横浜で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

記事ID29617のサムネイル画像
頭痛や眼精疲労の改善が期待できる眼瞼下垂手術。眼瞼下垂手術を行えば、眠そうな目の印象も改善できるので大変おすすめです。今回は、横浜にある眼瞼下垂手術におすすめのクリニックを紹介します。横浜周辺で眼瞼下垂手術を行うクリニックを探している方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

横浜にある眼瞼下垂手術におすすめのクリニックを選ぼう

肩こりや眼精疲労の改善が期待できる眼瞼下垂手術。眼瞼下垂は目に腫れぼったい印象を与えてしまいます。また、目つきが悪く感じたり、暗い印象を持たれたりする場合があるので、眼瞼下垂手術を行うのがおすすめです。

 

眼瞼下垂手術を行えば、眠そうな目の印象を改善してくれるので、見た目の印象が良くなります。さらに、腱膜性眼瞼下垂による頭痛や肩こりの改善にも効果が期待できます。肩こりや目の奥の痛みに悩んでいる方にもおすすめです。

 

今回は、横浜にある眼瞼下垂手術におすすめのクリニックを紹介します。眼瞼下垂手術を行うと、目が開きやすくなるのでかなりおすすめです。横浜周辺で眼瞼下垂手術におすすめのクリニックを探している方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

TCBならとにかく通いやすい!

東京中央美容外科は、24時間いつでも相談と予約を受け付けています。また、ドクターとのカウンセリングを実施しているので、希望通りの施術を受けやすいです。さらに、土日・祝日でも対応してくれるので、平日は仕事で手術を受けられない方でも通いやすいです。

ご連絡のタイミングによっては医師の退職などが原因でご希望の施術が受けられない場合がございます。
ご希望の施術が受けられるかの確認はご予約の際にコールセンターにてご確認をいただけますと幸いです。

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、上まぶたが垂れ下がって眼が開きにくくなったり、視界が狭くなったりする状態のことを言います。また、眼瞼下垂の方は、無意識のうちに視界を確保しようとして目を開くために力を入れている場合が多いです。

 

そのため、額や眉間にシワができたり、慢性的な疲労から肩こりや頭痛を引き起こしたりする場合もあります。また、おでこの筋肉を使って無理やり視界を広げようとするので、目が疲れやすいという症状も出やすいです。

先天性眼瞼下垂

上まぶたが十分に開けられず、前を見たときに上まぶたが黒目を被っている状態の眼瞼下垂が先天的にある状態です。原因としては、生まれつき眼瞼挙筋が弱いことや筋肉の異常があります。先天性眼瞼下垂は視力の発達に悪影響を及ぼすので、できるだけ早く改善する必要があります。

後天性眼瞼下垂

後天性の眼瞼下垂には、加齢性眼瞼下垂やコンタクト性眼瞼下垂などがあります。特に、コンタクトやアイメイクなどで目に過剰な刺激が与えられることで起こります。そのため、アイメイクを行う際は目を強くこすったり、目をかきすぎたりしないように注意してください。

加齢性眼瞼下垂

加齢性眼瞼下垂は、加齢に伴ってまぶたを開ける筋肉が薄くなり、挙筋の収縮がまぶたに伝わらなくなることで起こる眼瞼下垂です。特に60代以上に多く見られ、白内障と合わせて起こる場合もあります。下垂の程度にもよりますが、軽度から中等度なら局所麻酔での日帰り手術も可能です。

コンタクト性眼瞼下垂

コンタクト性眼瞼下垂は、ハードコンタクトを20年以上使用してきた方に多くみられます。コンタクトレンズを挿入した状態で瞬きをしていると、挙筋腱膜やミュラー筋が摩擦で薄く伸ばされてまぶたがあがりにくくなります。そのため、基本的には伸びた挙筋腱膜を手術で固定します。

アイメイクやアレルギーによる眼瞼下垂

過剰なアイメイクやアレルギーによって眼瞼下垂が起こる場合もあります。アイメイクを落とすときに目を強くこすってしまうと目が傷つき、結果的に眼瞼下垂を引き起こしてしまう可能性もあります。アイプチやアイテープの糊によるかぶれが原因になることもあるので、注意が必要です。

白内障の内眼手術後に起こる眼瞼下垂

眼瞼下垂は、白内障の内眼手術後に起こる場合もあります。そのため、白内障の内眼手術後に瞼が重いと感じる場合は、医師に相談してください。また、白内障手術やレーシック手術と眼瞼下垂手術を予定している場合は、眼の屈折状態が変化するので眼瞼下垂手術を先に行うべきです。

眼瞼下垂手術のメリット・デメリット

ここからは、眼瞼下垂手術のメリットとデメリットについてくわしく解説します。眼瞼下垂手術を受けるのは簡単ですが、100%危険性がないとは言い切れません。そのため、必ず施術前にはメリットとデメリットをしっかりと把握しておいてください。

メリット

以下では、眼瞼下垂手術を受けることで得られるメリットを紹介します。眼瞼下垂手術を受けると肩への負担や眼精疲労などを改善できるのでかなりおすすめです。また、クリニックによって施術に違いがあるので、くわしいことはそれぞれのクリニックの公式サイトを確認してください。

視野が広くなる

眼瞼下垂手術を行うと今までよりも目の開きがはっきりするので、視野が広くなる効果を得られます。また、無意識にまぶたを上げるのに力を使っていたのが改善されるのでおすすめです。さらに、まぶたの重みが取れるので、目を開けるときの重さによるストレスも軽減できます。

肩こりや眼精疲労が改善する

眼瞼下垂手術を行うと、目を開くときに無理な力を使う必要がなくなるので、おでこの緊張がほぐれます。さらに、おでこの緊張がほぐれると肩こりや頭痛の原因も解決できるのでおすすめです。また、眼瞼下垂手術は眼精疲労や自律神経失調症の改善にも効果が期待できます。

見た目が良くなる

眼瞼下垂手術を行うとまぶたの重みを取り除けます。そのため、いつも眠そうに見えたり、機嫌が良くないように見えたりする悩みを解決できます。また、眼瞼下垂手術によって目の印象が変わると顔全体の印象も大きく変わるので、自分に自信が持てるようにもなります。

切らない手術はダウンタイムが少ない

眼瞼下垂手術には切らない手術もあります。切らない施術はメスを使わないので傷跡が残りにくく、ダウンタイムが少なくて済むのが特徴です。そのため、眼瞼下垂手術を行った翌日から仕事にも行けます。そのため、忙しくてなかなか手術を受ける時間の取れない方におすすめです。

デメリット

眼瞼下垂手術にはいくつかのデメリットもあります。そのため、トラブルに巻き込まれないためにも、手術を受ける前には以下で解説するデメリットをしっかりと把握しておいてください。また、眼瞼下垂手術を受けられる条件についても確認しておくといいです。

効果が安定しない場合がある

切らない眼瞼下垂手術だと効果が安定しない場合があるので注意が必要です。切らない眼瞼下垂手術は裏まぶたの視野が狭いところから糸を留めるので、処置の仕方によっては意図が取れやすくなります。また、手で糸を止める手術なので、仕上がりに左右差がでてしまう場合もあります。

角膜炎になることがある

眼瞼下垂手術を行うと切らない眼瞼下垂手術の場合は目の裏から糸で留めているので、糸の結び目が眼球に当たって目がゴロゴロすることがあります。また、糸の結び目が目に当たり続けると目を傷つけて角膜炎を引き起こす場合もあるので、違和感を感じたら病院を受診してください。

自由診療だと費用がかかる

一般的に、眼瞼下垂手術は健康保険の制度を利用して負担割合に基づく費用を負担する保険診療です。しかし、中には保険が適用されない自由診療となる場合があります。自由診療だと保険が適応されないためとても高額です。そのため、事前に保険が適用されるかを確認してください。

眼瞼下垂手術を行うクリニックの選び方

ここからは、眼瞼下垂手術を行うクリニックの選び方についてくわしく解説します。眼瞼下垂手術を行う際は、クリニックの雰囲気やアフターケアの有無をチェックするといいです。ぜひ以下で紹介する項目を参考にして自分に合ったクリニックを選んでください。

クリニックの雰囲気や口コミで選ぶ

眼瞼下垂手術を行うクリニックは、気持ちよく通院するためにもクリニックの雰囲気をチェックしてから選ぶといいです。また、公式サイトだけではどのようなクリニックなのかわかりきれないので、実際に手術を受けたことのある人のリアルな口コミを参考にして選ぶのもおすすめです。

費用で選ぶ

眼瞼下垂手術を行うクリニックを選ぶときは、手術に必要な費用をチェックするといいです。病院や手術方法によって費用は異なるので、あらかじめ必要になる費用の見積もりを出してもらうのがおすすめです。また、保険が適応される保険診療が可能かどうかもチェックしてください。

アフターケアの有無で選ぶ

眼瞼下垂手術を受けるのであれば、術後にアフターケアを受けられるクリニックがおすすめです。アフターケアがあると、術後に目に違和感を感じた場合に素早く対応してくれます。あまりにも術後の腫れがひどい場合は何か異常が起きている可能性が高いので、必ず病院を受診してください。

通いやすさで選ぶ

眼瞼下垂手術を行うのであれば、通いやすさで選ぶのもおすすめです。手術前にはカウンセリングや診察を行うために何度か通院する必要です。さらに、術後のケアを行う際も通いやすいほうがいいでよね。そのため、家や最寄り駅から通いやすいところにあるクリニックを選ぶといいです。

カウンセリングの有無もチェックするといい

眼瞼下垂手術を行う際は、カウンセリングの有無もチェックしてください。カウンセリングを行っているところだと抱えている悩みを相談できますし、実際のまぶたの様子をしっかりと観察してから手術を行えます。クリニックによっては無料で行っている場合もあるので活用してください。

横浜で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選

TCB 東京中央美容外科 横浜駅前院

TCB 東京中央美容外科 横浜駅前院

24時間いつでも相談と予約を受付

東京中央美容外科は、24時間いつでも相談と予約を受け付けています。また、ドクターとのカウンセリングを実施しているので、希望通りの施術を受けやすいです。さらに、土日・祝日でも対応してくれるので、平日は仕事で手術を受けられない方でも通いやすいです。

最寄駅からの距離 JR横浜駅から徒歩2分 料金 380,500円
営業時間 10:00~19:00 休診日 -
ご連絡のタイミングによっては医師の退職などが原因でご希望の施術が受けられない場合がございます。
ご希望の施術が受けられるかの確認はご予約の際にコールセンターにてご確認をいただけますと幸いです。

東京美容外科 横浜院

東京美容外科 横浜院

独自で開発したメスを一切使用しない手術

東京美容外科では、独自で開発したメスを一切使用しない方法で行われます。そのため、遺伝や老化が原因でまぶたの開眼力が弱い方でも高い効果を得やすいのが特徴です。さらに、まぶたの裏側から手術を行うので傷跡や腫れの心配が少なく、翌日から問題なく仕事に行けます。

最寄駅からの距離 JR横浜駅西口から徒歩3分 料金 297,000円
営業時間 10:00~19:00 休診日 -

聖心美容クリニック 横浜院

聖心美容クリニック 横浜院

他院で受けた手術の修正にも対応

聖心美容クリニックには、眼瞼下垂(埋没法)と眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)の3種類があります。腱膜縫縮法なら、長期的な効果を得やすいうえに中~重度の眼瞼下垂にも対応可能です。さらに、目のバランスの調整や他のクリニックで受けた手術の修正にも対応しています。

最寄駅からの距離 横浜駅から徒歩5分 料金(切開法/腱膜縫縮法) 480,000円
営業時間 10:00~19:00 休診日 -

ガーデンクリニック 横浜院

ガーデンクリニック 横浜院

土・日・祝日も診療を実施

ガーデンクリニックでは、平日だけでなく土・日・祝日も診療を行っています。そのため、平日だと仕事が忙しくて休みが取れない方でも予定の合う休日に手術を行いやすいです。さらに、公式サイトからカウンセリング予約とメール相談を簡単に行えるのも特徴です。

最寄駅からの距離 JR横浜駅から徒歩5分 料金 220,000〜440,000円(税込)
営業時間 10:00~19:00 休診日 年中無休

湘南美容クリニック 横浜院

湘南美容クリニック 横浜院

日本・海外に110院も展開

湘南美容外科クリニックは、日本・海外に110院も展開しているクリニックです。また、保証制度が付いているので、術後のトラブルも改善しやすいです。さらに、無料カウンセリングののみの利用も可能であり、希望に合う目に適した施術を紹介してくれます。

最寄駅からの距離 JR横浜駅から徒歩5分 料金 -
営業時間 10:00~23:00 休診日 年中無休

TAクリニック 横浜院

TAクリニック 横浜院

カウンセリングを無料で受けられる

TAクリニックでは、カウンセリングを無料で行っているので、手術を受ける相談の段階でも気軽に訪れやすいです。TAC保証制度というTAクリニックで施術を受けた患者が受けられるアフターサービスがあります。また、個室を完備しているのでプライベートを守れます。

最寄駅からの距離 JR横浜駅から徒歩2分 料金(片目) 154,000円
営業時間 10:00~19:00 休診日 -

城本クリニック 横浜院

城本クリニック 横浜院

短時間でまぶたのトラブルを解決できる

城本クリニックでは、他院で行った施術の修正や加齢とともに変化したまぶたのトラブルを解決する施術を行えます。また、城本クリニックでの眼瞼下垂手術は保険適応外ですが、症状の改善だけでなく美容的観点を含めた施術を行っているので、高い効果を得られます。

最寄駅からの距離 横浜駅西口から徒歩5分 料金 お問い合わせ下さい
営業時間 10:00~19:00 休診日 -

眼瞼下垂手術を受けるときの注意点

ここからは、眼瞼下垂手術を受けるときの注意点についてくわしく解説します。傷跡が小さいからと言って無理にアイメイクやコンタクトを使用すると、目に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあります。そのため、必ず以下で紹介する注意点を守って生活してください。

術後1ヶ月まではなるべくシャワーで済ます

湯船につかると血行が良くなって手術箇所の腫れが悪化する場合があります。そのため、切る眼瞼下垂手術の術後1ヶ月まではなるべくシャワーで済ますようにしてください。また、眼瞼下垂手術を受けた後は、できる限り患部への刺激を避けて生活してください。

 

患部に刺激が加わるとまぶたで内出血を引き起こす可能性があります。洗顔や髪を洗うときも傷口をできるだけ濡らさないように気を付けてください。特に、洗顔の際はまぶたをこすらないように優しく洗うのがポイントです。

コンタクトの使用を控える

眼瞼下垂手術を行った後は、できるだけハードコンタクトの使用を控えたほうがいいです。術後1ヶ月を経過したら使用することはできますが、糸が緩む可能性があるのでおすすめしません。また、ハードコンタクトを使用すると眼瞼下垂が再発する可能性もあります。

 

ちなみに、術後10日~2週間くらい経つと抜糸を行えるので、ソフトコンタクトを使用するといいです。また、ソフトコンタクトなら眼瞼下垂が再発する可能性も低いので、ハードコンタクトの代わりにソフトコンタクトを使うのがおすすめです。

アイメイクもできるだけ避ける

眼瞼下垂手術を行った後は、アイメイクもできるだけ控えたほうがいいです。軽めの化粧は可能ですが、目の周りに刺激を与えるメイクを行うと目に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、術後3日以上が経過するまでマスカラ・アイライン・アイシャドーは控えてください。

 

さらに、化粧を落とすときに目のあたりを強くこするのもやめてください。まぶたを強くこすると、せっかく糸で留めているところがずれてしまいます。糸がずれると左右のまぶた幅に差が生まれて不自然になる可能性があります。

眼瞼下垂手術を行って眼精疲労を改善しよう

今回は、横浜にある眼瞼下垂手術におすすめのクリニックについて紹介しました。眼瞼下垂手術を行うと、眼精疲労や頭痛の改善にも効果があるのでおすすめです。目の印象やまぶたのトラブルを解決したい方は、ぜひ眼瞼下垂手術を行ってください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年01月07日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

仙台で眼瞼下垂におすすめのクリニック9選【2023年最新版】

仙台で眼瞼下垂におすすめのクリニック9選【2023年最新版】

眼瞼下垂手術
千葉で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

千葉で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

眼瞼下垂手術
宇都宮で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

宇都宮で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

眼瞼下垂手術
新潟で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【名医がいるのはどこ?保険適用になる?】

新潟で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【名医がいるのはどこ?保険適用になる?】

眼瞼下垂手術
福岡で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

福岡で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック7選【2023年最新版】

眼瞼下垂手術
大阪で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック9選【2023年最新版】

大阪で眼瞼下垂手術におすすめのクリニック9選【2023年最新版】

眼瞼下垂手術

アクセスランキング

広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。