子供用電動歯ブラシの人気おすすめランキング5選【フィリップス・オムロン・ブラウンなど!2020年最新】

記事ID14652のサムネイル画像

子供の歯を隅々まできれいにしたいなら、振動や音波で汚れをしっかり落とす電動歯ブラシがおすすめ。フィリップスやオムロン、ブラウンなど人気メーカーの商品が揃っています。ここでは、そんな子供用電動歯ブラシのおすすめ商品を人気ランキングで選び方と共に紹介します。

子供の歯磨きには子供用の電動歯ブラシがおすすめ

3歳から5歳までの子供の歯磨きは、きれいに汚れを落としてあげたくても歯茎や歯を傷つけてしまわないか心配ですよね。また、歯ブラシが当たる痛みから歯磨きを嫌がってしまうことも。そんなお悩みを持つ方には、歯の生えそろっていない年齢から使える子供用の電動歯ブラシがおすすめです。

 

稼働中は歯ブラシが自動で動いてくれるので、うまく手を動かせない子供でも自分だけで歯磨きできるのが特徴。かわいいデザインやライトが光る機能により子供の興味を引けますし、正しく使えば短時間でしっかり歯を磨けるので毎日の歯磨きが楽しくなります。

 

ここでは、歯ブラシの対象年齢や種類、重量や電源の違いから観点から子供用歯ブラシのおすすめ商品を人気ランキングにまとめています。他にもライトの有無やスマホ連動機能、人気メーカーの特徴などを紹介しているので、選び方に迷ってる方はぜひ参考にしてみてください。

子供用電動歯ブラシは何歳から使える?

子供用の電動歯ブラシは3歳から5歳くらいの年齢から使い始めることができます。0歳から3歳までの歯磨きには乳児用の手磨きブラシが推奨されているので、電動歯ブラシを使うなら3歳の誕生日を過ぎてからにしましょう。

 

また、一般的に6歳までは自分で歯磨きするのが難しいので、基本的には親が磨いてあげるのがおすすめ。子供に自分で磨けるようになってほしいなら、5歳を過ぎてからは子供に自分で電動歯ブラシを持たせ、親は補助をするという形が好ましいです。

子供用電動歯ブラシの選び方

ここからは、電動歯ブラシを選ぶ際に覚えておくべき要点について紹介していきます。子供用の電動歯ブラシは商品の数こそ少ないですが、磨き方の違いやブラシの種類、電源の違いなどさまざまなポイントがあるので、好みの商品を購入するためにもぜひチェックしてみてください。

種類で選ぶ

子供用の電動歯ブラシには、ブラシの振動で汚れを落とす振動式と、音波振動で素早くきれいに歯を磨ける音波式、0歳児からでも使える仕上げ用ブラシの3種類があります。タイプの違いで歯磨きの仕方や汚れの落ち具合が変わるので、好みや使い方に合わせて選んでみてください。

自分で手を動かして磨きたいなら「振動式ブラシ」

電動式の電動歯ブラシは、アシスト式とも呼ばれブラシの振動が歯垢を浮かせて歯の汚れを落としていきます。手磨き用の歯ブラシが電動になったシンプルなタイプで、電動歯ブラシの中では最も価格が安いです。小さな子供でも手軽に使えますが、押し付けすぎたり強く磨きすぎると歯や歯茎を傷めてしまうので気を付けましょう。

手を動かさずに歯磨きしたいなら「音波ブラシ」

音波式の電動歯ブラシは振動式よりも早く汚れを落とせるのが特徴。普通の歯ブラシでは届きにくい歯の隙間や奥歯をしっかり磨けますし、手磨きのように手を動かさなくても良いので使い方も簡単です。また、虫歯の原因となる細菌同士のつながりにも働きかけられます。機能性が高い分高価です。

子供の歯磨きをサポートしてあげたいなら「仕上げ磨きブラシ」

仕上げ用の電動歯ブラシは子供の歯磨きをサポートする用途で作られた商品です。小回りの利く小型のヘッドブラシが採用されていたり、LEDのライト機能が付いていたりと歯磨きの仕上げが簡単にできるのが特徴。0歳からでも使用できるので、乳幼児など小さな子供の歯磨きに不安のある方におすすめです。

歯ブラシの大きさで選ぶ

子供の口の大きさは年齢によって変わるため、口に合わないブラシを選ぶと磨きにくく汚れも残ってしまいます。そのため、電動歯ブラシを購入する際にはヘッドの大きさや本体の重量を考えて使いやすいものを選ぶようにしましょう。

子供の口に入るか心配なら「ブラシヘッド」が小さいものを

電動歯ブラシのヘッドが大きすぎると歯の隙間や奥歯など細かい部分に届きにくいため、歯磨きしたのに汚れが残ってしまうことになります。そのため子供の口に合った歯ブラシを選ぶ必要があるのですが、ヘッドの大きさをチェックするのは簡単ではありません。

 

そこで、ヘッドの大きさに迷ったら歯ブラシの対象年齢を目安にするのがおすすめです。対象年齢を見れば0歳から使えるもの、3歳、5歳向けなどが分かりやすいので、子供の口に合う形状の商品を見つけやすいです。

子供に自分で歯磨きさせたいなら適度な「重量」のものを

電動歯ブラシにはバッテリーが内臓されていたり、乾電池をセットして使用したりと普通の歯ブラシに比べると重量が重くなっています。50前後のものから100gを超えるものまでさまざまなので、子供の年齢によっては重くて持ちづらいこともあります。

 

大人が仕上げをする場合でも、歯磨き自体は子供に自分でさせたいという場合には軽めのものを選ぶようにしましょう。

電源の違いで選ぶ

電動歯ブラシの電源には、乾電池をセットする乾電池式と内臓のバッテリーに充電する充電式の2種類があります。使いやすさやコストの違いなどそれぞれにメリット、デメリットがあるため、こちらも歯ブラシの好みや歯磨きの仕方に合わせて選ぶようにしましょう。

外出先に持ち運んで使いたいなら「乾電池式」

乾電池式の電動歯ブラシは充電器が必要ないため、外出先に持ち運んで使うのに最適です。サイズがコンパクトなのでポーチなどに入れて手軽に管理できますし、乾電池を交換するだけで使用できるので急な充電切れに困ることもありません。ただ、電圧が低くなると動作が不安定になるため電池交換のタイミングを見定める必要があります。

電池交換の費用を抑えたいなら「充電式」

充電式の電動歯ブラシは本体にバッテリーを内蔵しているタイプで、家庭用のコンセントから充電できます。乾電池式に比べるとサイズが大きく重量も重いですが、電池交換のコストがかからないため長期的に使用したい場合は経済的です。

 

また、スタンド型の充電器を採用しているモデルが多いので、収納の際にそのまま充電しておけるのも特徴。充電式を購入する際には、充電器を置くスペースを確保できるか、子供が扱いやすい大きさであるかを検討して選びましょう。

使い方にこだわりがあるなら「付属ブラシ」の種類やオプションをチェック

電動歯ブラシを購入する際には、付属ブラシの種類やオプションブラシについても確認しておきましょう。例えば、緑茶やチョコレートによる着色汚れを落としたいならステイン用のブラシがおすすめ。また、歯を健康に保ちたい方向けには歯垢除去や歯茎ケア用ブラシが付属した商品も販売されています。

 

他にも、歯を矯正している方向けにポイント磨きができるブラシも販売されているので目的に合わせてチェックしてみてください。

長く使い続けたいなら「替え用ブラシ」の価格と種類を比較しよう

電動歯ブラシは歯を磨けば磨くほどブラシが消耗していきます。そのため、毛先の状態を見て一定期間ごとに電動歯ブラシのヘッドを交換することが大切です。モデルによって違いはありますが、ほとんどのメーカーが1か月~3か月での交換を推奨しているので注意しましょう。

 

また、交換用ブラシの価格は使用している電動歯ブラシの大きさによって変わるため、少しでもコストを抑えたい場合は、交換用ブラシ1本あたりの価格をチェックしてから本体を購入するのがおすすめです。

 

さらに、価格だけでなくヘッドの種類もメーカーにより異なり、最初に付いていたものと同様の交換ブラシを販売しているモデル、毛先の硬さやヘッドの大きさを選択できるメーカ品などさまざまなので、使い方に合わせた交換用ブラシを選ぶようにしましょう。

子供に楽しく歯磨きさせたいなら「ディズニー」などのデザインに注目

子供用の電動歯ブラシにはポケモンやディズニーなどかわいいデザインのモデルが揃っています。子供が歯磨きを嫌がる場合には、こういったデザインの製品を購入して楽しく歯磨きさせてあげるのもおすすめ。男の子も女の子も親しみやすい絵柄が多いので使いやすいでしょう。

磨きやすい歯ブラシが欲しいなら「LEDライトの有無」をチェック

子供用の電動歯ブラシには、電源を入れると音楽が流れたりカラフルなLEDライトが光る機能が付いた商品があります。子供の口は小さいため中が見えづらいため、口の右側や左側、奥側など気になる部分を磨きたい時にはライト機能があると便利です。

 

また、子供の年齢によってはその場にじっとしているのが難しい、歯磨きを嫌がって一苦労という場合も多いので、音や光る機能があれば子供の興味を引けるためスムーズに歯磨きできます。最近ではおもちゃのようなかわいいデザインの商品が増えているので男女共に使いやすいでしょう。

子供に楽しく歯磨きさせたいなら「スマホアプリ」と連動できるモデルがおすすめ

歯磨きを嫌がる子供に楽しく歯磨きさせたいなら、Bluetooth接続に対応していてスマホと連動できるモデルがおすすめ。電動歯ブラシに内臓されたセンサーにより磨き残しをチェック出来るものや、押し付け防止センサーにより歯にブラシを押し付けるのを防ぐ機能を搭載したものなどさまざまです。

 

画面に映像と音が表示されるのも特徴で、かわいいキャラクターたちが正しい歯の磨き方を教えてくれたり、ゲーム感覚で歯磨きできたりと子供が喜ぶ要素がたくさんあります。

メーカーで選ぶ

数ある商品からどれを購入すればいいか分からない、失敗のないモデルを選びたいとお悩みの方は、人気メーカーの子供用電動歯ブラシを選ぶのがおすすめです。ここではフィリップスやオムロン、ブラウンなど人気メーカーの特徴を紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

子供が毎日快適に使えるモデルが欲しいなら「フィリップス」

フィリップスはオランダに本社を構えるヘルスケア・医療関連機器メーカーです。手磨きと同じ感覚で扱える簡単モデルから、スマホアプリと連動できるモデルまでさまざまな電動歯ブラシが販売されています。

 

優れた音波テクノロジーが歯垢をしっかり落としてくれたり、丸い毛先のブラシが歯と歯茎にやさしくアプローチしたりと、毎日の歯磨きを快適にしてくれる多機能さが特徴。最近では、ブラシに合わせて自動でモードを切り替えるモデル、歯磨きに最適な時間をタイマーで確認できるモデルなども販売されています。

隅々までしっかり磨けるモデルが欲しいなら「オムロン」

オムロンは血圧計や体重計、電動歯ブラシなどヘルスケア関連の製品を製造している日本の電子機器メーカーです。電動歯ブラシでは優れた音波式のモデルが販売されていて、多機能な充電式から扱いやすい乾電池式まで使い方に合わせた幅広い商品が揃っています。

 

どのモデルも軽くて細いボディをしているので、重さを感じず持ちやすいのが特徴。独自設計のブラシが歯の隙間や奥歯の歯垢までしっかり除去してくれますし、替えブラシも豊富に取り扱っているため本格的な口腔ケアをしたい方におすすめです。

子供向けのかわいいモデルが欲しいなら「ブラウン」

ブラウンは電気シェーバーや脱毛器などで知られるドイツの電気器具メーカーです。特に電動歯ブラシは高性能なモデルが多く揃っていて、自宅にいながら歯科クリーニングのような仕上がりを体験できるのが魅力です。

 

実際に世界の歯科医師使用率・推奨率が最も高く、歯の表面の歯垢から歯茎キワの歯垢までしっかり除去してくれます。押し付け防止センサーやアプリ連動などさまざまな機能が搭載されているため、電動歯ブラシを初めて使う方にも最適です。

子供用電動歯ブラシの人気おすすめランキング5選

5位
 

オムロン(OMRON)

音波式電動歯ブラシ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

高音波振動が歯垢をすみずみまで取り除く

毎分20000回の高速音波振動が歯垢を効果的に除去してくれます。歯の表面はもちろん、歯の隙間や凹凸部分にまで毛先が入り込むため、歯の隅々まできれいできるのが特徴。手軽に使えて価格も安いので、コスパのよい電動歯ブラシが欲しい方におすすめです。

 

歯磨きの最適な時間が分かるタイマー機能を搭載しているので、電動歯ブラシ初心者でも使いやすいです。ただ、歯茎から出血が続く、大量の出血がある場合は、乳幼児や子供のけがの原因となるため使用するのを控えましょう。

対象年齢-種類音波式:約20000回/分
重量約60g(ブラシ、乾電池含む)電源乾電池式(単4形アルカリ乾電池)
LED-カラーミントグリーン

口コミを紹介

シリーズの中での最高傑作です。 コスパはもちろん手軽さ、使いやすさは変わるものがないと言えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位
 

シースター

ベビースマイル こども用電動歯ブラシ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

傷つきやすい乳歯にもやさしい超やわらか毛

軽くて持ちやすいボディと子供の口にフィットする小型ヘッドが特徴の音波式電動歯ブラシ。歯を傷つけない超やわらか毛のブラシが付いているため、乳歯が生えはじめた0歳の子供でも安心して使えます。

 

子供の興味を引くレインボーライト、口の中がしっかり見える白色ライトを搭載されているので、歯磨きが苦手な子供でも楽しく歯磨きできるでしょう。また、タイマー機能が30秒ごとにブルっと振動で時間を教えてくれるので、子供に自分で歯磨きをさせたい時にも便利です。

対象年齢0歳から種類音波式:16,000回/分
重量31.8g電源乾電池式(単4形アルカリ乾電池)
LEDレインボーライト、白色LEDライトカラーピンク、ブルー

口コミを紹介

歯ブラシ嫌いな子供が嫌がらなくなりました。普通の歯ブラシよりも痛みもなくしっかり磨けます。振動が心地よいのか歯ブラシしていると寝てしまう事も良くあるので寝かしつけが本当に楽になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

Philips(フィリップス)

こども用電動歯ブラシ アプリ連動

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

アプリと連動すればゲーム感覚で歯磨きできる

子供に歯磨きの習慣を付けたい、歯磨きの時間を長くしたいと考えている方にはこちらのお電動歯ブラシがおすすめ。スマホやタブレットのアプリと連動してゲーム感覚で歯を磨けるのが特徴で、分かりやすいガイドを見ながら正しい歯の磨き方を身につけられます。

 

ブラシのヘッドが小さいので子供の口にすんなり入りますし、歯ブラシ本来もとても握りやすいので小さな手でも安心。他にも、ブラシの振動を子供の歯磨き慣れに合わせて選べる機能、歯を磨いてから2分間後に時間を知らせてくれるタイマー機能などさまざまな機能が搭載されています。

対象年齢-種類振動式:約500ストローク/秒
重量-電源リチウムイオン充電池
LED-カラーグリーン

口コミを紹介

買って間もないですが、アプリを使用しながら楽しく歯磨きが出来ています。キャラクターもとても可愛いくて素敵です!歯茎も少し引き締まって来て良かったと思います。注意点は親は必ず仕上げはぶらしはやる様にしてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

ハピカ

こどもハピカセット

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

子供の歯と歯茎にやさしい丸型ヘッド

こちらは子供の柔らかい歯と歯茎に最適なやさしい電動歯ブラシです。毛先が丸く加工されているのが特徴で、痛みを感じない適度な振動と静かな音で気持ちよく歯磨きできます。ブラシのヘッドも小さくコンパクトなので、電動歯ブラシが初めての子供でも使いやすいでしょう。

 

購入した保護者の方からも、子供が歯磨きを嫌わなくなった、自分で歯磨きさせるきっかけになったと高く評価されています。値段が安い割にブラシがすぐにへたれないため、コスパの良い電動歯ブラシを探している方にもおすすめです。

対象年齢3歳から種類振動式
重量60g(乾電池式)電源乾電池式(単三形アルカリ乾電池)
LED-カラーブルー、ピンク

口コミを紹介

今まで噛んだすぐに買い替えてた歯ブラシでしたが、電動になって噛むことが減りました。自分たちで意欲的に歯磨きをしてくれて綺麗くなるので、仕上げ磨きも楽になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

ブラウン(Braun)

オーラルB すみずみクリーンキッズ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

きれいに磨けてデザインもかわいいポケモン歯ブラシ

ブラウンから販売されているポケモンデザインのかわいい電動歯ブラシ。歯磨きが楽しくなる専用のウェブコンテンツが用意されているのが特徴で、歯磨きしながらたくさんのポケモンを捕まえられるミニゲームを楽しめます。

 

子供の歯と歯茎にやさしい柔らかい丸型ブラシや、小さな口でも安心のコンパクトなヘッド、軽く持ちやすいボディなど、子供が安心して使える安全設計が魅力です。ブラシが歯にぴったりフィットして回転するため、歯の隙間や奥歯の歯垢までしっかり除去できます。

対象年齢3歳から種類振動式:高速反転振動 (約7,600回/分)
重量115g(ブラシ含む)電源充電式(ニカド電池):AC100V、50-60Hz、0.9W
LED-カラーレッド、ピンク

口コミを紹介

子供の仕上げ磨き用に購入しました。電動が初めてだったので嫌がるかと思いましたが、6歳、4歳の子も嫌がらず出来ています。ただ歯に当ててスライドしていけばいいのでとても楽です。手動で磨くより、短時間できれいに磨けます。

出典:https://www.amazon.co.jp

子供用電動歯ブラシのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5903567の画像

    ブラウン(Braun)

  • 2
    アイテムID:5903619の画像

    ハピカ

  • 3
    アイテムID:5903582の画像

    Philips(フィリップス)

  • 4
    アイテムID:5903641の画像

    シースター

  • 5
    アイテムID:5903601の画像

    オムロン(OMRON)

  • 商品名
  • オーラルB すみずみクリーンキッズ
  • こどもハピカセット
  • こども用電動歯ブラシ アプリ連動
  • ベビースマイル こども用電動歯ブラシ
  • 音波式電動歯ブラシ
  • 特徴
  • きれいに磨けてデザインもかわいいポケモン歯ブラシ
  • 子供の歯と歯茎にやさしい丸型ヘッド
  • アプリと連動すればゲーム感覚で歯磨きできる
  • 傷つきやすい乳歯にもやさしい超やわらか毛
  • 高音波振動が歯垢をすみずみまで取り除く
  • 価格
  • 1900円(税込)
  • 2999円(税込)
  • 4800円(税込)
  • 2800円(税込)
  • 1880円(税込)
  • 対象年齢
  • 3歳から
  • 3歳から
  • -
  • 0歳から
  • -
  • 種類
  • 振動式:高速反転振動 (約7,600回/分)
  • 振動式
  • 振動式:約500ストローク/秒
  • 音波式:16,000回/分
  • 音波式:約20000回/分
  • 重量
  • 115g(ブラシ含む)
  • 60g(乾電池式)
  • -
  • 31.8g
  • 約60g(ブラシ、乾電池含む)
  • 電源
  • 充電式(ニカド電池):AC100V、50-60Hz、0.9W
  • 乾電池式(単三形アルカリ乾電池)
  • リチウムイオン充電池
  • 乾電池式(単4形アルカリ乾電池)
  • 乾電池式(単4形アルカリ乾電池)
  • LED
  • -
  • -
  • -
  • レインボーライト、白色LEDライト
  • -
  • カラー
  • レッド、ピンク
  • ブルー、ピンク
  • グリーン
  • ピンク、ブルー
  • ミントグリーン

電動歯ブラシの正しい使い方を紹介

便利な機能がたくさん付いた電動歯ブラシですが、ただ使うだけでは歯の汚れを十分に落とせません。子供の歯をきれいに磨いてあげるためにも、電動歯ブラシのデメリットを把握して正しい使い方を意識しましょう。

電動歯ブラシを使うのが不安なら事前に「デメリット」を確認

電動歯ブラシは振動により歯を磨くため、毛先が歯にあたっているかが分かりにくく、磨き残しにつながることがあります。また、電動歯ブラシの当て方によっては歯茎を傷つけたり、長く磨きすぎることで歯を傷つけるリスクも。

 

さらに歯と歯の間を磨くのが難しいことから、しっかり汚れを落とすには歯間ブラシやフロスの補助が必要です。そのため、普段から大人が正しい使い方を教えてサポートしてあげましょう。

電動歯ブラシは「効果がない」と感じている方は正しい磨き方に注意

電動歯ブラシを使いこなすには、振動や音波に頼るだけでなく基本の手磨きの手順をきちんと守ることが大切です。しっかり汚れを落としたいなら、ただブラシを上下に動かすだけでなく歯のどの部分に当たっているかに気を付けましょう。

 

また、単にブラシを当ててこするのではなく、歯茎を傷つけないよう適度な力加減で磨くことがポイント。お子さんの歯のどこにブラシを当てるのか、磨く際に力を入れ過ぎていないかの2点を意識して磨いてあげましょう。

きれいに歯を磨きたいなら子供用の歯磨き粉があると便利

子供用の歯磨き粉を使えばよりきれいに歯を磨くことができます。ただ、歯を傷つける危険があるため研磨剤の入った歯磨き粉は選ばないようにしましょう。

 

下記の記事では歯磨き粉の人気ランキングをまとています。子供用の歯磨き粉のおすすめ商品も紹介しているので、気になった方はぜひ記事を参考にしてみてください。

まとめ

小さな子供の歯磨きには短時間で歯垢を除去できる電動歯ブラシが最適。音や光が出る機能があるため、歯磨きが苦手な子供でも楽しく使えます。フィリップスやブラウン、オムロンなど人気メーカーのモデルが揃っているので、購入を考えている方は記事を参考にぜひ好みの商品を見つけてみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年12月12日)やレビューをもとに作成しております。

TOPへ