東邦銀行カードローンの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説!【WEB完結あり】

記事ID18325のサムネイル画像

東邦銀行カードローン「TOHOスマートネクスト」は、東邦銀行に口座があるとWEBで申込が完結します。銀行カードローンの審査は厳しいイメージがありますが、安定した収入があれば基本的に問題ありません。この記事では、審査期間や申し込み方法について詳しく解説します。

東邦銀行カードローンの基本情報

東邦銀行「TOHOスマートネクスト」

公式サイトで詳細を見る

東邦銀行に口座があればWEBだけで申込完結

東北地方を営業基盤に持つ東邦銀行のカードローン「TOHOスマートネクスト」は、東邦銀行に口座を持っていれば、WEBで完結するWEB契約型ならスマートフォンやPCのみで契約ができます。家に居ながら手軽に申し込みができるカードローンです。

 

また「TOHOスマートネクスト」は、借入の用途は事業資金以外なら自由に使え、複数社からの借り入れがある方には、金利の軽減や返済日もまとめられるので、メリットは大きいでしょう。コンビニや全国の提携ATMでも利用でき、急に必要になった時にも借り入れが出来ます。

 

いつでも繰り上げ返済が可能で、随時最寄りのATMから返済が可能です。極度額の範囲なら何度でも利用ができるので、返済しすぎても心配はありません。

運営会社株式会社東邦銀行金利4.8%~14.6%
融資限度額最大500万円審査期間-
融資までの期間-WEB完結
学生不可即日融資-

東邦銀行カードローンの審査のポイントと通りやすくするコツ

東邦銀行のカードローンの審査に気をつけるポイントがあります。ここでは、通りやすくなるコツを紹介します。

複数の会社からの借入はしない

複数の会社からカードローンの借り入れがあると審査に悪い影響を与えます。複数からの借入があると返済能力が低いと判断されてしまうためです。対象となる借り入れは、消費者金融からの無担保ローンの借り入れやクレジットカードのキャッシングです。住宅ローンや自動車ローンは含まれません。

 

また、複数から少額ずつの借入であるから「リスクは低い」と思いがちですが、複数になると返済日が異なるため、返済に遅れる可能性も高くなります。さらに、少額での借入は高金利なため、審査に通ったとしても結果的にデメリットの方が大きいでしょう。

借入総額を年収の3分の1以下にする

カードローンの申し込みは、借入総額を年収の3分の1以下にすると審査に通りやすくなります。銀行のカードローンは総量規制の対象外ですが、銀行も自主規制により消費者金融のカードローンと同様に総量規制に準拠している可能性が高いです。

 

また、銀行のカードローンは、消費者金融よりも低めの金利設定されており、貸し倒れを回避するため、多くの銀行では審査基準が厳しく設定されています。よって、借入金額が多いほど審査も慎重になり、初めての取引は低めで申し込む方が審査に通りやすくなります。

申し込み内容で嘘をつかない

申し込みの際に年収や勤務先情報、他社借り入れに間違いや虚偽が発覚すると審査に落ちる可能性が高くなります。審査に通りたいために年収を高く見せる、借入額を少なく申告しても源泉徴収票や課税証明書などの収入証明書や情報信用機関に照会すれば、すぐに嘘であることがわかります。

 

また、嘘であることが判明すると、一括返済を求められて強制解約になる可能性もあります。そして、虚偽で強制解約になったことは信用情報機関に記録され、他社でも借入が難しくなります。虚偽申告はリスクが高い行為であることを認識しておきましょう。

複数のカードローンに申し込まない

カードローンを短期間に複数社に新規申込をすると「多重申込」として審査に悪い影響を及ぼします。申し込み履歴は、情報信用機関にいつ誰が、どの消費者金融や金融機関に申し込んだ情報が記録されており、審査する際に照会すればその履歴がわかります。

 

2社同時の申し込みは、どちらか1社が落ちた場合の保険として申請するケースも考えられるため、審査では問題視はされません。しかし、新規で3社以上になるとお金に困っていると見られ、貸し倒れのリスクが高いと判断されてしまいます。

 

よって、初回なら金利が0円や半額などの特典があるカードローンに、お得さだけで安易に申し込むのは避けましょう。

低い借入額で申し込む

カードローンの審査に不安を感じているなら、低めの借入額で申し込みましょう。借入額が大きいと審査も厳しくなるからです。よって、新規申し込み時は、低めの借入額で申請し、取引実績を作ってから増額する流れの方が良いでしょう。

 

この方法は、確かに時間はかかりますが、銀行との取引実績で信用を積み重ねると信用が上がり、限度額の増額申請も通りやすくなるメリットがあるのです。

東邦銀行カードローンの審査基準は?

カードローン審査は、保証会社や東邦銀行で審査を行います。ここでは、カードローン「TOHOスマートネクスト」の審査について解説していきます。

契約時年齢が満20歳以上満69歳以下

申し込み条件として満20歳以上から69歳以下が条件です。多くの金融機関が申し込み条件が20歳以上になっている理由として、20歳以上にならなければ、親の同意なしに契約ができないと定められているのです。

 

また、高齢になると定期収入として年金収入がありますが、申し込みはできても年金を収入と見なさない金融機関も多く、さらに高齢であると健康上の理由で死亡した場合は、回収できないリスクも懸念されるからでしょう。

毎月の収入が安定している

カードローン審査では、申し込み者に毎月安定した収入があるかを重視されます。なぜなら収入の多さより、毎月安定している収入があると返済能力が高いとされるためです。アルバイトやパートでも毎月安定していれば審査には通るでしょう。

 

一方で、単発のアルバイトやフリーランスで毎月の収入が安定しない方は、審査通過が厳しくなる傾向にあるのです。

保証会社の保証を得られる

東邦銀行カードローンの審査は、エム・ユー信用保証株式会社の審査に通った方が契約できます。保証会社エムユーは、三菱UFJフィナンシャルグループであり、三菱UFJ銀行はもちろん、全国の銀行24行のカードローン審査を行っています。

 

そのため、保証業務はもちろんローン申し込みの一連の業務を行っており、受託している銀行やアコムでの利用実績で、延滞や強制解約、代位弁済などトラブルがあれば、審査には通りません。

東邦銀行の営業エリア内に住んでいる

東邦銀行カードローンの申し込みは、住んでいる場所、または勤務先が営業エリア内にあることが条件です。営業エリアは、福島県を中心に、宮城県、山形県、新潟県、茨城県、栃木県、東京都内など広域で展開しています。

 

また、カードローン返済用に東邦銀行に本人名義の口座を開設する必要もあります。そのため、必然的に営業エリア内で口座開設がしやすいことも大切です。

過去に重大な金融事故を起していないか

過去に他社のカードローンで、延滞や代位弁済や自己破産など金融事故を起していると審査には通りません。銀行が加盟している情報信用機関には、過去の金融トラブルが5年間(自己破産は10年の機関もある)は記録されているからです。

 

前述のように過去5年以内に重大な金融トラブルがあれば、どの金融機関においても借入は難しくなります。信用情報が気になる方は、情報信用機関に情報開示を申し込むことができるので、調べてみても良いでしょう。

在籍確認ができるか

カードローンの審査で在籍確認が取れなければ審査に通りません。在籍確認が出来ないと収入があることを証明出来ないからです。

 

職場によっては個人名での連絡は取り次がない、あるいは電話には出れない職業もあるでしょう。その場合は、事前にコールセンターに連絡し、在籍確認で出れないことを相談してみましょう。社員証や健康保険証、給与明細などの書類審査でも認めてもらえる場合があります。

東邦銀行カードローンの融資条件

申込み年齢 ご契約時年齢が満20歳以上満69歳以下の方
申し込み資格

・安定した収入のある方

東邦銀行の営業エリア内にお住まいの方または勤務先がある方  ※申し込み後、東邦銀行口座が開設が必須です。

資金使途 自由(事業資金にはご利用いただけません)
必要書類 〈店頭・WEB契約型 共通〉 ・本人確認書類(運転免許証など)  所得を確認する書類が必要となる場合あり 〈店頭契約型の場合〉 ・返済用普通預金口座の届出印・通帳
担保 不要
保証人 不要
保証料 不要

東邦銀行カードローンの借り入れ金額と金利

実質年利 4.8%~14.6%
借入限度額別の年率 借入限度額 金利(実質年率)
30・50・70万円 14.6%
100・150・200万円 12.8%
250・300万円 9.8%
350・400万円 7.8%
450・500万円 4.8%
金利体系 固定金利
借入限度額 最大500万円
契約期間 3年(更新時に満70歳の誕生日を迎えられている場合には、以後の新規貸越はできません。)
借入無利息期間 なし

東邦銀行カードローンの申込方法

東邦銀行カードローン「TOHOスマートネクスト」の申込みは、基本はWEBにて申し込みを行うことがメインになります。ここでは、申し込みから契約まで順を追って解説していきます。

申し込み

東邦銀行に普通預金口座を持っている方は「WEB契約型」申込みが可能です。WEBから本人確認書類など必要な書類を写真データを送信します。

 

口座を持っていない方は、「店頭契約型」の申し込みになります。パソコンやスマートフォン以外に電話でも申し込みが可能です。

 

店頭契約型申込みの場合は、まず簡易審査を申し込み、審査結果で「可」が出れば、担当者から以後の手続方法の説明の電話があります。仮審査の案内へ進む流れです。

審査結果

WEB契約型の方は、Eメールで審査結果が届きます。審査に通過すればメールに記載されているURLから申し込み画面にログインし、契約の結果確認と契約の手続を行います。

 

店頭契約型は、まず仮審査に通過すると、担当者から電話が入ります。銀行窓口で正式の申し込みの流れの説明があります。その後、銀行窓口へ出向き口座開設や契約書に捺印などの手続きを行います。

正式契約

WEB契約型は、契約確認のため東邦銀行の担当者から電話連絡が入ります。電話で契約内容に問題がなければ、ダイレクトバンキングの契約とWEB通帳を作成して契約完了です。

 

店頭契約型で申し込んだ方は、後日契約した住所にカードが発送され到着しだいに利用できます。また、東邦銀行の提携しているATMならいつでも出金が可能です。

東邦銀行カードローンの口コミ

東邦銀行のキャッシュカードを持っているため、ウェブ契約が出来るとの事でこちらのカードローンを利用しました。
東邦銀行に口座があれば来店不要で審査が出来、かつ契約も可能なので日中なかなか時間が取れない場合など便利だと思います。金利は14.6%なので、それほど高くもないですし、返済はATMなどから出来ます。
審査結果が登録メールアドレスに届いた後、確認の為自宅と職場に電話連絡が来て、契約は完了でした。期間は数日だったので結構スピーディーだと思います。

出典:https://review.kakaku.com

日中は仕事があるので店舗には行けないなと思っていたら住んでいる所にネットで手続きが出来るということだったので利用してみました。
一週間もかからずカードが発行してもらえて案外早く借り入れすることができ良かったです。
所得証明は必要無かったし、金利も低かったので尚更借りやすいなと思いました。
電話の対応も丁寧でしたので、気持ちよく利用できました。
ATMで借り入れ返済出来るのでとても楽で便利で使いやすかったです!

出典:https://review.kakaku.com

東邦銀行カードローンの審査期間は?

銀行のカードローンは、消費者金融と比べて審査に時間がかかります。法改正で銀行融資の際に申し込み者が反社会的勢力でないかをチェックするため、警察のデータベースに照会を行うことが義務付けられたからです。

 

目安として警視庁のデータベースの照会作業自体は、数日で終わりますが、疑わしいと判断された場合は、2~3週間くらいかかります。このように銀行としても審査が即日終了するとは売り文句にできない事情があるのです。

 

銀行のカードローンの審査結果は、東邦銀行のような地方銀行だけでなく、都市銀行でも同様に時間がかかることは念頭に置いておきましょう。

東邦銀行カードローンの返済方法

東邦銀行カードローンの返済方法は、毎月10日に東邦銀行の本人名義の口座から引き落されます。返済方式は、「残高スライドリボルビング払い」が採用されており、各社で採用されている返済方式です。

 

借入残高によって、毎月の返済額が変わるため管理は必要ですが、追加借り入れをしない限りは、毎月の返済額は少なくなります。よって、毎月の支払いの負担が大きくなることはありません。

毎月10日のお借入残高 毎月10日のご返済金額
1万円未満 毎月10日のお借入残高+経過お利息
1万円以上50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超200万円以下 3万円
200万円超300万円以下 4万円
300万円超400万円以下 5万円
400万円超500万円以下 6万円

まとめ

東邦銀行「TOHOスマートネクスト」

公式サイトで詳細を見る

東邦銀行に口座があればWEBだけで申込完結

運営会社株式会社東邦銀行金利4.8%~14.6%
融資限度額最大500万円審査期間-
融資までの期間-WEB完結
学生不可即日融資不可

東邦銀行のカードローンは、東邦銀行に口座を持っていれば、WEB申し込みだけで申し込みから契約まで行えます。銀行のカードローンとなれば審査に厳しいイメージがありますが、年収や職業にかかわらず、毎月安定した収入があれば比較的通りやすいカードローンでしょう。

 

繰り上げ返済もコンビニの提携ATMから気軽に行えます。営業エリア内にお住いの方は、検討してみてはいかがでしょうか。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年01月04日)やレビューをもとに作成しております。

TOPへ