水鉄砲の飛距離は空気の圧力によってさまざまですが、7m以上であれば威力は十分です。引き金式よりも加圧式の水鉄砲のほうが飛距離は長く、販売されている水鉄砲の中には30m以上の飛距離を誇る水鉄砲もあります。