泊りがけキャンプのバッテリー問題を解決!持ち運び簡単な大容量電源15選

キャンプにあると便利なのがポータブルバッテリーです。寒い季節でも電気毛布・暖房などを使えて快適に過ごせます。しかし高いものから安いものまで種類が多く機能性もさまざまで選ぶのが難しいですよね。そこで今回はキャンプに最適なポータブルバッテリーの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

照明から炊飯まで!バッテリーはキャンプ必携のグッズ!

キャンプをする方や、アウトドアが好きな方におすすめなのがポータブルバッテリーです。野外でも扇風機・電気毛布などさまざまな電化製品を使えるので、暑い・寒い季節でも快適に過ごせます。

 

また、ポータブルバッテリーがあればアウトドアだけでなく災害時の備えになるのもメリットです。しかし、安いものから高いものまで種類が多く、容量・機能もさまざまで自分に合うポータブルバッテリーがわからず迷う方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、キャンプに最適なポータブルバッテリーの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはサイズ・出力・ポート種類・充電時間・機能性を基準に作成しました。購入を迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

 

ポータブルバッテリーはどんな用途に使えるの?

ポータブルバッテリーは、いろいろな製品に使えるのでキャンプにあると非常に便利です。以下で、具体的な使い方をご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

夏・冬のキャンプを冷暖房で快適に!

ポータブルバッテリーは、暑い時期・寒い時期のキャンプにあると便利です。暑い時期は扇風機につなげば快適に過ごせます。また寒い時期はもちろん、夜間に寝袋だけでは冷えるときにも電気毛布が使えると暖かく眠れるのでおすすめです。

アウトドア料理に大活躍!

キャンプの楽しみの1つがアウトドア料理です。ポータブルバッテリーがあれば電気式のクーラーボックスが使えるので鮮度を保ちやすく、いろいろな食材を持参できます。また小型炊飯器やコーヒーメーカーを使えばキャンプ飯の幅が広がるのが魅力です。

防災グッズとしても利用可能!

ポータブルバッテリーは、キャンプ以外に災害グッズとしても活躍します。照明・ラジオ・スマートフォンの充電・電気ケトルなど容量内であればさまざまな家電に使えます。キャンプで使わないときには、防災グッズとして備えておくと便利です。

キャンプ用ポータブルバッテリーの選び方とは?

キャンプ用のポータブルバッテリーにはさまざまな商品があります。ここでは選ぶポイントをご紹介しますので、自分に合うタイプを確認してみてください。

 

  1. バッテリー容量
  2. 定格出力・周波数
  3. 端子の種類
  4. 充電方法・時間
  5. 機能性

①バッテリー容量

バッテリー容量はWh(ワットアワー)で表され、100Whの場合は消費電力100Wの電化製品を1時間使用できるとの意味になります。ただし、ポータブルバッテリーに貯蔵した電流は変換されて電化製品で使用できるようになり、その変換率は70~90%程度です。

 

用途 目安となるバッテリー容量
日帰りキャンプなど 200Wh〜500Wh
キャンプ・車中泊など 500Wh〜700Wh
防災用バッテリーなど 1000Wh以上

 

そのため、実際に使用できるの42分~54分ほどとなるので覚えておきましょう。これをもとに使う量を考慮し、必要なバッテリー容量をチェックしてください。上記のように帰りキャンプなら200Wh〜500Wh程度が目安です。

 

また、キャンプや車中泊をする方は500Wh〜700Wh以上が目安になります。防災目的もあるなら1000Wh以上の容量がおすすめです。特に防災用では容量は大きいほど安心ですが、その分製品のサイズが大きく、高価になるので予算との兼ね合いで選んでみてください。

②定格出力・周波数

定格出力とは安定して出力を続けられる電力量を指します。定格出力を超える消費電力の電化製品では接続できないので気をつけましょう。例えばポータブルバッテリーの定格出力が500Wの場合、消費電力が600Wの電化製品では給電できません。

 

また接続する電化製品の対応電圧・周波数も確認が必要です。東日本は50Hz・西日本は60Hzとわかれているので適応しているものを選んでください。「100-240v 50/60hz」と表記のあるものはどちらも使えるので問題ありません。

 

以下に、主な家電の消費電力をまとめましたので参考にしてください。

 

電化製品 消費電力(約)
電子レンジ 1500W
炊飯器 1300W
ドライヤー 1200W
電気ケトル 1000W
エアコン 660W
大型冷蔵庫 250W
照明 100W
電気毛布 80W
ミニ冷蔵庫 60W
24型液晶TV 40~50W
ノートPC 20~40W
スマートフォン 3~12W

③端子の種類

端子の種類や数もチェックが必要です。端子には主にACポート・DCポート・USBポートの3種類があります。以下のように、ACポートは家庭用のコンセントと同じで、扇風機・電気毛布・ノートPCなどの接続に必要です。

 

端子 接続できる主な家電・デバイス
ACポート 扇風機・電気毛布・ノートPC
DCポート 冷蔵庫・電気ポット・ハンディクリーナー
USBポート スマートフォン・USBライト・USB加湿器

 

DCポートは主に車のシガーソケットと同じもので車載用の冷蔵庫・電気ポット・ハンディクリーナーなどと接続できます。車中泊をする予定がある方は必要不可欠なのでチェックしてください。

 

USBポートはスマートフォン・タブレット・USBライト・USB加湿器などのポータブル製品の充電に使います。急速充電に対応したUSBポートならスマートフォン・タブレットを頻繁に使う方もすぐに充電できるのでおすすめです。

④充電方法・時間

ポータブルバッテリーは家庭用コンセントで充電しますが、ほかにも太陽光で充電できるソーラーチャージャーや車から充電できるカーチャージャー機能を備えた商品もあります。野外で充電がなくなった際に便利なのでキャンプ用ならこれらの機能にも注目しましょう。

 

また充電時間の早さも大きなポイントです。バッテリー容量により異なりますが、家庭用コンセントの充電では最短1.5時間で充電できるものもあります。カーチャージでは7時間で満充電できるものもあるのでぜひチェックしてみてください。

⑤機能性

ポータブルバッテリーにはそのほかにも防水機能・ライト機能・ラジオ機能・ジャンプスターター機能・パススルー機能などの便利な機能があります。防水機能やライト機能はキャンプ中の急な雨や夜間の懐中電灯がわりに使えるのがメリットです。

 

ラジオ機能があれば情報収集や気分転換に役立ち、ジャンプスターター機能があれば車のバッテリー上がりに対応できます。パススルー機能があれば家電製品に給電しながらバッテリー充電が可能です。ただし電池寿命が短くなる場合が多いのでなるべく避けましょう。

【まとめ】シチュエーション別の選び方

ポータブルバッテリーを選ぶときにはよく使うシーンをイメージしてそれに合ったものを選ぶのがポイントです。ご紹介してきた容量・端子の種類・機能性などを加味したおすすめをまとめてみました。

 

シーン・目的 おすすめポータブルバッテリー
キャンプだけでなく防災グッズにも活用したい

・1000Wh以上

・ライト・ラジオ・ソーラーチャージャー機能付き

キャンプで炊飯器・扇風機などいろいろな家電を使って快適に過ごしたい

・500Wh以上

・ACポートの数が多いもの

車中泊キャンプを楽しみたい

・700Wh以上

・DCポートがあるもの

・カーチャージャー・ジャンプスターター機能付き

屋外で携帯・スマホの充電をしたい

・200Wh以上

・USBポートがあるもの

・コンパクトなもの 

※携帯・スマホだけならモバイルバッテリーも可

【豆知識】車のバッテリー・モバイルバッテリーで代用可能?

ポータブルバッテリーをわざわざ買わなくても、車のバッテリーやモバイルバッテリーで代用できるのではと思う方もいると思います。しかし車のバッテリーはDC電源なので一般的な電化製品のAC電源への変換が必要です。

 

また、ポータブルバッテリーよりも容量が少なく車に必要な分が減ってしまうため、緊急時以外の使用はおすすめしません。同様に、モバイルバッテリーもUSB出力のため、AC電源への変換が必要です。

 

加えて、容量も少ないのでスマホ・タブレット用としての使用が適しています。そのため、キャンプでいろいろな電化製品を使いたい方や、キャンプの行く頻度が高い方はポータブルバッテリーの使用がおすすめです。

キャンプに最適なバッテリー人気おすすめランキング15選

15位

Joyzis

ポータブル電源 QC3

3段階調整のSOSライト付きで停電時にも活躍

1000Whの大容量が魅力のポータブル電源です。ノートパソコンなら約50時間、カメラは約150回充電できます。大きいディスプレイで電池残が見やすく、3段階調整のSOSライトも搭載しておりキャンプだけでなく災害時・停電時にも便利です。

基本情報
サイズ 29×30×50.5cm
重さ 9.8kg
バッテリー容量 1000Wh
定格出力 1000W
対応周波数 50/60Hz
DC出力・シガーソケット 2口:最大8A・1口:最大10A
USB-A 2口:5V
USB-C 2口
充電時間 8時間
ライト機能 あり
もっと見る
14位

EcoFlow

ポータブル電源 RIVER Pro

特許技術によりわずか1.6時間で完全充電できる

最大10台のデバイスに同時に電力を供給できるポータブルバッテリーです。特許申請中の独自機能で1時間以内に0%~80%まで高速充電し、1.6時間で完全充電されます。720Whの大容量でスマホ・電気毛布などもしっかり充電可能です。

基本情報
サイズ 28.8×18.5×25.3cm
重さ 9.61kg
バッテリー容量 720Wh
定格出力 600W
対応周波数 50/60Hz
DC出力・シガーソケット 2口:最大13.6V・1口:最大136W
USB-A 3口:最大18W
USB-C 1口:最大100W
充電時間 1.6時間
ライト機能 あり
もっと見る
13位

SmartTap(スマートタップ)

ポータブル電源 PowerArQ3

バッテリー交換・追加が可能で経済的に使える

バッテリー交換が可能なポータブル電源です。例えば本体の555Whに555Whの別売りバッテリーを組み合わせれば1110Whもの容量になります。容量違いでいくつもの機種を購入する必要がなく経済的に使えるのが魅力です。

基本情報
サイズ 23×29.5×22.5cm
重さ 7.9kg
バッテリー容量 555Wh
定格出力 500W
対応周波数 50/60Hz
DC出力・シガーソケット 2口
USB-A 2口
USB-C 5口:最大60W
充電時間 4時間
ライト機能 あり
もっと見る
12位

オウルテック

ポータブル電源 OWL-LPBL172801

持ち運びやすく災害時にも役立つ

幅広い機器に対応した大容量ポータブル電源です。付属充電器では充電時間約6時間ですが別売りのPD100W充電器を使えば3時間に短縮できます。コンパクトで持ち運び用ハンドルも付いているため、キャンプでの持ち運びはもちろん災害時にも便利です。

基本情報
サイズ 29×21×20.5cm
重さ 6.8kg
バッテリー容量 622Wh
定格出力 600W
対応周波数
DC出力・シガーソケット 2口:最大13.3V
USB-A 3口:5V
USB-C 5口:最大20V
充電時間 6時間
ライト機能
もっと見る
11位

MUSTTOOL(マストツール)

ポータブル電源 CYGNUS 600

ジャンプスターター付属で自動車のバッテリー上がりにも対応

640Whの容量で長時間快適に電気を供給する商品です。合計12口の出力ポートを搭載し幅広い電化製品に使えます。ジャンプスターターが付属しており、自動車のバッテリーが上がってしまった際にも対応できるのがポイントです。

基本情報
サイズ 26.3×22.1×21.6cm
重さ 9.3kg
バッテリー容量 640Wh
定格出力 600W
対応周波数
DC出力・シガーソケット 2口:12V・1口:12V
USB-A 3口:最大12V
USB-C 1口:最大20V
充電時間 9~10時間
ライト機能
もっと見る
10位

SmartTap(スマートタップ)

ポータブル電源 PowerArQ mini2

おしゃれでコンパクトなポータブル電源

B5より小さなコンパクトサイズながら307.2Whの容量があるポータブルバッテリーです。電気毛布なら6時間、スマートフォンなら20回相当なのでキャンプにも向いています。レッド・コヨーテ・オリーブなおしゃれなカラーも人気です。

基本情報
サイズ 17.7×25×17.5cm
重さ 4.7kg
バッテリー容量 307.2Wh
定格出力 800W
対応周波数 50/60HZ
DC出力・シガーソケット 1口:12V
USB-A 2口:5V
USB-C 1口:5V
充電時間 4時間
ライト機能 あり
もっと見る
9位

BLUETTI

ポータブル電源 AC200P

圧倒的な大容量で電気毛布・ヒーターなどいろいろな電化製品を使える

圧倒的な大容量2000Whを誇るポータブルバッテリーです。キャンプでいろいろな電化製品を使いたい方に向いています。ACコンセント・ソーラーパネル・シガーソケット・発電機・鉛蓄電池と5種の充電方法に対応し最短で2時間でフル充電可能です。

基本情報
サイズ 42×28×38.6cm
重さ 27.5kg
バッテリー容量 2000Wh
定格出力 2000W
対応周波数
DC出力・シガーソケット 12V・12V
USB-A 4口:最大12V
USB-C 1口:最大60W
充電時間 2時間
ライト機能
もっと見る
8位

Anker(アンカー)

PowerHouse II 400

大画面ディスプレイで見やすく耐久性の高い商品

大画面ディスプレイで残り時間がわかりやすい商品です。継ぎ目のない設計で耐久性が高く、アウトドアでの使用を繰り返しても長期間愛用できます。別売りのソーラーチャージャーにも対応しており電源がなくても安心です。

基本情報
サイズ 25.5×14.8×13.9mm
重さ 4.6kg
バッテリー容量 389Wh
定格出力 300W
対応周波数 50/60Hz
DC出力・シガーソケット 1口:120W
USB-A 3口:最大12W
USB-C 4口:最大60W
充電時間 4時間
ライト機能 あり
もっと見る
7位

SmartTap(スマートタップ)

ポータブル電源 PowerArQ Pro 1000Wh

おしゃれなカラー・デザインも人気の理由

日本規格のPSE検査をはじめ、ISO9001・UN38.8など世界基準の安全規格にも適合した商品です。おしゃれなカラーとデザインで見た目にもこだわりたい方に向いています。フラットな天面で本体上に物を置けるため保管しやすさも抜群です。

基本情報
サイズ 33.3×23.5×27.3cm
重さ 10.425kg
バッテリー容量 1002Wh
定格出力 1000W
対応周波数 60Hz
DC出力・シガーソケット 1口:12V
USB-A 1口:5V
USB-C 3口:最大12V
充電時間 7.5時間
ライト機能
もっと見る
6位

Zendure

ポータブル電源 SuperBase1000M

ファンのない防塵設計でキャンプなど屋外使用にぴったり

軽量コンパクトながら1016Whの大容量バッテリーです。見やすいLEDディスプレイで充電データをしっかりわかり、大きくて明るいLEDランプ付きでキャンプの夜や停電時にも重宝します。ファンレスの防塵設計で野外使用にぴったりです。

基本情報
サイズ 32.5×19×13.8cm
重さ 8.3kg
バッテリー容量 1016Wh
定格出力 1000W
対応周波数 50Hz/60Hz
DC出力・シガーソケット 1口:126W
USB-A 3口:最大30W
USB-C 1口:100W
充電時間 4.5時間
ライト機能 あり
もっと見る
5位

LACITA(ラチタ)

ポータブル電源 エナーボックス CITAEB-01

軽量コンパクトで女性でも運びやすい

5kgと軽量で持ちやすい取っ手付きなので、女性でも片手で運べるポータブルバッテリーです。PSE・UL認定を取得しており安全性にも長けています。ブラック・ホワイト・ベージュの3色展開でシンプルなデザインも魅力です。

基本情報
サイズ 30.3×13.4×18.4cm
重さ 5kg
バッテリー容量 444Wh
定格出力 400W
対応周波数 60Hz
DC出力・シガーソケット 1口:12.6V
USB-A 3口:最大5V
USB-C
充電時間 7時間
ライト機能
もっと見る
4位

JVCケンウッド

ポータブル電源 BN-RB10-C

使い方簡単で品質の高い国内メーカーのポータブル電源

使いたい電源のボタンを押してコンセント挿し込むだけと簡単に使えるポータブルバッテリーです。別売りのソーラーパネルによる充電にも対応しており電源のない野外でも使えます。国内メーカーの高品質な商品をお探しの方におすすめです。

基本情報
サイズ 33.3×24.4×23.4cm
重さ 10.9kg
バッテリー容量 1002Wh
定格出力 1000W
対応周波数 60Hz
DC出力・シガーソケット 1口:最大120W
USB-A 1口:最大12V
USB-C 2口:最大12V
充電時間 7.5時間
ライト機能
もっと見る
3位

EcoFlow(エコフロー)

DELTA MAX 専用容量拡張バッテリー

最大5644Whの大容量が嬉しいDELTA MAX用拡張器

DELTA MAX1600本体と最大2台合体でき、最大5644Whまで容量を拡張できる人気商品です。AC充電とDC充電の同時充電ができるので充電速度が速く、スマート発電機・ソーラー充電にも対応しているので実用性に優れています。

基本情報
サイズ 46.4×23.5×28.3cm
重さ 18kg
バッテリー容量 2016Wh(+本体容量)
定格出力 6口合計2,000W
対応周波数 50/60Hz
DC出力・シガーソケット 2口:合計最大37.8W・1口:最大108.8W
USB-A 2口:最大12W
USB-C 2口:最大100W
充電時間 本体1つと接続の場合3.2時間
ライト機能
もっと見る
2位

Jackery (ジャグリ)

ポータブル電源 PTB152

見やすく持ち運びやすいポータブルバッテリー

1,534.68Whの大容量でキャンプにもぴったりなポータブルバッテリーです。視認性の高いカラー表示のスマートスクリーンを搭載し電池残量・接続状況などがひと目でわかります。重量16kgかつ取っ手付きで持ちやすいのもポイントです。

基本情報
サイズ 35.5×26.5×25.3cm
重さ 16kg
バッテリー容量 1534.68Wh
定格出力 1800W
対応周波数 60Hz
DC出力・シガーソケット 1口:最大12V
USB-A 2口
USB-C 1口
充電時間 4時間
ライト機能
もっと見る
1位

Anker(アンカー)

757 Portable Power Station

10年使える寿命の長さが嬉しいアンカーの人気モデル

寿命の長さと安全性の高さが特徴のリン酸鉄リチウムイオン電池を採用し、10年使える長寿命バッテリーです。過充電・過放電保護などの安全性にも優れています。別売りのソーラー充電にも対応しており電源のない場所でも使用可能です。

基本情報
サイズ 46.3×28.8×23.7cm
重さ 19.9kg
バッテリー容量 1229Wh
定格出力 1500W
対応周波数 50Hz/60Hz
DC出力・シガーソケット 1口:最大最大120W
USB-A 4口:最大60W
USB-C 2口:最大48W
充電時間 1.5時間
ライト機能 あり
もっと見る

キャンプに最適なポータブルバッテリーおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 サイズ 重さ バッテリー容量 定格出力 対応周波数 DC出力・シガーソケット USB-A USB-C 充電時間 ライト機能
アイテムID:11942786の画像

楽天

Amazon

ヤフー

10年使える寿命の長さが嬉しいアンカーの人気モデル

46.3×28.8×23.7cm

19.9kg

1229Wh

1500W

50Hz/60Hz

1口:最大最大120W

4口:最大60W

2口:最大48W

1.5時間

あり

アイテムID:11942753の画像

楽天

Amazon

ヤフー

見やすく持ち運びやすいポータブルバッテリー

35.5×26.5×25.3cm

16kg

1534.68Wh

1800W

60Hz

1口:最大12V

2口

1口

4時間

アイテムID:11941698の画像

楽天

Amazon

ヤフー

最大5644Whの大容量が嬉しいDELTA MAX用拡張器

46.4×23.5×28.3cm

18kg

2016Wh(+本体容量)

6口合計2,000W

50/60Hz

2口:合計最大37.8W・1口:最大108.8W

2口:最大12W

2口:最大100W

本体1つと接続の場合3.2時間

アイテムID:11941951の画像

楽天

Amazon

ヤフー

使い方簡単で品質の高い国内メーカーのポータブル電源

33.3×24.4×23.4cm

10.9kg

1002Wh

1000W

60Hz

1口:最大120W

1口:最大12V

2口:最大12V

7.5時間

アイテムID:11942759の画像

楽天

Amazon

ヤフー

軽量コンパクトで女性でも運びやすい

30.3×13.4×18.4cm

5kg

444Wh

400W

60Hz

1口:12.6V

3口:最大5V

7時間

アイテムID:11942792の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ファンのない防塵設計でキャンプなど屋外使用にぴったり

32.5×19×13.8cm

8.3kg

1016Wh

1000W

50Hz/60Hz

1口:126W

3口:最大30W

1口:100W

4.5時間

あり

アイテムID:11942235の画像

楽天

Amazon

ヤフー

おしゃれなカラー・デザインも人気の理由

33.3×23.5×27.3cm

10.425kg

1002Wh

1000W

60Hz

1口:12V

1口:5V

3口:最大12V

7.5時間

アイテムID:11942757の画像

楽天

Amazon

ヤフー

大画面ディスプレイで見やすく耐久性の高い商品

25.5×14.8×13.9mm

4.6kg

389Wh

300W

50/60Hz

1口:120W

3口:最大12W

4口:最大60W

4時間

あり

アイテムID:11942766の画像

楽天

Amazon

ヤフー

圧倒的な大容量で電気毛布・ヒーターなどいろいろな電化製品を使える

42×28×38.6cm

27.5kg

2000Wh

2000W

12V・12V

4口:最大12V

1口:最大60W

2時間

アイテムID:11942762の画像

楽天

Amazon

ヤフー

おしゃれでコンパクトなポータブル電源

17.7×25×17.5cm

4.7kg

307.2Wh

800W

50/60HZ

1口:12V

2口:5V

1口:5V

4時間

あり

アイテムID:11942796の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ジャンプスターター付属で自動車のバッテリー上がりにも対応

26.3×22.1×21.6cm

9.3kg

640Wh

600W

2口:12V・1口:12V

3口:最大12V

1口:最大20V

9~10時間

アイテムID:11942797の画像

楽天

Amazon

ヤフー

持ち運びやすく災害時にも役立つ

29×21×20.5cm

6.8kg

622Wh

600W

2口:最大13.3V

3口:5V

5口:最大20V

6時間

アイテムID:11942801の画像

楽天

Amazon

ヤフー

バッテリー交換・追加が可能で経済的に使える

23×29.5×22.5cm

7.9kg

555Wh

500W

50/60Hz

2口

2口

5口:最大60W

4時間

あり

アイテムID:11943229の画像

楽天

Amazon

ヤフー

特許技術によりわずか1.6時間で完全充電できる

28.8×18.5×25.3cm

9.61kg

720Wh

600W

50/60Hz

2口:最大13.6V・1口:最大136W

3口:最大18W

1口:最大100W

1.6時間

あり

アイテムID:11961027の画像

楽天

Amazon

ヤフー

3段階調整のSOSライト付きで停電時にも活躍

29×30×50.5cm

9.8kg

1000Wh

1000W

50/60Hz

2口:最大8A・1口:最大10A

2口:5V

2口

8時間

あり

ポータブルバッテリーの製造メーカーとは?

ポータブルバッテリーは商品数が多いので、まずメーカーから絞るのもおすすめです。以下では特に注目の製造メーカーをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

Jackery(ジャクリ)

Jackery(ジャクリ)はAppleの元バッテリーエンジニアなどが設立したアメリカの電子機器メーカーです。2015年には世界初のリチウムポータブル電源を開発しました。日本法人は「JVCケンウッド」と業務提携し、さまざまなポータブルバッテリーを開発しています。

LACITA(ラチタ)

エナーLACITA(ラチタ)は、2017年に株式会社ポスタリテイトが2017年に設立したブランドで、ポータブルバッテリー「エナーボックス」などの開発・販売を手がけています。エナーボックスは車中泊や災害用電源として高い人気を誇る商品です。

Anker(アンカー)

Anker(アンカー)は2011年創業の世界的に有名なハードウェアメーカーです。モバイルバッテリーの世界ナンバーワンブランドであり、その品質・機能性の高さは多くのユーザーから支持されています。ポータブルバッテリーにも人気商品が豊富です。

Smart Tap(スマートタップ)

Smart Tap(スマートタップ)は、加島商事が2016年に立ち上げたブランドです。ポータブルバッテリー「Power ArQシリーズ」をはじめとする多くの商品を扱っています。Power ArQは、2019年度グッドデザイン賞を受賞しているおしゃれなデザインも人気の理由です。

【豆知識】ポータブルバッテリーを自作できるって本当?

ポータブルバッテリーは、バッテリー本体とインバーター(変換装置)を使って自作が可能です。ただし、バッテリー本体とインバーターが一体ではないため既製品のような携行性の良さはありません。

 

また、知識の少ない初心者が制作する場合、安全面でも不安があります。自作するとコストを抑えて大容量のバッテリーが手に入るメリットがありますが、携行性や安全性にデメリットがあるのでDIYが得意な方など工作に慣れた方におすすめです。

キャンプ場によってはバッテリーをレンタル可能

キャンプ場によっては、ポータブルバッテリーをレンタルできるサービスもあります。また、事前にレンタル業者から借りてキャンプに行くのも可能です。レンタル会社や製品で大きく異なりますがレンタル料は1000Whのバッテリーで1日5,000円程度のものもあります。

 

ポータブルバッテリーは高額になりやすいので、実際に使ってみてから購入したい場合はまずレンタルで試してみるのもおすすめです。キャンプ場でのレンタルなら、荷物にならないメリットもあります。

キャンプでポータブルバッテリーを使用するコツ

ポータブルバッテリーは、使用のたび少しずつ劣化してしまいます。ここでは、少しでも長く効率的に使うコツをご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

温度管理に配慮するとバッテリーが長持ちしやすい

ポータブルバッテリーは、繊細な機器なので極端に気温が高い・低い環境では電池に負担がかかり商品が速くなってしまいます。そのため、直射日光があたる場所や高温多湿の環境下での長時間使用は避けましょう。

 

また、使用していないときも悪条件だと劣化つながるため、保管場所も風通しのよい室内の湿気が少ないところがおすすめです。

バッテリーの性能は使用するたびに劣化する

ポータブルバッテリーを使用しない間は、30~80%の残量で保管しましょう。100%充電状態だと電池に負荷がかかり、逆に0%では過放電になってしまう可能性があります。長期間使用しない場合は、定期的に充電し30~80%を保つのがおすすめです。

 

ポータブルバッテリーは、スマホバッテリーのように経年劣化しますが、100%・0%で保管すると劣化が加速するので気をつけてください。製品や使い方によりますが、寿命は5~10年が目安です。充電量が少なくなったと感じたら買い替えも検討しましょう。

充電しながらの使用(パススルー)は厳禁

ポータブルバッテリーの使い方で最も気をつけたいのが、充電しながら使用するパススルー充電です。これは、バッテリー劣化の大きな原因になるので避けましょう。なかにはパススルーによる劣化を防ぐ機能を備えたもありますが、緊急時以外は避けるのがベターです。

【豆知識】ポータブルバッテリーはどうやって処分する?

ポータブルバッテリーにはリチウムイオン電池が使われており、一般ごみとしては処分できないので覚えておきましょう。方法としては家電量販店・ホームセンターのリサイクルボックスでの回収や、自治体によっては市区町村の回収ボックスにがある場合もあります。

 

また民間の不用品回収業者へ依頼する方法もありますが、料金がかかるので廃棄の際に迷ったら、まずメーカーや市区町村に問い合わせるのがおすすめです。

 

まとめ

キャンプにおすすめのポータブルバッテリーの選び方と人気商品ランキングをご紹介しました。ポータブルバッテリーがあればさまざまな電化製品を使用でき、より快適なアウトドアを楽しめます。ぜひ本記事を参考に購入を検討してみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年08月30日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

アクセスランキング

【2024年最新版】ビギナーの方にピッタリなお手頃ハンモックの人気おすすめランキング15選【安いものも紹介】のサムネイル画像

【2024年最新版】ビギナーの方にピッタリなお手頃ハンモックの人気おすすめランキング15選【安いものも紹介】

アウトドア
防水性抜群!レインポンチョのおすすめ15選|人気のゴアテックスものサムネイル画像

防水性抜群!レインポンチョのおすすめ15選|人気のゴアテックスも

アウトドア
冷めない水筒のおすすめ人気ランキング15選【最強の保温水筒はどれ?】のサムネイル画像

冷めない水筒のおすすめ人気ランキング15選【最強の保温水筒はどれ?】

アウトドア
防水スプレーのおすすめ人気ランキング15選【コスパ最強はどれ?ワークマンにも売ってる?】のサムネイル画像

防水スプレーのおすすめ人気ランキング15選【コスパ最強はどれ?ワークマンにも売ってる?】

アウトドア
レインウェアのおすすめ人気ランキング18選【マックなど最強の雨具メーカーも!】のサムネイル画像

レインウェアのおすすめ人気ランキング18選【マックなど最強の雨具メーカーも!】

アウトドア
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。