【ヨガティーチャーが選ぶ】ヨガマットの人気おすすめランキング23選

記事ID18231のサムネイル画像

ヨガマットは、自宅で快適にヨガ・筋トレをするのに欠かせないアイテムです。ヨガマットには、心地よい厚さでおしゃれな商品が豊富に揃っています。この記事では、ヨガマットの選び方とおすすめ商品ランキングをご紹介します。

自分に合ったヨガマットでヨガや筋トレを快適に

デスクワークや立ち仕事をしていると、足がむくんで靴がキツくなったり、肩こりがひどいと感じたりすることはありませんか?ストレッチやヨガをすることで、むくみや凝りの解消につながり、自宅でできる簡単なダイエットとしても人気です。

 

そんなストレッチやヨガ・筋トレに欠かせないアイテムがヨガマットです。どれも同じでは?と思われやすいヨガマットですが、厚みや素材・デザインはさまざま。種類によって持ち運びやすさやクッション性・お手入れのしやすさが異なるんです。

 

そこで今回は、ヨガティーチャーの梅澤友里香さんにヨガマットの選び方やおすすめの商品についてお聞きしました。また、編集部がセレクトした人気おすすめランキングをご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

ヨガティーチャー梅澤さんが教える!ヨガマットの選び方

取材協力

専門家プロフィール画像

梅澤友里香

ヨガティーチャー/ウェルネスライフアドバイザー

studioMINAKA ディレクター

浅井企画文化人 所属

ダンサー活動後、怪我を機にヨガの道へ。『強く美しくしなやかに』内側から輝く心と身体作りで身体と心に嘘をつかないアーサナを行い、それぞれの身体や体質、そして心に寄り添い人生そのものである『生きるヨガ』を提案。ヨガを大きな軸とし食や美容に対するライフスタイルの提案や天然石を使ったアクセサリーデザインなど幅広く活動を行う。大型イベントや全国各地WS・厚生労働省主催のイベント等で講師担当。他監修やプログラム開発も行い、各メディアにも多数出演。

=公式HP=

https://yurika-umezawa-yoga.com

編集部の画像

編集部

ヨガティーチャーの梅澤さんに、ヨガマットを選ぶときのポイントについて教えていただきました!

POINT

■ヨガマットを選ぶポイント


①予算

②下を向いた時に見えるデザイン

①予算

梅澤さんの画像

梅澤さん

「できれば1万円以上…!」と言いたいところですが、4千円前後のものでも良いでしょう。それより安いと、擦るような動作をする時に削れてボロボロしてしまうことが多いです。

②下を向いた時に見えるデザイン

梅澤さんの画像

梅澤さん

ヨガは下を向く姿勢が多いので、色や柄は重要です。色や柄が明るい方がモチベーションが上がるという方もいますが、柄が派手すぎると気が散ってしまうという方も中にはいます。好みに合わせてモチベーションの上がるデザインを選びましょう。

梅澤さん推薦!初心者〜上級者おすすめ商品5選

1位
 

ヨガワークス(Yogaworks)

ヨガマット6mm

価格:3,920円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、安くて間違いないものが欲しい方に!

ヨガブランドで有名なヨガワークスのスタンダードタイプヨガマットです。12色の豊富なカラーバリエーション・ブランド性・コスパの高さと全てのバランスが良い商品です。自宅でもヨガ教室でも使用でき、最初のヨガマットとしておすすめです。

ふかふかしすぎない丁度よい6mmの厚さで、座位や逆転のポーズを優しくサポートしてくれます。

大きさ17.3x6.1cm・厚さ6mm重量1200g
素材ポリ塩化ビニルカラー展開5色
付属品-
梅澤さんの画像

梅澤さん

値段もリーズナブルで持ちも良く、最初に購入するマットとしておすすめです。ヨガワークスさんのマットは削れにくいのが特徴。私自身も最初に購入したマットで、もう10年くらい使っています。よく生徒さんにおすすめのヨガマットを聞かれることもあるのですが、まずはこれをおすすめしています。「1万円も出せない…」という方におすすめ。

2位
 

マンドゥカ(Manduka)

PRO ヨガマット(6mm)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、2枚目の購入を考えている方に!

超高密度素材を多重構造にすることにより、強い衝撃にも耐えられる作りのヨガマットです。裏面は、マンドゥカ独自のドット加工で、グリップ力は高く、滑りにくくなっています。エコ素材で、地球環境にも配慮したい方におすすめです。

大きさ68 x 13 x 13 cm・6mm重量3140g
素材PVC(ポリ塩化ビニル)カラー展開5色
付属品-
梅澤さんの画像

梅澤さん

ヨガ経験者に人気で、講師レベルの方でも使っているマットです。少しお値段は張りますが「こんなにヨガを続けるつもりではなかったので、1枚目は安いのを買ってしまった。でも、せっかく長く続いているので良いものを買いたい!」という方におすすめ。もちろんグリップ力は抜群なのですが、ヨガの場合、完全に滑らないものが良いわけではありません。足を後ろに引いたり、指を返したりといった動きの時に止まりすぎると、動きづらいことがあります。グリップと滑りのバランスが本当に良くできているマットで、ヨガも上達したような気分になります。

3位
 

チャコット

アドエルムマット

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、外ヨガや教室に持ち運びたい方に!

厚さ3mm・重さ470gと、軽さにとにかくこだわって作られています。汚れた時は水洗いができるので、外ヨガや汗を多くかいた時にも使いやすいです。仕事帰りに自分のヨガマットでレッスンに通う方や、荷物が多い方におすすめ。

大きさ約183cm×60cm・3mm重量470g
素材TPE素材カラー展開2色
付属品-
梅澤さんの画像

梅澤さん

他にも軽さを重視したヨガマットはありますが、チャコットのマットはピカイチです。持ち歩きや、とにかく軽さを重視したい人におすすめ。デザインもカラーも可愛くてテンションが上がります。3mmなので、床へのサポート力がなく、膝をつくと痛いかもしれません。その際はタオルを敷いてください。マンドゥカやヨガワークスと比較するとグリップ力で劣りますが、持ち運びの軽さを重視したいなら絶対これです!

4位
 

ルルレモン(lululemon)

リバーシブルマット 5mm 

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、スタイリッシュなものが欲しい方に!

カナダ発のヨガウェアブランド・ルルレモンのヨガマット。天然ゴム素材で、クッション性とグリップ力があり、しっかり動きたいときにおすすめです。ヨガウェアブランドだけあってスタイリッシュなのが特徴。

天然ゴムの匂いがきになる場合は、外気にさらすと気になりません。

大きさ66cm x 180cm・5mm重量2380g
素材ラテックスカラー展開6色
付属品-
梅澤さんの画像

梅澤さん

ルルレモンはヨガウェアのブランドなので、スタイリッシュなデザインが多いです。ほとんど同じ機能性のものを持っているのに、カラーが可愛くて買ってしまうほど。季節ごとに色を変えてもいいですね。少し薄めなので床のサポート(膝のタオルなど)が必要。グリップ力は抜群です。どちらかというと上級者の方が使いやすいかもしれません。

5位
 

ヨガワークス

ザ・ブラックマット・ツー 6.5mm

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ズバリ、アクティブな動きをする上級者に!

ヨガワークスが「第二の床」を謳う、クッション性のあるヨガマットです。表面がエンボス加工で安心のグリップ力が特徴。長さが2mとゆとりを持った長さですが、幅がスリムなので、スタジオでも場所を取りすぎることはありません。

大きさ200cm×60cm・6.5mm重量3000g
素材ポリ塩化ビニルカラー展開-
付属品-
梅澤さんの画像

梅澤さん

グリップ力も良い上級者向けマット。ヨガワークスの6mmのマットより質が良く、持ちが良いですね。クッション性と重みがあります。フローの中にアレンジで動きを入れられるような、アクティブ上級者の方におすすめ。

初心者におすすめのヨガマットランキング5選

1位
 

LINO MIRAI

ヨガマット 8mm

価格:1,690円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、コスパ重視で、デザイン性と機能性を兼ね備えた商品が欲しい方はこれ!

落ち着いた印象のナチュラルカラーで、インテリアになじむヨガマットです。コスパが高く、さりげないおしゃれを楽しみたいヨガ初心者の女性に人気です。厚みが8mmと厚すぎず薄すぎず、高い汎用性が魅力!専用ケースも付属しています。

 

すべりにくい凹凸のあるエンボス加工で、場所や床素材を選ばず使うことができます。厚さ8mmでクッション性があり、「厚みがありとても良い商品をこのお値段で購入できてよかった」という評価が多く見られました。

大きさ13.5x62.5cm・8mm重量1500g
素材ポリ塩化ビニルカラー展開7色
付属品収納ケース
2位
 

マンドゥカ(Manduka)

ビギン ヨガマット(5mm)

価格:12,914円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、プロ仕様までは手が届かないが、質が良いものを長く使いたい方はこれ!

世界中のヨガ愛好家に愛用されている老舗ブランドMandukaの優秀すぎるエントリーモデルです。初心者だけど、どうせ買うなら良いものを長く使いたいと考えている方におすすめです。手に取るだけで、軽量・高グリップ力・質の良さを実感でき、耐久性もあります。

 

リバーシブルカラーの裏表はどちらも同じグリップ力で、気分やコーディネートによって使い分けられます。正しいポーズをアシストするセンターラインで、正確なポージングが可能に!ヨガを始めたばかりの初心者でも安心のマットです。

大きさ60x12cm・厚さ5mm重量1060g
素材熱可塑性エラストマーカラー展開4色
付属品
梅澤さんの画像

梅澤さん

マンドゥカのものは基本的に使いやすいです。5mmはあまり使ったことがありませんが、厚さが好みなら良いですね。

3位
 

YAWHO

ヨガマット トレーニングマット

価格:4,599円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、フォームの綺麗さにこだわりたいなら、正しいポジションが分かるこれ!

正しいポーズを取れるよう施されたガイドラインが付いています。自宅でヨガマットを始める方や正しいポジションを最初のうちからしっかり意識したいという初心者の方におすすめです。

 

厚みは、初心者から上級者ヨギーまで最適な6mm。両面とも滑り止めが施されていて、マット自体の安定性やグリップ力を求める方におすすめです。両面滑りにくいTPE素材が使われているので、天然ゴムアレルギーの方でもご使用いただけます。

大きさ183cmx66cm・厚さ6mm重量1060g
素材TPE(熱可塑性エラストマー)カラー展開4色
付属品バッグ付き
5位
 

AmoR FOR MEN

ヨガマット 6mm

価格:500円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、とにかく安いものを買ってヨガを試してみたい方はこれ!

「この値段では信じがたいほどしっかりした製品」など、品質にも問題はないという口コミが見られました。自宅で初めて使う人、試してみたいという方におすすめの商品です。

 

クッション性抜群で、カラーも豊富な15色を展開しています。匂いが気になるという口コミもありますが、水洗いをして一晩干せば軽減できるという声も見られます。

大きさ14x61cm・厚さ8mm重量1600g
素材ポリ塩化ビニルカラー展開4色
付属品専用メッシュケース

初心者におすすめのヨガマット商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6371027の画像

    ヨガワークス(Yogaworks)

  • 2
    アイテムID:6371029の画像

    マンドゥカ(Manduka)

  • 3
    アイテムID:6371031の画像

    チャコット

  • 4
    アイテムID:6371033の画像

    ルルレモン(lululemon)

  • 5
    アイテムID:6371035の画像

    ヨガワークス

  • 商品名
  • ヨガマット6mm
  • PRO ヨガマット(6mm)
  • アドエルムマット
  • リバーシブルマット 5mm 
  • ザ・ブラックマット・ツー 6.5mm
  • 特徴
  • ズバリ、安くて間違いないものが欲しい方に!
  • ズバリ、2枚目の購入を考えている方に!
  • ズバリ、外ヨガや教室に持ち運びたい方に!
  • ズバリ、スタイリッシュなものが欲しい方に!
  • ズバリ、アクティブな動きをする上級者に!
  • 価格
  • 3920円(税込)
  • 19017円(税込)
  • 7590円(税込)
  • 14800円(税込)
  • 19250円(税込)
  • 大きさ
  • 17.3x6.1cm・厚さ6mm
  • 68 x 13 x 13 cm・6mm
  • 約183cm×60cm・3mm
  • 66cm x 180cm・5mm
  • 200cm×60cm・6.5mm
  • 重量
  • 1200g
  • 3140g
  • 470g
  • 2380g
  • 3000g
  • 素材
  • ポリ塩化ビニル
  • PVC(ポリ塩化ビニル)
  • TPE素材
  • ラテックス
  • ポリ塩化ビニル
  • カラー展開
  • 5色
  • 5色
  • 2色
  • 6色
  • -
  • 付属品
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

携帯用におすすめのヨガマットランキング5選

1位
 

Gruper

ヨガマット 6mm

価格:4,714円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、持ち運びたいけど、クッション性に優れた厚みも妥協したくない方はこれ!

厚さは6mmとしっかりしているのに、重量は850gと軽いヨガマットです。カラフルなものが多く、ファッション性を意識したい方におすすめです。TPE素材のみ実現可能な一体化発泡技術を利用しているので、クッション性にも優れています。

 

表面に防水加工が施されているので、水洗いをして清潔に使えます。正面S形模様や背面波紋模様の両面滑り止め・地面への付着力・耐衝撃性・耐磨性・抗裂性に優れています。「適度な弾力で安心して運動することができた」「滑らなくて良い」と高評価です。

大きさ183×61cm・厚さ6mm重量850g
素材TPEカラー展開12色
付属品収納バッグ
2位
 

プリマソーレ(Primasole)

ヨガマット 4mm

価格:1,425円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、とにかくコスパのいい携帯用ヨガマットが欲しい人にはこれ!

Amazonが展開しているスポーツ用品ブランドPrimasoleのヨガマットです。価格が安く、携帯用を探している初心者の方にも人気があります。バランスが取りやすくグリップ力があり、立ちポーズや動きの多い動的なヨガに最適です。

 

本体も軽量で通気性が良く、機能性に優れています。専用ケース付きですが価格は安いので、コスパの高さで選びたい方におすすめです。「敷マットやヨガマットの保護シートあるいは、滑り止めの目的としても活躍」という口コミも見られます。

大きさ61.2x9.6cm・厚さ4mm重量940 g
素材ポリ塩化ビニルカラー展開7色
付属品収納ケース付き
3位
 

スリア(suria)

ヨガマット 厚さ4mm

価格:8,282円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、安心の日本ブランドで、軽量かつ質の良さも重視したい方はこれ!

カラーやデザインに特徴のある、初心者にも上級者にも人気のブランドです。すでにマイヨガマットがあり、携帯用の2枚目として購入したい方におすすめです。スリアらしいナチュラルな色彩で、ブランドにこだわりのある人に人気があります。

 

接着剤を一切使用しない製法を採用していて、開封時の嫌な匂いが大幅に軽減されています。スリアオリジナルの高密度フォームを採用しているので、従来のTPEマットにはないコシのあるクッション性と高いレベルのグリップ力を体感できます。

大きさ61×183cm・厚さ4mm重量900g
素材熱可塑性エラストマーカラー展開ブルー
付属品
梅澤さんの画像

梅澤さん

ヨガスタジオに置いてあるものを使ったことがあります。軽くてグリップ力があり、使用していて「これいいな」と思いました。4mmなので持ち歩きにはぴったりですね。

4位
 

studio plumeria relaxing

ヨガマット トレーニングマット

価格:5,639円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、とにかく軽量で、ヨガマットをおしゃれに持ち運びたい方はこれ!

他にはないオリジナルトートバック付きで、おしゃれに持ち運びできます。550gと超軽量・コンパクトな折りたたみタイプです。サイズやクッション性は妥協せずに、超軽くて丈夫で水洗い可能なヨガマットを実現しています。

 

チープじゃない独自の色を採用しているので、デザイン性にこだわりたい方におすすめです。口コミで「驚くほど軽量・ソフト。だけどしっかり、滑りにくい。コスパ最高」という評価が見られました。時間を有効に活用して、トレーニングしたい方にぴったりです。

大きさ183×61cm・厚さ4mm重量550g
素材熱可塑性エラストマーカラー展開4色
付属品トートバッグ付き
5位
 

GronG(グロング)

ヨガマット 4mm

価格:1,480円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、とにかくコンパクトになる、折りたたみヨガマットは欲しい方はこれ!

折りたたむとカバンに入る大きさになるので、気軽に持ち運びたい方におすすめです。程よいクッション性と、バランスのとりやすさを兼ね備えた丁度いい厚さです。折りたたみのラインで幅や平行を確認しながらエクササイズすることが可能です。

 

折りたたみヨガマットで、収納性と持ち運びやすさが魅力。口コミで「折りたたみ式だと肌に触れる面と地面に触れる面が触れ合わないので衛生的」「折りたためるので、丸めるタイプと比較すると、棚にも入れられるので保管が楽」と高評価です。

大きさ173×61cm・厚さ4mm重量920g
素材PVCカラー展開6色
付属品

携帯用におすすめのヨガマット商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6371045の画像

    Gruper

  • 2
    アイテムID:6371046の画像

    プリマソーレ(Primasole)

  • 3
    アイテムID:6371047の画像

    スリア(suria)

  • 4
    アイテムID:6371049の画像

    studio plumeria relaxing

  • 5
    アイテムID:6371050の画像

    GronG(グロング)

  • 商品名
  • ヨガマット 6mm
  • ヨガマット 4mm
  • ヨガマット 厚さ4mm
  • ヨガマット トレーニングマット
  • ヨガマット 4mm
  • 特徴
  • ズバリ、持ち運びたいけど、クッション性に優れた厚みも妥協したくない方はこれ!
  • ズバリ、とにかくコスパのいい携帯用ヨガマットが欲しい人にはこれ!
  • ズバリ、安心の日本ブランドで、軽量かつ質の良さも重視したい方はこれ!
  • ズバリ、とにかく軽量で、ヨガマットをおしゃれに持ち運びたい方はこれ!
  • ズバリ、とにかくコンパクトになる、折りたたみヨガマットは欲しい方はこれ!
  • 価格
  • 4714円(税込)
  • 1425円(税込)
  • 8282円(税込)
  • 5639円(税込)
  • 1480円(税込)
  • 大きさ
  • 183×61cm・厚さ6mm
  • 61.2x9.6cm・厚さ4mm
  • 61×183cm・厚さ4mm
  • 183×61cm・厚さ4mm
  • 173×61cm・厚さ4mm
  • 重量
  • 850g
  • 940 g
  • 900g
  • 550g
  • 920g
  • 素材
  • TPE
  • ポリ塩化ビニル
  • 熱可塑性エラストマー
  • 熱可塑性エラストマー
  • PVC
  • カラー展開
  • 12色
  • 7色
  • ブルー
  • 4色
  • 6色
  • 付属品
  • 収納バッグ
  • 収納ケース付き
  • トートバッグ付き

自宅用におすすめのヨガマットランキング5選

1位
 

イケヒコ・コーポレーション(IKEHIKO)

い草ヨガマット 畳ヨガ

価格:8,778円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、他にはない畳デザインで、リラックスできる香りも重視したい方はこれ!

ヨガインストラクター公認のい草を使った新感覚のヨガマットです。い草には空気の自然浄化作用・湿度の調節作用などがあります。6種類とデザイン性が豊富なので、和風の家にも合うインテリアマットが欲しい方におすすめです。

 

裏にはヨガマットに使われるPVCゴムを使用し、滑りにくくクッション性もあります。インテリアマットとしても使える素材で、呼吸が大切なヨガとの相性が良いヨガマット。国内で生産・加工されていて、安心して使用することができます。

大きさ60×180cm・厚さ6mm 重量1720g
素材い草・PVCカラー展開10色
付属品
梅澤さんの画像

梅澤さん

い草の香りでリラックスできます。外ヨガの時に芝生の上に敷いたことも。畳なので普通のヨガマットに比べ、少し滑り易さもありますが、気分を変えたい時には良いですね。ただ、様々な使い方はできると思います。そのまま、ピクニックでお座敷のように使ったこともあります(笑)。

2位
 

Manduka マンドゥカ

ヨガマット プロライト

価格:15,400円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、とにかく機能性重視で、自宅で本格的なヨガを楽しみたい上級者はこれ!

世界中の一流ヨガ・インストラクターをはじめ、多くのプロ達に愛用されているブランドです。吸音効果に優れ、階下に音が響きにくいため、マンションに住んでいる方にもおすすめです。3万回以上の実験をクリアした驚きの耐久性と衝撃吸収構造です。

 

表面にはテキスタイル加工、裏面にはマンドゥカ社が開発したドット加工が施されています。超高密度素材を多重構造にした、強い衝撃にも耐えられる作りです。重量があるので持ち運びには不向きで、自宅での使用に向いています。

大きさ180x60cm・厚さ5mm 重量1800g
素材ポリ塩化ビニルカラー展開2色
付属品
梅澤さんの画像

梅澤さん

やはり、マンドゥカの商品はおすすめです。厚さの単位も細かく、ラインナップが絶妙です。使っているうちに、だんだん違いがわかってくるはず。

3位
 

LINO MIRAI

ヨガマット 10mm

価格:1,530円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、インテリアを邪魔しないヨガマットが欲しい方はこれ!

インテリアを邪魔しない落ち着いた印象の、他とかぶりにくい5色展開です。厚さが10mmで持ち運ぶには分厚いですが、ヨガマットとして重要なクッション性に優れているため自宅用として使いたい方におすすめです。

 

おしゃれなインテリアになるヨガマットや、インテリアの邪魔をしない落ち着いたデザインがあります。特殊な横じまエンボス加工で滑りにくく、色々なポーズやエクササイズに最適。使用後は洗い流しが出来て衛生的に使用できます。

大きさ183cm×61cm・10mm重量800g
素材NBRカラー展開7色
付属品メッシュキャリーケース
4位
 

Gaiam

ヨガマット プレミアム6mm

価格:3,641円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、柄入りのデザインで、インテリアにもなるヨガマットが欲しい方はこれ!

ヨガマットには珍しい細かい柄入りのデザインで、19種類とバリエーションが豊富です。自宅用にぴったりのデザインを探している方におすすめです。「インテリアとしてのデザイン性も兼ね備えていて大変良い」という口コミがありました。

 

マットには、粘着性の滑り止め表面加工が施されています。「グリップがしっかりしていて、運動にもリラックスタイムにも適したクッション性」と口コミで高評価!無害&6Pフリーで地球にも優しく、海外の人からの口コミも多く見られます。

大きさ172x61cm・6mm重量1140g
素材ポリ塩化ビニルカラー展開18色
付属品
5位
 

easyoga

ウインドヨガマット 6mm

価格:7,945円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、出し入れが楽で、男女問わず人気のデザインが欲しいならこれ!

ナチュラルテイストな風の流れをモチーフにしたデザインで心地いいと評判のヨガマットです。ケースではなくマットベルト付きなので、自宅で頻繁に使用するための簡単な出し入れに向いています。

 

デザイン重視で探すと女性向けが多くなりますが、これは男女問わず使用できる色味です。派手すぎない上品なパープルのグラデーション模様が好きな方におすすめです。ほど良い厚みとクッション性はがあります。

大きさ14x61cm・厚さ8mm重量1500g
素材PVCカラー展開7色
付属品マットベルト付き
梅澤さんの画像

梅澤さん

私がおすすめした「ヨガワークス 6mm」に近いです。柔らかさもあり、削れることがほとんどありません。ヨガワークスと迷ったら、あとは予算感とデザイン。easyogaはヨガウェアブランドなので、デザイン性は抜群です。ヨガウェアと一緒に揃えてみても良いでしょう。

自宅用におすすめのヨガマット5選商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6371053の画像

    イケヒコ・コーポレーション(IKEHIKO)

  • 2
    アイテムID:6371055の画像

    Manduka マンドゥカ

  • 3
    アイテムID:6371057の画像

    LINO MIRAI

  • 4
    アイテムID:6371058の画像

    Gaiam

  • 5
    アイテムID:6371059の画像

    easyoga

  • 商品名
  • い草ヨガマット 畳ヨガ
  • ヨガマット プロライト
  • ヨガマット 10mm
  • ヨガマット プレミアム6mm
  • ウインドヨガマット 6mm
  • 特徴
  • ズバリ、他にはない畳デザインで、リラックスできる香りも重視したい方はこれ!
  • ズバリ、とにかく機能性重視で、自宅で本格的なヨガを楽しみたい上級者はこれ!
  • ズバリ、インテリアを邪魔しないヨガマットが欲しい方はこれ!
  • ズバリ、柄入りのデザインで、インテリアにもなるヨガマットが欲しい方はこれ!
  • ズバリ、出し入れが楽で、男女問わず人気のデザインが欲しいならこれ!
  • 価格
  • 8778円(税込)
  • 15400円(税込)
  • 1530円(税込)
  • 3641円(税込)
  • 7945円(税込)
  • 大きさ
  • 60×180cm・厚さ6mm
  • 180x60cm・厚さ5mm
  • 183cm×61cm・10mm
  • 172x61cm・6mm
  • 14x61cm・厚さ8mm
  • 重量
  • 1720g
  • 1800g
  • 800g
  • 1140g
  • 1500g
  • 素材
  • い草・PVC
  • ポリ塩化ビニル
  • NBR
  • ポリ塩化ビニル
  • PVC
  • カラー展開
  • 10色
  • 2色
  • 7色
  • 18色
  • 7色
  • 付属品
  • メッシュキャリーケース
  • マットベルト付き

筋トレにおすすめのヨガマットランキング3選

1位
 

YUREN

メンズ用 トレーニングマット

価格:5,990円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、筋トレに最適な弾力性とマットの大きさにこだわるならこれ!

サイズが大きく、男性のトレーニングにおすすめのヨガマットです。厚さ・弾力・滑り止めは筋トレに最適な設計で、一般的なマットより幅が10〜30cm広いのが特徴です。ハニカム発泡技術を採用し、高品質NBR素材と結合することで、弾力性と快適感を実現しています。

 

厚さ15mmの緩衝作用で、運動中の緩衝力を減らして関節を保護してくれます。機能性は満足ですが、ゴムの匂いが気になるという口コミもあるので注意が必要です。

大きさ185x90cm・厚さ15mm重量1500g
素材NBRカラー展開5色
付属品収納ケース
2位
 

adidas(アディダス)

フィットネスマット

価格:5,267円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、スポーティなデザインでモチベーションを上げたい方はこれ!

誰もが知るスポーツブランドadidasのヨガマットです。機能性バッチリで、筋トレのモチベーションが上げたい方におすすめです。表面は汗をはじく滑り止め仕様のため、お手入れも簡単。非常に柔らかくて、850gと軽量タイプの7mmマットです。

 

口コミには「ふかふかで、プランクする時も腕に負担がかからない」「クッション性もあり、膝、腰が痛くないうえ、すべらない」「アディダスのロゴがかわいいので、使っていて運動に対するモチベーションが保てる」という評価が見られます。

大きさ173cm×61cm・厚さ7mm重量850g
素材NBRカラー展開2色
付属品
3位
 

GronG(グロング)

ヨガマット 10mm

価格:1,449円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ズバリ、とにかく厚みのあるヨガマットで、腰や膝の痛みや負担を軽減したい方はこれ!

厚さが10mmと分厚く、床への傷や体への負担をなくすことができます。極厚10mmのヨガマットを使用すれば身体が床にあたる部分の衝撃を吸収してくれます。ひざや腰などへの痛みや負担を軽減したい方におすすめです。身長180cmの男性でも使用できるサイズです。

 

床の保護や騒音・防音対策にもなるため、トレーニング器具などの保護マットとしても使用できます。収納保管用のゴムストラップや持ち運びが便利なメッシュケースが付属しています。口コミでは「腹筋などをしても腰が痛くなるような事もない」という評価がありました。

大きさ180×60cm・厚さ10mm重量840g
素材ラバーカラー展開10色
付属品ゴムストラップ

筋トレにおすすめのヨガマット商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6371063の画像

    YUREN

  • 2
    アイテムID:6371064の画像

    adidas(アディダス)

  • 3
    アイテムID:6371065の画像

    GronG(グロング)

  • 商品名
  • メンズ用 トレーニングマット
  • フィットネスマット
  • ヨガマット 10mm
  • 特徴
  • ズバリ、筋トレに最適な弾力性とマットの大きさにこだわるならこれ!
  • ズバリ、スポーティなデザインでモチベーションを上げたい方はこれ!
  • ズバリ、とにかく厚みのあるヨガマットで、腰や膝の痛みや負担を軽減したい方はこれ!
  • 価格
  • 5990円(税込)
  • 5267円(税込)
  • 1449円(税込)
  • 大きさ
  • 185x90cm・厚さ15mm
  • 173cm×61cm・厚さ7mm
  • 180×60cm・厚さ10mm
  • 重量
  • 1500g
  • 850g
  • 840g
  • 素材
  • NBR
  • NBR
  • ラバー
  • カラー展開
  • 5色
  • 2色
  • 10色
  • 付属品
  • 収納ケース
  • ゴムストラップ

ヨガマットの選び方

ヨガマットには、厚さや素材・ブランドメーカーの異なる商品が販売されています。使用目的や使いやすさに合わせた、ヨガマットの選び方をご紹介したいと思います。

編集部の画像

編集部

値段がピンキリですが、これだけは買わないほうがいい!というヨガマットはありますか?

梅澤さんの画像

梅澤さん

ディスカウントストアなどに売られている安すぎるヨガマットを買うと、すぐにボロボロと崩れてきてしまいます。最初に1枚をすぐに買い換えてしまうより、長く使えた方が良いですね!

編集部の画像

編集部

そうなんですね!複数のヨガマットを使い分ける事もあるんですか?

梅澤さんの画像

梅澤さん

普段は複数のマットを使い分けています。しっかり動きたいときは、グリップがしっかりしていて、ゴムの質が高い1万円クラスのものを使います。寝る前の軽いストレッチ程度のような時には、ふわっと柔らかいものを使います。外ヨガなどで持ち運ぶときは、3mmくらいのものを。ただ、ヨガスタジオ備え付けのマットを使うこともあります。

厚さで選ぶ

ヨガマットには、2mm以下〜10mm以上の異なる厚さの商品があります。クッション性や持ち運びのしやすさを考えて、ヨガマットの厚さで選ぶのがおすすめです。

編集部の画像

編集部

厚さがいろいろあって迷ってるんですが、おすすめの厚さを教えてください!

梅澤さんの画像

梅澤さん

最初に購入するなら6mmが良いでしょう。床へのサポートにはちょうどいい厚さです。3mmや4mmは、持ち運びには便利ですが床っぽさを感じてしまいます。とにかく使って自分に合うのを探してみましょう。

汎用性の高さを重視するなら主流の「3mm〜5mm」

厚さが3mm5mmのヨガマットは、クッション性と安定性が優れていることが特徴です。現在主流にとなっているのがこの厚さ。汎用性の高さを重視する方に人気があります。重さは1.5kgほどで持ち運びがしやすく、平均的な価格帯の商品が多く販売されています。

クッション性を重視するなら「6mm以上」

厚さが6mm以上のヨガマットは、クッション性を重視する方におすすめです。体の負担を減らすクッション性を重視する静的ヨガや筋トレに向いています。床の硬さや冷たさを感じにくく、安定感とグリップ感に優れています。

 

6mm以上のヨガマットは、寝たとき・膝立ちしたときの心地良さもポイント。膝や肘などに不安があって、怪我が心配という方にもおすすめです。厚いので重さがあって持ち運ぶには不便なので、自宅で使用したい方に適しています

素材で選ぶ

ヨガマットには、PVCTPE・ゴム・コルク・畳などの素材を使った商品が販売されています。使用用途や使いやすさに合わせた、ヨガマットの素材で選ぶのがおすすめです。

梅澤さんの画像

梅澤さん

素材をじっくり見なくても良いヨガマットを選ぶことはできます。持っている人に話を聞いてみて、可能であれば試させてもらえると良いでしょう。意識するのであれば、環境に配慮した素材もあります。

初心者におすすめのコスパが良い「PVC(ポリ塩化ビニール)」

PVC(ポリ塩化ビニール)は安い価格で購入できて、軽すぎず重すぎずヨガマットに適したスタンダードな素材です。バランスのとれたヨガマット素材で、コスパも良いため、初めてのヨガマットとしてもおすすめです。

 

PVCのヨガマットは、クッション性と安定感のバランスを求めるがいいこともポイント。ただし表面の処理によっては、手や足が滑ってしまう商品もあります。燃やすと有害物質が出たり、独特な匂いを感じたりといった特徴もあります。

持ち運びやお手入れがしやすい「TPE(熱可塑性エラストマー)」

TPE(熱可塑性エラストマー)は、リサイクル可能な環境に優しい素材を選びたい方におすすめです。エコな素材であること、持ち運びやお手入れが簡単なことから、多くのヨガマットの素材として採用されています。

 

TPEは、安全性が高く耐水性があり、他素材に比べて匂いが少ないことも魅力。PVCよりも軽いため携帯用にも適していて、人気を集めている素材です。高温に弱く、水や汗を弾くという特徴もあります。

グリップ力抜群で自宅での使用に最適な「天然・合成ゴム」

天然・合成ゴムは、エコな素材を選びたい方におすすめの素材です。弾力やグリップ力が優高く、本格的にヨガをする方から人気を集めています。天然・合成ゴム素材は重いため、持ち運びには適しておらず、自宅で使用したい方に向いています。

 

ただし、ゴムアレルギーや天然ゴムの特有のにおいが気になる方は注意しましょう。通常は、陰干しすれば徐々に無臭に近くなっていきます

濡れても滑りにくくさらりとした感覚が心地良い「コルク」

コルクは、コルクガシの木の樹皮を使った天然素材系のヨガマットです。衝撃緩和に優れていて、濡れても滑りにくいマットが欲しい方におすすめです。さらりとした感覚が心地よく、快適にトレーニングができます。

 

コルク素材には、天然の抗菌成分スベリンが含まれているので、簡単なお手入れで清潔に保ちたい方におすすめです。断熱材としての効果もあり、冬場の使用にも向いています。

い草の香りが心地よい「畳」

ヨガマットでは、畳を採用した商品も人気。畳に使用されるい草は、消臭剤として使われることもある素材です。運動時の汗やアンモニア臭に負けず、さわやかな香りを楽しめます。日本人だけでなく、世界中から注目を集めている素材です。

初心者でも安心の「ヨガ専用ブランド」で選ぶ

ヨガマットには、マンドゥカ・スリア・ジェイドヨガ・ヨガワークスなど様々なブランドメーカーの商品が販売されています。ヨガ専用ブランドのヨガマットを選ぶことで、品質やデザイン性に優れた商品を見つけやすくなります。

梅澤さんの画像

梅澤さん

初心者ならヨガワークスをおすすめします!上級者ならグリップ力や素材がしっかりしている1万円超えのマットが2枚目マットとしてもおすすめです。まずは使ってみてそれぞれの違いを感じて、自分に合ったヨガマットを見つけるのが良いかと思います!これもヨガの楽しみ方の一つですね。

価格が安く初心者でも購入しやすい「ヨガワークス」

ヨガワークスは、プロップスやヨガベルトなどを展開する日本のヨガブランド。スリアやマンドゥカに比べて明るい色の商品が多く、自由で可愛らしいマットを選べます。また、控えめな価格と豊富な種類もポイント。初心者にもおすすめのブランドです。

 

世界中のヨガ愛好家に人気の老舗メーカー「マンドゥカ」

マンドゥカは、ヨガ愛好家に人気のアメリカの世界的ブランドです。インストラクターなど世界中のプロも愛用する人が多く、耐久性・グリップ力に非常に優れています。シンプルで上品なデザインが魅力です。

 

価格帯は全体的に高めですが、機能性に優れています。本格的にヨガをしたい人やアクティブに動くヨガを練習したい方におすすめです。長く使える商品が多いので、一生もののマットとしても選ばれています。

幅広い層から愛されるカラーとデザインが魅力の「スリア」

スリアは、落ち着いた色合い・デザインで人気です。国産ヨガウェアブランドで、初心者から上級者まで幅広い層が利用しています。価格と使用感のバランスが良い点が大きな魅力です。

 

綺麗な色のヨガマットが豊富に揃っているので、ファッション性を求める女性におすすめです。持っていてうれしくなるようなカラーとデザインが多く、美容のためにヨガを始めたい方に人気があります。

薄さとクッション性を兼ね備えた「ジェイドヨガ」

ジョイドヨガは、インストラクターにも愛用されているアメリカのブランドです。薄いのにクッション性・安定感を兼ね備えたマットを探している方におすすめです。グリップ性にも優れているので、しっかりとトレーニングができます。

 

ヨガマットの素材には、ナチュラルな天然ゴムが多く使用されています。マットを1本購入するごとに1本植樹するなど、エコ活動も行っていることも特徴。ヨガマットの機能性やエコ活動が好きな方におすすめのメーカーです。

エコがコンセプトの日本ブランド「アンリべべ」

アンリベベは、芦屋発祥の日本のブランドです。エコをコンセプトにしたウェアやグッズを多く開発・販売しています。クッション性が高くふわふわしたマットが特徴で、静的ヨガ用のマットが欲しいという方におすすめです。

 

ヨガマットには土に帰るTPE素材が多く使用されています。とても軽い商品が多く、両面使えるリバーシブルも人気を集めています。表面はフラットでさらっとしていますが、グリップが効くので、膝立ちなどの姿勢が多いヨガにもおすすめです。

おしゃれなヨガウェアも人気の「リアルストーン」

リアルストーンは、おしゃれなヨガウェアを展開している人気のブランドです。マットの種類は少なめですが、おしゃれなデザインの商品がたくさんあります。淡い色合いの商品が多く、マーブル模様なども人気です。

 

ヨガブランドとしては、お手頃な価格で購入できることもポイント。ウェアとマットを揃えて、おしゃれを楽しみたい方におすすめです。

「サイズ・重量」も意識したヨガマット選びを

ヨガマットを購入する際には、サイズや重量を意識して選びましょう。長さ約180cm・幅約60cmが、ヨガマットの一般的なサイズです。スペースの広さやヨガのスタイルに合わせて、サイズを選ぶことができます。

 

重量は持ち運びの頻度で選ぶのがポイントです。自宅で使用する場合は重量感があるヨガマット、持ち運びをするなら1kg前後が適しています。ライフスタイルや環境に合わせて重量を選ぶようにしましょう。

梅澤さんの画像

梅澤さん

1万円クラスのヨガマットだと、重たいことが多く持ち運びは難しいです。3mmのものを持ち運ぶのがおすすめです。スタジオによっては、自分のマットを保管してくれるところもあるので、重いマットでも持ち運びが苦にならないのであれば良いです。

「カラー・デザイン」も意識したヨガマット選びを

ヨガマットにはさまざまな柄や色があります。ブランドやメーカーによりますが、カラーバリエーションは複数あるのが基本です。素材や機能性にこだわりがない方や、初心者はデザインから入るのもいいでしょう。

 

スポーツメーカーやヨガグッズを扱うブランドなら、ウェアとあわせて購入するのもおすすめです。気分にあわせてコーディネートを考えることもできます。下記の記事では、おすすめのヨガウェア・ヨガパンツを紹介しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

持ち運びには「ケース・ストラップ」が付属したものを

ヨガマットは畳んでもかさばるものが多いので、ケースやストラップ付きを選ぶようにしましょう。持ち運ぶことを考えている方はもちろん、収納しやすさもアップします。専用ケースが付属していない場合は、単体でも購入可能です。

 

下記の記事では、おすすめのヨガバッグをランキング形式で紹介しています。ウェアやその他の荷物を一緒に入れられるものもあるので、持ち運びを検討している方はぜひ参考にしてください。

編集部の画像

編集部

ストラップとケースでは、どちらが持ち運びに便利ですか?

梅澤さんの画像

梅澤さん

私はケース派ですね。ケースだと他のものも入れられるので重宝しています。外ヨガをすると、荷物が多くなってしまうので。外ポケットや内ポケットが付いていたりと、ケースにも色々あるので用途に合わせてみましょう。ただ、ストラップもシンプルで良いと思います。

おすすめのヨガマットで快適に筋トレをしよう

今回は、ヨガマットの選び方やおすすめの製品を、人気ランキング形式でご紹介しました。ヨガマットには、厚さや素材・ブランドメーカーなどいろいろな選び方があることが分かりましたね。今回ご紹介した選び方やランキングを参考にして、快適な筋トレを楽しんでくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年02月10日)やレビューをもとに作成しております。

TOPへ