新潟で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【名医がいるのはどこ?保険適用になる?】

記事ID30926のサムネイル画像

まぶたの腫れぼったさへのアプローチが期待できる眼瞼下垂手術ですが、その他にもドライアイのケアやぱっちり二重を目指せるなど、目の印象を変えられるのでおすすめです。


今回は新潟にある眼瞼下垂手術におすすめのクリニックについて紹介します。新潟で眼瞼下垂手術を行うクリニックを探している方はぜひ参考にしてください。

腫れぼったいまぶたは眼瞼下垂かも!

二重整形の普及により、ぱっちり二重に憧れる方は多いですよね。腫れぼったいまぶたでお悩みの方の中には、まぶたを上げる筋肉のゆるみなどが原因で起こる「眼瞼下垂」かもしれません。眼瞼下垂の治療にはクリニックでの手術が必要です。

 

眼瞼下垂手術は、眠そうな印象を与えてしまうまぶたの腫れぼったさを取り除いてぱっちり二重を目指せすだけでなく、さらにまぶたが目に被さって起こる肩こりや眼精疲労を和らぐ効果が期待できます。

 

今回は、新潟にある眼瞼下垂手術におすすめのクリニックを紹介します。新潟周辺で眼瞼下垂手術を行うクリニックを探している方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

編集部おすすめのクリニックはここ!

腫れや内出血を抑えてくれる

【累計症例数約60万件から量質転化された手術力!】

二重術において年間10万人以上の実績を誇るメディカルグループで、二重術を受けた方の2.5人に1人が湘南美容クリニックを選んでいます。豊富な実績や経験豊富な医師が揃っており、より理想に近い目元を目指してくれます。

 

【切開法で効果の持続が期待できる】

湘南美容クリニックでは挙筋短縮術をおこなっています。瞼板から挙筋をはずして縫い縮め引き上げる力をサポートする方法で、二重のラインか睫毛直上を切開します。また切らない眼瞼下垂手術と呼ばれるSBCデカ目術もおこなっています。

 

【1~3年の保証制度あり!】

眼瞼下垂手術の場合1~3年の保証期間があり、保証期間内であれば不整、左右差があり医師が必要と判断した場合や再下垂が発生して医師が必要と判断した場合などの再施術が無料です。

>公式サイトで詳しく見る!<

コース 価格(税込)

眼瞼下垂

両目

380,410円

眼瞼下垂+ 二重

両目

435,680円

カウンセリング

無料

※自由診療のため保険適用外です

新潟院へのアクセス

新潟市中央区八千代2-1-2 ビルボードプレイス 3F JR新潟駅から徒歩5分

クリニック情報

料金(眼瞼下垂+二重で両目の場合)435,680円(税込)

休業日 なし 営業時間 10:00~19:00 

眼瞼下垂とは?種類と原因を紹介

眼瞼下垂とは、上まぶたが加齢や先天的な理由で垂れ下がることで目が開きにくくなったり、視界が狭くなったりする現象です。また、眼瞼下垂の症状がある方は無意識のうちに視界を確保しようとしており、目を開くために力を入れている場合が多いです。

 

そのため、目周辺の筋肉の慢性的な疲労から肩こりや頭痛を引き起こりやすくなります。さらに眼瞼下垂の方は額の筋肉を使って無理やり視界を広げようとしているので、眼精疲労やドライアイの症状も出やすい特徴があります。

 

眼瞼下垂にはさまざまな種類があり原因に違いがあるので、自分はどのタイプなのかを確認しましょう。

生まれつき起こる「先天性眼瞼下垂」

先天性眼瞼下垂は生まれつきまぶたを上げる筋肉の力が弱かったり、筋肉に異常があったりする方の場合これにあたります。上まぶたが十分に開けられずに、上まぶたが黒目を被っている状態が生まれつき見られます

 

また、先天性眼瞼下垂でまぶたが上げにくい状態が続くと視力の発達に悪影響を及ぼします。そのため子どものまぶたに眼瞼下垂がみられたときは、医師と視力の発達の経過を相談したうえでできるだけ早く手術を行うといいです。

加齢や生活習慣で起こる「後天性眼瞼下垂」

後天性眼瞼下垂は、まぶたが何らかの原因によって徐々に下がると発症する眼瞼下垂です。以下では、主な原因について紹介します。思い当たる方は要チェックです。

コンタクトを長期的につけると起こる「コンタクト性眼瞼下垂」

コンタクト性眼瞼下垂は、ハードコンタクトレンズの長期間使用が原因で発症する眼瞼下垂です。コンタクトレンズを目に入れるときに目をカッと開く行為を続けていると、まぶたの軟骨と上眼瞼挙筋の間の筋がこすれて発症する可能性があります。

加齢で起こる「加齢性眼瞼下垂」

加齢性眼瞼下垂は、加齢によって上眼瞼挙筋の末端にある腱膜が伸びると発症する眼瞼下垂です。さらに、皮膚のたるみや筋肉の衰えが原因となって発症する場合もあります。眠そうな印象を与えたり物が見えにくくなったりするので早めの対処が必要です。

「白内障の内眼手術」が原因でも起こる可能性

元々のまぶたが重めでさらに白内障や緑内障の手術後の炎症がひどいと、眼瞼下垂を発症する場合があります。さらに、白内障手術と眼瞼下垂手術を予定している場合は、できるだけ眼瞼下垂手術を先に行うといいです。

「アイメイクやアレルギー」が原因の眼瞼下垂

過剰なアイメイクやアレルギーも眼瞼下垂を発症する原因になります。特にアイプチや二重テープはまぶたに大きな負担をかけてしまいます。アイプチやアイテープの糊によるかぶれが眼瞼下垂の原因になる場合もあるので注意してください。

二重整形と眼瞼下垂手術の違い

二重手術はまぶたの状態に合ったさまざまな方法があり、主に美容目的で行われます。メスを入れて二重ラインを作る切開や、医療用の糸と針で数点縫い付けて固定する埋没などデザイン性が高く、二重の線を作ることに重きを置いています。

 

対して眼瞼下垂手術は、基本的に切開をしてたるんだ眼瞼挙筋腱膜という筋肉をまぶたに縫う手術で、視界にまぶたがかぶさらないようにするなど機能性を重視して行うものです。しかし通常の美容整形とは異なり、患者のデザインの希望は通りにくいです。

 

埋没法など二重整形と同じような方法でもアプローチできるため、二重がきれいになるようにしたいなど美容目的になると二重整形で対応します。

眼瞼下垂手術のメリット・デメリット

ここからは、眼瞼下垂手術のメリットとデメリットをくわしく解説します。術後のトラブルを避けるためにも、メリットだけでなくデメリットをしっかりと把握しておいてください。

【目次】

<メリット>

<デメリット>

メリット①肩こりや眼精疲労が気にならなくなる

手術を行うと、今まで目を開くために使っていた額の筋肉を使わずに簡単に目を開けられるようになります。そのため額の緊張がほぐれて頭痛や肩こり、眼精疲労が気にならなくなる効果が期待できます。

メリット②ぱっちりとした目の印象になる

眠たそうな目の印象や目つきの悪さから変わってまぶたが上がって黒目が大きく見えるようになるので、ぱっちりとした目の印象が目指せます。さらに眉間のしわもできにくくなるので、顔全体が若々しい印象になる効果も期待できます。

メリット③視野が広くなる

眼瞼下垂手術を行うと、多くの場合まぶたの筋力を縫い付けるものなので、今までより目をはっきり開けるようになり視野が広がります。また、まぶたの重さによる見えにくくなるストレスも軽減できるので、生活面でのメリットが大きいです。

デメリット①術後に角膜炎を起こすリスクがある

切らない眼瞼下垂手術は、まぶたを上げるために目の裏から糸で留めています。その糸の結び目が目に当たり続けると目を傷つけて角膜炎を引き起こす場合があるので注意してください。糸の結び目が当たって目がゴロゴロするときは、早めにクリニックを受診しましょう。

 

デメリット②保険適用されず自由診療だと費用が高くなる

眼瞼下垂手術は主に生活面でのメリットが大きい手術で、保険が適用されることのある手術ですが、二重整形と同じような方法で施術を行うと保険が適用されず費用が高額になる場合があります。

 

そのため、眼瞼下垂手術を受ける場合はあらかじめ保険が適用されるかどうかを確かめる必要があります。特に、美容目的かそうでないかで保険適用かどうかが変わります。

 

【失敗しない】眼瞼下垂手術を行うクリニックの選び方

ここからは、眼瞼下垂手術を行うクリニックの選び方を詳しく紹介します。また、クリニックによって雰囲気や通いやすさは異なるので、自分に合ったところを選びましょう。

クリニックの雰囲気や医師との相性で選ぶ

眼瞼下垂手術を行うクリニックは、自分が通いやすいかどうかで選ぶのがおすすめです。クリニックによっては施術のために通院が必要な場合があるため、家や最寄り駅から近いところにあるクリニックを選ぶのがおすすめです。

 

車で通う方は、駐車場があるかもチェックしてください。

通いやすさで選ぶ

眼瞼下垂手術を行うクリニックは、クリニックの雰囲気や医師との相性で選ぶのもおすすめです。また、眼瞼下垂手術のメリットだけでなくデメリットについてもしっかりと説明してくれる医者を選びましょう。

 

さらに、患者の目線に立って説明をしてくれるかもチェックしてください

後悔しないためにも「カウンセリング」の丁寧さをチェック

眼瞼下垂手術を行うクリニックを選ぶ際は、施術前にカウンセリングがあるかを必ずチェックしてください。手術についての疑問や不安な点がある場合は、事前に医師に相談しておきましょう。

 

また、無料でカウンセリングを行っているクリニックだと気軽に相談しやすいのでおすすめです。

アフターケアの有無で選ぶ

眼瞼下垂は術後のアフターケアによって腫れや内出血が引くまでの期間が変わる場合もあるため、術後の経過を観察する検診や施術別の保証制度を設けているクリニックがおすすめです。

名医を探すなら「施術実績や口コミ」をチェック

眼瞼下垂手術を行うクリニックを選ぶ際は、施術実績や口コミもチェックするのがおすすめです。また、実際に手術を受けたことがある人のリアルな口コミを参考にすると手術のイメージが付きやすくなります

 

しかし、口コミはインターネット上のもので匿名性が高いので、すべてを鵜呑みにするのは危険です。あくまで参考程度にして、特に施術内容についての口コミは事実確認が難しいので信じすぎないようにしましょう。

新潟で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7院

腫れや内出血を抑えてくれる

【累計症例数約60万件から量質転化された手術力!】

二重術において年間10万人以上の実績を誇るメディカルグループで、二重術を受けた方の2.5人に1人が湘南美容クリニックを選んでいます。豊富な実績や経験豊富な医師が揃っており、より理想に近い目元を目指してくれます。

 

【切開法で効果の持続が期待できる】

湘南美容クリニックでは挙筋短縮術をおこなっています。瞼板から挙筋をはずして縫い縮め引き上げる力をサポートする方法で、二重のラインか睫毛直上を切開します。また切らない眼瞼下垂手術と呼ばれるSBCデカ目術もおこなっています。

 

【1~3年の保証制度あり!】

眼瞼下垂手術の場合1~3年の保証期間があり、保証期間内であれば不整、左右差があり医師が必要と判断した場合や再下垂が発生して医師が必要と判断した場合などの再施術が無料です。

>公式サイトで詳しく見る!<

コース 価格(税込)

眼瞼下垂

両目

380,410円

眼瞼下垂+ 二重

両目

435,680円

カウンセリング

無料

※自由診療のため保険適用外です

新潟院へのアクセス

新潟市中央区八千代2-1-2 ビルボードプレイス 3F JR新潟駅から徒歩5分

クリニック情報

料金(眼瞼下垂+二重で両目の場合)435,680円(税込)

休業日 なし 営業時間 10:00~19:00 

N CLINIC(エヌクリニック)

N CLINIC(エヌクリニック)

それぞれの患者に合った施術方法を提

Nクリニックでは無料でカウンセリングを受けられるので、手術の不安や疑問点を解決しやすいのが特徴です。

 

また、目のくぼみ具合やもともとの二重の幅などさまざまな点から総合的に見て患者に合った施術方法を提案してくれるので、よりきれいな仕上がりを目指せます。

※自由診療のため保険適用外の場合もございます

クリニックへのアクセス

新潟県新潟市中央区花園1-2-1 フォーサイト花園6F JR新潟駅の万代口から徒歩約10秒

クリニック情報

料金(目の上のたるみ取りの場合)462,000円(税込)

営業時間 10:00 ~ 19:00 休業日 不定休

保険適用の切らない眼瞼下垂手術が魅力

しむら皮膚科クリニックでは、重度軽度によって施術方法を変えており、軽度ならメスを使わずに糸だけで眼瞼下垂手術ができる「経結膜的ミューラー筋タッキング通糸法」を採用しています。

 

美容目的でなく単に治療目的なら保険適用で費用が抑えられるので、生活に実害が出ている方などはこちらを検討してみましょう。

クリニックへのアクセス

新潟市中央区天神尾1-11-11 新潟駅から徒歩約11分(2023/1/6移転予定)

クリニック情報

料金 3割負担の場合 36,420円(税込) 

営業時間 月・火・水・金9:30~12:30、15:00-18:30 土 9:30~13:00 

休業日 木・日・祝

さとう美容クリニック

さとう美容クリニック

大学病院レベルの美容医療を受けられる

美容・形成外科・AGA・ED診療と幅広い分野の治療を受けられるのもが魅力のクリニックです。痛みの伴う治療には必ず細い針で局所麻酔を行うので、痛みに弱い方でも受けやすいです。

※自由診療のため保険適用外の場合もございます

クリニックへのアクセス

新潟県新潟市中央区万代1-2-3 コープ野村万代2F JR新潟駅より徒歩5分

クリニック情報

料金(上眼瞼のしわ・皮膚で眼窩脂肪摘出の場合) 270,000円(税込)

営業時間 火~土10:00~13:00/14:00~18:00 休業日 日・月・祝日

個室待合室を設けている

植村美容クリニックでは個室待合室を設けているので、プライバシーをしっかりと守れます。また、クリニック全体にブラウン系の落ち着いた色が使われているので雰囲気が柔らかいのが特徴です。

 

さらに、患者の状態に合わせた切除量や長さを提案してくれるのが特徴です。新潟県内で目元整形を最も行ったクリニックとして人気を集めています。

※自由診療のため保険適用外の場合もございます

クリニックへのアクセス

新潟市中央区東大通1-4-5 日生不動産新潟駅前ビル2F 新潟駅万代口から徒歩1分

クリニック情報

料金(目の上のたるみ取りの場合) 385,000円(税込)

営業時間 10:00〜19:00 休業日 不定休

亀田眼科クリニック

亀田眼科クリニック

眼瞼下垂の日帰り手術を受けられる

亀田眼科クリニックでは、大学病院と同レベルの先進的なの手術器械を導入しているため、眼瞼下垂の日帰り手術を受けられます

 

また、小児眼科の経験豊富な視能訓練士が検査に対応してくれるので、先天性眼瞼下垂の治療を相談しやすいのも特徴です。

クリニックへのアクセス

新潟県新潟市江南区亀田四ツ興野3丁目2-25 JR信越本線「亀田駅」西口から徒歩で約15分

クリニック情報

料金(全額健康 保険適応で1割負担の方) 約8,000円(片眼)(税込)

営業時間 9:00〜12:30/15:00〜18:00 休業日 水曜午後・土曜午後・日曜日・祝日

やまもと形成外科クリニック

やまもと形成外科クリニック

炭酸ガスレーザーメスを用いた手術が特徴

炭酸ガスレーザーメスを用いて手術を行うので、手術時間が短く術後の腫れが少なくて済むのが特徴です。また、やまもと形成外科クリニックでは眼瞼下垂の日帰り手術が可能であり、健康保険も適応されます。

 

さらにクリニックは予約制なので、他の患者と一緒になることが少ないです。

※自由診療のため保険適用外の場合もございます

クリニックへのアクセス

新潟県新潟市中央区本町通7番町1085 JR新潟駅より徒歩約30分

クリニック情報

料金(両側・3割負担の場合) 約45,000円(税込)

営業時間 月〜金:10:00~18:30/土:10:00〜17:00 休業日 水曜不定期休診

眼瞼下垂手術後に気を付けるべきこと

ここからは、眼瞼下垂手術を受けた後の生活で注意すべきことについて詳しく説明します。特に、メスを使って行う眼瞼下垂手術は腫れや内出血が起こりやすいので注意してください。

アルコールの摂取や激しい運動を控える

眼瞼下垂手術を受けた後はアルコールの摂取や激しい運動を控えてください。術後にアルコールを摂取したり激しい運動を行ったりすると、毛細血管が拡張して末梢の血流が良くなるので腫れが引きにくくなります。

 

さらに、手術後にアルコールを摂取すると目の周辺がむくむ恐れもあるので注意が必要です。手術後にまぶたに血が溜まりすぎると目の奥の視神経を圧迫して失明するリスクもあるため、抜糸が済むまではジムでのトレーニングや水泳などの激しい運動を控えてください。

ハードコンタクトの使用を避ける

眼瞼下垂手術後にハードコンタクトを使用すると、入れた糸がゆるんだり眼瞼下垂が再発したりする場合があります。また、切開した組織が完全に癒着するまでにまぶたに力が加わると、仕上がりに影響が出る場合もあります。

 

そのため、術後1ヶ月を経過したら使用できるようにはなりますが刺激が少ないソフトコンタクトレンズの方がおすすめです。眼瞼下垂手術後をきっかけとして、ハードコンタクトからソフトコンタクトの使用に切り替える方もいます。

長時間湯船に浸かるのを避ける

眼瞼下垂手術後に長時間湯船に浸かると血行がよくなるので、腫れや内出血が悪化してしまう場合があります。そのため、施術当日は軽くシャワーを浴びる程度にしてください。また、シャワーを浴びる際は施術箇所に直接お湯がかからないように注意してください。

 

さらに、洗顔や髪を洗うときもできるだけ手術した箇所を濡らさないように注意する必要があります。手術当日は洗顔も避け、濡れタオルで軽く拭く程度にしましょう。そして、眼瞼下垂手術を行った直後はサウナや岩盤浴も控えるようにしてください。

アイメイクやアイプチを控える

眼瞼下垂手術を行った後はできるだけアイメイクやアイプチも控えてください。まぶたに刺激を与えるアイメイクを行うと、手術箇所に悪影響を及ぼす可能性があります。また、施術箇所に刺激が加わると腫れや内出血が引きにくくなる場合もあるので注意してください。

 

さらに、術後にアイプチやアイテープを使うとまぶたがかぶれて施術箇所に悪影響を及ぼす可能性もあります。切らない眼瞼下垂手術の場合は、こすりすぎるとまぶたを留めている糸が取れることあるので、できるだけ優しくメイクを落としてください。

眼瞼下垂手術で視界も目元も明るくなろう!

今回は、新潟にある眼瞼下垂手術におすすめのクリニックを紹介しました。眼瞼下垂手術を行うと、眼瞼下垂が原因の眼精疲労や頭痛も気にならなくなり、見た目の印象をガラッと変えられるのでとてもおすすめです。

 

この記事でおすすめしているクリニックは、湘南美容クリニックです。ぜひ多くの方に愛されている湘南美容クリニックで施術を受けて、パッと明るい生活を目指しましょう!

腫れや内出血を抑えてくれる

【累計症例数約60万件から量質転化された手術力!】

二重術において年間10万人以上の実績を誇るメディカルグループで、二重術を受けた方の2.5人に1人が湘南美容クリニックを選んでいます。豊富な実績や経験豊富な医師が揃っており、より理想に近い目元を目指してくれます。

 

【切開法で効果の持続が期待できる】

湘南美容クリニックでは挙筋短縮術をおこなっています。瞼板から挙筋をはずして縫い縮め引き上げる力をサポートする方法で、二重のラインか睫毛直上を切開します。また切らない眼瞼下垂手術と呼ばれるSBCデカ目術もおこなっています。

 

【1~3年の保証制度あり!】

眼瞼下垂手術の場合1~3年の保証期間があり、保証期間内であれば不整、左右差があり医師が必要と判断した場合や再下垂が発生して医師が必要と判断した場合などの再施術が無料です。

>公式サイトで詳しく見る!<

コース 価格(税込)

眼瞼下垂

両目

380,410円

眼瞼下垂+ 二重

両目

435,680円

カウンセリング

無料

※自由診療のため保険適用外です

新潟院へのアクセス

新潟市中央区八千代2-1-2 ビルボードプレイス 3F JR新潟駅から徒歩5分

クリニック情報

料金(眼瞼下垂+二重で両目の場合)435,680円(税込)

休業日 なし 営業時間 10:00~19:00 

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年12月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

仙台で眼瞼下垂におすすめのクリニック9選【2023年最新版】

仙台で眼瞼下垂におすすめのクリニック9選【2023年最新版】

眼瞼下垂手術
千葉で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

千葉で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

眼瞼下垂手術
宇都宮で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

宇都宮で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

眼瞼下垂手術
福岡で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

福岡で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

眼瞼下垂手術
横浜で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

横浜で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

眼瞼下垂手術
大阪で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック9選【2023年最新版】

大阪で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック9選【2023年最新版】

眼瞼下垂手術

アクセスランキング

広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。