紀陽銀行カードローンの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説!【返済方法についても】

記事ID18053のサムネイル画像
紀陽銀行カードローンは、キャッシュカード一体型なので新たにローンカードを作る必要がありません。紀陽銀行の口座を持っている方やキャッシュカードを持っているなら大変便利なのでおすすめです。今回は紀陽銀行カードローンの審査基準や審査のポイント、更には申し込み方法、即日融資までの流れ、借入金利などについても詳しく紹介します。

紀陽銀行カードローンの基本情報

キャッシュカードにローン機能が付けられるカードローン

紀陽銀行は、和歌山県和歌山市が本店の地方銀行です。和歌山県や和歌山市が指定金融機関で、県内の重要な銀行です。紀陽銀行カードローンは、口座を持っている人にとっては利用しやすい商品で、持っているキャッシュカードにカードローンの機能が付く形式を取ります。

 

紀陽銀行のキャッシュカードがあれば、専用カードが必要なく、いつものように引き出せばいいので簡単です。収入に不安がある専業主婦、パート、アルバイトの方は利用できますが学生は申し込みができません。

 

最高800万円までの融資枠があるので、借り換えやおまとめに使うのもおすすめです。今現在紀陽銀行と取り引きをしているのであれば、便利で使いやすいカードローンを使ってみてはいかがでしょう。

運営会社 紀陽銀行 金利 年3.8%から年14.9%
融資限度額 800万円 審査期間 最短で翌営業日
融資までの期間 1週間程度 WEB完結 借り入れ金額300万円以下ならWEB契約可能
学生 不可 即日融資 不可

紀陽銀行カードローンの審査のポイントと通りやすくするコツ

紀陽銀行カードローンの審査において重要なポイントや、審査に通りやすくするコツについて詳しく解説していきます。

信用情報に傷がない

信用情報に傷とは、ブラックリストのことをいいます。ブラックリストに入るのは、

 

  • ・自己破産
  • ・任意整理
  • ・家賃の長期延滞

 

を起こしている場合です。ブラックリストの記録から消されるまでは、一般的に5年前後は必要です。この5年という期間は、他社から借り入れの際に金融事故を起こしているかが目安です。もしも、紀陽銀行の保証会社との間でトラブルがあった場合、審査は厳しくなります。

 

紀陽銀行カードローンの保証会社は「阪和信用保証株式会社」「株式会社オリエントコーポレーション」「アイフル株式会社」です。このどこかの会社との間に金融事故を起こしてしまっている過去があるのであれば、審査に通ることはないでしょう。

短い期間で何社にも融資申し込みをしていない

短い期間に紀陽銀行以外でも何社にも融資の申し込みをしている方は、ご注意ください。審査の時に、他社での申し込みをしているかどうかも審査の判断材料になります。複数の会社に融資の申し込みをしないといけないくらい、お金に困っていると判断される可能性があります。

 

もしも、何社かの申し込みをしておいて、審査に通過した会社で借りたらいいかと思って複数に申し込みをしている人は注意しましょう。紀陽銀行での審査に通りたいのであれば、できれば紀陽銀行カードローンにだけ申し込みをしておきましょう。

借り入れ希望額はできるだけ最小にしておく

紀陽銀行カードローンの審査は厳しいものになります。自分の収入に見合わない高額な借り入れ希望額を申し込むのは危険です。できれば、借り入れ希望額最小にしておく方がいいでしょう。

入力内容に虚偽は書かない

申し込みのときは、正しく記入する必要があります。もしも、間違って電話番号やメールアドレスと間違って入力してしまうと、連絡ができなくて時間がかかってしまいます。紀陽銀行では、審査の結果は携帯電話か、自宅の電話番号、勤務先の電話番号にかかってきます。

 

この番号を間違わないように入力しましょう。また、虚偽の内容を故意に書くのもいけません。虚偽の内容かどうかは信用情報を確認すればすぐに分かることです。虚偽を書いてしまうと、信用を失うことになり、審査担当者にも印象がよくありません

 

簡単な入力ミスであれば、訂正すればいいのですが、悪意ある虚偽内容は絶対にしないようにしましょう。紀陽銀行カードローンの審査を通るか心配な方もいるでしょう。紀陽銀行は、学生以外年収や職業関係なく申し込みができ、申し込み後もキャンセル料はかかりません。

紀陽銀行カードローンの審査基準は?

紀陽銀行カードローンの審査基準は厳しいのでしょうか?ここでは、紀陽銀行カードローンの審査基準について詳しく解説します。

満20歳以上満65歳未満

申込み時や契約時の年齢が満20歳以上で満65歳未満である必要があります。さらに、紀陽銀行の本支店の営業地域内に住んでいるか、勤務先がある人が審査の対象です。東京支店は含まれません。

安定継続的な収入がある

紀陽銀行カードローンの申し込み審査を受けることができる人は、安定していて継続的に収入がある人である必要があります。パートやアルバイトであったとしても、継続的安定した収入があれば申し込みできます。

 

主婦に関しては、配偶者に継続的安定した収入がある必要があります。ただし、アルバイトで収入がある学生の場合は、申し込みをすることはできません。他には、紀陽銀行の無担保カードローンを持っていない人である人でないといけません。

 

WEB契約の際には条件があります。

 

  • ・紀陽銀行普通陽金口座のキャッシュカードを持っている
  • ・借り入れ希望額が300万円以下

 

WEB契約の場合は、契約までWEB完結することができますが、紀陽銀行の判断から店頭での契約手続きになることがあります。

紀陽銀行カードローンの融資条件

契約時年齢 満20歳以上満65歳未満
申し込み資格 安定継続した収入があり紀陽銀行の住んでいるか勤務先があり保証会社に保証が受けられる紀陽銀行無担保カードローンを持っていない人
資金使途 自由(事業性資金は除く)
必要書類 本人確認資料として運転免許証・健康保険証・パスポート
所得証明資料として住民税課税証明書・源泉徴収票など(極度額50万円超の場合)
担保 不要
保証人 不要
保証料 不要
備考 カードローンを利用するには紀陽銀行の普通預金口座とキャッシュカードが必要

紀陽銀行カードローンの借り入れ金額と金利

実質年利 年3.8%から年14.9%
借入限度額別の年率
借り入れ限度額 金利(実質年率)
10万円以上100万円以下 11.8~14.9%
100万円超え200万円以下 9.8~10.1%
200万円超え300万円以下 7.8~8.0%
300万円超え400万円以下 6.8%
400万円超え500万円以下 5.8%
500万円超え700万円以下 4.8%
700万円超え800万円以下 3.8%
借入限度額 最大800万円
お金の借り方 紀陽銀行ATM、提携金融機関ATM、コンビニエンスストアのATMなど
借入無利息期間 なし
借借入無利息期間の条件 なし

紀陽銀行カードローンの申込方法

紀陽銀行カードローンの申し込み方法はどうすればいいのでしょうか?また、申し込みから借り入れまではどんな手続きが必要なのでしょうか?ここでは、紀陽銀行カードローンの申し込み方法と借り入れまでの流れについて解説します。

WEB契約の場合

借り入れ希望額が300万円以下であればWEB契約を利用できます。まずは、WEB契約の申し込みの流れから解説していきます。

仮審査の申し込み

WEB契約の場合は、

 

  • ・WEB
  • ・電話
  • ・FAX
  • ・窓口

 

から仮審査申し込みを行います。登録したメールアドレスに申し込みページのURLがメールで送付されます。このURLから必要な項目を入力してから本人確認資料が必要になります。本人確認資料として必要な資料は、

 

  • ・キャッシュカード
  • ・運転免許証

 

が必要です。仮審査申し込みの際には、本人確認資料を用意してから申し込むようにしましょう。

申し込み確認の連絡が入る

紀陽銀行から、自宅か勤務先に確認の連絡が入ります。審査結果の連絡先は、申し込みの際、連絡先として「携帯電話」か「自宅」か「勤務先」から指定できます。

契約手続き・借り入れ開始

紀陽銀行から、仮審査の結果が申し込みした時に指定した勤務先か携帯電話か、自宅に連絡が入ります。WEB契約の場合は、来店は必要ありません。全てWEBで契約までできます。ただし、WEB契約ではキャッシュカード暗証番号で本人確認を行います。

 

WEB契約では、紀陽銀行の普通預金口座キャッシュカード、E-mailアドレスが必要です。他には、携帯電話宛てにSMSで連絡をする場合があります。なお、紀陽銀行の総合的な判断から紀陽銀行店頭での手続きをお願いされる場合もあるのでご注意ください。

 

 

もしも、借り入れ限度額を50万円以上にするのであれば、本人確認資料と所得証明資料も必要です。契約が完了すれば、「ご契約のしおり」が送付されます。到着したら、持っているキャッシュカードを使いコンビニや提携金融機関や紀陽銀行ATMで借り入れができます。

店頭契約の場合

紀陽銀行の口座を持っていなかったり、借り入れ希望額が300万円以上で店頭での契約を希望する場合はこちらの契約方法を参考にしましょう。

仮審査の申し込み

店頭契約の場合も、

 

  • ・WEB(借り入れ希望額300万円以下)
  • ・電話(通話料はかかりません)
  • ・FAX
  • ・窓口

 

で申し込みを行います。

申し込み確認の連絡が入る

紀陽銀行から、申し込みの際に指定した携帯電話か自宅か勤務先の電話番号に連絡が入ります。申し込み内容と一緒に本人確認資料を提出して仮審査が行われます。仮審査の結果は、紀陽銀行からの電話などで連絡が入ります。本人確認資料は、

 

  • ・キャッシュカード
  • ・運転免許証

契約・借り入れ開始

カードローンを利用する本人が紀陽銀行に来店して、契約書類と必要書類を提出します。契約書類は正式申込書です。契約手続きに必要な書類は、

 

  • ・本人確認資料(運転免許証、健康保険証、パスポートのどれか)
  • ・借り入れ限度額が50万円を超える場合は所得証明資料

 

もしも、紀陽銀行の普通預金口座やキャッシュカードを持っていない場合、カードローン口座開設をするまでに、紀陽銀行普通預金口座とキャッシュカードを作る必要があります。

紀陽銀行カードローンの口コミ

良い口コミ

借り入れの希望額が300万円以下であること、そして紀陽銀行の普通預金口座のキャッシュカードを持っていることを条件に申込みから契約までウェブ上で完結することが出来ます。
また専業主婦やアルバイトの方でも申込みが可能ですし、審査も結構スピーディーなので使いやすいカードローンだと思いますね。
すでに持っているキャッシュカードにローン機能が追加されただけなので、余分なカードを持つ必要がないのも良いです。
私の借りた場合では金利は14.9%だったので普通だと思います。

出典:https://review.kakaku.com

良く利用しているので申し込みをしました。
申し込みはネットで24時間受け付けていたので、時間を気にせずに申し込み出来て本当に助かりました。
審査も簡単で、手続きが終われば思ったより早く借り入れする事が出来て助かりました。
限度額結構高いですし、金利がすごく低いので返済の負担をかけたくなかったのでよかったです。
審査後の契約手続きは窓口に行き、不明な点もいろいろ聞いたのですが、スタッフの方がとても親切で信頼でき、安心して借り入れする事が出来ました。
また必要になったら利用したいと思います。

出典:https://review.kakaku.com

悪い口コミ

【審査スピード】和歌山に住んでいた時に審査を申込しましたが、スピードは標準的で問題無かったです。

出典:https://review.kakaku.com

【借入金利】少しだけ高めかなと思いました

出典:https://review.kakaku.com

紀陽銀行カードローンの返済方法・返済日・返済額

紀陽銀行カードローンの返済方法や返済日、返済額はどうなっているのでしょうか?ここでは、紀陽銀行カードローンの返済について詳しく解説していきます。

紀陽銀行カードローンの返済方法

紀陽銀行の返済方法は、定例返済と随時返済のどちらかを選ぶことができます。それぞれの返済方法と返済日、返済額についてご説明していきます。

定例返済方法

定例の返済の場合、毎月5日に返済指定預金口座から前の着きの定例返済日の当座貸越残高に応じた一定額が自動的に引き落とされます。定例返済をするためには、返済指定預金口座に毎月返済額より多く入金しておく必要があります。

 

入金がない場合は、「延滞」になります。前の月の定例返済日に貸越残高がなくても、その後貸越からできた利息額は「毎月返済額」です。年齢などで期限更新が停止した後は、完済までの期間や期限更新を停止した時の残高に応じて、一定額を自動引き落としになります。

 

前月定例返済日当座貸越残高 毎月返済額
10万円以下 2,000円
10万円超え50万円以下 10,000円
50万円超え100万円以下 20,000円
100万円超え200万円以下 30,000円
200万円超え300万円以下 40,000円
300万円超え400万円以下 50,000円
400万円超え500万円以下 60,000円
500万円超え600万円以下 70,000円
600万円超え700万円以下 80,000円
700万円超え800万円以下 90,000円

臨時の返済

臨時で返済ができる場合は、

 

  • ・紀陽銀行ATM
  • ・コンビニATM

 

で臨時の返済ができます。定例返済で、返済指定預金口座に毎月の返済額より多く資金が定例返済日までの前の日に入金をする必要があります。もしも、入金がない時は、定例返済は「延滞」になります。

 

延滞してしまうと、カードローンや自動融資は利用できません。コンビニATMによっては、利用できないものもあるのでご注意ください。

返済に使えるATM

紀陽銀行の返済で使えるATMと返済できる時間帯についてまとめます。

返済可能なATM 返済時間
紀陽銀行ATM 午前7時から午後9時
ゆうちょ銀行ATM

平日は午前7時から午後11時

土日祝は午前7時から午後9時

イオン銀行ATM 午前8時から午後9時
ローソンATM

平日は午前7時から午後9時

土日祝は午前9時から午後8時

Eネット

平日は午前7時から午後9時

土日祝は午前9時から午後8時

セブン銀行ATM

平日は午前7時から午後9時

土日祝は午前9時から午後8時

まとめ

キャッシュカードにローン機能が付けられるカードローン

運営会社 紀陽銀行 金利 年3.8%から年14.9%
限度額 800万円 審査期間 最短で翌営業日
融資までの期間 1週間程度 WEB完結 借り入れ金額300万円以下ならWEB契約可能
学生 不可 即日融資 不可

紀陽銀行は、地域に根ざした銀行でカードローンは普通預金口座やキャッシュカードを持っている方なら大変便利に使えるカードローンです。キャッシュカードとローンカードは一体しているので、新しくローンカードを持つ必要もありません。自動融資のあるのでおすすめです。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年12月11日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【即日融資可能】カードローンの人気おすすめランキング【2023年最新】

【即日融資可能】カードローンの人気おすすめランキング【2023年最新】

その他
りそな銀行カードローンの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説

りそな銀行カードローンの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説

その他
セブン銀行カードローンの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説!【専業主婦もOK】

セブン銀行カードローンの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説!【専業主婦もOK】

その他
熊本銀行カードローンの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説!【返済額も】

熊本銀行カードローンの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説!【返済額も】

その他
滋賀銀行カードローンの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説!【返済額も】

滋賀銀行カードローンの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説!【返済額も】

その他
佐賀銀行カードローンの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説!【コンビニでも】

佐賀銀行カードローンの審査は甘い?評判や申込みの流れを徹底解説!【コンビニでも】

その他