンジャケットです。おしゃれなデザインに加え、保温力に優れているので、冬のおでかけにおすすめです。

カラー展開レッド/ブラック/ブルー/ネイビー素材ナイロン
原産国記載なし

口コミを紹介

写真で見るよりボリュームのあるダウンジャケットでした。ボリュームがあっても重くなく着心地は良いです。生地は写真より光沢が無く落ち着いた雰囲気です。気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

(モンベル) mont-bell

アウター ベイカー Ⅲ

価格:27,818円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トレッキングとハイキング活動時におすすめ

トレッキングとハイキング活動時に適した冬の重量ダウンジャケットです。優れた防風布団に超撥水加工を施し、汚染防止、撥水機能が強化されています。また、通気性に優れた裏付けを適用し、保温力及び復元力の強化に優れた人気のダウンジャケットです。

カラー展開ブラック/MELANGE GRAY/カーキ/ネイビー/ブロンズ素材ポリエステル/グースダウン 80% フェザー 20%
原産国記載なし

口コミを紹介

結論から言うと、暖かいってゆとりができるんです。快適です。
これは大袈裟では無く、寒さというストレスが気持ち的にも影響を受けていた事を実感します。

出典:https://www.amazon.co.jp

ショート丈メンズダウンジャケットの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5450773の画像

    (モンベル) mont-bell

  • 2
    アイテムID:5450849の画像

    (トミーヒルフィガー) TOMMY HILFIGER

  • 3
    アイテムID:5450862の画像

    ナイキ

  • 4
    アイテムID:5450747の画像

    (ラパサ)Lapasa

  • 5
    アイテムID:5450521の画像

    GOLDWIN(ゴールドウイン)

  • 商品名
  • アウター ベイカー Ⅲ
  • ダウンフーデッドボンバージャケット
  • メンズ ダウン フィル ジャケット
  • ウルトラライトダウン
  • ザノースフェイス マウンテンダウンジャケット
  • 特徴
  • トレッキングとハイキング活動時におすすめ
  • 気分やコーデに合わせてアレンジが可能
  • スポーツやアウトドアシーンに最適
  • 畳むと携帯用の袋に入れられ便利に携帯可能
  • アウトドアにおすすめ
  • 価格
  • 27818円(税込)
  • 25740円(税込)
  • 11880円(税込)
  • 5999円(税込)
  • 84140円(税込)
  • カラー展開
  • ブラック/MELANGE GRAY/カーキ/ネイビー/ブロンズ
  • レッド/ブラック/ブルー/ネイビー
  • ブラック
  • ブラック/ダークグレー/ネイビーブルー/オリーブドラブ
  • ブラック/ニュートープ/ブリティッシュカーキ/レッド/ネイビー
  • 素材
  • ポリエステル/グースダウン 80% フェザー 20%
  • ナイロン
  • ポリエステル
  • ホワイトグースダウン90%、フェザー10%
  • ナイロン
  • 原産国
  • 記載なし
  • 記載なし
  • 中国
  • 記載なし
  • ベトナム

ミドル丈メンズダウンジャケットの人気おすすめランキング5選

5位

(カナダグース) CANADA GOOSE

MENS CHATEAU PARKA NO FUR 11

価格:186,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的な機能性によってカバーされたパーフェクトな1着

シャトーパーカーやシャトージャケットと呼ばれる鉄板中の鉄板で、圧倒的な機能性によってカバーされたパーフェクトな1着です。カジュアルから通勤、本格アウトドアまで幅広いシーンで使えるマストなモデルで人気です。

カラー展開ブラック/レッド素材ポリエステル/ダウン80%、フェザー20%
原産国カナダ

口コミを紹介

実店舗で色々なモデルを試着したがオーバースペックすぎる物が多く日本で着るにはこれが一番よさげと判断して購入。とても良い品物で期待以上で大満足

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ピレネックス(PYRENEX)

アヌシー ファーダウンジャケット

価格:85,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなデザインで、オン・オフ両用で活躍

日本人にフィットするようにパターンあお引き、細身のシルエットながら着やすくデザインされています。ダウンジャケットとしての防寒性を損なうことなく、タウンユースとして相性抜群のシルエットです。シンプルなデザインでオンでもオフでの活躍します。

カラー展開ブラック素材ナイロン
原産国チュニジア

口コミを紹介

実際に着てますが、今年は暖冬でちょっと残念です。でもそのぶん、中を軽装にすることでスタイリッシュな感じが出せます!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

GOLDWIN(ゴールドウイン)

マウンテンダウンコート

価格:59,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビジネスシーンでの着用にも対応

ザ。・ノース・フェイスのビジネスシーンでの着用にも対応できるおすすめのダウンコートです。バージンダウンを中綿に使用し、高度な洗浄技術により、汚れを徹底的に除去したクリーンなダウンが高い保温性を確保しています。

カラー展開ニュートープ/アーバンネイビー素材70D GORE-TEX
原産国ベトナム

口コミを紹介

サイズ感は気持ち大きめですが気にならないくらいです。
少し着るだけですごく暖かいです。
この冬はこれさえあれば大丈夫です。大満足です!

出典:https://www.goldwin.co.jp

2位

APTRO(アプトロ)

ダウンジャケット

価格:5,898円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

毎日でも着たくなる着心地よさ

毎日でも着たくなる着心地の良さが特徴です。綿のように入り組んだ羽毛に空気が溜まるため、保温性に優れ、ポリエステル系の混紡によりその効果はさらに向上しています。快適な着心地と厚みで保温性に優れています。

カラー展開カーキ/ブルー素材ポリエステル
原産国中国
1位

CANADA GOOSE

LANGFORD Parka

価格:98,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的な防寒性を備えた1着

カナダグースから発売している人気のミドル丈ダウンジャケットです。素材にはホワイトグースダウンを採用した本格的な防寒性を備えた1着です。機能性だけではなくデザイン性も優れており、カナダグースの中でも最も人気の高いアイテムのひとつです。

カラー展開GRAPHITE/ホワイト/ネイビー素材ポリエステル
原産国カナダ

口コミを紹介

最高ですよ。暖かいです。色は写真より黄色い感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ミドル丈メンズダウンジャケットの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5450613の画像

    CANADA GOOSE

  • 2
    アイテムID:5450892の画像

    APTRO(アプトロ)

  • 3
    アイテムID:5450530の画像

    GOLDWIN(ゴールドウイン)

  • 4
    アイテムID:5450931の画像

    ピレネックス(PYRENEX)

  • 5
    アイテムID:5450757の画像

    (カナダグース) CANADA GOOSE

  • 商品名
  • LANGFORD Parka
  • ダウンジャケット
  • マウンテンダウンコート
  • アヌシー ファーダウンジャケット
  • MENS CHATEAU PARKA NO FUR 11
  • 特徴
  • 本格的な防寒性を備えた1着
  • 毎日でも着たくなる着心地よさ
  • ビジネスシーンでの着用にも対応
  • シンプルなデザインで、オン・オフ両用で活躍
  • 圧倒的な機能性によってカバーされたパーフェクトな1着
  • 価格
  • 98000円(税込)
  • 5898円(税込)
  • 59400円(税込)
  • 85800円(税込)
  • 186200円(税込)
  • カラー展開
  • GRAPHITE/ホワイト/ネイビー
  • カーキ/ブルー
  • ニュートープ/アーバンネイビー
  • ブラック
  • ブラック/レッド
  • 素材
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • 70D GORE-TEX
  • ナイロン
  • ポリエステル/ダウン80%、フェザー20%
  • 原産国
  • カナダ
  • 中国
  • ベトナム
  • チュニジア
  • カナダ

ロング丈メンズダウンジャケットの人気おすすめランキング5選

5位

adidas

EYV01

価格:21,890円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量感が際立つスポーツダウンコート

人気スポーツブランドのアディダスから展開しているこちらのダウンロングジャケットは、軽量感が際立つスポーツダウンコートです。冬場のスポーツ観戦などのアクティビティーを考慮し、スナップボタンで開閉できるサイドスリットで動きやすさも抜群です。

カラー展開レジェンドインクF17素材ポリエステル
原産国ベトナム

口コミを紹介

初めは長すぎるかな?とか、身長からしてどのくらいかな?とかいろいろ考えました。でも、キャンセルせず着て見ようって思っていたら、色良し。長さ良し。買って良かった。って思った。満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

BOJIN

ダウンカジュアル パーカー

価格:6,899円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カジュアル対応できるメンズダウンコート

こちらのロングダウンジャケットは、お尻までのロング丈なので体全体を包み込み、温かさを完全キープしています。デザインはゆったり仕立てとなり、重ね着でも動きやすく、カジュアル用に大人っぽく着用できるダウンコートです。

カラー展開7カラー素材ポリエステル
原産国中国

口コミを紹介

シンプルな黒コーデで何処へ行くのも着やすくて助かります。
機能性も軽くて暖かくUNIQLOとかのダウンより全然良いとおもいます!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

(アローナ)ARONA

軽量ロングダウンジャケット

価格:10,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビジネスからカジュアルまで幅広いシーンで活躍

こちらのダウンジャケットは、動きやすくすつきりと着こなせる軽量ロングダウンジャケットです。内側には弾力性と保温性に優れたダウン&フェザーを使用し、体を包み込むような柔らかな着用感が特徴です。ビジネスからカジュアルまで幅広く活躍します。

カラー展開ダークブラウン素材ダウン90%フェザー10%/ポリエステル
原産国記載なし

口コミを紹介

期待通り軽くて暖かかったです。前面ボタンの留め方が特徴的でタフな作りです。もちろんファスナーもあり、軽く開け閉めできます。縫製も丁寧で、十分値段相応の品ではないかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

snowpeak

FR Down Coat

価格:38,269円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

街でもフィールドでも心強い1着

難燃性にこだわったFRシリーズのプルオーバーです。表地に軽量でタフさと難燃性もあわせもつアラミド繊維を織り込んだリップストップ生地を使用、耐久撥水に加え防風機能もプラスされ、より街でもフィールドでも心強い1着になっています。

カラー展開ブラック/ブラウン/オリーブ素材ポリエステル
原産国中国

口コミを紹介

着た感じは思っていた以上に軽く、暖かいです。自分の住む地域(愛知県名古屋市近郊)では、ジッパーを閉めてちょっと早歩きをするとちょっと熱い位で、歩いている時には前は開けたままです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Pioneer Camp

ロング ダウンジャケット

価格:9,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飽きがこないダウンフィルメンズフーデッドジャケット

こちらのロングダウンジャケットは、飽きが来ないダウンフィルメンズフーデッドジャケットで、定番アイテムに遊び心を加えることで生まれる、こなれ感が大人カジュアルにうってつけのダウンフィルフーデッドジャケットです。

カラー展開ブラック素材ポリエステル/ダックダウン80%
原産国記載なし

口コミを紹介

これからの季節にぴったりの商品ですね。
外側に羽織るものということで、普段買うサイズより二回り大きいものを選びましたが、これで正解でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

ミドル丈メンズダウンジャケットの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5450819の画像

    Pioneer Camp

  • 2
    アイテムID:5450827の画像

    snowpeak

  • 3
    アイテムID:5450545の画像

    (アローナ)ARONA

  • 4
    アイテムID:5450834の画像

    BOJIN

  • 5
    アイテムID:5450870の画像

    adidas

  • 商品名
  • ロング ダウンジャケット
  • FR Down Coat
  • 軽量ロングダウンジャケット
  • ダウンカジュアル パーカー
  • EYV01
  • 特徴
  • 飽きがこないダウンフィルメンズフーデッドジャケット
  • 街でもフィールドでも心強い1着
  • ビジネスからカジュアルまで幅広いシーンで活躍
  • カジュアル対応できるメンズダウンコート
  • 軽量感が際立つスポーツダウンコート
  • 価格
  • 9500円(税込)
  • 38269円(税込)
  • 10900円(税込)
  • 6899円(税込)
  • 21890円(税込)
  • カラー展開
  • ブラック
  • ブラック/ブラウン/オリーブ
  • ダークブラウン
  • 7カラー
  • レジェンドインクF17
  • 素材
  • ポリエステル/ダックダウン80%
  • ポリエステル
  • ダウン90%フェザー10%/ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • 原産国
  • 記載なし
  • 中国
  • 記載なし
  • 中国
  • ベトナム

ダウンジャケットの選び方

自分にあったダウンジャケットの選び方にはいくつかのポイントがありなす。以下では失敗しないためのダウンジャケットの選び方のポイントを解説していきます。

種類で選ぶ

ダウンには、保湿性の高いダウンと、弾力性の高いフェザーの2種類があります。それぞれの特徴やメリットをおさえておきましょう。

保温性の高いダウン

ダウンとは、タンポポの綿毛のようにふわふわと芯がないもので、水鳥の胸に生えており、水鳥の大きさにもよりますが、1羽の摂取量は5~15gと言われる大変希少価値の高いものです。

 

ダウンは吸湿発散性に優れており、とても軽くてたっぷり空気を含んでいます。このダウンをたっぷり使ったダウンジャケットは保温性に優れ、軽量というメリットがあります。

弾力性の高いフェザー

フェザーは、羽軸のある羽毛のことで、羽軸のないダウンと区別されています。特徴は弾力性があるという点で、中綿として使用することでダウンジャケットの型崩れを防ぐというメリットがあります

 

一般的にダウンジャケットには、型崩れを防ぐために20~40%のフェザーが含まれているとされていますが、リーズナブルな価格のものは、このフェザーの割合が50%以上を占めています。

 

フェザーが多くなるとその分重くなるので、ダウンとフェザーの割合をチェックすることで価格や重さのバランスがわかります。

フィルパワーをチェック

フィルパワーの数値が大きいほど、熱を外に逃がしにくくなり、保温性に優れているといえます。

 

フィルパワーとは、1オンス(約28g)の羽毛をシリンダーに入れた時の体積をあらわしたもので、このフィルパワーの数値が大きいほど羽毛に含まれる空気が層を作るため、熱が層に阻まれて外に逃げないという仕組みになっています。

 

一般的に高品質のダウンジャケットと呼ばれるフィルパワーの目安は、およそ700以上とされています。フィルパワーが高いということは少ないダウンでも温かく、そのため小さく収納して持ち運びもできるというメリットがあります。

用途で選ぶ

ダウンジャケットをタウンユースで使うのかアウトドアで使うのかによっても選び方に違いが出てきます。

普段使いの「タウンユース向き」

ダウンジャケットをタウンユースとして使う場合には、価格はそれほど高価なものではなく、デザイン性を重視したダウンジャケットがおすすめです。

 

タウンユースとして使う場合、常に寒い場所だけではなく、電車内や室内など温かいスペースに頻繁に出入りすることが考えられます。そのような場面でダウンの混合率の高いダウンジャケットを使うと逆に汗ばんだり動きにくさを感じることがあります。

 

タウンユースとして使う際には、ダウンの混合率が多少低くてもそれなりに防寒対策としては十分なケースが多いので、好みのデザインを重視して選ぶことをおすすめします。

防寒重視の「アウトドア向き」

ダウンジャケットをキャンプや登山などのアウトドアで使うなら、防水性・撥水性に優れたダウンジャケットがおすすめです。

 

キャンプや登山などのアウトドアでは雨や雪の場面が予測され、水分を含んで重たくなったり冷たくなったりしない機能が必要になります。そこでおすすめなのが耐水性機能を備えたダウンジャケットです。

 

もちろん保温性も重要ですが、表面の素材に防水性・撥水性に優れた素材が使用されているか否かをチェックすることをおすすめします。

価格で選ぶ

ダウンジャケットの価格は10,000円以下のものから100,000円のものまで幅広く展開しています。価格ごとのメリットや特徴を紹介します。

10,000円以下

1万円以下というダウンジャケットは、コストをおさえるために最低限の量のダウンしか使われていないため、どうしてもクオリティは下がってしまいます。

 

しかし、とにかく価格を追求したいと考えていて、ワンシーズンを乗り越えられれば良いと割り切って使えるならおすすめといえます。

~50,000円

5万円はダウンジャケットの平均的な価格とされ、ダウンジャケットの基本的機能を持ち合わせたモデルが多数展開しています。配合率もダウン90%、フェザー10%と保温性に優れたものばかりです。

 

さらにデザインのバリエーションも豊富で、自分の好みのデザインはもちろん、ワンランク上のデザインにチャレンジしてみたいという方にもおすすめの価格帯です。

〜100,000円

10万円のダウンジャケットは高級素材や、配合率に関してはダウン90%、フェザー10%という割合で、抜群の保温性を持つダウンジャケットが展開している点が特徴です。

 

耐水性、撥水性に優れ、アウトドアで使えるダウンジャケットや、おしゃれなデザインのダウンジャケット、少ないダウン量でも抜群の保温性を発揮するダウンジャケットまで豊富に展開しています。

ブランドで選ぶ

どうしてもどれを選べばよいのかわからないという方には、信頼と実績のある有名なブランドをチェックしてみることをおすすめします。

モンクレール

モンクレールとは1952年にフランスのモネステ・ド・クレァモンで設立されたブランドで、はじめは登山家の装備を手掛ける企業でしたが、登山かのリオネル・テレイをアドバイザーとしてむかえることで、ダウンウェアの本格的な製造に着手しました。

 

モンクレールの魅力といえば、高いデザイン性もさることながら高いスペックを誇る点にあります。美しいシルエットと高い保温性能は、スタイリッシュな都市生活者にも根強い人気があります。

 

フランス規格協会認定の高級羽毛を使用し、光沢のある生地感でラグジュアリーかつドレッシーな印象を醸し出すシャイニーナイロン、グラム単位のダウン配分で実現するタイトシルエットはモンクレールそのものです。

カナダグース

カナダグースは1957年にカナダのトロントで創業した人気ブランドです。メイドインカナダにこだわったものづくりが特徴で、現在もカナダ北部やシベリア、アラスカといった極寒地で生活する人々や、南極探検隊や登山家に製品を提供し続けています。

 

圧倒的な防寒力の高さやスタイリッシュなデザインで数多く存在するメンズダウンジャケット製本の中でも圧倒的な支持を獲得しています。最大の特徴は機能性で、極寒地でも耐えられるような保温性と耐久性に優れたファーを使用しています。

 

氷点下を記録するような寒冷地で使っても毛が凍らない上質なコヨーテの毛皮をフード周りに使用するなど、もはや機能性では群を抜く圧倒的な完成度を誇ります。

タトラス

タトラスは、イタリアミラノを拠点に、ポーランドや日本とのコーポレートブランドとしてスタートしたアウトフィットレーベルです。

 

タトラスのダウンジャケットは軽くて温かいというアウターに求められる機能を果たしながらも美しいシルエットを実現し、機能性とエレガンスを両立した大人のスタイルを生み出しています。

 

タトラスのダウンジャケットは、優れた保温性を実現するこだわりのホワイトダウン、ダウンの品質を証明するフィルパワー、ボリュームをおさえた上品で細身のシルエットという3つの特徴があります。

ノースフェイス

ノースフェイスは1968年にアメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコにて、登山家のダグラス・トンプキンスによって創業された人気アウトドアブランドです。

 

ノースフェイスのダウンジャケットの特徴は、他にはない光電子ダウンで、ファッション性の高さ、コラボアイテムが多いという点にあります。

 

光電子とは、特殊セラミックスの働きを利用して、体から発せられる遠赤外線エネルギーを使って体の芯まで温める特別な繊維のことで、汗や深いな湿気を飛ばし、速乾性に優れています。

 

 

ユニクロ

ユニクロのダウンジャケットはデザイン性・機能性・耐久性の三拍子が揃っている点が特徴です。さらにリーズナブルな価格帯という点も魅力です。

 

とにかく価格をおさえた安くてクオリティの高いダウンが欲しい方、スタンダードなデザインで着こなしを選ばずに使いたい方、豊富なモデルから自分のライフスタイルに合うダウンが欲しいという方におすすめです。

 

リーズナブルな価格ですが、ダウンとフェザーの混合率はダウン専門ブランドとほぼ変わらないので、デザイン性さえ気にしなければ最もおすすめのブランドといえます。

ダウンジャケットの洗い方

ダウンジャケットは正しく洗わないと縮んでしまったり、型崩れの原因となってしまいます。以下ではダウンジャケットの洗い方を紹介します。

洗剤は専用洗剤を使う

ダウンジャケットを洗う際には、風合いや型崩れのリスクを減らすために、専用洗剤がおすすめです。通常の洗濯ではボリュームがなくなるだけではなく、縮んだり、色あせの原因にもなりかねません。

 

そこで専用洗剤を使うことで、汚れを落としながら衣類の復元力も向上させることができます。

脱水にはタオルを使う

桶や洗面台などでダウンジャケットを洗ったら、脱水をします。脱水の時に気を付けたいのがダウンジャケットを絞らないことです。

 

そこでおすすめなのがタオルを使うことです。バスタオルなどを広げ、その上にダウンジャケットを広げ、バスタオルで挟むようにして水分をとっていきます

 

そのままダウンジャケットを干してしまうとダウンが裾に寄ってしまい、型崩れの原因になってしまうので、乾いたバスタオルの上にダウンジャケットを広げ、その上に広げた状態で暫く乾燥させます。

詳しくは以下の記事で、ダウンジャケットのお洗濯・洗い方を詳しく解説しているので、是非チェックしてみてくさださい。

ダウンジャケットのコーディネート

ダウンジャケットを使ったコーディネートは、タウンユース、ストリート、ビジネスなどシーンによって違いがあります。

 

どのようなコーディネートがいいのかわからないという方、また、普段とは違ったコーディネートの仕方を知りたいという方のために、以下の記事でさまざまなコーディネートを紹介しているので、是非チェックしてみてくさださい。

まとめ

ここまでメンズダウンジャケットの選び方を解説し、人気でおすすめの商品をランキング形式で紹介してきましたが、気になる商品は見つかりましたでしょうか。3つの種類から丈を選び、機能性と価格とのバランスを見ながら、自分に最適なダウンジャケットを探してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ