京都の遺品整理業者おすすめ人気ランキング8選【2024年最新版】

京都の遺品整理業者おすすめ人気ランキング8選【2024年最新版】

家族が亡くなった際に考えないといけないのが遺品整理です。費用はかかるもののプロの遺品整理業者に買取をおまかせして、少しでも負担を軽減してください。遺品整理業者の選び方と、京都府のおすすめの遺品整理業者もランキング形式にて紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

京都府の遺品整理のおすすめはどこ?

大切な家族が亡くなったときに考えなければいけないのが遺品整理です。以前は故人の方のお部屋の片付けや清掃は、遺族の方が行うのが一般的でしたが、家族と離れて暮らす高齢者も増え、対応しきれないという状況も多いのが現状です。

 

そんな背景に合わせて近年では遺品整理は、費用がかかるものの、専門の業者に依頼するという方も増えています。遺品整理業者は、不用品回収業者などとは異なり遺品整理や買取のプロなので、遺族の方の体力的・精神的負担を軽減してくれます。

 

今回は遺品整理についてや業者の選び方、京都府のおすすめ遺品整理業者をランキング形式にて紹介します。悪徳業者に引っかからないためにも適切な業者を選びましょう。遺品整理を行う際の参考にしてみてください。

遺品整理業者の選び方

大切な故人の方の遺品は、信頼できる業者の方に整理してもらいたいですよね。失敗しない遺品整理業者の選び方を解説していきます。

遺品整理のやり方で選ぶ

まずは遺品整理のやり方について解説します。業者に依頼するメリット・デメリットも紹介するので、よく検討してください。

遺品整理は「心が落ち着いたとき」がおすすめ

遺品整理はいつ頃行えばいいのでしょうか。遺品整理を開始する時期は、心が落ち着いたときで大丈夫です。気持ちの区切りがつき、遺品を整理できる準備が整ったら始めましょう。四十九日が終わったらや、いろいろな手続を完了してから、始める方が多いようです。

 

遺品整理を行う際には、他の親族の方の了承も得ておくようにしてください。一方で場合によっては、故人の方が賃貸物件に住んでいて、片付けを終わらせなければいけない期限があることもあります。事情に合わせて準備が整ったら初めてください。

「何を残すのか」を確認するのがおすすめ

まずは何を遺品として残すのかを整理してください。残すべきものとして、貴重品・思い出の品・形見があげられます。その他の品は、リサイクルするもの、処分するものに分けられます。

 

仏壇や神棚がある場合は、お焚き上げなど適切な供養が必要です。持ち込みができる神社やお寺などで供養してもらってください。仏壇は処分を仏具店に依頼することも可能です。

短時間で済ませたいなら買取してくれる「業者に頼む」のがおすすめ

業者に依頼すれば、作業に慣れた専門のスタッフが数名来てもらえ、短時間で作業を終わらせることができます。一日で完結するので何度も故人の自宅に通わずに済むので遠方の方にもおすすめです。

 

大型の家具や家電も運び出してもらえるので、負担も大きく軽減されます。ソファやベッドなどは運ぶだけでなく処分も大変なので助かりますね。ゴミの処分だけでなく、遺品供養やリサイクルをしてもらえたり、買取をしてくれる業者もあります。

費用など「業者に頼むデメリット」を確認してからするのがおすすめ

業者に頼むことのデメリットは、費用がかかるという点です。ゴミ処分の実費・人件費がかかってきますが、はるかに短時間で済みます。自分で作業をしても、処分品の廃棄代などはかかってきたり、運搬のための車などの料金はかかってきます。

 

時短や負担を減らすことができることに大きなメリットがあるので、コストと比較して検討してみてください。また作業を人に依頼することで、思い出にひたる時間がなくなると感じることもあるので、気持ちの面でも折り合いがついてから依頼するようにしましょう。

遺品整理業者で選ぶ

遺品整理を専門業者に依頼すると決めたら、次は業者選びです。失敗しない業者選びのポイントを解説します。大切な故人の方の品を丁寧に扱ってくれる業者を選びましょう。

「遺品整理士の資格を持っている」業者がおすすめ

遺品整理の需要拡大に伴い、業界の健全育成をはかるために日本遺品整理士連合会(旧:遺品整理士認定協会)という民間の団体が設立され、遺品整理士養成講座を運営や認定試験の実施を行っています。

 

必須の資格ではありませんが、一定の水準を満たしている指標として優良な業者選びの参考にしてください。遺品整理士は、専門的な知識やモラルを持ち、遺品整理に関する法律もしっかり学んでいるので安心して任せることができます。

「見積もりが明確」な業者がおすすめ

部屋の広さや間取り、作業時間、物の量に応じて必要な人員数などによって料金が異なります。冷蔵庫など廃棄する大型製品が追加料金になったり、希望に応じてハウスクリーニングがオプションでつけれたりすることができることもあります。

 

ゴミの処理代などが込みなのか、実際に作業してから追加料金がかかることがあるのかなど、見積もりの詳細までしっかり確認してください。できれば訪問見積もりを依頼したほうが正確な料金がわかります。

「スタッフの対応」がいい業者がおすすめ

問い合わせ際などにスタッフの言葉遣いや、説明が丁寧かどうかを確認してください。料金の説明が明確、ホームページの記載内容と相違がないなどがチェックのポイントです。服装に清潔感がないと、自宅に入れるのをためらってしまいます。

 

遺品整理においては、また故人に対する尊敬の念があるかも大切です。スタッフの対応に疑問が残る業者や、思い出の品を雑に扱いそうな業者は避けてください。問い合わせ時から誠実に対応してくれる業者を選びましょう。

「廃棄物の許可がある」業者がおすすめ

家庭から出る不用品処分の処理は、一般廃棄物として処理しなくてはいけないと法律で規定されています。廃棄物処理法、家電リサイクル法、運送法などに基づいた処理をしなければいけません。

 

そのため「一般廃棄物収集運搬許可証」を持った遺品整理業者に依頼するか、許可証を持った処理業者に委託をしている遺品整理業者を選ぶ必要があります。産業廃棄物の許可ではないので注意してください。

「ホームページや口コミがいい業者」がおすすめ

ホームページにて過去に実際に担当した遺品整理の現場のビフォー・アフターが掲載されていることもあるので、一度チェックしてみてください。実際にかかった料金も書かれている場合が多いので、部屋の広さや物の量などを具体的にイメージすることができます。

 

また口コミがある場合は、お客さんからの生の声を聞くことができます。体験談や利用した感想が書かれているので、事業者選びの参考になります。個人の感想なのであくまで参考程度に捉えましょう。

遺品整理を頼む際の注意点で選ぶ

遺品整理業者選びの際の注意点を紹介します。不用品回収業者との違いを知り、悪徳業者に引っかからないためにも下記に留意してください。

不用品回収業者との「使い分け」がおすすめ

不用品回収業者は、不用品の回収・処分(買取)が仕事で、遺品整理とはそもそもの考え方や仕事内容が異なります。すべてを不用品として扱うため、仕分けを依頼することはできず、物を処分することが目的です。

 

処分を目的に作業をするので、物の扱いが雑になります。供養などもしてもらうことはできず、遺品・必要品の選別後に不用品のみを処分してもらう場合には問題ありませんが、貴重品の捜索などがある場合は、きちんと遺品整理業者に依頼してください

「悪徳業者に注意」するのがおすすめ

遺品整理業者の中には残念ながら悪徳の業者も混じっていることがあります。見積もりをきちんと出さない、当日に追加請求をしてくる業者や、廃棄許可を持たずに不法投棄をしている業者もあります。

 

不法投棄・不当回収の罰則は年々重くなっては来ていますが、依然被害は増えています。値段が相場よりもはるかに安い、料金体系が明確でない、問い合わせの返答がにごされるなど対応に違和感を感じたら、その業者の利用は避けた方が無難です。

京都府の遺品整理おすすめランキング8選

8位

関西クリーンサービス

徹底したコスト削減で低価格を実現

業界最安値圏の価格での提供するため、リユース・リデュース・リサイクルの3Rを全て自社で管理することで余計なコストを大幅カットしています。海外の貧困地域への寄付や、ゴミの再資源化・環境問題のへ取り組みも行っています。

 

依頼者の方に負担の少ない作業方法・日程を提案、無料出張見積もり・明朗会計です。遺品整理だけでなく、リフォーム・不動産売却・解体・引越し業など多彩なサービスを取り扱っているので、それぞれの依頼者の方のニーズに答えます

基本情報
遺品整理士資格
買取
不用品回収
7位

メモリアルサポート

地元京都の根付いたサービス

地域にはそれぞれの慣習や常識、地域性というものが存在し、メモリアルサポートは地元京都密着型の遺品整理・生前整理専門企業として地域のみなさまをサポートします。女性スタッフも多いので、一人暮らしの女性のご自宅でも安心です。

 

ほとんどの方は遺品整理ははじめてなので、定額プランの明朗会計、小規模整理の方向けの格安プランもあります。浄土宗安楽寺と連携して、宗教にとらわれない供養を行っています。

基本情報
遺品整理士資格
買取
不用品回収
6位

遺品整理エクシア

テレビ朝日「ワイドスクランブル」でも紹介

24時間365日営業しているので、突然のことで慌てたときでもすぐに相談ができます。遺品整理士スタッフは、遺品整理における知識だけでなく、マナー・礼節・技術・サービスなどの人材教育をしっかり受けています

 

自社で大型リサイクル店「買豊堂」を運営しているため、余計な買取マージンが発生せずさまざまなジャンル・カテゴリのものを高価買取可能です。宗派に対応した遺品の供養も行っています。

基本情報
遺品整理士資格
買取
不用品回収
5位

アールエージェンシー

すべてコミコミ料金で買取分は費用から減額

追加費用がかからない料金体系を整えているので、見積もり通りの金額なので安心です。交通費・基本清掃・運搬費・出張費0円だけでなく、買取品が見つかった場合、見積もりから減額してもらえます。

 

家具を近隣まで無料で運搬してもらえるので、処分するだけでなく親族の方が思い出の家具を引き取ることも可能です。あいおいニッセイ同和損保の賠償総合保険に加入しているので、万が一の人損・物損にも対応しています。

基本情報
遺品整理士資格
買取
不用品回収
4位

ONE LIFE

ご近所への配慮もしっかり

整理にあたり「男性に触られたくない物がある」という声が多いため、ONE LIFEでは女性スタッフも多数在籍しています。ご近所にご迷惑をかけないよう、作業日前日までにご近所宅に作業予定書を持参しご挨拶に伺っています。

 

作業完了後は室内清掃に加え、隣接道路の掃き掃除も行っているので、ご依頼主だけでなく周辺の方にも配慮を欠かさない会社です。リサイクル・リユースの徹底、多彩な買取項目により費用削減に努めます。

基本情報
遺品整理士資格
買取
不用品回収
3位

関西遺品整理センター

45年の実績

元ホテルマンである代表のもと、礼節に気をつけ遺族の方の負担を減らせるようなサービスを心掛け、礼節・マナーの講習を受けた優秀なスタッフがお伺いします。家財の取り扱いにも細心の注意を払い安心してもらえるように配慮しています。

 

簡易清掃・オゾン消臭サービスは無料です。高性能な消臭機は瞬間消臭、除菌で空間が蘇ります。遺品の数が多くてもひとつひとつ丁寧に扱い、お客様の立場にたった安心サービスと適正価格の提供を心掛けています。

基本情報
遺品整理士資格
買取
不用品回収
2位

遺品整理専門会社クリーンメイト

オーダーメイドな遺品整理

故人の生きた証、思い出の遺品を整理するのは、故人の天国へのお引越しのお手伝いと考えます。故人が愛用していたものを処分するのではなく、新たな命を吹き込み海外にてリユース・リサイクルすることで低価格のプランを提供しています

 

仕分け項目を10項目以上に細かく分け、貴重品や価値のある物はお客様へ、他社では買い取れなかった品でも買い取り海外へリユース、捜索品発見率は96%以上です。基本料金にエアコンの取り外しや供養、水回り徹底清掃まで含まれています。

基本情報
遺品整理士資格
買取
不用品回収
1位

遺品整理・特殊清掃プロアシスト

遺品整理のプロが提案

使えるものはすべてリサイクルやリユースで、処分品を減らすことに力を入れており、地球環境にも優しく、作業代金の軽減にもつなげます。故人様への畏敬、感謝のお気持ち、ご遺族様への配慮を忘れません。

 

「ご遺品の整理は心の整理」と考え、故人との思い出を形見という形で残し、不要となった物をリサイクルや寄付という善意でつなぎ、ご遺族に気持ち新たなスタートを切ってもらえるお手伝いをします。

基本情報
遺品整理士資格
買取
不用品回収

京都府の遺品整理おすすめ比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 遺品整理士資格 買取 不用品回収
1位 アイテムID:12490371の画像

公式サイト

遺品整理のプロが提案

2位 アイテムID:12490370の画像

公式サイト

オーダーメイドな遺品整理

3位 アイテムID:12490369の画像

公式サイト

45年の実績

4位 アイテムID:12490368の画像

公式サイト

ご近所への配慮もしっかり

5位 アイテムID:12490367の画像

公式サイト

すべてコミコミ料金で買取分は費用から減額

6位 アイテムID:12490366の画像

公式サイト

テレビ朝日「ワイドスクランブル」でも紹介

7位 アイテムID:12490365の画像

公式サイト

地元京都の根付いたサービス

8位 アイテムID:12490364の画像

公式サイト

徹底したコスト削減で低価格を実現

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

生前整理を行っておこう

膨大な量の遺品整理を行うのは、残された遺族にとっても悲しみの中骨の折れる作業です。生前整理は家族に苦労をかけないためだけでなく、自分のためにもなります。最近では若い世代でも生前整理を始める方が増えています。

 

生前整理は、現金・不動産・貴重品などの財産と物を整理することが大切です。財産の相続について考え、不要なものを事前に処分し、本当に必要なものを分別していくことで、人生を見つめ直すきっかけにもなります。

下記の記事では、エンディングノートについて紹介しています。興味のある方は一度ご覧ください。

まとめ

遺品整理を経験している人はなかなか多くはなく、大切な人が亡くなった混乱の中、遺品整理を行うのは精神的にも負担の多いものです。遺品整理業者は、各社ニーズに寄り添った対応をしているので、遺品整理業者の利用も検討してみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年05月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

広島の遺品整理業者の人気おすすめランキング11選【2024年最新版】

広島の遺品整理業者の人気おすすめランキング11選【2024年最新版】

その他
宇都宮の遺品整理業者おすすめ人気ランキング13選【2024年最新版】

宇都宮の遺品整理業者おすすめ人気ランキング13選【2024年最新版】

その他
千葉の遺品整理業者おすすめ人気ランキング11選【2024年最新版】

千葉の遺品整理業者おすすめ人気ランキング11選【2024年最新版】

サービス