防草シートの人気おすすめランキング15選【ホームセンターで買える!】

除草剤が撒けない場所には、除草シート・防草シートで効率よく雑草を断ちましょう。人工芝や砂利など種類も多く価格帯もさまざまで、コメリやコーナンなどにも売っており、場所に合わせて使うタイプからピンやテープで簡単にdiyできるタイプまであります。この記事ではおすすめの防草シートランキングと選び方を紹介します。

楽天・モノタロウ・100均でも買える防草・除草シート

夏の熱い季節に草むしりをするのは大変です。しかし、夏は雑草の勢いが増し、抜いても抜いてもすぐに生えてきます。体力を消耗しやすい時期でもあるので、除草作業が苦痛な方も多いです。

 

そんなときに役立つのが防草シート・除草シートです。こちらは、除草剤のように動植物に対する悪影響がなく、いろんなメーカーから出ており、コメリ・カインズ・コーナンなどのホームセンターや楽天やモノタロウ、100均にも置いてあります。

 

しかし、防草シートは種類が多く選び方がわからない方も少なくありません。今回は、防草シートの選び方と、丈夫さ・通水性・メンテナンスに着目した人気商品ランキングを紹介します。防根シートについても解説しますので、参考にしてください。

防草シートの選び方

防草シートはカラー・遮光性・厚さ・水はけなど、商品ごとに異なる特徴を持っています。自分の用途に合った一品を探すために特徴を確認しましょう。

遮光性で選ぶ

防草シートは雑草に日光を遮り雑草の成長を抑制します。ここでは防草シートの遮光性につ見ていきましょう。

遮光率が高い劣化しにくいものなら「UV加工」タイプがおすすめ

生地にUV加工がされたものは、遮光率が高いのが特徴です。99%の遮光率なら雑草はまず伸びません。また、UV加工はシート自体が日光による劣化も防ぎます。結果としてシートの耐用年数が長くなり、頻繁に交換する手間がなくなるのもいいところです。

「タイル」を使用するなら下に防草シートを敷くのがおすすめ

雑草対策として、タイルを利用する方もいます。しかし、この場合はタイルの下に防草シートを敷きましょう。タイルは隙間があるため、防草シートより遮光性が劣ります。また、タイルの下に防草シートを敷くと、害虫の繁殖も防げるのです。

その他の性能で選ぶ

防草シートはできるだけ生地が厚いものがいいのですが、その他の性能もよく考えましょう。ぜひ解説を参考にしてください。

水はけにこだわるなら透水性のある「不織布」がおすすめ

防草シートに雨水が溜まると害虫が発生する原因になり、衛生面の問題が出てきます。しかし、透水性に優れた不織布の防草シートなら水はけがよく雨水による劣化もありません。抗菌性のあるものなら、シート自体が腐食せずにすみます。

見た目にこだわるなら水抜き穴がある「人工芝」がおすすめ

カーペットを敷く感覚で施工できる人工芝は、生地も厚く雑草対策としてもおすすめです。裏に水抜き穴があるため、雨水がたまりません。また、人工芝は手入れの必要がないので、庭のメンテナンスに手間をかけたくない方にもおすすめです。

 

以下の記事では人工芝の選び方とおすすめ商品を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

短期間のみ使用するなら「ポリプロピレン」がおすすめ

ポリプロピレンの防草シートは安価でよく選ばれていまが、特別耐久性に優れているわけではありません。ポリプロピレンは耐薬性(酸性・アルカリ等)・速乾性はありますが紫外線に弱く、屋外で使うとすぐに劣化します。この防草シートは短期間の使用にしましょう。

耐久性にこだわるなら「不織布」がおすすめ

不織布の防草シートは耐久性に優れ、5年ぐらい使い続けられます。一般的に、耐久性の高い防草シートは丈夫なだけでなく、遮光性にも優れているので、予算に余裕がある方はこちらを選びましょう。除草剤が効きづらい強雑草にも有効です。

サイズで選ぶ

防草シートを敷く場所の面積に合ったサイズのものを買いましょう。大抵横幅1mなので、縦の長さに着目すれば目的のサイズを見つけやすくなります。

1坪のミニ花壇なら「10メートル」程度がおすすめ

3平方メートル程度の花壇なら、1×10mの防草シートで十分です。多めに購入して二重にすると、日光を完全に防げます。また、ハサミやカッターで小さくカットして、室内用のプランターや観葉植物の土部分に敷けて便利です。

広範囲なら「50メートル以上」がおすすめ

家庭菜園・土手・田畑の畔道など、広い土地に使うのなら50メートルのロールタイプがおすすめです。広い範囲に小さなサイズの防草シートを使用すると、枚数と手間ばかりが増えます。一度に広い範囲に敷くためには、大きいサイズの防草シートがおすすめです。

色で選ぶ

防草シートは花壇やお庭の広い範囲を覆うので、周囲の色調と合うものを選びましょう。アースカラーのシートなら、いろいろなエクステリアに馴染みます。

周囲の景観に馴染ませたいなら「グリーン」がおすすめ

木や花が多い場所には、グリーン系のカラーがおすすめです。土の色とも自然に調和するので、地面との境目も気になりません。また、グリーンは黒やブラウンと異なり、庭を明るく見せる効果もあります。

砂利の下に敷きたいなら目立たない「ブラウン」がおすすめ

ブラウンは自然に近い色で、この色を敷くと地面と一体化したような見た目を実現できます。そのため、砂利などできるだけ防草シートを目立たせたくない場所に最適です。また、ブラウンの防草シートには花壇の花の色を引き立てる効果もあります。

厚さで選ぶ

防草シートの生地は商品によって厚さが違います。屋外に敷く場合は、できるだけ繊維が太く、しっかり編まれているものを選びましょう。室内用の植物なら薄くても十分です。

厚手のものなら「厚さ1mm以上」がおすすめ

実際に公共事業でも「防草シートは1mm以上の厚さ」と規定されている場合がよくあります。そのため、一般家庭ならこれだけの厚さがあれば十分です。高品質な繊維でできているものが多いので、雑草の繁殖をしっかり防いでくれます

雑草をしっかり防止するなら「2ミリ以上」の厚みがおすすめ

厚さ2mm以上のシートは遮光率も高く耐候性もあります。特に、生地の繊維が太く多層に絡み合っているものは丈夫で、伸びやすい草の生育をしっかり抑えてくれるのでおすすめです。また、シートとしての耐用年数も長く、摩擦による劣化もあまりありません。

場所に合わせて選ぶ

防草シートの種類は場所に合わせて選びましょう。例えば、玄関や花壇ならタイルや砂利がおすすめです。エクステリアを考慮して、好みの品を見つけましょう。

玄関の周囲に対策するなら「砂利」がおすすめ

砂利は雑草対策と同時に防犯対策にもなります。歩くと大きな音がするので、玄関や裏口の周辺など、家の出入り口にはぜひともこちらを敷きましょう。砂利の下地に防草シートを敷くと日光を完全に遮断できるうえ、地面を均一にする効果も得られます。

 

市販の砂利はカラーも豊富ですので、お庭のエクステリアと調和するものを選びましょう。以下の記事では砂利についての解説とおすすめ商品を紹介しています。興味のある方は参考にしてください。

小さい雑草も防ぎたいなら「砂利下専用シート」がおすすめ

駐車場やお庭など、小さい雑草もできるだけ防ぎたい方には砂利下専用シートをおすすめします。砂利と併用するのに適したシートで、強度もあるので通路や駐車場などにも使いやすいのもポイントです。

花壇の周りなら見た目がきれいな「パネルタイプ」がおすすめ

玄関や花壇の雑草対策としてもう1つおすすめできるのは、天然石等でできたパネルです。地面に敷くだけで簡単に設置できます。パネルは砂利のように均一に整える手間もなく、掃き掃除をするのも簡単です。

庭ならおしゃれな「ウッドチップ」がおすすめ

ウッドチップは、樹木を砕いてチップ状にしたものです。材料の樹木によって香りが違うので、雑草の繁殖を防ぎながら香りを楽しめます。自然素材なので、お子様やペットがいる家庭の庭には、ぜひともこちらを選びましょう。

 

しかし、木屑が出やすかったりはもちろん、ウッドチップは水をよく吸うので、虫の類や、シロアリやカビが付きやすいといったデメリットがあります。そのため、耐用年数も長くありません。

駐車場には車の「重量に耐える」タイプがおすすめ

駐車場に敷く場合は車の重量に耐えられるよう、耐久性が高く厚みのあるシートを選びましょう。あらかじめ雑草を抜いたり小石を取り除いたりして平らな状態にしたところに、水が溜まらないよう少し傾斜を付けるように敷きます。

広範囲の畑なら「低価格の布タイプ」がおすすめ

農地の場合は、広範囲に敷くなら織布タイプ、畦道に敷くなら住宅でも使われている不織布タイプがおすすめです。織布タイプは完全に雑草を防ぐほどの力はありませんが、低価格なので大量に購入しても支出を抑えられます。

自分で行うなら「施工のしやすさ」をチェック

自分で施行したい方は、ピンやテープで簡単にできるものを選びましょう。また、カットの手間を減らすためにサイズがぴったりなものを購入したり、設置する時負担を減らすために重くないものを選ぶのがおすすめです。

広範囲に敷きたい方は「値段」を見てコスパの良さをチェック

家庭菜園や農業などで広範囲に防草シートを敷く必要がある方は、値段も重視しましょう。防草シートは価格帯が非常に広いのですが、1×50mの場合なら3000~4000円程度で十分にいいものが手に入ります。

素材で異なる「耐用年数」をチェック

防草シートは劣化するため、定期的に交換する必要があり、交換する目安となる耐用年数は、防草シートの素材で異なります。たとえば、織布タイプは平均1年、不織布タイプは7~10年が目安です。

 

耐用年数を決めるには、交換しやすい場所かそうではないかなどを考える必要がありますす。また、商品のパッケージに耐用年数が記載されているため、購入するときに確認しましょう。

防草シートの人気おすすめランキング15選

15位

日本マタイ

防草シート モスグリーン

DCM・コメリ・コーナン・カインズなどホームセンターのものより強度抜群

こちらは草木になじむ深いグリーンで、エクステリアを損なわずにお庭の雑草対策ができる商品です。DCM・コメリ・コーナン・カインズなどのホームセンターのものより強度が高く、敷く場所に合うサイズにハサミでカットできます

サイズ 1×10m 耐用年数 1年~3年
カラー グリーン

口コミを紹介

価格があまり変わらないホームセンターのものと比べて、厚くしっかりしています。ホームセンターのものは雑草が生えてきましたが、こちらは今のところ全く生えてきません。いい品物です。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

砂利にも人工芝にも!デメリットが少なくどこでも活躍

河川敷・太陽光発電敷地・砂利や人工芝の下敷きなど場所を選ばずさまざまな場所で活躍する防草シートです。ハサミで簡単に切れ、デメリットが少なく、場所に合わせてサイズや形を決められる万能タイプなので検討してください。

サイズ 1m×50m 耐用年数 3年~4年
カラー ブラック

口コミを紹介

50mのロールで量もたっぷりで、目的の範囲をほぼ張れました。
もの凄い厚手ではないですが、その分扱いやすさもあると思います。
コスパは十分良いと思います!

出典:https://www.amazon.co.jp

有名メーカーの高密度防草・除草シート!低価格で目安になるライン入り

50mもある有名メーカーの高密度の防草・除草シートです。生地が厚く草をしっかり抑えるので、プロの農家でも選ばれています。低価格なので、費用を抑えて広い場所の雑草対策をおこないたい方におすすめです。

サイズ 1x50m 耐用年数 4年~6年
カラー グリーン

口コミを紹介

家のベランダの下にひいています。製品としてまったく、問題ないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

楽天で買える!コスパ抜群!玉砂利や防犯砂利下に

楽天で買えるシートです。砂利やタイルが沈下しなくなり、表面が均一になります。低価格なので、広範囲に使用可能です。ビニールハウス内の通路や果樹棚の下の防草対策にも使えます。水を通すのでぬかるみになることもありません。

サイズ 1×50m 耐用年数 -
カラー グレー

口コミを紹介

分厚いシートでしっかり雑草を防いでくれます。通気性の面を心配していましたが、水はけもよくぬかるみになりませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

標準的な防草シート!初心者に嬉しいライン付き

防草シートは、初めて使う方は迷ってしまう場合もあります。そこで、まずは最も標準的なこちらの防草シートがおすすめです。耐久性・透水性があり、等間隔にラインが引いてあるため初心者でも敷きやすいので検討してください。

サイズ 0.5m×50m 耐用年数 2年~3年
カラー ブラック

口コミを紹介

不織り布製に比べて少し厚みがあり敷きやすい

出典:https://www.amazon.co.jp

シックなブラウンで緑との相性抜群!

植物や土の色に調和する自然なブラウンカラーの防草シートです。好きなサイズにハサミで切り、花壇にかぶせるだけで雑草対策ができます。雨が降ってもぬかるみになりません。この商品は単品だけでなく、砂利の下地に使うのもおすすめです。

サイズ 1×10m 耐用年数 1年~3年
カラー ブラウン

口コミを紹介

切り口がほつれなくて、厚さもあり良かった。やはり百円ショツプのものとは全然違う。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

BOPBIN

防草シート 園芸用

防根シートとの併用で半永久的な効果も!UV加工もされていて安心

UV加工を施した生地で、耐用年数が5年程度と通常のシートより長くなった商品です。防根シートとの併用で半永久的な効果が見込め、砂利の下に敷くと沈下や変形を防ぐ効果を得られます。家庭菜園や農地にもこのシートを取り入れましょう。

サイズ 1×10m 耐用年数 5年
カラー ブラック

口コミを紹介

ハサミで簡単に切れて切れ口から解けることもなく簡単に使えます、雨の日の水たまりなどもあまりできません
耐久性はまだわかりませんがこの上に人工芝をひくので問題ないでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

耐用年数10年!環境にやさしい防草シート

土壌汚染に配慮して作られている防草シートです。化学物質を使っておらず環境に優しい点でもおすすめします。太い繊維素材を使用しているため丈夫で長持ちなので、環境を気にしつつ長期の使用を考えている方は検討してください。

サイズ 1m×30m 耐用年数 10年
カラー グリーン

口コミを紹介

ビニールハウスの中に敷きました。我が家のハウスは水稲の育苗用専用にしているため、雑草が生えないようにと敷きました。すでに4年経ちましたが今でも充分機能しています。さらにハウス周りにも敷き、草取りもいらないようにしています。この厚さがとても良いです

出典:https://www.amazon.co.jp

高密度で耐久性抜群!UV剤・抗菌剤入り

高密度の生地を採用しており、耐用年数が4~6年と長い商品です。薬剤を使用しなくても雑草の成長を抑えられます。また、UV剤も使用されているため、日の当たる場所でも劣化しにくいのでおすすめです。

サイズ 1m×10m 耐用年数 4~6年
カラー グリーン

口コミを紹介

雑草が生えてきません。ハサミで簡単にカットも出来るので、オススメです。値段は高いかもしれませんが、安物買ってやり直しをする位なら、こちらで施工します。

出典:https://www.amazon.co.jp

強度・耐引裂性を重視する方に

高密度で製造されているため、強度と耐引裂性が高い点が特徴です。厚手で破れにくくなっています。環境を保護する素材を使用しており、異臭・老化・腐食を防げます。耐用年数も10年あるため、交換する手間も省けるのでおすすめです。

サイズ 1×10m 耐用年数 10年
カラー ブラック

口コミを紹介

庭のDIY用に購入。物自体は、すごくしっかりしています。
まだ敷いたばかりなので、効果がどれほどのもなかはわかりませんが、期待大!
大きさ、値段、質に今のところ文句なしです。

出典:https://www.amazon.co.jp

プロ仕様でしっかり敷きたい方に

150g/m2と高密度でしっかりと編み込みがされているため、耐久性に自信がある商品です。また、品質のいい耐候性不織布を使用しおり、プロ仕様になっています。しっかりと遮光するため、雑草が生えにくく除草剤を使う必要がありません。

サイズ 1×15m 耐用年数 4年〜6年
カラー ブラック

口コミを紹介

耐久性はまだ分かりませんが、使いやすく、敷きやすく、ハサミでカットもしやすかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

はさみで切ってもほつれにくく敷き方簡単!扱いやすい防草シート

UV添加剤(アンチエイジングアクセサリー)を使用しているため、耐用年数が長くなりました。こちらの商品の耐用年数は3年~5年です。敷き方も簡単で、はさみで切ってもほつれにくく、作業しやすいので検討してください。

サイズ 10m×2個 耐用年数 3年~5年
カラー ブラック

口コミを紹介

大きさも丁度よく、あまり切らずにそのまま使用できました!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

水はけが抜群の防草シート

特殊な製造方法を採用し、すき間が均一です。水はけが抜群で数秒で土に染み込んでいきます。通気性もいいため土の栄養が維持でき、植物や農作物に影響しません。家庭菜園やガーデニングをしている方におすすめです。

サイズ 1×10m 耐用年数 5年
カラー ブラック

口コミを紹介

厚手で丈夫なシートで、しっかり長持ちしてくれそうです。
ピンも入っているし、コスパ最高で 大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

アイアグリ

デュポンザバーン 防草シート 

モノタロウでも人気!ザバーン独自の4層構造で水はけ抜群

ザバーン独自の極太の繊維が密になった生地を4層にしているうえ、水はけもよいという理想的な防草シートです。勢いのある雑草がシートを突き破りません。シートはハサミやカッターで簡単に切れるので、どんな地形でもぴったり合わせられます。

 

このシートは耐薬品性にも優れるので、劣化しにくいのもいいところです。また、燃やすと有害な物質が出ることがなく水と二酸化炭素に分解されます。モノタロウでも人気で、プロの農家にも愛用者が多いおすすめ商品です。

サイズ 2×30m 耐用年数 -
カラー グリーン

口コミを紹介

最高。実家の手入れできない庭に敷きました。敷いたところと敷かないところでは全然違う。雑草を枯らす除草剤は効き目は本当に短期的ですが、このシートをひけば、ずーっと問題なく雑草も生えない状態が続いています。

出典:https://www.amazon.co.jp

有害な化学薬剤不使用の丈夫なシート

耐候性強化ポリプロピレンを使っており、破れにくく雨の腐食も起こりにくい防草シートです。高品質の耐候性不織布は日光をしっかり遮断します。押さえのピンも多く付属しており、簡単に設置できるのも嬉しいポイントです。

 

環境に配慮して、有害な化学薬剤は一切含んでいないため、小さいお子さんやペットのいるご家庭でも安心して使用できます。光が届かないので雑草と合わせて苔などもしっかりと防止してくれるのです。

サイズ 1×10m 耐用年数 約5年
カラー ブラック

口コミを紹介

光が届かないらしいので雑草もだけどコケも防止してくれそうです。
ピンなどがたくさんついててシートをとめるのに役立ちそうですし、カラーもいい感じでよかったです、真っ黒だと威圧感があるのでね。

出典:https://www.amazon.co.jp

防草シートのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 サイズ 耐用年数 カラー
アイテムID:10845217の画像

Amazon

有害な化学薬剤不使用の丈夫なシート

1×10m

約5年

ブラック

アイテムID:10845214の画像

楽天

Amazon

ヤフー

モノタロウでも人気!ザバーン独自の4層構造で水はけ抜群

2×30m

-

グリーン

アイテムID:10845211の画像

楽天

Amazon

水はけが抜群の防草シート

1×10m

5年

ブラック

アイテムID:10845208の画像

Amazon

はさみで切ってもほつれにくく敷き方簡単!扱いやすい防草シート

10m×2個

3年~5年

ブラック

アイテムID:10845205の画像

Amazon

プロ仕様でしっかり敷きたい方に

1×15m

4年〜6年

ブラック

アイテムID:10845202の画像

Amazon

ヤフー

強度・耐引裂性を重視する方に

1×10m

10年

ブラック

アイテムID:10845199の画像

楽天

Amazon

ヤフー

高密度で耐久性抜群!UV剤・抗菌剤入り

1m×10m

4~6年

グリーン

アイテムID:10845196の画像

楽天

Amazon

ヤフー

耐用年数10年!環境にやさしい防草シート

1m×30m

10年

グリーン

アイテムID:10845193の画像

楽天

Amazon

防根シートとの併用で半永久的な効果も!UV加工もされていて安心

1×10m

5年

ブラック

アイテムID:10845190の画像

楽天

Amazon

ヤフー

シックなブラウンで緑との相性抜群!

1×10m

1年~3年

ブラウン

アイテムID:10845187の画像

Amazon

ヤフー

標準的な防草シート!初心者に嬉しいライン付き

0.5m×50m

2年~3年

ブラック

アイテムID:10845184の画像

楽天

Amazon

ヤフー

楽天で買える!コスパ抜群!玉砂利や防犯砂利下に

1×50m

-

グレー

アイテムID:10845181の画像

楽天

Amazon

ヤフー

有名メーカーの高密度防草・除草シート!低価格で目安になるライン入り

1x50m

4年~6年

グリーン

アイテムID:10845178の画像

Amazon

砂利にも人工芝にも!デメリットが少なくどこでも活躍

1m×50m

3年~4年

ブラック

アイテムID:10845175の画像

楽天

Amazon

DCM・コメリ・コーナン・カインズなどホームセンターのものより強度抜群

1×10m

1年~3年

グリーン

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\フラッシュクーポン開催中/ 楽天 「防草シート」ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

防草シートの敷き方

種類・形状が豊富な防草シートですが、どれも敷き方は非常に簡単です。商品の説明書に従ってやりましょう。しかし、どのタイプのシートも、あらかじめ雑草を抜き、小石等を取り除いたうえで設置するようにしてください。

 

防草シートの劣化を少しでも抑えたい方は、シートの上に砂利を敷きましょう。また、砂利やパネルタイプの防草シートは、一般的な防草シートと併用した方が効果的です。

障害物がある場所に敷く場合は形に合わせてカットしよう

マンホールや窓際など障害物がある場所に敷く際は、ハサミやカッターナイフでカットできるタイプを選びましょう。設置したい場所に実際にシートを広げ、障害物に当たる場所に落としやすい筆記用具で印を付けます。印に合わせて不要な部分を切り取ったら完成です。

DCMなどのホームセンターで購入するときは端部処理のグッズも

防草シートを壁や障害物との境界に隙間を作らずに敷くのは難しく、ここから雑草が顔を出すときがよくあります。このような問題で悩んでいる方は、防草シート用のテープ専用ボンド・きわ抑えプレートを使いましょう。

 

DCMなどのホームセンターで防草シートを購入する場合、端部処理に使うグッズも販売しているため、一緒に購入すると作業をするときに困りません。また、防草シート用テープは、シートの端の「ほつれ」を防ぐのにも使えます

メーカー品を気軽に買うならコメリ・コーナン・カインズを確認

ホームセンターのコメリ・コーナン・カインズは、農業用と一般家庭用の防草シートを販売しています。さらに、ネット販売をしているところもあり、有名メーカーの商品も購入できるのでチェックしてください。

風で飛ばないようにしたいならゴムマットを使おう

トレーニング等で床に傷を付けないために敷くゴムマットも、防草シートとして使えます。風でシートが飛ぶのが気になる方はぜひともこちらを使いましょう。ゴムシートは厚みも重量もあり、施工は敷くだけと簡単です。

100均の防草シートは狭い範囲におすすめ

防草シートは100均のダイソー・セリアでも取り扱っています。狭い範囲ならこれでも十分ですので、費用を押さえたい方は検討してください。しかし、シート自体が薄く、見た目もよくないので上から砂利を撒く等、他の防草グッズと併用するのがおすすめです。

防草シートのデメリットは?半永久的に使える?

防草シートは草を生やさないようにするのが目的なので、雑草を根から完全に断つのは難しい点がデメリットです。そのため、防草シートの少しの破れから雑草が伸びて、シートを突き破ってしまう場合もあります。

 

半永久的に雑草を防止したい場合は防草シートと防根シートを併用しましょう。防根シートは土の中に埋め込むものなので施工に手間がかかりますが、一度施工すればかなりの長期間雑草を防止できる、樹木の根の侵入を防ぐ優秀なアイテムです。

ザバーンとプランテックスの違いは色だけ

ザバーンとプランテックスの違いは、ずばり色です。ザバーンは数字の後ろにG、プランテックは数字の後ろにBBが付いています。これは、Gが緑色の防草シート、BBが茶色または黒色の防草シートです。見た目の色が違うだけで、効果は変わりません。

以下では除草剤のおすすめランキングをご紹介しています。合わせてご覧ください。

まとめ

防草シートなら、除草剤を使用せず安全に雑草対策ができます。敷く場所に合った適切なものを選ぶのはもちろんですが、場合によっては他のアイテムと組み合わせたりして効果を高めましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年10月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

砂利のおすすめ人気ランキング15選【おしゃれな砂利も紹介】

砂利のおすすめ人気ランキング15選【おしゃれな砂利も紹介】

エクステリア・ガーデンファニチャー
【最強は?】除草剤のおすすめ人気ランキング21選【一生生えない方法はある?】

【最強は?】除草剤のおすすめ人気ランキング21選【一生生えない方法はある?】

農業資材・ガーデニング用品
防草シート付き人工芝の人気おすすめランキング8選【口コミやデメリットも紹介】

防草シート付き人工芝の人気おすすめランキング8選【口コミやデメリットも紹介】

農業資材・ガーデニング用品
庭砂利の人気おすすめランキング10選【施工例もご紹介!】

庭砂利の人気おすすめランキング10選【施工例もご紹介!】

エクステリア・ガーデンファニチャー
防犯砂利のおすすめ人気ランキング10選【処分方法まで紹介】

防犯砂利のおすすめ人気ランキング10選【処分方法まで紹介】

防犯グッズ
【プロ監修】人工芝の人気おすすめランキング10選【人気メーカーも紹介】

【プロ監修】人工芝の人気おすすめランキング10選【人気メーカーも紹介】

農業資材・ガーデニング用品