【2021年最新版】セルフタンニングの人気おすすめランキング15選【スプレーバージョンも紹介!】

記事ID20755のサムネイル画像

セルフタンニングとは、肌を小麦色に染められるアイテムです。しかしおすすめの商品がわからず、どのように選べばよいか悩む人は多いのではないでしょうか。今回はセルフタンニングの選び方とおすすめの商品を人気ランキング形式でご紹介します。ぜひチェックしてみてください!

今回の記事では、セルフタンニングの人気おすすめランキングをご紹介していますが、下記の記事では、人気の飲む日焼け止めについてご紹介しています。ぜひご覧ください。

セルフタンニングとは小麦肌を作れるアイテム

肌を健康的な小麦肌にしたい人におすすめなのがセルフタンニング。紫外線を浴びずに小麦肌を作れるセルフタンニングは、シミやそばかすができる心配がありません。肌の表面にある角質層を、小麦肌に染めることで健康的な肌を作ります。

 

セルフタンニングの使用を止めれば、数日で元の肌の色に戻るのも嬉しいポイントです。しかしセルフタンニングは日本ではあまりなじみがなく、どの商品を選べばよい悩む人は多いのではないでしょうか。

 

そこで今回はセルフタンニングの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは価格・性能・使用感を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

肌を小麦色にしたい方はサンオイルの記事もぜひ参考にしてくださいね。

セルフタンニングの選び方

アメリカでよく利用されているセルフタンニングは、どのように選べばよいのでしょうか。セルフタンニングを選ぶコツを紹介します。

仕上がりの色で選ぶ

製品によって、仕上がりの肌の色は異なります。そのためセルフタンニングを選ぶ際は、仕上げたい肌の色を確認しましょう。

初心者は「自然な色」から試す

はじめてセルフタンニングを使用する人は、自然な色に仕上がるものを使用しましょう。セルフタンニングの仕上がりは、使用する人の肌質やもともとの肌の色によって異なります。

 

そのため、濃い肌に仕上がるセルフタンニングを使用すると、想像以上に黒く染まってしまうことも。初心者は自然に仕上がるものから使用して、様子を見ましょう。物足りない場合は、繰り返して使用できます。

予定がある場合は「逆算して使用」する

セルフタンニングは肌の表面にある角質層を染めるため、使用を止めると元の肌の色に戻ります。そのため小麦肌になりたい日が決まっている場合は、予定から逆算して使用しましょう。

 

基本的に肌が生まれ変わる周期であるターンオーバーによって徐々に色が薄れてきますが、製品によって色の持続力は異なるので、あらかじめ確認しておくと安心です。

小麦肌を持続したい人は「数日前から重ね塗り」

セルフタンニングを1度使用しただけでは、肌のターンオーバーによって色が薄れてくるため、小麦肌を持続することはできません。そのため小麦肌を維持したい人は、3~4日に1回使用しましょう

 

定期的に使用することで、肌の色を濃くすることもできます。セルフタンニングを使用する回数を調整して、好みの色を維持していきましょう。

タイプで選ぶ

セルフタンニングには大きくわけて「ローションタイプ」「ジェルタイプ」「クリームタイプ」「スプレータイプ」の4種類があります。テクスチャーの違いを理解して、使用しやすいものを選びましょう。

広範囲に塗りたい人は「ローションタイプ」

ローションタイプは伸びがよいため、広範囲に使用したい人におすすめです。ムラになりにくいため、初心者でも使用しやすいでしょう。

 

さらっとしたテクスチャーで化粧水のように使用でき、べたつきにくいことがメリットです。しかしとろみのないテクスチャーなので、液だれには注意しましょう。

うるおいがほしい人は「ジェルタイプ」

ジェルタイプは、ローションタイプより保湿力があります。しかしべたつきにくく、さらっとした仕上がりに。粘液性があるので、液だれもしにくくなっています。

 

ジェルタイプも広範囲に塗りやすいため、うるおいながらさっぱりと仕上げたい人におすすめ。ローションと同じように広範囲に塗りやすいところも人気のひとつです。

乾燥が気になる人は「クリームタイプ」

こっくりとしたテクスチャーが特徴のクリームタイプは、乾燥が気になる人におすすめです。しっとりとした仕上がりになり、液だれはしにくいでしょう。

 

しかしクリームタイプは伸びにくいため、色ムラが起きやすくなっています。ローションやジェルタイプよりも、薄く均一に塗ることを意識しながら使用しましょう。

背中に使いやすい「スプレータイプ」

背中や首の後ろなど、手が届きにくい場所におすすめなのがスプレータイプのセルフタンニングです。吹き付けるだけで塗れるため、便利なアイテムでしょう。

 

しかし均一に吹き付けないと、色ムラの原因に。不器用な人や初心者には使いこなしにくいアイテムかもしれません。また使用する際は周囲に飛び散らないように気をつけましょう。

成分で選ぶ

セルフタンニングには肌を小麦色に染める成分以外にも、さまざまな成分が含まれています。中でもおすすめの成分について紹介します。

敏感肌の人は「セラミド配合」がおすすめ

敏感肌や乾燥肌におすすめなのがセラミド。セラミドはもともと肌に備わっている成分で、肌のバリア機能が正常に働くために欠かせない成分です。肌のバリア機能には花粉やほこり・紫外線など、外部刺激から肌を守る役割があります。

 

敏感肌や乾燥肌の人は肌のバリア機能が低下しているため、セラミドが配合している成分を選びましょう。肌を守りながら小麦肌を楽しめます。

みずみずしい肌にしてくれる「コラーゲン」でうるおい補給

コラーゲンとはタンパク質の一種で、肌のハリや弾力を与え、みずみずしい肌を作るために必要な成分です。保湿成分としてスキンケアに含まれていることも多く、肌の保湿に大きな影響を与えます。

 

セルフタンニングにコラーゲンが配合されているものを選ぶと、保湿しながら小麦肌を作れるのです。うるおいのある肌は、若々しい印象を与えやすくなります。

早く乾かしたい人は「エタノール配合」を

セルフタンニングを使用した後、よく乾かすことが大切です。よく乾かすことで、服などに色が移りにくくなります。乾かす時間を短くしたい人は、エタノールが配合されているセルフタンニングを選びましょう。

 

エタノールが配合されていると、速乾性が期待できます。しかしエタノールは刺激となりやすいため、敏感肌の人など肌が弱い人は注意しましょう。

使用頻度が高いなら香りもチェック

セルフタンニングは肌を小麦肌に染めるアイテムなので、基本的に香りはありません。しかしセルフタンニングは海外製のものもあり、日本人にはなじみのない香りの製品もあります。

 

中には原材料のにおいがきつく、顔や体に使用できないと感じる場合も。そのためセルフタンニングの香りの有無についても確認しておくと安心です。

 

また香りを楽しめるセルフタンニングも販売させているので、好みの香りを選ぶ楽しさもあります。お気に入りの香りを選ぶことで、リラックスしながら小麦肌にできます。

ローションタイプのセルフタンニングの人気おすすめランキング6選

6位

色持ちの良さが人気の秘訣

3~4時間で色がつくローションタイプなので、時間のない忙しい人でも肌の色を楽しめます。ヒアルロン酸や天然植物成分などが配合されており、肌にやさしいのもポイント。

 

色持ちの良さも人気の理由のひとつで、小麦肌が持続しやすいことが特徴です。しかし少し液だれしやすいとの声もあったので、使用の際は注意しましょう。

タイプ ローション 内容量 300ml
5位

ナジャペレーネ

オーストラリアンゴールド セルフタンニングローション

肌にうるおいを与えながら小麦肌に

ブドウ種子油やビタミンE、植物エキスなどがたっぷり配合されており、肌にうるおいを与えながら健康的な肌の色を作れます。ココナッツ、オレンジ、バニラの3つを組み合わせた香りは、まるで南国にいるような気分へと導いてくれるでしょう。

 

速乾性があるため、すばやく乾かせたい人におすすめ。ローションタイプですが、クリーム状のテクスチャーなので、薄く伸ばすことを意識しながら塗っていきましょう。

タイプ ローション 内容量 130ml

約2時間で小麦肌を手に入れられる美容液

2時間で小麦肌に仕上げられるので、忙しい人におすすめです。ポンプタイプの容器に入っているので、片手でも使いやすいでしょう。小麦肌にしたいときにサッと使えるのは嬉しいですよね!

 

みずみずしいテクスチャーなので、クリームのようなべたつきが苦手な人におすすめ。広範囲に伸ばしやすいでしょう。しかし色ムラしやすいので2~3日に1度使用し、こまめに塗ることがおすすめです。

タイプ ローション 内容量 150ml
3位

石澤研究所

セルフタンニングローション100

アロエベラ配合で肌を整えながら小麦肌に

肌のうるおいを保ちながら、整えてくれるアロエベラエキスが配合されたセルフタンニングです。まるでビーチで焼いたかのような小麦肌に仕上がります。塗るのをやめれば、3~7日ほどで色が戻るので、気分にあわせて肌の色を楽しめるでしょう。

 

植物由来の成分が角質層を染めているため、肌への負担を抑えられます。とろみのあるローションなので使いやすいのも嬉しいポイントです。

タイプ ローション 内容量 150ml

色ムラが起きにくく、自然な小麦色をキープ

自然な小麦色を作れ、黄色っぽさが出にくいセルフタンニングです。無色透明のローションが、こんがりとした小麦色の肌を作ってくれます。こだわりの日本特製仕様も安心ポイント。

ニオイも極力抑えられるように考えられているので使いやすいタイプです。しかし肌が小麦色に変化するまで、約12時間かかるため、時間に余裕のあるときに使用しましょう。

タイプ ローション 内容量 150ml

顔にも使える!手袋付きですぐ染められる

2014年に発売されてから、ずっと大人気のセルフタンニング。塗ってから3時間ほどで色が変わり始め、5時間ほどで小麦肌を手に入れられます。色の持続が約10日間と長いことも嬉しいポイントです。

 

ローションタイプなので、使いやすく顔や全身に使用できます。300mlの大容量タイプなので、男性でも3カ月ほど長持ちします。健康的な小麦肌を維持したい人にはおすすめのセルフタンニングです。

タイプ ローション 内容量 300ml

ローションタイプのセルフタンニングのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6431803の画像

    株式会社CB

  • 2
    アイテムID:6431873の画像

    (株)IDEA

  • 3
    アイテムID:6432136の画像

    石澤研究所

  • 4
    アイテムID:6432209の画像

    株式会社ビープロテック

  • 5
    アイテムID:6432715の画像

    ナジャペレーネ

  • 6
    アイテムID:6432674の画像

    ブロンズマジック

  • 商品名
  • セルフタンニングローション
  • ブロンズターナー
  • セルフタンニングローション100
  • クードボー セルタンエッセンス
  • オーストラリアンゴールド セルフタンニングローション
  • セルフタンニングローション ブロンズマジックDX
  • 特徴
  • 顔にも使える!手袋付きですぐ染められる
  • 色ムラが起きにくく、自然な小麦色をキープ
  • アロエベラ配合で肌を整えながら小麦肌に
  • 約2時間で小麦肌を手に入れられる美容液
  • 肌にうるおいを与えながら小麦肌に
  • 色持ちの良さが人気の秘訣
  • 価格
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 2,725円(税込)
  • -
  • タイプ
  • ローション
  • ローション
  • ローション
  • ローション
  • ローション
  • ローション
  • 内容量
  • 300ml
  • 150ml
  • 150ml
  • 150ml
  • 130ml
  • 300ml

ジェルタイプのセルフタンニングの人気おすすめランキング3選

フランス産の伸びやすいジェル

さらっとしたテクスチャーのセルフタンニングジェル。肌になじみやすく、広範囲に伸ばしやすくなっています。

 

しかし色がつきにくいという声も。そのため薄く小麦肌に染めたい人や初心者におすすめのセルフタンニングです。

タイプ ジェル 内容量 125ml

ニオイがなく、乾きやすいセルフタンニング

セルフタンニングを使用する際に気になるニオイ。タンニングKUROは、ニオイがないため使いやすいアイテムです。

 

また乾きが早いことも人気のポイント。短時間できれいな小麦肌を作れます。ラテン競技ダンサーなど、プロも使用しているセルフタンニング!肌にやさしい成分が配合されているのも安心できます。

タイプ ジェル 内容量 200g

美容成分がたっぷり配合されたジェルタイプ

ハトムギ種子エキスやセラミド、ヒアルロン酸などの美容成分がたっぷり入ったセルフタンニング。肌に直接塗るため、美容成分がたくさん配合されているのは嬉しいですよね!

 

少量使用するとうっすら小麦肌に、少し多めに塗るとこんがりとした小麦肌を作れます。使用を中止すると1週間程度で元の肌に戻るため、好みに合わせて使用しましょう。

 

ジェルタイプなのでべたつきにくいこともおすすめポイント。液だれしにくく、ムラになりにくいでしょう。

タイプ ジェル 内容量 150ml

ジェルタイプのセルフタンニングのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6429468の画像

    Frais(フレイス)

  • 2
    アイテムID:6429610の画像

    有限会社ナージャ

  • 3
    アイテムID:6429976の画像

    クラランス

  • 商品名
  • セルフタンニングジェル
  • タンニングジェルKURO
  • セルフタンニング インスタント ジェル
  • 特徴
  • 美容成分がたっぷり配合されたジェルタイプ
  • ニオイがなく、乾きやすいセルフタンニング
  • フランス産の伸びやすいジェル
  • タイプ
  • ジェル
  • ジェル
  • ジェル
  • 内容量
  • 150ml
  • 200g
  • 125ml

クリームタイプのセルフタンニングの人気おすすめランキング3選

資生堂から販売されているセルタンニング

資生堂から販売されているセルフタンニングは、小麦肌に染めるだけではありません。肌にうるおいを与えながら、肌の表面にあるバリア機能を守ってくれます。

 

そのため肌への負担を考える人も使用しやすい商品といえるでしょう。短時間で小麦肌に染めることができるのがおすすめポイント!自然な肌に染められます。

タイプ クリーム 内容量 100g
2位

日焼けのプロである、大手日焼けサロンが開発

大手の日焼けサロンが開発したセルフタンニングクリーム。これまで日焼けサロンを経営してきた知識が詰まった商品です。

 

ほかにもスクワランオイル・ヒアルロン酸などの美容成分が配合されており、小麦肌に仕上げながら美肌をキープできるのも嬉しいポイント。肌への負担を抑えながら、小麦肌を楽します。

タイプ クリーム 内容量 140g

天然由来成分をたっぷり使ったクリーム

原材料に人工的な化学物質を一切使用していないことが特徴です。オーガニック認定を受けた天然由来成分がたっぷりと使用されています。

 

アロエベラやアボカドオイルなどが配合されており、肌にうるおいや栄養を与える役割も!まるでバカンスに行ったかのような、きれいな小麦肌を作れます。速乾性があるため、服などを汚しにくいのも嬉しいポイントです。

タイプ クリーム 内容量 150g

クリームタイプのセルフタンニングのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6432266の画像

    株式会社ニーズ

  • 2
    アイテムID:6432396の画像

    株式会社ハピネス

  • 3
    アイテムID:6445217の画像

    資生堂

  • 商品名
  • エコタン インヴィジブルクリーム
  • TrueLism プロフェッショナル タンニングクリーム
  • メン セルフタンナー
  • 特徴
  • 天然由来成分をたっぷり使ったクリーム
  • 日焼けのプロである、大手日焼けサロンが開発
  • 資生堂から販売されているセルタンニング
  • 価格
  • 4,780円(税込)
  • -
  • 14,995円(税込)
  • タイプ
  • クリーム
  • クリーム
  • クリーム
  • 内容量
  • 150g
  • 140g
  • 100g

スプレータイプのセルフタンニングの人気おすすめランキング3選

3位

ドリームタン

プロフェッショナル セルフタンニング スプレー

チョコレート色に染まるためプロも愛用

日焼けをした体が特徴のボディービルーダーが愛用しており、チョコレートなような茶色に染まると評判です。色付きのスプレータイプなので、吹きかけた部分がわかりやすい!そのため色ムラが起きにくいといえます。

 

肌のうるおいに影響を与える、アロエベラエキスやホホバオイルなども配合しているので、肌への負担も減らせます。専用のグローブがついているので、初心者でも使用しやすいアイテムです。

タイプ スプレー 内容量 236ml

スプレータイプなのにムラになりにくい

スプレータイプなのにムラになりにくいため、人気のあるセルフタンニング。スプレータイプは手の届きにくいところに使用する機会が多いため、ムラになりにくいのは嬉しいですよね!

 

またボディービルダーも愛用しているアイテムで、しっかりと染まってくれます。塗った直後から小麦肌になるため、すぐに変化がほしい人におすすめです。

タイプ スプレー 内容量 250ml

日焼けを知り尽くしたUVブランドが販売

コパトーンといえば、UVブランドとして有名です。ドラッグストアなどでコパトーンの商品を目にしたことがある人も多いはず。そんなコパトーンが販売しているスプレーは、うるおいを保ちつつ小麦肌を作れます。

 

ほんのりココナッツの香りがするので、気分良く使用できるでしょう。べたつかない軽い付け心地で、しっかりと日焼けしたような肌を作れます。

タイプ スプレー 内容量 200ml

スプレータイプのセルフタンニングのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6432473の画像

    大正製薬

  • 2
    アイテムID:6432437の画像

    Pro Tan

  • 3
    アイテムID:6432544の画像

    ドリームタン

  • 商品名
  • コパトーン タンニング ウォーター
  • オーバーナイト コンペティションカラー
  • プロフェッショナル セルフタンニング スプレー
  • 特徴
  • 日焼けを知り尽くしたUVブランドが販売
  • スプレータイプなのにムラになりにくい
  • チョコレート色に染まるためプロも愛用
  • 価格
  • 1,120円(税込)
  • -
  • 3,110円(税込)
  • タイプ
  • スプレー
  • スプレー
  • スプレー
  • 内容量
  • 200ml
  • 250ml
  • 236ml

セルフタンニングのデメリットとは?

セルタンニングを使用することで考えられるデメリットはどのようなことがあるのでしょうか?次はデメリットについて解説します。

落とし方はないので濃さには気をつける

セルタンニングは肌の表面にある角質層を染めるため、基本的に落とすことはできません。染めた後に肌をこすると少し落ちることはありますが、肌を痛める原因となります。

 

しかしセルタンニングの使用を中止すれば、数日で色落ちが始まり、1週間ほどで元の肌の色に戻る製品がほとんどです。そのため数日は我慢が必要ですが、すぐに肌の色が戻るでしょう。

 

落とし方がないため、セルフタンニングを使用する際は、濃くなりすぎないように注意しましょう。薄かったら再度染めることがおすすめです。

セルタンニングの危険性とは?

肌を染めるセルタンニングの危険性が心配になる人は多いのではないでしょうか。セルタンニングには、肌の角質を染める役割がありますが、肌にとって危険となる成分は含まれていません。科学的にも安全性が証明されている成分が使用されています。

 

またサンオイルのように紫外線を浴びて肌を染めているわけではないので、肌への負担は抑えられていると考えることができるでしょう。つまり普通に日焼けをするよりも、肌にやさしい状態で小麦肌を作れます。

失敗しない使い方

セルフタンニングを使用する際に、気をつけておきたいポイントを紹介します。失敗せずに小麦肌を作るためにも、確認しましょう。

肌をきれいに整えてから使用する

きれいな小麦肌を作るため、肌をきれいに整えておくことが大切です。まずは事前に準備を行いましょう。

「角質ケア」や「ムダ毛処理」できれいな肌を

均一な小麦肌を作るために、角質ケアやムダ毛処理を行いましょう。角質が多い部分は色が濃くなりすぎるため、色ムラの原因になることも。関節やかかとなど、角質が厚い部分は注意しましょう。

 

ムダ毛がある場合も色ムラが起きやすいため、処理しておくほうが安心です。セルフタンニングを使用する1~2日前にはきれいにしておきましょう。

「肌が乾いている」ときに使用する

色ムラを防ぐため、肌が乾いた状態で使用することが大切です。お風呂上がりであれば、しっかりと水気を拭き取った後に使用することがポイント。汗をかいた後であればきれいに拭き取ってから、セルフタンニングを塗っていきましょう。

 

保湿クリームなどが塗ってあると、均一にセルフタンニングを伸ばしにくくなるので、何も塗っていない乾いた肌に使用することが理想的です。お風呂上がりに使用するのが1番色ムラができにくいでしょう。

「塗ムラ防止」のためにスポンジを使う

セルフタンニングは、均一に薄く伸ばすことが大切です。そのため手で塗らずにスポンジを使用すると、きれいに仕上げやすくなります。

 

特にメイク用のスポンジを使用すると、セルフタンニングを吸収しすぎずに伸ばすことができるためおすすめのアイテムです。スポンジがたくさん入ったものを購入すると、コスパがいいのでおすすめ!

 

ローションタイプやジェルタイプ・クリームタイプのセルフタンニングを手で塗る場合は、ビニール手袋も忘れず使用しましょう。素手で塗ってしまうと、手の平が真っ黒になってしまうので注意が必要です。

セルフタンニングが「乾いてから」服を着よう

セルフタンニングが乾く前に服を着てしまうと、服が汚れてしまう原因に。しっかりと乾いてから着ると、汚れにくくなります。また汗をかくと汚れてしまうとこもあるので、こまめに汗を拭いておきましょう。

 

もし服に色が移ってしまった場合は、早めに洗い落とすことが大切です。色がついたまま放置してしまうと、汚れが落ちにくくなってしまいます。そのため汚れたときは、すばやく対応しましょう。

 

セルフタンニングが乾くまでが1番色移りしやすいため、色の濃い服やゆったりとした着心地の服だと安心できます。汚れても良い服だと心配いりませんね。

まとめ

セルフタンニングは肌への負担を抑えながら、小麦肌を楽しめます。ローションタイプやクリームタイプなど、それぞれのタイプの特徴を理解することで、使いやすいセルフタンニングを選べます。自分で色の濃さを調整できるので、好みにあわせた健康的な肌に仕上げていきましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月18日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

サンオイルの人気おすすめランキング15選【正しい塗り方もご紹介】

サンオイルの人気おすすめランキング15選【正しい塗り方もご紹介】

日焼け止め・UVケア
【2021年最新版】セラミド配合美容液の人気おすすめランキング15選【プチプラもご紹介!】

【2021年最新版】セラミド配合美容液の人気おすすめランキング15選【プチプラもご紹介!】

美容液
【2021年最新版】アフターサンケアの人気おすすめランキング15選【うっかり日焼けに!】

【2021年最新版】アフターサンケアの人気おすすめランキング15選【うっかり日焼けに!】

日焼け止め・UVケア
野球グローブ用オイルの人気おすすめランキング10選【型付け用の軟化オイルなども】

野球グローブ用オイルの人気おすすめランキング10選【型付け用の軟化オイルなども】

野球用品
メイクブラシクリーナーの人気おすすめランキング10選【低価格に挑戦!】

メイクブラシクリーナーの人気おすすめランキング10選【低価格に挑戦!】

メイク雑貨・小物
犬用消臭剤の人気おすすめランキング10選【ボディスプレーも】

犬用消臭剤の人気おすすめランキング10選【ボディスプレーも】

犬用品