美術館用単眼鏡のおすすめ人気ランキング10選【ニコンやケンコーも】

美術館や博物館で、もっと近くで見たいと思ったことはないでしょうか。そんな時は単眼鏡を使えば4倍や6倍の倍率で筆の跡や刀剣の刃紋もはっきり見ることができます。双眼鏡より軽量コンパクトで気軽に持ち運べるのもメリットです。そんな美術鑑賞にぴったりな単眼鏡の選び方と人気おすすめランキングをご紹介します。

美術館には単眼鏡を持って出かけよう

美術館や博物館に行った際、もっと近くで鑑賞したいと思ったことはないでしょうか。でも柵やガラスに阻まれてなかなか近づけませんよね。また、人気の美術展ではお目当ての作品の前に人だかりができている、ということもよくあります。

 

実は、小さな望遠鏡のような単眼鏡さえあれば、絵画の筆の跡や刀剣の刃紋などをはっきり見られるんです。双眼鏡よりコンパクトで計量なので気軽に持ち運べます。単眼鏡には商品によって4倍・6倍などの倍率や重さなどさまざまな特徴があるので迷う方もいるでしょう。

 

そこで今回は美術鑑賞にぴったりな単眼鏡の選び方と人気おすすめランキングをご紹介します。ランキングは倍率・最短焦点距離・サイズ・重さをもとに作成しました。ぜひ参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

メガネのまま使える!軽量小型で美術鑑賞にぴったり

小さくてスマートなフォルムが特徴の単眼鏡です。20㎝の距離に近づいてもピントが合うのでガラスケースの中の展示物も拡大してみられます。メガネをかけたままでも使いやすいハイアイポイント設計です。

 

対物・接眼両方のレンズにコーティングを施し、光の損失を防ぎます。ポケットにも収まる軽量小型なので持ち運びに最適です。収納ケースと首から下げられるストラップも付属しています。

倍率 4倍 最短焦点距離 20㎝
明るさ 9 アイレリーフ 15㎜
サイズ 58×31×33mm 重さ 49g

美術館用単眼鏡の選び方

機種やメーカーがいくつかあって迷ってしまう方のために、選び方のポイントをご紹介します。ぜひお気に入りを見つけてください。

美術鑑賞には倍率「4倍か6倍」の単眼鏡を選ぶ

単眼鏡を選ぶ第一の基準である倍率は、肉眼で見た場合の大きさと単眼鏡で見た場合の大きさの比のことです。例えば4倍の単眼鏡で4m先の物を見ると、1mまで近づいて肉眼で見るのと同じ大きさに見える、ということになります。

 

倍率が大きければ大きいほど良いというものではなく、倍率が大きくなるとその分視界が狭く暗くなるうえ手ブレもしやすくなるのがデメリットです。見やすさ、対象物との距離などを考慮すると美術館で作品を見るには4倍か6倍の単眼鏡が良いとされています。

 

初めて単眼鏡を使う方には扱いやすい4倍、肉眼では見えにくい細部まで見たい方には6倍といったように自分に合った倍率のものを選びましょう。

できるだけ短い「最短焦点距離」で選ぶ

最短焦点距離とはピントを合わせることのできる最も近い距離のことです。例えばガラスケースの中の作品などでは60cmくらいの距離で見ることになります。もっと近くで見られる場合もあるでしょう。その距離で使ってもピントが合わせられるかどうかが重要です。

 

このため、美術館や博物館で使う単眼鏡の最短焦点距離は30㎝以下などできるだけ短いものを選ぶのがおすすめです。

照明や環境によって単眼鏡の「明るさ」もチェック

美術館や博物館によっては照明を抑えて室内が暗い場合があるので、明るさも単眼鏡を選ぶ大切なポイントです。単眼鏡をのぞいたときの明るさを数値で表したものが光明度(明るさ)で、薄暗い中でも見やすいのは9以上とされています。

メガネをかけたまま使うには「アイレリーフ」の長さで選ぶ

接眼レンズからどれだけ目を離しても視野全体を見ることができるか、という数値がアイレリーフです。この数値が長いとメガネをかけたままでも使いやすい単眼鏡ということになります。15mm以上のハイアイポイント設計がメガネをかけている方におすすめです。

使いやすさで選ぶ

操作性や携帯のしやすさも単眼鏡を選ぶポイントです。何を重視して選ぶか、単眼鏡を使うシチュエーションを想像して選びましょう。

「ピント」の合わせやすいものがおすすめ

混んでいる美術展などで、手早く単眼鏡を使いたい方にはピントの調整のしやすいものがおすすめです。片手で操作しやすいもの、ピントが合わせやすいものを選べば、手間取らずに作品鑑賞ができます。

「重さ・サイズ」を重視して持ち運びやすいものがおすすめ

単眼鏡の特徴は小さくて持ち運びやすい点にありますが、機能が多くて高性能なものほど大きく重くなります。性能を求めすぎて持ち歩きがおっくうになってしまっては本末転倒です。自分に最適な性能と大きさ・重さのバランスを考えて選びましょう。

 

よく美術館に出かける方なら、いつも鞄やポケットに入れておけるサイズを選ぶのがおすすめです。また、手にもって疲れない重さであることも考慮しましょう。

手ブレが気になるなら「防振」機能がついているものがおすすめ

単眼鏡を使う際の手ブレが気になる方は防振機能がついているものがおすすめです。高機能な分、高額ではありますが、安定した視界で見たい方には向いています。特に高倍率の単眼鏡を使いたい方は防振機能もついているものを選びましょう。

メーカーで選ぶ

単眼鏡で有名なメーカーをいくつかご紹介します。長く多くの人に愛用されてきた商品を使いたい方におすすめです。

ラインナップが豊富な「Kenko Tokina(ケンコー・トキナー)」がおすすめ

ケンコー・トキナーは写真用品・光学製品の製造販売を行う日本の老舗メーカーです。レンズフィルターが国内最大手で有名ですが、その他にもレンズや三脚、双眼鏡など幅広い製品を取り扱っています。

 

単眼鏡も初心者にも購入しやすい価格帯のものから手ブレを防ぐ防振機能付きや暗視スコープ、ルーペ兼用になるものまで、ラインナップ豊富です。さまざまなニーズにこたえる商品がそろっています。

手頃な価格の商品が多い「Vixen(ビクセン)」がおすすめ

ビクセンは顕微鏡や天体望遠鏡、双眼鏡などを取り扱う日本の総合光学機器メーカーです。天体望遠鏡は国内シェア1位で星を見せる会社になる、というビジョンを掲げています。そんなビクセンの単眼鏡は美術鑑賞に使いやすい商品がそろっているのが特徴です。

 

近くで見てもピントが合わせやすい最短焦点距離、手ブレせず展示物を拡大してみられるちょうど良い倍率など美術鑑賞に最適です。また、本体やケースの色やデザインがおしゃれで手ごろな価格帯の商品が多いことでも人気があります。

大手メーカーの技術力を求めるなら「Nikon(ニコン)」がおすすめ

ニコンはカメラや双眼鏡を製造販売する老舗メーカーです。カメラの性能の良さは有名で技術力の高さで知られています。単眼鏡ももちろん取り扱っており、高級感のあるデザインと使いやすさで人気です。

歴史あるドイツのメーカー「Carl Zeiss(カールツァイス)」がおすすめ

カール・ツァイスは1846年に顕微鏡の開発から始まった、ドイツの精密機器・光学機器メーカーです。その製品は世界中から信頼を寄せられおり、映画撮影や衛星関連にも使われるレンズの製造でも知られています。

 

単眼鏡はジャケットのポケットにも入れられるほど小型・軽量で、普段から持ち歩きやすいのが特徴です。よりくっきりと見えるようにレンズには独自のコーティングが施されています。

「レビューや口コミ」を参考に選ぶ

使ってみてどうだったか、などネットのレビューやECサイトの口コミを参考にするのもおすすめです。実際に使った方の体験談を読めば、自分が使う場面がイメージしやすくなるでしょう。また、商品説明だけでは気づけなかった問題点も知ることができます。

美術館用単眼鏡の人気おすすめランキング10選

ルーペとしても使えるミュージアムスコープ

ドイツの光学機器メーカーであるカール・ツァイスの単眼鏡は美術館や博物館で使うミュージアムスコープとしてだけではなく、対物レンズを伸ばして5倍のルーペとしても使えるのが特徴です。低視力の方の補助としても使えます。

 

薄明かりでも鮮明にコントラストの高く見られるコーティングが施されています。10年保証がついているのも嬉しいポイントです。

倍率 4倍 最短焦点距離 25㎝
明るさ 9 アイレリーフ
サイズ 重さ 45g

口コミを紹介

美術館や博物館の展示物鑑賞用に購入。とにかくレンズが明るく実物以上の鑑賞が楽しめます。京都清水三年坂美術館の超絶技巧作品などは最高に楽しめました。必需品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

個性的なデザインと確かな性能のニコンの単眼鏡

ニコンの単眼鏡は金属素材を使用した高級感のある個性的なデザインが特徴です。ポケットにおさまる手のひらサイズで気軽にどこへでも持ち歩け、美術館や博物館だけではなく、旅行やゴルフなどでも活躍します。

 

高い光学性能により、明るくクリアな視界を実現しています。

倍率 5倍 最短焦点距離 0.6m
明るさ 9 アイレリーフ 15.8
サイズ 30×30×71㎜ 重さ 75g

口コミを紹介

これでゴッホの絵を見てみたいと思い、思い切って買ってしまいました。
とにかくレビューにもあるとおり、クリアで・・・、すごいの一言です。
買って良かった!!

出典:https://www.amazon.co.jp

片手で操作できるコンパクトな単眼鏡

片手でもピントが合わせやすい操作性とコンパクトさが特徴です。室内外で使えるので、美術館以外でも使ってみたい方に向いています。購入しやすい価格なので初めて単眼鏡を使う方にもおすすめです。

倍率 7倍 最短焦点距離 約1m
明るさ 6.8 アイレリーフ
サイズ 34×34x84mm 重さ 65g

口コミを紹介

軽量・小型・よく見える! 合わせもレバーだけで簡単!

出典:https://www.amazon.co.jp

高級感のあるデザインとクリアな視界が特徴

高級感と堅牢生を兼ね備えたアルマイトのボディが特徴です。本体とコーディネートできるおしゃれな収納ケースも付属しています。すべてのレンズに反射防止コーティングを施しクリアな視界で鮮明に見えるのも嬉しいポイントです。

倍率 6倍 最短焦点距離 25㎝
明るさ 7.3 アイレリーフ 12㎜
サイズ 70×31×35mm(突起部を除く) 重さ 56g

口コミを紹介

あると無いでは大違い!
最近は美術館に行くと持っている人多くなりましたね

出典:https://www.amazon.co.jp

より細かく見たい方におすすめの高倍率

美術品の模様などをより細かく見たいという方には8倍と高倍率の単眼鏡がおすすめです。すべてのレンズにはマルチコーティングが施され、明るくクリアな視界を実現しています。

 

最短合焦距離は30cmなのでガラスケースの中の展示物でもピントが合わせられます。

倍率 8倍 最短焦点距離 30㎝
明るさ 6.2 アイレリーフ 12㎜
サイズ 31x31x98mm(突起除く) 重さ 73g

口コミを紹介

博物館等でも明るくて綺麗に見えます。
焦点距離が短いのでけっこう近くに寄っても大丈夫です。
倍率もこれ以上高いと焦点距離が長くなり離れて見なければならず見れる範囲が狭すぎて使い勝手が悪いかと思われます。

出典:https://www.amazon.co.jp

スタンダードな6倍で使い勝手もよい小型軽量マルチモノキュラー

最もスタンダートな6倍で使い勝手も抜群なマルチモノキュラーです。レンズ全面に反射防止のコーティングが施され、光の損失を高いレベルで防ぎます。ピント合わせも簡単なのですばやくピントを合わせられるのも特徴です。

倍率 6倍 最短焦点距離 25㎝
明るさ 7.3 アイレリーフ 12㎜
サイズ 70x31x35mm 重さ 59g

口コミを紹介

裸眼で観察するより、刀の地鉄、沸や匂の見え方が違います。
これからは単眼鏡なしの鑑賞は考えられない。

出典:https://www.amazon.co.jp

美術鑑賞に特化したモデル!メガネをかけたままでも使いやすい

肉眼では見れない細部まで見るために最適な倍率、近づいて見やすいように焦点距離は短く、暗い室内でも明るく見えるレンズと美術館や博物館での使用に特化した単眼鏡です。

 

少ない力で簡単にピント調節できるように滑りにくい加工を施し、メガネつけたままでも使いやすいアイカップ設計と工夫が凝らされています。気軽に持ち歩けるコンパクト設計です。

倍率 4倍 最短焦点距離 16㎝
明るさ アイレリーフ
サイズ 3×3×6.5㎝ 重さ 60g

口コミを紹介

購入して大正解です。コストパフォーマンスも最高。博物館では至近距離の小さな宝物の図柄も十分に見ることができ、併せて、興福寺北円堂の少し暗い中での仏像観察の用途も十分に効力を発揮しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

おしゃれなデザインで美術鑑賞に最適な日本製単眼鏡

おしゃれなデザインで持ち歩くのが楽しくなるような単眼鏡です。ケンコー・トキナーの日本製なので性能への評価も高いです。遠くはもちろん、最短合焦距離19cmと近くのものにもピントが合わせられます。

 

独自の光学設計により、長いアイレリーフ&広い視界を確保し、疲れにくくメガネをかけたまま使用できます。

倍率 4倍 最短焦点距離 19㎝
明るさ 9 アイレリーフ 15.2㎜
サイズ ‎3.1 x 3.1 x 6.3 cm 重さ 53g

口コミを紹介

軽くて明るくピントも合わせやすいです。
さすがKenko 。

出典:https://www.amazon.co.jp

倍率4倍と業界最短クラスの最短焦点距離で作品の細部を堪能する

業界最短クラスの最短焦点距離16㎝の単眼鏡です。作品に思いきり近づいたようにみえ、細部にいたるまで堪能できます。視界が広くブレにくい4倍レンズで美術鑑賞専用として作られました。

 

高級輸入ガラスとブルーレンズコーティングにより視界が明るいです。夏場でもベタつかない滑り止め加工を施したメタルフレームを使用するなど開発者のこだわりが詰まっています。

倍率 4倍 最短焦点距離 16㎝
明るさ 9 アイレリーフ 15㎜
サイズ 6 x 3 x 3 cm 重さ 67g

口コミを紹介

大き過ぎず重すぎず丁度いいサイズです。
刀をじっくり見たくて購入しました。
初使用は宝石展の時だったんですが、とても役に立ちました。

出典:https://www.amazon.co.jp

メガネをかけたまま使える!軽量小型で美術鑑賞にぴったり

小さくてスマートなフォルムが特徴の単眼鏡です。20㎝の距離に近づいてもピントが合うのでガラスケースの中の展示物も拡大してみられます。メガネをかけたままでも使いやすいハイアイポイント設計です。

 

対物・接眼両方のレンズにコーティングを施し、光の損失を防ぎます。ポケットにも収まる軽量小型なので持ち運びに最適です。収納ケースと首から下げられるストラップも付属しています。

倍率 4倍 最短焦点距離 20㎝
明るさ 9 アイレリーフ 15㎜
サイズ 58×31×33mm 重さ 49g

口コミを紹介

初めての単眼鏡です。正倉院展観覧で使用しました。模様をくっきり見ることができてよかったです。眼鏡の上から使用しましたが、見にくさは感じませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

美術館用単眼鏡のおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 倍率 最短焦点距離 明るさ アイレリーフ サイズ 重さ
アイテムID:11137941の画像

楽天

Amazon

ヤフー

メガネのまま使える!軽量小型で美術鑑賞にぴったり

4倍

20㎝

9

15㎜

58×31×33mm

49g

アイテムID:11135477の画像

楽天

Amazon

ヤフー

倍率4倍と業界最短クラスの最短焦点距離で作品の細部を堪能する

4倍

16㎝

9

15㎜

6 x 3 x 3 cm

67g

アイテムID:11135603の画像

楽天

Amazon

ヤフー

おしゃれなデザインで美術鑑賞に最適な日本製単眼鏡

4倍

19㎝

9

15.2㎜

‎3.1 x 3.1 x 6.3 cm

53g

アイテムID:11135833の画像

楽天

Amazon

ヤフー

美術鑑賞に特化したモデル!メガネをかけたままでも使いやすい

4倍

16㎝

3×3×6.5㎝

60g

アイテムID:11135859の画像

楽天

Amazon

ヤフー

スタンダードな6倍で使い勝手もよい小型軽量マルチモノキュラー

6倍

25㎝

7.3

12㎜

70x31x35mm

59g

アイテムID:11136233の画像

楽天

Amazon

ヤフー

より細かく見たい方におすすめの高倍率

8倍

30㎝

6.2

12㎜

31x31x98mm(突起除く)

73g

アイテムID:11136818の画像

楽天

Amazon

ヤフー

高級感のあるデザインとクリアな視界が特徴

6倍

25㎝

7.3

12㎜

70×31×35mm(突起部を除く)

56g

アイテムID:11135641の画像

楽天

Amazon

ヤフー

片手で操作できるコンパクトな単眼鏡

7倍

約1m

6.8

34×34x84mm

65g

アイテムID:11137436の画像

楽天

Amazon

ヤフー

個性的なデザインと確かな性能のニコンの単眼鏡

5倍

0.6m

9

15.8

30×30×71㎜

75g

アイテムID:11137453の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ルーペとしても使えるミュージアムスコープ

4倍

25㎝

9

45g

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

単眼鏡はどこで買えばいい?

いざ単眼鏡を買うとなった場合、どこで買えばいいのか迷う方もいるかもしれません。主に買える場所をご紹介します。

実物を手に取って選びたいならヨドバシカメラなど家電量販店で

実際に単眼鏡を手に取って選びたいならヨドバシカメラなどの家電量販店がおすすめです。店によっては専門知識のある店員がいるので、相談しながら目的に合った単眼鏡を選ぶことができます。

 

また、大きなメガネ店やカメラ専門店でも取り扱っていることがあります。どの店舗でも単眼鏡を置いてあるとは限らないので、どうしても実物を見て選びたい場合は問い合わせが必要です。

すぐ買いたいならECサイトがおすすめ

思い立った時にすぐ買いたい場合はECサイトがおすすめです。データが明記されていることが多いので倍率や重さなどを比較して選べます。ECサイトはポイント付与や割引クーポンでお得に買いたい方にも向いています。

単眼鏡のメリット・デメリットを紹介

単眼鏡を使う上でのメリット・デメリットを知っておくと購入した後での後悔がありません。以下に挙げるポイントを理解して楽しく単眼鏡を使いましょう。

単眼鏡を使うメリット

単眼鏡を使う最大のメリットは美術館や博物館など展示物の近くで使っても見やすい点にあります。これは最短焦点距離が双眼鏡などと比べて短いため、対象の近くでもピントが合わせやすいからです。

 

また、鞄や服のポケットに入れておける重さ・サイズのものが多いため、気軽に持って出かけられます。また、片手で持てるほどコンパクトなので、美術展の人混みの中でも他の方の邪魔にならずに使えるのもメリットです。

単眼鏡を使う上で知っておきたいデメリット

単眼鏡を使う上で知っておきたいデメリットがあります。両目で見る双眼鏡やオペラグラスと異なり、単眼鏡は片目で使うため立体感や距離感がつかみにくいことがあります。また、素早く動くものをとらえるのも難しいです。

 

ただし、美術館や博物館などで、近距離で展示物の細部を見るのが目的の場合は、これらのデメリットはさほど影響しません。景色やバードウォッチングなどと兼用で使う場合は倍率などの性能をチェックしましょう。

 

以下はさまざまな用途に使える単眼鏡の人気おすすめランキングです。美術館以外でも単眼鏡を使いたい方はぜひ参考にしてください。

単眼鏡の使い方

単眼鏡の使い方は簡単です。機種によって違いはありますが、基本的には拡大したい場所を覗いて、本体の筒部分を操作してピントを合わせます。この時、先に肉眼で展示物のどのあたりを拡大したいのか、場所を確認してから単眼鏡を覗くとスムーズです。

 

単眼鏡は小さくて軽いので片手でも持てますが、ピント合わせなど使い方に慣れるまでは両手で扱う方がよいでしょう。手ブレしないよう単眼鏡をしっかり支えるのも大切です。

単眼鏡を使ってさまざまなアートと向き合おう

単眼鏡を使うとアートの奥深さを更に感じられます。例えば本来手に取ってみることを前提として描かれている巻物や襖絵などは、離れてみただけでは描かれた当時の迫力を感じ取ることは難しいです。またなかなか近づけない壁画や天井画の鑑賞にも役立ちます。

 

細かい技法や絵の具の盛り上がりなどもはっきり見て取れます。絵画だけではなく工芸品も単眼鏡を使って鑑賞するのがおすすめです。数センチほどの根付の細工を見るには肉眼だけでは物足りません。また、刀剣ごとに個性のある刃文もぜひ拡大してみてください。

 

ファッションが好きな方は服飾や宝飾の展覧会に行かれることも多いのではないでしょうか。単眼鏡を使えば王侯貴族が着用したドレスの刺繍やレース、宝石を使った豪華なアクセサリーをまるで身につけているような距離感で見ることが出来ます。

ルール・マナーを守って美術館・博物館を楽しもう

美術館には貴重な作品が多く展示されているため、作品保護のために守らなければならないルールがあります。また、他の方の妨げにならないようにマナーを守って鑑賞しましょう。

作品の保護のために守るべきルール

一番大切なルールは展示物には決して手を触れないことです。また、転倒や作品への接触を避けるため、傘や大きな手荷物は持ち込まず、コインロッカーに預けましょう。同様に作品に触れてしまう恐れがあるため、飲食しながらの鑑賞は避けるべきです。

 

鑑賞中にメモを取りたい場合でも、ペンのインクやシャープペンシルの芯が飛んだり、金属のペン先が作品を傷つける可能性があるため、筆記具は鉛筆を使いましょう。美術館で貸し出しされている場合もあります。

気持ちよく鑑賞するためにマナーを守ろう

美術館や博物館には自分たち以外にも鑑賞している方がいます。お互いに気持ちよく過ごせるようにマナーを守って鑑賞しましょう。大声で話すなど騒音を出さないこと、スマートフォンなどのアラームを鳴らさないことなど静かに集中できる環境を守ることが大切です。

 

人が多く集まる場所なので走り回らない、香水など匂いの強いものを持ち込まない、なども気をつけるポイントです。以下に美術鑑賞の手引きをご紹介します。他の美術館でも応用できますのでぜひ参考にしてください。

まとめ

美術館で使う単眼鏡のおすすめランキングをご紹介してきました。選び方のポイントも参考にして、ご自分の鑑賞スタイルに合った単眼鏡を選んで、お気に入りの美術館や博物館に出かけてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年11月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事