【2024年最新版】パーソナルトレーナー(スポーツトレーナー)の資格が取得できるおすすめの通信講座7選

【2024年最新版】パーソナルトレーナー(スポーツトレーナー)の資格が取得できるおすすめの通信講座7選

パーソナルトレーナーとして活躍するために資格が必要ですが独学では難しいです。資格の中には通信で取得が可能なものや安いものもあります。今回は、パーソナルトレーナーの資格が取得できる通信講座の選び方とおすすめの通信講座をご紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

通信講座でパーソナルトレーナーの資格を独学で取得

パーソナルトレーナーには国家資格がないものの、取得をしておくと就職が有利になったり、より知識や経験を学んだりできます。資格者のみ採用のパーソナルジムも多いため、資格の取得を検討する方も多いでしょう。

 

しかし、パーソナルトレーナーの資格といっても種類も多く通信講座の数も豊富でさまざま。学習期間を始め、通信講座ごとにサポート体制が異なるため選ぶのが難しいです。中には、安いところや質問し放題をおこなっている通信講座もあります。

 

そこで、今回は、資格取得ための独学で学べる通信講座の選び方とおすすめの通信講座をランキング形式でご紹介します。ランキングは費用・サポート体制・口コミなどを基準に作成しました。

編集部おすすめのパーソナルトレーナースクールはここ!

NESTA

リーズナブルな価格で資格取得が可能

「NESTA-PFT」の認定をおこなっているNESTAのWEBコースです。Eメールを利用して資格取得までに必要な知識を学習していきます。メールで送信されたテキストに回答をして返信をするだけなので、WEBカメラなどが必要ないのも魅力的です。

 

しかし、動画などの視聴ができないため、理解が難しいところも自力で進めていかなければなりません。その分、資格取得までに必要な費用が安いため、リーズナブルな価格で資格を取得したいという方におすすめです。また、学習終了後に自分自身で認定試験に申し込まなければなりません。

パーソナルトレーナーの資格を取得するメリット・デメリット

パーソナルトレーナーの資格はスクールや通信講座で取得が可能です。ここでは、資格取得に通信講座を利用するメリット・デメリットをご紹介しています。

メリット

初めに、資格の取得に通信講座を利用するメリットについてご紹介をします。通信講座なら時間を気にすることなく勉強できたり、場所を選ばずに勉強ができたりします。

自宅でじっくり学習できる

通信講座で資格の取得をする1番のメリットといえば、学校に通わず自宅で学習ができるという点です。忙しい方でも学校に通う時間が省けるため、資格の取得がしやすくなります。また、学校では周りが気になってしまうという方でも、1人でじっくりと学習できます。

 

学校に通う必要がないため、時間にとらわれにくいのも特徴。決まった時間に学習をするのではなく、好きな時間に自宅で学習できるのも嬉しいポイントです。忙しい方やスクールが遠いという方におすすめです。

自分のペースで学習を進められる

次に、通信講座で資格を取得するメリットとして、自分のペースで学習を進められる点です。授業の時間が決まっているだけでなく、勉強そのものの時間を自分で決めて進められます。

 

資格取得の勉強に長時間時間を割けられないという方でも通信講座なら資格を取得できやすいです。また、毎日少しずつ勉強をしたり、休日にまとめて勉強したりとライフスタイルに合わせて学習ができます。

 

スクールに通ってしまうと、決まった日程で通わなければなりません。マイペースに学習をしたいという方は、通信講座がおすすめといえるでしょう。

デメリット

次に、通信講座で資格を取得するデメリットについてご紹介をします。通信講座では、上記でご紹介したメリットだけでなく、デメリットも複数存在します。

実技面に不安が出てしまう

通信講座では学校に通って勉強をすることがないので、実際にマシーンを使用したり、体を動かしたりしながら学習ができません。そのため、実技面で不安が残ってしまうのも特徴です。

 

トレーナーとして経験がない方の場合、資格を取得しても即戦力にはならないため、資格取得後も経験を積むために講習などを受ける必要があります。

モチベーション維持や学習に集中するのが難しい

通学による学習は、決まった時間に集中して学ぶことができます。しかし、通信講座の場合は、自分自身で勉強の時間を決めて自宅で勉強をします。そのため、通信講座ではモチベーションの維持や学習に集中するのが難しいといった点もデメリットです。

 

ついつい自宅での学習中に他のことに気を取られてしまうという方は、カフェや図書館なども勉強しやすい場所を見つけることが大切です。

パーソナルトレーナーの資格が取れる通信講座の選び方

ここでは、パーソナルトレーナーの資格が取得できる通信講座の選び方について資格の種類・学習期間・実績・費用・サポート体制などを紹介します。

取得できる資格の種類で選ぶ

初めに、どの資格を取得するのか決めてから通信講座を決めてください。パーソナルトレーナーの資格は国家資格ではなく民間資格です。

NSCA認定なら「NSCA-CPT」がおすすめ

「NSCA -CPT」はNSCAが認定するパーソナルトレーナーです。資格を取得するとアスリートのみならず、さまざまな性別・年齢層。経験の方にトレーニング指導をおこなえるようになります。そのため、スポーツ選手にも指導をしたいという方にもおすすめの資格。

 

パーソナルトレーナーとして中級レベルの方におすすめといえるでしょう。また、実技試験がないのもこちらの資格の特徴です。

経験の浅い方は「NESTA-PFT」がおすすめ

「NESTA -PFT」はNESTAが認定するパーソナルトレーナーの資格です。「PFT」とは「パーソナルフィットネストレーナー」を指し「NESTA -PFT」は「NESTA認定パーソナルトレーナー」となります。

 

受験のしやすさが人気の資格のため、パーソナルトレーナーとして経験が浅い方におすすめです。しかし、4年に1度資格の更新をおこなわなければならないので、手間に感じてしまうことがあります。

スタンダードなものなら「JATI-ATI」がおすすめ

「JATI-ATI」はJATIが認定をしている資格です。資格の中でもスタンダードな資格で、資格制度は実践で活躍できるような内容になっています。スポーツ選手・一般人のトレーニング指導やインストラクター・パーソナルトレーナーとして活躍できる資格です。

 

JATI認定の資格のなかでも1番難易度が低いものです。

「学習期間」もチェック

資格取得までの学習期間で通信講座を選ぶのもとても大切なポイントです。資格取得までの期間は、学習のペースなどによって異なります。ほとんどの資格が早ければ2ヶ月程度で取得できます。

 

通信講座によって必要になる期間が異なるため、ぜひ利用する前にチェックをしてください。どのくらいの期間で取得をできるか確認をする際は、実際に資格を取得した方の口コミなどを参考にするのもおすすめです。

「実績」をチェック

通信講座を選ぶ際は、通信講座の実績を確認してください。取得資格率などは通信講座の公式サイトでチェックができます。実績が高ければそれだけ資格が取得しやすいということになります。

 

しかし、実績ばかりを参考にしすぎるのも良くはありません。その通信講座が自分にとって利用しやすいのか、学習がしやすいのかを初めに調べることが大切です。

安いかどうかなど「費用」もチェック

パーソナルトレーナーの資格を取得する場合、費用もしっかりと確認をしてください。通信講座によって費用は異なります。また、安いものから高いものまで資格の種類によっても取得までに必要な費用が異なるため要チェックです。

 

費用を確認する際は、学習に必要な費用だけでなく、認定試験の費用も含まれているかどうかも確認してください。費用は通信講座の公式サイトがからチェックすることができます。

「サポート体制」をチェック

最後に、通信講座のサポート体制についてです。質問がし放題だったり、個別相談ができたりします。通信講座ごとにサポート体制の内容が異なるため、利用をする前にチェックをしておくことがおすすめです。

 

また、サポートの内容だけでなく、サポートの期間もチェックしてください。資格取得まで続くサポートなのか、3ヶ月や半年など期限が決められているのか、きちんと調べておく必要があります。

 

より資格をしやすくするために、通信講座のサポートを上手に受けることも大切です。

パーソナルトレーナー資格取得におすすめの通信講座7選

1位

NESTA

安い価格で資格取得が可能

「NESTA-PFT」の認定をおこなっているNESTAのWEBコースです。Eメールを利用して資格取得までに必要な知識を学習していきます。メールで送信されたテキストに回答をして返信をするだけなので、WEBカメラなどが必要ないのも魅力的です。

 

しかし、動画などの視聴ができないため、理解が難しいところも自力で進めていかなければなりません。その分、資格取得までに必要な費用が安いため、安い価格で資格を取得したい方におすすめです。

基本情報
取得できる資格 NEST-PFT
費用 107,500(税込)
支払い方法 分割・クレジットーカード不可
学習方法 Eメール
2位

Dr.トレーニングスクール

e-Learningを利用した学習

「Dr.トレーニングスクール」は、e-Learningシステムを利用してパーソナルトレーナーの資格取得に必要な学習をおこなっていきます。パソコンだけでなく、スマホでも学習が可能なので、いつでもどこでも勉強したいという方におすすめです。

 

リアルタイムのオンライン授業ではないため、24時間いつでも授業の動画を視聴できます。また、何度でも動画を見返せるので、徹底的に復習をしたいという方にもおすすめのスクールです。

基本情報
取得できる資格 NSCA-CPT・NSCA-PFT
費用 -
支払い方法 -
学習方法 e-Learning
3位

プロジム

専用のWEBページを利用してオンライン授業を受ける

「プロジム」では、プロジムオンライン生専用のWEBページを利用してオンラインでパーソナルトレーナーの資格取得に必要な学習をおこないます。オンライン授業でも講師に何度でも質問が可能です。

 

また、オンラインなら最短2ヶ月で資格取得を目指せます。すぐに資格を取りたいという方にもおすすめのスクールです。しかし、通学とは異なり就職支援が受けられない点は要注意です。

基本情報
取得できる資格 NESTA-PFT・NSCA-CPT
費用 入学金39900円(税込) 授業料294000円(税込)
支払い方法 クレジットカード一括
学習方法 オンライン授業
4位

レエール

zoomを使用したオンライン授業をおこなっている

「レエール」では、zoomを使用したオンライン授業を受けて資格取得を目指すスクールです。オンラインコースではオンライン授業・リアル授業・メンバーサイトの動画で学習ができます。

 

リアル授業はオンラインでも受講が可能なため、学習の全てをオンラインで完結することが可能です。また、パーソナルトレーナーの資格以外にもさまざまなコースがあるので、ぜひチェックしてください。

基本情報
取得できる資格 NSCA-CPT
費用 5880000円(税別)
支払い方法 現金振込 ・クレジットカード(一括) ・クレジットカード(分割) ・ローン
学習方法 zoomによるオンライン授業
5位

リフレッシュ・リラクゼーションスクール

プリント・課題を添削する通信講座

「リフレッシュ・リラクゼーションスクール」は、オンラインでの授業ではなく、プリントや課題を添削してもらい、学習を進めていきます。そのため、授業を受けながら学習を進めていきたいという方には不向きのスクールです。

 

全12回の添削を1ヶ月に1度おこなうため、半年〜1年の学習期間が必要です。すぐに資格を取得したいという方にとっては時間がかかり過ぎてしまうスクール。自分のペースでゆっくり学習をしていきたいという方におすすめです。

基本情報
取得できる資格 NSCA-CPT
費用 -
支払い方法 -
学習方法 プリント・DVD
6位

ASPI

最短2ヶ月で資格取得が可能なスクール

「ASPI(アスピ)」はオンライン授業に対応しているスクールです。オンラインでも講師とマンツーマンで学習ができるので、じっくりと集中をして勉強をしたいという方におすすめです。

 

また、卒業後のサポートとして就職支援をおこなっています。コースはベーシックコース・スタンダードコース・マスターコースの3種類から選べます。

基本情報
取得できる資格 NSCA-CPT・NESTA-PFTなど
費用 657800円(税込)
支払い方法 クレジットカード・銀行振り込み・ローン
学習方法 オンライン対応の授業
7位

2ndpass

2種類のコースから目的に合わせて選べる

「2ndpass(セカンドパス)」では、就職支援コースと独立支援コースの2つのコースがあります。資格を取ったら終わりでなく、卒業後も相談できる点も嬉しいポイントです。

 

オンライン授業も完備されています。資格取得後に就職や独立までサポートしてもらいたいという方におすすめのスクールです。授業料が高めですが、分割支払いに対応しています。

基本情報
取得できる資格 NESTA-PFT・NASCA・JATIなど
費用 入会金: 39,000円(税込) 受講料: 699,000円/6ヶ月(税込)(就職支援コース)
支払い方法 分割・現金・クレジットカード
学習方法 オンライン授業

パーソナルトレーナーの資格取得の通信講座比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 取得できる資格 費用 支払い方法 学習方法
アイテムID:12276601の画像

公式サイト

リーズナブルな価格で資格取得が可能

2位 アイテムID:12276649の画像

公式サイト

e-Learningを利用した学習

NSCA-CPT・NSCA-PFT

-

-

e-Learning

3位 アイテムID:12276650の画像

公式サイト

専用のWEBページを利用してオンライン授業を受ける

NESTA-PFT・NSCA-CPT

入学金39900円(税込) 授業料294000円(税込)

クレジットカード一括

オンライン授業

4位 アイテムID:12276651の画像

公式サイト

zoomを使用したオンライン授業をおこなっている

NSCA-CPT

5880000円(税別)

現金振込 ・クレジットカード(一括) ・クレジットカード(分割) ・ローン

zoomによるオンライン授業

5位 アイテムID:12276652の画像

公式サイト

プリント・課題を添削する通信講座

NSCA-CPT

-

-

プリント・DVD

6位 アイテムID:12276653の画像

公式サイト

最短2ヶ月で資格取得が可能なスクール

NSCA-CPT・NESTA-PFTなど

657800円(税込)

クレジットカード・銀行振り込み・ローン

オンライン対応の授業

7位 アイテムID:12276654の画像

公式サイト

2種類のコースから目的に合わせて選べる

NESTA-PFT・NASCA・JATIなど

入会金: 39,000円(税込) 受講料: 699,000円/6ヶ月(税込)(就職支援コース)

分割・現金・クレジットカード

オンライン授業

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

まとめ

今回は、パーソナルトレーナの資格が取得できる通信講座の選び方とおすすめの通信講座をご紹介しました。取れる資格が同じでも、通信講座によってサポートの内容などが異なるため、じっくりと選ばなければなりません。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年05月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

大阪のパーソナルトレーナースクールおすすめ人気ランキング7選

大阪のパーソナルトレーナースクールおすすめ人気ランキング7選

その他
【2024年最新版】ネイル資格の通信講座人気おすすめランキング9選

【2024年最新版】ネイル資格の通信講座人気おすすめランキング9選

教室・スクール・習い事
メンズトレーナー人気おすすめランキング15選【おしゃれな人気ブランドも】

メンズトレーナー人気おすすめランキング15選【おしゃれな人気ブランドも】

メンズトップス