フットマッサージャーの人気おすすめランキング15選【口コミも紹介】

記事ID9222のサムネイル画像

長時間の立ち仕事や家事・育児などで疲れた足を癒してくれるフットマッサージャー。自宅にいながらマッサージを行えるので人気が高いですが、販売されている種類が多く選び方に悩む事も多いです。この記事では、そんな人の為にフットマッサージャーをランキング形式で紹介します。

今回の記事ではフットマッサージャーの人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事ではマッサージ機について紹介しています。ぜひ参考にしてください。

フットマッサージャーの特徴

フットマッサージは足の疲れをケアする商品で多くのメーカーから販売されていて、足の裏・ふくらはぎ・太ももなど商品によってマッサージを行う部位を選べます。安い商品や持ち運びに便利なコンパクトサイズの商品もあるので、誰でも気軽に購入できるのも特徴です。

 

そこで今回はフットマッサージの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみて下さい。なお、ランキングではフットマッサージの種類・機能・マッサージ箇所を基準に作成しました。

フットマッサージャーを使うメリット

フットマッサージャーはコンパクトな商品が多いので場所を取らない・収納が楽・マッサージ機としては価格が安い・マッサージ店並みの機能を持った商品が多いといった点も人気が高い要因の1つです。

 

しかしフットマッサージャーを使う上で1番のメリットは、購入してしまえばマッサージ店のように毎回お金を払う必要がなく、通う手間も省ける所と言えるでしょう。

フットマッサージの人気おすすめランキング15選

シンプルでコスパが抜群

ふくらはぎに巻き付けるベルトタイプで、バイブレーターがそれぞれ2つずつ内蔵されています。操作は非常にシンプルで電源スイッチと強・弱の切り替えボタンのみです。マッサージの運転時間は15分で自動的に切れるオートパワーオフ機能を搭載しています。

 

また、カバーは取り外しが可能で洗濯も出来るので衛生的に使う事が出来ます。カラーはピンクとブラウンの2色でコストパフォーマンスに優れた商品です。

マッサージ方法 エアータイプ マッサージ箇所 ふくらはぎ
重量 500g

足首ローラー&足裏ローラー搭載

据え置きタイプで足首ローラー・足裏ローラーが回転しながら部位を刺激し、モミボードと固定突起でふくらはぎをしぼり上げながらマッサージを行います。また、10分間で運転が自動的に止まるオートオフタイマーも付いているので安心です。

 

使い方は平均的にマッサージする通常使用や、ふくらはぎ上部を集中的にマッサージしたり、本体を傾けながら使用したりとマッサージ箇所を変える事が出来るのも特徴になっています。

マッサージ方法 ローラータイプ マッサージ箇所 足裏~ふくらはぎ
重量 4.85kg

太もものマッサージをするならこの商品!

珍しい形状の商品で、足裏・足・足首・ふくらはぎだけでなく太ももまでマッサージが行えます。マッサージのメニューは全体・足・ふくらはぎの3コースを弱・中・小の3段階から選択できます。

 

もしマッサージ中に寝てしまっても10分で運転が終わるオートオフタイマー機能が付いているので安心です。重量は6.2kgありますが本体には持ち手部分が付いており、太もも用エアバックは折りたためるので収納性にも優れた商品です。

マッサージ方法 エアータイプ マッサージ箇所 足裏~太もも
重量 6.2kg

衛生的な抗菌加工

ブーツタイプになっておりフロントファスナーが付いているので着脱が簡単に行え、足裏・足の甲・ふくらはぎ・かかとをエアーの力でマッサージします。3段階の強さに3つのマッサージコースがリモコン操作で行え、リモコンがしまえるポケットも付いています。

マッサージ方法 エアータイプ マッサージ箇所 足裏~ふくらはぎ
重量 2.14kg

便利なコードレスタイプ

足裏からふくらはぎまで使う事が可能で、独自開発技術のヒューマンエアバッグが手によるマッサージと同等の働きを行います。ACアダプターと乾電池の2ウェイ電源なので好きな場所で使用できるのが魅力で、サイレンサーが付いているので動作音も抑えられています。

 

マッサージコースにはクイック5分・もみ、ほぐし・足裏の3パターンがあり強さも3段階から選べます。家事をしながら、テレビを見ながらなどながら運動が出来る商品です。

マッサージ方法 エアータイプ マッサージ箇所 ふくらはぎ
重量 1.3kg

ヒーター内臓モデル

挟みもみと揉み玉のマッサージが可能になっており、あったかヒーターが内蔵されています。連続モード・間欠モード・ゆったりモードがあり、もみ過ぎ防止のため1回15分の運転時間になっています。

 

重量は2.4kgとコンパクトサイズなので持ち運びに便利で、使わない時は商品名の通りクッションになる便利なアイテムです。

マッサージ方法 ローラータイプ マッサージ箇所 足裏~ふくらはぎ
重量 2.4kg

時間を気にせず使える静音設計

オムロンが販売する「フットマッサージャー」です。ヒーターの付いた回転式の揉み玉が2つ内蔵されており、足裏全体を刺激しながらマッサージを行います。着脱可能なフードが付いているので寒い時期には温かく、洗濯も出来るので衛生的です。

 

オートパワーオフ機能や静音設計になっていますが、マッサージ機能が少ないので価格は安くなっています。足裏のマッサージだけで良い方にはおすすめの商品です。

マッサージ方法 ローラータイプ マッサージ箇所 足裏
重量 1.3kg

22か所、50層のエアバックを搭載

ふたを開けて足を入れると50層のエアバックがつま先・足の甲・足首・ふくらはぎのそれぞれの部位に合わせてマッサージを行います。足が触れるカバーは取り外して洗濯できますし、ハンドクリップが付いているので持ちやすく移動に便利です。

 

また、ふたを閉めれば椅子やオットマンとしても使用できます。カラーはグレー・ブルー・レッド・ロゼピンクの4種類あるので部屋の雰囲気に合わせて選べるのも魅力です。

マッサージ方法 エアータイプ マッサージ箇所 足裏~ふくらはぎ
重量 9.3kg

本格的な医療機器のフットマッサージ

指定管理医療機器認証番号を取得したフットマッサージャーです。足を置く部分に低反発クッションを使用し、内部には足の裏にフィットする突起の付いたエアバックと足を包み込むサイドツインエアバックを搭載しています。

 

マッサージ運動にはコリに合わせたソフもみ・グイもみの2つのモードが付いていますが、基本的に強めのマッサージなので初めは痛みを感じるかも知れません。重量は軽くコンパクトなので収納に場所を選ばずおしゃれな見た目になっています。

マッサージ方法 エアータイプ マッサージ箇所 足裏~ふくらはぎ
重量 3.5kg

ローラーとエアーマッサージが付いた多機能タイプ

足裏部分に付いたヒーターで足を温めながら、ふくらはぎはエアーマッサージでしぼるように揉みほぐします。足の甲や裏はローラーで刺激しながらつかみ刺激マッサージを行う多機能タイプの商品です。

 

エアーの強さは5段階あるので丁度良い力加減が見つけやすく、足裏ローラーの動作も選択可能です。操作パネルはシンプル設計で見やすく操作も簡単なので幅広い世代で使う事が出来る商品です。

マッサージ方法 多機能タイプ マッサージ箇所 足裏~ふくらはぎ
重量 7kg

もみとローラーで心地良い刺激を与える

4枚の可動もみ板と12個の指圧ローラーのダブル刺激が特徴です。足の置き方を変えれば足裏からふくらはぎまでマッサージする事が可能でヒーター機能も搭載しています。クッションカバーは取り外して洗濯する事が出来るので、いつでも清潔に保てます

 

重量は5.6kgありますが、本体はキャスター付きなので移動も楽に行えます。手もみ感覚に近いマッサージを体感出来る商品なので1度試してみてはいかがでしょうか。

マッサージ方法 ローラータイプ マッサージ箇所 足裏~ふくらはぎ
重量 5.6kg

女性人気の高いルルド商品

内部に9層のエアバックと3つのエアカプセルがあり、足裏やつま先に心地良い刺激を与えます。深く入れれば足全体に、浅く入れればつま先を集中的にマッサージする事が可能で手にも使用できます。

 

1回5分の運転時間で自動オフタイマーが付いています。内側のカバーは洗えるので衛生的ですし、コスパも優れた商品なのでおすすめです。

マッサージ方法 エアータイプ マッサージ箇所 足裏
重量 750g

足をすっぽり包めるブーツタイプ

もみほぐし・しぼりあげ・もみほぐし(ふくらはぎ)の3パターンが搭載され、足先からふくらはぎまでエアーの力で加圧しマッサージしてくれます。付属品には足裏用アタッチメントがあるので、突起部分を当てる事で足つぼマッサージのような刺激を体感できます。

 

収納しやすいコンパクトサイズになっていてカバーの洗濯も可能です。足の疲れやむくみに悩む方に最適な商品です。

マッサージ方法 エアータイプ マッサージ箇所 足先~ふくらはぎ
重量 1.7kg

口コミを紹介

デスクワークからくる脚のむくみ(特に脹脛)がひどかったので購入しました。トータルとしてはとてもコスパが良い商品で、買って良かったと感じております。

出典:https://www.amazon.co.jp

3つの複合機能を搭載

弾力のあるボードでマッサージするモミボード機能、回転しながら叩いてほぐすたたきローラー機能、固定ボードの突起がある突起ボード機能が特徴です。体勢を変えながら足裏・足首・ふくらはぎのマッサージを行い筋肉の疲れ、だるさ、むくみをほぐしてくれます。

 

オートオフタイマーが内蔵されているのでうっかり寝てしまっても安心です。コンパクトでシンプルな構造ですが、本格的なマッサージを楽しめます。

マッサージ方法 ローラータイプ マッサージ箇所 足裏~ふくらはぎ
重量 3.2kg

豊富な8種類のマッサージコースを搭載

人気おすすめランキング1位は「エアマッサージャー レッグリフレ」です。その特徴は、スポーツ疲れコース・ヒール疲れコース・しぼり上げコースなどプロの手技から学んだ8つのマッサージコースです。

マッサージ方法 エアータイプ マッサージ箇所 足先~太もも
重量 2.5kg

口コミを紹介

座りっぱなしの仕事。激務で体が悲鳴を上げてました。足のむくみを何とかしたくて購入。足がとても軽くスッキリします!

出典:https://www.amazon.co.jp

フットマッサージャーの選び方

フットマッサージャーには様々な種類があり、商品によって「マッサージ方法」や「使い方」も大きく異なります。自分の生活スタイルに合った商品を選ぶ為にも、それぞれの特徴を把握する事が大切です。

 

ここでは「フットマッサージャーの種類」「マッサージ方法」「機能性」に分けて紹介するので参考にして下さい。

フットマッサージャーの形状で選ぶ

フットマッサージャーの種類は、自分が「マッサージを受ける箇所」にも繋がる重要なポイントですのでしっかり把握しましょう。

毎日手軽に使用したいなら「据え置きタイプ」を選ぶ

据え置きタイプは足裏からふくらはぎまでマッサージ出来るタイプで、もみほぐしに加えツボを刺激する商品も多く販売されています。足裏だけをマッサージする商品はコンパクトサイズになっていますが、ふくらはぎまでマッサージ出来る商品の場合はある程度のスペースが必要になります。

 

床に置き直接足を入れるだけでマッサージを受けられるので、手軽さを求めるなら据え置きタイプがおすすめです。

重点的にマッサージしたいなら「ベルトタイプ」を選ぶ

ベルトタイプは主に足首・ふくらはぎに巻き付けて使用するもので疲れやむくみをケアします。コードレスで使用できる商品が多く装着しても動けるのが大きな特徴です。リーズナブルな商品が多く、ふくらはぎを中心に重点的なマッサージをしたい方におすすめです。

広範囲をマッサージしたいなら「ブーツタイプ」を選ぶ

ブーツタイプは名前の通りブーツを履いたような状態でマッサージが受けられます。足先から太ももまで幅広い箇所をケアしてくれるので人気の高いタイプです。ファスナーが付いているので着脱も簡単ですし、抗菌加工など衛生的な商品も多いです。

マッサージ方法で選ぶ

マッサージ方法には「ローラータイプ」「エアータイプ」「多機能タイプ」が用いられています。効果や価格が異なるジャンルなので覚えておきましょう。

強めのマッサージが好きなら「ローラータイプ」を選ぶ

ローラータイプは、回転するローラーや凸凹の突起が刺激を与えコリをほぐしたり血行を促進させます。足裏からふくらはぎまでマッサージ出来る商品が多く価格が安いのも特徴です。

 

基本的に強さの調節機能が搭載されていますが、足のツボを刺激するので人によっては強めの痛みを感じる場合もあります。

手もみ感覚を求めるなら「エアータイプ」を選ぶ

エアータイプは本体内部にエアーバックが付いており、揉みほぐしながらマッサージを行うので痛みを感じる事はほぼありません。足裏や太ももなど広い範囲に使用できる商品があるのも特徴で、人の手で揉まれているような感覚を味わえます。

ローラーやエアーを同時に味わいたいなら「多機能タイプ」を選ぶ

ローラー式とエアー式の両方を兼ね備えているのが多機能タイプです。例えば足裏はローラー、ふくらはぎはエアーとマッサージの種類を組み合わせて使うことができるので、より本格的なもみ心地を楽しめます。比較的高価なものが多いため、予算に合わせて選びましょう。

マッサージャーに付いた機能性で選ぶ

フットマッサージャーを選ぶには「マッサージ以外の機能性」に注目するのも大切です。ここでは人気の高い「コードレス式」「衛生面」「タイマー機能」「収納性」について紹介します。

色々な場所で使いたいなら「コードレス式」を選ぶ

フットマッサージャーにはACアダプターと乾電池の2ウェイ電源商品も販売されています。電池で使用すれば家中のどこでもマッサージが出来ますし、本読みながら・家事をしながらのながら作業が可能です。また、出先などで使いたい方にもおすすめです。

「衛生面」にも対応しているマッサージャーを選ぶ

フットマッサージャーを毎日使う方も多いですし、直接肌が触れるので極力清潔に使いたいです。しかし本体を丸洗い出来る訳ではないので、カバーなどを洗濯できるタイプの商品を選ぶ事が大切です。もし、洗濯に対応していなければ抗菌処理などを行っている物を選ぶようにしましょう。

安心・安全面を考えて「タイマー機能付き」を選ぶ

家事や仕事で疲れた体にマッサージを行うと気持ち良くてウトウト寝てしまう事もあります。しかしマッサージはやり過ぎると逆に痛めたりする事もありますし、ヒーター機能が付いていれば低温ヤケドを起こす可能性もあります。

 

そんな事態を防ぐ為にも一定の時間で自動に止まるオートオフタイマー機能が付いた商品をおすすめします。

「収納性」に優れたマッサージャーを選ぶ

フットマッサージャーは基本的にコンパクトサイズの商品が多いですが、多機能タイプなど重量の重い商品もあります。出しっぱなしで置いておく場合は問題ありませんが、収納する方は持ちやすい取っ手が付いているタイプやキャスター付きの商品を選べば移動が楽に行えるので便利です。

マッサージャーの販売メーカーで選ぶ

どの商品を選ぶか迷った時には「販売メーカー」で決めるのも1つの考え方です。ここでは主要メーカーであり、人気の高い「パナソニック」「オムロン」製品の特徴を紹介します。

幅広い家電を扱う「パナソニック製品」を選ぶ

大手家電メーカーであるパナソニックのフットマッサージャーは、足先から太ももまでマッサージできるベルト・ブーツタイプの商品が主流です。人の手で揉みほぐす感覚を追求し再現した「ヒューマンハンドエアーバッグ」はパナソニック製品でしか味わえないマッサージです。

ヘルスケア商品の定番「オムロン製品」を選ぶ

ホームヘルスケア商品をメインに扱うオムロンのフットマッサージャーは据え置き・ベルト・ブーツタイプがあり、回転式の揉み玉とエアーによる加圧のどちらの商品も扱っています。コンパクトなサイズが多く、高い機能性を持ちながら価格が安いのが魅力です。

フットマッサージャーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5403718の画像

    パナソニック

  • 2
    アイテムID:5403725の画像

    スライブ(Thrive)

  • 3
    アイテムID:5403734の画像

    オムロン(OMRON)

  • 4
    アイテムID:5404022の画像

    アテックス (ATEX)

  • 5
    アイテムID:5404038の画像

    テスコム

  • 6
    アイテムID:5404050の画像

    フジ医療器

  • 7
    アイテムID:5404094の画像

    VEGA CORPORATION

  • 8
    アイテムID:5404112の画像

    アテックス(ATEX)

  • 9
    アイテムID:5404119の画像

    オムロン(OMRON)

  • 10
    アイテムID:5404140の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 11
    アイテムID:5404158の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 12
    アイテムID:5404182の画像

    アテックス(ATEX)

  • 13
    アイテムID:5404206の画像

    スライブ(Thrive)

  • 14
    アイテムID:5404229の画像

    スライブ(Thrive)

  • 15
    アイテムID:5404234の画像

    オムロン(OMRON)

  • 商品名
  • エアーマッサージャー レッグリフレ
  • フットマッサージャー もみギア
  • エアマッサージャ HM-261-BW
  • ルルド フットケアコードレス リラブー
  • フットマッサージャー TF1100-C
  • フットマッサージャー モミーナエアー
  • boltz フットマッサージャー
  • マッサージスツール
  • フットマッサージャー HM-240-BW
  • クッションにもなる フットマッサージャー
  • エアーマッサージャー レッグリフレ
  • エアブーツマッサージャー
  • フットマッサージャー 太ももエアマッサージ
  • フットマッサージャー モミギアプロ
  • レッグマッサージャー HM-252-PK
  • 特徴
  • 豊富な8種類のマッサージコースを搭載
  • 3つの複合機能を搭載
  • 足をすっぽり包めるブーツタイプ
  • 女性人気の高いルルド商品
  • もみとローラーで心地良い刺激を与える
  • ローラーとエアーマッサージが付いた多機能タイプ
  • 本格的な医療機器のフットマッサージ
  • 22か所、50層のエアバックを搭載
  • 時間を気にせず使える静音設計
  • ヒーター内臓モデル
  • 便利なコードレスタイプ
  • 衛生的な抗菌加工
  • 太もものマッサージをするならこの商品!
  • 足首ローラー&足裏ローラー搭載
  • シンプルでコスパが抜群
  • 価格
  • 37200円(税込)
  • 7200円(税込)
  • 10500円(税込)
  • 6980円(税込)
  • 11899円(税込)
  • 33390円(税込)
  • 13990円(税込)
  • 35750円(税込)
  • 6300円(税込)
  • 8900円(税込)
  • 16498円(税込)
  • 22990円(税込)
  • 19102円(税込)
  • 12800円(税込)
  • 1715円(税込)
  • マッサージ方法
  • エアータイプ
  • ローラータイプ
  • エアータイプ
  • エアータイプ
  • ローラータイプ
  • 多機能タイプ
  • エアータイプ
  • エアータイプ
  • ローラータイプ
  • ローラータイプ
  • エアータイプ
  • エアータイプ
  • エアータイプ
  • ローラータイプ
  • エアータイプ
  • マッサージ箇所
  • 足先~太もも
  • 足裏~ふくらはぎ
  • 足先~ふくらはぎ
  • 足裏
  • 足裏~ふくらはぎ
  • 足裏~ふくらはぎ
  • 足裏~ふくらはぎ
  • 足裏~ふくらはぎ
  • 足裏
  • 足裏~ふくらはぎ
  • ふくらはぎ
  • 足裏~ふくらはぎ
  • 足裏~太もも
  • 足裏~ふくらはぎ
  • ふくらはぎ
  • 重量
  • 2.5kg
  • 3.2kg
  • 1.7kg
  • 750g
  • 5.6kg
  • 7kg
  • 3.5kg
  • 9.3kg
  • 1.3kg
  • 2.4kg
  • 1.3kg
  • 2.14kg
  • 6.2kg
  • 4.85kg
  • 500g

まとめ

ここまでフットマッサージの特徴・人気おすすめランキング・選び方を紹介してきました。商品によって形状、効果、適応箇所などが異なるので全体数は多いですが、それぞれの特徴を覚えてしまえば選び方も難しくありません。最適な商品を見つけて疲れた体を癒してください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年07月03日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

フットマッサージャーの人気おすすめランキング15選【メーカー別にご紹介】

フットマッサージャーの人気おすすめランキング15選【メーカー別にご紹介】

マッサージ器
【2021年最新版】マッサージチェアの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】マッサージチェアの人気おすすめランキング15選

マッサージチェア
【2021年最新版】足温器の人気おすすめランキング10選【歩けるタイプも紹介!】

【2021年最新版】足温器の人気おすすめランキング10選【歩けるタイプも紹介!】

電気毛布・ひざ掛け
大学生向けリュックの人気おすすめランキング46選【おしゃれリュックも紹介】

大学生向けリュックの人気おすすめランキング46選【おしゃれリュックも紹介】

バッグ
フットレストの人気おすすめランキング【ハンモックやクッションも】

フットレストの人気おすすめランキング【ハンモックやクッションも】

家具
【2021年最新版】アウトドアチェアの人気おすすめランキング22選

【2021年最新版】アウトドアチェアの人気おすすめランキング22選

アウトドアチェア・ベンチ