トップウォーターロッドのおすすめ人気ランキング15選【グラスコンポジットも】

バス釣りなどで水面や水面直下を狙うトップウォーターは、魚の動きや豪快なバイトの瞬間が見えることから、その迫力に魅せられるファンが多いスタイル。この記事では初心者でも安心のトップウォーターロッドの選び方とおすすめ人気ランキング15選を紹介します。

トップウォーターロッドとは?

トップウォーターは主にバス釣りで使われる手法で、水面や水面直下を狙うためルアーの動きを目で追えることや、ルアーに食らいつく魚の姿が見えることから、その迫力に魅せられるファンが多いのが特徴です。魚が水しぶきを上げる中釣り上げる楽しさを味わえます。

 

トップウォーターを楽しむためには、最適なロッド(竿)を選ぶことが大事なポイントです。ロッドを細かく調整しながら動かすことで魚を食いつかせる種類のルアーを使用することが多いため、動かしやすい硬さや重さのロッドを選ぶのが重要になります。

 

この記事では、初心者から上級者までトップウォーターを楽しめるようなトップウォーターロッドを「全長・重さ・ルアー重量」の3点からおすすめランキング形式で紹介しています。トップウォーターロッドの選び方もぜひ参考にしてみてください。

 

トップウォーターロッドの人気おすすめランキング15選

トップウォーターにも向く軽量ピン撃ちロッド

フィッシュマンのBeamsは、渓流釣りに適した軽量ルアーでピン撃ちを狙うベイトロッドですが、ほどよく曲がるのでトップウォーターロッドとしても使えます。素早く、遅すぎないバランスのとれた戻りが特徴です。

全長 1.54m 重さ 104g
ルアー重量 2〜7g

口コミを紹介

渓流で使うのはまだですが、3グラムのミノーで試投したら、気持ち良く飛びます❗3月からの解禁が楽しみです❗

出典:https://www.amazon.co.jp

豪華になったエントリーモデル

シマノのロッドバスワンXTは、新しく生まれ変わったベーシックなエントリーモデル。上位グレードにひけをとらない軽量リールシートとセパレートEVAグリップで、約10%の軽量に成功したロッドバスワンXTは、初めてのバスロッドにもおすすめです。

全長 1.98m 重さ 100g
ルアー重量 2〜7g

口コミを紹介

20年ぶりくらいにバス釣りをするのに購入しました。当時使っていたロッドも残っていたので使い比べてみましたが、比べ物にならないくらい使い心地がいいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

機内持ち込み可能なコンパクトなロッド

アブガルシアのワールドモンスターWMCC-654Mの特徴は軽くて強いこと!カーボンテープをX状に斜めに巻き上げた竿は大きな獲物を釣り上げてもびくともしません。淡水海水問わず使え、4ピースタイプなら機内に持ち込みできるほどコンパクトになります!

全長 1.98m 重さ 179g
ルアー重量 60gまで

口コミを紹介

製品の質にばらつきがあるようですが、私は当たりを引きました笑 734も買いましたが、バカみたいに大きなビッグベイト使わないのであれば圧倒的にこちらをオススメします!釣り幅が広いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ブラックとシルバーがかっこいいロッド

ダイワのバスロッドベイトクロノス6101MBは、ブラックとシルバーのデザインがかっこいい渋目のロッドです。手頃な価格ながら性能がいいため多くの釣り人から人気があります。全長1.86mながら近距離のキャストも難なくこなすバーサタイルなロッドです。

全長 1.86m 重さ 115g
ルアー重量 5〜8g

口コミを紹介

値段よりもいい感じです!充分使える、80弱のシーバスも問題なくいけた

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量で取り回しやすいバスロッド

シマノのバスロッドバンタム160ML-Gは、軽量で取り回しやすいショートロッドです。よりテクニカルな動きが出せるので、ルアーを動かしやすく操作性も抜群です。軽量なので1日中バスフィッシングを楽しむことができますよ!

全長 1.83m 重さ 107g
ルアー重量 5〜21g

口コミを紹介

リールはバンタムMGLと合わせてください。重量と大きさ、剛性感がベストマッチします。これ以上の組み合わせは絶対にあり得ません。キャストが、全てが、思い通りの釣りになりますよ!

出典:https://www.amazon.co.jp

ショートレングスでボートやフローター釣りに最適

テイルウォークのGLAPPY 55MLは、ショートレングスのベイトロッドで、カーボンにグラスが加わったグラスコンポジット。ルアーを投げる時、魚を引き上げるとき、カーボン素材のものよりも大きく曲がるので釣りの醍醐味を楽しめます。

 

特徴あるシングルグリップは、取り回しがきくのでカヤックや手漕ぎボートの上から釣るのにぴったりです。

全長 1.67m 重さ 130g
ルアー重量 3.5〜28g

口コミを紹介

良くしなるけどペナンペナンって訳じゃなくて程よい感じ。ピンスポットに落としやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

シマノの上位モデルポイズンシリーズ

シマノのポイズングロリアスシリーズは、シマノが作るバスロッドの中でも最上位モデル群の1つで、軽さ・コントロール性・ロングキャストに自信のあるモデルです。その中でもスピニングロッドの264Lは、何よりも1日釣っても疲れない自重の軽さが魅力です。

 

幅広い種類のルアーに対応できるバーサタイルなところと、癖のない曲がり方、扱いやすさからファンの多いモデルとなっています。

全長 1.93m 重さ 82g
ルアー重量 3〜10g

口コミを紹介

無事、届きました!いまのところ問題ありません!

出典:https://review.rakuten.co.jp

おかっぱりにおすすめのコスパ良なロッド

ダイワのバスロッドベイトブレイゾンシリーズは、10000円前後で高性能なロッドが手に入ることから初心者はもちろん、サブ機を検討している方にも人気のモデルです。6102MBは、2本継なのでコンパクトに収納・持ち運びできるのが魅力です。

 

バスフィッシングを楽しみたいなら1本は持っておきたいベイトロッド。高価なロッドには手が出せないけれど、それなりに品質のいいものを使いたいという方にはこのベイトブレイゾンシリーズがおすすめです。

全長 2.08m 重さ 107g
ルアー重量 5〜18g

口コミを紹介

値段が1万円くらいで買えてしまう割には作りがいいですしグリップがコルクになっているのでデザインも好みかな。あとロッドが軽いので疲れにくく、一日中釣りが楽しめます。

出典:https://www.amazon.co.jp

さまざまなルアーに対応するマルチプレイヤー

シマノのゾディアス264L-2 6.4フィートは、上位機種のエクスプライドとバスワンロッドの間に位置する中間モデルでありながら、エクスプライドと同じハイパワーXで強化されたボディが魅力の人気モデルです。

 

エクスプライドよりも軽量ですが、フルキャストや大きな魚との力勝負でもねじれたり負けたりすることなく、キャストからフッキングまでの動作がスムーズに決まるのが特徴。いろんなタイプのルアーに対応できるマルチプレイヤーです。

 

 

全長 1.95m 重さ 95g
ルアー重量 3〜10g

口コミを紹介

まだ最近バス釣りを始めた超初心者です。始めのは一本を買うのにいろいろ検討してある程度のものをと思いこれに決めました!

出典:https://www.amazon.co.jp

絶妙なしなやかさを持ったカーボンロッド

ダイワのフラッグシップモデルスティーズ651MLRBブリッツは、カーボン100%でありながらグラスロッドのようなしなやかさを併せ持つオールマイティなロッドです。よりトップウォーター寄りになったバーサタイルなロッドといえます。

 

小型〜中型のルアーが適したオールラウンドに使えるロッドなので、トップウォーターを楽しみつつ他のスタイルにもチャレンジしたい方にもおすすめのロッドです。

全長 1.96m 重さ 98g
ルアー重量 2.6〜21g

口コミを紹介

思っていた通りの商品で軽いプラグなどが余り力を入れなくてもスコーンと飛んで行き、釣れなくてもキャストするだけで楽しいロッドです。

出典:https://www.amazon.co.jp

セッティング次第で自由に遊べるロッド

ダイワのブラックレーベル661MLMRBは、カーボン含有率86%でテーパーを調整し、トップウォーターにも適する柔軟な曲がりを実現したバーサタイルさが魅力。トップウォーターだけでなく、シャロークランクからバイブレーションまで対応する万能ロッドです。

 

ブラックレーベル661MLMRBは、過剰な飾りもなくカラーリングも漆黒でとてもシンプルなデザインのロッドですが、その質実剛健な佇まいが中級者以上のバスロッド愛好家の方達に人気があります。バスロッドに慣れてきた方にぜひ手にとっていただきたい1本です。

全長 1.98m 重さ 140g
ルアー重量 3.5〜17g

口コミを紹介

このブラックレーベルは、シャロークランク〜バイブレーションまで幅広く使えて、とても良いロッドだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

グラスコンポジットで気持ちよくキャスティング

シマノのエクスプライド170M-Gは、カーボンにグラスをプラスしたグラスコンポジットで中央付近から大きく曲がるテーパーが魅力です。グラスロッドに馴染みのない初心者にとって、グラスロッド感を味わいながら扱いやすいモデルとしておすすめします。

 

しなりがよく大きく曲がることでルアーの重さを感じながら気持ちいキャストができ、巻き物のアクションにもトップウォーターにも対応できるエクスプライド170M-Gは、シマノの上位モデルとして多くの釣り人に愛されています。

 

 

全長 2.13m 重さ 130g
ルアー重量 7〜25g

口コミを紹介

ロングキャストに必要な長さ、操作性を左右する適度な粘り、掛けた後のパワーなど、巻物ロッドに求められる性能を一通り備えています。価格も手ごろで不満な点はありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

お手頃価格でバス釣りを楽しめる1本

大手メーカーダイワのバスロッドベイトブレイゾンシリーズは、なんといっても10000円前後のお手頃価格で機能・性能も十分という優秀なコスパが魅力です。ダイワならではの黒と赤のカラーリングもおしゃれ!幅広く使えるトップウォーターロッドです。

 

最初の1本を汎用性の高いスピニングロッドで揃えた方や、中級者以上の方でサブロッドをお探しの方には、この価格で楽しめるバスロッドベイトブレイゾンは文句なしの1本になるはずです。オールラウンドに使えるベイトロッドを試してみたい方におすすめです。

全長 1.96m 重さ 101g
ルアー重量 3.5〜14g

口コミを紹介

1万前後でこの質と使い勝手なら十分だと思います。初級~中級の方にオススメできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

これさえあればOK!万能なバーサタイルロッド

シマノのバスロッドポイズンアドレナ1610Mは、雑誌などでの人気ランキングでも常に上位に上がる人気のトップウォーターロッドです。軽くて扱いやすいだけでなく、中空カーボングリップで感度も抜群によく、ルアーの波動が指に伝わりやすいのが特徴です。

 

全長2.08mでミディアムというこのモデルは、とても扱いやすいサイズと硬さなので何本もロッドを使い分けるよりも1本で完結させたいという方におすすめです。岸からのおかっぱりによる釣りなら、ポイズンアドレナ1610Mで十分トップウォーターが楽しめます。

全長 2.08m 重さ 105g
ルアー重量 7〜21g

口コミを紹介

1610Mを購入しました‼︎見た目シンプルで何よりも軽くてビックリしました。購入オススメです‼︎

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ良し!初めてのベイトロッドにおすすめ

第1位に輝いたのはシマノのゾディアス1610M-2です。上位機種のエクスプライドと比べるとやや曲がりやすい感じがありますが、魚のひきに負けない力強さのあるロッドです。10000円台とは思えないクオリティの高さで初心者から上級者まで人気です。

 

初心者にはルアーコントロールが難しい点などいろいろな意味でハードルが高いベイトロッドですが、このゾディアス1610M-2は曲がりやすい点が逆に初心者にとっては投げやすく、扱いやすいというメリットもあります。初めてのベイトロッドにおすすめです。

全長 1.86m 重さ 115g
ルアー重量 7〜21g

口コミを紹介

価格が1万ちょいで買える竿で、恐らく性能と価格のバランスが一番取れている感じがします。

出典:https://www.amazon.co.jp

トップウォーターロッドの選び方

トップウォーターで釣りをする場合、各釣り具(タックル)それぞれに必要な要素がある中で、ロッドの選び方にもいくつかおさえておきたいポイントがあります。ここからは、トップウォーターロッドの選び方についてさまざまな視点から紹介していきます。

使いたいルアーを選ぶ

ルアーフィッシングにおけるトップウォーターは、初心者から上級者までファンの多い釣り方法です。トップウォーターに挑む場合、まずロッドを選ぶ前に使いたいルアーを選ぶことが重要です。種類も重さも数多いルアーの中から目的に合わせて2種類程選びましょう。

 

なぜルアーを選んでからロッドを選ぶのが大事かというと、ロッドには使用できるルアーの重量が決まっているからです。ロッドに対して使いたいルアーが重いと、ルアーが外れて紛失したり、ロッドが壊れたりする原因になります。ルアーに合ったロッドを選びましょう。

専用のロッドを選ぶ

ロッドを選ぶ際は、対応の幅が広いバーサタイルなロッドを選ぶのもありですが、特に初心者の場合はトップウォーター専用ロッドを選ぶのがおすすめです。トップウォーター特有の動きに対応した動かしやすい専用ロッドを選べば、より釣りを楽しむことができますよ。

ベイトロッド

ベイトロッドは、リールをロッドの上側に固定するタイプのロッドで、主に重めのルアーを使用するときに向いています。トップウォーター用のルアーは、ベイトロッドに適したサイズのものが多いので、基本的にはトップウォーター専用ベイトロッドがおすすめです。

 

ただ、ベイトロッドのデメリットとして、ルアーを投げ入れるキャスト時に失敗するとバックラッシュというラインが絡まってしまうアクシデントが起こりやすいことが挙げられます。バックラッシュを減らすためのサミングという手法を習得するのが重要です。

スピニングロッド

一方スピニングロッドは、リールをロッドの下側に固定するタイプのロッドで、軽いルアーを遠くへ投げるのに適しています。トップウォーター専用のスピニングロッドはありませんが、汎用性が高いので初めての1本をお考えの方にはスピニングロッドがおすすめです。

 

スピニングロッドは軽くてルアーを投げ入れるキャストの動きが簡単なのが特徴です。トラブルも少ないので、初心者の方にはスピニングロッドがおすすめ。とはいえ1本ですべてカバーできるわけではないので、釣る魚や場所によって持ち替えるのがベターですよ!

熟練レベルに合わせて選ぶ

釣りを始めたばかりの方と長年釣りを楽しんできた方とでは、おすすめのトップウォーターロッドも選び方も違いがあります。釣りの熟練レベルによって、自分に合ったロッドを選ぶのも釣りを楽しむためにはとても大事なポイントです。

初心者

釣りをはじめて間もない初心者さんがトップウォーターに挑む場合、一番大事なのは操作が苦にならない重さであることです。ルアーフィッシングの中でもトップウォーターはロッドを細かく動かしながら魚をおびきよせて釣り上げるため、操作性の良さはとても重要です。

 

力に自信のある方や感度を大事にしたい方はベイトロッドのエントリーモデル、子供や女性などには軽くて扱いやすいスピニングロッドがおすすめです。スピニングロッドは、汎用性が高く使用できる幅が広いのではじめての1本にぴったりです。

中級者

釣りにはまりだしてしばらく経過し、最初は2種類ほどのルアーだったのが今は数種類のルアーを状況や目的に合わせて使い分ける必要が出てきた中級者には、今持っているロッドとは違う用途で活躍するトップウォーターロッドを選んでいただきたいです。

 

例えば最初に汎用性の高いスピニングロッドを購入した場合は、今度はよりトップウォーターに特化した重めのルアーが使用できるトップウォーター専用ロッドのベイトロッドがおすすめです。ベイトロッドを所持しているならスピニングロッドを買い足したいですね!

上級者

長年にわたって釣りを楽しんできた熟練のトップウォーター上級者は、すでに何本もトップウォーターロッドを所有していることでしょう。その日の天気や気温、水温、釣り場の状況に合わせて最適解を探りつつロッドを試すことができるはずです。

 

そんな上級者にこそ、最新モデルのトップウォーターロッドを試していただきたいです。各メーカーが改良を重ねて生み出す最新モデルの良し悪しは、さまざまな経験を重ねてきた上級者にこそわかるものです。好みと目的に合わせて選んでみてください。

釣る場所で選ぶ

川、湖、海、釣りのフィールドはさまざまです。さまざまなフィールドでトップウォーターを楽しむためには、トップウォーターの醍醐味でもあるルアーの動かし方(アクション)がうまくいくような長さのロッドを選ぶことが大事です。

岸から釣る場合

海や川、湖の岸からルアーを投げ入れる場合は、ロングキャスト(遠投)をしたいのでロッドは長い方が適しています。ルアーをいかに岸から遠くに飛ばすことができるかがポイントになるので、ロングキャスト用の6.5〜7フィートのトップウォーターロッドがおすすめ

 

ただし、長すぎるロッドは扱いが難しくコントロールするのにテクニックが必要になります。特に初心者には長すぎるロッドは向かないので、中級者以上の方におすすめです。ルアーをロングキャストする快感を感じることができるのが岸釣りですね!

桟橋から釣る場合

バス釣りの定番ポイントでもある桟橋。桟橋周辺はある程度深さがあることが多いので、桟橋から釣る場合には、ロッドの長さは6.0〜6.5フィートくらい欲しいですね。桟橋からロングキャストで狙いたい場合は7フィートのロッドでもいいでしょう。

 

また、桟橋周辺はバスが隠れていることが多い場所でもあります。桟橋の上からキャストする場合も、まずは遠目から桟橋周辺を探ってからの方が釣り果が期待できます。桟橋の上から桟橋下を狙う場合は遠投の必要がないベイトロッドを使うのもありです。

ボートなどに乗って釣る場合

ボートなどに乗って釣る場合は、釣りたいポイントに近づいてキャストすることができるので、ロッドの長さは5〜6.5フィートあれば十分です。ボートの上から釣りを楽しむ場合は、置き竿1本、もう1本を手持ちでも楽しめるので、好みに合わせて選びましょう。

 

汎用性の高い万能なロッドを1本用意しておけば十分楽しめますが、トップウォーター専用のベイトロッドと汎用性の高いスピニングロッドを1本ずつ準備しておけば安心です。ボート釣りの場合、あまり長いロッドは必要ありません。

パワーで選ぶ

トップウォーターロッドのパワー(硬さ)は、大きく分けてL(ライト)、M(ミディアム)、H(ヘヴィ)に分けられます。さらに用途に合わせて、UL、L、ML、M、MH、Hと細かく別れています。基本的には、使用するルアーの重さに合わせて選ぶといいです。

小型ルアーを使用する場合

小型のトップウォーター用ルアー(8g以下)を使用する場合は、ロッドのパワーはML(ミディアムライト)が最適です。釣り堀などの施設内でもっと小さいルアーを使って釣る場合は、UL(ウルトラライト)やL(ライト)がおすすめです。

中型・大型ルアーを使用する場合

中型のルアー(10〜15g程度)を使用する場合は、ロッドのパワーはMLかMがおすすめです。20gを超えるような大型なルアーを使用するなら、MH(ミディアムハード)以上の硬さを選択しておくと安心でしょう。

テーパーで選ぶ

トップウォーターロッドを選ぶときに注目したいのがテーパー(調子)。テーパーはロッドの曲がり方やどこで曲がるかを表している釣り用語で、EF、F、RF、R、S、Pなどで表します。トップウォーターのロッドであればRFやRがおすすめです。

 

トップウォーターがうまくいくかどうかはルアーの動かし方次第です。ルアーアクションがしやすく扱いやすいRF(レギュラーファースト)やR(レギュラー)のロッドであれば、汎用性も高く初心者にもおすすめできます。

トップウォーターロッドのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 全長 重さ ルアー重量
アイテムID:5258487の画像

楽天

Amazon

ヤフー

コスパ良し!初めてのベイトロッドにおすすめ

1.86m

115g

7〜21g

アイテムID:5258484の画像

楽天

Amazon

ヤフー

これさえあればOK!万能なバーサタイルロッド

2.08m

105g

7〜21g

アイテムID:5258481の画像

楽天

Amazon

ヤフー

お手頃価格でバス釣りを楽しめる1本

1.96m

101g

3.5〜14g

アイテムID:5258473の画像

楽天

Amazon

ヤフー

グラスコンポジットで気持ちよくキャスティング

2.13m

130g

7〜25g

アイテムID:5258455の画像

楽天

Amazon

ヤフー

セッティング次第で自由に遊べるロッド

1.98m

140g

3.5〜17g

アイテムID:5258452の画像

楽天

Amazon

ヤフー

絶妙なしなやかさを持ったカーボンロッド

1.96m

98g

2.6〜21g

アイテムID:5258449の画像

楽天

Amazon

ヤフー

さまざまなルアーに対応するマルチプレイヤー

1.95m

95g

3〜10g

アイテムID:5258429の画像

楽天

Amazon

ヤフー

おかっぱりにおすすめのコスパ良なロッド

2.08m

107g

5〜18g

アイテムID:5258424の画像

楽天

Amazon

ヤフー

シマノの上位モデルポイズンシリーズ

1.93m

82g

3〜10g

アイテムID:5258393の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ショートレングスでボートやフローター釣りに最適

1.67m

130g

3.5〜28g

アイテムID:5258390の画像

楽天

Amazon

ヤフー

軽量で取り回しやすいバスロッド

1.83m

107g

5〜21g

アイテムID:5258342の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ブラックとシルバーがかっこいいロッド

1.86m

115g

5〜8g

アイテムID:5258340の画像

楽天

Amazon

ヤフー

機内持ち込み可能なコンパクトなロッド

1.98m

179g

60gまで

アイテムID:5258321の画像

楽天

Amazon

ヤフー

豪華になったエントリーモデル

1.98m

100g

2〜7g

アイテムID:5258314の画像

楽天

Amazon

ヤフー

トップウォーターにも向く軽量ピン撃ちロッド

1.54m

104g

2〜7g

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

まとめ

いかがでしょうか?ここまでトップウォーターに最適なロッドの選び方と、おすすめの人気トップウォーターロッドランキング15選を紹介してきました。この記事を参考にして、フィールドや用途に合わせてあなたにぴったりの1本を見つけてくださいね!

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年12月18日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【プロ監修】HDMIコンポジット変換器のおすすめ人気ランキング16選【RCA対応も】

【プロ監修】HDMIコンポジット変換器のおすすめ人気ランキング16選【RCA対応も】

パソコンサプライ品
【最強】メバリングロッドのおすすめ人気ランキング25選【万能メバルロッドも】

【最強】メバリングロッドのおすすめ人気ランキング25選【万能メバルロッドも】

釣具
バス釣り用ベイトロッドの人気おすすめランキング30選【ラインもご紹介】

バス釣り用ベイトロッドの人気おすすめランキング30選【ラインもご紹介】

釣具
バス釣り用スピニングロッドの人気おすすめランキング10選【シマノ・ダイワ】

バス釣り用スピニングロッドの人気おすすめランキング10選【シマノ・ダイワ】

釣具
【2023年最新版】海釣り用ルアーの人気おすすめランキング10選【よく釣れるルアーとは】

【2023年最新版】海釣り用ルアーの人気おすすめランキング10選【よく釣れるルアーとは】

釣具
【2023年最新版】ルアー回収機の人気おすすめランキング15選

【2023年最新版】ルアー回収機の人気おすすめランキング15選

釣具

アクセスランキング

サクラマスロッドのおすすめ人気ランキング15選【シマノ製の最高峰ロッドも紹介】のサムネイル画像

サクラマスロッドのおすすめ人気ランキング15選【シマノ製の最高峰ロッドも紹介】

釣具
【2023年最新】ヒラメロッドの人気おすすめランキング15選【サーフロッドも】のサムネイル画像

【2023年最新】ヒラメロッドの人気おすすめランキング15選【サーフロッドも】

釣具
釣り防寒着の人気おすすめランキング15選【有名アウトドアブランドや上下セットも紹介!】のサムネイル画像

釣り防寒着の人気おすすめランキング15選【有名アウトドアブランドや上下セットも紹介!】

釣具
シマノのリールの人気おすすめランキング25選【比較表でランクを紹介!】のサムネイル画像

シマノのリールの人気おすすめランキング25選【比較表でランクを紹介!】

釣具
初心者も!アジングラインの人気おすすめランキング10選のサムネイル画像

初心者も!アジングラインの人気おすすめランキング10選

釣具
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。