ミニ四駆の人気おすすめ車種ランキング20選【2020年最新版】

記事ID5950のサムネイル画像

マシンの種類やメーカーによって特性が異なり、パーツやモーター、ローラーなどでも走りが変わるミニ四駆。シャーシで選ぼうとしても種類が豊富で迷ってしまいます。今回はミニ四駆のおすすめをランキング形式で紹介していますので是非参考にしてみてください!記事の最後にはミニ四駆の大会についても併せて紹介しています。

カスタマイズが楽しいミニ四駆

ミニ四駆の始まりは、1968年に単二電池2本を乗せ後輪二輪駆動で走る半完成品自動車模型「クイックレーサー」が田宮模型から発売されたことでした。その後、1982年頃にアニメーターである、大塚康生さんが監修した頃から「ミニ四駆」という名前が使われ始めます。

 

モーター、ギア、タイヤ、シャフトなどのパーツを自分好みに組み立てることが出来るミニ四駆は、特に男の子の間で大ヒットとなり、「スタビライザーポール」などのパーツはユーザーが上手くミニ四駆を走らせるためのアイデアを出して生み出されたと言われています。

 

ミニ四駆を題材にした漫画がヒットしたり、大人になった男性がまた遊びだしたりとロングヒットとなっているミニ四駆。どんなシャーシを使っているか、見た目、どんな漫画に登場しているかなどを踏まえてランキングにしてみました。

ミニ四駆の人気おすすめランキング20選

20位

タミヤ(TAMIYA)

ラウディーブル

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級感あふれる車体

ラウディーブルのキットに、レース参戦に必要な様々なパーツをセットしたスターターパック仕様です。とりあえずこれだけ買えば、初心者の方は満足できるだけのセットとなっています。

 

アトミックチューン2モーターをはじめ、スーパーハードタイヤ、ブレーキセット、マスダンパースクエアショートなどを装備しており、ボディはスモーク、シャーシはブラックのABS製、ローラーなどのAパーツはグレイの低摩擦樹脂製です。

シャーシABS製シャーシブラック
登場漫画-

口コミを紹介

キット自体はタミヤさんらしく、非常に作りやすくてよかったです。また、このラウディーブルはアメ車のようなルックスで、とてもカッコいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

19位

タミヤ(TAMIYA)

ブラックセイバー

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可変ウイング装備

ブラックボディと可変式リヤウイングの装備で注目を集めたブラックセイバーが、スーパー2シャーシ採用のプレミアム仕様で登場。角度を変更できる可変ウイングを装備しているのが他のミニ四駆にはない最大の特徴と言えるでしょう。

 

「爆走兄弟レッツ&ゴー」では、原作では初期に現れ非道を繰り返した悪役、アニメ版では結構重要なキャラであった黒沢が使う黒いセイバー。のこぎり型ローラーや砂を巻き上げるパドルタイヤなどを装備し、劇中で初めてバトルレースを行いました。

シャーシスーパー2シャーシブラック
登場漫画爆走兄弟レッツ&ゴー!!

口コミを紹介

純正でローハイトタイヤと超速ギアが付属していて有難いです。
可動式のウイングも面白みあって★5です。

出典:https://www.amazon.co.jp

18位

タミヤ(TAMIYA)

バロンビエント

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クラシックな見た目

実車スタイルで人気のミニ四駆「バロンビエント」をベースとしたジャパンカップの特別限定バージョン。ボディは衝撃に強いブラックカラーのABS樹脂製で、歴代ジャパンカップモデルのレーシングテイストとは異なるクラシックでエレガントなマシンです。

 

フロントモーターレイアウトで、重心が車体のフロントよりにあるのでアップダウンが多いコースでも安定感のある走りが可能なFM-Aシャーシを採用。見た目も車好きが見てもかっこいい、眺めているだけでも楽しいミニ四駆です。

シャーシFM-Aシャーシライトグリーン
登場漫画-

口コミを紹介

デザインがかっこよくFM-Aなのでわくわくもんで作って2台ともレース用に使ってます❗1台は立体のストリートデビル仕様、もう1台はフラットのホットロッド仕様に使ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

17位

タミヤ(TAMIYA)

エアロサンダーショット

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サンダーショット伝統のスペシャルカラー

高性能な走りでレースも楽しい四輪駆動レーサーのプラスチックモデル組み立てキット。エアロ サンダーショット ブラックスペシャルは、サンダーショットブラックスペシャルの伝統を引き継ぐ、ブラック&レッドのカラーリングが精悍な特別モデルです。

 

ボディはメカニカルなABS樹脂製スモーク。アンダーパネルやディフューザー、ローラーなどのAパーツはブラックの低摩擦樹脂製。低摩擦樹脂製のスキッドバーでマシンの姿勢を制御してコースアウトを防止してくれるほか、4.2:1のスピードギヤもついています。

シャーシARシャーシブラック&レッド
登場漫画-

口コミを紹介

昔のサンダーショットを上手く受け継ぎ、エアロになって登場の今回のこのマシン。エアロアバンテ同様空力を意識したデザインで大径タイヤと相まって素敵!

出典:https://www.amazon.co.jp

16位

タミヤ(TAMIYA)

スーパードラゴンJr.

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

龍をイメージしたボディ

シャフトドライブ4WDメカを採用した高性能な走りに加えて、仲間とのレースも楽しめる四駆レーサーのプラスチックモデル。名前のように竜をイメージしたスリムなボディが魅力。見た感じ少し古めな雰囲気もありますが、それが懐かしさを誘います。

 

ダッシュ!四駆郎では、常にパンクメイク(ロックバンドKISSのようなメイク)でギターを持っているが、素の状態ではガリ勉的風貌の気弱で軟弱ないじめられっ子である「地味頁二」が持っていたことでも知られています。

シャーシタイプ1シャーシホワイト
登場漫画ダッシュ!四駆郎

口コミを紹介

つい、懐かしくて購入しました。レースなどで使う機会はないですがお気に入りです。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

タミヤ(TAMIYA)

サンダーブーメラン

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウイニング嵐で人気に

ワイドトレッド・ロングホイールベースのスーパーTZシャーシという少し古いタイプのシャーシですが、改造次第では最新のシャーシ並みに走るポテンシャルはあります。また、限定版の特典要素として13mmボールベアリングローラーが4個付属しています。

 

第二次ミニ四駆ブーム時に連載されていた、見栄でミニ四駆が強いと言ってしまったことから、ミニ四駆を始めることになる「ウイニング嵐」という漫画の主人公である「軸丸嵐」が使っていたミニ四駆としても知られています。

シャーシスーパーTZシャーシホワイト
登場漫画ウイニング嵐

口コミを紹介

アストロブーメランクリアブルーの後に組み上げたのですが、後継マシンなだけあってデザインがいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

タミヤ(TAMIYA)

ブラストアロー ブラックスペシャル

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初代MAミニ四駆

これまでのミニ四駆PROで採用していた、スピーディーなセッティング変更のための3分割「MSシャーシ」に対して、駆動効率をさらに追求するために一体構造のシャーシを採用した「MAシャーシ」が初めて採用されたミニ四駆です。

 

組み立てやすさも考慮されているので、ミニ四駆は気になるけど組み立てられるか不安だという人にもおすすめです。パーツを装着する拡張性も十分なので、もちろんミニ四駆をずっと遊んでいる人でも満足できるでしょう。

シャーシMAシャーシブラック
登場漫画-

口コミを紹介

一言、カッコイイ。今のミニ四駆、レベルが高すぎます。作って走らすのがもったいない。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

タミヤ(TAMIYA)

マックスブレイカー

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レッツ&ゴー!! MAXの主人公が使う

シャフトドライブ4WDを採用した高性能レーサーモデル。マックスブレイカーのシャーシは強度の高いセミモノコック構造を採用したスーパーX。モーターはボディを付けたままシャーシ裏からセットでき、バッテリーホルダーは4点クロスタイプ。

 

2種類のギヤ比を選んでスピードとパワーを調整可能。フロントタイヤがむき出しになった低くシャープなエアロボディも魅力的で、組み立ては接着剤を使わないはめ込み式のため、豊富なグレードアップパーツを組み込んで性能アップも可能となっています。

シャーシスーパーXシャーシホワイト
登場漫画爆走兄弟レッツ&ゴー!! MAX

口コミを紹介

マックスブレイカーZ2はアニメのレッツ&ゴーMAXの中で一文字豪樹のマシンでした。全体のかっこよさとキャラのおバカが気にいって購入しました。今でも動画サイトで見れるのでいつも見ていますがZ2のボディーデザインはいいね~(*^_^*)

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

タミヤ(TAMIYA)

ブラストソニック

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メタリック調がカッコいい

小学館コロコロアニキ第2号に掲載された「レッツ&ゴー!!Return Racers!!」に登場した星馬烈のマシン。チイコの烈への想いから更なるチューンナップが施され、烈自身が「明らかに進化している」と感じるほど性能が上がっていた。

 

歴代ソニックのカラーリングを引き継ぎ、いっそうシャープに仕上げられたノーズや左右のフェンダーが特徴です。優れた剛性とメンテナンス性を兼ね備え、かつ走行風を利用して内部の発熱を逃がすという空力設計を採用しています。

シャーシARシャーシパールホワイト
登場漫画爆走兄弟レッツ&ゴー!! Return Racers

口コミを紹介

サソリのようなシャープでスタイリッシュなデザインでお気に入りの一品になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

タミヤ(TAMIYA)

バーニング・サン

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲームにも登場

力強いスタイルで人気の高い、たくましい装甲車をイメージさせるボディをMSシャーシで再現。タイヤは初版をイメージしたピンスパイクでアレンジ。また、漫画に描かれていたバータイプのフロントバンパーもディスプレイ用として付属しています。

 

高性能な走りでレースも楽しい四輪駆動レーサーのプラスチックモデル組立てキットです。「レーサーミニ四駆 ジャパンカップ」というファミリーコンピュータ向けに発売されたゲームではイベントでのみ入手できる機種としても知られています。

シャーシMSシャーシグリーン
登場漫画ダッシュ!四駆郎

口コミを紹介

スリックタイヤのもあったが、初代の面影を色濃く残す、ピンスパイクタイヤ仕様をチョイスした!組み立てたら、エンペラーはこうあるべきと言う形が具現化され目の前に現れた!

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

タミヤ(TAMIYA)

ピッグGT

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブタとピンクボディ

クリヤーピンクのABS樹脂製ボディに塗装済みのブタドライバーが乗ったマシン。他のミニ四駆と比べてもとても目立つので、周りの目を引くこと間違いなし。マゼンタ (ピンク)のMAシャーシにはトルクチューン3モーターを搭載。

 

蛍光ピンクのAスポークホイールにホワイトのハード小径ローハイトタイヤをセット。専用デザインのメタリック調ステッカーがかわいらしさを演出します。しかもかわいらしいだけではなく、スピードもしっかりとでます。

シャーシMAシャーシクリアピンク
登場漫画-

口コミを紹介

巣組で走らせてみたら普通に速かった!
Aパーツを取り替えて走らせていた人のを見たら更に速く!!

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

タミヤ(TAMIYA)

ブロッケンギガント

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いかにも強そう

高性能フロントモーターシャーシのFM-Aを採用した、ブロッケンギガントのプレミアム仕様。FM-AシャーシはABS樹脂のメタリックグレー。Aパーツ (バッテリーホルダー)はレッド。ボディはABS樹脂製レッドでとても目立ちます。

 

イエローのホイールにブラックの小径ローハイトタイヤを装着。ステッカーはメタリック調。立ち上がりやストレートの加速時に威力を発揮する、ブロッケンギガントの見た目通りに他を圧倒する力強い走りが魅力です。

シャーシFM-Aシャーシレッド
登場漫画爆走兄弟レッツ&ゴー!!

口コミを紹介

第二次ブームのマシン達を新作として買える時代が来るなんて(T T)
爆走兄弟の続編でどんどん新作を出してもらいたいのでネガティヴにならず沢山の人に購入してもらい市場を盛り上げてほしいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

タミヤ(TAMIYA)

ディオスパーダ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

凶悪バトルマシン

ステッカーはメタリック調を採用しリニューアル。グレイのA部品、ローハイトタイヤや3.5:1の超速ギヤなどを標準装備。26mmローハイトタイヤ採用。シャーシはABS樹脂のメタリックグレイ。ギヤカバーは部品は低摩擦樹脂のライトグレイを採用。

 

マンガ「爆走兄弟レッツ&ゴー! ! 」のWGP(世界グランプリ)イタリア代表チーム「ロッソストラーダ」のリーダー「カルロ」が愛用するマシン・ディオスパーダにARシャーシを採用したプレミアム仕様。アニメ版では大神軍団以上の凶悪バトルマシンだった。

シャーシARシャーシレッド
登場漫画爆走兄弟レッツ&ゴー! !

口コミを紹介

見た目のかっこよさ・安定度・走りとも文句なしで飾っておいてもよし。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

タミヤ(TAMIYA)

シャイニングスコーピオン

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲームから現実へ

スーパー1シャーシの進化版である、ライトガンメタルのスーパー2シャーシを搭載。バッテリーホルダーやリヤステーはブルー。3.5:1の超速ギヤ、新形状の13mmローラー用スタビヘッドとEXサイドステー付き。

 

元々は、スーパーファミコンのゲームである「ミニ四駆シャイニングスコーピオン レッツ&ゴー!!」の主役マシンであり、そのゲームに付属しているマシンだったのですが、人気が高かったため、後に販売されるという経緯を持っています。

シャーシスーパー2シャーシホワイト
登場漫画爆走兄弟レッツ&ゴー!!

口コミを紹介

懐かしくてつい買ってしまいました‼️デザインは変わってなくて結構感動です(^_^)

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

タミヤ(TAMIYA)

ビークスティンガーG

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キマイラマシン

ARシャーシは、ABS樹脂メタリックグレイ。バッテリーホルダーなどのA部品は低摩擦樹脂のグレイ。ボディ色は、ABSシルバー。ステッカーは、メタリック調の新デザイン。ホイールは、5本スポークデザインのレッド。


タイヤは、ローハイトタイヤのブラック。ギヤ比は 3.5:1 を標準装備しているのでスピード勝負に向いています。漫画ではデスエンジェルズによって破壊された3台のすべての能力を併せ持った凶悪バトルマシンとして登場した。

シャーシARシャーシシルバー
登場漫画爆走兄弟レッツ&ゴー!! Return Racers

口コミを紹介

久しぶりすぎてつい購入。
小学生のときはできなかった大人のカスタマイズをして部屋に飾ろうかなぁ~
で、そのうち子供にあげます。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

タミヤ(TAMIYA)

レイスティンガー

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サソリがモチーフ

ステッカーは原作のイメージに近づけて新規にデザインされている。ABS樹脂製ダークブルーのスーパーIIシャーシ採用。ホイールは5本スポークデザインのホワイト。タイヤは26mmローハイトのブラック。ギヤ比は超速ギアの3.5:1を標準装備している。

 

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」で、敵役・大神博士の下にいるバトルレーサー土方レイが使用するマシン。ライバルマシンを前方に感知すると針を突き出してマシンを破壊・走行不能にしてしまうという恐ろしいマシンでした。

シャーシスーパーIIシャーシホワイト
登場漫画爆走兄弟レッツ&ゴー!!

口コミを紹介

子供のミニ四駆デビューです。私も子供も喜んでおります。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

タミヤ(TAMIYA)

ダッシュ1号・皇帝 (エンペラー)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

往年の人気マシン

エンペラーの名に恥じない高級感が漂います。MSシャーシは、ノーズ・テールユニットが赤、センターユニットが黒のABS樹脂製。ホワイトの6本スポークタイプのホイールに、スーパーハードタイプの大径ローハードタイヤを装着。

 

エンペラーと言えば、1980年代後半に、ミニ四駆ブームを後押ししたと言われている「ダッシュ!四駆郎」の主人公である「日ノ丸四駆郎」が使っていたマシンなので、当時のミニ四駆好きの人にとってはとても懐かしいマシンなのではないでしょうか。

シャーシMSシャーシシルバーカラーメッキ
登場漫画ダッシュ!四駆郎

口コミを紹介

四駆郎が好きだったので、息子に買い与えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

タミヤ(TAMIYA)

ホットショットJr.

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

RCカーの弟分

モーター両端のシャフトを伸ばしたダブルシャフトモーターを車体中央に搭載して高い駆動効率を実現。MSシャーシはノーズ、センター、テールの3パートで構成され、ワンタッチで脱着OKなのも魅力的。スピーディーで幅広いセッティング変更が楽しめます。

 

ホットショットJr.はタミヤ初の4WDレーシングバギーとして人気を集めたRCカーの弟分。ダッシュ!四駆郎では「ミニ四駆の神童」を名乗り、人気の高かった「戸田弾九郎」が使っていたマシンとしても知られています。

シャーシMSシャーシレッド
登場漫画ダッシュ!四駆郎

口コミを紹介

単3電池ふたつを入れると走りますが 思ってたよりすごいスピードです!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

タミヤ(TAMIYA)

ビクトリーマグナム

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

星馬豪の2代目マシン

ビクトリーマグナムはシャープなフォルムとトップスピード重視の小型リヤウイングが特徴で、シャフトドライブ四輪駆動を採用。独立した前後のフェンダーが空力効果を高め、特にフロントフェンダーの後部は取り外し可能です。


シャーシはレース装備満載のスーパー1。強度が高くワイドタイプの取り外し式サイドガードを採用。さらに豊富なグレードアップパーツで性能アップも可能。組み立ては接着剤を使わないはめ込み式、配線なしのモーターライズで手軽に完成可能。

シャーシスーパー1シャーシホワイト
登場漫画爆走兄弟レッツ&ゴー!!

口コミを紹介

ふと懐かしくなったので購入しました。
やはり小さいころに遊んだおもちゃは今買ってみると、そのころの思い出を振り返ったりすることができるのでいいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

タミヤ(TAMIYA)

アバンテJr.

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

歴代一位の売上

往年のボディに加え、ブルーメッキボディ、タイプ2シャーシ、オリジナルのアバンテJr.のステッカー、30周年記念デザインのステッカーもセット。ホワイトの大径ホイールにブラックの大径スリックタイヤを装着しています。

 

オリジナル版が発売されていたときは、子供たちの間で「アバンテが一番早い」と言われて、ミニ四駆史上最高の売上を上げました。現在の30代の方でしたら、ミニ四駆と言えばアバンテという人も多いのでは?

シャーシタイプ2シャーシブルー
登場漫画アバンテ兄弟

口コミを紹介

昔からミニ四駆が好きで当時タイプ2のシャーシはこのアバンテのみで圧倒的な速さを誇っていました。そのアバンテの復刻版が発売されると知り予約して楽しみに待っていました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ミニ四駆の選び方

ミニ四駆には様々な種類があります。それほどミニ四駆に詳しく無い人ですと、どのミニ四駆を買ったら良いのか迷ってしまうでしょう。そんな方に自分に合ったミニ四駆を選ぶコツを紹介していきます。

タイプで選ぶ

ミニ四駆にはオンロードタイプとオフロードタイプの2つがあるので、遊び方に合わせて選んでみてください。

大会に出場するなら「オンロードタイプ」

オンロードタイプは専用のコースを走らせて、スピードや性能を競いたい方におすすめです。オンロードタイプはレーシングカーのような形でシャーシの重心が低く、ギヤ比が高く設定されているためスタートからスピードが出ます。

 

ミニ四駆の大会に出場したいのであれば、オンロードタイプを選ぶのが必須です。ミニ四駆の大会では限られたオンロードタイプのシリーズしか参加できません。ミニ四駆の見た目は自由にカスタマイズすることができます。

荒れた路面でも走れる「オフロードタイプ」

オフロードタイプのミニ四駆は専用コース以外での走行に向いています。整備されていない地面や道路などの不整地路などでも自由に走行できるようにシャーシが高く、大きな作りになっています。ギヤ比もパワーが重視されています。見た目も強そうなものが多いです。

 

オフロードタイプはトルク比を自分でカスタマイズすることが可能なので、プラモデル感覚でミニ四駆を触りたい人におすすめです。オフロードタイプで遊びたい方は、ワイルドミニ四駆シリーズから選ぶといいでしょう。

性能に差が出る「シャーシ」で選ぶ

シャーシというのは、ミニ四駆の土台となるパーツのことで、シャーシの上に電池・モーター・ギヤ・シャフトなどを乗せてミニ四駆を走らせます。このシャーシによってカーブに強いとか、カスタマイズしやすいなど、さまざまな特徴があります。

駆動性抜群の「MSシャーシ」

優れた剛性と駆動性、安定性を実現するためにノーズ・センター・テールの3分割式になっているMSシャーシ。ワンタッチで脱着でき、スピーディーにセッティング変更ができます。ダブルシャフトモーターや重いパーツをシャーシ中央に配置したミドシップレイアウトが特徴です。

メンテナンス性が高い「ARシャーシ」

ARシャーシはリアモーターシャーシの中で最高強度の一体成型シャーシです。後部のボタンを押しながら引き上げるとディフューザーが外せ、モーターやギヤがチェックできます。アンダーパネルを前にずらせばモーターが取り外せます。唯一電池を下から交換できるシャーシです。

ブームの火付け役「スーパー1シャーシ」

フルカウルの一部に採用されているスーパー1シャーシ。地上高5mmと専用コースを安定して走れるように超低重心に作られ、タイヤがボディにすっぽりと覆われているため車体が浮きにくく、コースアウトしにくいです。

 

昔から人気の高いモデルで、現在でも主力として使用するユーザーは多いです。ミニ四駆ブームを呼んだ漫画、「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」の作中のミニ四駆が使用していたのがスーパー1シャーシで、第二次ミニ四駆ブームを牽引しました。

素早い動作に耐えられる「スーパーTZシャーシ」

スーパーTZシャーシは、電池の取り付け位置が低くなっているので重心が低く、急加速などの素早い切り替え動作でも安定した走行力を見せてくれます。自分で細かい操作をどんどんしていきたいという方におすすめです。

様々なカスタマイズが可能な「スーパーTZ‐Xシャーシ」

スーパーTZ‐XシャーシはスーパーTZシャーシの改良モデルで、基本的な安定性といった特徴は受け継ぎつつ、カスタマイズがしやすくなったモデルです。自分で様々なパーツを取り付けていきたいという方に特におすすめです。

スタート時の加速力が魅力の「スーパーFMシャーシ」

スーパーFMシャーシは他のシャーシと大きく異なり、電池の部分がシャーシのフロント部分についています。フロントタイヤを回して走行するのでスタート時の加速力に優れ、コーナーにも強いです。

低重心で安定性のある「スーパーXXシャーシ」

スーパーXXシャーシは、トレッドが他のシャーシに比べて広いのでアップダウンの激しい道やジャンプ後の安定性に優れています。どんな道でも安定して走行できるミニ四駆が欲しい方におすすめです。

スピードのロスが少ない「MAシャーシ」

MAシャーシは他のシャーシよりもタテヨコ両方の幅が広いので、スピードロスが少なく、安定した走りを見せてくれます。幅が広くても耐久性に優れているので、様々なレースで安定して長く使うことができます

直線に強い「タイプ2シャーシ」

タイプ2シャーシはオンロード競技用に開発された最初のシャーシです。ホイールベースが長いので、直線を走る際には非常に有利です。ストレートコースの多いレースで使いたい方におすすめです。

初心者はかっこよさ等「見た目」で選ぶのもよし

ミニ四駆が少し気になるけど、今まで特に車にも興味がなかったし、プラモデルも作ったことがない、という初心者の方は、見た目でミニ四駆を選んでみましょう。見た目が気に入ったミニ四駆なら大切に使いますし、そこから知識もついてきます。

 

ミニ四駆によくある色としては、ホワイトがベースでブルーのデザインというものが多いです。逆に目立ちたいのであればレッドやメッキのマシンを選んでみてください。形もゴツイ感じのする大き目のものから、スタイリッシュでかっこいいものまで多彩です。

漫画に登場したマシンから選ぶ

ミニ四駆のブームのきっかけとして、特に多いのが漫画やアニメが面白くて、そこからミニ四駆を好きになる人が増えるというパターンです。人気のマシンは漫画で活躍しているマシンが多いので、漫画で気に入ったマシンがあれば買ってみるのも良いでしょう。

第一次ブームの火付け役「ダッシュ!四駆郎」

ミニ四駆漫画の先駆けと言っていいのが、この「ダッシュ!四駆郎」です。「月刊コロコロコミック」の1987年12月号から連載され、1989年10月3日からは、テレビ東京系全国ネットでテレビアニメを放映開始された漫画で、第一次ミニ四駆ブームを巻き起こしました。

 

「ダッシュ!四駆郎」に登場したミニ四駆としては、主人公の四駆郎が使っていた「「ダッシュ1号・皇帝(エンペラー)」や父から託された「ブーメランJr.」、四駆郎の友達の「弾九郎」が使う「モンスタービートルjr.」などがあります。

第二次ブームを生んだ「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」

30代の方にとってのミニ四駆漫画が「ダッシュ!四駆郎」なら、20代の方になじみが深いのが「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」ではないでしょうか?「コロコロコミック」にて1994年7月号から1999年10月号まで連載され、1996年1月8日からはアニメ化もされています。

 

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」に登場したミニ四駆には、主人公の豪が使う「マグナムセイバー」、列が使う「ソニックセイバー」、一文字烈矢が使う「シャドウブレイカーZ-3」、一文字豪樹が使う「マックスブレイカーZ-2」などがあります。

「レアなシリーズ」から選ぶ

ピックアップトラックを模したトラッキンミニ四駆や、実車をモデルにしたラジ四駆などの変わったミニ四駆もおすすめです。ラジ四駆はラジオコントロールで遠隔操作できる上級者向けの珍しいシリーズです。

 

トラッキンミニ四駆はイレギュラーでシャーシを変えた限定品が販売され、こちらも手に入りづらくなっています。他にも数量や期間を限定して生産するプレミアモデルも貴重なものが多く、持っているだけでちょっとした自慢になります。

大会に出場できるかで選ぶ

ミニ四駆にはオンロードタイプと、オフロードタイプがあります。ミニ四駆の大会にはオンロードタイプのものが多いのですが、オフロードタイプのミニ四駆ではオンロードタイプの大会には出ることができないので注意が必要です。

 

また、大会によっては使用することができないパーツなどもありますので、ミニ四駆を飾ったり、友達と遊ぶだけの場合は良いですが、大会に出場する場合はそのあたりも調べてミニ四駆を選んでみてください。

走行性能で選ぶ

ミニ四駆に慣れてくると、もっと早いミニ四駆が欲しいと思う人は多いでしょう。そんなときにおすすめの走行性能が高いミニ四駆のシリーズをいくつか紹介します。

 

本来のミニ四駆らしい、実車に近いデザインを系統しながら性能を向上させた「ミニ四駆PRO」、軽量ホイールが標準装備されている「スーパーミニ四駆」、超速ギアが装備されているものが多い「エアロミニ四駆」などが走行性能が高いマシンです。

安定性を求めるなら「ミニ四駆PRO」

様々な走行性のミニ四駆がありますが、初心者はミニ四駆PROを選んでみると良いでしょう。ミニ四駆PROはダブルシャフトモーターを車体中央に配置し、パワーロスが少なく低重心化で安定性も向上しているため、扱い方に慣れていない初心者でも使いやすいです。

空気抵抗を軽減した「ミニ四駆REV」

ミニ四駆REVは、ミニ四駆30周年を記念して2012年に誕生したシリーズで、ボディだけでなくシャーシも空気抵抗を軽減し無駄のない走行設計になっています。エアロボディが搭載されているため、過去のミニ四駆に慣れている方は使いやすいでしょう。

安定した高速走行の「スーパーミニ四駆」・「エアロミニ四駆」

スーパーミニ四駆は、ダウンスラストがついたバンパーが装備されていたり、大径軽量ホイールが標準装備されています。そのため、安定した高速走行ができ大会での使用に向いています。大会での優勝マシンもこのタイプが多いです。

 

エアロミニ四駆は、小型タイヤと超速ギアが標準装備されています。リアウィングを備え、走行性や剛性、整備性に優れる新シャーシを導入しているためスピード性も向上しています。エアロダイナミクスを重視したデザインが特徴です。

コレクションなら「限定モデル」など希少性も重視しよう

ミニ四駆は大会などで実際に操作して楽しむだけでなく、コレクションとして集めて楽しむこともできます。コレクション目的で収集する際は、漫画とコラボした限定モデルなどの希少性もぜひチェックしましょう。

 

非売品のレアなシリーズのミニ四駆は持っているだけでも自分の宝物になるので、コレクター目線でミニ四駆を選んでみるのもいかがでしょうか?

ミニ四駆大会への出場方法

ミニ四駆はスピードなどを競う公式大会が開催されています。個人的にミニ四駆で遊ぶのも良いですが、自分のミニ四駆の性能がどれくらいか試してみたいという方は、ミニ四駆の競技大会に出場してみてはいかがですか?

開催クラスについて

・ジュニアクラス

対象年齢:小学4年生〜中学3年生

参加方法:大会当日に受付時間内に会場の受付で申し込み

参加費:無料 

 

・ファミリークラス

対象年齢:中学3年生まで

参加方法:大会当日に受付時間内に会場の受付で申し込み

参加費:無料

・オープンクラス 

対象年齢:高校生以上

参加方法:事前にアプリからの申し込み

参加費:500円

 

・トライアルクラス

対象年齢:高校生以上

参加方法:事前にアプリからの申し込み

参加費:500円

 

・チャンピオンズ

対象年齢:2019年チャンピオンズ認定者

参加方法:大会当日に受付時間内に会場の受付で申し込み

参加費:500円

レース規定について

・使用可能マシン:全てのミニ四駆用シャーシ(ワイルド・コミカル除く)

・使用可能ボディ:全てのミニ四駆用ボディ(ラジ四駆含む)

・使用可能モーター:ノーマル、レブチューン、レブチューン2、トルクチューン、トルクチューン2、アトミックチューン、アトミックチューン2、ハイパーミニ、ハイパーダッシュ2、ハイパーダッシュ3、パワーダッシュ、スプリントダッシュ、ライトダッシュ

・使用可能電池:タミヤの単3形電池

・その他:マシンは選手が自分で組み立てたものに限る。(ファミリークラスの場合、共同での組み立てが可能)

ミニ四駆の公認競技会の流れ

1.会場に着いたら受付

会場に着いたらエントリーシーると大会のスケジュールを受け取って、エントリー確認スタンプを手に押してもらいましょう。有料クラスに参加する場合は、エントリーシール受け取りの際に参加費の支払いを済ませてください。

 

2.エントリシールを貼る

エントリーシールをもらったら、スタッフに見える位置に貼ってください。また、シールの色とシールに記入された番号を確認しておきましょう。エントリーシールを紛失してしまうとレースに参加できなくなるので注意してください。

 

3.番号が呼ばれ次第、マシンを持って車検場に行く

エントリーシールに書かれた番号が呼ばれたら、マシンを持って車検場に行きましょう。マシンが規則を守っている場合は、マシンにゼッケンシールを貼ってもらえます。

4.車検が終わったらレース本番

車検に合格したら待機エリアへ移動し、ゼッケンシールの番号と同じ数字が書かれた位置で待機してください。自分の順番になったら、マシンのスイッチを入れ、スタートシグナルが赤から青になったらレースが開始します。

 

5.トップでゴールすると次の予選に進められる

1レースにつきコースを5周します。ここで1位になると、2次予選のエントリーシールが渡されるので、自分のエントリーシールの番号が呼ばれたら再び車検場で検査を受けてください。

 

6.2次予選突破で決勝戦進出

2次予選で1位になった場合、決勝参加券が渡されます。再度車検場で点検を受けたら、準々決勝、準決勝を行い、勝ち残りの選手が5名以下になったら優勝決定戦がスタートします。

ミニ四駆のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5154443の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 2
    アイテムID:5154433の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 3
    アイテムID:5154418の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 4
    アイテムID:5154412の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 5
    アイテムID:5154383の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 6
    アイテムID:5154369の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 7
    アイテムID:5154354の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 8
    アイテムID:5154342の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 9
    アイテムID:5154327の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 10
    アイテムID:5154264の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 11
    アイテムID:5154110の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 12
    アイテムID:5154073の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 13
    アイテムID:5154064の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 14
    アイテムID:5154022の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 15
    アイテムID:5153828の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 16
    アイテムID:5153808の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 17
    アイテムID:5153682の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 18
    アイテムID:5153636の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 19
    アイテムID:5153590の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 20
    アイテムID:5153525の画像

    タミヤ(TAMIYA)

  • 商品名
  • アバンテJr.
  • ビクトリーマグナム
  • ホットショットJr.
  • ダッシュ1号・皇帝 (エンペラー)
  • レイスティンガー
  • ビークスティンガーG
  • シャイニングスコーピオン
  • ディオスパーダ
  • ブロッケンギガント
  • ピッグGT
  • バーニング・サン
  • ブラストソニック
  • マックスブレイカー
  • ブラストアロー ブラックスペシャル
  • サンダーブーメラン
  • スーパードラゴンJr.
  • エアロサンダーショット
  • バロンビエント
  • ブラックセイバー
  • ラウディーブル
  • 特徴
  • 歴代一位の売上
  • 星馬豪の2代目マシン
  • RCカーの弟分
  • 往年の人気マシン
  • サソリがモチーフ
  • キマイラマシン
  • ゲームから現実へ
  • 凶悪バトルマシン
  • いかにも強そう
  • ブタとピンクボディ
  • ゲームにも登場
  • メタリック調がカッコいい
  • レッツ&ゴー!! MAXの主人公が使う
  • 初代MAミニ四駆
  • ウイニング嵐で人気に
  • 龍をイメージしたボディ
  • サンダーショット伝統のスペシャルカラー
  • クラシックな見た目
  • 可変ウイング装備
  • 高級感あふれる車体
  • 価格
  • 1200円(税込)
  • 555円(税込)
  • 635円(税込)
  • 880円(税込)
  • 770円(税込)
  • 710円(税込)
  • 775円(税込)
  • 699円(税込)
  • 835円(税込)
  • 917円(税込)
  • 720円(税込)
  • 219円(税込)
  • 575円(税込)
  • 2132円(税込)
  • 3099円(税込)
  • 5000円(税込)
  • 919円(税込)
  • 719円(税込)
  • 747円(税込)
  • 1420円(税込)
  • シャーシ
  • タイプ2シャーシ
  • スーパー1シャーシ
  • MSシャーシ
  • MSシャーシ
  • スーパーIIシャーシ
  • ARシャーシ
  • スーパー2シャーシ
  • ARシャーシ
  • FM-Aシャーシ
  • MAシャーシ
  • MSシャーシ
  • ARシャーシ
  • スーパーXシャーシ
  • MAシャーシ
  • スーパーTZシャーシ
  • タイプ1シャーシ
  • ARシャーシ
  • FM-Aシャーシ
  • スーパー2シャーシ
  • ABS製シャーシ
  • ブルー
  • ホワイト
  • レッド
  • シルバーカラーメッキ
  • ホワイト
  • シルバー
  • ホワイト
  • レッド
  • レッド
  • クリアピンク
  • グリーン
  • パールホワイト
  • ホワイト
  • ブラック
  • ホワイト
  • ホワイト
  • ブラック&レッド
  • ライトグリーン
  • ブラック
  • ブラック
  • 登場漫画
  • アバンテ兄弟
  • 爆走兄弟レッツ&ゴー!!
  • ダッシュ!四駆郎
  • ダッシュ!四駆郎
  • 爆走兄弟レッツ&ゴー!!
  • 爆走兄弟レッツ&ゴー!! Return Racers
  • 爆走兄弟レッツ&ゴー!!
  • 爆走兄弟レッツ&ゴー! !
  • 爆走兄弟レッツ&ゴー!!
  • -
  • ダッシュ!四駆郎
  • 爆走兄弟レッツ&ゴー!! Return Racers
  • 爆走兄弟レッツ&ゴー!! MAX
  • -
  • ウイニング嵐
  • ダッシュ!四駆郎
  • -
  • -
  • 爆走兄弟レッツ&ゴー!!
  • -

ミニ四駆の組み立てにはプラモデルニッパー

ミニ四駆の組み立てに欠かせないニッパー。プラモデルやミニ四駆の組み立て用のプラモデルニッパーがあると便利です。形や大きさが様々なので、自分にあったプラモデルニッパーを選びましょう。

まとめ

ミニ四駆の人気おすすめランキングをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。走らせるのはもちろん、飾っておいてもかっこいいミニ四駆。ランキングを参考に、お気に入りの1台を見つけてみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年07月05日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ