ゼニュムの口コミ・評判を調査!効果なしの噂や矯正治療の流れなども紹介

記事ID44916のサムネイル画像

Web無料診断や専用アプリを使って、ほとんど通院せずにマウスピース矯正治療ができると噂のゼニュム。そこで今回はゼニュムの口コミや評判、特徴などをまとめました。治療の流れや矯正プランなども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

専用アプリなどを使った新しい矯正治療

   

ゼニュムってどんな矯正方法?

「前歯など歯並びが気になる歯がある」「矯正治療を受けたいけれども歯医者に通院する時間がない」といった悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、最低2回の通院でアプリを使いながら部分矯正ができる「ゼニュム」です。

 

ゼニュムなら、最初にWebの無料診断で矯正可能か診断してもらえるほか、矯正治療中も専用アプリで矯正管理ができるので、時間がない方でも部分矯正が可能です。目立ちにくい透明なマウスピースを使った矯正なので、ワイヤー矯正に抵抗がある方にもおすすめです。

 

ただ、ゼニュムは日本での事業が始まってから間もない矯正治療なので、本当に利用しても大丈夫なのか不安な方もいるのではないでしょうか。そこで、この記事では、ゼニュムの口コミや評判を中心に、治療の流れや矯正プランまで詳しくご紹介します。

ゼニュムの口コミ・評判は?

ゼニュムを利用するかどうか迷っている方は、実際のユーザーの声を参考にしてください。ここでは、ゼニュムの良い口コミと悪い口コミの両方を探してみました。

ゼニュムの良い口コミ・評判

良い口コミ①

良い口コミとしては「購入前のシミュレーションが良かった」との口コミがありました。購入前にシュミレーションでどのように歯が移動していくかを3Dデータで確認できたり、細かい疑問などをチャットで相談できたるするので、不安を軽減するのに役立ちます。

良い口コミ②

ほかにも、「専用アプリによって矯正中の管理もやりやすい」との口コミも見受けられました。アプリには毎日の記録をつけられるだけでなく、不安に感じた点や疑問・質問を専属のスタッフとすぐにチャットできるので、矯正が完了するまで管理しやすくなっています。

ゼニュムの悪い口コミ・評判

ゼニュムの悪い口コミも探してみましたが、ネット上ではまだサービスが開始してからそれほど期間が経っていないのもあって、悪い口コミは見つかりませんでした。今後、もしゼニュムの悪い口コミがあれば追加して情報をお伝えします。

ゼニュムの特徴や治療の流れを紹介

ゼニュムはどのような特徴を持つ矯正治療のプログラムなのかご紹介します。また、どのようにして矯正を行うのか、ゼニュムの治療の流れも解説していきます。

ゼニュムの特徴

まず、マウスピース矯正を行っているゼニュムの特徴からご紹介します。ゼニュムは現在東南アジアで急成長している企業が提供しているマウスピース矯正ブランドです。

シンガポール発のマウスピース矯正ブランド

ゼニュム(Zenyum)は、シンガポールを拠点としているスマイルコスメカンパニーです。シンガポールや香港など東南アジアで展開し、日本は9拠点目になります。マウスピース矯正のほかにも、電動歯ブラシや歯磨き粉などのオーラルケア製品の販売も手掛けています。

専用アプリを使った遠隔でのマウスピース矯正

ゼニュムの大きな特徴としては、専用アプリを使った遠隔治療を行っている点にあります。専用アプリで治療のモニタリングとガイダンスの提供を行っています。そのため、ユーザーは最低2回通院すればいいほか、遠隔でマウスピース矯正を進められます。

ゼニュムによるマウスピース矯正の流れ

ゼニュムでマウスピース矯正を行う場合、どのような流れで行うのかをご紹介します。基本的な流れを頭に入れておけば、スムーズに矯正治療を進められます。

ステップ①:スマホで無料WEB診断を行う

最初にゼニュムで治療が可能かどうかを確認するため、WEB診断を行います。スマホで歯が見える笑顔の写真を何枚か撮影し、送信するだけでOKです。ゼニュムの歯科医が矯正治療が可能か診断を行い、もし可能であれば次のステップに進みます。

ステップ②:提携クリニックで診察

次にゼニュムの提携しているクリニックで歯科医による診察を受けます。レントゲン撮影によって歯の状態を詳しく確認し、歯型の採取を行います。歯型の採取はクリニックによって方法が異なり、3Dスキャンまたはシリコン素材の印象材を使って行います。

ステップ③:治療計画を確認・契約する

検査結果をもとにシミュレーションが作成され、治療計画を立ててもらいます。シミュレーションを確認し、納得できれば契約に進みます。その後、治療計画に合わせて、一人ひとりに合わせてカスタマイズされたマウスピースが制作されます。

ステップ④:マウスピース矯正の開始

契約すると4週間以内にゼニュムからマウスピースが届いて、マウスピース矯正の治療が始まります。通常、マウスピース矯正では少しずつ変化する歯並びに対応した新しいマウスピースを装着するため、何度も歯科医院に通う必要がありますが、ゼニュムではその必要がありません。

ステップ⑤:専用アプリで経過を報告する

ゼニュムでは専用アプリを使って毎日お口の写真を撮って送信します。提携クリニックの歯科医師がアプリを通してユーザーの進捗状況を確認してくれます。ゼニュムのマウスピース矯正に必要な治療期間は平均で約6か月ほどになります。

ステップ⑥:矯正終了と保定の開始

最後のマウスピースを装着し終わったらクリニックに行って、歯科医によるチェックを受けます。矯正が完了しているかを歯科医が判断し、理想の歯並びになっていれば矯正は終了です。その後、保定期間と呼ばれる保定装置(リテーナー)を使って歯並びをキープする期間に入ります。

ゼニュムのメリット・デメリット

ゼニュムのマウスピース矯正を受けると、どのようなメリットやデメリットがあるかをご紹介します。両方をよく比較したうえで治療を受けるか検討してください。

ゼニュムのメリット

最初にゼニュムのメリットからご紹介します。ゼニュムの矯正は通院回数が少ないほか、痛みが少なく目立ちにくいといったメリットがあります。

歯科院への通院回数や費用を抑えられる

ゼニュムで治療を行うと、スマホで無料の初期診断が完結するほか、専用アプリで治療のモニタリングとガイダンスを行います。アプリによって歯科医師が経過観察を行えるので、歯科医院に通う回数や、それに伴う費用を軽減するのに役立ちます。

異物感や痛みが少ない

ワイヤー矯正の場合、ブラケットやワイヤーが口の中に当たるため、違和感や痛みを感じる場合があります。マウスピース矯正の場合、最初は口の中に違和感を感じますが、徐々に慣れて気にならなくなるほか、最悪の場合は装置を自分で外すのも可能です。

透明な器具を使用するので目立ちにくい

ワイヤー矯正の場合、金属製の器具を装着するため、器具を装着しているのがどうしても目立ってしまいます。その点、マウスピース矯正の場合は器具が透明なプラスチックなので、装着しているのが目立ちにくいのもメリットの一つです。

治療中のトラブルが少ない

ワイヤー矯正の場合、矯正装置が外れたり、治療中に虫歯や歯周病になりやすかったりするなどトラブルが起きやすいです。マウスピース矯正の場合は、指示されたとおりにマウスピースを装着していれば、ほとんどの場合トラブルなく矯正治療が終了するのもメリットです。

抜歯せずに治療できる可能性が高い

矯正ではあごの広さが十分でない人の場合、歯が並ぶスペースを確保できないため、抜歯するケースがあります。ゼニュムでは、親知らずが矯正するうえで問題となっていなければ抜歯する必要はありません。抜歯をするのに抵抗がある方にもおすすめです。

ゼニュムのデメリット

メリットの多いゼニュムのマウスピース矯正ですが、デメリットもいくつかあります。次にゼニュムのデメリットについて解説します。

歯並びによっては適応できない場合がある

マウスピース矯正は残念ながら、すべての歯並びの人に治療が可能なわけではありません。歯の重なり具合が重度の場合や、歯の本数が少なすぎる場合には治療できないケースがあります。治療できるか確認するため、まずは無料のweb診断を受けてみるのがおすすめです。

1日20時間以上装着する必要がある

マウスピース矯正では、1日に20時間以上器具を装着しておく必要があります。マウスピースを外した状態が長く続くと、治療に余計な時間がかかってしまう可能性があるからです。基本的には食事の時以外は装着しておく必要があると考えておきましょう。

ゼニュムがおすすめな人

ここまでご紹介してきたゼニュムの特徴やメリット・デメリットを踏まえたうえで、どのような人におすすめのサービスなのかご紹介します。

部分矯正で歯並びを整えたい人

ゼニュムは部分矯正に対応しています。そのため、前歯だけなど部分的に歯並びを整えたいと考えている方におすすめです。部分矯正は歯を動かす範囲が限られていたり、期間も短くて済むほか、矯正費用も安く抑えるのに役立つ方法です。

忙しくて歯医者に行く時間が取れない人

ゼニュムではクリニックに行かなくてもWeb診断で矯正可能かどうか判断してもらえます。また、アプリで矯正治療の管理ができるので、最低2回歯科医院に通うだけで矯正が完了します。そのため、忙しくて何回も矯正治療に通う時間がない方におすすめです。

目立ちにくい矯正を試してみたい人

ゼニュムでは透明なプラスチックで作られたマウスピースを使った矯正を行えます。治療を行っているのが周りの人に目立ちにくいため、ワイヤー矯正の見た目に抵抗がある方や、人と良く接する職業で口元をよく見せる機会がある方にもおすすめです。

ゼニュムの矯正プランや支払い方法をチェック

ゼニュムの矯正治療を受けるうえで、費用がいくらかかるか、またどのような支払方法があるか気になる方は多いのではないでしょうか。ゼニュムの矯正プランや支払い方法をご紹介します。

ゼニュムの矯正プラン

ゼニュムでは、矯正費用以外にも、初期検査費用やリテーナー費用がかかります。ゼニュムの矯正治療にかかる費用を下の表にまとめましたので、参考にしてください。

 

治療内容 費用(税込)
初期検査費用 約2万円(提携クリニックによって異なる)
部分矯正の価格 324,500円
全体矯正の価格 取り扱いなし
紛失・破損等によるマウスピース再製造 2万円※
リテーナー費用 3万円

※再度歯型採取が必要な場合

 

ゼニュムでは、診断やシミュレーションの作成を行う初期検査で約2万円の費用がかかります。ただし、この金額は目安で提携クリニックによって価格は変動します。矯正は部分矯正のみで、324,500円(税込)で行えます。

 

万が一マウスピースが破損したり、紛失したりした場合は再製造が可能ですが、再度歯型を採取する必要がなければ無料で再製造してもらえます。ほかには、保定期間に装着するリテーナーを購入するのに、上下あわせて3万円が必要になります。

ゼニュムの支払い方法

ゼニュムの支払い方法は、クレジットカードか銀行振り込みによる一括払いのほか、クレジットカードによる分割払いに対応しています。銀行振り込みの場合は、申し込みから1週間以内に支払いを行う必要がありますので注意しましょう。

 

また、クレジットカードでの分割払いを選択した場合、支払回数は3回~24回で選択できます。3回までの分割払いなら手数料がかからないため、できるだけ費用を抑えたい場合は3回までの分割払いを選択するのがおすすめです。

返品やキャンセルは受け付けている?

ゼニュムのマウスピース矯正を申し込んだ後の返品やキャンセルは原則として受け付けていません。ただし、以下のような場合には返金に対応しています。

 

  • 治療計画通りに矯正が進まず、マウスピースが入らなくなった
  • 治療状況をきちんと連絡し、医師による指示通りに治療を進めた
  • 治療を進めるのが難しいと提携クリニックの医師が判断した

 

返金対応を行う場合でも、返金額は治療の進捗状況によって異なります

ゼニュムの提携クリニックはどこ?

ゼニュムでマウスピース矯正を行う場合、初期検査と最終チェックのために最低2回は提携クリニックに通院する必要があります。現在のところ提携クリニックは全国に約20院あります。主な提携クリニックを下の表にまとめましたので、自宅から近いクリニックを選んで通いましょう。

 

クリニック名 診療時間 休診日 住所
渋谷ルーブル歯科・矯正歯科 火~金:10:00~13:00
15:00~19:30
月・祝日・隔週木曜・隔週日曜 東京都渋谷区神南1丁目20-17 BC神南PROPERTY 6F
品川港南歯科クリニック

月~金:10:00~13:30
15:00~19:00

土:10:00~13:30
15:00~17:00

日・祝日 東京都港区港南2丁目5−11 大三洋行品川ビル 4F
名古屋ウィズ歯科・矯正歯科

月~金:10:00~13:30
15:00~19:00

土:10:00~13:30
14:00~18:00

日・祝日 愛知県名古屋市中村区名駅2丁目44番2号 オーキッドGビル 2階
なんばアップル歯科

月・火・木・金:11:00~20:00

水:9:30~13:00

土:9:30~17:00

日曜日 大阪府大阪市中央区難波千日前15-15 難波503 BRAVE
三宮アップル歯科

月・火・木・金:9:30~18:30

水:9:30~13:00

土:9:30~17:00

日曜日 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5丁目2-2 三信ビル 3階

ゼニュムの気になる疑問をQ&Aで確認

ゼニュムについて良くある質問に編集部がお答えします。よく疑問点を確認したうえでゼニュムを利用するか検討してください。

上歯または下歯のみの治療は可能ですか?

編集部の画像

編集部

ゼニュムのマウスピースは上の歯と下の歯を同時に治療するように設計されたものです。片方のあごの歯だけが曲がっている場合は、そちらの歯を集中的に移動させ、反対側のあごの歯は少しだけ移動させる形になります。

18歳未満でもゼニュムの矯正治療を受けられますか?

編集部の画像

編集部

ゼニュムの矯正治療は18歳以上を対象にしています。18歳になってから治療を検討しましょう。

治療結果に満足できない場合はどうしたらいいですか?

編集部の画像

編集部

もし治療結果に満足できない場合は、追加の透明歯科矯正セットを無料で提供してもらえます。ただし、その場合には歯の状態の再診断が必要になり、その費用(約1万円)は提携クリニックに支払う必要があります。

マウスピース矯正なので目立ちにくい!

ゼニュムの口コミや評判を中心に、特徴やメリット・デメリット、治療の流れなどをご紹介してきました。ゼニュムなら忙しい方でも専用アプリを使いながら、最低2回の通院で気になる歯並びを矯正できます。ぜひ、無料のWEB診断で矯正可能か調べてみてください。

専用アプリなどを使った新しい矯正治療

【最低2回の通院で矯正可能】

ゼニュムでは最初にスマホでお口の写真を撮って送信するだけで矯正治療が可能かを医師が判断してくれます。また、矯正治療中も専用アプリで管理するため、最低2回の通院だけで矯正治療が可能なため、忙しい人にもおすすめです。

 

【分かりやすい料金設定】

ゼニュムでは、治療費用として324,500円(税込)の分かりやすい料金設定となっていて、追加費用はかからない仕組みになっています。もし、破損した場合でも歯型採取が必要でなければ無料でマウスピースを再作成してもらえます。

 

【マウスピース矯正なので目立ちにくい】

ゼニュムの矯正は透明なプラスチック製のマウスピースを使用しているので、金属製のワイヤー矯正よりも目立ちにくいです。食事中や歯磨きの時にも取り外しが可能なので、ストレスが少ないほか、虫歯や歯周病などのトラブルも少ない治療法です。

販売会社 株式会社 Zenyum Japan 矯正方法 マウスピース矯正
矯正期間 3〜15か月 クリニック訪問頻度 最低2回
矯正装置の装着時間 1日20~22時間 提携クリニック 全国約20院

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年07月01日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

キレイライン矯正の口コミや評判を徹底調査!気になる料金も合わせてご紹介

キレイライン矯正の口コミや評判を徹底調査!気になる料金も合わせてご紹介

病院・クリニック
子供用矯正箸の人気おすすめランキング10選【イシダやエジソンなどの人気メーカーもご紹介】

子供用矯正箸の人気おすすめランキング10選【イシダやエジソンなどの人気メーカーもご紹介】

ベビー用品
ガードナーベルトの口コミ・評判を調査!効果なしの噂や骨盤矯正の効果・使い方なども紹介

ガードナーベルトの口コミ・評判を調査!効果なしの噂や骨盤矯正の効果・使い方なども紹介

ボディケア用品
骨盤矯正椅子のおすすめ人気ランキング15選【椅子に置くタイプも紹介】

骨盤矯正椅子のおすすめ人気ランキング15選【椅子に置くタイプも紹介】

健康グッズ
【悪い口コミ調査】バランローズヘアエッセンスオイル縮毛矯正効果や使い方も解説!

【悪い口コミ調査】バランローズヘアエッセンスオイル縮毛矯正効果や使い方も解説!

コスメ・化粧品
猫背矯正ベルトのおすすめ人気ランキング26選【男性や子供にも効果ありの姿勢矯正ベルト】

猫背矯正ベルトのおすすめ人気ランキング26選【男性や子供にも効果ありの姿勢矯正ベルト】

健康グッズ