COZUCHI(コヅチ)を実際に利用した人の口コミ・評判は?特徴やメリットも徹底解説

記事ID46152のサムネイル画像

COZUCHI(コヅチ)は少額から不動産投資ができると人気を集めていますが、口コミを調べると「怪しい」などの悪い口コミもあるため、利用まで踏み切れない人も多いです。この記事では、COZUCHI(コヅチ)の評判や、メリット、よくある質問などを徹底解説しています。

少額からスマホ一つで不動産投資ができる!

不動産投資型クラウドファンディングCOZUCHI(コヅチ)ってどんなサービス?

不動産投資に興味があるものの、どうやって始めればいいか分からない方は多いのではないでしょうか。実は、不動産投資を行うには、初期費用が高く、管理・維持費用、修繕費用、税金など、さまざまな出費が必要になるため、資産が少ない人は難しいのが実情です。

 

でも、不動産投資には現物を持たなくても少額で不動産投資が始められる「不動産投資型クラウドファンディング」と呼ばれるサービスがあります。その中でもおすすめなのが、1口1万円から投資が行える「COZUCHI(コヅチ)」と呼ばれるサービスです。

 

不動産のプロが厳選した案件で高利回りが期待できると人気のCOZUCHI(コヅチ)ですが、「怪しい」「抽選に当たらない」といった気になる口コミもあります。今回はCOZUCHI(コヅチ)の口コミや評判を徹底的に調べましたので参考にしてください。

COZUCHI(コヅチ)の口コミ・評判は?

COZUCHI(コヅチ)は手軽に不動産投資ができる魅力的なサービスですが、実際に利用している人の意見も気になるところです。ここでは、COZUCHI(コヅチ)を利用した人のリアルな口コミをご紹介します。

COZUCHI(コヅチ)の良い口コミ

最初に、COZUCHI(コヅチ)の良い口コミや評判からご紹介します。利回りが高い点や、少額から始められてスマホで投資ができる点などが評価されています。

良い口コミ①

利回りのいい案件が多い
5
40代
男性
無職(FIREとしてリタイア済)
やっぱり利回りがいい案件が多いです。
キャピタルゲイン(不動産の売却益)なので、確実ではない部分はもちろんあると思いますが。

税引き前利回り3パーセントの案件とかだったら、僕としては、ローリスクローリターンすぎるので、COZUCHIの利回り10%のような高さは他社にはない魅力を感じますね。

出典:https://note.cozuchi.com

良い口コミには、「利回りのいい案件が多い」との口コミが目立ちました。COZUCHI(コヅチ)は利回り保証はありませんが、利回りが10%など高利回りの案件もあります。リターンが大きい割にはリスクも抑えられているので、堅実な投資と言えます。

良い口コミ②

資金が手元においておける
5
40代
男性
会社員
あとは、COZUCHIの場合、出資が確定した後はじめて入金する手続きになるので、ぎりぎりまで手元に資金を置いておけるところがいいと思います。

不動産クラウドファンディングの会社によっては、応募する前に、事前に資金を専用口座へ入金しなければならないところもあって。

出典:https://note.cozuchi.com

そのほかには「資金が手元に置いておける」のを評価する声も多い印象でした。COZUCHI(コヅチ)では出資が確定した後はじめて入金する手続きを行う流れなので、ぎりぎりまで手元に資金を置いておけます。資金が拘束される期間が短く効率的です。

COZUCHI(コヅチ)の悪い口コミ

良い口コミが目立つCOZUCHI(コヅチ)ですが、気になる口コミもいくつか見受けられました。次に、COZUCHI(コヅチ)の悪い口コミ・評判をご紹介します。

悪い口コミ①

案件をもっと増やしてほしい
3
40代
男性
無料(FIREとしてリタイア済)
案件数をもっと増やしてほしいです。
不動産クラウドファンディングは他社で先着順とかになると、すぐに埋まってしまいますね。
もう0.1秒単位で入れなかったりするので。

出典:https://note.cozuchi.com

COZUCHI(コヅチ)についてのネガティブな口コミとしては、「案件数が少ない」との口コミが見受けられました。2022年6月現在は46件の案件が公式サイトで紹介されていますが、少ないと感じる場合は、複数の不動産投資クラウドファンディングの利用も検討できます。

悪い口コミ②

案件が当たりにくくなっている
3
40代
男性
会社員
COZUCHIの人気が上がっているからだとは思いますが、抽選や先着方式でも当たりづらくなっていることですね。

先日の「代々木公園 事業用地ファンド」も絶対申し込むつもりでしたが、気がついたら募集終了になっていて機会を逃してしまいました。。
案件数が少しでも増えるようにこれからも応援しています。

出典:https://note.cozuchi.com

ほかの気になる口コミとしては、「何件も案件に申し込んだけれど当たらなかった」との口コミもありました。想定利回りが高い、人気の高い案件には募集が集中してしまう傾向があるので、抽選の案件と組み合わせるなど工夫する必要があります。

COZUCHI(コヅチ)の特徴

COZUCHI(コヅチ)は、LAETOLI株式会社が提供している不動産投資型クラウドファンディングサービスです。以下のような7つの特徴を持っているサービスです。

 

  1. 不動産のプロが選んだ物件に投資できるクラウドファンディング
  2. 優先劣後方式を導入している
  3. 1万円~少額投資ができる
  4. 想定利回りや運用期間が豊富
  5. 途中解約が可能
  6. 法人口座の開設ができる

 

それぞれの特徴について詳しくご紹介していきます。

不動産のプロが選んだ物件に投資できるクラウドファンディング

COZUCHI(コヅチ)では、不動産のプロであるLAETOLI社が厳選した好立地で収益性の高い不動産に投資できます。現物の不動産投資とは違って、共同で不動産を所有し、運用はプロに任せられます。出資者は分配金を待つだけなので、手間がかからないのが特徴です。

優先劣後方式を導入している

COZUCHI(コヅチ)は「優先劣後方式」を採用した不動産投資クラウドファンディングです。優先劣後方式は、元本・分配金の損失をLAETOLI社が負担する仕組みです。投資家の出資した元本や分配金が守られやすいので、リスクを抑えた運用をしやすくなっています。

1万円~小額投資ができる

COZUCHI(コヅチ)では、最低投資額として1口1万円からの小額投資が可能な不動産クラウドファンディングです。不動産クラウドファンディングによっては1口10万円からといったサービスもあるので、COZUCHI(コヅチ)は資金が少ない方でも参加しやすいのが特徴です。

想定利回り(予定分配率)や運用期間が豊富

COZUCHI(コヅチ)で扱っている運用案件は、想定利回り(予定分配率)が2.0%~20.0%と幅広いだけでなく、運用期間も2ヶ月~2年と豊富に取り揃えているのも特徴的です。リスクとリターンのバランス調整をしながら投資できるのも魅力となっています。

途中解約が可能

不動産投資型クラウドファンディングによっては途中解約が不可で、1回出資すると決められた期間は出金できないサービスもあります。COZUCHI(コヅチ)は事務手数料はかかりますが、途中解約が可能となっていて、出資した資金を翌月には換金できるようになっています。

法人口座の開設ができる

別の特徴として、COZUCHI(コヅチ)では法人口座の解説が可能な点も挙げられます。不動産クラウドファンディングサービスによっては個人口座の開設しか受け付けていないものもあるので、COZUCHI(コヅチ)なら企業の投資先として利用できるのも魅力です。

COZUCHI(コヅチ)のメリット・デメリット

実際にCOZUCHI(コヅチ)を利用すると、どのようなメリットやデメリットがあるのかをご紹介します。メリットとデメリットをよく比較して検討してください。

COZUCHI(コヅチ)のメリット

最初にCOZUCHI(コヅチ)を利用すると、以下の6つのメリットがあります。

 

  1. 資金が限られていても不動産投資ができる
  2. リスクを軽減しながら不動産投資ができる
  3. 詳細な物件情報があるので投資判断しやすい
  4. アプリを使って手軽に投資できる
  5. 空室リスクを回避した投資ができる
  6. 抽選で参加可能な案件を用意している

 

それぞれのメリットについて詳しくご紹介していきます。

資金が限らていても不動産投資ができる

特徴でもお伝えしたように、COZUCHI(コヅチ)は1口1万円から不動産投資ができるので、少額から投資を始めたい人でも利用しやすいのがメリットです。複数口案件にも投資しやすくなるため、リスク分散を図りながら投資するのも可能です。

リスクを軽減しながら不動産投資ができる

優先劣後債、少額の最低出資額、短期の運用期間など、COZUCHI(コヅチ)は運用時のリスクを軽減できるのもメリットです。不動産投資は現金や株式に比べると大きな価値の変動が起こりにくいですが、さらにリスクを軽減して手堅く運用できます。

詳細な物件情報があるので投資判断に役立つ

COZUCHI(コヅチ)では、それぞれの案件について投資判断に役立つ詳細な情報が提供されているのもメリットです。物件の写真、所在地、入居状況、周辺データなど詳細な情報が公開されています。そのため、提供されている情報を元に案件を比較検討しやすくなっています。

アプリで手軽に投資ができる

COZUCHI(コヅチ)にはアプリも用意されているので、スマホを使って手軽に不動産投資ができるのもメリットです。ワンクリックで投資できるだけでなく、移動中やふとした空き時間にも投資案件をチェックしたり、登録情報を変更したりできます。

空室リスクを回避した物件選びが可能

不動産投資にとって空室リスクは大きなリスクの一つです。この点、COZUCHI(コヅチ)で取り扱われている案件は、需要の多い都内の不動産が中心となっていて、一定の需要を見込める物件を中心に選定されています。空室リスクを軽減できるのもメリットです。

抽選で参加可能な案件も取り揃えている

人気案件の場合、早期に満額になって募集に間に合わないケースがあります。COZUCHI(コヅチ)では、通常の先着順だけでなく、希望者による抽選で参加できる案件も用意されています。自分のライフスタイルから参加しやすい方法で投資できるのもメリットです。

COZUCHI(コヅチ)のデメリット

メリットの多いCOZUCHI(コヅチ)ですが、わずかながら以下のようなデメリットもあります

 

  1. 元本保証や利回り保証がない
  2. 運営会社は上場企業ではない
  3. 分配金は雑所得で総合課税の対象

 

次に、COZUCHI(コヅチ)のデメリットについても一つずつご紹介します。

元本保証や利回り保証がない

デメリットとしては、元本保証や利回り保証がない点を挙げられます。ただし、2022年6月時点で、COZUCHIは元本割れや配当遅延は起きていませんし、元本・分配金の損失をLAETOLI社が最初に負担する優先劣後方式となっているので、リスクは少ないと言えます。

運営している会社は上場企業ではない

COZUCHI(コヅチ)を運営しているLAETOLI株式会社は上場企業ではありません。この点は大手企業が提供する不動産クラウドファンディングを利用したい人にはデメリットと言えます。ただし、同社は創業から20年を超えていて、不動産の小口化商品について多くのノウハウを持っています。

分配金は雑所得で総合課税の対象になる

COZUCHI(コヅチ)の分配金は「雑所得」となって総合課税扱いになります。源泉分離課税ではないので、原則として確定申告が必要になります。確定申告の手間が増えてしまい、所得の多い人は分離課税の株式投資のように税制上のメリットを受けられないデメリットもあります。

COZUCHI(コヅチ)はこんな人におすすめ!

COZUCHI(コヅチ)の特徴やメリット・デメリットなどから、COZUCHI(コヅチ)を利用して不動産投資を行うのがおすすめなのは次のような方です。

 

  • 少額から不動産投資がしたい人
  • 短時間で手軽に不動産投資がしたい人
  • 不動産投資のリスクをできるだけ軽減したい人

 

それぞれの特徴を詳しく説明していきます。

少額から不動産投資をしたい人

現物不動産投資は実際に物件を所有しますが、不動産投資型クラウドファンディングでは物件を持つ必要がなく、1口1万円の少額から始められます。初期費用もかかりませんので、できるだけ少額から不動産投資をしたいと考えている人におすすめです。

短時間で手軽に不動産投資をしたい人

現物不動産投資をするためには、物件の選定からリサーチ、交渉などの手続きが必要になるので、時間がかかります。COZUCHI(コヅチ)は、スマホで会員登録から投資までを済ませられるので、短時間で手軽に不動産投資がしたい人にもおすすめです。

不動産投資のリスクをできるだけ軽減したい人

通常の不動産投資では、自分の目利きや経験則、調査・分析で物件を選定する必要があり、失敗する可能性があります。COZUCHI(コヅチ)が取り扱っている案件は、不動産のプロが厳選した案件ばかりなので、一から自分で探して失敗するリスクを軽減できます

COZUCHI(コヅチ)を利用する流れをご紹介

実際にCOZUCHI(コヅチ)で投資を行う場合、どのような手続きや準備が必要なのでしょうか。ここでは、大まかな流れをステップごとにご紹介します。

ステップ①:会員登録をする

最初に、COZUCHI(コヅチ)の公式サイトにアクセスして会員登録を行います。会員登録は、電話番号・メールアドレス・パスワードの3点を登録すればOKです。すぐに登録した電話番号のSMSに6桁の承認コードが送信されるので、コードを入力すれば終了です。

ステップ②:投資家登録をする

次にそのまま公式サイトで投資家登録を行います。氏名・性別・生年月日・住所の個人情報や投資を始める目的、取引口座の登録などの情報を入力します。最後に、あらかじめ用意した免許証など本人確認書類をスマホやタブレットなどで撮影・アップロードして送信します。

ステップ③:審査結果を確認する

申し込みを行った翌日以降に、会員登録時に入力したメールアドレスに審査結果が送られてきますので確認しましょう。メールの中に記載されているURLをタップすると、COZUCHIの概要、プロジェクト情報、マーケット情報、スケジュールが確認できます。

ステップ④:投資するファンドを選択する

審査を通過していれば、投資案件の申し込みが行えます。投資案件は、COZUCHI(コヅチ)のマイページにあるプロジェクト一覧から検索できます。募集中の案件な中から、案件の詳細をよく確認したうえで、自分が出資する案件を選択しましょう。

ステップ⑤:入金して運用を開始する

投資する案件を選択した後は、振込先口座がメールで案内されるので出資金を入金します。出資する案件によって振込先は異なります。入金すればあとはCOZUCHI(コヅチ)ですべて管理・運用をしてくれるので、何もしなくて大丈夫です。

ステップ⑥:分配金を受け取る

運用期間が終了したら、元本と分配金が振り込まれるのでプロジェクトは終了になります。運用期間は案件にもよりますが、3か月~1年の案件が多めです。途中解約にも対応していますが、事務手数料として3〜5.5%がかかるので注意しましょう。

COZUCHI(コヅチ)に関するよくある質問

COZUCHI(コヅチ)についてご紹介してきましたが、まだ疑問に感じる点もあるのではないでしょうか。ここでは、COZUCHI(コヅチ)についてよくある質問に編集部がお答えします。

Q1:配当金に税金はかかりますか?

編集部の画像

編集部

配当金には税金がかかります。具体的には、分配時に取得税20%、復興特別所得税0.42%の計20.42%の源泉徴収が実施されます。

Q2:出金手数料はいくらかかりますか?

編集部の画像

編集部

出金手数料は基本的には無料です。償還・配当時の振り込みはすべて、運営会社が負担してくれます。ただし、途中解約して出金する場合は、所定の事務手数料が発生しますので注意しましょう。

Q3:応募状況が100%になると、そのプロジェクトに投資申込はできませんか?

編集部の画像

編集部

抽選募集の場合は、応募状況が100%を超えていても、募集期間中であれば申し込みが可能です。先着順での募集の場合は、応募状況が100%を超えると申し込みできない場合があります。

COZUCHI(コヅチ)を使ってスマホで手堅く資産運用をしよう

COZUCHI(コヅチ)の口コミや評判から、特徴、メリット・デメリットまで詳しくご紹介してきました。COZUCHI(コヅチ)は少額からスマホで気軽に不動産投資ができる便利なサービスです。ぜひ、COZUCHI(コヅチ)を利用して、手堅い資産運用をしてください。

少額からスマホ一つで不動産投資ができる!

【小額から始められる不動産投資】

不動産投資は物件購入のために数千万が必要になるなど、簡単に手を出しにくい投資です。COZUCHI(コヅチ)なら、まとまったお金がなくても1万円から始められます。誰でも投資ができる不動産投資型クラウドファンディングです。

 

【スマホ一つで簡単に投資できる】

インターネットから簡単に投資家登録ができるので、登録後最短15分で投資が可能です。登録も投資も全てインターネットで完結するほか、ウェブページやアプリから24時間365日いつでもスマホ1つで簡単に投資できます。

 

【運用はプロに任せてリスクを軽減】

COZUCHI(コヅチ)は面倒な物件の管理や運営はすべてプロに任せられます。ビルやマンションなどいろいろなファンドから好きなものを選んで投資したら、あとは配当を待つだけのほったらかしで運用できるのもポイントです。

運営会社 LAETOLI株式会社 サービス開始年 2019年
最小投資金額 1万円 参加方法 抽選・先着
途中解約 可(要事務手数料) 期待利回り 2.0~20.0%

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年06月17日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

不動産投資と他の投資はどう違う?人気の「投資」について解説

不動産投資と他の投資はどう違う?人気の「投資」について解説

その他
【2022年最新版】不動産投資本の人気おすすめランキング15選

【2022年最新版】不動産投資本の人気おすすめランキング15選

本・雑誌
不動産投資型クラウドファンディングおすすめ10選【サイトの選び方も紹介】

不動産投資型クラウドファンディングおすすめ10選【サイトの選び方も紹介】

サービス
不動産投資サイト人気おすすめランキング5選【2021年最新版】

不動産投資サイト人気おすすめランキング5選【2021年最新版】

その他
【100人に聞いた!】投資本のおすすめ人気ランキング21選【2022年版】

【100人に聞いた!】投資本のおすすめ人気ランキング21選【2022年版】

本・雑誌
【2022年最新版】初心者のための不動産投資会社人気おすすめ11選

【2022年最新版】初心者のための不動産投資会社人気おすすめ11選

その他