東京ガスの電気の口コミ・評判をチェック。メリット・デメリットやキャンペーンも紹介。

記事ID45747のサムネイル画像

東京ガスの電気は東京ガスが供給している新電力サービス。東京電力より料金が安く、一人暮らしでも家族でも電気代を節約できます。本記事では口コミ・評判やメリット・デメリットなどを紹介。申し込み方法やキャンペーンも紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

ガスと電気でさらに割引になるセット割がある

【東京電力より安くて東京ガスの利用者以外でも契約可能】

東京ガスと東京電力は電気の基本料金は同じですが、電気量料金が安くなります。また電気の利用が少ない一人暮らしでは割高になる場合がありますが。東京ガスの電気なら全ての世帯にお得。東京ガスの利用者以外でも申し込みが可能です。

 

【東京ガスの電気とガスセット割で0.5%安くなりお得】

東京ガスのガスを利用しているなら、電気とまとめてセット割を利用して電気代を0.5%割引できます。ただしセット割りで割引が適用されるのは電気代のみでガス代は割引されません。

 

【東京ガスのポイントが毎月たまる】

東京ガスの電気では月々の電気代1,000円につき15ポイントが付与されます。貯まったポイントは9つの提携しているサービスとも交換でき、dPOINTや楽天ポイントなどに交換して使用できます。

 

>>>公式サイトで詳細をみる!

東京ガスの電気は

「東京ガスの電気」は東京ガスが供給している新電力サービスで、主に関東圏で利用されていて東京電力よりも電力量の料金を安くなっているので、一人暮らしの方や家族など幅広い層の方が電気代を節約できます。

 

東京ガスの電気は、東京ガスの都市ガスを利用していなくても、他社のプロパンガスや都市ガスを利用していても利用できますが、東京ガスが供給しているサービスなのでガスと電気をセットにするとさらに割引になるセット割がありお得です。

 

この記事では「東京ガスの電気」に関する口コミ・評判やメリット・デメリット、申し込み方法やキャンペーンなどを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

東京ガスの電気の口コミ・評判

東京ガスの電気は十分安いですが、口コミの中には、他の新電力などを考えると最安ではないので高く感じる方もいます。ただ、ガスと電気のセット割で電気料金がさらに安くなったり、電気料金やガス料金の支払いでポイントを貯めて交換や利用ができるのでお得に感じている方が多いです。

 

ここでは、良い口コミ、悪い口コミを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

良い口コミ

こちらでは、東京ガスの電気についての良い口コミを紹介します。切り替えにより電気代が安くなった、会社が安定している、ポイントが貯まっていろいろ使える、手続きが楽だったなどの良い口コミが多いです。東京電力と同様に安定していて料金も安くなるので切り替えしやすいのも特徴です。

口コミ①:料金が安い

料金が安くて助かります
5
年齢非公開
性別非公開
-
家庭用ガスの契約をしていたことが、こちらの電力サービスを利用することになったきっかけです。
以前は電気については東京電力に加入していたのですが、こちらに提案された料金プランを確認したところかなり割安だったので、思い切って乗り換えることにしました。
電気の使用量は以前と変わりませんが、月額の利用料金は1,000円から2,000円程度安くなり、とても助かっています。乗り換え後にトラブルが生じたり、電気の使用で不具合を感じたことなどはありません。
ガスの利用とセットにすると割引料金が適用されるので、すでにガスの契約をしている人には、併せて電気の契約をおすすめしたいと思います。

出典:https://minhyo.jp

東京電力よりかなり割安で切り替えることにしたようです。電気使用量は変わらないのに、月額の料金が1000円から2000円安くなったようで、年間で考えても結構お得ですよね。ガスと電気のセット料金がおすすめです。

口コミ②:公共インフラは経験ある安定したところが良い

公共インフラのことは公共インフラ経験あるところに
5
年齢非公開
性別非公開
-
電力自由化の初日に東京ガスに電気契約を申し込みました。
せっかく選択できるようになったので、まず東京電力から他の会社に変えることだけは決めていました。
東電の電線網と同じ範囲と密度の公共インフラをマネージできる会社という条件で決めたのは、東京ガスの一択でした。
他社との比較はしていません。
どこの電気業者も、割と、契約プラン内容をイジるので、綿密に比較してもムダだと思います。
電力もガスも、使用量や料金の推移や、契約プランの試算もできますし、1年2年使ってみた使用状況を踏まえて、ヘルプデスクで相談にも乗ってくれます。一番安いプランで良さそうだということで、それにしました。
公共インフラのことは、公共インフラを扱っている会社一択です。
東電時代よりも間違いなく安くなったし。それ以上は望まない。

出典:https://minhyo.jp

東京電力から他の会社に変えることは決めていましたが、東電の電線網と同じ範囲と密度の公共インフラをマネージできる会社を考えるて決めたようです。公共インフラは公共インフラを扱っている会社が安定でしかも安くなるので間違いないですね。

口コミ③:電気とガスをまとめてセット割引でお得

電気とガスをまとめられてお得
5
年齢非公開
性別非公開
-
私は一人暮らしをしていたとき、使用していました。
引っ越しのときに東京ガスの業者に立ち会ってもらって、その時ついでに電気とガスをまとめるとお得ですよと聞いたので、お願いしました。
電気代とガス代の請求書も一度にまとめて届くので振り込みも楽だし、月々いくらか割引されていたので良かったです。
今ならこちらで電気もまとめて申し込みをすると、3ヶ月電気代が無料になるキャンペーンもやっているそうです。私の申し込んだときはこのキャンペーンがなかったので、気になっている方は今申し込むのが一番いいと思います!

出典:https://minhyo.jp

電気代とガス代の請求書も一度にまとめて届くので振り込みも楽で、月々割引されていたので良かったそうです。また3ヶ月電気代が無料になるなどのキャンペーンもあり、もっとお得になるのでキャンペーンがやっている時期を狙いたいですね。

口コミ④:手続きが楽で料金も安いので、もっと早く申し込めばよかった

楽々申し込み
4
年齢非公開
性別非公開
-
ガスと電気は別々の会社を利用していましたが、よくまとめるとお得になると雑誌などでも書かれていたため、気になって申し込みました。各社使用料のシミュレーションができるので、料金を比較した結果、東京ガスが一番安かったので決めました。申し込みはネットで普段の検針票を見ながら、必要な項目を入力していくだけで終わったのであっという間でした。後日完了したという書類が送られてきます。別途書類の提出や、自分で今までの電力会社に解約の申し込みや面倒な作業は一切なく手続きが完了しました。家に担当者が来て作業とかもないので、最初は本当に完了しているのか不安なくらいでしたが、ガスや電気が止まることなく使用もできているし、料金も引き落とされていました。ただ今まで検針票が紙でポストに入っていたのがネットで確認するようになったので、月一のログインがちょっと面倒なのが残念です。けれどあまりにも楽なうえに料金も安くなったので、こんなことならもっと早く申し込めばよかったと思うくらいでした。

出典:https://minhyo.jp

申し込みはネットで普段の検針票を見ながら必要な項目を入力していくだけで、楽なうえに料金も安くなり、もっと早く申し込めばよかったと思ったようです。さまざまな理由で手続きなどが面倒に感じてそのままにしてしまいがちですが、簡単でお得になるのが東京ガスの電気の特徴です。

悪い口コミ

東京ガスの電気は良い口コミが多いですが、悪い口コミもあります。格安ではないので高いと思った、ガス代と電気代の両方で割引があると良かったなど少ないですが悪い口コミがあります。最安ではないので高く感じる方もいますが、安定している会社で料金が安くなるので、どちらも考えると便利でお得です。

口コミ①:高くてスタッフの対応が悪い

高い
1
年齢非公開
性別非公開
-
高いから契約したくなかったけどマンションがこちらの会社なので仕方なく契約
分からないことがあったので電話で問い合せたところ電話担当の方がハズレ
高圧的な態度で来られたのでかなりムカついた
早く引っ越して別のところと契約したいです

出典:https://minhyo.jp

一番の低価格ではないので料金が高いと感じたようで、スタッフの対応も良くなかったようです。料金は東京電力よりは安いですが、他にも安いところがあります。ただし安定性も考えると、ただ安いだけではなくしっかりとした会社を選びたいですよね。

口コミ②:電気とガスどちらも安くして欲しい

ひと手間かければ少し電気代が安くなる!
3
年齢非公開
性別非公開
-
ここの会社の電気とガスの割引サービスを利用したのは、もともと引っ越し先の地域のガスの指定業者になっていたのがきっかけです。仕事の都合で引越しをした時についでに、電気とガスをまとめて割引してもらえるサービスを契約しました。電気自由化についてはその時よく分からなかったので、担当者の方に質問したりして詳しく話を聞いたのですが、ガスは料金がそのままで一緒に契約する電気がお得になるということでした。電気とガスどちらも安くして欲しいと思いましたが、その後しばらく使ってみて、請求書の電気料金を確認したら安くなっていたので良しとしています。

出典:https://minhyo.jp

ガスは料金がそのままで一緒に契約する電気がお得になったが、電気とガスのどちらも安くなった方が良かったと感じたようです。どちらも割引とはならないですが、実際に東京電力よりも安くなり、ガスと電気のセット割でよく使用する電気代が割引になるのは助かりますよね。

東京ガスの電気のメリット・デメリット

東京ガスの電気の電気量料金は東京電力よりも安いですが、さまざまな新電力サービス会社を考えると最安ではありません。しかし安定した供給が受けられ、料金が安くなるので多くの方に人気があります。

 

ここでは、東京ガスの電気のメリットとデメリットについて詳しく紹介していきます。東京ガスの電気の使用を考えていらっしゃる方はぜひ参考にしてみてください。

東京ガスの電気のメリット

東京ガスの電気は、家族だけでなく一人暮らしでも東京電力よりも安い、東京ガスの電気とガスセット割でお得、ポイントが毎月貯められる、面倒な手続きは原則不要、支払い方法が充実などのメリットがあります。

家族だけでなく一人暮らしでも東京電力よりも安い

東京ガスの電気は東京電力と電気の基本料金は同じですが、電気量料金は東京電力よりも安くなっています。新電力サービスの中には、電気の使用量が少ない一人暮らしなどでは割高になってしまう場合があります。

 

東京ガスの電気では電気量料金が、一人暮らしでも家族の多い世帯でもお得になっているので誰でも全ての世帯で利用できます。

東京ガスの電気とガスセット割でお得

東京ガスのガスを利用している人なら、ガス代と電気代を一緒に支払うとセット割で0.5%の割引があります。ただし、セット割を利用して割引が適用されるのは電気代のみです。ガス代は割引されません。

ガスとのセット割にするとクラシルの有料サービスが無料

東京ガスの電気では電気とガスのセット割を申し込むと、レシピ動画サービスのクラシルで課金が必要な「人気順検索」と「人気ランキング」が無料で利用できます。(通常「人気順検索」と「人気ランキング」はクラシルプレミアム(月額480円)への加入が必要です。)

ポイントが毎月貯められる

東京ガスの電気は、毎月東京ガスのポイント(パッチョポイント)を貯められます。電気代1,000円あたり15ポイントが付与され、他社のサービスで利用できます。交換できるポイントはdPOINTや楽天ポイントなど9種類。

 

d POINT、楽天ポイント、nanaco、MI POINT、Ponta、T-POINT、KEIO POINT、KEIKYU PREMIERE POINT、WAON ポイントで、ポイントの交換は500ポイントから可能です。

面倒な手続きは原則不要

電力サービスを切り替えたいけれど、工事が面倒だと思ったり、費用が結構かかると思ったり、手続きが面倒だったりすると、このままでいいと思ってしまいます。しかし東京ガスの電気は原則、切り替え工事、現電力会社への解約連絡、申し込み費用、電気機器の交換などが必要ありません。

便利なオンライン会員サービス

東京ガスのオンライン会員サービス「myTOKYOGAS」はとても便利で、ガスや電気料金を管理したり、過去の料金やポイントを確認できます。またお役立ちコンテンツが充実、省エネアドバイス、電気使いすぎ予報など充実したコンテンツがあります。

 

  • 省エネアドバイス:年4回季節ごとに個人に合わせたアドバイスを提供。
  • 頑張るあなたに贈る癒しボイス:豪華声優陣のボイスで一息できる時間を提供。
  • 電気使い過ぎ予報:予測使用料が節電目標を超えそうなときにメールで通知。
  • クラシル:ガスと電気をセット割を利用している場合、「人気順検索」と「人気ランキング」のプレミアムサービスが利用できる。
  • ガス機器情報:アプリでガス機器の説明書やレビューを確認できる。
  • 東京ガスWebショップ:暮らしに役立つ商品を購入から設置までサポート。
  • junijuni:訳あり商品を手頃な価格でを購入できる。
  • 遊べる絵本アプリ:絵本が聴ける、声で遊べる、親子のための絵本アプリ。
  • ウチコト:家のことで役立つちょっとしたことを届ける。


他、防災や自宅でのフィットネスなど充実したコンテンツも楽しむことができます。

支払い方法が充実

新電力サービス会社には支払い方法をクレジットカードだけと限定している場合があります。東京ガスの電気では、クレジットカード、口座振替、払込書払い、LINE Payオンライン支払い(東京ガスLINE公式と「myTOKYOGAS」を連携し利用可能。)と支払い方法が充実しています。

東京ガスの利用者以外でも契約可能

東京ガスの利用者以外でも契約可能です。他社の都市ガスやプロパンガスを利用している世帯でも利用できます。申し込みの際には利用していた電力サービス会社の検針票が必要です。ただし、ガスの契約がないので電気とのセット割はできません。

東京ガスの電気のデメリット

東京ガスの電気は、他社より高い場合もある、電気とガスのセット割が利用できないエリアがある、オール電化の世帯はセット割が利用できないなどのデメリットがあります。しかし、供給エリアで利用できる方には東京電力よりも安くて安定した供給が受けられます。

他社より高い場合もある

東京ガスの電気は東京電力よりは安いですが、新電力サービス会社の中で最安ではありません。しかし、東京ガスの電気の料金は関東の電力サービス会社の中では安く、他よりも知られているように安定しています。新電力サービス会社の中にはサービスを停止している会社もあります。

 

最安の電力サービス会社にしたいなら他の新電力サービス会社がおすすめですが、電気とガスのセット割で電気代も安くできる安定な電力サービス会社を選びたいなら東京ガスの電気をおすすめします。

電気とガスのセット割が利用できないエリアがある

東京電力の電力供給エリアと東京ガスの都市ガス供給エリアが同じではない地域があり、東京ガスの電気は契約できてもガスは契約できない場合があります。セット割を利用したい場合は、住んでいるエリアが東京ガスの電気とガスの指定範囲かを確認しましょう。

オール電化の世帯はセット割が利用できない

通常オール電化プランは夜間の料金単価が大幅に安く設定されていますが、東京ガスにはオール電化また時間帯別の電気料金プランがありません。電気料金は東京電力の標準プランより安いですが、深夜帯の大幅な割引が無いのでオール電化では料金が高くなってしまいます。

東京ガスの電気がおすすめなのはこんな人

東京ガスの電気は東京ガスが供給している新電力サービスで、東京電力より電気代が安くなります。供給エリアは東京電力の指定範囲なので関東近辺エリアのみなので広くははないですが、知名度もあり安定した供給ができ、さまざまな方におすすめできます。

 

供給エリアは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県 群馬県、山梨県、静岡県(富士川以東)です。(離島や建物全体で一括で電気契約をしている集合住宅に住んでいる方は除きます。)

高くなった電気料金だから東京電力より安く利用したい

さまざまな新電力サービス会社があり、電気料金を安くしたいと思って切り替えたい方は多いと思います。東京ガスの電気料金は最安ではありませんが安定して利用できます。東京電力の電気料金よりも安くしたい、手続きの手間がかからないので気軽に切り替えをしたい方におすすめです。

ガスと電気をセットで利用したい

東京ガスの電気料金は東京電力よりも安くなるだけでなく、ガスとセットで利用するとさらに安くできます。東京ガスでガスを利用している方は、東京ガスの電気も合わせて利用するとさらに電気料金の割引があるのでおすすめです。

ポイントを貯めて利用したい

東京ガスの電気は、毎月東京ガスのポイント(パッチョポイント)を貯められます。電気代1,000円あたり15ポイントが付与され、他社のサービスのポイントに交換して利用できるので、さまざまなポイントを貯めている方におすすめです。

安定した電気サービス会社を利用したい

新電力サービス会社はさまざまあり、東京ガスの電気は最安ではありません。しかし、いくつかの新電力サービス会社はサービスを停止しているところもあり、安定した供給を一番に考えている方には、安定した会社をおすすめします。

東京ガスの電気の基本料金・電力量料金

東京ガスの電気には一般家庭用の「基本プラン」、エレベーター・大型エアコン等動力用の「ずっとも電気3」のプランがあります。ここでは一般家庭用でお得になっている基本プランを紹介します。

東京ガスのガスを契約中で集合1人世帯(年間2,200Wh(30A))

  基本料金 電力量料金
東京電力エナジーパートナー
従量電灯B
約10,200円/年 約39,200円/年
東京ガス基本プラン

約10,200円/年

新規申込時3ヵ月無料1年目約-2,500円の割引

約38,200円/年

約-1,000円/年

+ガス・電気セット割(基本料金・電力量料金の-0.5%)で、1年目年間約-3,800円の割引

※現在東京ガスのガスと東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bを使っていて、東京ガスの電気基本プランに切り替えた場合はその他試算条件が異なります。

東京ガスのガスを契約中で戸建て3人世帯(年間4,700Wh(40A))

  基本料金 電力量料金
東京電力エナジーパートナー
従量電灯B
約13,700円/年 約99,100円/年
東京ガス基本プラン

約13,700円/年

新規申込時3ヵ月無料1年目約-3,400円の割引

約92,900円/年

約-6,200円/年

+ガス・電気セット割(基本料金・電力量料金の-0.5%)で、1年目年間約-10,200円の割引

※現在東京ガスのガスと東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bを使っていて、東京ガスの電気基本プランに切り替えた場合はその他試算条件が異なります。

東京ガスの電気のキャンペーンがお得

東京ガスの電気では、新規申し込みやmyTOKYOGASでさまざまなキャンペーンがあります。タイミングによって新規申し込みで電気代基本料金3ヵ月分が無料、myTOKYOGASの新規登録で最大10,000ポイントが当たるなどがあるので、公式サイトを確認してみてください。

電気代基本料金3ヶ月無料

現在、電気代基本料金3ヶ月無料のキャンペーンを行っています。基本プランの新規申し込みをすれば基本料金が3ヶ月無料になるのでお得です。キャンペーン期間は都合により終了する場合もあるので期間中に検討してみましょう。

myTOKYOGASの新規登録で最大10,000ポイント

2022年5月16日~2022年7月16日の間の期間限定で、東京ガス会員サイト「myTOKYOGAS」に新規で会員登録を完了した方の中から、抽選でパッチョポイントをプレゼントします。抽選結果は当選した方に2022年9月中旬頃メールで連絡があります。

 

1等:10,000パッチョポイントを100名様
2等:1,000パッチョポイントを900名様
3等:500パッチョポイントを9,000名様

支払い方法変更キャンペーン

2022年5月2日〜2022年7月31日までの間の期間限定で、「払込書払い」から「クレジットカード払い」または「口座振替払い」へ支払い方法を変更すると、抽選で7,500名にAmazonギフト券1,000円分が当たります。

 

支払い忘れを防げるメリットもあり、支払いの手数料も無料。また「クレジットカード払い」に変更するとクレジットカード会社から特典が受けられる場合があります。

東京ガスの電気の申し込み方法

自分が住んでいるエリアや引越し先が供給エリアに含まれている、東京ガスのガスを利用しているまたはこれから利用するなどを最初に確認・決定します。引越しなどで利用する場合は早めに申し込みしておきましょう。

東京ガスのガスを利用中で申し込み

  • ガスおよび電気の契約者本人(または配偶者)による申し込みが必要。
  • 電気供給エリアを確認。
  • 東京ガスのガス使用量のお知らせ(検針票)と現在の電力会社の電気使用量のお知らせ(検針票)を用意。
  • 電気のWEB検針票の場合は、供給地点特定番号、現在の電力会社の電気契約名義、契約番号(お客さま番号)を控えておく。
  • ガス・電気セット割の適用条件を確認。
  • 申し込みはWebフォームか電話で申し込む。

東京ガスのガスを利用しないで申し込み

  • ガスおよび電気の契約者本人(または配偶者)による申し込みが必要。
  • 電気供給エリアを確認。
  • 現在の電力会社の電気使用量のお知らせ(検針票)を用意。
  • 電気のWEB検針票の場合は、供給地点特定番号、現在の電力会社の電気契約名義、契約番号(お客さま番号)を控えておく。
  • 申し込みはWebフォームか電話で申し込む。

引越し(転入)して申し込み

  • ガスおよび電気の契約者本人(または配偶者)による申し込みが必要。
  • 電気供給エリアを確認。
  • あらかじめ使用開始日を決める。
  • 電話の場合、引越し先の電気メーターの計器番号または供給地点特定番号が必要。
  • 申し込み内容の確認のため、電話確認がある場合がある。
  • 申し込みはWebフォームか電話で申し込む。

東京ガスの電気のQ&A

Q1:電気を申込みはどうすればいい?

編集部の画像

編集部

申し込みフォームから手続きができます。料金シミュレーションもありますので料金が確認できます。他社から東京ガスに電気を切り替えの場合、元の電力会社への連絡は原則必要ありません。(引越しの場合は使用停止の連絡が必要です。)

東京ガスの都市ガスを使用していない場合でも、電気供給エリア内であれば東京ガスの電気に申し込みできます。

Q2:東京ガスの電気に切り替えるのに工事や費用は発生する?

編集部の画像

編集部

東京ガスの電気に切り替える際には、原則工事や費用は必要ありません。電気メーターがスマートメーターでない場合には、一般送配電事業者(東京電力パワーグリッド(株))が無料でスマートメーターに取り替えます。(電気メーター設置状況によっては、別途工事費がかかる場合があります。)

Q3:検針票がないが電気の切り替えを申込める?

編集部の画像

編集部

電気切り替えの申込みは検針票がなくても、お客さま番号・供給地点番号等の入力事項がわかればインターネットで申込みできます。東京ガスのお客さま番号は、お客さま番号照会からお調べられます。(口座振替・カード払いのみ利用できます。)必須入力項目が不明な場合は電話で申込みしてください。

Q4:他社から切り替えの申込後いつから東京ガスの電気に切り替わる?

編集部の画像

編集部

東京ガスの電気へは、申し込みで切替手続き完了後の最初の電気の計量日から切り替わります。手続きが完了したら「電気の契約内容のお知らせ」ハガキを送ります。手続きには通常1~2ヶ月程度かかります。Webから申し込みした場合(検針票を撮影する「スマホで簡単申し込み」は除く)はインターネット受付照会から受付状況の照会が可能です。利用できない場合は、電話で問い合わせしてください。

Q5:支払状況や過去の使用量・請求額の確認はできる?

編集部の画像

編集部

使用量や料金の支払状況などの照会は、myTOKYOGASにログインし、「料金」ページの下部にある「請求履歴」にて確認できます。myTOKYOGASに登録できない場合やmyTOKYOGASに情報が反映される前の場合は、支払証明書等の発行などは電話で連絡してください。

※料金・月別使用量データは請求確定後(ガス検針の2~3営業日後)に反映されます。

※支払状況の反映には10日程度かかる場合があります。

※検針は1か月ごとに実施するので、日別での使用量は確認できません。

Q6:パッチョポイントを交換したい

編集部の画像

編集部

パッチョポイントの交換は「ポイントを使う」ページから手続きできます。ポイントの交換には電話認証が必要です。

※パッチョポイントをガス・電気料金等には使えません。

※提携ポイントへの交換は原則本人または家族名義のカード(Tカードは本人のみ)に交換してください。

東京ガスの電気への切り替えで電気料金をもっと安く

東京ガスの電気について紹介しましたがいかがだったでしょうか?東京ガスの電気の一般家庭向けの「基本プラン」は、基本料金は東京電力と同じですが電力量料金が安くなっています。

 

また、安定した新電力サービス会社でポイントを貯めたり、ガスとセットで利用するとさらに割引があります。さまざまなお得なキャンペーンもあるので公式サイトでチェックしてみてください。

ガスと電気でさらに割引になるセット割がある

【東京電力より安くて東京ガスの利用者以外でも契約可能】

東京ガスと東京電力は電気の基本料金は同じですが、電気量料金が安くなります。また電気の利用が少ない一人暮らしでは割高になる場合がありますが。東京ガスの電気なら全ての世帯にお得。東京ガスの利用者以外でも申し込みが可能です。

 

【東京ガスの電気とガスセット割で0.5%安くなりお得】

東京ガスのガスを利用しているなら、電気とまとめてセット割を利用して電気代を0.5%割引できます。ただしセット割りで割引が適用されるのは電気代のみでガス代は割引されません。

 

【東京ガスのポイントが毎月たまる】

東京ガスの電気では月々の電気代1,000円につき15ポイントが付与されます。貯まったポイントは9つの提携しているサービスとも交換でき、dPOINTや楽天ポイントなどに交換して使用できます。

 

>>>公式サイトで詳細をみる!

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年06月22日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

レモンガスの料金は安いって本当?気になる口コミや評判を紹介!

レモンガスの料金は安いって本当?気になる口コミや評判を紹介!

電気・ガス
エルピオ都市ガスの料金は安いって本当?気になる口コミや評判を紹介!

エルピオ都市ガスの料金は安いって本当?気になる口コミや評判を紹介!

電気・ガス
楽天ガスの口コミや評判を徹底調査|楽天ガスは高いって本当?

楽天ガスの口コミや評判を徹底調査|楽天ガスは高いって本当?

電気・ガス
エルピオ電気の料金は安いって本当?気になる口コミや評判を紹介!

エルピオ電気の料金は安いって本当?気になる口コミや評判を紹介!

電気・ガス
一人暮らしにおすすめの電気会社ランキング13選【2022年最新】

一人暮らしにおすすめの電気会社ランキング13選【2022年最新】

その他
電気あんかの人気おすすめランキング15選【コードレスなど】

電気あんかの人気おすすめランキング15選【コードレスなど】

電気毛布・ひざ掛け