宅建テキストの人気おすすめランキング15選【2023年最新】

宅建は、さまざまなジャンルの知識を身につけられるとして、就活生や転職希望者から注目を集める資格。そんな宅建の試験対策には、宅建テキストでの学習がおすすめです。今回は、宅建テキストの選び方を交えつつ、おすすめの宅建テキストをランキング形式でご紹介します。

宅建テキストの魅力とは?

宅建テキストの魅力は、自分のペースで学習を進められることです。宅建テキストは、どこでも持ち歩けますし、いつでも読み進められます。このため、社会人受験生などでまとまった時間が取れない方でも、空き時間に手早く学習を進められるとして人気を集めています。持ち歩きやすい宅建テキストを選べば、通勤時間を勉強時間に充てることも可能です。

 

また、宅建テキストには、学習方法へのニーズに対応しやすい魅力も。宅建テキストには、付録に解説DVDや赤シートなどが付いたものがあります。さらに、漫画で解説が書かれているものもありますので、さまざまな学習方法に対応できます。

 

このように、宅建テキストは、学習ペースや学習方法に対して柔軟に対応できるアイテム。今回は、学習段階、解説の読みやすさ、出版社、ページ数を基準にランキングを作成しました。

宅建テキストの人気ランキング15選

4コマ漫画と解説で読み進めやすい宅建テキスト

第15位は、U-CANから販売されている「2019年版 ユーキャンの宅建士 まんが入門」です。2019年版 ユーキャンの宅建士 まんが入門は、4コマ漫画と解説が繰り返される構成。ストーリー仕立てですので、気軽に読み進められます。文字が多い宅建テキストでは気が重い方や、最後まで読む自信のない方に最適な宅建テキストです。

学習段階 初学者 解説の読みやすさ A
出版社 U-CAN ページ数 272ページ

口コミを紹介

テキストとグラフイラストだけの資格試験入門書としてはあまりない、マンガでの宅建士入門
の書籍です。

マンガだけでも読んでいて面白いし、必然的に知識が入ってくる。

面白い入門編だと思いました。マンガの掲載が多いので書籍も厚めですが
気軽に読みこなせる印象を受けました。

宅建士とはなんだろうというところから入ることも出来るのでオススメの書籍です。

出典:https://www.amazon.co.jp

正誤問題を800問収録した宅建テキスト

第14位は、U-CANから販売されている「2019年版 ユーキャンの宅建士 これだけ!一問一答集」です。2019年版 ユーキャンの宅建士 これだけ!一問一答集は、正誤問題を800問収録した宅建テキスト。左ページに問題、右ページに解答と解説が書かれた一問一答形式なので、隙間時間の学習にも活用できます。

学習段階 中級者、上級者 解説の読みやすさ B
出版社 U-CAN ページ数 432ページ

口コミを紹介

二色刷りで〇×形式で問題を解いていきます。解説の重要単語は赤シートで隠すことができます。
ある程度勉強が進んで、自分の知識を確認するのに便利です。
コンパクトサイズで持ち運びやすく、ちょっとした隙間時間に活用できます。
チェックボックスがあるので、それを埋めていくのもやった感が出ていいですw

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

TAC出版

2019年度版 スッキリわかる宅建士 テキスト+過去問スーパーベスト

イラストが多いので理解しやすくておすすめな宅建テキスト

第13位は、TAC出版から販売されている「2019年度版 スッキリわかる宅建士 テキスト+過去問スーパーベスト」です。2019年度版 スッキリわかる宅建士 テキスト+過去問スーパーベストは、イラストでの解説が多くておすすめの宅建テキスト。合格するための計画や勉強方法も掲載されています。ジャンルごとに分冊して持ち歩けるので、携帯にも便利です。

学習段階 中級者 解説の読みやすさ A
出版社 TAC出版 ページ数 948ページ

口コミを紹介

全部あわせると1000ページ近いのでかなりの分量と重量ですが
8冊に分かれるつくりで分冊可能になっています。
過去問などだけ分けることなどもできるので、思いの外勉強しやすいです。
一冊は余裕で持ち運びもできますし、寝っ転がってリラックスした方が勉強しやすいかたにも良いと思います。
2色刷で表なども綺麗にまとまっており、レイアウトも良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

講義を再現した解説やイラストの多さから初学者でも学習しやすい宅建テキスト

第12位は、KADOKAWAから販売されている「ゼロからスタート! 水野健の宅建士1冊目の教科書」です。ゼロからスタート! 水野健の宅建士1冊目の教科書の著者は、講師歴が10年を超える水野健さん。講義を再現した解説やイラストでの説明が充実しているので、初学者でも学習しやすくおすすめです。

学習段階 初学者 解説の読みやすさ A
出版社 KADOKAWA ページ数 224ページ

口コミを紹介

宅建士に興味がない人でもこの本を読んで、受験したら合格するんじゃないかと思わせてくれるほど分かりやすくハードルを下げて解説しています。一通り読んで過去問を解いてもそれなりに正解できる感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

正答率や合格ラインなどの情報も分かる宅建テキスト

第11位は、U-CANから販売されている「2019年版 ユーキャンの宅建士 過去12年問題集」です。2019年版 ユーキャンの宅建士 過去12年問題集は、12年分の過去問と解説がついた宅建テキスト。正答率や合格ラインなどの情報も掲載されています。解説では重要項目が色分けされており、復習にも便利です。

学習段階 上級者 解説の読みやすさ A
出版社 U-CAN ページ数 856ページ

口コミを紹介

値段、質、量とも優れた過去問集です。
正答率が記載されているので、確実に取るべき問題かチャレンジングな問題かひと目で判別できます。
過去問をとにかく解きまくることが合格への近道であることは間違いありません。
そういう点では合格に最も近い問題集であると言えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

東京リーガルマインド

2019年版 出る順宅建士 ウォーク問過去問題集1 権利関係

単行本と同じサイズで持ち歩きに便利な宅建テキスト

第10位は、東京リーガルマインドから販売されている「2019年版 出る順宅建士 ウォーク問過去問題集1 権利関係」です。2019年版 出る順宅建士 ウォーク問過去問題集1 権利関係は、単行本と同じサイズなので、持ち歩きに便利な宅建テキスト。重要度を表記しているので、優先順位をつけながら学習を進められます。

学習段階 中級者、上級者 解説の読みやすさ B
出版社 東京リーガルマインド ページ数 356ページ

口コミを紹介

本のサイズが大体13cm x 18cm、厚さ2cm程度なので持ち運びはしやすいです。
前のページで問題、後ろのページで解説という形式を取っているため、答えをいちいち探したりする必要がなく
勉強しやすいです。解説も正解だけではなく、誤った選択肢についてもどこが誤りか説明があるため
問題文の理解が一層深まります。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

宅建学院

2019年版 宅建士問題集 過去問宅建塾(3)法令上の制限その他の分野

復習のしやすさにこだわった宅建テキスト

第9位は、宅建学院から販売されている「2019年版 宅建士問題集 過去問宅建塾(3)法令上の制限その他の分野」です。2019年版 宅建士問題集 過去問宅建塾(3)法令上の制限その他の分野は、復習しやすいとされる構成で作られた宅建テキスト。左ページに問題文、右ページに解説を記載しています。赤シートでの暗記にも対応しており便利です。

学習段階 中級者、上級者 解説の読みやすさ B
出版社 宅建学院 ページ数 442ページ

口コミを紹介

分野ごとに分かれているので効率良く過去問学習が出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

Amazonで星4.7を獲得した宅建テキスト

第8位は、TAC出版から販売されている「2019年度 わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト」です。2019年度 わかって合格る宅建士 基本テキストは、Amazonで星4.7を獲得した宅建テキスト。過去の出題箇所にはラインが引かれていたり、事例形式でイラストを交えながら説明されていたりと独学者にうれしいポイントが盛りだくさんな一冊です。

学習段階 初学者、中級者 解説の読みやすさ A
出版社 TAC出版 ページ数 738ページ

口コミを紹介

厚めの本ですが、4つに分けることができるので、持ち歩きやすいです。宅建の勉強をしていると、頭が混乱してくるときがたびたびありますが、この本はそういう混乱しそうな説明のところで、シンプルなイラストを使って説明してくれているので、とてもわかりやすかったです。出題傾向にある内容はラインなどで示してくれているので、ここを重点的におぼえて置いたほうがいいと意識しながら読んでいけて、効率がいいです。赤いセロファンで字を隠して何度でも勉強できるので、あれこれやるより、これ一冊をとことんやったほうが結果は出やすいと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

東京リーガルマインド

2019年版 きほんの宅建士 合格テキスト

基礎固めをしたい初学者の方に最適な宅建テキスト

第7位は、東京リーガルマインドから販売されている「2019年版 きほんの宅建士 合格テキスト」です。2019年版 きほんの宅建士 合格テキストは、基礎固めをしたい初学者の方に最適な宅建テキスト。フルカラーでイラストを多用した解説や、重要ポイントをまとめた項目があります。腕試しとして過去問にも挑戦でき、理解度をチェックしながら先に進めます。

学習段階 初学者 解説の読みやすさ A
出版社 東京リーガルマインド ページ数 595ページ

口コミを紹介

とにかく見やすい。分かり易く端的に書いてある。言葉を分かり易く書いてあるので初心者でも頭でシチュエーションを想像しやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

インプレス

合格しようぜ!宅建士 2019 音声付きテーマ別ベストセレクト問題集

1冊でさまざまな学習方法に対応できる宅建テキスト

第6位は、インプレスから販売されている「合格しようぜ!宅建士 2019 音声付きテーマ別ベストセレクト問題集」です。合格しようぜ!宅建士 2019 音声付きテーマ別ベストセレクト問題集は、音声講義や電子版データなどが利用できる宅建テキスト。読む、聞く、見るといったさまざまな学習方法に対応できます。

学習段階 中級者 解説の読みやすさ B
出版社 インプレス ページ数 639ページ

口コミを紹介

テーマ別で似たような問題を何問も連続で解けるので定着しやすい。あと先生の解説がフランクで読んでて嫌にならない。堅苦しい教科書みたいな本は無理って人はいいと思います。初めて勉強楽しいって思えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4ページの漫画を読むだけで内容を理解できる宅建テキスト

第5位は、日本経済新聞出版社の「うかる!マンガ宅建士入門 2019年度版」です。うかる!マンガ宅建士入門 2019年度版は、1項目が4ページの漫画にまとめられた宅建テキスト。重要事項の解説はもちろん、勉強方法も紹介されています。漫画を読みながら基礎知識を学習できるので、初めて宅建試験を受験する方におすすめの一冊です。

学習段階 初学者 解説の読みやすさ A
出版社 日本経済新聞出版社 ページ数 256ページ

口コミを紹介

薄いだけ内容が凝縮されたマンガになってました。泣きたくなければ学びなさいは、結構頭に残ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2018年度の本試験問題を例題で解きながらレベルアップできる宅建テキスト

第4位は、宅建学院の「2019年版 らくらく宅建塾」です。2019年版 らくらく宅建塾は、2018年度の本試験問題を例題で解きながらレベルアップできる宅建テキスト。法律用語を馴染みのある言葉に言い換えて説明しており、初学者でも学習しやすい一冊です。語呂合わせや、替え歌での覚え方も紹介されています。

学習段階 初学者 解説の読みやすさ B
出版社 宅建学院 ページ数 532ページ

口コミを紹介

独学にて受験するため、購入しました。本屋にて同じ項目を見て比較したうえでの購入。平坦な言葉で書いていて、どこがポイントなのか非常に分かりやすいです。他のテキストはイラストや文字だらけというものが多い中、本書は文字もイラストも必要最小限なので勉強嫌いな私でも読み進めることができます。おすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

重要度が分かるので隙間時間の学習が多い方にもおすすめの宅建テキスト

第3位は、U-CANから販売されている「2019年版 ユーキャンの宅建士 速習レッスン」です。2019年版 ユーキャンの宅建士 速習レッスンは、項目ごとに重要度を表記した宅建テキスト。優先順位を付けやすいので、隙間時間の学習が多い方にもおすすめです。よくある質問をまとめた項目もあり、モヤモヤしがちなポイントを解消しながら学習できます。

学習段階 初学者 解説の読みやすさ A
出版社 U-CAN ページ数 728ページ

口コミを紹介

ページ数が多くて、しっかり学べるテキストです。端的にまとめてサクサク進んでいくので、試験の直前の勉強にも役立つと思いました。文字は赤と黒で統一されているので、自分が引いた黄色やグリーンのラインがしっかり目立って使いやすいです。本文はすっきりまとまって、欄外の「プラスワン」や「ポイント講義」などで補足してあるので、余裕のあるときには欄外もしっかり読んで、試験直前は本文だけ確認していくというやり方で、しっかり対策がとれるなと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

重要項目を整理しながら問題演習ができる宅建テキスト

第2位は、東京リーガルマインドから販売されている「2019年版 出る順宅建士 逆解き式!最重要ポイント555」です。2019年版 出る順宅建士 逆解き式!最重要ポイント555は、重要項目の整理や関連問題を解ける宅建テキスト。赤シートを使えば、穴埋め問題集としても活用できます。本番前の総仕上げに最適です。

学習段階 上級者 解説の読みやすさ B
出版社 東京リーガルマインド ページ数 285ページ

口コミを紹介

試験によく出る重要ポイントを掲載し要点を詳しく解説している参考書です。
重要ポイントを読み上げた音声データをダウンロードして聞きながら学習することもできます。
赤シート付属で要点チェックも抜かりなし。
内容が濃く勉強の仕上げに使いたい参考書です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

TAC出版

みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 [スマホ学習対応(例題付)] 2020年度

イラストによる解説で学習を進めながら過去問にもチャレンジできる宅建テキスト

第1位は、TAC出版から販売されている「2020年度 みんなが欲しかった!宅建士の教科書」です。2020年度みんなが欲しかった!宅建士の教科書は、イラストによる解説がメインの宅建テキスト。過去問から出題される例題にもチャレンジできるので、理解度を確認しながら試験対策ができます。PDFデータを活用すれば、スマホでも学習できて便利です。

学習段階 初学者 解説の読みやすさ A
出版社 TAC出版 ページ数 610ページ

口コミを紹介

3冊に分冊出来るフルカラーの教科書です。
センテンス毎の説明文が短くて明快!
行間広めでギッシリ系でないところも気に入りました。
更に要所にある手書き風のメモが、良いアクセントになっていて凄く覚えやすいです。
かと言っても変に漫画っぽくもないので、何処ででも気兼ねなく開くことが出来て良いなって思いました。
分冊毎に索引も付いてるので辞書的な使い方も出来ます。
どれがいいだろう…と迷ったらコレにして間違いないなって思いました。
赤シートにも対応していて、赤シートは付属します。
ホントに至れり尽くせりの一冊に仕上がっています!

出典:https://www.amazon.co.jp

宅建テキストの選び方

一問一答形式や教科書形式など、幅広い種類のある宅建テキスト。そんな宅建テキストには、4つの選び方があります。

学習段階に合ったものを選ぶ

学習段階に合った宅建テキストを選ぶことで、効率の良い学習ができます。学習段階ごとにおすすめの宅建テキストをご紹介しますので、参考にされてはいかがでしょうか。

初学者

初学者の方は、宅建試験の概要を解説した宅建テキストを選びましょう。宅建試験の受験には、まず宅建試験の概要を把握し、宅建試験の全体像をイメージすることが大切です。全体像をイメージすれば、試験科目や出題方法などが分かり、試験対策を進めやすくなります。

 

宅建試験の概要を解説した宅建テキストはたくさんあります。その中でも特に、漫画形式の宅建テキストがおすすめです。漫画形式の宅建テキストを選ぶメリットは、文字のみの宅建テキストよりもイメージがしやすいこと。このため、漫画形式の宅建テキストが最適なのです。

 

すでに問題集を購入された方は、問題集と同じ出版社の宅建テキストを選びましょう。初学者向けの宅建テキストと連動している場合があります。ただし、購入した問題集が合っていないのなら、他の出版社が販売する宅建テキストを選びましょう。

中級者

中級者の方は、演習問題がまとめられた宅建テキストを選びましょう。宅建試験はさまざまな知識が必要な資格試験ですので、試験科目が4種類あります。このため、宅建テキストを1科目分ずつ購入する場合、最低でも4冊分の購入費用が必要です。

 

ここで尻込みする方がいらっしゃいますが、演習問題がまとめられた宅建テキストは、各科目ごとに購入しましょう。各科目ずつ宅建テキストを購入してじっくり学習することが、さまざまな知識を効率良く身に付ける近道です。一問一答形式のものなどがありますので、お好みの宅建テキストを選びましょう。

上級者

上級者の方は、過去問や予想模試が解けて、それぞれに解説がついた宅建テキストを選びましょう。宅建試験の過去問と解答は、インターネットでも閲覧できます。しかし、詳しい解説が掲載されていないため、試験対策には、過去問とその解説が付いた宅建テキストをおすすめします。

 

予想模試とその解説が付いた宅建テキストでは、過去に出題されたことのない形式の問題を解けます。このため、これまで見たことがない問題が出題された場合に、スムーズに対応できる力を付けられます。

 

ただし、予想模試付きの宅建テキストを使う上で注意したいのが、本番とは違う形式の問題が多い場合があることです。この点を解決するために、予想模試と解説が掲載された宅建テキストに併せて、過去問と解説が掲載された宅建テキストを使うと良いでしょう。

読みやすさで選ぶ

宅建テキストを選ぶ際には、読みやすさで選ぶことも大切です。続いては、宅建テキストの読みやすさを判断する際に役立つポイントをご紹介します。

イラストが多い

イラストの多さは、宅建テキストを読みやすくするポイントの一つです。イラストによる解説の役割は、複雑な事柄を簡潔に表すこと。イラストによる解説が多いことで、複雑な事柄でも理解しやすくなります。

 

例えば、宅建試験を受験するに当たっては、法律用語や法律の仕組みに対する理解が必要です。特に初学者の場合、法律科目は複雑で分かりにくい場合が多々あります。しかし、イラストが多い宅建テキストを選ぶことで、法律科目のような分かりにくい科目でも理解しやすくなります。

 

また、イラストが多い宅建テキストは、ボリュームが少ないことも特徴です。通勤時間などに使用する予定の方も、イラストが多い宅建テキストを選ぶと効率良く学習を進められます。

カラープリントの有無

読みやすい宅建テキストを選ぶためには、カラープリントの有無もチェックしましょう。カラープリントされていれば、イラストによる解説がより分かりやすくなります。

 

また、カラープリントされた宅建テキストなら、重要項目を赤字で表記していることもあります。この場合には、赤字表記の部分が目立つので、重要項目のみ復習したい際に役立ちます。重要項目のみを重点的に復習することで、効率の良い学習につながりおすすめです。

 

さらに、重要項目を赤字で表記している宅建テキストなら、赤シートを使って暗記をすることもできます。このように、カラープリントされた宅建テキストには、学習方法の幅が広がるメリットがあります。

要点をまとめた項目の有無

宅建テキストを選ぶ際には、要点をまとめた項目の有無もチェックしましょう。各項目に沿って要点をまとめた項目があれば、セクションごとに理解すべきポイントが分かるからです。各セクションの終わりにこの項目を読めば、どこが特に大切なのかを把握した上で次のセクションに移れます。

 

また、要点をまとめた項目のみを追っていけば、短時間でも効率の良い復習が可能。要点をまとめた項目と併せて、簡潔な解説があるとより良いでしょう。

 

さらに、要点をまとめた項目があると、流れに沿って解説が掲載されただけの宅建テキストよりも飽きにくいメリットがあります。これは、要点をまとめた項目があることで、各セクションごとに一度立ち止まる場所ができ、メリハリが生まれるためです。

出版社で選ぶ

宅建テキストの選び方には、出版社で選ぶ方法もあります。出版社によっては、合格実績のある通信講座を運営していたり、有名講師を著者に選んでいる場合があるためです。また、ベストセラーを連発し、長年にわたって宅建テキストを出版していることもあります

 

このため、宅建テキストを選びきれない場合は、出版社の実績や評判、著者をチェックし、信頼できる出版社の宅建テキストを選ぶと良いでしょう。

 

有名な出版社としては、「日建学院」があります。日建学院は、宅建資格をはじめ、1級建築士など建築関係資格の合格実績を持つ専門学校です。他にも、法律系の資格試験講座を開いている「TAC(タック)出版」や「LEC(レック)東京リーガルマインド」があります。

ページ数で選ぶ

宅建テキストは、ページ数で選ぶことも大切です。宅建試験までの日数や学習スケジュールから逆算し、残りの日程で終わらせられるページ数の宅建テキストを選びましょう。

 

もし、残りの日程で終わらせられない量の宅建テキストを購入すると、全部読み終わっていない状態で本番を迎える恐れがあります。そうなると、十分な試験対策が出来ていないのに宅建試験に臨まなければならなくなります。

 

また、隙間時間を使って学習を進める予定の方は、持ち運びしやすいページ数かどうかもチェックすると良いでしょう。持ち運びしやすい量の宅建テキストを選ぶことが、隙間時間の有効活用につながります。

宅建テキストのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 学習段階 解説の読みやすさ 出版社 ページ数
アイテムID:4938228の画像

楽天

Amazon

ヤフー

イラストによる解説で学習を進めながら過去問にもチャレンジできる宅建テキスト

初学者

A

TAC出版

610ページ

アイテムID:4938210の画像

楽天

Amazon

ヤフー

重要項目を整理しながら問題演習ができる宅建テキスト

上級者

B

東京リーガルマインド

285ページ

アイテムID:4938168の画像

楽天

Amazon

ヤフー

重要度が分かるので隙間時間の学習が多い方にもおすすめの宅建テキスト

初学者

A

U-CAN

728ページ

アイテムID:4938146の画像

楽天

Amazon

ヤフー

2018年度の本試験問題を例題で解きながらレベルアップできる宅建テキスト

初学者

B

宅建学院

532ページ

アイテムID:4938116の画像

楽天

Amazon

ヤフー

4ページの漫画を読むだけで内容を理解できる宅建テキスト

初学者

A

日本経済新聞出版社

256ページ

アイテムID:4938011の画像

楽天

Amazon

ヤフー

1冊でさまざまな学習方法に対応できる宅建テキスト

中級者

B

インプレス

639ページ

アイテムID:4937888の画像

楽天

Amazon

基礎固めをしたい初学者の方に最適な宅建テキスト

初学者

A

東京リーガルマインド

595ページ

アイテムID:4937770の画像

楽天

Amazon

ヤフー

Amazonで星4.7を獲得した宅建テキスト

初学者、中級者

A

TAC出版

738ページ

アイテムID:4937742の画像

楽天

Amazon

ヤフー

復習のしやすさにこだわった宅建テキスト

中級者、上級者

B

宅建学院

442ページ

アイテムID:4937725の画像

楽天

Amazon

単行本と同じサイズで持ち歩きに便利な宅建テキスト

中級者、上級者

B

東京リーガルマインド

356ページ

アイテムID:4937701の画像

楽天

Amazon

ヤフー

正答率や合格ラインなどの情報も分かる宅建テキスト

上級者

A

U-CAN

856ページ

アイテムID:4937671の画像

楽天

Amazon

ヤフー

講義を再現した解説やイラストの多さから初学者でも学習しやすい宅建テキスト

初学者

A

KADOKAWA

224ページ

アイテムID:4936122の画像

楽天

Amazon

ヤフー

イラストが多いので理解しやすくておすすめな宅建テキスト

中級者

A

TAC出版

948ページ

アイテムID:4935958の画像

楽天

Amazon

ヤフー

正誤問題を800問収録した宅建テキスト

中級者、上級者

B

U-CAN

432ページ

アイテムID:4935934の画像

楽天

Amazon

ヤフー

4コマ漫画と解説で読み進めやすい宅建テキスト

初学者

A

U-CAN

272ページ

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

以下の記事では、宅建の参考書について解説しています。人気おすすめランキングもあるので、ぜひ併せてチェックしてください。

まとめ

解説がメインのものや、問題集がメインのものなど、さまざまな種類がある宅建テキスト。宅建の試験対策を効率良く進めるためには、その中からご自分に合った宅建テキストを選ぶことが大切です。今回ご紹介した選び方やランキングなどの情報を活かして、合格に向けたレベルアップを図ってはいかがでしょうか。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月11日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2023年版】宅建の参考書おすすめ人気ランキング15選【独学向きテキストも!】

【2023年版】宅建の参考書おすすめ人気ランキング15選【独学向きテキストも!】

本・雑誌
【2023】フランス語テキストの人気おすすめランキング15選【初心者・独学に最適!】

【2023】フランス語テキストの人気おすすめランキング15選【初心者・独学に最適!】

本・雑誌
宅建通信講座の人気おすすめランキング15選【2023年最新版】

宅建通信講座の人気おすすめランキング15選【2023年最新版】

資格スクール
【2023年】mosのテキスト人気おすすめランキング10選【独学や初心者向け参考書も】

【2023年】mosのテキスト人気おすすめランキング10選【独学や初心者向け参考書も】

本・雑誌
【2023年最新版】登録販売者テキストのおすすめ人気ランキング15選【独学で出来る】

【2023年最新版】登録販売者テキストのおすすめ人気ランキング15選【独学で出来る】

本・雑誌
【2023年最新版】簿記3級テキストのおすすめ人気ランキング12選【日商簿記にも!】

【2023年最新版】簿記3級テキストのおすすめ人気ランキング12選【日商簿記にも!】

本・雑誌