iPhone対応スマートウォッチのおすすめ人気ランキング8選【おしゃれなものも!】

iPhone対応スマートウォッチのおすすめ人気ランキング8選【おしゃれなものも!】

スマートウォッチは多様な種類があり、血圧などのヘルスケアができるもの・通話可能なもの・おしゃれで安いものや、ガーミンなどapple以外のメーカーからも販売しています。今回はiPhone対応スマートウォッチの選び方や、iphoneと相性の良いスマートウォッチおすすめランキングを紹介するので参考にしてください。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

おしゃれで安いiPhone対応スマートウォッチ

iPhone対応のスマートウォッチとしてアップルウォッチが有名ですが、アップルウォッチ以外でもiOSに対応していればiPhoneと連携して使用できます。また、アップルウォッチよりも価格が安いため予算を抑えたい方におすすめです。

 

iPhone対応のスマートウォッチはLINEなど利用できるアプリが豊富で、電子マネーやsuicaに対応していたり、ヘルスケア機能を搭載していたりと便利に使用可能です。ただし、アップルウォッチでない場合は、機能が制限されてしまうこともあるため事前に確認が必要になります。

 

今回は、iPhone対応スマートウォッチの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

1位

Apple(アップル)

Apple Watch Series 8 GPS + Cellularモデル(41mmケース)

体内の酸素のレベルまで把握できるアップルウォッチ

体内の酸素レベルまでチェックできるアップル製のスマートウォッチです。また、皮膚温センサーを搭載しており、月経周期の把握にも役立ちます。転倒検出・緊急SOS*・衝突事故検出など先進的な安全機能を搭載したパワフルな時計です。

 

*Apple Watch Series 8(GPS + Cellularモデル)では、携帯電話通信を使って緊急SOSを発信できます。携帯電話通信機能を内蔵していないApple Watchで緊急SOSを利用するには、ご利用のiPhoneが近くにある必要があります。

基本情報
対応OS iOS 16以降を搭載したiPhone 8以降
Bluetooth Bluetooth 5.3
防水 50メートルの耐水性能**
通知
搭載センサー 血中酸素ウェルネスセンサー(血中酸素ウェルネスアプリ***)/第3世代の光学式心拍センサー/高重力加速度センサー 最大256G(転倒検出と衝突事故検出対応)/皮膚温センサー/環境光センサー
連続使用可能時間 最大18時間****
重量 ケース重量:42.3 g
ディスプレイサイズ/解像度 904平方ミリメートルの表示領域/352 x 430ピクセル
もっと見る

**Apple Watch Series 8にはISO規格22810:2010にもとづく50メートルの耐水性能があります。これは、プールや海で泳ぐなど、浅水でのアクティビティで使用できることを意味します。ただし、スキューバダイビング、ウォータースキー、高速水流または低水深を超える潜水を伴うその他のアクティビティにはApple Watch Series 8を使用しないでください。耐水性能は永続的に維持されるものではなく、時間の経過とともに低下する可能性があります。詳しくはsupport.apple.com/ja-jp/HT205000をご覧ください。

 

***血中酸素ウェルネスアプリの測定値は、自己診断または医師との相談を含む医療での使用を目的とするものではなく、一般的なフィットネスとウェルネスのみを目的としています。

 

****1日のバッテリー駆動時間は、18時間の間に90回の時刻チェック、90回の通知、45分間のアプリ使用、Apple WatchからBluetooth経由で音楽を再生しながらの60分間のワークアウトを行った場合にもとづきます。Apple Watch Series 8(GPS + Cellularモデル)の使用条件には、18時間の間に合計4時間の4G LTE接続と14時間のBluetooth経由でのiPhoneへの接続が含まれています。テストはiPhoneとペアリングしたApple Watch Series 8(GPSモデル)とApple Watch Series 8(GPS + Cellularモデル)の試作ハードウェアを使用し、2022年8月にAppleが実施しました。すべてのデバイスはリリース前のソフトウェアを使ってテストしました。バッテリー駆動時間は使用条件、構成、携帯電話ネットワーク、信号強度、その他の多くの要素によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。

現役家電販売員が教えるiPhone対応スマートウォッチの選び方

専門家プロフィール画像
取材協力

現役家電販売員

たろっさ

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験も。

家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通。家電で分からないことはなく、現在は家電ライターの業務を通して「すべての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。

ブログURL:https://taromomo.com/

たろっささんの画像

たろっささん

非常に商品数が多いiPhone対応スマートウォッチですが以下の3つの観点で選べばまず間違いないです!

1. WatchOS以外のスマートウォッチを選ぶメリット

たろっささんの画像

たろっささん

iPhoneに合わせるスマートウォッチはもちろんAppleWatch…とお考えの方も多いかと思いますが、実を言うとそんなことはありません。もちろんAppleWatchが便利なのもわかりますが、なかなかに金額が張るというところと、アップル製品以外のデバイスと接続しづらいという弱点があります。


その点サードパーティ製品を選択することにより、予算や形、AppleWatchには無い機能など、様々な観点から使いやすいスマートウォッチを選び出すことができます。選択肢が広くなることにより、より自分に合った製品を見つけることが出来るでしょう。

2. もちろんAppleWatchの優位性も

たろっささんの画像

たろっささん

といってももちろんAppleWatchにはアップル製品とのペアリングが近づけるだけで完了、細かい設定不要ですべての機能がフリーで使用できる、iPhoneと合わせることでおしゃれさを増すなど、非常に多くの優位性があります。そこまでしっかりではないものの、若干の耐水性も備えてはいるため身の回りのアウトドアでのアクティビティ程度であれば問題なく使用ができます。


しかしながら画面がむき出しなため、傷が付きやすかったり衝撃に弱かったりなどするという点にはじゅうぶんに注意をするようにしましょう。

3. 自分の用途に合わせて選ぼう

たろっささんの画像

たろっささん

AppleWatchには無い利点の中に自分が必要とする用途があるかどうかがポイントです。


例えばスキューバダイビングなどの海の深くまで潜るようなアクティビティを考えている方や登山などの強い衝撃が加わるかもしれないような場所に着用していくことを想定している場合はサードパーティ製品を検討しても良いでしょう。


また、AppleWatchは多機能な性質上仕方ないのですがバッテリーの持ちが一日弱と非常に短いため、充電を毎日しないといけないのがストレスになる場合もあります。その場合は使用時間が長かったり電池駆動のものを選ぶと長時間使用ができます。

より拘りたい方に!編集部おすすめのほかの選び方

iPhone対応スマートウォッチは種類が多いです。タイプ・機能などを考えて、用途に合ったものを選びましょう。

iOSの種類で選ぶ

iPhoneに対応するスマートウォッチのOSは主に2種類あります。また、OS非搭載のスマートウォッチもあるため、一緒に確認しておきましょう。

iPhoneと相性のいいスマートウォッチなら「Watch OS」がおすすめ

アップル社が開発したwatch OSは「Apple Watch」にのみ搭載されています。iPhoneと相性のいいスマートウォッチで、Apple社製のiPadとも簡単に連携可能です。iPhoneに近い感覚で使える点でも、iPhoneユーザーにおすすめのOSとなります。

Googleのサービスも使用したいなら「Wear OS by Google」がおすすめ

Wear OS by GoogleはGoogleがスマートウォッチ向けに開発したOSで、「Google Map」のようなGoogle独自のサービスを利用できる点が特徴です。Wear OSはiPhoneと連携できるケースがほとんどですが、iPhoneと連携できても一部のアプリやサービスを利用できない場合があります。

 

また、Googleのスマートウォッチ「Pixel Watch」はWear OS搭載ですが、iPhoneに非対応のため要注意です。

安さで選ぶなら「OS非搭載」がおすすめ

スマートウォッチにはOSを搭載していないモデルもあります。OS非搭載のスマートウォッチはアプリのインストールができませんが、OS搭載モデルよりも価格が安い点が魅力です。購入の際はお持ちのiPhoneに対応しているか必ず確認しましょう。

タイプで選ぶ

スマートウォッチは、大きく分けて3つのタイプに分けられます。タイプごとに特徴や利点をまとめているので参考にしてください。

幅広いシーンで使いたいなら定番の「腕時計型」がおすすめ

最もバリエーション豊かでポピュラーなのが腕時計型です。iPhone用スマートウォッチの定番であるApple Watchも腕時計型に分類されます。メールやSNSの通知を見たり、心拍数や消費カロリーなどを確認したりする際、表示領域が広いため見やすいです。

 

また、モデルによっては通常の時計とデザインが変わらないため、ビジネスシーンでも装着しやすくなっています。

軽量で負担にならないものならスマートバンドなど「リストバンド型」がおすすめ

リストバンドのような見た目で、軽量なタイプのリストバンド型は、しっかりと手首に固定できるので、激しい運動をする方にも適しています。軽いので負担にならないため、健康管理や睡眠記録を取る場合などにおすすめのタイプです。

用途や使用シーンで選ぶ

スマートウォッチは常に身に着けるものなので、利用シーンや用途に合ったものを選ぶ必要があります。デザインや機能を考えて、最適なものを選びましょう。

おしゃれを楽しむなら「カジュアル」タイプがおすすめ

カジュアルタイプのスマートウォッチは、カラーバリエーションが豊富でベルトの交換が簡単にできるタイプです。カスタマイズが簡単なので、1種類のスマートウォッチでも服装に合ったものが選べます。自由におしゃれを楽しみたい方にもおすすめです。

「ビジネス」シーンではシンプルなデザインで多機能なものがおすすめ

ビジネスシーンで使用するスマートウォッチは、シンプルで高級感のあるデザインのものがおすすめです。なかでも、クラシックな雰囲気があるアナログ時計タイプが、ビジネス用には好まれています。

 

機能性も大切で、アプリでスケジュールやタスクの管理ができるものが便利です。ビジネスマン用のスマートウォッチは多機能なものが多いですが、購入する際は必要な機能が含まれているか事前に確認してください。

「スポーツ」用には軽量でフィット感のあるものがおすすめ

スポーツに使う場合は、軽量でフィット感のあるものがおすすめです。歩数・距離・心拍がわかるものも便利ですが、高機能な製品にはスポーツごとのモードが搭載されたものもあります。また、汗をかく点を考慮すると、ある程度耐水性のある方が使いやすいです。

「アウトドア用」なら防水・防塵・GPS機能のあるものがおすすめ

アウトドアに行くなら防水防塵性能の備わったスマートウォッチがおすすめです。表記については、防塵・防水性能を表す「IPX」や防水性を表す「◯気圧防水」などあります。

 

モデルによって表記の仕方は異なり、表記されているほど防水性が高くない場合もあるため、どの程度まで耐えられるか商品説明をよく読んで選びましょう。

多用途に使うなら「ハイスペック」なものをチェック

スマートウォッチは、あまりスペックを考えずに選んでしまいがちです。しかし、使用するアプリの種類が多かったり、保存したデータの容量が多かったりすると動作が遅くなります。スマートウォッチを多用途に使いたいなら、スペックが優秀かチェックしましょう。

機能で選ぶ

スマートウォッチには便利な機能が多く搭載されています。各機能を紹介するので、自分に合ったものを見つける参考にしてください。

iPhoneと離れていてもLINEなどを確認するなら「通知機能・通話機能」搭載がおすすめ

iPhoneから離れたところにいても、LINEやメール、着信などの通知を確認したい方には通知機能を搭載したスマートウォッチがおすすめです。中にはLINEの返信や通話ができるモデルもあります。

 

ただし、製品によって通知できるアプリや範囲が異なるため、購入の際には確認しておきましょう。

支払いや改札をスマートに行うなら「suica・電子決済対応」がおすすめ

スマートウォッチには、登録すれば決済できるものもあります。スマートウォッチをかざすだけで買い物ができるので便利です。また、Suica対応のものなら改札での支払いもスマートに行えます。

健康管理に使うなら「心拍数・血中酸素レベル」が測定できるものがおすすめ

スマートウォッチには心拍数や血中酸素レベルが測定できるものがあります。ずっと計測していれば1日の変化を容易にチェックでき、また、睡眠のモニタリングが可能なスマートウォッチであれば生活改善や健康管理に非常に便利です。

ダイエットに役立てるなら「歩数・消費カロリー」計測機能付きがおすすめ

歩数・消費カロリーが計測できるスマートウォッチは多いです。ウォーキングやダイエットをする場合に成果がわかりやすいので、モチベーションアップにつながります。ヘルスケアに特化した機種なら、移動距離などより詳しい記録が可能です。

道に迷う心配があるなら「GPS機能」を使うのがおすすめ

GPSを内蔵したスマートウォッチは、自分の位置を確認できます。日常生活でも道に迷う心配があるなら、便利な機能です。また、地図アプリと連携できるタイプなら、自分がどこにいるのか客観的に一目でわかります。

 

本格的な登山をする場合は、GPSのほか高度計などのセンサーを搭載したものがおすすめです。位置情報がわかるので、移動ルートの記録もできます。ただし、GPSを使うとバッテリーの減りが早くなるので気を付けてください。

音楽を聴きたいなら連動いらずで「音楽再生機能」のあるものがおすすめ

スマートウォッチには音楽をストリーミング再生できるものが多いです。曲を保存できるタイプであれば、ストリーミングサービスとサブスク契約を結ぶことでスマホと連動させなくても音楽が楽しめます。また、特に音楽が好きな方なら音楽再生できる曲数も確認しておきましょう。

「メンズ向け」なら高機能でおしゃれなモデルを確認

メンズ向けなら高機能でおしゃれにもこだわったスマートウォッチがおすすめです。お値段も張りますが、ビジネスやアウトドアなど幅広いシーンで使えるので、ぜひチェックしてみてください。また、以下の記事では高級スマートウォッチをご紹介しています。

電源のタイプで選ぶ

スマートウォッチには、バッテリーに充電して使うもの・ソーラーパネルで充電できるもの・電池を交換するものがあります。特徴やメリットをまとめました。

電池交換が面倒なら「バッテリータイプ」がおすすめ

スマートウォッチではスタンダードなタイプで、充電したバッテリーで駆動します。満充電すれば、12時間以上使用できるものがほとんどです。さらに長いものだと、20日程度使用できるものもあります。

 

GPSやタッチパネルなどを使うとバッテリーがすぐに切れてしまいます。モードを切り替えれば節電できるタイプもあるので、購入前にどのくらい使用できるのか、どういった用途に使うのか確認するのが大切です。

日光で充電したいなら「ソーラー充電タイプ」がおすすめ

iPhone対応スマートウォッチには、日光で充電できるソーラー充電タイプがあります。補助的な充電方法ですが、太陽の下を移動するだけで充電されるため、外出が多ければバッテリーの減りが遅くなり、充電時間を取りたくない方におすすめです。

使う場面によっては「画面サイズ」もチェック

高機能なスマートウォッチは、GPSなどの部品が多くなるので重くなります。画面が大きなものは見やすいですが、やはり重量は増すため、軽い方が身に着けるのは楽です。着け心地を重視するなら画面サイズの小さいタイプを選びましょう。

 

また、画面の大きさだけでなく形状をチェックするのをおすすめします。スマートウォッチの形状は、おもに円形・四角・長方形タイプがあります。使用する用途がはっきりと決まっている方は、自分が使いやすい形状のモデルを選ぶのがいいでしょう。

 

カジュアル・ビジネスシーンで使用する方は、円形タイプが適しています。操作性を重視するなら、スクロールしやすい四角タイプがおすすめです。スポーツするときに使用するなら、細めのスリムな長方形タイプをチョイスしましょう。

手首に負担なく着けたいなら50g以下の「軽量モデル」を確認

運動する際に身に着けているスマートウォッチが重いと意外に負担になります。重さが50g以下の軽量タイプであれば手首に負担を掛けずに身に着けられるため、スポーツをするなら50g以下のスマートウォッチがおすすめです。

レディース向けなら女性らしい「かわいいデザイン」をチェック

発売当初は男性向けのデザインが多かったスマートウォッチですが、女性向けデザインのレディースものも多くなりました。カラフルで華やかなものから、ビジネスにも使えるシンプルで高級感のあるものなどバリエーション豊富です。

 

女性にありがたい機能を搭載したレディース向けスマートウォッチもあります。以下の記事ではレディース向けスマートウォッチのおすすめ商品や選び方をご紹介しているので、ぜひご覧ください。

メーカー・ブランドで選ぶ

iPhone対応スマートウォッチは、非常に多くのブランドやメーカーから販売されています。人気の高いブランド・メーカーをまとめました。

高機能で写真表示や通話機能付きを選ぶなら「Apple(アップル)」がおすすめ

Apple(アップル)はiPhoneを開発したメーカーでApple Watchのみを販売しています。写真表示や通話機能付きでデザインの評価も高くiPhone対応スマートウォッチの中では圧倒的に人気があります。

 

また、ベルトの種類が豊富で、ケースのサイズや材質などを細かくカスタマイズできる点もポイントです。

アウトドアやスポーツをするなら「GAMIN(ガーミン)」がおすすめ

ガーミンはGPS機器のメーカーで、GPSの精度に関して高い評価を受けています。登山などアウトドアに行く機会が多いなら、位置情報が正確にわかるため便利です。また、スポーツ用のアプリも豊富に用意されています。

ヘルスケア連動させたいなら「Fitbit(フィットビット)」がおすすめ

Fitbitはヘルスケア連動させて便利に使えるスマートウォッチを販売するメーカーです。十分な持ち時間のバッテリーを搭載しており、心拍数を記録できます。製品によっては睡眠のモニタリングや女性の生理周期も記録可能です。

 

ただし、一部の機能が制限される場合もあるため、購入の際には公式サイトでご確認ください。

日本メーカーで耐久性に優れたものが欲しいなら「CASIO(カシオ)」がおすすめ

G-SHOCKでお馴染みのカシオは、日本メーカーで耐久性に優れているのが特徴です。ハードな環境でも使用可能なので、壊れにくいスマートウォッチを探している方はカシオのスマートウォッチをチェックしてみましょう。

長時間駆動するものなら「huawei(ファーウェイ)」がおすすめ

huaweiは中国の通信機器メーカーで、2週間駆動するバッテリーを搭載したスマートウォッチが人気です。長く駆動するので血中酸素や心拍数の記録、睡眠のモニタリングなどに使いやすくなっています。

「Sony(ソニー)」のwenaシリーズは後継モデルの発売が未定

Sony(ソニー)のスマートウォッチは「wena」シリーズとしておしゃれなデザインのものが多く、コラボモデルなども販売してきました。

 

最新シリーズは「wena 3」ですが、2023年をもってSuicaを除く電子マネー機能は使用できなくなり、サポートサービス提供期間は2026年ごろに終了する予定です。また、後継モデルになるであろう「wena 4」についても2024年5月現在、発売の情報はありません。

 

今後の展開は未定のため、気になる方は公式サイトで最新情報をチェックしてみてください。

「安い」iPhone対応スマートウォッチの相場もチェック

iPhone対応の安いスマートウォッチもチェックしましょう。Apple Watchの中で安いモデルはエントリーモデルのApple Watch SE(第2世代)です。Apple Watchは5万円を超えるものがほとんどですが、Apple Watch SE(第2世代)なら販売元によっては3万円台で購入できます。

 

Apple Watch以外のスマートウォッチの場合、安いものだと1万円以下で販売されています。また、OS非搭載のモデルとなるとさらに価格が安いです。その分、機能は絞られてしまいますが、必要とするスペックと予算のバランスを考えた上で購入を検討してください。

iPhone対応スマートウォッチの人気おすすめランキング8選

※OSが対応していても、バージョンや環境によってはお持ちのスマートフォンと連携できなかったり、一部の機能が制限されたりする場合があります。詳しい使用条件については公式サイトでご確認ください。

1位

Apple(アップル)

Apple Watch Series 8 GPS + Cellularモデル(41mmケース)

体内の酸素のレベルまで把握できるアップルウォッチ

体内の酸素レベルまでチェックできるアップル製のスマートウォッチです。また、皮膚温センサーを搭載しており、月経周期の把握にも役立ちます。転倒検出・緊急SOS*・衝突事故検出など先進的な安全機能を搭載したパワフルな時計です。

 

*Apple Watch Series 8(GPS + Cellularモデル)では、携帯電話通信を使って緊急SOSを発信できます。携帯電話通信機能を内蔵していないApple Watchで緊急SOSを利用するには、ご利用のiPhoneが近くにある必要があります。

基本情報
対応OS iOS 16以降を搭載したiPhone 8以降
Bluetooth Bluetooth 5.3
防水 50メートルの耐水性能**
通知
搭載センサー 血中酸素ウェルネスセンサー(血中酸素ウェルネスアプリ***)/第3世代の光学式心拍センサー/高重力加速度センサー 最大256G(転倒検出と衝突事故検出対応)/皮膚温センサー/環境光センサー
連続使用可能時間 最大18時間****
重量 ケース重量:42.3 g
ディスプレイサイズ/解像度 904平方ミリメートルの表示領域/352 x 430ピクセル
もっと見る

**Apple Watch Series 8にはISO規格22810:2010にもとづく50メートルの耐水性能があります。これは、プールや海で泳ぐなど、浅水でのアクティビティで使用できることを意味します。ただし、スキューバダイビング、ウォータースキー、高速水流または低水深を超える潜水を伴うその他のアクティビティにはApple Watch Series 8を使用しないでください。耐水性能は永続的に維持されるものではなく、時間の経過とともに低下する可能性があります。詳しくはsupport.apple.com/ja-jp/HT205000をご覧ください。

 

***血中酸素ウェルネスアプリの測定値は、自己診断または医師との相談を含む医療での使用を目的とするものではなく、一般的なフィットネスとウェルネスのみを目的としています。

 

****1日のバッテリー駆動時間は、18時間の間に90回の時刻チェック、90回の通知、45分間のアプリ使用、Apple WatchからBluetooth経由で音楽を再生しながらの60分間のワークアウトを行った場合にもとづきます。Apple Watch Series 8(GPS + Cellularモデル)の使用条件には、18時間の間に合計4時間の4G LTE接続と14時間のBluetooth経由でのiPhoneへの接続が含まれています。テストはiPhoneとペアリングしたApple Watch Series 8(GPSモデル)とApple Watch Series 8(GPS + Cellularモデル)の試作ハードウェアを使用し、2022年8月にAppleが実施しました。すべてのデバイスはリリース前のソフトウェアを使ってテストしました。バッテリー駆動時間は使用条件、構成、携帯電話ネットワーク、信号強度、その他の多くの要素によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。

2位

HUAWEI

Band 7

2週間持続*するバッテリーを持つパワフルなスマートウォッチ

HUAWEIの「Band 7」は、2週間*も持続するパワフルなバッテリーを搭載した、リーズナブルなスマートウォッチです。薄型なので、スポーツやトレーニングの邪魔になりません。多彩なヘルスケア機能と96種類のワークアウトモードが魅力です。

 

*2週間は、24時間心拍数モニタリングON、睡眠モニタリングがON(HUAWEI TruSleep™ OFF)、メッセージ通知ON(1日平均50メッセージ、電話6 回、アラーム3回)、1日に200回画面表示、毎週30分のワークアウトをした場合のファーウェイラボのテスト結果を参考にしています。

基本情報
対応OS Android 6.0以上/iOS 9.0以上
Bluetooth 2.4 GHz, BT 5.0, BLE
防水 5 ATM 防水**
通知
搭載センサー 加速度センサー/ジャイロセンサー/光学式心拍センサー
連続使用可能時間 通常使用で14日間***
重量 約16 g(ベルトを含まず) ※サイズ、質量は、製品個体で異なる場合があります。
ディスプレイサイズ/解像度 1.47 インチ/194 x 368ピクセル
もっと見る

**5 ATM規格に準拠したデバイスは、ISO規格22810 : 2010に基づく水深50メートルでの耐水性を備えています。これはプールや海の浅瀬で水泳をする際に使用できることを意味しています。但し、スキューバダイビング、水上スキー、または高速の水流や浅瀬ではない所(水深50メートル以下)での水没を伴うその他の活動には適していません。防水対策の詳細については公式サイトでご確認ください。

 

***14日間は、24時間心拍数モニタリングON、睡眠モニタリングがON(HUAWEI TruSleep™ OFF)、メッセージ通知ON(1日平均50メッセージ、電話6 回、アラーム3回)、1日に200回画面表示、毎週30分のワークアウトをした場合のファーウェイラボのテスト結果を参考にしています。

3位

Xiaomi

Smart Band 7

睡眠パターンをモニタリングできる

睡眠パターンをモニタリングできるスマートウォッチです。深い睡眠・浅い睡眠・レム睡眠などを計測し、快適な睡眠をサポートしてくれます。また、110種類以上のエクササイズモードを搭載しているため、幅広いスポーツに活用が可能です。

基本情報
対応OS Android 6.0 以降、iOS 10 以降
Bluetooth Bluetooth 5.2 BLE
防水 5 ATM 耐水
通知
搭載センサー 高精度6軸センサーとPPG 心拍数6軸センサー低消費電力の3軸加速度計と3軸ジャイロスコープ PPG 心拍センサー
連続使用可能時間 標準的な使用時間:14 日間以上
重量 13.5 g
ディスプレイサイズ/解像度 1.62 インチ/192 × 490 ピクセル、326 PPI
もっと見る
4位

Apple(アップル)

Apple Watch Series 9(GPS + Cellularモデル)- 41mm

2023年発売!新型アップルウォッチ

2023年に発売された新型のアップルウォッチです。新たにジェスチャー機能を搭載した点が注目を集めています。ジェスチャー機能とは、人差し指と親指をダブルタップすることで、電話に出たり、通知を開いたりできる機能です。

 

また、ディスプレイ画面は従来機種よりも明るくなったため、表示の確認がしやすくなりました。

基本情報
対応OS iOS 17以降を搭載したiPhone XS以降
Bluetooth Bluetooth 5.3
防水 50メートルの泳げる耐水性能*
通知
搭載センサー 血中酸素ウェルネスセンサーとアプリ**/電気心拍センサーと心電図アプリ***/第3世代の光学式心拍センサー/高心拍数と低心拍数の通知***/不規則な心拍リズムの通知****/睡眠ステージ/皮膚温センサー*****/ウェイポイントとバックトレースに対応したコンパス/常時計測の高度計/高重力加速度センサー/環境光センサー
連続使用可能時間 通常使用時は最大18時間/低電力モードで最大36時間******
重量 32.1 g
ディスプレイサイズ/解像度 -
もっと見る

*Apple Watch Series 9にはISO規格22810:2010にもとづく50メートルの耐水性能があります。これは、プールや海で泳ぐなど、浅水でのアクティビティで使用できることを意味します。ただし、スキューバダイビング、ウォータースキー、高速水流または低水深を超える潜水を伴うその他のアクティビティにはApple Watch Series 9を使用しないでください。耐水性能は永続的に維持されるものではなく、時間の経過とともに低下する可能性があります。詳しくはsupport.apple.com/ja-jp/HT205000をご覧ください。

 

**血中酸素ウェルネスアプリの測定値は、自己診断または医師との相談を含む医療での使用を目的とするものではなく、一般的なフィットネスとウェルネスのみを目的としています。

 

***心電図アプリは、Apple Watch Series 4以降(Apple Watch SEを除く)で利用でき、第I誘導心電図に類似した心電図を作成できます。22歳以上の方による使用を目的としています。販売名:Appleの心電図アプリケーション 管理医療機器販売業者等:Apple Japan合同会社(住所:東京都港区六本木6丁目10番1号六本木ヒルズ お問い合わせ:0120-277-535)

 

****不規則な心拍の通知機能を使用するには、watchOSおよびiOSの最新バージョンが必要です。この機能は、22歳未満の方による使用を目的としたものではありません。販売名:Appleの不規則な心拍の通知プログラム 管理医療機器販売業者等:Apple Japan合同会社(住所:東京都港区六本木6丁目10番1号六本木ヒルズ お問い合わせ:0120-277-535)

 

*****皮膚温センサーは医療機器ではありません。この機能は、医学的診断、治療、その他の医療での使用を目的とするものではありません。

 

******1日のバッテリー駆動時間は、18時間の間に90回の時刻チェック、90回の通知、45分間のアプリ使用、Apple WatchからBluetooth経由で音楽を再生しながらの60分間のワークアウトを行った場合にもとづきます。Apple Watch Series 9(GPS + Cellularモデル)の使用条件には、18時間の間に合計4時間の4G LTE接続と14時間のBluetooth経由でのiPhoneへの接続が含まれています。低電力モードでのバッテリー駆動時間は、36時間の間に180回の時刻チェック、180回の通知、90分間のアプリ使用、Apple WatchからBluetooth経由で音楽を再生しながらの60分間のワークアウトを行った場合にもとづきます。Apple Watch Series 9(GPS + Cellularモデル)の使用条件には、36時間の間に必要に応じた4G LTE接続と28時間のBluetooth経由でのiPhoneへの接続が含まれています。テストはiPhoneとペアリングしたApple Watch Series 9(GPSモデル)とApple Watch Series 9(GPS + Cellularモデル)の試作ハードウェアを使用し、2023年8月にAppleが実施しました。すべてのデバイスはリリース前のソフトウェアを使ってテストしました。バッテリー駆動時間は使用条件、構成、携帯電話ネットワーク、信号強度、その他の多くの要素によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。

 

5位

ガーミン(GARMIN)

vívoactive 5 ‎010-02862-40

Suicaに対応!ヘルスケアにも最適なスマートウォッチ

Suicaに対応しているため、電車はもちろん、ショッピングでもスマートウォッチで簡単に決済できます。また、30以上のスポーツアプリを搭載し、睡眠についても把握できるため、毎日の健康管理のアイテムとしてぴったりです。

 

スマートウォッチモードの場合、約11日間使用できるため、たびたび充電をする必要がありません。多機能ながら比較的価格が安いため、コスパ重視の方にもおすすめです。

基本情報
対応OS iPhone, Android
Bluetooth
防水 5 ATM*
通知
搭載センサー GPS/GLONASS/Galileo/みちびき(補完信号)/Garmin Elevateリスト型心拍計/コンパス/加速度計/温度計 (tempeセンサーが必要)/環境光センサー/血中酸素トラッキング**
連続使用可能時間 ***スマートウォッチモード: 約 11 日間/バッテリー節約スマートウォッチモード: 約 21 日間/GPSモード: 約 21 時間/マルチGNSSモード: 約 17 時間/マルチGNSS+音楽再生モード: 約 8 時間
重量 23 g (標準付属バンド込み:36 g)
ディスプレイサイズ/解像度 直径1.2インチ (30.4 mm)/390 x 390 ピクセル
もっと見る

*定義:水深50mに相当する圧力に対応

ガーミンは、デバイスが想定されるアクティビティに耐えられるかどうかを、厳密にテストしています。ただし、防水可能な水深でデバイスを使用した場合でも、定格の防水性能を超えてしまうようなアクティビティを行うと、デバイスに水が浸入する可能性がありますのでご注意ください。

 

**本機能は自己診断又は医師への相談をはじめとする医学的な使用を意図するものではなく、疾病の治療、診断、予防を目的とした医療機器ではありません。 

 

***バッテリー稼働時間は、Garminのテスト環境下での標準値です。実際のバッテリー稼働時間は、GPSモードや内部センサー、接続中のセンサー、ライフログ、光学式心拍計、血中酸素トラッキングなどの設定、スマートフォン通知の頻度、各種機能の利用状況やデバイスの使用環境により異なります。

6位

HUAWEI

WATCH GT 2 (46 mm) Sports

おしゃれで長時間バッテリーを備えた優れもの

約14日間*の長時間駆動を可能にしたロングバッテリーなスマートウォッチです。専用アプリで睡眠のモニタリングができます。「3Dガラススクリーン」を使用したスタイリッシュなデザインも魅力です。

 

*通常使用で約14日間。バッテリーの使用時間は、使用状況によって異なります。

基本情報
対応OS Android 4.4 +/iOS 9.0 +
Bluetooth Bluetooth® 5.1 BLE / BR / EDR
防水 5ATM*
通知
搭載センサー 加速度センサー/ジャイロセンサー/磁気センサー/光学式心拍センサー/環境光センサー/気圧センサー/装着検知センサー
連続使用可能時間 通常使用は約14日間**
重量 約41 g (バンドを含まず)***
ディスプレイサイズ/解像度 1.39インチ/AMOLED 454 x 454 HD
もっと見る

*5ATM規格に準拠したデバイスは、ISO規格22810:2010に基づく水深50メートルでの耐水性を備えています。これはプールや海の浅瀬で水泳をする際に使用できることを意味しています。但し、スキューバダイビング、水上スキー、または高速の水流や浅瀬ではない所(水深50メートル以下)での水没を伴うその他の活動には適していません。防水対策の詳細については公式サイトでご確認ください。

 

**標準値。実際の容量は多少異なる場合があります。この容量は、公称バッテリー容量です。 各ウォッチの実際のバッテリー容量は、公称バッテリー容量に多少変動する場合があります。

 

***製品重量は理論値です。製品ごとに実際の寸法は異なる場合があります。

口コミを紹介

これまで中々気に入るスマートウォッチに出会えなかったが、やっと理想に近い製品に出会えた。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ガーミン

vívoactive 3 Black Slate ‎010-01769-71

数千種類のカスタマイズが可能なガーミン製

15種類以上のスポーツ系アプリを使用できるガーミン製のスマートウォッチです。ゴルフやスイミングなどをサポートしてくれます。また、GPSを内蔵しているので、屋外での行動も簡単に記録可能。ウォッチフェイス・アプリ・ウィジェットで数千種類のカスタマイズを行える点もポイントです。

基本情報
対応OS iPhone®、 Android™
Bluetooth Bluetooth® Smart
防水 5 ATM*
通知
搭載センサー GPS+みちびき(補完信号)/GLONASS/Galileo/Garmin Elevate™ 光学式心拍計/気圧高度計/コンパス(ウィジェット表示無し)/加速度計/温度計(表示のみ)
連続使用可能時間 スマートウォッチモードは最大7日間、GPSモードは最大11時間(稼働時間は使用状況によって異なる場合があります)
重量 43.0 g
ディスプレイサイズ/解像度 直径1.2インチ(30.4 mm)/240 x 240 ピクセル
もっと見る

*定義:水深50mに相当する圧力に対応

(ガーミンはデバイスが想定されるアクティビティに耐えられるかどうかを、厳密にテストしています。ただし、防水可能な水深でデバイスを使用した場合でも、定格の防水性能を超えてしまうようなアクティビティを行うと、デバイスに水が浸入する可能性がありますのでご注意ください)

口コミを紹介

歩いた軌跡が後で見られる。楽しくて仕方がない。今度はこのルートで・・・
結果的に健康になる。そんな商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Huawei

Band 4

安いのにヘルスケアもできて高コスパ

軽量でコスパのいいiPhone対応スマートウォッチです。安い価格ですが、ランニング・ウォーキング・サイクリングなど9つのモードを搭載しています。防水性も高いので、汗をかいても安心です。ヘルスケアにも使いやすくなっています。

基本情報
対応OS Android 4.4 以降/iOS 9.0 以降
Bluetooth Bluetooth 4.2
防水 5ATM*
通知
搭載センサー 3軸加速度センサー/赤外線センサー/光学心拍センサー
連続使用可能時間 **以下注釈に記載
重量 約12 g (ベルト含まず) ※理論値のみです。 個々の製品間の実際の測定値は異なる場合があります。
ディスプレイサイズ/解像度 0.96インチ/80 x 160ピクセル
もっと見る

*5ATM規格に準拠したデバイスは、ISO規格22810:2010に基づく水深50メートルでの耐水性を備えています。これはプールや海の浅瀬で水泳をする際に使用できることを意味しています。但し、スキューバダイビング、水上スキー、または高速の水流や浅瀬ではない所(水深50メートル以下)での水没を伴うその他の活動には適していません。防水対策の詳細については公式サイトでご確認ください。

 

**

・7日:HUAWEI TruSleep™が有効になり、心拍数モニタリング (スマートモード) が有効になり、手首を上げて画面を起動することが無効になります

・8日間:HUAWEI TruSleep™が有効、心拍数モニタリング (スマートモード) が無効、手首を上げて画面を起動が無効

・9日間:HUAWEI TruSleep™は無効、心拍数モニタリング (スマートモード) は無効、手首を上げて画面を起動は無効
画面は1日200回、1日50回通知、1日3着信、1日3回着信。このデータはHuaweiラボのテスト結果に基づいています。
実際のバッテリー寿命は、バンドの構成、操作、周囲の環境、バッテリーの使用時間によって異なります。

口コミを紹介

はっきりしてるのは、BAND4無しの生活にはもはや戻れません。

出典:https://www.amazon.co.jp

iPhone対応スマートウォッチのおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 対応OS Bluetooth 防水 通知 搭載センサー 連続使用可能時間 重量 ディスプレイサイズ/解像度
1位 アイテムID:13671930の画像

Amazon

楽天

ヤフー

体内の酸素のレベルまで把握できるアップルウォッチ

iOS 16以降を搭載したiPhone 8以降

Bluetooth 5.3

50メートルの耐水性能**

血中酸素ウェルネスセンサー(血中酸素ウェルネスアプリ***)/第3世代の光学式心拍センサー/高重力加速度センサー 最大256G(転倒検出と衝突事故検出対応)/皮膚温センサー/環境光センサー

最大18時間****

ケース重量:42.3 g

904平方ミリメートルの表示領域/352 x 430ピクセル

2位 アイテムID:13671931の画像

Amazon

楽天

ヤフー

2週間持続*するバッテリーを持つパワフルなスマートウォッチ

Android 6.0以上/iOS 9.0以上

2.4 GHz, BT 5.0, BLE

5 ATM 防水**

加速度センサー/ジャイロセンサー/光学式心拍センサー

通常使用で14日間***

約16 g(ベルトを含まず) ※サイズ、質量は、製品個体で異なる場合があります。

1.47 インチ/194 x 368ピクセル

3位 アイテムID:13643873の画像

Amazon

睡眠パターンをモニタリングできる

Android 6.0 以降、iOS 10 以降

Bluetooth 5.2 BLE

5 ATM 耐水

高精度6軸センサーとPPG 心拍数6軸センサー低消費電力の3軸加速度計と3軸ジャイロスコープ PPG 心拍センサー

標準的な使用時間:14 日間以上

13.5 g

1.62 インチ/192 × 490 ピクセル、326 PPI

4位 アイテムID:15115385の画像

Amazon

ヤフー

2023年発売!新型アップルウォッチ

iOS 17以降を搭載したiPhone XS以降

Bluetooth 5.3

50メートルの泳げる耐水性能*

血中酸素ウェルネスセンサーとアプリ**/電気心拍センサーと心電図アプリ***/第3世代の光学式心拍センサー/高心拍数と低心拍数の通知***/不規則な心拍リズムの通知****/睡眠ステージ/皮膚温センサー*****/ウェイポイントとバックトレースに対応したコンパス/常時計測の高度計/高重力加速度センサー/環境光センサー

通常使用時は最大18時間/低電力モードで最大36時間******

32.1 g

-

5位 アイテムID:15115720の画像

Amazon

楽天

ヤフー

Suicaに対応!ヘルスケアにも最適なスマートウォッチ

iPhone, Android

5 ATM*

GPS/GLONASS/Galileo/みちびき(補完信号)/Garmin Elevateリスト型心拍計/コンパス/加速度計/温度計 (tempeセンサーが必要)/環境光センサー/血中酸素トラッキング**

***スマートウォッチモード: 約 11 日間/バッテリー節約スマートウォッチモード: 約 21 日間/GPSモード: 約 21 時間/マルチGNSSモード: 約 17 時間/マルチGNSS+音楽再生モード: 約 8 時間

23 g (標準付属バンド込み:36 g)

直径1.2インチ (30.4 mm)/390 x 390 ピクセル

6位 アイテムID:13643858の画像

Amazon

楽天

おしゃれで長時間バッテリーを備えた優れもの

Android 4.4 +/iOS 9.0 +

Bluetooth® 5.1 BLE / BR / EDR

5ATM*

加速度センサー/ジャイロセンサー/磁気センサー/光学式心拍センサー/環境光センサー/気圧センサー/装着検知センサー

通常使用は約14日間**

約41 g (バンドを含まず)***

1.39インチ/AMOLED 454 x 454 HD

7位 アイテムID:13643864の画像

Amazon

数千種類のカスタマイズが可能なガーミン製

iPhone®、 Android™

Bluetooth® Smart

5 ATM*

GPS+みちびき(補完信号)/GLONASS/Galileo/Garmin Elevate™ 光学式心拍計/気圧高度計/コンパス(ウィジェット表示無し)/加速度計/温度計(表示のみ)

スマートウォッチモードは最大7日間、GPSモードは最大11時間(稼働時間は使用状況によって異なる場合があります)

43.0 g

直径1.2インチ(30.4 mm)/240 x 240 ピクセル

8位 アイテムID:13643867の画像

Amazon

安いのにヘルスケアもできて高コスパ

Android 4.4 以降/iOS 9.0 以降

Bluetooth 4.2

5ATM*

3軸加速度センサー/赤外線センサー/光学心拍センサー

**以下注釈に記載

約12 g (ベルト含まず) ※理論値のみです。 個々の製品間の実際の測定値は異なる場合があります。

0.96インチ/80 x 160ピクセル

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

Watch OS以外を選ぶメリットを知ろう

iPhone対応スマートウォッチは、Watch OSを搭載したApple Watchにが圧倒的な人気です。しかし、それ以外のOSを搭載したスマートウォッチを選ぶメリットもあります。

Apple Watch以外の豊富なデザインから選べる

Apple Watchはデザインに関しても人気がありますが、そのデザインが苦手な方もいます。Apple Watch以外にも豊富な種類があるので、デザイン優先で購入するなら自分の気に入ったiPhone対応スマートウォッチを買いましょう。

ヘルスウォッチなどは耐久性や連続使用時間に優れている

Apple Watchは高機能ですが、バッテリーの使用時間はあまり長くはありません。アウトドアやヘルスケアのために長く身に着けておく場合は、より長く使用できるヘルスウォッチを選びましょう。耐久性も優れたものがあるので、ハードな使用にはおすすめです。

Apple Watchでは使えない機能があるものも

Apple Watchは、ヘルスケアやフィットネスなど非常に多機能に使えるスマートウォッチです。新しいモデルが発表される度に機能も増えています。しかし、Apple Watchにない機能を持ったスマートウォッチも少なくありません。

 

自分に必要な機能がApple Watchのほかのスマートウォッチに搭載されているなら、当然ながらそちらを選ぶ方がおすすめです。ご自身の目的とスマートウォッチの機能を考えて選ぶようにしましょう。

基本的な機能で充分ならより安価なものを

多機能・高性能なApple Watchですが、スマートウォッチの中では価格は高めです。もっと安い価格で基本的な機能が使えるスマートウォッチは多く、基本的な機能が使えれば十分だと考える場合はほかのスマートウォッチの方がおすすめです。

購入前に知っておくべき点は?

スマートウォッチを購入する前に知っておくべき点がいくつかあります。購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

接続するなら対応OSとBluetoothのバージョンを要チェック

スマートウォッチのOSはバージョンが対応している必要があります。また、iPhoneとスマートウォッチはBluetoothを使って連携するため、スマートウォッチのBluetoothとiPhoneのBluetoothのバージョンが対応していないと接続できません。

 

つまり、iPhoneに対応したスマートウォッチを購入しても、対応OSやBluetoothのバージョンによっては使えない場合があります。高い買い物をしてがっかりしてしまう前に、必ず確認しておきましょう。

連携するOSによっては機能が制限される場合がある

スマートウォッチは、連携するOSによって機能が制限される場合があります。iPhoneと連携させる場合、iOSを搭載したApple Watch以外は基本的に機能が制限されるものです。機能制限は、スマートウォッチごとに変わります。

 

スマートウォッチのメーカー公式サイトなどで必要な機能が使えるか確認してから購入しましょう。

まとめ

今回はiPhone対応スマートウォッチの選び方とおすすめランキングをご紹介しました。スマートウォッチはさまざまな用途に使えて、非常に便利です。使いやすく便利なiPhone対応スマートウォッチを見つけてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年05月22日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【コスパ最強】安いスマートウォッチのおすすめ人気ランキング10選【安いものも】

【コスパ最強】安いスマートウォッチのおすすめ人気ランキング10選【安いものも】

ウェアラブル端末・スマートウォッチ
【プロ監修】高級スマートウォッチの人気おすすめランキング9選|ハイブランドメーカーも

【プロ監修】高級スマートウォッチの人気おすすめランキング9選|ハイブランドメーカーも

ウェアラブル端末・スマートウォッチ
【どれがいい?初心者や女性向けも!】Apple Watchのおすすめ人気ランキング7選

【どれがいい?初心者や女性向けも!】Apple Watchのおすすめ人気ランキング7選

ウェアラブル端末・スマートウォッチ
Android対応スマートウォッチのおすすめ人気ランキング16選【通話機能・LINE返信機能付きも】

Android対応スマートウォッチのおすすめ人気ランキング16選【通話機能・LINE返信機能付きも】

ウェアラブル端末・スマートウォッチ
【プロ監修】レディース向けスマートウォッチのおすすめ人気ランキング19選【日本製・Android対応も】

【プロ監修】レディース向けスマートウォッチのおすすめ人気ランキング19選【日本製・Android対応も】

ウェアラブル端末・スマートウォッチ
2024|血圧が測れるスマートウォッチのおすすめ2選|日本製メーカーも

2024|血圧が測れるスマートウォッチのおすすめ2選|日本製メーカーも

ウェアラブル端末・スマートウォッチ