トレッキングシューズの人気おすすめランキング20選【普段履きにも】

登山の基本的装備のトレッキングシューズの選び方について、おしゃれなデザインやソールの違い、機能性を初心者にもわかりやすく目的別に解説します。また普段履きできる初心者向きや低価格で安いレディースなどのおすすめトレッキングシューズご紹介します。

登山の必須アイテムとなるトレッキングシューズ

登山の基本的装備として、ザックとレインウェアと合わせて三種の神器がトレッキングシューズになります。トレッキングシューズは、岩場などのハードな道でも安全に歩けるだけでなく、普段履きにも最適でコスパのいいおしゃれなモデルも登場しています。

 

いざトレッキングシューズを購入する際には、つい見た目の好みで選びがちですよね!実はトレッキングシューズには選び方があるのををご存じですか?さまざまな機能を備えているのでしっかり把握しておくのも重要な要素です。

 

そこで今回はトレッキングシューズの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは初心者向け・レディース・価格が15,000円以下を基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみてください。

トレッキングシューズの選び方

トレッキングシューズを選ぶ際には「どんなスタイルの登山なのか?」が重要です。登山スタイルによって、デザイン・機能・素材などの違いがあります。

シーンに合わせてデザインで選ぶ

トレッキングシューズのデザインは、大きく分けて3タイプあります。それぞれに特徴があり、シーンに合わせて選べるのでチェックしてください。

普段履きできる「ローカット」はハイキングにおすすめ

スニーカーと同じタイプのローカットは、着脱しやすいのがメリットです。平坦なコースで歩きやすくハイキングや普段履きに向いています。以下の記事では、ローカットトレッキングシューズの人気おすすめランキングをご紹介していますので、ぜひご覧ください。

初心者には「ミドルカット」がおすすめ

ローカットとハイカットの中間になるのがミドルカットです。ローカットより足首が固定されハイカットよりも着脱しやすく、双方のメリットを兼ね添えています。本格的な登山を目指す初心者におすすめのデザインです。

「ハイカット」は本格派におすすめ

ハイカットは本格派登山向け。足首がしっかり固定されるので、岩場や傾斜地、雪山などの難所も歩きやすく疲れにくいのもポイントになります。 

「ソール」の剛性は登山コースによって合わせるのがおすすめ

記事番号:21009/アイテムID:6478603の画像

ソールの剛性はソフトからハードまでさまざまあります。柔らかめのソールは、ハイキングや整備されている平坦な登山コース向きです。硬いソールは、ハードな登山コースに向いています。

機能性で選ぶ

トレッキングシューズの選び方として、機能性も重要なポイントです。トレッキングシューズの機能性には、防水加工・保温力・サポート力までいろいろあります。

水はけが悪いハードな道でも安心なものなら「防水加工」がおすすめ

防水加工してあるトレッキングシューズは、雨天時だけでなく水はけが悪い道でも足元を濡らさずに歩けます。さらに透湿性とインナーにドライ機能が搭載されていれば、シューズ内は常に快適な状態です。

歩き慣れない初心者にはトレッキングシューズの高い「足首サポート力」がおすすめ

足首を固定できるトレッキングシューズは、捻挫をしにくくケガから守ってくれます。高さがあるハイカットになるほど、足首をしっかりサポートしますが、平坦な道では歩きにくい面もあるので選ぶ際は気を付けてください。

冬山や雪山に絶対必要なの「保温性」の高いものがおすすめ

冬山や雪山登山向けのトレッキングシューズには、保温性も必要になってきます。断熱性がある素材のものがおすすめです。また、保温性が高いインソールやソックスとの併用で効果を高める方法もあります。

「脚力サポート機能」はレディースにおすすめ

レディースのトレッキングシューズには、ソールやインソールボードなどの脚力サポート機能がおすすめです。脚力に自信がない方は、ぜひともチェックしておきましょう。

素材で選ぶ

トレッキングシューズの素材は、ゴアテックスなどの化学繊維や合成樹脂とヌバックやスエードなどの天然皮革の2種類にわかれています。

初心者には防水性と透湿性を兼ね添えた「ゴアテックス」がおすすめ

ゴアテックスは、トレッキングシューズによく使われる化学繊維素材です。雨など外側からの水分は通さず、汗などの内側からの水分は通さない、防水性と透湿性を兼ね添えた高い機能を持っています。

 

その特徴を生かし、トレッキングシューズのほかにレインウェアなど多くのアウトドアアイテムに使われています。

耐摩耗性と耐久力に優れた「天然皮革」は中級・上級者におすすめ

登山中級・上級者には愛用している方が多いヌバックやスエードなどの天然皮革の最大のメリットは、耐摩耗性と耐久性に優れているところです。さらに履き続けるほど足になじんでくるのもポイントになります。

 

高価格であることと耐久性を高めるためのお手入れが必要な点がありますが、中には何十年と履き続けている愛用者もいるのほど人気です。

足のサイズやフィット感で選ぶ

ケガで歩けなくなれば、遭難の危険性も出てきます。安全な登山をするためには、自分の足に合ったトレッキングシューズを選ぶことが大切です。

サイズは「1~1.5㎝の余裕」をもたせるのがおすすめ

トレッキングシューズの形やサイズは、ブランドやモデルによってそれぞれに違いがあるのも特徴です。同じサイズでも小さかったり、大きく感じたりします。ポイントは1~1.5cmの余裕をもたせる点です。

 

トレッキングシューズを履き、つま先をトントンして指先がシューズに当たるようにします。そこで踵部分の空間に指が1本入ればOKです。

足への負担を軽減するなら「大きめサイズ」もおすすめ

トレッキングシューズのサイズを大きめにすると、靴の中に少し余裕が生まれます。余裕が生まれるので、踏み込んだときの足への負担がグンと軽いのも魅力ですジャストサイズは靴擦れや痛みの原因になるため、ぜひとも大きめのサイズを選びましょう。

コスパを考えて選ぶなら「15,000円以下」安いシューズがおすすめ

コスパの高さと機能性のバランスを考えるなら価格は、15,000円以下のトレッキングシューズを選ぶのがおすすめです。またなかには、5,000円以下で買える安い激安モデルもあるので、初心者の方や気になる方は、チェックしてみましょう。

メーカー・ブランドで選ぶ

トレッキングシューズはCOLUMBIA(コロンビア)などのアウトドア用品メーカーが人気です。またスポーツブランドのNew Balance(ニューバランス)も安定した人気があります。

初心者向けならサイズ感やグリップ力に定評がある「モンベル」がおすすめ

記事番号:21009/アイテムID:10558934の画像

モンベルは日本最大手のアウトドアメーカーで、テントなどのキャンプ用品が有名になります。トレッキングシューズの特徴は、ひとつのサイズに対してレギュラーと幅狭、幅広の3タイプ揃っている点です。

 

日本人の足に多い「甲高幅広」に合わせたサイズ展開になっています。素材はGORE-TEX(ゴアテックス)とメッシュを組み合わせて透湿性が高く、シューズ内は常にドライ状態で快適に履けるのが魅力です。

 

またソールにはモンベルが独自に開発した「トレールグリッパー®」を採用しています。40度以上の傾斜がある濡れた道でも滑らないほどのグリップ力を発揮してくれるのもポイントです。

カラフルなデザインなら人気ブランド「COLUMBIA(コロンビア)」がおすすめ

記事番号:21009/アイテムID:10558937の画像

Columbia(コロンビア)は、1938年創業のアメリカのアウトドアメーカーになります。日本でも50を超える直営店を展開する人気ブランドです。人気の秘密は、アウトドアに適した機能性とタウンユースにも使えるファッション性の高さにあります。

 

トレッキングシューズも、カラフルで普段使いできるデザインが多いです。素材は、防水透湿機能をもつオムニテックや水の侵入を防ぎ内部をドライにキープする「アウトドライ」を採用しています。硬くて滑りにくいソールは、不安定な山道でも安心です。

「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」はおしゃれなメンズにおすすめ

記事番号:21009/アイテムID:10558940の画像

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)は、Columbia(コロンビア)と並んでメンズに人気があるアメリカのブランドになります。特にダウンジャケットやマウンテンパーカーなどのアウトウェア・バックパックなどは、ファッション性が高く人気のアイテムです。

 

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)には、GORE-TEX(ゴアテックス)をはじめとした高機能を搭載したトレッキングシューズが揃っています。機能性とともにデザイン性も高く、登山もおしゃれも楽しみたい方たちからも人気です。

 

以下の記事では、ノースフェイスブーツの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

キャンプや普段使いもできるものなら「KEEN(キーン)」がおすすめ

記事番号:21009/アイテムID:6478789の画像

KEEN(キーン)は、サンダルメーカーとして設立されたアメリカのフットウェアブランドで、現在ではスニーカーやアパレルまで展開しています。KEEN(キーン)のトレッキングシューズは、登山だけでなくキャンプやタウンユースにも使えるデザイン性が人気です。

 

ブランドが独自に開発した機能性素材を搭載していてコストパフォーマンスが高くなっています。日本国内では取り扱い店舗が多いのもポイントです。以下の記事では、キーンの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

おしゃれなモデルなら「New Balance(ニューバランス)」がおすすめ

記事番号:21009/アイテムID:10558950の画像

アメリカのスポーツシューズメーカーとして知られるNew Balance(ニューバランス)は、日本でもスニーカーが大人気です。最近ではビジネスマン向けのアパレルコレクションを発表。スポーツを超えて、老若男女から愛される一大ブランドになっています。

 

そんなニューバランスのトレッキングシューズは防水性や透湿性、クッション性に優れており、長時間快適に歩けると評判です。また長年あらゆるスポーツのシューズを発表し続けているため、洗練されたデザインのおしゃれなモデルが多くそろっています。

 

以下の記事では、ニューバランスの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

初心者向けトレッキングシューズの人気おすすめランキング10選

普段履きにもおすすめなスタイリッシュな色使いのローカットシューズ

SCARPA(スカルパ)はクライミングシューズに特化したイタリアの老舗靴メーカーで、高い機能性とともにイタリアらしい色使いが特徴のブランドです。アプローチシューズとして人気なのが、クラックスになります。

 

アプローチシューズは、岩場に登れて軽いトレッキングも可能です。スタイリッシュなデザインなので、タウンユースでもおしゃれに履きこなせます。

素材 撥水スエード、ストレッチファブリック ソール ビブラム・バーティカルデュアルデンシティ
重量 370g

口コミを紹介

履いた心地が今までで一番良いです!自分の足に合ってる。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

ソフトな履き心地で安定した歩行が可能なゴアテックス

アウトドアシューズを中心に取り扱うのがMERRELL(メレル)になります 。「カメレオン」や「ジャングルモック」と並んで人気の定番シリーズ「モアブ」の進化系モデルが、FST ミッド ゴアテックスです。

 

モアブの特徴である柔らかい履き心地に、強力なグリップ力のビブラムソールを搭載しています。岩場や斜面でも安定した歩行が可能です。

素材 GORE-TEX、ヌバックレザー、メッシュ ソール ビブラムメガグリップ
重量 420g

初心者から中級・上級者まで活躍するシューズ

SIRIO(シリオ)は日本の登山靴メーカーで、甲高幅広の日本人の足に合わせたトレッキングシューズを製作しています。軽量ながらもアッパーは堅牢で、足をしっかりサポートしてくれるのもポイントです。

 

ソールは硬めの設計なので、重い荷物を持った長時間歩行でも疲れにくくなっています。日帰り登山から小屋泊り、低山から高山まで幅広いシーンで活躍するモデルです。

素材 ペルワンガースエード、ナイロン、GORE-TEX® ソール シリオ・ビブラム®CAMOSCIO
重量 590g

口コミを紹介

幅広の足にピッタリでした。通勤で慣らしをしてますが、歩きやすいです。おすすめします。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

mont-bell(モンベル)

ロフティミッドカットトレイルアウトドアワーキングシューズ

重い登山靴とは違い軽量で実力発揮をするモンベルの本格派

ミドルカットの全天候型のシューズです。アッパーはゴアテックスのメッシュに、スエードと合成皮革で補強しています。高機能ソール搭載で強力なグリップ力がありゴツゴツした岩場では実力を発揮してくれるのも魅力です。

素材 GORE-TEX、スエード、合成皮革 ソール トレールグリッパー®
重量 563g

口コミを紹介

千メートル級の山を2回、300・500m級の三連山を1回登りましたが、外反母趾や爪先が当たって痛むこともありませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

mont-bell(モンベル)

ツオロミーブーツ

初めての登山靴におすすめ

モンベルのトレッキングシューズは履き心地が柔らかく、足幅サイズが選べる(レギュラー・幅狭・幅広)が特徴になります。自分の足に合ったサイズが見つけられるので「はじめての1足」におすすめのモデルです。  

 

ハイカットタイプでくるぶしまでしっかり固定され、堅牢なソールを搭載しているので岩場などでも安定感があります。トレッキングだけでなく夏場の長期縦走にも耐える丈夫な作りです。

素材 GORE-TEX、スエード、合成皮革 ソール トレールグリッパー®
重量 595g

口コミを紹介

モンベルオリジナルのソールですが、溝も深く滑りません。

出典:https://www.amazon.co.jp

人気ブランドの快適なクッション性でメンズにおすすめのシューズ

クレッセントピーク2 アウトドライはトレイルランニングの技術を取り入れています。山道を走るために開発されたソールを応用しているのでクッション性は快適です。グリップ力が高く、山道をしっかり捉えて疲れにくくなっています。

 

岩場が少ない森林限界付近の登山におすすめのトレッキングシューズです。

素材 ウォータープルーフシンセティックレザー、ポリエステルメッシュ ソール オーソライト、テックライト
重量 491g

口コミを紹介

何よりoutdryなので完全なる防水で、水溜まりにべしゃっと入っても全然染みなかったのはとても有り難かったです。 値段も手頃で助かりました。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

優しい履き心地と安定したグリップ力を発揮してレディースにもおすすめ

Verto S3K FUTURELIGHTは、春夏秋の3シーズンの縦走向けモデルです。ブランドが独自に開発、蒸れの軽減を追求したFUTURELIGHT™を搭載しています。負荷がかかる部分には合成皮革を使い軽量化を実現しているのもポイントです。

 

履き口はソフトな素材、ソールにはグリップ性と耐摩耗性に富んだビブラムをそれぞれ使用し、優しい履き心地と安定感があります。

素材 FUTURELIGHT™、合成皮革 ソール ビブラムソール
重量 560g

口コミを紹介

デザインが最高!自分の実寸は26.5cm、薄い靴下なら27.0cm、厚い靴下なら27.5cmで私は、27.5cmを買いました。期待通りでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

普段使いもできる高い防水性を備えた安い商品

高い防水透湿性とグリップ力を誇るセイバー4ミッド アウトドライ ワイドは、普段使いできるカラフルなデザインです。幅広設計で軽量な上、通気性があるメッシュ素材は蒸れを軽減します。

 

強力な防水加工なので、ハイキングのほかにフィッシングでも活用している愛用者もいるほどです。1万円台の低価格も魅力になっています。

素材 ウォータープルーフシンセティックレザー、メッシュ ソール テックライト
重量 421g

口コミを紹介

足幅が広くて、長期間履いていても足が痛くない
次も色違いを買おうと思う

出典:https://www.amazon.co.jp

スニーカー並みの軽量で初心者におすすめ

ハイテックのトレッキングシューズは、足のサポート力に定評があります。スニーカーと同様に軽量で、初心者にも履きやすいです。防水透湿加工に優れているので、天気の変化にも対応。ハイキングから軽登山まで快適に履きこなせます。

素材 人工皮革、天然皮革、合成繊維 ソール ゴム底
重量 400g

口コミを紹介

仕事で使用しています。ソールの曲も良く、ホールド性もしっかりしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

多くの登山愛好家から支持されるモデル

C1_02Sはブランドを代表するモデルです。履き口まわりはクッション性がある柔らかい素材で、足首を優しく固定してくれます。指先はゆったり、足首部分は低めにカットするなど、履きなれていない初心者向けに作られたデザインです。

 

多くの登山愛好家からも支持されているC1_02Sは、まさに「ファースト・トレッキング」に相応しいトレッキングシューズになります。

素材 GORE-TEXメンブレン、メッシュ、合成皮革 ソール キャラバントレックソール
重量 590g

口コミを紹介

今日富士山に登ってきました。岩場でも砂地でもこの靴なら普通の靴よりだいぶ歩きやすい。流石ちゃんとした登山靴は違うなと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者向けトレッキングシューズのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 素材 ソール 重量
アイテムID:10558980の画像

楽天

Amazon

ヤフー

多くの登山愛好家から支持されるモデル

GORE-TEXメンブレン、メッシュ、合成皮革

キャラバントレックソール

590g

アイテムID:10558964の画像

楽天

Amazon

ヤフー

スニーカー並みの軽量で初心者におすすめ

人工皮革、天然皮革、合成繊維

ゴム底

400g

アイテムID:10558971の画像

楽天

Amazon

ヤフー

普段使いもできる高い防水性を備えた安い商品

ウォータープルーフシンセティックレザー、メッシュ

テックライト

421g

アイテムID:10558974の画像

楽天

Amazon

ヤフー

優しい履き心地と安定したグリップ力を発揮してレディースにもおすすめ

FUTURELIGHT™、合成皮革

ビブラムソール

560g

アイテムID:10558958の画像

楽天

Amazon

ヤフー

人気ブランドの快適なクッション性でメンズにおすすめのシューズ

ウォータープルーフシンセティックレザー、ポリエステルメッシュ

オーソライト、テックライト

491g

アイテムID:10558977の画像

楽天

初めての登山靴におすすめ

GORE-TEX、スエード、合成皮革

トレールグリッパー®

595g

アイテムID:10558968の画像

Amazon

重い登山靴とは違い軽量で実力発揮をするモンベルの本格派

GORE-TEX、スエード、合成皮革

トレールグリッパー®

563g

アイテムID:10558965の画像

ヤフー

初心者から中級・上級者まで活躍するシューズ

ペルワンガースエード、ナイロン、GORE-TEX®

シリオ・ビブラム®CAMOSCIO

590g

アイテムID:10558961の画像

楽天

Amazon

ソフトな履き心地で安定した歩行が可能なゴアテックス

GORE-TEX、ヌバックレザー、メッシュ

ビブラムメガグリップ

420g

アイテムID:10558955の画像

楽天

ヤフー

普段履きにもおすすめなスタイリッシュな色使いのローカットシューズ

撥水スエード、ストレッチファブリック

ビブラム・バーティカルデュアルデンシティ

370g

以下の記事では、メレルのおすすめランキングやトレッキングシューズのおすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

15,000円以下のトレッキングシューズ人気おすすめランキング5選

5位

COLUMBIA(コロンビア)

メテオ ミッド 2 オムニテック

普段使いできるスエード調でコーディネートも楽しめる

スエード調の素材でタウンユースにも使えるデザインに仕上がっています。コーディネートが楽しめるカラーです。防水をしながら内部の蒸れを防ぐオムニテックを搭載しているので、快適に歩けます。

素材 シンセティックスエード ソール オーソライト
重量 455g
4位

GROWHILL(グローヒル)

トレッキングシューズ GTS-390

日本人の足型に合わせたデザインで安くておすすめ

日本人に多い幅広の足型に合わせて作られたデザインのトレッキングシューズです。インソールは足に優しくフィット、さらに歩行時の衝撃をしっかり吸収します。ハイキングや軽登山におすすめです。

素材 レザー、ナイロン ソール EVA、ラバー
重量 -
3位

TIGORA(ティゴラ)

トレッキングシューズ

高機能で安くてコスパ抜群のおすすめシューズ

アルペンのプライベートブランドである「ティゴラ」のトレッキングシューズは、低価格ながら機能性は抜群です。シンプルなデザインで、部分的に本革を使い耐久性を高めているのもポイントになります。

素材 合成皮革、天然皮革 ソール ゴム底
重量 562g

足幅が細めの方におすすめモデル

レギュラーよりもスリムに作られたモデルです。普通のトレッキングシューズは幅が広くてフィット感がない足の幅が狭い方におすすめします。スニーカー並みの履き心地で、防水透湿性やグリップ力なども申し分ない機能性です。

素材 エアリファイン®、合成皮革、メッュ ソール キャラバントレックソール
重量 530g

口コミを紹介

軽くて使いやすいです。
安心して登山できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量で悪路でも快適でスマートなデザインが魅力

サロモンはスキーブーツのメーカーになります。トレイルランニングをベースに作られているので、軽くてスマートなフォルムです。ソールには耐摩耗性が高い素材を搭載しています。滑りにくく悪路でも歩きやすいです。

素材 GORE-TEX ソール Contagrip®MDアウトソール
重量 350g

口コミを紹介

ゴアテックスでこの値段は安い。履き心地もいい。

出典:https://www.amazon.co.jp

15,000円以下のトレッキングシューズおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 素材 ソール 重量
アイテムID:10558997の画像

楽天

Amazon

ヤフー

軽量で悪路でも快適でスマートなデザインが魅力

GORE-TEX

Contagrip®MDアウトソール

350g

アイテムID:10558994の画像

楽天

Amazon

ヤフー

足幅が細めの方におすすめモデル

エアリファイン®、合成皮革、メッュ

キャラバントレックソール

530g

アイテムID:10558991の画像

楽天

高機能で安くてコスパ抜群のおすすめシューズ

合成皮革、天然皮革

ゴム底

562g

アイテムID:10558990の画像

Amazon

日本人の足型に合わせたデザインで安くておすすめ

レザー、ナイロン

EVA、ラバー

-

アイテムID:10558989の画像

楽天

Amazon

普段使いできるスエード調でコーディネートも楽しめる

シンセティックスエード

オーソライト

455g

レディーストレッキングシューズの人気おすすめランキング5選

カラバリ豊富でコーディネートが楽しめる

実際に履いて登山をするユーザー側の観点から作られたレディースモデルになります。ソール部分に脚力をサポートする工夫が施され、足への負担がかかりにくいです。スリムなデザインで、幅の狭い女性の足にもしっかりフィットします。

 

カラーは全6色で別色のシューレース付きです。ウェアやザックとのコーディネートが楽しめます。

素材 ゴアテックスメンブレン、メッシュ、合成皮革 ソール キャラバンLBH2
重量 470g

口コミを紹介

登山するならキャラバンでしょう!ツーリングにもいいかと思います。登ってみれば、安いものとは大違い。どうせ買うならこれがいいよ!

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプやタウンユースにも使えるおしゃれなデザイン

トレッキングシューズには見えないデザイン性で、タウンユースを目的に購入する方もいるキーンのPYRENEESです。アッパーはクラシカルなレザーでコーディネイトしやすいので、登山以外にもキャンプや野外フェスなどにも使えます。

素材 防水ヌバック、防水スエード ソール ノンマーキングラバーアウトソール
重量 500.1g

口コミを紹介

付属のインソールがかなりよく出来てます。硬めのアーチ補助型スーパーフィート、クッション系などの高級インソールより付属のインソールが一番しっくり来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

強力なグリップと柔らかい履き心地で足をサポート

強力なグリップが特徴でゴツゴツした岩場や濡れて滑りやすい悪路から足を守ってくれます。アッパーはウォータープルーフレザーとソフトなメッシュ素材を組み合わせ、水の侵入を防ぐとともに柔らかい履き心地です。

素材 レザー、メッシュ ソール ビブラムメガグリップ
重量 432g

あらゆるアウトドアで活躍するおすすめの1足

メレルの人気モデル「モアブ」シリーズを継承するMoab2 Mid Gore-Texは、今ではブランドの定番アウトドアシューズです。防水透湿性があるGORE-TEX(ゴアテックス)と高いグリップ力のビブラムソールを搭載しています。

 

登山からハイキング、キャンプなどあらゆるアウトドアシーンで活躍する1足です。

素材 GORE-TEXメンブレン ソール ビブラムソール
重量 400g

口コミを紹介

大変満足!しっかり足がホールドされるし、いちばんよかったのは、登山ではいてみて、険しい登山だったけど、途中、沢に足を突っ込んでしまって、靴の半分ドボンだったけど、染みて来なかった!!

出典:https://www.amazon.co.jp

日本人の足型にマッチする入門シューズ

シリオは、日本人特有の「甲高幅広」の足に合わせたシューズを製作しているメーカーです。3E・3E+・4E+の3タイプが揃っており、登山レベルに合わせたシューズ選びを推奨しています。公式サイトにて目的に合ったモデル選びが可能です。

 

そんなシリオの入門的シューズといえるのが、P.F302になります。軽めの登山やハイキング向けで、素材はゴアテックスと高機能のソールを搭載しているのも魅力です。また足首をサポートしながらも動きやすいフィット感で、窮屈さを感じさせません。

素材 GORE-TEX、シンセティックレザー ソール シリオビブラムKOIソール
重量 680g

口コミを紹介

歩きやすいし、滑らない。

出典:https://www.amazon.co.jp

レディーストレッキングシューズのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 素材 ソール 重量
アイテムID:10559012の画像

楽天

Amazon

ヤフー

日本人の足型にマッチする入門シューズ

GORE-TEX、シンセティックレザー

シリオビブラムKOIソール

680g

アイテムID:10559009の画像

楽天

Amazon

ヤフー

あらゆるアウトドアで活躍するおすすめの1足

GORE-TEXメンブレン

ビブラムソール

400g

アイテムID:10559008の画像

楽天

Amazon

ヤフー

強力なグリップと柔らかい履き心地で足をサポート

レザー、メッシュ

ビブラムメガグリップ

432g

アイテムID:10559005の画像

楽天

Amazon

ヤフー

キャンプやタウンユースにも使えるおしゃれなデザイン

防水ヌバック、防水スエード

ノンマーキングラバーアウトソール

500.1g

アイテムID:10559002の画像

楽天

Amazon

ヤフー

カラバリ豊富でコーディネートが楽しめる

ゴアテックスメンブレン、メッシュ、合成皮革

キャラバンLBH2

470g

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

トレッキングシューズのお手入れ方法

トレッキングシューズを長持ちさせるためには、お手入れが欠かせません。靴底の貼り替えや買い替え時期など、トレッキングシューズの状態が確認できます。

トレッキングシューズの洗い方

記事番号:21009/アイテムID:10559025の画像
  1. トレッキングシューズの紐とインナーソール(中敷き)を外す。
  2. アッパーの部分はブラシやスポンジ、固く絞ったタオルなどで優しく汚れを落とす。インナーソールも汚れていれば、スポンジやタオルで汚れを落とします。
  3. 靴底に詰まった小石があれば、古歯ブラシなどで取り除く。
  4. 紐は手洗いか、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗います。
  5. 風通しのいい場所で乾かす。
  6. 乾けば防水・撥水スプレーをかけて、風通しがいい場所に保管します。

NGのお手入れには気をつけよう

記事番号:21009/アイテムID:10559028の画像
  • 水につけてジャブジャブ洗う(防水加工の低下原因)
  • アッパーをブラシで強くこする(素材を傷めます)
  • 直射日光やヒーターなどで乾燥させる(レザーのひび割れ原因)
  • 靴箱に入れて保管する(湿気は劣化の原因)

まとめ

今回はトレッキングシューズの選び方とおすすめのモデルを人気ランキング形式でご紹介しました。大切な足を怪我から守ってくれるトレッキングシューズは、山登りだけでなく普段使いにも最適です。ぜひ参考にしてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年09月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2023年最新版】トレッキングポールの人気おすすめランキング20選【登山・トレランに】

【2023年最新版】トレッキングポールの人気おすすめランキング20選【登山・トレランに】

アウトドアグッズ
トレッキングシューズのおすすめ人気ランキング15選【登山靴や普段履きにも】

トレッキングシューズのおすすめ人気ランキング15選【登山靴や普段履きにも】

スポーツシューズ
【登山靴】ローカットトレッキングシューズの人気おすすめランキング11選【普段履きにも!】

【登山靴】ローカットトレッキングシューズの人気おすすめランキング11選【普段履きにも!】

スポーツシューズ
シューズラックの人気おすすめランキング14選

シューズラックの人気おすすめランキング14選

収納家具・収納用品
メレルの靴人気おすすめランキング15選【評判は?レディース向けも紹介】

メレルの靴人気おすすめランキング15選【評判は?レディース向けも紹介】

メンズ靴
【2023年最新版】お取り寄せジュースのおすすめ人気ランキング15選【美味しい無添加も!】

【2023年最新版】お取り寄せジュースのおすすめ人気ランキング15選【美味しい無添加も!】

その他のギフト