2.5mワンタッチタープの人気おすすめランキング14選【何人入れる?】

ワンタッチタープは2.0m・2.5m・3.0mなどのサイズ展開があり、中間サイズの2.5mはキャンプだけでなくスポーツ観戦やフリマでも活躍します。メッシュが付いているものもあり快適です。この記事ではおすすめのワンタッチタープを紹介します。

2.5mワンタッチタープは簡単設営!レジャーにぴったり

ワンタッチタープはサイズが2.0m・2.5m・3.0mの3種類が主流です。中央サイズの2.5mのものは汎用性が高く、キャンプだけでなく庭での日陰作りやフリーマーケットでのスペース作りにも活躍します。

 

ワンタッチタープは多くのブランドで展開されており、風に強い・設営が1人でできる簡単なものなど機能もさまざまです。しかし、「どのサイズがちょうどいいのかわからない」「本当に簡単に建てられるのか?」「設営方法が分からない」などの声もあります。

 

そこで、今回はワンタッチタープの選び方とおすすめのランキングを紹介していきます。ランキングは基本スペックの高さ・オプションの充実度・軽いものを目安に作成しています。設営方法も紹介するので購入を考えている方は参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

屋根柱8本の強化版!なのにアルミで軽量が魅力

FIELDOORのタープテントアルミ強化版は、改良前のアルミフレームタープよりも約2倍の強度があるタイプです。しかし素材はアルミなので軽く扱いやすいメリットがあります。また、全サイズが展開されているので選びやすいのもポイントです。

 

風対策にも対応できるよう、トップカバーにベンチレーションが設置されています。サイドシートやその他のオプションも充実しており、別売りのバグガードスクリーンに付け替えるのも可能です。

サイズ 2.5m×2.5m・2.0m×2.0m・3.0m×3.0m・3.0m×2.0m 重さ 2.5m:約9kg 2.0m:約8.5kg 3.0m:約10.5kg 3.0×2.0:約11kg
基本スペック 耐水圧2,000mm以上・UVカット・遮熱・ベンチレーション オプション 専用サイドシート・バグガードスクリーン(別売り)・サイドフレーム強化サポート(別売り)・専用グランドシート(別売り)・ウエイトバッグ&ウォータータンク(別売り)

2.5m×2.5mのタープは何人用?

タープの大きさは使用人数から選びます。目安の使用人数より小さいものを選ぶと狭く不便になるのであらかじめ確認しておきましょう。荷物を多く持ち込みタープ内に入れる場合は使用人数より大きめのタープを選ぶのがおすすめです。

 

タープのサイズ 目安の使用人数
2m×2m 3~4人
2.5m×2.5m 4~5人
3m×3m 5~6人

 

あくまでも目安なので、実際に使用するシチュエーションも大切です。使用するチェアやテーブルのサイズも確認してからサイズを決めましょう。事前のシミュレーションで最適なサイズを選ぶのがおすすめです。

ワンタッチタープの選び方

ワンタッチタープはサイズだけでなく、持ち運ぶときに便利な重さや、UVカットできるスペックにも注目して選びましょう。

タープの「重量」をチェック

ワンタッチタープの場合、しっかりタープを支えるために耐久性に優れたスチールを使用しているものが多いです。するとどうしても重さが重くなり、持ち運びに苦労する場合があります。2m×2mの小型でも8kgはあるので確認しておきましょう。

 

しかし、荷物が多くなりがちなキャンプなどで使用する場合は、できるだけ軽い方が便利です。フレームにアルミ合金などを使用しているワンタッチタープは軽量化されているのでチェックしてみましょう。

 

以下の記事では、1人で組み立てられるワンタッチタープ15選を紹介しています。ぜひご覧ください。

タープの「基本スペック」を確認

ワンタッチタープは基本的に雨や日差しをよける目的で設置するので、UVカット・日射カットの他に遮熱など夏の暑さを和らげるなどの基本スペックを重視します。雨よけの場合は撥水加工や防水加工・耐水圧が1,500mm以上のものを選びましょう。

 

中にはフライシートの生地が薄く雨漏りしてしまうものや、タープの下でも熱さを感じてしまうものもあります。キャンプで快適に活動するためにも基本的なスペックはしっかり確認しておきましょう。

タープの「オプション」もチェック

ワンタッチタープの中にはさまざまなオプションが付いているものもあるのでチェックしておきましょう。特に便利なオプションはメッシュパネルで、夏場の使用に適していて、風通しがいいのに虫の侵入を防いでくれるのでおすすめです。

 

雨風を防ぎたい場合はサイドパネルがあるものがおすすめです。四方を囲むと快適なリビングスペースが作れ、横風からの雨の吹き込みも防げます。ただ、四方を囲んでしまうと蒸れるので、通気性の高いフライシートのものを選びましょう。

メーカーから選ぶ

ワンタッチタープで特に有名なのはfieldoorです。他のアウトドアメーカーでも多く展開されているので各メーカーの特徴を紹介していきます。

軽くて性能重視なら「fieldoor」がおすすめ

fieldoorのタープテントは、アルミフレームを使用しているので軽量なのが特徴です。持ち運びが簡単なだけでなく、スチールのように錆に強く耐久性も考えられています。屋根にベンチレーションが付いているものもあり、通気性に優れているのもポイントです。

 

さらに、UVカット率98%以上とかなり高いものもあり、日よけ効果も抜群です。耐水性も高いので雨にも強く、日よけや雨よけのタープテントとして使用できます。性能重視・軽いものが欲しい方はチェックしてみましょう。

軽く設営が簡単なものなら「コールマン」がおすすめ

コールマンはアメリカのアウトドア専門メーカーで、キャンパーに人気のメーカーです。ワンタッチタープの性能は申し分なく、キャンプだけでなくバーベキューなどでも活躍します。軽くて設営の簡単なタープが多いので、設営が面倒と感じる方におすすめです

 

以下の記事では、コールマン製タープの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

広々使えコスパ重視なら「ロゴス」がおすすめ

ロゴスは大阪に本社がある国内メーカーで、キャンプ用品だけでなく釣り用品・スポーツ用品やアパレルなど展開のある総合アウトドアメーカーです。ロゴスのタープはユニークな形のものが多く、キャンパーにも人気のデザインが揃っています。

 

特に独特のデザインから生まれた居住性がいいタープは、広々と使えるのが特徴です。広げるだけで設置できるなど使い勝手がいいものもあり人気があります。さらに、価格はそれほど高くなくコスパがいいのも特徴です。

ワンタッチタープテント人気おすすめランキング14選

フレーム一体型で開くだけの簡単組み立てシェード!

コールマンのインスタントバイザーシェードは、フレームと一体となったシェードで開くだけで組み立てが完了します。ナチュラルカラーのオリーブで自然に溶け込むカラーも人気の秘密です。

 

収納サイズが約90cmと比較的コンパクトなのも魅力で、車に積むときにかさばりません。開くとひさし型をしているので風に強く、雨や日差しが入りにくいのも特徴です。

サイズ 2.7m×2.7m 重さ 約12kg
基本スペック 耐水圧約800mm オプション -

口コミを紹介

まだキャンプ場では使っていませんが、大人1人でも何とか立ち上げまでできます。2人いれば5分もあれば設営できると思います。基本オートキャンプなので重さも気にならないので、色、設営の楽さ全て満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプだけでなく町内会やフリマなどでも活躍!

キャプテンスタッグのクイックシェードは、十分な広さと設営のしやすさが特徴です。使いやすいのでアウトドアだけでなく町内会やフリーマーケットでのリビングスペース確保にも使えます

 

フライシートの天頂部にはベンチレートが付いており、タープ下の風をコントロールできます。アルミニウムを使用しているため軽量で、錆止めのパウダーコーティング塗装を施してあるのも嬉しいポイントです。

サイズ 2.5m×2.5m 重さ 13kg
基本スペック 耐水圧1,000mm・シームレス加工・UVカット99%のシルバーコーティング オプション 収納袋

口コミを紹介

ウッドデッキの屋根として使っていますが、日射や雨が防げるので重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

簡単90秒設営!イベントからキャンプまで幅広く活躍

クイックキャンプのスクリーンタープは、ひもを引っ張り、脚を伸ばすだけで簡単に設営できるワンタッチタープです。片手で下のハブを持ち上げ、もう片方の手でひもを引けばいいので1人で設営ができます。

 

フルクローズ・フルメッシュ・前後オープンでサイドメッシュになどウインドウ仕様のバリエーションが豊富なのが特徴です。キャノピーポールを追加すれば前を跳ね上げても使えます。

サイズ 3.0m×3.0m 重さ 10.6kg
基本スペック 耐水圧1,000mm・UVカット・ オプション フルクローズ・フルメッシュ可能

口コミを紹介

この大きさで、テントの設営が超らくちんです。もう5回ほど使っていますが、今のところ、製品にガタもきていません。夏に汗かいて立てるの大変なので、これで、メッチャ助かっています

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

クイックキャンプ

ワンタッチタープ 2.5m フラップ付き

1人で60秒の簡単設営!基本スペックも十分

クイックキャンプのワンタッチタープは、軽量で1人で60秒と簡単に設営ができるので気軽に使用できます。キャンプだけでなく、運動会や日陰が必要な庭での作業に使用するのも便利です。

 

UVカットなど基本スペックも十分で、日差しの向きに合わせて付け替えが可能なフルフラップも付いていて便利です。耐水圧が1,000mmで、縫い目からの雨漏りを防ぐシームテープ加工も付いているので突然の雨にも対応できます。

サイズ 25.5m×25.5m 重さ 約5.6kg
基本スペック 耐水圧1,000mm・シームテープ加工・UVカット オプション フルフラップ1枚
10位

キャプテンスタッグ

クイックシェード 250UV-S(コンパクト)スクリーンプラス

1mmメッシュを全面装備!嫌な虫の侵入を防ぐ!

キャプテンスタッグのクイックシェードスクリーンプラスは、1mmメッシュが全面に装備されているのが特徴です。真夏の夜のキャンプで虫の侵入を防ぎながらも風通しのいい快適なキャンプができます

 

メッシュ部分は巻き上げるのも可能なので開放的な空間でも使用でき、UVカット加工のフライなので基本スペックも十分です。ガイドロープを掛けられるDリングやシームレス加工など細部にもこだわっています

サイズ 2.5m×2.5m 重さ 17kg
基本スペック 耐水圧1,000mm・シームレス加工・UVカット オプション 1mmメッシュ・Dリング

口コミを紹介

キャンプ用に購入しました。設営と撤収が簡単で、快適なキャンプが過ごせます。夜間は虫の侵入が少ないメッシュスクリーン付きでとても便利です。オプションのサイドスクリーンを付けると更に便利に使えます。ただし大雨では雨漏りが酷いので注意が必要です。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ抜群!虫の侵入を防ぐスクリーン付き

ノースイーグルのスクリーンキャノピーは、虫の侵入を防ぐスクリーンが全方向に付いているワンタッチタープです。価格は安いですが、UVカット・シームレス加工など最低限のスペックが付いていてコスパが良く、気軽に使えます

サイズ 2.5m×2.5m 重さ 10.8kg
基本スペック 耐水圧1,000mm・UVカット・シームレス加工 オプション 全方向メッシュスクリーン

口コミを紹介

設営は大人2名いれば比較的簡単に完成します。スクリーンも簡単に上げ下ろしが可能で使用感は快適です。ただ、テントの収納袋がジャストサイズ?の為きれいに畳まないと袋に入りません。もう少し大きめのサイズにしてくれるとよかったですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

組み立て2分のQセットタープ!ロゴスのコスパ良好タープ

ロゴスのQセットエアベントタープは、ネジや金具が一切なく2分で組み立てが完了するほど簡単なワンタッチタープです。突風にも強いVENT TOP SYSTEMを採用しているので、風によるタープの浮き上がりを防ぎます。

 

脚の伸縮に操作しやすいロックボタンを採用しているので、押しやすくスムーズなのも特徴です。さらに、着脱式のランタンフックが付いており、タープの中央にランタンも取り付けられます

サイズ 2.5m×2.5m・2.0m×2.0m・3.0m×3.0m 重さ 2.5m:9.6kg 2.0m:8.7kg 3.0m:9.6kg
基本スペック 耐水圧:1,000mm・UVカット オプション 着脱式ランタンフック

口コミを紹介

お互いの祖父母も来ることになっていた為、大きめを探していてこちらを購入しました。1人で組み立てる事も出来ます。重量がある為持ち運びは大変かもしれません。

出典:https://www.amazon.co.jp

フルクローズタイプで日差し・冷気を遮断!

ノースイーグルのフルクローズキャノピー250は、ワンタッチタープでもフルクローズになるタイプです。メッシュもサイドシートも4面に付いているので夏には虫の侵入を防ぎ、冬は冷気を防げます。

サイズ 2.5m×2.5m 重さ 14.6kg
基本スペック 耐水圧1,000mm・シームレス加工・UVカット・収納ケース付き オプション サイドシート・メッシュスクリーン

スチールフレームの強化版!安定性抜群のワンタッチタープ

FIELDOORのスチールワンタッチタープは、アルミフレームより丈夫なのが特徴です。その分重さはありますが、強度が高く安定性があるのでコンディションの悪い場所でも安心して建てられます。

 

風抜けのベンチレーションが付いているので、風を逃しやすく倒れる自己にも効果的です。さらに高撥水・優れたUVカットの効果もあり基本のスペックは十分あります。拡張性もあるので多くのオプションを考えている方におすすめです。

サイズ 2.5m×2.5m 重さ 約12kg
基本スペック 耐水圧2,000mm以上・シーム加工・UVカット オプション サイドシート2枚

口コミを紹介

グループキャンプで使用する為に購入。
グループ仲間が同じ物を使用していて連結出来て安くて最高です。生地は薄いかも?耐久性は問題なさそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1人でも設営できる!日光を90%ブロック

コールマンのパーティーシェードライトは、ドーム型のワンタッチタープで、ベンチレーションも付いており、風に強いのが特徴です。天井が広いので室内空間をアップさせてくれます。

 

ダークルーム生地を使用しており日光を90%ブロックしてくれるので熱中症対策としても使えます。自立する開放感あふれるテントの位置づけで、コールマンのテントの前室としてもぴったりです。

サイズ 3.0m×3.0m 重さ 約12kg
基本スペック 耐水圧3,000mm・日光カット・UVカット99%以上・ オプション サイドウォール1枚

口コミを紹介

大きさも耐久性も、組み立てのシンプルさもとてもいいです。
少なくとも大人が2人は必要と思いますが、そこさえ押さえれば簡単に組み立てられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

黒色タープで日差しを強力にブロック!

ロゴスのQセットBlackタープは、珍しい黒色でスタイリッシュなだけでなく、遮光率100%・UVカット率99%以上の日差しを強力にブロックしてくれるワンタッチタープです。

 

屋根生地の表側は黒色に、裏側は特殊なPU加工してあるので日差しだけでなく紫外線もしっかりカットしてくれます。約2分で設営が可能で、簡単なので女性でも十分組み立てられる簡単さも特徴です。

サイズ 2.2m×2.2m・2.7m×2.7m 重さ 2.2m:約8.4kg 2.7m:約9.6kg
基本スペック 耐水圧1,000mm・遮光100%・UVカット99%以上・ オプション 着脱式ランタンフック・サイドウォール(別売り)

口コミを紹介

バーベキュー用に購入しました。大きさを迷いましたが、4人で使用すると荷物も置くスペースも有り丁度良かったです。ブラックとレッドがカッコいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

切妻構造で雨の日の出入りが楽!日差しと熱を強力ブロック

ロゴスのソーラーブロック切妻Qセットタープは、珍しい切妻構造で雨天時の出入りが簡単な構造が特徴です。ソーラーブロックの効果が最も高く、遮光・遮熱・UVカットを実現した夏の使用に適しています

 

特に遮熱効果が非常に高く日向との温度差は、-15度を実現しています。切妻型で天井中央にフレームを装備しているので、雨が天井に溜まらずスムーズに流れ、出入りの時に濡れにくくイベントなどでの使用もおすすめです。

サイズ 2.7m×2.7m 重さ 13.4kg
基本スペック 耐水圧1,000mm・遮光・遮熱・UVカット オプション サイドウォール(別売)

口コミを紹介

組み立ても簡単で、使いやすい!
日差しの強い日も快適に過ごせます。
ただ、生地が白いから汚れが目立ちます。
使った後は濡れタオルで吹いてあげると綺麗になります。

出典:https://www.amazon.co.jp

強力に遮光・遮熱!強力な日差しも遮るソーラーブロック加工

ロゴスのソーラーブロックQセットタープは、生地の表に日光と紫外線を反射させる白色を採用し、内側には熱と日差しを吸収するソーラーブロック下降を施しているので、真夏の強力な日差しや熱を防いでくれます。

 

UVカット率は99.99%、遮光率は100%、日向と日陰の温度差は15度と中に入ると涼しいのが特徴です。さらに、着脱できるランタンフックも付いているので、日中だけでなく夜も問題なく使用できます。日差しが気になる方におすすめです。

サイズ 2.2m×2.2m 2.7m×2.7m 重さ 2.2m:約9.5kg 2.7m:10.6kg
基本スペック 耐水圧1,000mm・遮光・遮熱・UVカット オプション 着脱式ランタンフック・サイドウォール(別売)

屋根柱8本の強化版!なのにアルミで軽量が魅力

FIELDOORのタープテントアルミ強化版は、改良前のアルミフレームタープよりも約2倍の強度があるタイプです。しかし素材はアルミなので軽く扱いやすいメリットがあります。また、全サイズが展開されているので選びやすいのもポイントです。

 

風対策にも対応できるよう、トップカバーにベンチレーションが設置されています。サイドシートやその他のオプションも充実しており、別売りのバグガードスクリーンに付け替えるのも可能です。

サイズ 2.5m×2.5m・2.0m×2.0m・3.0m×3.0m・3.0m×2.0m 重さ 2.5m:約9kg 2.0m:約8.5kg 3.0m:約10.5kg 3.0×2.0:約11kg
基本スペック 耐水圧2,000mm以上・UVカット・遮熱・ベンチレーション オプション 専用サイドシート・バグガードスクリーン(別売り)・サイドフレーム強化サポート(別売り)・専用グランドシート(別売り)・ウエイトバッグ&ウォータータンク(別売り)

ワンタッチタープテントおすすめ比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 サイズ 重さ 基本スペック オプション
アイテムID:11747816の画像

楽天

Amazon

ヤフー

屋根柱8本の強化版!なのにアルミで軽量が魅力

2.5m×2.5m・2.0m×2.0m・3.0m×3.0m・3.0m×2.0m

2.5m:約9kg 2.0m:約8.5kg 3.0m:約10.5kg 3.0×2.0:約11kg

耐水圧2,000mm以上・UVカット・遮熱・ベンチレーション

専用サイドシート・バグガードスクリーン(別売り)・サイドフレーム強化サポート(別売り)・専用グランドシート(別売り)・ウエイトバッグ&ウォータータンク(別売り)

アイテムID:11730048の画像

楽天

Amazon

ヤフー

強力に遮光・遮熱!強力な日差しも遮るソーラーブロック加工

2.2m×2.2m 2.7m×2.7m

2.2m:約9.5kg 2.7m:10.6kg

耐水圧1,000mm・遮光・遮熱・UVカット

着脱式ランタンフック・サイドウォール(別売)

アイテムID:11730047の画像

楽天

Amazon

ヤフー

切妻構造で雨の日の出入りが楽!日差しと熱を強力ブロック

2.7m×2.7m

13.4kg

耐水圧1,000mm・遮光・遮熱・UVカット

サイドウォール(別売)

アイテムID:11729318の画像

楽天

Amazon

ヤフー

黒色タープで日差しを強力にブロック!

2.2m×2.2m・2.7m×2.7m

2.2m:約8.4kg 2.7m:約9.6kg

耐水圧1,000mm・遮光100%・UVカット99%以上・

着脱式ランタンフック・サイドウォール(別売り)

アイテムID:11728982の画像

楽天

Amazon

ヤフー

1人でも設営できる!日光を90%ブロック

3.0m×3.0m

約12kg

耐水圧3,000mm・日光カット・UVカット99%以上・

サイドウォール1枚

アイテムID:11728413の画像

楽天

Amazon

ヤフー

スチールフレームの強化版!安定性抜群のワンタッチタープ

2.5m×2.5m

約12kg

耐水圧2,000mm以上・シーム加工・UVカット

サイドシート2枚

アイテムID:11730214の画像

楽天

Amazon

ヤフー

フルクローズタイプで日差し・冷気を遮断!

2.5m×2.5m

14.6kg

耐水圧1,000mm・シームレス加工・UVカット・収納ケース付き

サイドシート・メッシュスクリーン

アイテムID:11729312の画像

楽天

Amazon

ヤフー

組み立て2分のQセットタープ!ロゴスのコスパ良好タープ

2.5m×2.5m・2.0m×2.0m・3.0m×3.0m

2.5m:9.6kg 2.0m:8.7kg 3.0m:9.6kg

耐水圧:1,000mm・UVカット

着脱式ランタンフック

アイテムID:11730213の画像

楽天

Amazon

ヤフー

コスパ抜群!虫の侵入を防ぐスクリーン付き

2.5m×2.5m

10.8kg

耐水圧1,000mm・UVカット・シームレス加工

全方向メッシュスクリーン

アイテムID:11730054の画像

楽天

Amazon

ヤフー

1mmメッシュを全面装備!嫌な虫の侵入を防ぐ!

2.5m×2.5m

17kg

耐水圧1,000mm・シームレス加工・UVカット

1mmメッシュ・Dリング

アイテムID:11748071の画像

ヤフー

1人で60秒の簡単設営!基本スペックも十分

25.5m×25.5m

約5.6kg

耐水圧1,000mm・シームテープ加工・UVカット

フルフラップ1枚

アイテムID:11748013の画像

Amazon

ヤフー

簡単90秒設営!イベントからキャンプまで幅広く活躍

3.0m×3.0m

10.6kg

耐水圧1,000mm・UVカット・

フルクローズ・フルメッシュ可能

アイテムID:11728433の画像

Amazon

ヤフー

キャンプだけでなく町内会やフリマなどでも活躍!

2.5m×2.5m

13kg

耐水圧1,000mm・シームレス加工・UVカット99%のシルバーコーティング

収納袋

アイテムID:11728419の画像

楽天

Amazon

ヤフー

フレーム一体型で開くだけの簡単組み立てシェード!

2.7m×2.7m

約12kg

耐水圧約800mm

-

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

ワンタッチタープの設営方法を紹介!

ワンタッチタープの設営手順や、設営するときの注意点を紹介します。設営にかかる手間や時間は大幅に削減できますが、安全に気をつけて設営しましょう。

ワンタッチタープの設営手順・方法を紹介

簡単に張れるワンタッチタープの設営手順を紹介していきます。基本的に2人以上で設営するように注意書きがされている場合が多いです。1人でも簡単に設営できますが自己責任で行いましょう。

 

  1. タープを設置する場所が決まったら、4つの脚の1つをペグで固定します。
  2. 他の3方向に脚を広げ、テントを展開します。
  3. タープ生地をフレームに被せ、固定できる場合は固定します。
  4. ある程度まで広げたら、タープの中に入り下から骨を押し上げます。
  5. 4隅のフレームをカチッと音がするまで押し上げて、固定します。
  6. タープの脚を1本ずつ伸ばしていきます。
  7. 張り綱を4隅から張って、急な突風などに備えましょう。
  8. サイドウォールなどがある場合は取り付ける。

ワンタッチタープを設営するときの注意点・ポイント

ワンタッチタープは初心者でも簡単に設営ができるメリットがありますが、風に弱いのがデメリットです。支柱の脚4本の固定と、フライシートが飛ばないよう張り縄をペグダウンします。

 

もし、舗装された地面や石が転がる河原でペグダウンできない場合は、専用のウェイトを使って倒れないように工夫しましょう。ペグダウンの必要がない商品も多くありますが、予期せぬ突風などもあるのでできるだけペグダウンするのがおすすめです。

お試しならレンタルもおすすめ

キャンプは年に1度程度だったり、運動会で年1回使用するくらいであればレンタルがおすすめです。ワンタッチタープは頑丈なフレームがあるので、収納サイズがどうしても大きくなってしまいます。収納スペースに困っている場合にもおすすめです。

 

さらに、どのワンタッチタープがいいか分からない・購入を迷っている方はレンタルでお試しをしてみるのもいいです。今回は2.5m×2.5mのサイズを紹介しましたが、家族の人数にこのサイズが合うのかどうか確認するのにも使えます。

まとめ

2.5mサイズのワンタッチタープは、サイズとしては中間タイプなので家族で使用する場合でも、荷物が多い場合でも広々使えます。簡単に設営できるワンタッチタープテントで、楽しいキャンプの時間を有意義に快適にしましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年01月25日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

アクセスランキング

2.5mワンタッチタープの人気おすすめランキング14選【何人入れる?】のサムネイル画像

2.5mワンタッチタープの人気おすすめランキング14選【何人入れる?】

アウトドア
雨用タープの人気おすすめランキング11選【焚き火対応も】のサムネイル画像

雨用タープの人気おすすめランキング11選【焚き火対応も】

アウトドア
洗える寝袋人気おすすめランキング15選【コンパクトに収納できる】のサムネイル画像

洗える寝袋人気おすすめランキング15選【コンパクトに収納できる】

アウトドア
前室付きテントの人気おすすめランキング15選【広めのものも】のサムネイル画像

前室付きテントの人気おすすめランキング15選【広めのものも】

アウトドア
バーベキュー用炭のおすすめ人気ランキング10選【煙が出ない・少ない炭も】のサムネイル画像

バーベキュー用炭のおすすめ人気ランキング10選【煙が出ない・少ない炭も】

アウトドア
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。