大阪で眼瞼下垂手術できるクリニック9選【関西の名医!保険適用は?】

大阪で眼瞼下垂手術できるクリニック9選【関西の名医!保険適用は?】

眼瞼下垂手術を受けたいけど踏ん切りがつかない、病院選びが難しいと悩んでいる方も多いです。本記事では、大阪の眼瞼下垂手術が行えるクリニックをランキング形式で紹介します。なお、ランキングは通いやすさや医師の腕などをもとに作成しました。

商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

眼瞼下垂手術で開けた視界を手に入れよう!

眼瞼下垂手術を受けたいけど踏ん切りがつかないと悩んでいる方も多いと思います。まぶたが重く垂れ下がっていると年齢よりも老けて見られる場合も多いんです。また、おでこに力が入りやすくなり、頭痛や肩こりの原因にもなり得ます。

 

一口に眼瞼下垂手術といっても、その種類は多岐にわたり、人によって適した施術方法が異なります。また、眼瞼下垂手術が行えるクリニックによって強みや特徴が異なるので、どこのクリニックで眼瞼下垂手術をお願いすればいいのか迷いがちです。

 

そこで本記事では、大阪の眼瞼下垂手術が行える評判のいいクリニックをランキング形式で紹介します。なお、ランキングは通いやすさや医師の腕などをもとに作成しました。クリニックの選び方も解説するので、ぜひ最後までお読みください。

編集部が選ぶクリニックはここ!

TCB東京中央美容外科

2種類の施術方法から選択できるクリニック

大阪を含め、全国に54院がある眼瞼下垂手術が可能なクリニックです。仮に転勤になっても赴任先でアフターケアの相談ができます。またクイックデカ目術と眼瞼挙筋前転術切開法の2種類が用意されているのが特徴です。

 

いずれの方法も切開する方法と切らない方法が選択できます。また、施術時間が埋没法で15~20分、切開法の場合は30~50分ほどと短く、負担がかかりにくいのもポイントです。なお支払いには医療ローンが使えます。

ご連絡のタイミングによっては医師の退職などが原因でご希望の施術が受けられない場合がございます。
ご希望の施術が受けられるかの確認はご予約の際にコールセンターにてご確認をいただけますと幸いです。

眼瞼下垂手術のメリットや注意点について

眼瞼下垂手術のメリット

眼瞼下垂手術のメリットは、上下の視野だけでなく左右の視野も広がる点です。方向が見やすくなるので、車の運転がしやすくなったり、デスクワークがしやすくなったりと、日常生活の質が向上させられます。

 

また、眼瞼下垂が原因で発生していた目の疲れや肩への負担、頭痛などを低減する効果が期待できるのもメリットのひとつです。加えて「眠たそうに見える」「怒っているように見える」といった見た目のコンプレックスも解決できます。

眼瞼下垂手術の注意点

眼瞼下垂手術は人間の手で行われるため、どうしても失敗のリスクが付きまとう点に注意が必要です。術後に左右差が発生してしまう可能性もゼロではありません。リスクを低減するためにも医師選びをきちんと行ってください。

 

またダウンタイムがあるために化粧や運動が楽しめない点や、費用が決して安くない点にも留意が必要です。まとまったお金がすぐには用意できない方は、医療ローンがあるかどうかを事前に確認してください。

大阪で眼瞼下垂手術ができるクリニックの選び方

医師で選ぶ

手術を受ける病院を医師で選ぶのもおすすめです。ここではどんな基準で選ぶのがおすすめか紹介するので、ぜひ参考にしてください。

手術の説明が丁寧かどうか

大阪で眼瞼下垂手術ができるクリニックを選ぶ際には、担当医の説明が丁寧か確認するのがおすすめです。なかには眼瞼下垂症によるデメリットを説明しただけで施術を勧め、こちらの話を聞いてくれない医師もいるので注意してください。

 

また、本当に眼瞼下垂症手術が必要なのかを説明してくれるかも重要です。眼瞼下垂症は緊急性のある疾患ではないため、今すぐ施術を受けるのが最善とも限りません。そのあたりの説明やリスクの説明をきちんと行う医師を選んでください。

手術件数が多いかどうか

一口に眼瞼下垂症と言っても、人によってなぜまぶたが下がってしまっているのか原因が異なります。人によって条件が異なるなかで適した施術を行うには経験がポイントとなるため、担当医の手術件数が何件なのかも事前に確認してください。

 

また、手術の成功率の高さも大事な要素のひとつになります。眼瞼下垂手術は瞼を切開するのが前提の施術なので、回数が少ない方がいいです。なかには再施術前提で眼瞼下垂手術を行うところもあるので注意してください。

手術時間やダウンタイムが短いかどうか

大阪で眼瞼下垂手術ができるクリニックを選ぶ際には、施術時間の長さも事前に確認してください。施術時間が長いと身体に負担がかかりやすいのはもちろん、術中にまぶたが腫れはじめ、左右差が生まれる原因にもなるので注意が必要です。

 

また、ダウンタイムが短くするための配慮を行ってくれるかもチェックしてください。術後の管理がしっかり行えるかどうかも重要な要素のひとつです。カウンセリング時に手術の時間やダウンタイムについて質問をしておくのがおすすめになります。

名医を探すには?

名医をお探しの方は、公式のページを確認したり口コミをチェックするのがおすすめです。学歴や今までの執刀履歴、学会に発表している内容などを確認するとわかりやすいので、ぜひチェックしてみてください。

眼瞼下垂手術の種類で選ぶ

切る手術

切る手術とは、上まぶたを外側から切り開いて施術を行う方法です。全切開による挙筋腱膜前転法や結膜切開による挙筋腱膜前転法などの種類があります。まぶたの表から施術を行うため、医師がしっかりとした処置を行いやすいのが特徴です。

 

またさまざまなタイプの眼瞼下垂に対応できる点や、術後に左右差が出にくい点などがメリットに挙げられます。一方で術後に目が大きく腫れる場合がある点や、切らない手術よりもダウンタイムが長い傾向にある点には注意が必要です。

切らない手術

切らない手術とは、まぶたの表側を切開せずにまぶたの裏側からアプローチする施術法です。経結膜挙筋短縮術(けいけつまくきょけんたんしゅくじゅつ)や埋没法などの種類があります。傷口が目立ちにくい点や、ダウンタイムが短い点がメリットです。

 

一方で眼瞼下垂が重度の場合には不向きである点や、まぶたの表には触れないため皮膚のたるみを取る点はできない点に注意が必要です。また視野の狭いまぶたの裏からアプローチのため、できの良し悪しが医師の腕に左右されます。

費用で選ぶ

金額が明朗化されているかどうか

大阪で眼瞼下垂手術が行えるクリニックを選ぶ際には、ホームページなどに料金が明記されているかを事前に確認してください。眼瞼下垂手術の料金は決して安くはないので、料金が明記されていないクリニックを選ぶと費用が高くなる場合があります。

 

また、ホームページに料金が明記されている場合でも、なかには再施術前提で眼瞼下垂手術を行うところもあり、費用が嵩んでしまう場合があるので注意が必要です。カウンセリング時に手術の回数について確認してください。

支払い方法が多岐にわたるかどうか

大阪で眼瞼下垂手術が行えるクリニックを選ぶ際には、どのような支払方法が用意されているかチェックしてください。現金での支払やクレジットカード払いが一般的ですが、近年では銀行振込や電子マネーに対応しているところも増えてきています。

 

また、まとまったお金を用意するのが難しい方には、医療ローンがおすすめです。眼瞼下垂手術の料金は決して安くはありません。しかし、医療ローンを活用すれば、お金が無くてもすぐに眼瞼下垂手術が受けられます。

保険適用は可能?

眼窩下垂治療は美容目的の場合は保険適用外、生活に支障があると判断される場合は保険が適用されます。また加齢やコンタクトが原因の場合も保険が適用されるので、主治医の先生と話し合ってください。

クリニックの場所で選ぶ

大阪で眼瞼下垂手術ができるクリニックを選ぶ際、クリニックの場所がどこにあるのかも重要な要素のひとつです。眼瞼下垂症は、手術をすれば終わりの訳ではありません。抜糸などのために何度かクリニックに通う必要があります。

 

自宅や職場から近いところにクリニックがある場合や最寄り駅の近くにクリニックがある場合は、休日や仕事帰りを利用して施術を受けられるので便利です。なお、近年では遠方から通う方向けに交通費を支給するクリニックもあります。

大阪で眼瞼下垂手術ができるクリニック9選

TCB梅田大阪駅前院

2種類の施術方法から選択できるクリニック

大阪を含め、全国に54院がある眼瞼下垂手術が可能なクリニックです。仮に転勤になっても赴任先でアフターケアの相談ができます。また、「クイックデカ目術」と「眼瞼挙筋前転術切開法」の2種類が用意されているのが特徴です。

 

いずれの方法も切開する方法と切らない方法が選択できます。また、施術時間が埋没法で15~20分、切開法の場合は30~50分ほどと短く、負担がかかりにくいのもポイントです。なお支払いには医療ローンが使えます。

施術方法 クイックデカ目術、眼瞼挙筋前転術切開法(がんけんきょきんぜんてんせっかいほう) 開院時間 10:00~19:00
休診日 不定休 最寄り駅 大阪駅 徒歩4分
ご連絡のタイミングによっては医師の退職などが原因でご希望の施術が受けられない場合がございます。
ご希望の施術が受けられるかの確認はご予約の際にコールセンターにてご確認をいただけますと幸いです。

東京美容外科 梅田院

独自の切らない施術が受けられるクリニック

独自のメスを使わない術式が採用されている大阪の眼瞼下垂手術ができるクリニックです。糸を使い、まぶたの裏側からアプローチを行います。傷口が残らない点や、施術時間が15分と短いのが魅力です。

 

また通院や入院が不要な点や頭痛や肩こりの症状が軽減する可能性がある点、ダウンタイムが短い点もメリットに挙げられます。なお、支払いは60回の分割払いが選択可能です。

施術方法 オープンアイズ 開院時間 10:00~19:00
休診日 - 最寄り駅 梅田駅 徒歩約5分

共立美容外科 大阪本院

施術方法が選択できるクリニック

挙筋短縮法(きょけんたんしゅくほう)が採用されている大阪の眼瞼下垂手術が可能なクリニックです。まぶたの裏側から糸を通して挙筋を引き寄せ、引き寄せ合わせると挙筋を短縮させます。二重のラインが形成され、目が開きやすくなるのが特徴です。

 

切らない眼瞼下垂の手術方法である経結膜挙筋短縮術(けいけつまくきょけんたんしゅくじゅつ)も選択できます。また、他院で行った眼瞼下垂の手術後の修正も可能です。完全予約制が採用されているので、悩みや不安が気兼ねなく相談できます。

施術方法 挙筋短縮法(きょけんたんしゅくほう)、経結膜挙筋短縮術(けいけつまくきょけんたんしゅくじゅつ) 開院時間 10:00~19:00
休診日 年中無休 最寄り駅 心斎橋駅 徒歩約1分

聖心美容クリニック 大阪院

プライバシーが守られたクリニック

待合室が個室または半個室になっている大阪の眼瞼下垂手術ができるクリニックになります。完全予約制なので、ほかの人と顔を合わせないのが魅力です。プライバシーが守られた空間で悩みや不安が相談できます。

 

埋没法と腱膜縫縮法(けんまくほうしゅくほう)の2種類が用意されており、医師と相談しながら自分に合った方法を選択できるのがポイントです。また、いずれの方法も腫れや傷跡が最小限になるように配慮をしてくれます。

施術方法 埋没法、腱膜縫縮法(けんまくほうしゅくほう) 開院時間 10:00~19:00
休診日 - 最寄り駅 大阪駅 徒歩5分

品川美容外科 梅田院

身体に負担がかかりにくい施術が受けられるクリニック

まぶたを切開し、挙筋を縫い縮める方法を採用している大阪の眼瞼下垂手術が可能なクリニックです。入院の必要がなく、手術が終われば帰宅できます。また、施術時間が20分程度で、身体に負担がかかりにくいのも魅力です。

 

1年間の保障制度が設けられており、医師が再施術可能と判断した場合に無料で再施術が受けられます。なお、支払いにはメディカルローンが使用可能です。そのほか現金やクレジットカードも使用できます。

施術方法 切開法 開院時間 10:00~20:00
休診日 - 最寄り駅 梅田駅 徒歩約3分

水の森美容外科大阪院

カウンセリングが無料で受けられるクリニック

カウンセリングやアフターケアが無料で何度でも受けられる大阪の眼瞼下垂手術が可能なクリニックです。悩みや不安を取り除いてから施術が受けられます。また、完全予約制が採用されており、ほかの人と顔を合わせにくいのが魅力です。

 

薄く伸びた眼瞼挙筋(がんけんきょきん)を切開で固定し直す方法を採用しており、目がパッチリと開くようになります。また、肩への負担や頭痛を低減する効果が期待できるのもポイントです。なお、支払いには医療ローンが活用できます。

施術方法 切開法 開院時間 10:00~19:00
休診日 年中無休 最寄り駅 梅田駅 徒歩約7分

湘南美容クリニック 大阪心斎橋院

1年間の保証制度が設けられているクリニック

切らない施術である埋没法が選択できる大阪の眼瞼下垂手術が可能なクリニックです。メスを使わず、髪の毛よりも細い医療用の糸を使用して施術を行います。傷口が見えない点や、抜糸の必要がない点が魅力です。

 

ナチュラルな二重が実現できる切開法も選択可能です。また、いずれの方法にも1年間の保証制度が設けられています。加えて、医師が必要と判断した場合は3年間無料で再施術が受けられるのもポイントです。

施術方法 埋没法、切開法 開院時間 10:00~19:00
休診日 - 最寄り駅 心斎橋駅 徒歩約4分

大阪TAクリニック

プライバシーの保護が徹底されているクリニック

予約制が採用されており、プライバシーの保護が徹底されている大阪の眼瞼下垂手術が可能なクリニックです。プライベートな個室完備でほかの人と顔を合わせる機会がないので、気兼ねなく不安や悩みが相談できます。

 

上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)の一部を切開して縫い縮める切開法を採用しているのが特徴です。また、ダウンタイムが長く取れない方向けに非切開法も用意されています。なおカウンセリングは無料なので、相談だけでも検討してみてください。

施術方法 切開法、非切開法 開院時間 10:00~19:00
休診日 なし 最寄り駅 心斎橋駅 直結

城本クリニック 大阪院

30年以上の歴史と実績があるクリニック

30年以上の歴史と実績がある大阪の眼瞼下垂手術が可能なクリニックです。専門の知識を持った医師や看護師のみが在院しており、ユーザーが何を求めているのかを理解しつつカウンセリングや施術を進めてくれます。

 

全切開による挙筋腱膜前転法(きょきんけんまくぜんてんほう)・結膜切開による挙筋腱膜前転法・切らずに糸で留める手術の3タイプが用意されているのが特徴です。なお、支払いは医療ローンやクレジットカードでの分割払いが選択できます。

施術方法 挙筋腱膜前転法(きょきんけんまくぜんてんほう) 開院時間 10:00~19:00
休診日 - 最寄り駅 梅田駅 徒歩3分

まとめ

クリニックによって採用されている眼瞼下垂手術の方法や特徴、強みなどが異なります。そのため、カウンセリングなどを活用して自分に合ったクリニックを選ぶのが重要です。この記事を参考に眼瞼下垂手術の申し込みを検討してみてください。

大阪の施術別クリニック

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年09月27日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

千葉で眼瞼下垂手術の受けられるクリニック7選【2023年最新版】

千葉で眼瞼下垂手術の受けられるクリニック7選【2023年最新版】

眼瞼下垂手術
仙台で眼瞼下垂手術ができるクリニック8選【2023年最新版】

仙台で眼瞼下垂手術ができるクリニック8選【2023年最新版】

眼瞼下垂手術
宇都宮で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

宇都宮で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

眼瞼下垂手術
【2023年】新潟で眼瞼下垂手術のできるクリニック6院【切らない眼瞼下垂って?保険適用?】

【2023年】新潟で眼瞼下垂手術のできるクリニック6院【切らない眼瞼下垂って?保険適用?】

眼瞼下垂手術
福岡で眼瞼下垂手術を受けられるクリニック7選【2023年最新版】

福岡で眼瞼下垂手術を受けられるクリニック7選【2023年最新版】

眼瞼下垂手術
横浜で眼瞼下垂手術の受けられるクリニック8選【2023年版】

横浜で眼瞼下垂手術の受けられるクリニック8選【2023年版】

眼瞼下垂手術

アクセスランキング

広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。