ガンダムのいい女キャラといえば? 2位「ラクス・クライン」

第1作『機動戦士ガンダム』(1979年)から数えて40年以上の歴史を持つ「ガンダム」シリーズ。これまでに登場したキャラクターは膨大な数に上ります。
そこで今回は、シリーズの女性キャラクターで「最もいい女」は誰なのかに注目、調査してみました。

1位 セイラ・マス
2位 ラクス・クライン
3位 マリュー・ラミアス
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「セイラ・マス」!

1位は『機動戦士ガンダム』でメインヒロインの一人として登場する「セイラ・マス」でした。
当初は医学生として登場し、避難先として乗り込んだ戦艦・ホワイトベースで医療スタッフや通信担当として活躍するようになります。
実は敵勢力であるジオン公国軍と浅からぬ因縁を持っていますが、その複雑な出自ゆえなのか、若くして大人びた雰囲気を漂わせているのが「いい女」と感じさせる要因と言えるのではないでしょうか。

2位は「ラクス・クライン」!

2位の「ラクス・クライン」は、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズに登場するメインヒロインの一人です。
「上流階級出身の歌姫」という一見お飾り的な設定の少女として登場するラクス。実はリーダーとしての優れた資質を備えており、世界平和のために自ら組織を率いて戦うなど、物語の展開において重要な役割を担う存在となっています。天真爛漫な少女としての一面、強い意志と行動力を持つリーダーとしての一面、この二面性こそが彼女の魅力なのかもしれません。

3位は「マリュー・ラミアス」!

3位には、2位と同じく『機動戦士ガンダムSEED』シリーズから「マリュー・ラミアス」がランク・インしました。
もともとは地球軍の技術者としてモビルスーツの調整などを行っていましたが、副長として就任していた戦艦アークエンジェルの艦長が敵勢力の襲撃を受けて死亡。急きょ新艦長に就任することとなります。以降はシリーズ屈指の名艦長として類い稀なる才能を発揮。情に厚い性格ということもあり「頼れるお姉さん」として支持する人が多そうですね。
「これぞいい女!」と呼ぶにふさわしい魅力的な女性キャラクターがそろった今回のランキング。4位~58位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが一推しする「いい女」は、どのキャラクターですか?
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,422票
調査期間:2020年4月07日~2020年4月21日

続きを読む

ランキング順位を見る

メディア掲載実績
ランキングに参加しよう!

実はママと知って驚いた芸人は?

  • 野沢直子

    投票
  • 江上敬子(ニッチェ)

    投票
  • 村上知子(森三中)

    投票
  • 柳原可奈子

    投票
  • 鈴川絢子

    投票
  • 桜 稲垣早希

    投票
  • まぁこ

    投票
  • 高田紗千子(梅小鉢)

    投票
  • 小原正子(クワバタオハラ)

    投票
  • モモコ(ハイヒール)

    投票
  • 山田花子

    投票
  • 小森麻由(梅小鉢)

    投票
  • 伊藤さおり(北陽)

    投票
  • 上沼恵美子

    投票
  • なかむら摂

    投票
  • 島田珠代

    投票
  • オジョー

    投票
  • 大島美幸(森三中)

    投票
  • 横澤夏子

    投票
  • 平野ノラ

    投票
  • 和泉杏(ハルカラ)

    投票
  • 松嶋尚美

    投票
  • あゆ(かりすま~ず)

    投票
  • ロリィタ族。

    投票
  • 宮川花子(宮川大助・花子)

    投票
  • なるみ

    投票
  • 海原ともこ(海原やすよ ともこ)

    投票
  • 虻川美穂子(北陽)

    投票
  • キンタロー。

    投票
  • くわばたりえ(クワバタオハラ)

    投票
投票受付期間:2021/05/07 12:00 ~ 2021/05/21 10:59

投票します。よろしいですか?