スノーダンプのおすすめ人気ランキング15選【アルミ素材もご紹介!】

雪かきに欠かせないスノーダンプ。アルミ製や特大の深型などさまざまな種類がありウインターシーズンには売り切れることも。そこで今回はスノーダンプの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方は是非参考に、最強のスノーダンプを見つけてください。

雪かきに欠かせないスノーダンプ

雪が降り積もる地域には欠かせない雪かき。降り積もった雪は硬くて重いので、力のある男性じゃないと難しいと思っていませんか?実はスノーダンプを使えば、女性や力に自信のない方でも楽に雪かきができるんです。

 

スノーダンプはその名の通りダンプカーのようにして雪を移動させるほか、硬い雪を砕く際にも用いられます。アルミ製や鉄製のものなどいろいろな種類があり、どれが自分にとって使いやすいのかしっかりポイントを抑えて選びましょう。

 

そこで今回はスノーダンプの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは素材・耐久性・形状などを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

スノーダンプの選び方

スノーダンプは素材やサイズ・重さによって特徴があります。雪質や使用頻度も考えて選びましょう。ここからはスノーダンプの選び方をご紹介します。

素材で選ぶ

素材によって耐久性や重量に特徴があります。実際の使用場面と素材の特性を合わせて選んでみてください。

雪が少ない地域には「プラスチック製・アルミ製」がおすすめ

プラスチック製のスノーダンプは軽くて取り扱いが簡単なのが特徴です。重量も3〜4kg程度の製品が多く、女性や力に自信がない方でも使いやすいいタイプになります。大きなサイズのものは、道路や庭など広い場所の雪かきにおすすめです。

 

ただし、衝撃に弱く割れやすいため、降ってから時間の経った硬い雪や豪雪地帯には向きません。また劣化しやすいので、ある程度で買い替えが必要になる場合が多いですが価格は安価なものが多いです。

 

アルミ製はあまり種類はありませんが、鉄より軽量で耐久性もいいので、軽くて丈夫なものを探している方はアルミ製にも注目してみてください。

雪国はハードに使える「鉄製・ステンレス製」がおすすめ

鉄製のいいところは丈夫で硬い雪にも負けない点です。雪が多く降る場所や数日経って硬くなった雪を除雪したい時は、頑丈な鉄製を選びましょう。ただし、プラスチックやアルミによりも重量が重くなるので、選ぶ際は重量にも注目してください。

 

また、鉄製は雪離れしにくいので、雪がつかないようにコーティングスプレーやワックスなどを使用するのがおすすめです。ステンレス製は錆びにくく劣化しにくいのが特徴になります。固まった雪にもしっかり刺せるので、耐久性重視の方はぜひチェックしてみてください。

扱いやすさで選ぶなら「ポリカーボネート」がおすすめ

ポリカーボネートはプラスチックの一種ですが、プラスチックより強度に優れ耐久性も高い特徴があります。紫外線や温度変化にも強いので、外で保管していても劣化しにくいです。ただし、鉄製よりは傷がつきやすいので、硬い雪や氷には向きません。

耐久性で選ぶ

特に硬い雪を除雪する機会多い豪雪地帯では、耐久性も大事です。一度購入して長く使えるものだとコスパもいいので、しっかりチェックしましょう。

硬い雪や重い雪には「金属製」がおすすめ

耐久性に優れているものを探している方には金属製のスノーダンプがおすすめです。ステンレスや鉄製のものは強度があるので、硬い雪や重い雪に使っても破損しにくく耐久性に優れています。

 

ただし、鉄製のものは融雪剤の塩分や水分が原因となってサビが発生する場合があります。融雪剤が付いた際はしっかりと洗い流して保管しましょう。一方アルミは錆びにくいですが硬い雪には向かないので、用途に合わせて選んでみてください。

 

ステンレスはプラスチックなどよりも重いですが錆びにくく頑丈なので、頻繁に使う方にはおすすめの素材です。

壊れにくさ重視なら「接着部分が補強されているもの」がおすすめ

雪と接するバケットの先端部や足をかけるステップ部分は割れやすいので、しっかり補強されているものを選ぶのがおすすめです。特に硬い雪を除雪するとどうしても破損しやすくなってしまうので、壊れいにくさ重視ならつなぎ目の接続も選ぶ際のポイントにしてください。

使いやすさ重視なら「壊れにくい素材の柄」がおすすめ

柄の部分の素材も注目ポイントです。バケット部分と柄の素材が違うものもあるので、耐久性のあるものがいいか、軽量にこだわるかを考慮して選びましょう。

 

基本的には短い柄の方が扱いやすいですが、身長や体格に合わせて選ぶのがおすすめです。使う人がばらばらだったり、状況によって長さを変えたいと方は柄の長さが調整できるものを検討してみてください。

形状で選ぶ

スノーダンプには底が平らなものと湾曲しているものがあります。それぞれに特徴があるので、選ぶ際には注目してください。

いろいろな場所に使いたい方は「平型」がおすすめ

平型はバケットの底部分が平らになっているものです。底が平らなので道路や屋根の雪おろしに向いています。また積もった雪を切り出す際にも、力が入れやすく真っ直ぐ差し込める平型はおすすめです。

たくさんの雪を運びたいなら「船底型」がおすすめ

船底型はバケットが船のように湾曲している形です。地面との接着面が狭いので、雪を乗せて移動させる際は船底型をおすすめします。また、平型よりもたくさん雪を乗せられるタイプが多いのでたくさんの雪を運ぶ機会が多い方はぜひチェックしてみてください。。

一度に大量の雪を運びたい方は「特大・深型」がおすすめ

大量の雪を一気に運びたい方は、深型の特大サイズがおすすめです。バケット自体が大きく深いタイプなので、何度も往復せずに一度に雪を運べます。ただし、その分重くなるので使う人を選ぶ形でもあります。

機能で選ぶ

スノーダンプには保管や使用時に便利な機能がついたものがあります。選ぶ際は参考にしてください。

省スペースで保管でしたいなら「折りたたみタイプ」がおすすめ

スノーダンプは柄の部分を含めると1m前後の製品が多いので、シーズンオフや収納が確保できない集合住宅では置き場所に困る場合があります。省スペースで保管したい方やあまり頻繁に使わない方は折りたたみタイプをチェックしてみてください。

 

コンパクトに収納できるのが最大のメリットですが、長期間使用すると折りたたみ部分が弱くなってしま場合もあるので、雪の硬さや使用頻度に合わせて選びましょう。

雪の運搬を楽にしたいなら「タイヤ付き」がおすすめ

スノーダンプにはタイヤ付きのタイプもあります。タイヤ付きは重い雪でも軽い力で運べるのが特徴です。切り出した雪を別の場所に運ぶ際などに重宝するので、ぜひチェックしてみてください。

軽い力で除雪したいなら「電動タイプ」がおすすめ

電動タイプにはブルドーザーのように雪を押して除雪をするラッセルタイプと、雪を吹き飛ばして除雪をするタイプがあります。どちらも電気の力で動くので女性やお年寄りでも使いやすく、大量の雪を移動させたい場合にもおすすめです。

 

充電が必要でコンセントが届く範囲の除雪になるので、除雪範囲をイメージして選びましょう。

サイズで選ぶ

スノーダンプのサイズは体格や使用場所に合わせて選ぶのがおすすめです。取り扱える範囲のサイズを選ぶようにしましょう。

2台目の購入なら「小型タイプ」がおすすめ

大型ダンプは製品自体の重量に雪の重さが加わるため、女性や力に自信のない方には扱いが難しい場合があります。小型のスノーダンプなら少しずつ雪を運べ、どなたでも使いやすく便利です。

 

雪の多い豪雪地帯では、効率よく作業を進められるように複数台のスノーダンプを用意しているご家庭も多く、2台目としての購入にもおすすめします。

女性や力に自信がない方には「480〜550mmサイズ」がおすすめ

スノーダンプの幅が500mm前後のものは小回りが聞くので、玄関や車の間など狭い場所に向いています。またサイズが大きいものよりも重量が軽いので、力に自信のない方や女性にもおすすめです。

 

ただし、大量の雪を運ぶことは難しいので、積雪量や使う方の体力に合わせて選びましょう。

一気にたくさん除雪したい方は「580mm以上の大型タイプ」

バケットの幅が広くなるとバケット自体も大きくなるので、たくさんの雪を一気に除雪できます。特に駐車場や道など広い場所に降り積もった雪を移動させる際は580mm以上の大型サイズを選びましょう。

 

ただし、製品自体の重量も重く、雪を載せると重さが増すので、使用する方が扱える範囲のものを選ぶのがおすすめです。

重さで選ぶ

スノーダンプ自体の重量も選ぶ際にはポイントになります。軽いものが扱いやすいですが、重いものにも重さを生かした特徴があるので、しっかりチェックしましょう。

軽量で扱いやすいものを選ぶなら「3〜4kg」がおすすめ

軽量な3kg前後のスノーダンプは力に自信がない方でも扱いやすく感じる重さです。プラスチック製やアルミは硬い雪には向きませんが重量が軽い製品が多いので、選ぶ際は参考にしてみてください。

しっかり雪に刺せるものを選ぶなら「5kg以上」がおすすめ

5kg以上になると、しっかりと重さを感じるスノーダンプになります。重さを利用して硬い雪にしっかり刺せるので、豪雪地帯にお住まいの方におすすめです。ただし、重い分力を使うので、製品サイズや体力と合わせて選びましょう。

コスパを重視するなら使用頻度に合わせた「値段」をチェック

スノーダンプは1万円以下のものから数万円まで、値段もさまざまです。年に数回少しの除雪であればあまり高価なものは必要ありません。

 

逆に、雪かきを頻繁にする方は、値段よりも機能性や耐久性にこだわった方が長い目で見てコスパもよくなります。値段と使いやすさのバランスを考えて選びましょう。

メーカー・販売店で選ぶ

スノーダンプを取り扱うメーカーは老舗からホームセンターまであります。それぞれの特徴を知り、自分に合ったものを選びましょう。

雪国ならではの工夫が欲しいなら「オギハラ工業」がおすすめ

オギハラ工業は農業機器を中心に地域に密着した製品の開発・販売を行っています。吉鉄ブランドの鉄製スノーダンプを取り扱っており、雪の多い新潟ならではの知恵が詰まった製品が特徴です。豪雪地帯にお住いの方におすすめのメーカーになります。

汎用性の高さで選ぶなら「クマ武」がおすすめ

クマ武も新潟のスノーダンプメーカーです。クマ武のスノーダンプは刺さりの良さが魅力で湿った雪から凍った雪まで使える汎用性の高さから雪国の人々に愛されています。柄が短めの製品が多く、屋根の雪おろしでも重宝されているメーカーです。

コスパの良さで選ぶなら「アイリスオーヤマ」がおすすめ

家電やインテリアでお馴染みのアイリスオーヤマからも、スノーダンプの販売がされています。鮮やかなボディとポリカーボネートを使用した刃先は雪にも強く、安価で購入できるコスパの良さで、あまり雪の降らない場所でも人気が高いです。

女性でも使いやすいスノーダンプなら「グリーンパル」がおすすめ

グリーンパルは日用品や園芸用品までさまざまなプラスチック商品の販売を行っているメーカーです。グリーンパルのママさんダンプシリーズは名前の通り女性にも使いやすい工夫がされていて、雪かきに悩む多くの女性に支持されています。

実際に商品を見たいならコメリ・カインズなどの「ホームセンター」

実際に商品を見て購入したい方は、コメリやカインズなどのホームセンターに足を運ぶのもおすすめです。ホームセンターにはスノーダンプだけでなく融雪剤やスコップなど他の除雪用品も取り扱っており、一式揃えられるのも便利なポイントになります。

スノーダンプの人気おすすめランキング15選

15位

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

スイスイダンプ ミニ

細かいところもどんどん除雪できるミニタイプ

こちらは幅35cmのスノーダンプです。車の間や玄関など、細かい部分の除雪もスムーズに行えます。柄が長いのでしっかりと雪に刺さり、体の負担を軽減できるよう設計されているのが特徴です。

 

また、1.8kgと軽量なので、スコップとしての使用もできます。子供にも扱いやすく、雪遊びの道具としてもおすすめです。

素材 ポリカーボネート サイズ 350×1350mm
重量 1.8kg 折りたたみ
柄の素材
14位

GARDENA(ガルデナ)

除雪スノーダンプ

広い場所も一気に除雪できる大型タイプ

綺麗なターコイズカラーが目を引くドイツ製のスノーダンプです。幅が70cmあるので、庭や歩道の除雪も一気に行えます。フレームの長さは3段階で調整可能です。

 

大きなサイズですが柄が外せるタイプなので、オフシーズンは柄の部分をバケットに重ねて保管できます。大型サイズのスノーダンプをお探しの方におすすめです。

素材 スチール・プラスチック サイズ 762×186×945mm
重量 5kg 折りたたみ ○(柄を外して保管可)
柄の素材
13位

コンパクトに収納できる折りたたみ式

ハンドルの長さを3段階で調整できるスノーダンプです。折りたたみ式でコンパクトに収納でき、省スペースに収納したい方におすすめします。先端はサビに強いアルミブレード仕様になっており、重量は約4kgと軽量なので女性でも使いやすいです。

素材 アルミ、ポリエチレン サイズ 幅48.5×高さ125~135cm
重量 4kg 折りたたみ
柄の素材

軽量で取り回しやすい小型タイプ

太めのグリップでつかみやすく、取り回しやすい小型タイプです。玄関先など狭い場所の除雪に適しており、軽量なので女性やお子さんでも使い勝手がいい商品になります。雪の中で映えるピンクカラーも可愛いです。

素材 ポリエチレン サイズ 全長840mm、先端部分345×450mm
重量 約1kg 折りたたみ
柄の素材

タイヤ付きで楽に除雪ができるスノーダンプ

タイヤ付きで楽に除雪ができるスノーダンプです。ハンドルの高さ調節が可能で、さまざまな場所に合わせて使えます。雪かきの際の姿勢を保ってくれるので、腰痛がある方にもおすすめです。U字型ハンドルは持ちやすく、ラバー加工がされているので冷たくありません。

素材 サイズ 75×44.5×16cm
重量 10kg 折りたたみ
柄の素材 スチール

パワフルながら軽量で扱いやすい除雪機

電気の力でパワフルに除雪する電動タイプです。重量は13kgと軽量なので女性でも扱いやすく、自宅の庭や駐車場などの除雪におすすめします。家庭用電源につなぐだけですぐに使える手軽さも魅力です。固い雪や重たい雪には不向きなので、新雪の除雪に使用しましょう。

素材 強化プラスティック サイズ 49×100×96cm
重量 13kg 折りたたみ
柄の素材
9位

サンキャスト

大型スクープスノーショベル

ブラックカラーが目を引く大型スノーダンプ

雪の多いカナダでも使われている、海外製の大型スノーダンプです。日本では珍しいブラックカラーは、家の外に立てかけておくだけでも存在感があって目を引きます。

 

バケット底に刻まれた縦のラインは、作業中もブレにくく雪離れも良いです。大型タイプなので広範囲の雪かきに向いています。おしゃれなスノーダンプを探している方にもおすすめです。

素材 サイズ 約1090×660×330mm
重量 約4kg 折りたたみ
柄の素材
8位

三甲

雪のけ太郎

雪残りしにくく屋根の雪おろしにもおすすめ

ハンドル以外が全て樹脂製になっているため、屋根や玄関など除雪面に傷を付けにくいスノーダンプです。皿部分に丸みがあるので衝撃に強く、扱いやすい形状になっており、硬い雪にもしっかりと力を発揮します。

 

底面は平らになっているので屋根や駐車場など広い範囲も効率的に除雪可能です。雪残りしにくく軽量で、女性にもおすすめします。

素材 ポリエチレン サイズ 約600×580mm
重量 約4.2kg 折りたたみ
柄の素材 スチール
7位

浅香工業

金象 アルミスノーカート 大

\秋を楽しむお買い物キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

スチール製より軽量なアルミ製のスノーダンプ

軽量なアルミ製スノーダンプです。底に程よい丸みと溝がついているため、重い雪も横滑りせずスムーズに運べます。特に道路など広範囲の雪かきにおすすめです。大型サイズなので大量の雪を一気に除雪ができるので、豪雪地帯にお住まいの方はチェックしてみてください。

素材 アルミ サイズ 59×145×73cm
重量 5.5kg 折りたたみ
柄の素材 スチール
6位

キャプテンスタッグ

スイスイダンプ

固い雪にもしっかり刺さるスノーダンプ

先端部分に強度のあるステンレスの金具がついているので、固い雪にもしっかり刺さり、しっかり除雪できます。メラミン焼付塗装を施したハンドルは持ちやすく、耐久性にも優れています。約3kgの軽量タイプなので女性でも使いやすいスノーダンプです。

素材 皿:ポリカーボネート 先端:ステンレス サイズ 480×1210×280mm
重量 3kg 折りたたみ
柄の素材
5位

グリーンパル

クリスターママさんダンプ 楽々

狭いスペースの除雪におすすめのスノーダンプ

小型・軽量で使いやすさ抜群のスノーダンプです。狭い歩道や自動車の間などの除雪も楽にできます。また、取っ手の部分が従来品よりも長いので腰を曲げずに楽な作業ができるのも嬉しいポイントです。

 

軽いので女性やお子さん・お年寄りでも使いやすく、雪かき用スコップとしても使用可能です。

素材 ポリエチレン サイズ 350×1340×200mm
重量 1.8kg 折りたたみ
柄の素材 スチールパイプ

口コミを紹介

他社製の同じようなスノーダンプを持っていますが、このスノーダンプは高さで上回り、私の身長(179cm)でも、腰を曲げずに除雪が出来そうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

扱いやすく錆びにくい小型タイプ

アイリスオーヤマのスノーダンプは先端にポリカーボネートを使用しています。本体には割れにくいポリエチレン・パイプ部分は錆びにくい塗装が施してあるので耐久性に優れ、長期で使用したい方にもおすすめです。

 

持ち手は太さ2.2cmのスチールパイプを使用し、寒い時でもしっかり握りやすく使い勝手が良いのが特徴になります。小型タイプは取り扱いがしやすいので、特に女性やお年寄りの方におすすめです。

素材 ポリエチレン 先端:ポリカーボネート サイズ 480×1140×290mm
重量 3.7kg 折りたたみ
柄の素材 スチール(エポキシ粉体塗装)

口コミを紹介

ママダンプ初心者の私には あまり大きすぎない物が良く 今回この大きさはベストでした。 雪を雪山に積む時も 橇の要領で楽に雪山の頂上に一度に大量に運べ 雪かきが非常に楽になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Compal(コンパル)

組立式キャスター雪押くん

キャスター付きで広い範囲もスムーズに除雪

キャスター付きなので、広い範囲に積もった雪も効率的に除雪できます。新雪やサラサラとした雪に向いているので、降雪量が多くない地域での駐車場や玄関用スノーダンプを探している方におすすめです。

 

柄の長さは120〜150cmの4段階調節ができるので、身長や体格に合わせて変更できます。軽い力で除雪ができるので、女性でも使い勝手がいい商品です。

素材 皿:ABS樹脂 先端:鉄 サイズ 幅660mm、全長1200~1500mm(4段階調節)
重量 4.8 折りたたみ
柄の素材 アルミ合金(塗装)、塩化ビニール

口コミを紹介

最高です!これはタイヤがラクラク押してくれ、最後雪を落とす時もタイヤが支えとなり傾けるだけ。全く力は不必要です。その後は軽いスコップで飛ばすのみ。本当に買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

グリーンパル

ママさんダンプ ミニ

女性でも扱いやすいミニタイプ

軽量のプラスチックを使用しているため、女性や年配の方でも扱いやすいスノーダンプです。雪に刺さる先端をステンレス製先金で挟むことによって耐久性があり、雪の抵抗も少なく雪刺さりもよくなっています。

 

柄の部分には焼付け塗装がされており、錆びに強く劣化しにくいので頻繁に使う地域の方におすすめです。

素材 ポリエチレン サイズ 35×27×80cm
重量 960g 折りたたみ
柄の素材 スチール(金具:ステンレス)

口コミを紹介

使用後の収納がいいですねー!コンパクトで仕事は十分こなします。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

クマ武

ステンスノーダンプ大

新潟の豪雪を知り尽くしたスノーダンプ

ステン板一枚板で作られたスノーダンプです。本体先端部分に特殊金属スポットが溶接してあるので雪に対して刺さりがよく、湿って硬くなった雪にも使用できます。

 

柄が短めに作られているのが特徴で、持ち運びしやすく取り扱いしやすいです。ステンレス製なので耐久性も高く、雪刺さり・雪離れも抜群なので、除雪が頻繁に必要な豪雪地帯にもおすすめします。

素材 ステンレス サイズ 約560×605mm
重量 5.5kg 折りたたみ
柄の素材 ステンレス

スノーダンプのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 素材 サイズ 重量 折りたたみ 柄の素材
1
アイテムID:9384361の画像
ステンスノーダンプ大

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

新潟の豪雪を知り尽くしたスノーダンプ

ステンレス 約560×605mm 5.5kg ステンレス
2
アイテムID:9384358の画像
ママさんダンプ ミニ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

女性でも扱いやすいミニタイプ

ポリエチレン 35×27×80cm 960g スチール(金具:ステンレス)
3
アイテムID:9384352の画像
組立式キャスター雪押くん

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

キャスター付きで広い範囲もスムーズに除雪

皿:ABS樹脂 先端:鉄 幅660mm、全長1200~1500mm(4段階調節) 4.8 アルミ合金(塗装)、塩化ビニール
4
アイテムID:9384345の画像
ポリカブレードダンプS

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

扱いやすく錆びにくい小型タイプ

ポリエチレン 先端:ポリカーボネート 480×1140×290mm 3.7kg スチール(エポキシ粉体塗装)
5
アイテムID:9384355の画像
クリスターママさんダンプ 楽々

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

狭いスペースの除雪におすすめのスノーダンプ

ポリエチレン 350×1340×200mm 1.8kg スチールパイプ
6
アイテムID:9384351の画像
スイスイダンプ

楽天

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

固い雪にもしっかり刺さるスノーダンプ

皿:ポリカーボネート 先端:ステンレス 480×1210×280mm 3kg
7
アイテムID:9384348の画像
金象 アルミスノーカート 大

楽天

詳細を見る

スチール製より軽量なアルミ製のスノーダンプ

アルミ 59×145×73cm 5.5kg スチール
8
アイテムID:9384344の画像
雪のけ太郎

楽天

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

雪残りしにくく屋根の雪おろしにもおすすめ

ポリエチレン 約600×580mm 約4.2kg スチール
9
アイテムID:9384343の画像
大型スクープスノーショベル

Amazon

詳細を見る

ブラックカラーが目を引く大型スノーダンプ

約1090×660×330mm 約4kg
10
アイテムID:9384340の画像
パワフル除雪機

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

パワフルながら軽量で扱いやすい除雪機

強化プラスティック 49×100×96cm 13kg
11
アイテムID:9384339の画像
スノープッシャー タイヤ付き

Amazon

詳細を見る

タイヤ付きで楽に除雪ができるスノーダンプ

75×44.5×16cm 10kg スチール
12
アイテムID:9384338の画像
スノーダンプ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽量で取り回しやすい小型タイプ

ポリエチレン 全長840mm、先端部分345×450mm 約1kg
13
アイテムID:9384337の画像
TATAMUダンプ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コンパクトに収納できる折りたたみ式

アルミ、ポリエチレン 幅48.5×高さ125~135cm 4kg
14
アイテムID:9384336の画像
除雪スノーダンプ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

広い場所も一気に除雪できる大型タイプ

スチール・プラスチック 762×186×945mm 5kg ○(柄を外して保管可)
15
アイテムID:9384333の画像
スイスイダンプ ミニ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

細かいところもどんどん除雪できるミニタイプ

ポリカーボネート 350×1350mm 1.8kg

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\秋を楽しむお買い物キャンペーン開催中!!/ 楽天 「スノーショベル・ダンプ」ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

以下の記事では、除雪機の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

スノーダンプの使い方

スノーダンプをはじめとする除雪作業では体を痛めたり、落雪してしまったりなどの危険もあります。安全に除雪するよう心がけましょう。

除雪のコツ

重い雪を除雪する際は、道具を体から離しすぎないのがコツです。体から離した状態で重いものを運ぼうとすると、腰などに負担がかかり痛めてしまうリスクがあります。腕だけの力を使うのではなく、体全体を意識して動かすようにしましょう。

 

また、スコップなどですくった雪を投げる場合は腰をひねりすぎないようにし、投げる方向にしっかりと体を向けて、真っ直ぐ前に放るように心がけてください。

 

さらに、除雪をする際には、体調管理も大事です。除雪前の準備運動やこまめな水分補給を心がけ、無理のない範囲で作業しましょう。

除雪作業中に気を付ける点

雪かきをする場ときは、安全を考えた装備を身につけましょう。屋根雪が落ちてきた際に頭部を守る帽子やヘルメットをはじめ、軍手は防水使用で滑りにくいもの・長靴は雪でも滑りにくい加工がしてあるものを選ぶのがおすすめです。

 

雪かきに夢中になっていると周りの音が耳に入らない場合もあるので、周囲の安全をしっかりと確認しながら作業するように心がけてください。2人以上で作業をするとお互いの安全確認ができます。

 

以下の記事では、スノーブーツの人気おすすめランキングをご紹介しているので、ぜひご覧ください。

スノーダンプの収納方法

オフシーズンのスノーダンプの収納は、ガレージなど物置にされる方が多いと思います。少しでも省スペースがいい方は柄が取れるものや畳めるタイプを選ぶのがおすすめです。

 

また、倒しておくのではなく、立てかけたりぶら下げたりするとすっきり収納できます。スノーダンプは3kg以上の製品が多いので、ぶら下げて収納する際は耐荷重もしっかり確認し、フックを用意しましょう。

修理の際はアルミテープが便利

スノーダンプが大きく割れてしまったり、欠けてしまったりした場合は買い替えや業者での修理が必要になりますが、小さなヒビ程度ならアルミテープを使った補強が可能です。

 

幅が広く防水タイプのアルミテープでヒビを両面から覆って補強しましょう。ただし、バケット先をあまり厚くしてしまうと雪刺さりが悪くなるので、厚さにも気をつけて補強するのがおすすめです。

スノーダンプ用離雪スプレー・ワックスもおすすめ

スノーダンプに雪がくっついてしまうと、作業効率も悪く手間もかかってしまいます。そんなときには雪の滑りをよくするスノーダンプ用のスプレーやワックスを使用するのがおすすめです。

 

アクリルやシリコン製の離雪スプレーやパラフィンロウのワックスを使用すると、雪滑りがよくなりスムーズに雪かきができます。購入前に使用できる素材を確認してからスプレーを選びましょう。

雪かきグッズをチェックしよう!

スノーダンプ以外にも便利な雪かきグッズがあります。特に雪かきを頻繁にする地域の方は、色々な道具があると便利です。

雪かきに便利なスコップ

雪かきにはスコップも便利です。スノーダンプよりも力が入りやすく、硬い雪に使用できるものも豊富に揃っています。スコップで崩した雪をスノーダンプで運ぶ方法もおすすめです。

 

以下の記事では、雪かきスコップの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

積雪や凍結を防止する融雪剤・凍結防止剤

一般的な融雪剤には塩化カルシウムが入っており、水と反応して熱を発生し、雪を溶かします。凍結防止剤には塩化ナトリウムが入っており、雪が降り積もる前に使用すると特に効果を発揮するアイテムです。

 

使用しておくと雪かきがスムーズに行えるので、特に雪の多い地域ではメジャーなアイテムになっています。

除雪グッズは売り切れる前に準備しておこう!

雪の積もるシーズンになると、スノーダンプやスコップなどの除雪グッズを多くの方が購入します。店舗によっては売り切れになってしまう場合もあるので、雪が降る前に準備しておくと安心です。

 

豪雪地帯ではもともとスノーダンプを持っているご家庭も多いですが、あまり雪の降らない地域だと天気予報をみてみんなが慌てて買いに行くといった場合もあります。慌てて準備をしなくても済むよう、1つは除雪グッズを持っておきましょう。

まとめ

今回はスノーダンプの選び方とおすすめ商品をご紹介しました。スノーダンプは雪が降る地域には大切な生活必需品です。ぜひ使いやすいものを選んで、安全に雪かきを行ってくださいね。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年03月06日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

雪かきスコップの人気おすすめランキング15選【おしゃれなものも】

雪かきスコップの人気おすすめランキング15選【おしゃれなものも】

農業資材・ガーデニング用品
除雪機のおすすめ人気ランキング15選【家庭用や女性も使いやすい小型も】

除雪機のおすすめ人気ランキング15選【家庭用や女性も使いやすい小型も】

農業資材・ガーデニング用品
ざこばの朝市の特大ズワイガニはまずい?口コミや評判を徹底調査!

ざこばの朝市の特大ズワイガニはまずい?口コミや評判を徹底調査!

カニ
通販の毛ガニ人気おすすめランキング11選【産地直送で購入できる特大毛ガニも】

通販の毛ガニ人気おすすめランキング11選【産地直送で購入できる特大毛ガニも】

魚介類
アルミテープのおすすめ人気ランキング15選【使い道や耐熱温度が高いものも】

アルミテープのおすすめ人気ランキング15選【使い道や耐熱温度が高いものも】

文房具・文具
アルミ製スーツケースのおすすめ人気ランキング10選【人気のシルバーや安いものも】

アルミ製スーツケースのおすすめ人気ランキング10選【人気のシルバーや安いものも】

旅行用品