安全帯の人気おすすめランキング15選【選び方も掲載】

記事ID8932のサムネイル画像

高所作業をする際に落下防止の役割を担い墜落制止用器具とも呼ばれる安全帯。高さが2メートル以上ある場所で作業を行う場合は装着が法律で義務付けられており、命を守る重要な器具です。種類の多い商品で選び方に悩む人も多い為、ここでは安全帯をランキング形式で紹介します。

安全帯の特徴

高所での作業は、風の影響を受けやすく雨の日には足元が滑りやすくなるなど危険と隣り合わせです。そんな時に命綱でもある安全帯を使用する事で、転落事故など万が一の事態を防いでくれます。

 

安全帯には腰に巻く胴ベルト型・全身を保持するハーネス型といった基本的な種類を始めランヤードと呼ばれる綱の種類腿ベルトの種類、作業内容に合わせて選ぶベルトの種類など使う人によって選び方が異なります。

 

そこで今回は安全帯の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみて下さい。なお、ランキングでは安全帯の種類・タイプ・機能などを基準に作成しました。

安全帯の人気おすすめランキング15選

15位

基陽

KH安全帯 アリールロック式 HJA01L-K

価格:9,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロック機能が付いた安全面重視の安全帯

工具や安全帯を取り扱う基陽が販売する胴ベルト型の安全帯です。ロープを移動距離に合わせて最短の長さにするフリーアクションと、使いたい長さに固定するロックアクションを兼ね備えたフリー&ロック機能を搭載しています。

 

また衝撃を加えた段階で、それ以上ロープが伸び切らないようロックが掛かるインターロック機能も付いており安全性に優れています。フックは口径が広いので引っ掛けやすく、ロープにはナイロンの2.5倍もの張力がある強力ナイロンを使用しているなど耐久性の高さも特徴です。

 

腰への負担を和らげてくれる補助ベルトまで付いた便利な安全帯になっています。

種類胴ベルトタイプ1本吊り
重量1.89kgベルトサイズ幅50mm×長さ1200mm

口コミを紹介

安くて腰当てまで付いてこの値段。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

サンコー(Sanko)

タイタン 安全帯 DL16DB

価格:27,911円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

便利な兼用タイプの安全帯

墜落制止用器具を販売しているサンコーの胴ベルト型安全帯です。安全帯の主流である1本吊りと、足元の悪い場所で作業するとき柱などにロープを回し体を支えるU字吊り兼用タイプになっています。

 

ナイロン製のランヤードは2100mmと長さがあるので使いやすくなっています。また、厚生労働省が定める「安全帯の規格」に適合した商品なので安全性が高く安心です。価格は高いですが、様々な場所で作業される方にはおすすめの安全帯です。

種類胴ベルトタイプ1本吊り・U字吊り兼用
重量1.8kgベルトサイズ幅45mm×長さ1200mm
13位

藤井電工(Fujii Denko)

ツヨロン 安全帯 NV93 SAF-OTNV93SVBK

価格:12,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伸縮式のランヤードを採用

高所作業向け製品を多く扱う藤井電工が販売する1本吊り専用の胴ベルト型安全帯です。ランヤードは伸縮式になっており長さは1200mm~1700mmまで伸びますが、使用していない時は縮んでいるので障害物などに引っ掛かりにくくなっています。

 

軽量ながら落下時に衝撃荷重を和らげるショックアブソーバーが付いており、ロープがじれないように回転フックを採用しているので安心して使用できます。ベルトの留め具は、着脱が簡単に行えるワンタッチバックルになっているので使いやすさも抜群の安全帯になっています。

種類胴ベルトタイプ1本吊り
重量1.52kgベルトサイズ-
12位

ミドリ安全(Midori Anzen)

ハーネス安全帯 MHS490N-EXJ-M

価格:25,443円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で動きやすい安全帯

安全衛生の製品を販売するミドリ安全のフルハーネス型安全帯です。1本吊り専用で背面は、ベルトの絡まり防止や上下左右を分かりやすくし誤装着を防止する為にメッシュを取り付けてあります。腿ベルトは骨盤をしっかり固定するV字型になっていますが、しゃがんでも突っ張らず動きやすいのが特徴です。

 

ランヤードは1100mm~1600mmまで伸びる伸縮式になっており、本体重量は945gと軽量かつコンパクトです。こちらの商品は腿ベルトがパススルーバックル型ですが、ミドリ安全の安全帯には様々な種類があるので興味のある方はチェックしてみて下さい。

種類フルハーネスタイプ1本吊り
重量945gベルトサイズ幅40mm
11位

藤井電工(Fujii Denko)

ツヨロン 1本つり/U字つり兼用 63D-27-JAN-BP

価格:16,499円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプル且つ低価格の兼用タイプ

藤井電工が販売する1本吊り・U字吊り兼用の胴ベルト型安全帯です。幅16mm×長さ2100mmあるランヤードは使い勝手が良く、回転フック式なのでロープがねじれにくいのも大きな特徴です。

 

胴ベルト型の安全帯としては重量が重い事や特別な機能が付いていないという面がありますが、その分兼用タイプの中では価格が安い商品になっています。オーソドックスなタイプの安全帯を探している方におすすめです。

種類胴ベルトタイプ1本吊り・U字吊り兼用
重量2.05kgベルトサイズ幅45mm×長さ1200mm

口コミを紹介

仕事のために注文をしました。値段が手頃なのが気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

Xben

フルハーネス安全帯 2丁掛け

価格:5,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚きのコストパフォーマンス

Xbenが販売するV字型のフルハーネス安全帯です。フックが2つ付いた安全性の高いツインランヤードになっていて、高強度ポリエステルを使用しています。ランヤードの長さは約1800mmあり伸縮自在で変形しにくくなっています。

 

フックは口径が大きいので引っ掛けやすく、留め具のバックルはサイズの調節が簡単に行えるので操作性の良さも魅力です。ベルトには高強度ポリエステルが使われているだけでなく耐摩耗性も高いので安心して使う事が出来ます。

 

それでいながら低コストで購入できる安全帯なので1度試してみる価値はあるのではないでしょうか?

種類フルハーネスタイプ1本吊り
重量2.7kgベルトサイズ幅46mm

口コミを紹介

屋上に設置しているエアコンの配管が破損してしまい、高所作業を行う必要が発生したためハーネスを購入しました。下半身用のハーネスより全身を保護してくれるフルハーネスタイプのほうが安心だと思い、価格もお手頃なこのハーネスを選択しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

TJMデザイン(TJM Design)

タジマ 2丁掛け安全帯 TR150L1W-SB

価格:43,747円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能性が充実した安全帯

建築用品を幅広く取り扱うタジマが販売している1本吊り専用の胴ベルト安全帯です。2丁掛けタイプになっており、長さが1500mmあるランヤードは高耐久アラミドを採用しています。

 

機能面ではリールの巻き取り方法を選べるロック&フリー機能やランヤードを急激に引っ張るとロックが掛かる安全ロック機構機能などが搭載されています。また、リールとショックアブソーバーを合体させた事で今まで無かった腰回りのスペースが生まれました。

 

この商品はフックに耐久性に優れたスチームフックを使用していますが、他にも硬質焼入ゲートや高耐久スチールゲートなど3タイプあるので好みに合わせて選ぶ事が出来ます。

種類胴ベルトタイプ1本吊り
重量1.95kgベルトサイズ幅50mm×長さ1250mm

口コミを紹介

価格の割にとてもしっかりした作りで、フルハーネスは必要ないけど何を買えばいいかわからない…という方は、最初からこれぐらい持っていればどこに行っても安心だと思いますよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

サンコー(Sanko)

タイタン 安全帯 SL50560ABL

価格:15,638円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすく改良した安全帯

サンコーが販売する1本吊り専用の胴ベルト型安全帯です。これまでの安全帯を改良した商品で、保護カバーとショックアブソーバーケースの素材を樹脂成型パーツに替え耐久性を高めています。

 

また、巻き取り機能と2ウェイ切り替え機能のスイッチを別々に分ける事でスイッチ自体の耐久性が改善されています。更に、これまでのストラップから全長を150mm長くした事でフックを使用している時でも作業範囲が広がり動きやすくなっています。

 

「安全帯の規格」の適合品なので、安全かつ使いやすさにこだわった商品です。

種類胴ベルトタイプ1本吊り
重量1.12kgベルトサイズ幅50mm×長さ1200mm
7位

TJMデザイン(TJM Design)

タジマ スチールベルトセット MR110L2-SB

価格:11,178円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量ながら耐久性が抜群の安全帯

タジマが販売する1本吊り専用の胴ベルト型安全帯です。フックのゲート部分には硬質焼入れを施してあるので、通常のスチームフックに比べて3~4倍の耐久性があるだけでなく変形も起こしにくくなっています。

 

また、フックの根元には落下時の衝撃を和らげるスマートショックアブソーバーが搭載されていて、頑丈なエラストマーカバーが耐久性もアップさせています。他にもフックが回転するより戻し付き、リールの巻き取り方法が選べるロック&フリー2ウェイ機構など便利な機能が充実しています。

 

ランヤードには高強度繊維入りポリエステルが使われているなど耐久性・機能性に優れた安全帯です。

種類胴ベルトタイプ一本吊り
重量1.24kgベルトサイズ幅50mm×長さ1250mm
6位

藤井電工(Fujii Denko)

ツヨロン フルハーネス R-502-G-OT2-P-JAN-BX

価格:16,145円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

取り付けが簡単なハーネス型の安全帯

藤井電工が販売する1本吊り専用のV字型フルハーネス安全帯です。胴ベルト付きのタイプになっていて胴ベルト・腿ベルト共に着脱が簡単なワンタッチバックルを採用している為、ハーネスの取り付けに時間が掛かりません。

 

ランヤードの長さは1700mmあり、ストラップ全体が落下時に衝撃荷重を和らげるショックアブソーバー機能を備えています。フックは口開き50mmと大型ですが軽量になっているのでスムーズに引っ掛けられます。あらゆる作業現場で使用できる便利な安全帯なのでおすすめです。

種類フルハーネスタイプ1本吊り
重量2.18kgベルトサイズ幅50mm×長さ1200mm
5位

藤井電工(Fujii Denko)

ツヨロン 柱上作業用安全帯 FC-11-JAN-BP

価格:12,362円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心感のあるU字吊り安全帯

藤井電工が販売するU字吊り専用の胴ベルト型安全帯です。ロープにはビニロンが使用されているので高強度・高弾性率・耐候性・耐薬品性があると共に操作性にも優れています。長さは2100mmあるので、あらゆる場所で使う事が出来ます。

 

使いやすさや使用感の良さに関しての口コミも多く見られ、素人からプロまで幅広く使える安全帯になっています。価格もお手頃なので、高所での作業に不安を感じる方には是非おすすめしたい商品です。

種類胴ベルトタイプU字吊り
重量1.66kgベルトサイズ幅45mm×長さ1200mm

口コミを紹介

つくりも丈夫で使いやすいです。しかしながら結構重いです。
また、私の場合はもう一本補助のロープを組み合わせて使用しております。
登っている間の補助ひもを追加してあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

基陽

KH 安全帯 じゃばら式

価格:11,110円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伸縮自在のじゃばら式安全帯

基陽が販売する国家認定を取得した1本吊り専用の胴ベルト型じゃばら安全帯です。会社オリジナルのじゃばらを使用したランヤードで縮小時は1000mmと短く、伸長時には1500mmまで長くなるので状況に合わせた使い方が出来ます。

 

フックは口径が大きいので引っ掛けやすく、頑丈で耐久性に優れていますが軽量なので扱いやすいといった特徴があります。フックとロープを繋ぐ自在環は、回転と首ふりを行う事でロープのねじれを正常に保つだけでなく、落下時には落下方向以外の力を吸収して安全帯を機能させます。

 

じゃばら式安全帯は2丁掛けタイプも販売しているので、作業する環境によって選びましょう。

種類胴ベルトタイプ1本吊り
重量640gベルトサイズ幅50mm×長さ1500mm

口コミを紹介

電車移動がメインの施工管理者です。荷物を少しでも軽くコンパクトにしたく購入しましたが、軽い!そして持ち運びに便利!
但し、外部足場を登る時にロープ部分が引っかかりやすいので星マイナス1にしましたが満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

TJMデザイン(TJM Design)

安全帯 ハーネスGS A1GSMJR-WL2BK

価格:15,452円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全性・付け心地に優れた安全帯

タジマが販売する1本吊り専用のフルハーネス型安全帯です。ランヤードには自在に伸縮するじゃばら式を採用しており、上出しタイプになっているので腰袋にロープが引っ掛かりにくい構造になっています。

 

安全性の高い2丁掛けのハーネスセットですが、胴当てベルトにハーネスを直接取り付けるので装着スペースが確保できます。また骨盤ベルトは長さの調節が可能なので、使う人に合わせてぴったりフィットします。

 

パススルー式の腿ベルトは高耐久スチールバックル製なので安心して使う事が出来ます。その他にも機能性が満載なので安全性を重視した安全帯を探している方におすすめです。

種類フルハーネスタイプ1本吊り
重量2.7kgベルトサイズ幅16.5mm×長さ1500mm

口コミを紹介

安く購入出来て満足してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

TJMデザイン(TJM Design)

タジマ 安全帯 FR110L1W-SB

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で使いやすが人気の安全帯

タジマが販売する1本吊り専用の胴ベルト型安全帯です。重量が810gと非常に軽量でコンパクトサイズな為、使いやすさが特徴になっています。一般的な三つ打ちロープに比べ約30%軽量な平ロープを使用する事で、コンパクトにまとめられる・ランヤードの長さが選べる・よじれないといった違いが生まれました

 

他にも、ちょい置きとがっちり置きの2パターンが付いた胴ベルトのフックハンガーベースや、ランヤードの長さが動いたり屈んだりするのに最適な1100mmになっているなど使う人の事が考えられた安全帯になっています。

種類胴ベルトタイプ1本吊り
重量810gベルトサイズ幅23mm×長さ1100mm

口コミを紹介

現場で高所作業はほとんど無いものの着用が必須なため信頼できそうな中で安価なもので購入しました。タジマ製ということで商品には特に不満な点はありません。
バックルの仕様が思いのほか使いやすかったので、ワンタッチバックルをやめこのベルトに腰道具をつけて使用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

藤井電工(Fujii Denko)

ツヨロン 安全帯 DIA-599-BL4-JAN-BP

価格:7,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者に最適な安全帯

人気おすすめランキング1位は藤井電工が販売する1本吊り専用の胴ベルト型安全帯です。ベルトは微調整が簡単に行えるスライドバック付きになっており、フックは口開き50mmと大口径なので引っ掛けやすい構造になっています。

 

重量が750kgと安全帯の中でもトップクラスの軽量タイプなので、付けていて疲れにくいのが魅力です。機能が多く搭載されていない分、誰でも簡単に使える安全帯であり価格も安くなっているので初めて購入する人におすすめです。

種類胴ベルトタイプ1本吊り
重量750gベルトサイズ幅50mm×長さ1150mm

口コミを紹介

購入して良かったです。装着も簡単でした。ベルトに通す番号がふってあるので慣れない女性でも簡単に使えました。
高木の木の上ではいつも不安でしたがこれで安心して刈込できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

安全帯の選び方

ランキングを見ても分かるように安全帯には様々な特徴を持った商品があります。これらをキッチリ把握しておかないと、購入してみたものの使えなかったという事態になりかねません。

 

ここでは安全帯の種類・ランヤードの種類・各種ベルトの種類・バックルのタイプなど細かく分けて紹介しますので1つ1つの特徴を覚えておきましょう。

安全帯の種類で選ぶ

安全帯の基本的な部分であり、大きく異なる特性を持っていますので自分に合った種類を選ぶ必要があります。ここではフルハーネス型と胴ベルト型の特徴を紹介します。

フルハーネス型安全帯

フルハーネス型は2019年から5m以上の高所で作業する際に装着が義務化されました。その特徴は、ハーネスベルトとランヤードで構成され体が安全帯から抜けないように固定する事です。腿ベルトや肩ベルトで体を支持するので落下時に衝撃を分散すると共に和らげる効果もあります。

 

しかし、胴ベルト型に比べ価格が高い事や取り付けが面倒といった面もあります。また、商品によって胴ベルトが付いているタイプと付いていないタイプがあるので事前に確認する事が大切です。

胴ベルト型安全帯

胴ベルト型は古くから使われているタイプで、腰の巻き付けるだけの簡易性が特徴です。パイプやロープなどにフックを引っ掛けて使いますが、落下時に衝撃が1点に集中してしまう事やベルト自体がずれてしまう危険があります。

 

元々主流なタイプなので商品数が多く価格の安い物も多く販売されています。中には腰の負担を和らげる胴当てベルトがセットになっている安全帯もあるので、腰痛持ちの方におすすめです。

ランヤードの種類で選ぶ

ランヤードとは胴綱の事で安全帯の命綱になる大切な部分です。主にロープ式とストラップ式に分かれているので紹介します。

ストラップ型(巻き取り型)

ストラップ型はナイロン繊維を使用しておりストラップが伸びるのが特徴です。その為、落下した場合に衝撃を和らげる効果があります。また、ストラップ式には巻き取り機能が付いた商品が多く販売されています。

 

ランヤードを必要な分だけ引っ張り出す常時巻き取り型と、必要に応じてスイッチを押して巻き取るスイッチ型が付いています。ランヤードの長さを調節できるので障害物などに引っ掛けたりする心配が無いのが1番の特徴です。

ロープ型

ひと昔前は安全帯と言えばロープ型が主流でした。滑りにくく強度の強い三つ打ちロープと、柔らかくて扱いやすい八つ打ちロープのどちらかが使われています。価格の安い商品が多いですが、ロープが障害物に引っ掛かりやすいといったデメリットがあるので注意が必要です。

2丁掛け(ダブルランヤード)

2丁掛けはランヤードを2本備えているタイプで、高所作業中の移動が多く何度もフックを付け外す場合に便利です。1方のフックを外しても、もう1方のフックは掛かった状態なので安心・安全に作業する事が出来ます。

腿ベルトの種類で選ぶ

こちらはフルハーネス型を装着する際の腿ベルトの種類です。V字型と水平型の2種類あり、付け心地や強度が異なるので覚えておきましょう。

V字型

V字型のベルトは、見ての通り腿の付け根がV字になるように装着するもので骨盤をしっかり固定できます。その為、落下時の衝撃を分散する事が可能で安全性に優れています。ですが、構造上どうしても付け心地に窮屈感が出てしまうといったデメリットがあります。

水平型

水平型は、腿ベルトを水平に装着するので束縛感・窮屈感が少なく動きやすい事から人気の高い商品です。ですが、V字型に比べ体を支持する箇所が少ないので落下時にはベルトがずり上がってしまう危険性もあります。

作業内容で安全帯を選ぶ

胴ベルトには1本吊り専用とU字吊り専用のタイプがあり、それぞれ作業内容によって用途が違うので自分に合ったタイプを選びましょう。

一本吊り専用

1本吊り専用は、名前の通り1本のロープで体を支え落下や墜落を防ぐタイプです。ベルトとランヤードだけのシンプルな構造で使いやすさも抜群ですが、体の安定感に欠けるので作業には注意が必要です。様々な場面で使えるので建築現場などでは多くの方が使用しています。

 

 

U字吊り専用

U字吊り専用は柱上安全帯とも呼ばれ、柱や電柱などで作業をする際にランヤードを回して体を預けながら使用できるのが特徴です。1本吊り専用と違い体を安定させられるので足場の悪い現場に最適です。

 

しかし、体重を掛けながら作業を行うのでロープの摩耗具合を定期的にチェックする事が大切です。

バックルのタイプで選ぶ

最後はベルトの留め具であるバックルのタイプです。ベルトが外れてしまえば安全帯の意味もなくなる大事なポイントなのでしっかり特徴を把握して下さい。ここではワンタッチバックルとスライドバックルを紹介します。

ワンタッチバックル

ワンタッチバックル最大の特徴はベルトの着脱が簡単に行える事です。とは言え、安全面の理由から外す時はベルト同士をくっつけ「つまみ」を握りながら取り外すので2アクション必要ですが、それでも1秒ほどで外す事が出来ます。

 

パススルーバックルに比べ価格は高めになっていますが、安全性も高く1日に何度も着脱する事もあるので非常に便利です。

パススルーバックル

パススルーバックルは、一般的なベルトと同じ要領で着脱するタイプです。自分のサジ加減で締め具合を調節でき、価格の安さや軽量な商品が多いのが特徴です。使い始めは生地が硬いので着脱に時間が掛かりますが、慣れてくればそれほど面倒に感じなくなります

 

 

安全帯のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5379660の画像

    藤井電工(Fujii Denko)

  • 2
    アイテムID:5379682の画像

    TJMデザイン(TJM Design)

  • 3
    アイテムID:5379740の画像

    TJMデザイン(TJM Design)

  • 4
    アイテムID:5379824の画像

    基陽

  • 5
    アイテムID:5379833の画像

    藤井電工(Fujii Denko)

  • 6
    アイテムID:5379845の画像

    藤井電工(Fujii Denko)

  • 7
    アイテムID:5379872の画像

    TJMデザイン(TJM Design)

  • 8
    アイテムID:5379936の画像

    サンコー(Sanko)

  • 9
    アイテムID:5379954の画像

    TJMデザイン(TJM Design)

  • 10
    アイテムID:5379979の画像

    Xben

  • 11
    アイテムID:5379984の画像

    藤井電工(Fujii Denko)

  • 12
    アイテムID:5379994の画像

    ミドリ安全(Midori Anzen)

  • 13
    アイテムID:5379997の画像

    藤井電工(Fujii Denko)

  • 14
    アイテムID:5380012の画像

    サンコー(Sanko)

  • 15
    アイテムID:5380018の画像

    基陽

  • 商品名
  • ツヨロン 安全帯 DIA-599-BL4-JAN-BP
  • タジマ 安全帯 FR110L1W-SB
  • 安全帯 ハーネスGS A1GSMJR-WL2BK
  • KH 安全帯 じゃばら式
  • ツヨロン 柱上作業用安全帯 FC-11-JAN-BP
  • ツヨロン フルハーネス R-502-G-OT2-P-JAN-BX
  • タジマ スチールベルトセット MR110L2-SB
  • タイタン 安全帯 SL50560ABL
  • タジマ 2丁掛け安全帯 TR150L1W-SB
  • フルハーネス安全帯 2丁掛け
  • ツヨロン 1本つり/U字つり兼用 63D-27-JAN-BP
  • ハーネス安全帯 MHS490N-EXJ-M
  • ツヨロン 安全帯 NV93 SAF-OTNV93SVBK
  • タイタン 安全帯 DL16DB
  • KH安全帯 アリールロック式 HJA01L-K
  • 特徴
  • 初心者に最適な安全帯
  • 軽量で使いやすが人気の安全帯
  • 安全性・付け心地に優れた安全帯
  • 伸縮自在のじゃばら式安全帯
  • 安心感のあるU字吊り安全帯
  • 取り付けが簡単なハーネス型の安全帯
  • 軽量ながら耐久性が抜群の安全帯
  • 使いやすく改良した安全帯
  • 機能性が充実した安全帯
  • 驚きのコストパフォーマンス
  • シンプル且つ低価格の兼用タイプ
  • 軽量で動きやすい安全帯
  • 伸縮式のランヤードを採用
  • 便利な兼用タイプの安全帯
  • ロック機能が付いた安全面重視の安全帯
  • 価格
  • 7380円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 15452円(税込)
  • 11110円(税込)
  • 12362円(税込)
  • 16145円(税込)
  • 11178円(税込)
  • 15638円(税込)
  • 43747円(税込)
  • 5480円(税込)
  • 16499円(税込)
  • 25443円(税込)
  • 12000円(税込)
  • 27911円(税込)
  • 9480円(税込)
  • 種類
  • 胴ベルト
  • 胴ベルト
  • フルハーネス
  • 胴ベルト
  • 胴ベルト
  • フルハーネス
  • 胴ベルト
  • 胴ベルト
  • 胴ベルト
  • フルハーネス
  • 胴ベルト
  • フルハーネス
  • 胴ベルト
  • 胴ベルト
  • 胴ベルト
  • タイプ
  • 1本吊り
  • 1本吊り
  • 1本吊り
  • 1本吊り
  • U字吊り
  • 1本吊り
  • 一本吊り
  • 1本吊り
  • 1本吊り
  • 1本吊り
  • 1本吊り・U字吊り兼用
  • 1本吊り
  • 1本吊り
  • 1本吊り・U字吊り兼用
  • 1本吊り
  • 重量
  • 750g
  • 810g
  • 2.7kg
  • 640g
  • 1.66kg
  • 2.18kg
  • 1.24kg
  • 1.12kg
  • 1.95kg
  • 2.7kg
  • 2.05kg
  • 945g
  • 1.52kg
  • 1.8kg
  • 1.89kg
  • ベルトサイズ
  • 幅50mm×長さ1150mm
  • 幅23mm×長さ1100mm
  • 幅16.5mm×長さ1500mm
  • 幅50mm×長さ1500mm
  • 幅45mm×長さ1200mm
  • 幅50mm×長さ1200mm
  • 幅50mm×長さ1250mm
  • 幅50mm×長さ1200mm
  • 幅50mm×長さ1250mm
  • 幅46mm
  • 幅45mm×長さ1200mm
  • 幅40mm
  • -
  • 幅45mm×長さ1200mm
  • 幅50mm×長さ1200mm

まとめ

ここまで安全帯の特徴・人気おすすめランキング・選び方を紹介してきました。安全帯はあくまでも保険であり使わないに越した事はありませんが、万が一の時には自分の命を守ってくれる大切な道具です。自分にピッタリ合った商品を見つけて安全に使用して下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ