育てやすい野菜の人気おすすめランキング15選【2019年最新版】

記事ID7870のサムネイル画像

子どもの食育のためや趣味のために家庭菜園を始めたい人も多いのではないでしょうか。家庭菜園に慣れていない場合、「育てやすさ」を基準に野菜選びをすることが失敗を避けるための重要なポイントです。今回は、育てやすい野菜をランキング形式でご紹介します。

家庭菜園の始め方のポイントは?

家庭菜園と一言で言っても、場所によって、栽培方法や道具・栽培できる野菜の種類が変わってきます。家庭菜園の始め方のポイントは、まずは「どんな場所・広さを使うか」です。ベランダ、市民農園、家の庭、それぞれに適した作物がありますので、まずはどこで作物を育てるか決める必要があります。

 

そして「どんな土壌で栽培するか」です。ベランダであればプランター栽培、市民農園や家の庭であれば地面の土を使った露地栽培というのが一般的ですね。そして「どんな道具を用意するか」です。プランター栽培であれば、作物を植えるプランター・培養土などの土・そして作物の種や苗を用意すればひとまず家庭菜園が始められます。

 

今回は、家庭菜園を始めたい人におすすめの育てやすい野菜を、季節、種類、特徴を重視してランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

育てやすい野菜人気おすすめランキング15選

15位

サカタのタネ

あまうまごちそうなす

価格:495円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単に育てられてたくさん実る

ナスは夏野菜の人気者です。次々と実をつけ、長い間収穫を楽しめます。プランターで簡単に育てることができるのが魅力です。春に植える野菜は育てやすく野菜作りを始めるのに向いています。

植付4月~5月収穫6月~10月
種類果菜類育てやすさ★★★☆☆

口コミを紹介

ベランダ菜園でもよく育ってくれて助かります。
発芽率もかなり良く9割発芽しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

サカタのタネ

バジル

価格:198円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スッキリさわやかな香りで育てやすいバジル

食卓にはハーブや薬味といった存在も欠かせません。パスタなどのイタリア料理に不可欠で初心者にも栽培しやすいのがバジルです。家庭菜園には多すぎるくらいの量の種がたっぷり入ってこのお値段はお得です。

 

嫌味がなくすがすがしい香りのバジルはアロマ効果も絶大で、お部屋の空気や気分をリフレッシュしてくれます。 日本の平均的な気候で、播種4〜6月、収穫6~10月頃が目安です。バジルの他にハーブを育てる場合はミント・パセリ・セージ・タイムなど、また薬味ではネギ・ニラ・シソ・ミョウガなどもおすすめです。

植付4〜6月収穫6~10月
種類葉菜類育てやすさ★★★☆☆
13位

サカタのタネ

おつまみエダマメ おつな姫

価格:297円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

早く収穫できるエダマメ

エダマメは簡単にできてビールのおつまみなどに最適な野菜です。中でも「おつまみエダマメ おつな姫」がお手頃で品質がよくおすすめです。「おつな姫」は、80日で収穫できる品種です。作付時期は、日本の標準気候で播種4月、収穫7〜8月頃が目安です。

植付4月収穫7〜8月
種類果菜類育てやすさ★★★☆☆
12位

サカタのタネ

スピーディベジタブル 小カブ

価格:2,703円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

根ものビギナーさんにおすすめの小カブ

カブは特に冬に活躍する野菜ですが、春と秋の年2回収穫が可能で、1年の長い間楽しめます。30×15cmのミニプランターに播き切れる分の種が2袋に分包されていて価格も手頃です。

 

他に根ものの人気者としては、ニンジン・ダイコン・ゴボウなどがありますが、いずれも地中深くに伸びてゆくため、プランター栽培の初心者は、まずはカブの中でも小粒なコカブを栽培するのが無難です。

植付3〜6月・8〜10月収穫5〜7月・10〜12月
種類根菜類育てやすさ★★★☆☆
11位

農業屋

ピーマン とんがりパワー

価格:550円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単に育てやすい!

小さい段階で収穫して頂いても美味しく食べることが出来る品種です。味は苦み・臭みが少なく、食味のイメージは「ピーマンとパプリカの中間」といった感じです。クセがないので、通常のピーマンのように細かくカットせず、大きくザックリ切っても使えるので、料理の幅は広がります!ピーマン嫌いなお子さまにも大好評です。

植付4~6月収穫6~10月
種類果菜類育てやすさ★★★☆☆

口コミを紹介

今まで、普通のピーマンと収量の多いジャンボしし唐を毎年作っておりましたが、
ジャンボしし唐、秋口になると辛くなり孫が、食べたがらない為、今回は、
これも作ってみることに・・・収量期待してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

サカタのタネ

スピーディベジタブル ホウレンソウ

価格:383円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収穫が早く育てやすい

ホウレンソウは寒さに強く、丈夫で短期間で育つので、家庭菜園初心者にはおすすめです。春夏、秋冬の2回収穫が可能で、収穫シーズンも長く楽しめますよ。播いてから収穫が早い早生で、より確実に育てることができます。

 

葉物の人気品種のコマツナ・チンゲンサイ・ターツァイ・ミズナなどはいずれも簡単に育てられてスペースを取らないので、ホウレンソウと一緒のプランターに混載して育てても大丈夫です。

植付3〜4月・9〜10月収穫5〜6月・11〜12月
種類葉菜類育てやすさ★★★☆☆
9位

なえ屋

ジャガイモ

価格:365円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家庭菜園にぴったり

芋類にはジャガイモ、サツマイモ・サトイモなどの種類がありますが、まずはその中でも特に育てやすく、主食としても重宝するジャガイモを育ててみると良いでしょう。

 

種芋は食用に売っているものを使ってもよいですが、種芋として売られているものを使った方がより確実な収穫が期待できます。年2回収穫することができ、また、長期間保存が可能なため、ゆっくりと楽しむことができますよ。

植付2〜3月・8〜9月収穫5〜6月・11〜12月
種類根菜類育てやすさ★★★☆☆
8位

サカタのタネ

スピーディベジタブル ベビーリーフレタス ウェンディ

価格:2,697円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かんたんで早く収穫できる

ベビーリーフレタスは、栽培が簡単で短い期間で育ち、スペースを取らず密に植え付けが可能と、手軽さで一番の野菜です。キャベツ・ハクサイ・レタスなどポピュラーな結球葉ものはぜひトライしたいですが、初心者はまずこのベビーリーフレタスを育ててみてはいかがでしょうか。

 

収穫も早く、30×15cmのミニプランターに播き切れる分の種が2袋に分包されていて価格も手頃です。葉が混み合ってきたら、間引きを兼ねて収穫して、食べながら育ててゆくことが出来ます。

植付4月・9月収穫6〜7月・10〜11月
種類葉菜類育てやすさ★★★☆☆
7位

サカタのタネ

ゆめのコーン スイートコーン

価格:297円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家庭菜園なら新鮮な状態で食べられる!

トウモロコシはイネ科の野菜で一見育てるのが難しそうに思えますが、実は荒れ地でも育つほど丈夫な初心者向け野菜です。トウモロコシは鮮度が落ちやすく収穫したその日に食べるのが一番です。家庭菜園なら新鮮な状態で食べられるのでおすすめです。

 

日当たりさえ良ければベランダのプランターや大型の植木鉢でもぐんぐん育ちますし、種からでも簡単に育てられる初心者向けの野菜です。トウモロコシは多肥性で過剰な養分を吸ってくれるので畑の土壌改善野菜としても利用出来ます。

 

また、高温を好むので日当たりの良い場所で育てるのが上手に収穫までたどり着くための重要ポイントです。

植付3~5月収穫6~8月
種類果菜類育てやすさ ★★★★☆

口コミを紹介

7割の発芽で美味しいトウモロコシでした。
また買いたいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

サカタのタネ

ルッコラ

価格:110円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐寒性と耐暑性がある野菜

ルッコラはアブラナ科の野菜で胡麻の様な香りとピリッとした辛みがくせになる野菜です。 種蒔きは春から秋にかけて可能で、日当たりが良く排水性の良い土壌での栽培が適しています。ルッコラは耐寒性と耐暑性がありますが、温暖地域の真夏はうまく育たないことがあります。

 

ルッコラに含まれる栄養価は、ビタミンC・E・K、βカロチン、鉄・カルシウムが豊富で、モロヘイヤと同等の鉄分が含まれます。ルッコラは生育が早く、管理も易しいので初心者向けの簡単に育つ野菜です。

 

ルッコラで人気の品種は、「ロケット」、癖がなく葉柄が長い早生種「アストロ」、癖がなく食べやすいとされる「オデッセイ」などです。

植付3~6月収穫8~12月
種類葉菜類育てやすさ★★★★☆

口コミを紹介

他の野菜に比べて非常に発芽率が高く蒔いてから1週間程で発芽して元気に育っています。これから畑に移植してみます。収穫を楽しみにしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

サカタのタネ

ゴーヤ

価格:297円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネットを張って日よけとしての栽培も人気

ゴーヤは沖縄の郷土料理の食材としても有名でキュウリやマクワウリと同じウリ科の植物です。 乾燥に強く病害虫もほとんど発生しないため、手間いらずで簡単に育てられる家庭菜園初心者におすすめの野菜です。

 

夏の暑さ対策としてグリーンカーテンはとても人気があり、ネットを張って日よけとしての栽培も人気です。 ゴーヤにはカロチン(ビタミンA)・ビタミンC・カリウムなどの栄養素が豊富に含まれています。炒め物にしたりサラダにしたりと様々なお料理に使えて便利な夏野菜です。

 

ゴーヤはとにかく夏の暑さには強いのが特徴です。夏場の高温期に弱い野菜が多い中で、このニガウリは暑くなればなるほどグングン伸びて葉が生い茂り成長が盛んになる少し変わった野菜です。 初心者でも失敗が少ないので人気があります。

植付3~6月収穫8~10月
種類果菜類育てやすさ★★★★☆

口コミを紹介

発芽は何もしないと時間かかりますが、きちんと管理すれば、全部発芽しました。最長13日かかりました。素晴らしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

農業屋

ししとう

価格:637円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高温に強い夏野菜

シシトウはナス科の野菜です。トウガラシを略してシシトウと呼び、原産地は南アフリカで高温に強い夏野菜です。シシトウガラシは品種改良されたトウガラシの甘味種で丈夫で育てやすい品種のひとつです。

 

どの品種でも基本的な育て方は同じですが、環境や天候などによって辛さが変わることがあります。辛みが苦手な方は甘長など辛みを抑えた品種を育てると良いでしょう。シシトウはビタミンCやカロチン・ビタミンEなど抗酸化作用の強い栄養素を多く含む健康野菜です。

 

匂いの成分であるピラジンは血液をサラサラにし、脳梗塞や心筋梗塞の予防に良いとされています。

植付2~3月収穫6~10月
種類果菜類育てやすさ★★★★☆

口コミを紹介

丈夫でたくさん実が付きます。大ぶりで煮ても揚げても焼いても美味しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

サカタのタネ

五角オクラ

価格:297円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

乾燥や多湿に強く栽培が容易

オクラはアフリカ原産の暑さに強い野菜です。丈夫で土壌の乾燥や多湿に強く栽培が容易で初心者向けです。高温と強い日差しを好むので日当たりの良い場所で育てましょう。オクラはポットと直まき栽培が出来ます。

 

オクラは種からも簡単に育てられますが、初心者は5月頃にホームセンターなどでポット売りされている苗から育てるのが簡単でおすすめです。 栽培する株数によって種から植えるか株から植えるかを決めましょう。オクラは育て方次第で収穫量が大きく変わる野菜ですが栽培のコツが分かれば問題ありません。

 

病害虫にも強い野菜なので簡単に収穫までたどり着けます。オクラに含まれる栄養素は、βカロチン・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・鉄分と食物繊維を豊富に含んでいます。オクラは育て方1つで収穫量が大きく変わる野菜ですが丈夫な野菜なので初心者でも比較的簡単に収穫までたどり着けます。

植付4~5月収穫6~9月
種類果菜類育てやすさ★★★★☆

口コミを紹介

最高です。種の発芽率が高いのと、育てやすいです。晴れた時は最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

農業屋

きゅうり 種 【 夏すずみ 】

価格:574円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

場所をとらずグングン育つ

夏野菜の人気者キュウリは、栽培が簡単で生育が早く、収穫期にはグングンと大きくなって次々と実を結びます。家庭菜園むけで価格もリーズナブルな「夏すずみ」がおすすめです。耐病性に強く、形くずれも少ない品種です。

 

育てる際は支柱やネットでツルの方向をできるだけ真上に伸びるように誘引しましょう。実がなってくると、茎が重みを支えきれず折れやすくなりますので注意が必要です。

植付5~7月収穫6~10月
種類果菜類育てやすさ★★★★☆

口コミを紹介

夏に栽培し、香り良く、皮が薄く、柔らかで、水みずしく、成長が早く、豊産で、最高です。バリバリ、むしゃむしゃ食べました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

サカタのタネ

アイコ ミニトマト

価格:495円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単に育てられるミニトマト

日本人が大好きな野菜の王様トマトも、ミニトマトならプランターでも簡単に栽培でき、収穫期には次々と実を実らせるため長い期間楽しめます。初心者は苗から育てると比較的簡単ですよ。フルーツトマトと呼ばれるくらい甘さに定評がある、「アイコ」がおすすめです。

 

水はけをよくして乾燥ぎみに育てると、一層糖度が高く甘い果実ができます。 栽培中はアブラムシに注意し、除草をこまめに行うのがポイントです。また、一緒に育てるコンパニオンプランツとしてバジルやニラを選ぶと、害虫がつきにくくなります。

 

ただキュウリ同様、実がなってくると茎が重みを支えきれず折れやすくなりますので注意しましょう。

植付4月収穫5〜9月
種類果菜類育てやすさ★★★★☆

口コミを紹介

いがいにしっかりと育ってくれて豊作でした、得した気分でした。また買います。

出典:https://www.amazon.co.jp

育てやすい野菜の選び方

家庭菜園で育てる野菜はどうやって選べばいいのか分からない人も多いと思います。 初心者が野菜を選ぶ時は育てやすく丈夫な品種を選ぶこと、選んだ野菜が育ちやすい時期に苗を植えることが収穫まで上手にたどり着くコツです。選び方を参考にしてみてください。

季節で選ぶ

野菜は、品種ごとに世話の仕方が違ったり、植え付け時期や収穫出来るまでの期間も違います。初心者の方は、各野菜の種蒔きと植え付け時期を確認して適期を逃さないようにしましょう。

春に植える野菜は夏に収穫する野菜です。春に植える野菜は育てやすく野菜作りを始めるのに向いています。春は植えられる野菜の種類が多く家庭菜園では最も忙しい季節です。春から植える野菜は夏に収穫する夏野菜が多く、実がなる野菜も多いので収穫が楽しいのが魅力です。

 

3月に入ったら、春菊、べか菜、小松菜などの種を蒔いておけば4月下旬ごろから始まる夏の野菜の植え付けまでのつなぎ野菜として収穫を楽しむことが出来るのでおすすめです。

夏野菜の収穫が終わって寂しくなった畑に、そろそろ何か野菜を植えたいと思っている方もいるでしょう。高温期の夏は野菜にとって過酷な気候で育てられる種類は少なくなりますが、夏野菜と秋野菜の隙間に育てられるのでありがたい存在です。

 

夏に植える野菜は6月植え・7月植え・8月植え・9月植えですが、栽培する土地の気候によって変わるので注意しましょう。 夏に植えて育てる野菜の種類にはどんなものがあるかを簡単にを知るにはホームセンターなどで売っている種が入っている袋を確認するのも1つです。

秋は気温も下がって涼しくなり家庭菜園デビューにはぴったりの季節です。秋植え野菜は種類も多く育てやすいので野菜作りの魅力を存分に味わえるでしょう。

 

秋に植える野菜を選ぶときに気を付けることは、植え付ける時期と収穫までの期間を考えておくことです。せっかく秋野菜を植えたのに低温障害でうまく育たなかったということにもなりかねません。秋に植える野菜は低温に強い野菜は多いのですが、霜が降りるほどの低温だと育たない種類もあるので注意しましょう。

家庭菜園の冬は春に向けて土の準備をする「土づくり」の季節ですが、実は極寒でも育てられる野菜があります。冬は霜や雪の影響で種を撒いても気温が足りず発芽しないことがあるので、春に収穫する作物の植え付けは11月中に済ませておくのが基本です。

 

ただし、関東より南の地域では、ホウレンソウやコマツナなど寒さに強い品種であれば冬の植え付けも可能です。

種類で選ぶ

季節の他にも、種類によっても育てやすさが変わってきます。ぜひ参考にしてみてください。

葉菜類

葉の部分を食べる野菜を葉菜類と言います。葉野菜は菜園野菜では初心者向けとと思っている方が多いかもしれませんが、実はその逆で難易度は高めです。その理由は他の野菜類に比べると病気に掛かりやすく害虫の被害を受けやすいからです。

 

家庭菜園に慣れていない方は、害虫被害や病気に掛かりにくい種類で栽培期間の短いものを選ぶと上手に育てる事が出来ます。難易度の低い葉野菜や秋から植える葉菜類からチャレンジするのがおすすめです。

根菜類

難しいというイメージがあるかもしれませんが、実は根菜類は初心者向けの野菜なんです。 根菜類の代表格と言えばニンジンやジャガイモです。

 

ベランダで本格的に育てられるものもあるので、自分のレベルに合わせて根菜類を選び、無理することなく野菜を育てるのが失敗しない家庭菜園の最善の方法です。

 

初心者の方は、最初は難易度の低いものからチャレンジされることをおすすめします。

果菜類

果菜類の栽培は難しいというイメージを持っているかもしれませんが、実はその逆で難易度はそれほど高くないものが多いのです。マンションのベランダなど限られたスペースでも場所を取らずに育てられるもあるので大丈夫です。

 

実野菜は手軽に栽培を始められますが、収穫まで辿り着くためにどのような種類を選ぶが大切なポイントです。家庭菜園に慣れていない方は、害虫被害や病気に掛かりにくい種類で栽培期間の短い果菜類を選ぶと収穫まで上手に育てる事が出来ます。

 

初心者は難易度の低いマンションのベランダのような半日蔭でもグングン育つ丈夫なものを選んでください。

その他の特徴で選ぶ

限られたスペースの中で、お庭や食卓を彩るための家庭菜園を楽しむにはどうしたら良いのでしょうか。ここでは、購入前に知っておきたい特徴をご紹介します。

狭いスペースでも栽培できるか

ベランダなどでできるだけ多くの作物を育て、多く収穫するためには、狭い場所でも栽培できる作物を選ぶことが大切です。

 

たとえばレタスはとても身近で魅力的な野菜ですが、結球型のレタスを栽培すると1球で場所を取ってしまいます。ベランダで育てるためには、まずは狭いスペースで高密度で収穫できるリーフレタスなどからスタートするのがおすすめです。

なるべく主役級の野菜から育てる

初心者が早く一人前になるためには、できるだけ主要な野菜を一通り育てることです。いつも買い物しているお野菜を自分の手で作れた時には感動しますし、モチベーションを持続する上でも大切なことです。

栽培がかんたんか

簡単かどうかは、手間がかからず、温度や湿度などの環境変化に強く、病気や害虫に強いといった条件があげられます。種から育てるのが難しい作物も、苗から育てればグンと収穫できる確率が高くなります。収穫までの期間が短い作物を選ぶのもよいでしょう。

育てやすい野菜のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5306626の画像

    サカタのタネ

  • 2
    アイテムID:5306588の画像

    農業屋

  • 3
    アイテムID:5306647の画像

    サカタのタネ

  • 4
    アイテムID:5306657の画像

    農業屋

  • 5
    アイテムID:5306714の画像

    サカタのタネ

  • 6
    アイテムID:5306734の画像

    サカタのタネ

  • 7
    アイテムID:5306763の画像

    サカタのタネ

  • 8
    アイテムID:5306556の画像

    サカタのタネ

  • 9
    アイテムID:5306540の画像

    なえ屋

  • 10
    アイテムID:5306537の画像

    サカタのタネ

  • 11
    アイテムID:5306513の画像

    農業屋

  • 12
    アイテムID:5305934の画像

    サカタのタネ

  • 13
    アイテムID:5305932の画像

    サカタのタネ

  • 14
    アイテムID:5305929の画像

    サカタのタネ

  • 15
    アイテムID:5305921の画像

    サカタのタネ

  • 商品名
  • アイコ ミニトマト
  • きゅうり 種 【 夏すずみ 】
  • 五角オクラ
  • ししとう
  • ゴーヤ
  • ルッコラ
  • ゆめのコーン スイートコーン
  • スピーディベジタブル ベビーリーフレタス ウェンディ
  • ジャガイモ
  • スピーディベジタブル ホウレンソウ
  • ピーマン とんがりパワー
  • スピーディベジタブル 小カブ
  • おつまみエダマメ おつな姫
  • バジル
  • あまうまごちそうなす
  • 特徴
  • 簡単に育てられるミニトマト
  • 場所をとらずグングン育つ
  • 乾燥や多湿に強く栽培が容易
  • 高温に強い夏野菜
  • ネットを張って日よけとしての栽培も人気
  • 耐寒性と耐暑性がある野菜
  • 家庭菜園なら新鮮な状態で食べられる!
  • かんたんで早く収穫できる
  • 家庭菜園にぴったり
  • 収穫が早く育てやすい
  • 簡単に育てやすい!
  • 根ものビギナーさんにおすすめの小カブ
  • 早く収穫できるエダマメ
  • スッキリさわやかな香りで育てやすいバジル
  • 簡単に育てられてたくさん実る
  • 価格
  • 495円(税込)
  • 574円(税込)
  • 297円(税込)
  • 637円(税込)
  • 297円(税込)
  • 110円(税込)
  • 297円(税込)
  • 2697円(税込)
  • 365円(税込)
  • 383円(税込)
  • 550円(税込)
  • 2703円(税込)
  • 297円(税込)
  • 198円(税込)
  • 495円(税込)
  • 植付
  • 4月
  • 5~7月
  • 4~5月
  • 2~3月
  • 3~6月
  • 3~6月
  • 3~5月
  • 4月・9月
  • 2〜3月・8〜9月
  • 3〜4月・9〜10月
  • 4~6月
  • 3〜6月・8〜10月
  • 4月
  • 4〜6月
  • 4月~5月
  • 収穫
  • 5〜9月
  • 6~10月
  • 6~9月
  • 6~10月
  • 8~10月
  • 8~12月
  • 6~8月
  • 6〜7月・10〜11月
  • 5〜6月・11〜12月
  • 5〜6月・11〜12月
  • 6~10月
  • 5〜7月・10〜12月
  • 7〜8月
  • 6~10月
  • 6月~10月
  • 種類
  • 果菜類
  • 果菜類
  • 果菜類
  • 果菜類
  • 果菜類
  • 葉菜類
  • 果菜類
  • 葉菜類
  • 根菜類
  • 葉菜類
  • 果菜類
  • 根菜類
  • 果菜類
  • 葉菜類
  • 果菜類
  • 育てやすさ
  • ★★★★☆
  • ★★★★☆
  • ★★★★☆
  • ★★★★☆
  • ★★★★☆
  • ★★★★☆
  • ★★★★☆
  • ★★★☆☆
  • ★★★☆☆
  • ★★★☆☆
  • ★★★☆☆
  • ★★★☆☆
  • ★★★☆☆
  • ★★★☆☆
  • ★★★☆☆

まとめ

今回は育てやすい野菜をランキング形式でご紹介しました。いかがでしたか?家庭菜園でできる野菜は多種多様で、組み合わせやアイデア次第で無限に楽しみ方が広がります。これを参考に好みの野菜で食卓を楽しく彩って下さいね!

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ