ワークマン防寒着の人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

記事ID8791のサムネイル画像

ワークマンといえば防寒着をはじめ、作業着の定番ブランドとして多くの人の支持を受けているブランドです。その質は非常に高く、実用性に富んでおり、仕事着といえばワークマンと連想する方も少なくありません。ここでは、そんなワークマン防寒着の人気おすすめランキング15選を紹介します。

実用性だけではなく、ファッション性も高いワークマン防寒具

ワークマンといえば実用性と考えている方も多いはずです。確かに、ワークマンは昔から確かな実用性と現場で働く人の声を実現してきた企業ですから、そういう印象を持つ人が大野も頷けます。

 

しかしながら、現代ではワークマンを利用する層が変異しつつあることに合わせて、実用性だけではなくファッション性も重視されるようになってきました。機能美と服飾性を絶妙にあわせたその格好良さは、男性のみならず女性にも注目されているようです。

 

そこで今回は、ワークマン防寒着の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ご購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。ランキングは価格・ブランド・防寒性・デザインの4つのポイントを基準として作成しました。

ワークマン防寒着の人気おすすめランキング15選

15位

WM3621 加工糸防寒コート

価格:7,949円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

秋から冬まで着れるベーシックな防寒着

こちらの商品は、加工糸によって品質が高くなっている一品です。中綿と裏地にポリエステルが編み込んであるため、丈夫さと保温性、両方の面で高品質を保っています。また、首元のボアのおかげで雪が降っていても暖かさを維持することが可能です。

メイン素材ポリエステル季節秋・冬

口コミを紹介

これは工場勤務に最適
長年使っています。

出典:https://review.rakuten.co.jp

14位

R600 レインスーツSTRETCH Perfect R600 ライムイエロー 5L

価格:9,658円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オールシーズン使えるレインスーツ

冬において、体を冷やしてくるのは雪だけではありません。比較的南の地域で降る雨も、体を冷やしてしまうのです。このレインスーツは、どんな時期でも雨から体を守ってくれます。遮温性も備えているので、冬に防寒具として身に着けることも可能です。

メイン素材ポリエステル季節オールシーズン

口コミを紹介

梅雨が明けても台風シーズンが終わるまでは急な大雨に備えて釣りにも通勤にも持ち歩こうと思います。

出典:https://www.trip-fishing.com

13位

H250J ヒートアシスト防水防寒ジャケット レッド L

価格:9,658円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水×防寒機能

こちらの商品は、防水機能と防寒機能の両方をあわせもった商品です。「ヒートアシスト」機能によって暖かい空気を外に逃さないような作りになっています。また、後ろに反射材をあつらえているため、寒い時期のランニングにはぴったりでしょう。

メイン素材ポリエステル季節
12位

WORKMAN ワークマン H600JA 防寒レインジャケットPERFECT (パーフェクト) レッドツリー S

価格:7,949円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ストレッチ機能で動きやすい防寒具

防寒着の持つ特有の問題として裏地も含めてごわごわしているせいでいまいち動きづらい、という点があります。運動のために防寒着を着る人からすると、これは大きな問題です。その点、この商品は裏地が伸び縮みするため、非常に動きやすい商品となっています。

メイン素材ポリエステル季節秋~冬

口コミを紹介

徹底的に防水防寒でめっちゃ暖かい!!とは言えませんが、インナーの組み合わせによっては十分な使えるアイテムかと思います。

出典:https://nozarunchicamp.com

11位

H011 防水防寒杢ストレッチジャケット

価格:7,949円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タウンユースにも耐えうる落ち着いた色の一品

ワークマンの商品は、危険な場所で作業をする人にも提供しているため、派手な色合いをしていることが少なくありません。しかし、あまり人目を引きたくないという方にとってそれはマイナスになります。その点、この商品は落ち着いた色のため、おすすめです。

メイン素材ポリエステル季節

口コミを紹介

 防寒装備としてはかなり優秀でした。小雨の降る街(気温6.9度)を2時間ほど歩きましたが、上半身は常時ポカポカ。雨も風も通しません。子供に指を差されることもなく、とても快適に冒険できました。

出典:https://www.itmedia.co.jp

10位

WM3624A 360° (サンロクマル) リフレクト透湿防水防寒ジャンパー

価格:9,658円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全性と防寒性の両方で高いパフォーマンスを発揮する一着

こちらの商品は、夜道での安全性と防寒性の品質の高さの両方を実現した一着です。ポイントとなるのが、特殊な加工によりどんな位置からの光でも360度反射する点。このため、真っ暗な夜道で不意にでくわしてもドライバーに自分の位置を知らせることが可能です。

メイン素材ポリエステル季節秋~冬

口コミを紹介

原付通勤で使ってます。寒さは感じません。

出典:https://review.rakuten.co.jp

9位

透湿防水防寒ジャケットBIKERS (バイカーズ)

価格:9,658円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バイクに乗る方のための防寒着

こちらの商品は、バイクに乗る方に向けた防寒着です。こちらの商品は、ワークマン防寒着の中でも、特に「対水圧」という面で非常に優れた設計が成されています。通常の防寒着ですと、バイクに乗ると水が染み出してくるのですが、これはそれがないのです。

メイン素材ポリエステル季節秋~冬

口コミを紹介

クールなブラックもアリですが、それ以外のカラーでワンポイント(?)として使われている迷彩もカッコよくて良い感じ。

出典:https://enjoy-nature.net

8位

WM3692A 蓄熱Wウォームワークジャンパー WM3692A 015 ブラック 3L

価格:6,239円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

光を吸って暖かさに還元してくれる

この商品は、蓄熱するように加工の施された商品です。放射冷却によって非常に冷たい朝でも、この商品があれば体を暖かくすることができます。光を吸って熱に変換してくれるので、寒い時期に外で作業をする方にぴったりな一着だといえるでしょう。

メイン素材ポリエステル+トリコット季節秋~冬
7位

H2P 透湿防水防寒パンツBIKERS (バイカーズ) 迷彩 L

価格:7,949円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライダーのための防寒ボトム

ライダーのズボンは、時に上着以上に過酷な環境に晒されます。目の前から吹き荒れる風はもちろん、雨、雪など、悪天候の際は撥ね水にも気を付けなければなりません。その点、この商品は防水性がしっかりとしており、まさにバイクに乗る方のための防寒具です。

メイン素材ポリエステル季節秋~冬

口コミを紹介

アジャスターはゴムのように全体的な締め付けなくフィットしてくれますよね。

ベルトループもないので操作もしやすいのではないでしょうか。

出典:https://enjoy-nature.net

6位

HJ004B ファイバーダウン防寒ブルゾン 015 ブラック LL

価格:6,239円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐寒性能ピカ1!しかも薄手

この商品は、内部に綿を採用することによって、常に保温性を確保している商品です。内部の温熱を逃がさない作りになっているため、寒い冬も暖かく過ごせます。それだけ機能性に富んでいるのにも関わらず、薄手で使いやすい点は魅力的です。

メイン素材ポリエステル+綿(内部)季節秋~冬

口コミを紹介

身長160cm台後半ですが、 LLでピッタリでした。
実際に着てみると薄手で軽いのに暖かいです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

5位

H250J ヒートアシスト防水防寒ジャケット レッド L

価格:9,658円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

裏地のアルミプリントが寒さを防いでくれる

こちらの商品は、「ヒートアシスト」の名前の通り、保温性を助けてくれる仕組みが多数施された商品です。他の防寒着に見られるような保温性を助けてくれる素材はもちろん、裏地にアルミポイントを施されており、そのおかげで光を反射して暖かくなれます。

メイン素材ポリエステル季節

口コミを紹介

生地は薄いですが冷気を通すことなく、やはりこの素材の特徴でしょうか、自分の体温でどんどん温められます。

出典:https://okirakubito.com

4位

GNT1001 ダブルフラップ防寒ブルゾン GNT1001

価格:6,239円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

撥水加工が施されながらも丸洗いOKの一品

撥水加工の施された防寒着の多くは、その特質のせいで洗い物が面倒なことが多々あります。しかしこの商品はそうした面倒がなく、袖部分に工夫を施したおかげで丸洗いが可能です。そのうえ防寒具としての実力も申し分ありません。

メイン素材ポリエステル季節秋・冬

口コミを紹介

裾が不必要に長すぎることなく、左右にゴムが入っているので、自転車・バイクに乗るときにも邪魔にならないし、下方から冷たい風が入り込んだりしません。

出典:https://zigsow.jp

3位

H100C イージスオーシャン防水防寒スーツ

価格:12,906円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防寒着として有名な「イージス」シリーズのひとつ

こちらの商品は、ワームマンの防寒具のブランドとして確立されている商品、「イージス」シリーズのひとつです。無敵の盾の名前を冠しているように、しっかりと寒さをカットしてくれます。また、耐水性もあるので、寒い時期、海釣りに行くときにはぴったりです。

メイン素材ポリエステル季節秋~冬

口コミを紹介

ちょっと薄い感じがするが着ていると暖かい。ズボンの前開きについているマジックテープがちょっと使いにくいぐらい。慣れれば何とかなる。

出典:https://review.rakuten.co.jp

2位

H300A イージス透湿防水防寒スーツ リフレクト ブラック LL

価格:12,906円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

反射材が全身にあるイージス

イージスタイプの防寒具の実力は前述した通りです。この商品は、ただでさえ高性能なイージスに反射材を+した商品となっています。そのおかげで暖かさと安全性の両方を高い水準で実現しているのが特徴です。冬の夜に出歩く人には特におすすめな商品といえます。

メイン素材ポリエステル+ナイロン季節

口コミを紹介

最強クラスの防寒性能
見た目がシンプルで使いやすい

出典:https://bikemagazine.jp

1位

WM3637 イージス防水防寒ツナギ服 013 チャコール 3L

価格:14,615円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ツナギで上下一体! 安全性も高い優れもの

こちらの商品は、イージスシリーズのツナギです。一般的な作業着と同じように上下一体となっており、そのおかげでお腹あたりから水が入ったりすることがありません。また、デザインにも統一感があるため、防寒しつつ見た目も気にすることができる優れものです。

メイン素材ポリエステル季節

ワークマン防寒着の選び方

ワークマン防寒着は、いずれも一定以上のクオリティが保証されているといっても過言ではありません。しかし、せっかく防寒具を購入するのなら、「自分に最も合ったもの」を選びたいと考えるはずです。そこで以下では、ワークマン防寒具の選び方を紹介していきます。

ブランドで選ぶ

「ワークマン防寒着」と一言に言っても、ブランドによってその性能は微妙に異なります。よって、自分が何を重視したいのか、ワークマンの防寒着に何を求めているのかによって、選ぶブランドを決めるといいでしょう。

AEGIS(イージス)

ワークマンの防寒具ブランドの中で、最も有名なブランドと言っても過言ではないブランドです。高い防水性能と遮温性能から非常に多くの人に愛されており、特にアウトドアを楽しむ方には高い支持を受けています。

 

こと、防水性においては他のシリーズと比べても圧倒的に高い性能を秘めているのが特徴です。ギリシャ神話における強力な盾をブランド名においているだけあり、レインコートと見紛うほどの高い防水性を誇っています。

 

それでいて、防水性の高い商品にありがちな「伸縮がほとんどできず、動きづらい」という欠点も解消されています。現場である程度激しい作業をする人や、アウトドアスポーツを楽しむ人にまで、広くおすすめできるブランドです。

HEAT ASSIST(ヒートアシスト)

Heat Assist(ヒートアシスト)は、その名称が示すように、防寒性を重視したブランドです。蓄熱性、あるいは裏地の加工によって暖かさを服の中に閉じ込めることに特化しています。

 

そのおかげで、寒波に襲われる冬や、寒い地域であっても問題なく暖かい状態を維持することが可能です。防寒着の目的である、「身体を暖かくする」という点においては、ワークマンブランドの中でも非常に高い性能を誇っているといえるでしょう。

 

ただし、暖かさに重点を置いているため、雨などの悪天候にはあまり耐性はありません。また、少し暖かい春先や秋ごろには暑いくらいに感じてしまう保温性のため、長い期間身に着けるのには向いていない点に注意しましょう。

BIKERs(バイカーズ)

「バイカーズ」は、バイクに乗る方を意識して作成された商品です。バイクに乗る時の防寒着としては、先述した「アイギス」なども、ネット上で高い評価を受けていますが、アイギスは叩きつけられる水に弱く、浸水を許してしまう問題がありました。

 

しかし、バイカーズは水に対する性能が「イージス」の1.5倍以上となっており、ただでさえ高かった耐水性が、飛躍的に上昇しています。そのため、激しい雨が降っているときでも、まるでレインコートのように水を防いでくれるのが特徴です。

 

一方、アイギスに存在していた動きやすさは多少犠牲となっており、その点はアイギスとのトレードオフといえます。基本的に、雨の時期に動き回ることが多い方や、バイク用の防寒着を探しているという方におすすめの商品です。

保温性で選ぶ

防寒着の最も重要視される項目のひとつが保温性です。しかし、一口に保温性といっても「暖かい空気を逃さない力」「冷たい風を通さない力」など、複数の切り口で語ることができます。以下では、保温性で選ぶときのポイントを紹介します。

風を通さない素材や造りになっているか

人間が感じる「寒さ」の内、実際の気温と同等に影響のあるものが風です。特に、バイクに乗る方やランニングをたしなむ方にとって、寒い時期の風は大きな問題となるでしょう。そのため、防寒着には風に対する対策が非常に重要なのです。

 

まず見るべきなのは、風を通さない素材で作られているかどうかでしょう。ポリエステルをはじめとした化学繊維は風を通さないため、防寒着の素材としてよく使われています。ワークマンの商品を選ぶときは、ポリエステルかどうかを見るといいでしょう。

 

次に重要なのが、袖や首元が風を通さない作りになっているかどうか、という点です。袖部分にゴムがあったり、マジックテープや紐で縛られるような形になっているものは、風に対する耐性が非常に高いものだと考えていいでしょう。

蓄熱効果や暖かい空気を留めおく効果があるかどうか

温度の管理は非常に重要です。いくら風を防いでも、暖かい空気を服の中に留めおくことができなければ、保温性が高いとはいえません。よって、選ぶ商品が、蓄熱効果を補助してくれるかどうかを確認してください。

 

具体的には、素材が蓄熱効果に優れた素材なのかどうかを確認してください。ワークマン防寒着の中には、光や熱を温度とし蓄熱してくれる商品も存在します。保温性を重視したい場合は、以上の点を重視して選ぶといいでしょう。

 

また、裏地にも注目してください。裏地や襟のあたりにファーやボアが使わている商品や、光を反射するコーティングが施されているものは暖気を逃がさずに捉えることができるからです。

防水性も忘れずに

防水性もまた、保温性を考えるときに非常に重要な点のひとつです。なぜなら、雨が降ってきたときなど、水が体に濡れてしまうと大きく体温を奪われてしまうからです。また、いくら保温性が高くても、冷たい水によって体温が奪われてしまえば意味がありません。

 

特に外に出て作業をする方や、バイクに乗ることが趣味の方にとって、防水性は大切な点です。なぜなら、通常であればレインコートや傘を使えばいいのですが、こうした方々は傘を使うことができず、レインコートを取りに戻ることも難しいからです。

 

防水性は、基本的に重要なのは素材です。素材が水を通さないものであれば、高い防水性を期待できます。それに加えて、浸透にどの程度強いのかという点も意識しておきましょう。バイクに乗る方や強い雨にも強い防寒着を希望する方は、浸透への対策も意識しましょう。

機能性で選ぶ

メインの防寒機能以外にも、別の機能性で選ぶのもひとつの手です。そうした機能は一部の人にはそれほど必要でないことですが、別の人には非常に重要な点であることも少なからず存在します。「ここだけは譲れない」という点で防寒着を選んでみるのもいいでしょう。

動きやすさ

動きやすさは、防寒着そのものの機能としてはそれほど意識されない点です。しかし、激しい動きの作業をしたり、防寒着を着たまま運動をする方にとっては、非常に大切な点のひとつといえるでしょう。

 

その指標となるのが、「立体裁断」の施されているかどうかという点です。他にも、関節部分が伸びやすいような作りになっており、動きやすい作りになっているものがあります。運動をする方は、こうした点も意識して商品を購入してください。

 

ただし、機動性は得てして防寒性とトレードオフになりがちです。その点に留意して、自分のニーズに合ったものを選ぶようにしましょう。

蒸れないような造りになっているかどうか

特に防寒着を着ながら運動をする方や、長時間バイクに乗った方ならばわかると思いますが、保温性の高い防寒着はかなり蒸れます。特に脇の部分は場所的に蒸れやすく、場合によってはひどい不快感を感じてしまうことがあります。

 

そのため、蒸れづらい工夫の施されている商品を購入するのもひとつの手です。例えば、襟の一部や袖の一部がメッシュになっているものや、一部をチャックによって開閉できるものは、蒸れづらい工夫の施された商品といえるでしょう。

 

ただし、常にメッシュ素材があしらわれているような商品は、その分防寒性が犠牲になりがちです。蒸れることを嫌う場合は、チャックで一部が開閉できる商品を選ぶといいでしょう。

耐久性が高いかどうか

耐久性は、防寒着を着用する上である程度重要な点です。高い耐久性のあるものはそれだけ長く使うことができるため、コストパフォーマンスが高いといえます。

 

例えば、造りが丈夫になっているものや、メイン素材のポリエステル以外で補強しているもの、アウトドア用の商品やバイクに乗ることを意識した商品は、耐久性が高いものです。

 

また、コストパフォーマンスという面ではオールシーズン着ることができる商品も、実質的に長く使える=コストパフォーマンスが高い商品とだといえるでしょう。出来る限り無駄なお金を使いたくない人にはおすすめです。

ワークマン防寒着を身に着けるメリット

防寒着を製造しているメーカーは多様に存在します。では、それほど大量にあるメーカーから、わざわざワークマンを選ぶのはなぜなのでしょうか。以下では、ワークマンが持つメリットを挙げていきましょう。

機能性が高い

ワークマンの商品は、お客さんが持つ「ほしい」という感情を分析し、そこから「どんな商品であればその要望を満たせるのか」という点から商品を制作しています。そのため、「誰向けの商品なのか」がはっきりしており、機能性が高いのです。

 

例えば、ワークマンブランドのひとつである「バイカーズ」などはその典型でしょう。この商品はバイクに乗る方のニーズを分析し、高い防水性と安全性を付与した商品なのです。

 

このように、ワークマンは高い機能性を誇っているのが大きなメリットだといえるでしょう。

高水準・低価格

ワークマンの商品の品質が高いことは先述した通りです。これはワークマンが各職業のプロフェッショナルを対象にして作っていることに起因しています。

 

そのため、各業種でワークマンの防寒着が使われていることも少なくありません。その上、ワークマンは高い水準で商品の質を維持しながらも、価格が抑えめなのです。まさに高品質低価格を実現した、非常に有用な商品といえるでしょう。

ワークマン防寒着のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5371395の画像

  • 2
    アイテムID:5371366の画像

  • 3
    アイテムID:5371335の画像

  • 4
    アイテムID:5371333の画像

  • 5
    アイテムID:5371311の画像

  • 6
    アイテムID:5371292の画像

  • 7
    アイテムID:5371273の画像

  • 8
    アイテムID:5371249の画像

  • 9
    アイテムID:5370954の画像

  • 10
    アイテムID:5370944の画像

  • 11
    アイテムID:5370887の画像

  • 12
    アイテムID:5370861の画像

  • 13
    アイテムID:5370842の画像

  • 14
    アイテムID:5370835の画像

  • 15
    アイテムID:5370825の画像

  • 商品名
  • WM3637 イージス防水防寒ツナギ服 013 チャコール 3L
  • H300A イージス透湿防水防寒スーツ リフレクト ブラック LL
  • H100C イージスオーシャン防水防寒スーツ
  • GNT1001 ダブルフラップ防寒ブルゾン GNT1001
  • H250J ヒートアシスト防水防寒ジャケット レッド L
  • HJ004B ファイバーダウン防寒ブルゾン 015 ブラック LL
  • H2P 透湿防水防寒パンツBIKERS (バイカーズ) 迷彩 L
  • WM3692A 蓄熱Wウォームワークジャンパー WM3692A 015 ブラック 3L
  • 透湿防水防寒ジャケットBIKERS (バイカーズ)
  • WM3624A 360° (サンロクマル) リフレクト透湿防水防寒ジャンパー
  • H011 防水防寒杢ストレッチジャケット
  • WORKMAN ワークマン H600JA 防寒レインジャケットPERFECT (パーフェクト) レッドツリー S
  • H250J ヒートアシスト防水防寒ジャケット レッド L
  • R600 レインスーツSTRETCH Perfect R600 ライムイエロー 5L
  • WM3621 加工糸防寒コート
  • 特徴
  • ツナギで上下一体! 安全性も高い優れもの
  • 反射材が全身にあるイージス
  • 防寒着として有名な「イージス」シリーズのひとつ
  • 撥水加工が施されながらも丸洗いOKの一品
  • 裏地のアルミプリントが寒さを防いでくれる
  • 耐寒性能ピカ1!しかも薄手
  • ライダーのための防寒ボトム
  • 光を吸って暖かさに還元してくれる
  • バイクに乗る方のための防寒着
  • 安全性と防寒性の両方で高いパフォーマンスを発揮する一着
  • タウンユースにも耐えうる落ち着いた色の一品
  • ストレッチ機能で動きやすい防寒具
  • 防水×防寒機能
  • オールシーズン使えるレインスーツ
  • 秋から冬まで着れるベーシックな防寒着
  • 価格
  • 14615円(税込)
  • 12906円(税込)
  • 12906円(税込)
  • 6239円(税込)
  • 9658円(税込)
  • 6239円(税込)
  • 7949円(税込)
  • 6239円(税込)
  • 9658円(税込)
  • 9658円(税込)
  • 7949円(税込)
  • 7949円(税込)
  • 9658円(税込)
  • 9658円(税込)
  • 7949円(税込)
  • メイン素材
  • ポリエステル
  • ポリエステル+ナイロン
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル+綿(内部)
  • ポリエステル
  • ポリエステル+トリコット
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • 季節
  • 秋~冬
  • 秋・冬
  • 秋~冬
  • 秋~冬
  • 秋~冬
  • 秋~冬
  • 秋~冬
  • 秋~冬
  • オールシーズン
  • 秋・冬

まとめ

ワークマン防寒着の人気おすすめランキング15選についてまとめました。ワークマンの商品の質は高いため、どうしてもどれを購入するのか迷ってしまう方も多いと思います。ぜひランキングを参考にして、自分にぴったりの防寒着を選んでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ